12月へ   もどる  年頭に当たって  トップページ ご意見箱 

自然の四方山話 11月

 11月の目次 
 11月1日です
 07 足元の世界(15)  
 やっと開いた雲のカーテン  
 なんにもな〜い 
 思わぬ方の訪問 
 今日は立冬 
 探偵事務所解説第1号事 
 07 秋の進軍(1) 
 07 秋の進軍(2) 
 07 秋の進軍(3) 
 年ともに覚えが悪くなる 
 07 秋の進軍(4) 
 ああ〜疲れた〜 
 07 秋の進軍(4) 
 ああ〜疲れた〜 
 一難去ってまた三難+一難 
 恥ずかしいの?バッタちゃん 
 参った!トラブルの連続中 

パソ内の妖怪百変化
07/11/30

富士通さんの最終意見を持ってパソの小島先生にまたも頼った 小島先生も首を傾げるばかりで リカバリーしかないかも知れないという結論に至った

購入して2週間でリカバリーとなれば欠陥商品であろうと それで 自身の手による作業をしないで 販売店である ジャパネットタカタに引き取るよう要請し 受け入れてくれた 引き取りは12/01 そこで娘もはせ参じて 外付けHDDの接続を解除して ビスタのドキュメント内を削除した 公表できないデータもありますからね

ついでに 手付けずだったエプソンのプリンターをセットした 終えたのが29/23:00 娘からべからずを言い渡されていたが この一週間はほぼ徹夜に近い状態が続いて 昨夜は疲労も極限に達し夕方ごろから目が開けられず朦朧としていた

今朝目が覚めたのが09時 早速PCon パソの様子が変だ 見やすいように初期の設定で文字を大きくしていた それが小さな文字に変わられていた 試しに立ち上がらないアドビをクリックするとなんと 開いた こうなるとたまっている画像処理が大事ですのでそれに取り掛かった 

すべて終わった時点で フリーズするかを試した 残念ながらフリーズは指定席に鎮座していた この様子をすぐさま富士通に電話 リモートで現状を見てもらい フリーズの様子も確認してもらった 一発でフリーズした 不思議がっていた

そこで 本日編集した画像を外付HDDに入れる作業をした 自動バックアップである それが何故かすべて削除になっていた 終えてから外付を確認すると空っぽだった 娘に電話すると だから 何々(内容を忘れた)をしないように言ったのに という

幸か不幸か XP内には11/24までは保存されていて助かった 本日の編集分も消えたが 28日29日分は消さずにカメラ内に残っていた 改めて編集してフラッシュメモリに保存 それをビルダー11で作業しようとしたが ページが見当たりませんと出た 自動バックアップで削除になったのが ビルダー11にまで影響したのか そして何故? ほとんど関連性が無いのに

やむなくXPの作業に移したが XPでは更新作業を中断していて11/21の
年とともに覚えが悪くなる
で止まっていた

仕方が無いのでwebからコピーしてビルダー10に貼り付ける この場合 一部の画像はアドレスのみになる それの作業がまたややこしい 根気のない私が根を詰めてここまでこられた ただし 転送できるかどうかはやって見ないとわからない

多分 と思うが 一週間来お天道様は岩戸に隠れたままではなかったかな 連日10度以下が続いていて 紅葉が駆け出していた 以下は28・29日分です

11月28日

29日 上尾運動公園プール脇森

子供の森その他

この頁トップへ


参った!トラブルの連続中
07/11/28

インターネットで連続フリーズ 今朝から10回のうちの7回はフリーズしていた 中にはカーソルが ⇔ に変わったのもあった フリーズ中でも フリーズしたページのみ再起動できる場合とできない場合があった 富士通でたずねたところ 
システム構成→|ブート|サービス|スタートアップ
から一つひとつ解除してフリーズ原因を探ってもらった 最初のお嬢さんは これでもフリーズするようでしたら アドビフォトショップが原因かもしれないのでアドビで尋ねてくださいということでした そのアドビの態度が非常に悪い とうとうアドビも起動しなくなってしまった

そこでまた富士通さんのお世話になった またも同じ方法で原因を追究してもらった 結果はあるプログラムではアドビは起動したが 1時間半に渡った所為なのか 起動しなくなった時点で終了してしまった その根拠として Cドライブが8.76GBしか残っていないということは それぞれのソフトボリュームがありすぎるための現象と思える メモリーの1GBでは対応できないようだ メモリー増量で対応できるかもしれない ゆえだったようだ

しかしね ハードディスク120GBというので飛びついたのだが 現実ではCとDが40GBずつしかないという Cの中身をDに引っ越せば間に合うという意見もJCOMであった

いずれにせよ 画像編集ができなければどうにもならない 思い余って無編集画像をビルダーに入れて 画像を縮める方法をとるが なぜか ビルダー11では角からドラッグして縮められない まったく処置なしだね

本日の秋ヶ瀬公園内の紅葉ははだいぶ進んでいた ただし 一昨日までに3日間 3度から0.1度の低温があってほとんどが凍傷にかかっているようでした ナンキンハゼは枯葉状であった この先の紅葉は期待できないでしょう

今しも これを叩いている間 何度も打ち込んだ文字が別の行や最上段に飛んでいた どうも私は本体に手のひらを乗せているためのようなのだ

とうとう 24時を過ぎてしまった いつになったら思い通りなるんだろうか
  

この頁トップへ


恥ずかしいの? バッタちゃん
07/11/27

野暮用で上尾行きが遅れ どんより曇って森の中は薄暗く撮影をあきらめた 
行きの賃貸駐車場で ノブドウの進化を撮影すべくしゃがみこんだ瞬間 何かが跳ねた 

背中を見せてバッタがススキの葉に飛びついた カメラを構えると恥ずかしそうに葉の裏側に隠れた 隠れたつもりだろうが 横姿が丸見えだ

編集で胴長とわかった

ノブドウの熟れていく速度は遅々としている

この頁トップへ


一難去ってまた三難+一難
07/11/26

25日にすべて解決したはずが 昨夜半から トップページをクリックするととんでもないページが現れた 今日も午前と午後の2度 先生の指導ですべて解決していた

ところが 夕飯のためにシャットダウンして再開したら サイレントになっていた あまりにもいろいろな現象があったために もうひとつのシンクロ不能は後回しにしていたが もうそろそろ自動バックアップを作動させないとやばい雰囲気だね 弱ったときにはバターにミルクというが あいにくミルクに弱いのでお手上げだ これはもう祟りとしか言いようがないね

まさか 夜の部があるとは知らないからわれらの私道に咲く路傍の花のしぼんだ後の様子で遊んだ 3ミリ程度ですが 超接写すると絵になりますね

この頁トップへ


ああ〜疲れた〜
07/11/24

丸四日間 ビスタとビルダー11との格闘であった 最初の二日間は徹夜 その影響で後の二日間はパニックを起こして思考力ゼロで格闘というよりはぶっ壊していたようなものだった

まるで始めて訪れた町にいるようなものだった 基本的な操作はそれほど変わらないが 方言とでも言った方が良さそうな言葉変え 過去のと住所が違っている これではパソに疎いものには酷だね 

三日目に 先生の手引きによって狂っていたシステムを元に戻し 見事にアップができた この作業過程は過去にもしていた気がするので やっと幼稚園を卒園できました と思わずもらした それを先生は それどころか もっとすごいですよ skype なんかは入り口しか示していないのに繋がったのはすごいですよとお世辞を言われた いい気になっていたら 今日 わけのわからん現象続出だ

まず発生したのは 一週間前からだが インターネットのページが突然死するのだ カーソルは動くが どこに当てても作動しない 今朝も発生してしまった ただし スタートボタンだけは動く それで再起動すると一応直るがすぐにまた突然死する 

富士通のコールセンターの世話になって 設定し直しをする 直ったのかどうかは同じ現象が起きないとわからない 今も変なことが起きている

キーボードを打っていて 途中で文字が別の行に飛んだり 「他文字が鎮座するうっ画面上の上段に」 このようになるのだ ここは 
キーボードを打っていて 途中で文字が別の行に飛んだり 画面上の上段に打った文字が鎮座するのだ と書くところだったのだ 静電気のせいかな XPでも起きていた

その他いろいろとおちょくってくれたので またも先生の手を借りて文字のダンス以外は何とかなっている

こういう次第で 午前中にアップするのが今頃キーボードを叩いている(18:17)

幼稚園卒園とはおぞましすぎるよ いつになったらXPで使っていた程度に収まるのかな

自慢じゃないですが 1を聞いて100を知るつわものです(ちょんぼの名人でもある) それが最近では パソ以外ではそれほど衰えていないのにね(男の機能喪失は別) 昨夕も 表通りを歩いているとき自転車の影が視野に入ったとたん 0.1秒の時間ラグで歩行を止められた 敏捷さはわずか0.1秒の衰えということです

ところが脳みそはそうは行かないようだ 今日 テーマがあって忘れるといかんのでメモしておいた 『地球の貧血』 じゃが 何で地球の貧血なのか思い出せないのだ 
糞爺のぼやきはそれぐらいにしとこう
22日 サクラソウ自生地入り口のさくらそう橋から写したものです 前景がわずらわしいね そこへいくと昨日の羽倉橋からの方がすっきりしていますね
自生地いっぱいにヨシとオギが密生しているように見えますが ところどころ暗がりになっている場所はオギとヨシがないものです 自生地全体では三分の一ほど減少しています 人工操作の所為です これも後一月足らずで伐採され 来春のサクラソウの誕生を促すものです

本年も昨年の会社の皆さんが当たるといいですね 作業手順に無駄がなく短時間できれいに仕上げます 会えるといいね
(と書いたところで そのかたがたの記念写真をリカバリの失敗で喪失しwebから探していたところ ページエラーになっていた で せっかちな私は契約プロバイダーであるJCOMコールセンターに助けを求め リモートで教えてもらうことにしたが コール嬢さんが1時間かけて修復してくれた とにかく トラブルの連続だ〜) 

話がそれてしまいましたので戻します 探している最中にもトラブッタために再起動を何度かしていて 真っ黒になった液晶画面にカーテン越しの太陽が映っていた これから出番になる綿入れの作務衣が誇らしげだ
疲れた上に ご丁寧にも今朝10時から終わったのが21:57とは 疲れた〜のサンドイッチだ

こうして転送したのですが反映されなかった やむなく XPでやりなそうとするが外付けにアップした画像が出なかったり 散々な目にあった 昨夜も(本25日02時にあきらめて就寝 06時に跳ね起きて再挑戦するも何がなんだかわからずじまい 先生にもメールで指示を仰ぐが 解決しない 今14:45 jcomにまた世話になる 本日のお嬢さんは ご自分でせず 先生同様に指示するだけ 操作は私に そこでjcom嬢さんが発見する ページ転送先が別の名称であった)

粗忽者の私は慣れで見ずにクリックするだけですからまずいのだ 
慌てないあわてない一休さん だね
 

この頁トップへ


07 秋の進軍 (4)
07/11/23

これは22日アップするものでしたが その前の二日間 ビスタとビルダー11との格闘で徹夜してしまった 自分では結論は出ず パソの先生に泣きついた 先生との間ではリモートで授業を行うのですが 携帯電話で長時間 ワイフがメモに 3時間半料金は36000円と角を生やかしていた その旨を先生に告げ メールによる指導に切り替えた

そして 昨日 原因抽出不能ですので先生から パソコンで無料電話ができる優れものがあるとURLが送られてきた やり方の説明はないが とにかく起動して指示通りに動かしていたら通じてしまった それはそれは便利ですね 皆さんもよろしかったら試用してみてください

 「Skype」のURLは下記の通りです。

http://www.skype.com/intl/ja/helloagain.html

ただし、パソコンにマイクとヘッドフォンを接続する必要があります。

       ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

昨朝 小磯洋子さんからメールでご教授いただきました
くるくるとした種子の写真、センニンソウではないかしら?
そうだとすると、寄生ではないと思いますが・・
 クリックしてみる
ということで あわてて再確認に出かけた
現地についてみると 先日もそうであったように場所がわからない ほんの80cm程度の幅ですから何度訪れても探すのに時間がかかる そこで 観覧道両脇に青々としているセンニンソウを撮影 
回れ右したら なんとあった 蔓の束をたどると2m先に根が地中に刺さっていた 間違いなくセンニンソウでした

小磯洋子さん 毎度有難うございます
風が少し出ましたがナンキンハゼの様子を見にグランドへ足を伸ばした
鳥追いのご夫婦?がしきりと 45度のある一角を目や双眼鏡で追ったり 超望遠鏡付きホームビデオで撮影している 二重眼鏡が私にはめずらしいので頼み込んで撮影させてもらった

グランドに出ると北風がビュービューだ その勢いは木枯らし第2号であろう これでまた色づいた葉っぱが吹き飛ばされるな レイアウトされたある一角のナンキンハゼはスカスカだ
縦位置の画像はトウカエデ 昨年はこの状態で生涯を終えていた しかし 今年は昨年より3週間も早く色づいている 気候がどうのこうのというが 樹木さんたちは気まぐれだね
木枯らし1号でそがれた 前日の2カットを見る
今日(22)の強風は木枯らし2号でしょう 向かい風では 押し戻され 時には立っていられない 風の様子を画像に記録するのは無理ですが 下から上へと流れる雲で想像してください↓


23日 上尾運動公園プール脇森
全体の様子は さいたま市より20k北にあるのですが 紅葉は遅れています もっとも さいたま市は周辺地区より気温が低い 甲府市よりも気温低い日が続くこともある 粗忽者の私があっ カエデだとしていたのはトウカエデでした 他にイロハカエデがあるが割合は半々だろうか 今が旬といえるのが たった一本のイチョウでした トウカエデやイロハカエデなどの紅葉は一房程度です 散歩中の2組のご夫婦にインタビューして 紅葉についてあらかたの様子がわかりました 今年は遅いという意見です 東側にはイチョウ並木があってまだちょっと早いとのことでしたので 来週は楽しみです 今日の様子です

23日 埼玉県立秋ヶ瀬公園
羽倉橋の川上側だとすっきり見えるとはすばらしいポイントを見つけたものだね

子供の森
私のパソコンの先生は60に手が届く?男性です 9年来のお付き合いで いかなる難題でも機転を利かして即座に解決に導いてくれます 頼りがいのある先生ですので困ったら頼られるといいでしょう 
小島先生といいます
 パソコン個人教授

この頁トップへ


年とともに覚えが悪くなる
07/11/21


ルンペンで収入がないのに(無年金)パソコンを買い換えたのは

一に安い
FMV-BIBLO NF55XDJ+ルーター+エプソン新製品プリンター込みで169,800円を月々3,000×29回 ボーナス払い2万円×4回という買いやすさは勿論ですが 
XPも満5年半を経過して色々と不具合が生じていたので ワイフの一声

ボーナス払いは私が払う
で飛びついた 月々3千円であれば私のアルバイトの月額1万円でまかなえる

81歳8ヶ月と8日の糞爺があと何日も在世が許されていないのに冒険過ぎたなあ 
召されたら 召されるなんて世のために生きてはいないのだから その表現はおぞましい あの世とやらへ召喚された暁には ビスタが娘に 娘が喜ぶだろうとワイフがぼそぼそ言っている

ん それはいいね

ノー天気の私は簡単に乗ってしまった

ところがだ 富士通のFMVの立ち上がりが2分 閉じるのに2,30分 再起動なら4,30分もかかる XPと同時進行すると 今まで鈍いと思っていたXPが実に早いのに感心する

その点を富士通のコールセンターでは5分以内なら企画とおりですと言う 
であれば ビスタがXPより後退したのか または富士通の問題なのか 進化するはずのOSが後退とはね

ホームページビルダー11の作業ページの立ち上げは同10以前バージョンより100倍も早い 編集ページの文字を右クリック XPではサクラソウ情報なんかだと30秒後にやっと編集にたどり着く 11では右クリック 左クリックと息つく間も無く編集と実に早い

しかし 編集・更新・転送を11ではまだよくわからない 第一 引越しがままならない パソの先生の手を借りて転送できるよういはできていたが 手馴れたXPで転送していた

ビスタにも慣れたので 今朝になってビスタで11のこのページを開くと 秋の進軍(1)のタイトルだけだった XPで作成・転送したのは反映されていない 当然といえば当然ですが

あわててXPの10で作成したのをドラッグしてコピーしてフラッシュメモリー貼り付けようとすると 11の30日体験版取得のページに飛んでしまった 

やむなく webからコピーして ビスタで11に貼り付けるとテキストだけで画像は無い 一々画像を再挿入して保存・転送すると まったく転送されていない それは 秋の進軍(1)の中に「ピクニック森」という の 抜けがありますね のを挿入しているのが反映していないので転送されていないことがわかる

この作業は95からXPに切り替わったとき リカバリを一度したとき 昨年の11月にヘマしてすべてのデータを失ったときも 娘やパソの先生の手を借りて行っていたのに何も覚えていない

今 XPから転送していますが ビスタにも同一内容を作っておく始末だ 転送できる暁に備えてね 

ボケ防止には良いじゃないかとまわりは言うが それは嘘だね 覚えられない以上 カッカするだけで 精神衛生上返って悪い

まあ XPが壊れない限り 完全理解までは画像編集はビスタで 編集・転送はXPでいくしかない

4ヶ月後 82歳になる糞爺が文明の最先端に関わるのは罪悪だね これが無いと暇つぶしが出来なくて弱るが

ブツブツ・・・ 

この頁トップへ


07 秋の進軍 (3)
07/11/20

賃貸駐車場脇の野菜畑では一週間前では3種の蝶が群舞していたが今は姿が見えない ノブドウも少しずつ色付き出している
木々が紅葉するには夜間気温が8度以下 日中は15度以上の寒暖の差が激しいほど冴えるといわれる しかし 昨日までは夜間気温が2度前後であっても日中は10度以内にとどまっている それに加えて猛暑と台風9号による洪水などで昨年以上に紅葉が芳しくない もっとも 紅葉に取り掛かったのは昨年からですから知らないほうが正しいのであるが 昨年より悪いのは事実

今朝も最低気温が2.4度 日中は14度まで上がったとはいえ 秋ヶ瀬公園では黄葉は進んでいるが ナンキンハゼがちょっぴりと紅葉が進んでいる 公園内ではトウカエデが100本前後は植えられているが 密集した森の中のはほとんど紅葉しない このトウカエデは太陽をいっぱい受けないと駄目のようだ 

上尾運動公園プール脇森ではカエデが数多く植えられているが 秋ヶ瀬ゴルフ場のカエデがまだなので立ち寄っていない 今週の金曜日はどうかなと思っている

本日のフィルドの様子です
20m離れたトイレ脇に隠れ 3分ほどで捉えられた ↓はオリジナルです セキレイもほぼ同じにトリミングしています 5mですがシャープですね

この頁トップへ


07 秋の進軍 (2)
07/11/19

明日からの公園は楽しからずや 結びで書いていたので勇んで出かけました 残念でした 昨夕からの木枯らし第1号で紅葉していたのは半分ほど落葉していました 
↓は昨日のです
ゴルフ場との境にあるナンキンハゼは 432ミリのレンズで見ると鮮やかでした その下では カラスたちがナンキンハゼの実を餌にしていた これから冬の間にかけて食糧難にならずに済むようです その様子をカラスたちは撮らせてくれない
人間の目はいい加減です というより主観的ですね 青々とした森の中の20m上で黄葉が素晴らしかった 思わず見上げた
我に返って 視線をズームアウトすると↓のように感激するほどではない 
主観とは恐ろしいですね 白い色でも 黒・赤・青・黄などに見えるものです
今年は猛暑に祟られ ここ関東地方のど真ん中では樹の性質によって紅葉せずに終わる惧れもありそうだ ↑はトウカエデ はめ込み画像のように種子が隙間なくなっている 昨年は見かけなかった ↓は↑のカットの向こうから見たもの
今日改めて調べたがつる性でヨシに寄生していました 地中に根は無かった

クリックして元へ戻る

この頁トップへ


07 秋の進軍 (1)
07/11/17

秋の先兵隊は ハナミズキ・桜・ケヤキでしょうね 8日になかった紅葉が度々の8度前後 今朝にいたっては3.2度 甲府よりも冷えていた この所為で埼玉県立秋ヶ瀬公園内では赤や黄色が賑やかになっていた

ただいまの時刻23時の気温は5.5度 月曜日あたりはさらに賑やかになるでしょう 9日ぶりで訪れた公園内では葉が手のひらの大きさのカエデはすでに旬を過ぎようとしていた あっという間ですね

ナンキンハゼもいたるところで賑わっているが トウカエデは遅々としている 子供の森の川下寄りにあるトウカエデは6日の画像のように鈴なりの種子の所為か紅葉しようとしていない 
ご覧のように西南桜通りは終焉を迎えております 

実は17日にアップ作業に入っておりましたが パソをビスタに変えたこと ホームページビルダー11 アドビホトショップ最新バージョン6を手に入れて 娘の手を借りて外付HDDの中身を引越しさせた

これは私の指示間違いでして大変にややこしい その上 3種共に使い勝手が悪く アドビもまとまっていた各種ボタンが名を変えられ分散される有様 まる2日間の格闘でピクセルを小さくする方法を見つけるが 未だ画像に文字入れが出来ない

外付HDDとの自動バックアップソフトも引越しできず 10年来 お世話になっおりますパソの先生の手を借りて 自動バックアップソフトの新規挿入が出来ても ビルダー11は使い切れない ビスタ対応のビルダーバージョン11をケーズ電気で3980円で売られていて 大丈夫かと再三再四念押したが やはりビスタ対応ではなかった

パソの先生がそれに気付いてIBMのHPからビスタ対応のダウンロードして やっと正常にビルダーが使えるようになった ということは 12月にビルダー12が発売されるので 在庫整理で安売りにしたのであろう まあ 癪ではあったが安い買い物したと思えば溜飲も下がる

という次第で ビスタからサクラソウ情報の更新転送はまだ無理なので ビスタでアドビ6を利用して画像を編集して 自動バックアップ外付からXPで更新と転送というややこしい手順で日の目を見ました たまっていた画像を順序構わずに載せました

右のキジュの実は落下し始めていますので これ以上は黄ばらないようですね
↑のナンキンハゼにカメラを向けた1.5m先にカラスが一羽じっと私を見つめていた
↑は別グループです 右にある左岸土手には6羽ほどいて 縁石の前後が夫婦のようです
ナンキンハゼには種子があるのと無いのがあります 左が種子あり 右は無い幹
↑のトウカエデは17日時点で幼木だけ微かに紅葉 古木鈴なりの種子で未だし

雨と地面の芸術家

ピクニック森

サクラソウ自生地
↓は何でしょう どなたか教えて〜
昨日は北関東で氷点下でした さいたま市も3.2度 今朝は2.4度 霜が降りていました 17時の衛星写真では筋雲が日本海にびっしり 21時で7.8度 今晩もばっちり冷えますね 秋の進軍速度も速まるでしょう 明日からの公園は楽しからずや
ビスタで画像処理していて 画像が鮮明でかつ素晴らしい色合いでした ところがXPで載せてみると 色の冴えが無い ぼやけている 皆さんのパソではどうでしょうか
転送してからビスタで見て見ます その結果を追記として載せます

画像サイズを従来の横幅600ピクセルでは貧弱ですので700ピクセルにしました


追記
新しいパソのビスタで見ると色鮮やかです 手ぶれ撮影以外はほぼシャープです
ということは 私のXPはだいぶくたびれているということですね 液晶も暗い

この頁トップへ


探偵事務所開設第1号事件
07/11/10

自叙伝です 転載 盗用 引用を禁じます

生まれつき怠け者の私は キャバレーがつぶれた後は住み家も無く 上野駅前の旅館暮らしを1ヶ月ほどしていた つぶれるぐらいですから資金がそうあるわけでもなく 新聞の募集欄で探偵募集が目に止まり ある方の応援を得て東京探偵社の正式調査マンに収まった 東京の道を詳しく知る方便としてタクシードライーバを選び タクシーの稼ぎが探偵よりも良いために両立させていた

S36年ごろになって体調が思わしくない 別に悪いところがあるわけではなく 眠りつけないのだった 元々眠りの浅いたちで 小針一本が落ちる音で目が覚める それが益々顕著になっていた 思い余って信濃町にある慶応病院神経科を頼った

医者の開口一番 今の職業をやめたまえ だった

冗談じゃない 何で食うんだ 簡単に言うなと頭の中で文句てった 両方をやめたのでは路傍に座り込んで 右や左の旦那様 なんて両手のひらを差し出して投げ銭を待つしかない そこで 探偵よりは稼ぎがいいタクシーをやめることにした

モータリゼーショーンの前夜ではあったが自家用車も増え 今とは比べ物にならないが時間帯による渋滞もしていた 運転マナーは さすがに神風タクシーの悪習は消えたが タクシードライバーを含めて最悪であった 警視庁は矯正するためにタクシードライバーを見せしめに締め上げていた 利用者も客面が強くドライバーにとっては四面楚歌であった そこへ行くと探偵は先生といわれる職業であったのと 根が探り物好きでもあったので貧乏にはなるが探偵を残した

東探の営業部長が独立して何とかやっているのを羨望していた この辺りから独立を考え出していた その底辺根拠は 会社は依頼人からいいお金を取っているのではないか であった

さて 独立したとして 個人的な利用者がほとんど無い時代 CMはどうするか 職業別電話帳で行けると踏んで S37年2月1日 銀座に探偵事務所をいきがって設立した

職業別電話帳に掲載されるのは翌年の4月だという この間の14ヶ月はどうやって食うか頭痛の種だった そこで早くから独立していた教え子たちや東探の営業担当者らに声をかけまわっていた

ドアがノックされた すわっ 客かと勇んで自らドアを開けた そこにいたのは元東探のさえない営業マンだった

助けて欲しくて来た 千代田工機という会社から夜逃げ調査を請け負ったが 調査マンで無い僕には手に負えない 費用は含めて5千円で何とかしてくれないか 助けてくれ

5千円という額は 東探が調査マンに払う報酬 諸経費は別 ところが彼の申し出の夜逃げ調査では同じ額以上に足は出るが慣らし運転をかねて引き受けた

千代田工機がある組に当時で2000万円(当時の一流商社の部課長クラスの給料は3万以内であった)の工事用機械を納入したが 支払いが滞り ついに姿を消したという

手がかりは住所だけだった

葛飾区金町区役所出張所で住民票と所在を確認 住所地を確認に行く 王子製紙工場の目の前に広場があるだけだ もう一度 出張所に足を運ぶ この住所は実在し民家はあるのかを確認するが住民票係り嬢は首を傾げるばかりだ

4度目の住所地訪問 答えが出るわけが無い 近くに民家が密集している 家の前を掃き掃除していたご婦人に尋ねる 

番地が隣り合っていますね もしかするとあの広場かな? 以前そこに王子さんの工事の飯場があったんですよ

という そういえば 聞き込みから何人もの連中の足跡があった 誰も答えが出せなかったために冴えない営業マンにお鉢が回ったと感付く

生まれつき粗忽者の私は一度で用が済むことはない その欠点が調査では長所となる

5度目の出張所通い 改めて住民票を閲覧 なんと 氏の違うのが一人いた 女性だった ということは女中? しめた! この女中で突破口だ

S37年2月17日 目的地は水戸市だった あいにく 20年ぶりの大雪だったが国鉄は動いていた 市役所で住民票を見る 母に兄夫婦と20歳になる弟がいた この弟を調査の料理材料にしてタクシーで訪問した

元々眼光鋭い私はいかなる変装も役立たない やむなく 正攻法で 私立探偵だと切り出す

私立探偵というのは 映画や小説の世界のもの 雲の上にいる人が目の前にいるということで 大概は びっくりと同時に好奇心が沸く この好奇心に付け込む

応対した母親が家の中に招き入れてくれた 長男夫婦もいた 国鉄勤めで今日は明番だという

○○さん(20歳の)は元気ですか

ええ 今日は水戸駅で勤務しています

母親がとんでもない情報をくれたものだ

実は 今日訪問させていただいたのは○○さんの結婚調査なんですよ
えっ まだ二十歳ですよ 早いわ
そうでしょうけど 駅での勤務状態から見初めた方がいて是非ともということで依頼があった次第です

こうして 適当に調査の振りして色々聞きだした

わざと娘さんに触れずにおいた その中で東京にいる次男は時々便りはしてくるが住んでいるところを教えないというので

それでは本日のお礼として次男さんを見つけましょう
必ず探し出して手紙でお知らせしますね

母親は何度も何度も頭を下げていた

本日は突然のお邪魔で有難うございました

こうして別れを告げ 玄関の戸を開けてから

あっ そうそう こちらでは男のお子さんばかりですか?
いえいえ 娘もいます
それは大変だ 調査漏れでは信用に傷がつきます で お名前は 生年月日は こちらにお住まいですか

こうしてたたみかけた

一緒にはいないのですよ 東京にいます
東京の住所は?
教えてもいいのですが もういないと思います 年賀状で飯場が変わるかもしれないと書いていたからね
その年賀状の住所を教えてください
いないのに相手に悪いよ
お母さんね その住所にいようがいまいが お姉さんが一人いて 東京に住んでいますという報告書と お姉さんはいるが所在不明の報告書ではどちらがいいと思います? 次男さんは私が探し出すからいいけどね

すかさずお嫁さんが
そうですよお母さん 探偵さんの言うとおりだわ

で まんまと南千住の住所をゲットした

その足で 取手で乗り換え南千住の住所を訪ねた

2階建ての飯場があった 洗濯している20歳代の女性がいた

○○組の飯場ですか?
はい そうですが
○○さんはいらっしゃいますか
私ですが
ああ よかった〜 実は貴方の実家からきたところです
ええっ?
東京にいる弟さんがいるそうですね 所在不明というから探してあげるとお母さんに約束したのですよ お姉さんなら何かと情報はあるかと思ってね
ああそうですか それはご苦労様です 弟のことは何も知らないんですよ まあ どうぞお上がりください 飯場ですので綺麗ではないですが

2階へ案内された きっちりと生理整頓されたこざっぱりした長い鰻床であった

飯場というのは初めてですが 清潔にしていますね 貴女の仕事ですか まめですね 感心しました こういうところの親方というのはどんな方でしょうね
うちの親方はいつも どぶろくの辰(新国劇辰巳柳太郎の当たり役)なんてのはわしの足元に寄らん わしのはもっと凄かったと言ってますよ
ほう そうですか それはいいね というのはね 私の仕事には報告書という書き物が義務付けられてね それで何とか こつこつとですが小説めいたのを書いているんですよ だから その凄い親方に会いたいなあ 会って話してくれさえすれば親方の一生を書いてみたい

よくまあ 口からでまかせが言えたもんだと我ながら感心していたら

芝浦に工事現場があるんですよ 東京電力の発電所工事です

肝心な弟さん探しの件は霧消したのに彼女は気にも留めなかった

凄い情報だった これで突き止めたも同然だ
しかし 完璧が信条の私は親方会いに出かけた

芝浦は埋立地で 昭和通りより広い舗装されていない道路があって 建物といえば堵殺場だけだった その広大な土地に東京電力が凄い火力発電所建設に取り掛かったのだろう 5年前 キャバレーで働いてくれたダンス教師の一人に自動車運転を教えていたときはまだ気配は無かった

親方に会うのにある工夫をした

東探時代 訪問販売の草分けとも言える縫製のセールスが来ていた 父親が仕立て屋さん 息子さんがセールスだという 背広生地の見本だけ持ってのセールスであった その中に茶系の1cm角のチェックがあった シックで上品さに惹かれて注文した 出来あがって見ると まるでやくざが着るような物だった それ以来 手を通していないのを着込んで 靴先のとんがったのを買い込んで ちょうどその頃 博徒の親分の武井さんが政治結社を立ち上げ 銀座八丁目と新橋の境 首都高速下 ペンタクスのショールームの隣りに事務所を構えていた

武井さんに事情を話し利用させてくださいと断って東京電力に向かった

一分も隙間が無いすらりとした私の足をわざとガニ股に そして下っ端やくざのように足を開いて歩く 眼光鋭いその様子はやくざは刑事と間違え 刑事はやくざと間違い 渋谷の夜の女は刑事と勘違いし 新橋からの流れ者は地回りかと両者ともに逃げていた その格好を見た守衛は簡単に○○組の居場所を教えてくれた

日中だというのに親方は飯場の2階の居間にいた 190センチはあろう大男だった

はじめやして 新橋の武井組の名代としてお尋ねしやす 

○○親方は 
私はあなた方とのつながりはありません
と青ざめていた

いえね 我が親分が戦場で命を助けてくれた恩人を長い間探していて ここにいらっしゃる情報で参りやした しかし おかしいね うちの親分も焼きが回ったのかな 恩人は六尺足らず あなた様とは違います 失礼しやした ご迷惑は後日改めてお詫びに参りやす

冴えない営業マンに早速電話 新宿に来てくれと 彼は電話で依頼人に報告するが要領を得ないからと電話を私に突き出した 東京電力の工事現場を教えるが

本当ですか?
嘘と思うなら勝手にしろ

と電話を切った

2年後 偶然にも新宿は地下鉄の地下道で冴えない営業マンと出会った

あの節は有難うございました お蔭様であの後 人事部調査室長に採用されてね

この頁トップへ


今日は立冬
07/11/08

太陽はオーストラリアの北端に到着しています 6月と11月の太陽に対して地球の向きがだいぶ違っています 気象庁より

いつもの散歩道です
不思議なことに赤物は旧浦和市内で盛んだが 大宮から20k北の上尾市では見ることが無い

この頁トップへ


思わぬ方の訪問
07/11/07

自叙伝です 転載 盗用 引用を禁じます

名古屋の栄で私にまかれた元特高 S29年当時の公安調査庁調査官である倉持さんが東京探偵社(以下東探という)へ訪ねてきた

(S29年から5年も経過している 旧ソ連大使館の張り込み尾行に参加していたときに東探の所在を教えていたのかは記憶にない)

わしね あの翌年の3月に米ソの雪融けで包囲作戦が終了してね 間もなく結核を患って入院し 2ヶ月前に退院したんですよ 公安庁はね 定年というのはないんだが それはね 通常の刑事事件と違って一発勝負ではなくてね 特殊な団体とその一個人を長いこと監視する必要から 入れ替えが効かないんですね でもね 激務でしょう? 治って退院したとはいえ無理だから退官しましてね ところがね あなたもそうだろうが 調査の虫は調査していないと落ちつかないんだね

そこで 東探で使ってくれるよう紹介してくれないかと 来たという訳です

凄いことを持ち込んだものです 探偵社が公安調査庁OBを抱えるというのはよだれが出るほど凄いものだからです

S35年当時は 池田内閣によって神武景気という扉が出来上がっていた と同時に共産党の活動も盛んで 共産党細胞を嫌い 各企業は採用に当たって雇用調査依頼が雨あられと来ていた  こういう環境での公安庁OBが向こうから使ってくれとは宝くじに当たったようなものだった 情報入手が簡単だからであった 当時は天下りという言葉はなかった

社長はぎっくり腰になるほど何度も最敬礼していた

さっそく 当時としてはほとんどない刑事事件が舞い込んでいて倉持さんが担当した

住み込みの女の子の一人が 住み込んで2日目に同室者のお金や持ち物を持ち逃げしたという事件

一週間後に突き止めた報告が出て 社長と秘書(秘書は社長の愛人)で確認に行ったところ人違いだった

何で人違いしたのか 答えは至極簡単 倉持さんは組織の人間 いわば一枚の歯車に過ぎない 持ち場の領域はわかるが 歯車の大きさや それを動かしているシステムは領域外 悪いことに 警察組織の人間は内ポケットから黒い手帳を見せびらかす癖がついていて それが出来ない民間ではほとんど役立たない 調査術に関しては民間のほうがはるかにすぐれている 威圧するすべを持たない代わりに知恵が支えるのだ 倉持さんもその徹を踏んだことになる

従って 探偵社では警察出身者を間違っても採用しなかったものだった

こうなると後始末は私に押し付けられる 当時の私のあだ名は サルベージ 他の調査マンの失敗した事件を私に回すと 大体3日ほどで解決する 倉持さんのも足掛け二日で解決した

2件目を担当した倉持さんは 私に助けを求めてきた

単なる尾行なのだが 相手の退社する姿を確認したらタクシーを拾われて失敗したという それに 体力の所為なのか 大変につらい この後のことを考えると東探に迷惑をかけるので手伝って欲しい ということであった

被調査人(調査されるものを言う)は60歳代の公認会計士 自宅を知るための尾行であった 勤務地は帝国ホテルと勧業銀行に挟まれた広い前庭の奥にあるギリシャ風神殿のような建物であった 私は小さなカブトムシみたいなルノーを用意して倉持さんと前庭で張り込んだ

定時になると建物内からぞろぞろサラリーマンたちが出てきた

その中の一人を倉持さんは指差し 

あれだ

風体の上がらない冴えない老人であった こんな冴えない老人を誰が何のために依頼したのだろう この方が興味は深い

被調査人はタクシーを拾う気配もなく黙々と帝国ホテルの向こう角を右折した 

ここで 倉持さんに後は引き受けたのでルノーで待ってて欲しい 20時までに戻らないときは引き揚げてください 報告は明朝の9時過ぎに神田小川町の資生堂(レストランと結婚式場 化粧品と同じ社名 レストランの社長と資生堂の当時の社長とは鹿児島の同郷人で幼友達 レストラン社長は船乗りのコック 陸に上がるよと化粧品に話したところ レストランをやれ 店名は俺んとこと同じにすればいい という経緯があった レストラン社長の死後 すべて崩壊した)で報告します それを倉持さんがやり遂げたことにして社へ報告してください

被調査人は地下鉄銀座線渋谷行きに乗った 夕方のラッシュで隣り合ってつり革につかまるが 何かを警戒するようなそぶりもない 眼光鋭い私は目線が会わないようにして終点の渋谷で降りた 

行き着いたところは松涛町 そこにあった当時としてはハイカラな5階建ての都営団地の2棟目に消える 迷ったが ままよと1階分遅れてついていった 3階を通り過ぎた 参ったと思った 5階であったら 5階に私は行けないのだ 4階で立ち止れば1階下にいる私のほうが先に扉の開け閉めがなければ相手は警戒して戻るかもしれない 4階止まりであればすり抜けて5階に向かえば時間稼ぎが出来て 部屋を確認できる

4階の右扉の前で立ち止まっている すり抜けたとき 被調査人は上目使いで私を見ている 軽く会釈して上の階に上る 踊り場から上の階段を登っても 4階の扉の開け閉めの音が聞こえない 警戒してる? そこで5階の左扉を開けて締めたような音を出すために 足で扉の下の方を軽く2度蹴飛ばした この音でやっと4階の扉の閉まる音が聞こえた 上から覗くと 4階の右扉が閉まったところだった 

5階左扉の住人に誰何されるのを避けるために急ぎ駆け下りた

資生堂で一部始終を聞いた倉持さんは あなたは凄い ぱっと転換する 栄えもそうだったなあ とてもわしには出来ない芸当だ もうこの辺で幕だね

倉持さんは社長に正直に手伝ってもらったと報告し ギャラを受け取らなかった これ以後 倉持さんは現れなかった

この頁トップへ


なんにもな〜い〜
07/11/06

昨日の取材ですが 野暮用があってアップできなかった

今年は猛暑の所為でもないでしょうが(昨年は冬中下草は青々だった)この秋は夜半気温が8度台が3、4日もあって 13度以上は1、2日しかなかった つまり 昨年より気温が低いのである それなのに子供の森に植栽されたトウカエデ・手のひら大のモミジ・ナンキンハゼは1、2葉だけの色付である トウカエデは種子殻が鈴なりだ 昨年はなかった

左岸側のグランドと子供の森の境地点で10/30に幼木のナンキンハゼの紅葉があっただけ 昨年この時期では共に見事な紅葉でした 一方 街中では桜やハナミズキの紅葉が終わりに近づいている
ここをクリックして戻る

この頁トップへ


やっと開いた雲のカーテン
07/11/03

29日から 雲のカーテンがかかって お天道様はちょっとだけ顔出しはするが 直ぐに岩戸の中に 誰が悲しいのか記録に残らない雨も降り続いた 本日の正午近くでようやくカーテンが少しずつ開けられ 三つ峠からの富士山は 少しだけよ〜 と言わんばかりに直ぐに姿を消した
夜半気温は12度で推移し 最低気温は11.7度 お天道様が顔を出す直前の西南桜通りの桜は鮮やかに 昨日の緑50%カットの反対側です
帯状の雲が真上では平行した美しい姿に見えます
この左側の先は次の通りです これを地震雲と騒ぐ連中がいるが???
やっと雲の北端が真上に 富士山はどうかと三つ峠を見るが雲の岩戸の中 そこで反対側の田貫湖を見ると雲が切れて美しい姿があった
田貫湖ライブカメラ
三つ峠もやっとこの時間で顔を出したが30分後には隠れてしまった
三つ峠ライブカメラ
この様子は気象衛星写真にもかすかに見えます↓気象庁より 
伊豆半島の付け根に見えている小さな白点が富士山を覆った犯人です 丸い雲の下です

この頁トップへ


07 足元の世界(15)
07/11/02

都市部の桜の紅葉は一様ではない 生気ある緑が50%もある
冷や汗ならいいのだが 降るのか降らないのかはっきりしない状態が続く 気温も低い 本日も最高気温は16.5度 この環境でキノコはどうかと上尾運動公園プール脇森へ足を向けた 多少はあった 

キノコといえば秋 秋といえばキノコですが 里山では 特にここ上尾市の森では いずこも 夏キノコが盛ん 今年は猛暑の上に台風9号の豪雨で菌が流され死滅した 秋型キノコのニガクリタケが別ブロックにも顔を出していた
台風9号以来 どんぐりの大豊作を書くのに今日まで思い出せなかった

余 談
先月 我が家のハナミズキの紅葉はどす黒いと書きました 何故かが本日判明しました 紅葉の色素は一定であろう で 我が家のは葉が小さいために凝縮されて黒ずんでいるらしい 他の葉は2倍から3倍もありますから 薄められて色が鮮やかなのではないかと考えます 

この頁トップへ


11月1日です

15時からポツリポツリと雨 気温 18.5度

この頁トップへ

もどる  年頭に当たって  トップページ ご意見箱