8月(後)へ  もどる  年頭に当たって  トップページ ご意見箱 

自然の四方山話 8月(中)


10日〜20日までの様子
08/08/20  19:54更新

やわらちゃんの準決勝のジャッジはおかしい 相手は腰高で手を伸ばして腰を引いてばかりで攻撃しないスタイル あのジャッジも双方に出すのが公平です やわらちゃんも一瞬わきの副審を見やったほどです またも裏で買収があったかと思わざるを得ません この国はいつも肝心なことにはクレームをつけない欠点(良しき国民性)で やわらちゃんを犠牲にしたと私は思います

8/12
お盆週間ですね マンネンタケを撮り終えて子供の森での約40分間の休憩中に あの広い公園で私と蝉しぐれだけだった それにしても昨夜の10時に30ミリの大雨だったが お湿り程度にもならないほど乾燥し切っていた

8/15
昭和46年からキノコを追い続けていますが それはあくまでも一過性的な取材にすぎず 同じフィルドで隔日または連日の取材は ここ3年来で初めてです それでも 本年初めて出会ったマンネンタケが採取後にまたも同じ切り株に発生するとは思いもよらなかった しかし 漠然ではありますが サルノコシカケ類は発生場所が崩壊しない限り何度でも あるいは寄せてくる波のように発生することを思い出せてくれた

この2度目のマンネンタケは前回より丈が短く 御覧のような奇形です 来週の21日まで信州行きの予定ですので無事てあることを祈る    

8/16
12日22時の30ミリの大雨に続いて20時頃からピカピカと大雨 30分ほどで遠ざかって総雨量は15ミリ ボケが進んでいるものだから撮影に気づいたのが遅かった
全景は30秒露光 F16 ISO400
路面はA F16 S1/5秒 ISO3200

8/17
女子レスリングの浜口京子ちゃんの押さえ込みをレフリーは意図的に解いてしまった 何千万円で買収されたのかね 読売ネットニュースに押さえ込んだ写真があったが現在は見当たらない

クレームをつけないのが美徳と考えるのは間違い レフリーの主観で左右される競技には大いにクレームを出すべきだ やわらちゃんと京子ちゃんを犠牲にしちまった


この嫌な気分を払しょくしてくれる凄い情報を千原肇さんから寄せられました

差出人: "千原 肇"
宛先: "青木 実 様" <sakuraso@jcom.home.ne.jp>
件名 : お久し振りです
日時 : 2008年8月17日 20:34

こんばんは。
暑かった日々ですがお元気ですか?
今日はまた涼しく、お体には気をつけてください。

8月8日 サクラソウ公園で5枚の花びらの
「ツユクサ」をみつけました。

千原 肇 

8/20 秋が来た!
とうとう予定がすべて狂った 誕生祝いをもらうべく娘夫婦が徹夜マージャンをするべくやって来たのだ わざと負けてやったが 結局は私の7万点勝ちだった 信州行きは次の機会ということになった 今年も天然ハナビラタケは無理か

本日 千原さんから提供された5枚花びらツユクサ探しに自生地へ 07時に24,5度 風も天然クーラー 9時半に自転車で出かけようとしたが ワイフが涼しいとはいえ熱中症も心配だから車で行けと パジェロミニだから燃費は4割安 自生地で出会った千原さんも同じ意見だった

自生地に着いたところで気温が上昇したのか汗が止まらない 5枚ものツユクサはなかったが 6枚もののゲンノショウコや白に近いツユクサなどの秋の花をゲットして引き上げようとしたところで千原さんと遭遇

5枚ものツユクサ一帯は草刈されて跡形もないと嘆いていた 千原さんは私より15歳も若いとあって元気そのもの 私はあの暑さにゲンなりだ そこで涼しいであろう子供の森へ 千原さんも同行した 収穫は何もなかったが一ッ時の語らいはできた

田んぼでは間もなく稲刈りが始められるほど黄ばんでいる メタセコイアも色づいていた 秋はそこまで来ている

それもそのはず 17日の日中気温は21度台に推移し 夜間気温はすべからく23度台で涼しい これを書いている14時頃から激しい雷雨の襲来 14時にあった31度の気温が15時では22,5度までに下がった 2時間で53ミリも降った それだけではない 中越地震の震度5弱並みの地震までやって来た あの強烈な大揺れが震度3とはね 気象庁 大丈夫かね どうもいい加減が続いていらしいからね   
体長4cmのバッタでした
延々と税金泥棒的作業は続いている なんとかならぬのかね

この頁トップへ

  8月(後)へ  もどる  年頭に当たって  トップページ ご意見箱