9月前へ  もどる  年頭に思う  トップページ ご意見箱 

自然の四方山話 8月(後)

 8月(中)の目次 
 この夏は台風に地震のWパンチだ 
 道草太陽様 やっと到着 が…
 残暑お見舞い申し上げます 
 やっと重い腰を上げて信州へ
 予測どおり霊芝は本日で終息
 残暑を古い画像で涼を呼ぼう
 ド阿呆警官の人権侵害
 五十日ぶりで千原さんに出会う 
 秋よ こんにちわ 
 昨年九月より半月早く台風が… 
 選挙も台風も予想どおりに 
      

選挙も台風も予想どおりに
09/08/31  18:13更新

気象庁より
台風は良いコースをすり抜けて かつ 暴風にならず雨は私のフィルドにとっては最高の恵みの雨

一方の選挙はアメリカ大統領オバマ旋風の余韻が伝来して期待以上のチェンジと相成った 目出度しめでたし

昨夜 見ていたテレビでは 出演者が
 300も取って機能できるのか 怖い
なんて主観的にほざいていた

主観的とは 300も取って機能できない根拠とか理由が示されていないからだ 300も取って機能できなかった前例でもあれば発言は正しい

民主党は 官僚支配の打破 をうたっているのですから打破できるまではゴチャゴチャするのはやむを得ない

あの連中は 政治を 老人ホームでの給食のように座して口元に食べ物が入るとでも思ってるのだろうか

目的達成までは色々あるはず 国民が一致協力(我慢)して良い世の中を作るしかないでしょう

私はそう考えます

今週は休みがちになります

この頁トップへ


昨年九月より半月早く台風が…
09/08/29  17:16更新

来そうですね その所為か 今日は秋が逃亡したようです 昨日までは間違いなく秋だった 特に二十七日の夜間気温は18℃まで下がっていた

二階にある私の書斎兼寝室は常時39℃もあった 昨日は好天で32,1℃ しかし 昨日は天然クーラーで冷やされたのかクーラー無しでいられた それか 今日はまたも38℃になった 最高気温32,5℃

こうなるとは早朝から予感があった 珍しく七時に自生地へ ほどなくしてムシムシとなって汗だくだった 最近に無く暑い 朝食抜きでしたので体力に限界 逃げ帰るも一日中クーラーの世話になった
 今年のコカモルヅルは昨年より一カ月

 早く咲き出し 一ヶ月早く終息した

 画像は地表すれすれにあって日中は

 日影になる所為か 残っていた
      
明日は休みます

この頁トップへ


秋よ こんにちわ
09/08/28  17:40更新


今日のさいたま市は十三時に32,1℃〜十六時まで30℃で推移するも 猛暑時のような熱風は無く 吹く風は天然クーラーだった
二十六日に初めて出会ったオオニシキソウの再撮影に自生地へ出かけたが 場所が判らない 探している合間に目についたのをゲット
朝食をとっていないので荒川総合運動公園近くにある行きつけのコンミニへ仕入れがてら左岸土手を下る
二十六日に発見した 何年か前に英国であったサークル風景に似た↑の様子を近くで確認した 手前のサークル?は最下流にある 左隣り上も離れて同じ 画面左上の田圃は四方八方に倒れていた

これが二十五日夜の雷雨による突風であれば飛び飛びになるのはおかしい カメラポジションの後ろの田圃は無傷 左岸土手の草らも無事 ということは人為的なのか いたずらとすればひどいね

この頁トップへ


五十日ぶりで千原さんに出会う
09/08/26  18:27更新

今朝は割と早起きした それなのに ああそれなのに ぐずぐずしていて自生地に向かったのは09時だった
旧志木街道跡から全景撮影を終えたところで千原さんがやってきた 懐かしいね 早速 オトギリソウがあるが見に行くか?と誘われたが なんせ腰が安定せず小一時間も歩いていて気力が失せたので断るが いつしか甘言に乗せられて藪の中をかき分ける羽目になった

さすがは自然観察会指導員だけあって 小一時間も歩いた私が見落としたものばかりを教えまくってくれました 千原さんなくしては 今年はだめだね なんて言いかねない収穫だった 以下は千原さんによって見つけられたもの      
途中でデジイチの御仁と出会う 私から挨拶 ところが 千原さんとは顔見知りだった デジイチ氏が会話の中で 青木さん・・・ と聞こえた気がした
 私を御存知ですか
 
ええ 何時もホームページを見せていただいておりす
これだもの 失礼この上ないね 何度も会わないと記憶できない 歳とはいえ 情けないですね

明日は休みます

この頁トップへ


ド阿呆警官の人権侵害
09/08/25  17:48更新

人面岩で見事に涼(秋)を呼び込んだね 昨夕は東京で一時間に四九ミリの雷公を伴った大嵐のようでした 当市はかすりもしない
22:30頃に小雨 気温も21,4度 早朝は瞬間的だが20℃までに下がった 今日の日中も秋の風

上尾運動公園プール脇森の中では吹き抜ける風が冷っけぇ ここも大雨だったのか道路に水溜りがあった さすがに 第三次マンネンタケは無かった 他のキノコも少しの顔なじみだけでそそくさに立ち去った
目標を失ったが 新たに発見した子供の森横堤脇のガガイモのその後を見に立ち寄る 旬は過ぎているが果実はまだでした 眼下にある田んぼでは早生種の稲刈り後 残ってる晩生種がなぎ倒されていた ゲリラ的突風が駆け抜けたのかな
一週間ぶりで自生地へ まずシロバナツユクサが咲いたかを見に ツユクサは無かったが マルバルコウソウが昨年の五十倍ほどに群落していた

福島さんが23日のフログでセンニンソウを紹介していたとおり見事でした
今年も奇形センニンソウ探しの楽しみができた そして これだけ大繁茂していると独特の香りで老いが消えて美貌に変身できそうと幸せ感で有頂天になっているところへ
功名心にはやる警官にぶっ壊された

取材を終えて引き上げようとしたとき 駐車場に止まっている車を一台いちだい覗き込んでいる警官の姿が目に入った

でしゃばりの私が近寄って労をねぎらうつもりで

 ご苦労様です 珍しいですね 歩きで点検するのは
 
そういうことは無いです 度々しています
 私は平成十三年からほぼ毎日来ていますがはじめて見ます
 
ご承知のように犯罪が多くてね
 (馬鹿言え 犯罪率は警察官の方が多いんだ 警察官は何万人?
 昨夜も福岡で三幼児の命日の前夜に小倉南署地域1課主任の巡査
 部長が飲酒運転して 直線道で反対車線を逆走し対向車と接触
 歩いて逃走 200m先で逮捕された際 俺は事故ってない 
 車は盗まれたとうそぶいた と言いたったかったがやめた)
 
ほら 車にナイフなんかを持ち込んでいたりね
 なるほどね
 
ナイフを持っていませんか?
 (この阿呆! 見てわからんやつに言ってわかるかと叫びたいの
 を抑えた)
 
車を調べさせてもらいます
プロ用大型三脚とカメラバッグを見て
 
写真ですか 
 プロ写真家です
 
どんなものを撮ってるんですか
 何でもです 特にこの辺の様子をほぼ毎日撮影しています
 
カメラバッグの中を見ていいですか
 いいとも みんな引っぱり出しなさい

このド阿呆警官メ 確かに高齢者の殺人事件はあるが どこから見ても超高齢者の私に嫌疑をかけるとは そして 何よりも大事なこと
何を根拠に臨検したのか
功名心にはやった人権侵害ではないのか
労をねぎらった爺を逆恨みしていじめにかかったのか


本来なら私のことですから車の中を見ることを拒否するのですが
私の方から言葉をかけたので我慢してやらせた

ここで名刺を渡して
 今日の様子もアップされます
 
ところで フニャムニャ
耳の遠い私に突然小声で云うものだから聞こえない 気圧調整のために鼻をつまんで息を吹きかけ 両耳に掌をかざすと
 
選挙違反です ポストなんかに違反文書とか
 未だにポストに違反文書を入れる阿呆がいるんですか
 
たまにはいるんですよ 何かを入れられているでしょう?
 確かに選挙関係はあるが 違反ものはないですね

パトカーがやってきて隣りに止まる 警官は立ち去った
パトカーの前にある車は運転していた警官が声掛けするだけで覗かなかった よほど私は殺人犯に見えたんでしょうね

この頁トップへ


残暑を古い画像で涼を呼ぼう
09/08/23  21:50更新

2001(平成13年)は大干ばつでして白樺湖から上田方面に下がった一帯の四本の沢のうち 有史以来初めて三本が枯れた 各沢の様子を取材して最後に有名な不動滝に向かった ここも流れは脇の方でチョロチョロだった 滝壺の100m手前の大岩を撮影 液晶画面で見ると人面らしきが見える そこでアップ しかし ボケ写真ですので翌日再撮影 人ひとりいない行き止まりのところへ人面の岩がある 思わず冷気を覚え震えたものだった

ここにはヤマトリカブトがあったのだが自動車道ができて 滝壺周辺も開発されてその卦は無い たまたま ツリフネソウがあったので 本来ならあるはずの滝がないので滝の壁をバックに撮影 宿舎に戻ってパソに出すとなんと滝の壁はおっかない顔をしていた それまではしばしば訪れているが以後はいかなくなった

雲をどのように見るかは皆さんにお任せします       

明日は休みます

この頁トップへ


予測どおり霊芝は本日で終息
09/08/21  22:46更新

第二次は黄色ゾーンがなくなったので終着駅です 第三次はまだ余裕がありそうですが 成長は望めないので採取しました 本年はこれでおしまいでしょう 来年は切り株の養分不足で出来ないでしょう 来年の観察宿題となりました
ところで今年は意気地がなさすぎます 腰痛はぎっくり腰的な鈍痛 ぎっくり腰でしたらストレッチで完治するんですが 治らないのは 右ひざ関節痛によるものでしょう そこから右太ももを通じて腰に連鎖 腰も足も痛いのだ 

このたびの信州行は それほど動いていないのに疲れが取れない お尻の肉も減ったのか 昨日の帰り道では左太ももの付け根が運転席のクッションも役に立たずに痛かった

気の弱いものでは 腰を曲げるか手押し車を使うだろう さらに気の弱いのは動かずに寝込んでしまうほどの痛さなのだ 今は『負けてたまるか!』の気力で抵抗しているが何時まで続くかな

夏だというのにわが家のハナミズキは もう紅葉し出している わが家のハナミズキの場合 花が十輪程度と鈴なりになる隔年おきのようです 来年は鈴なりの年です 画像に小さな花芽が見えます

この頁トップへ


やっと重い腰を上げて信州へ
09/08/20  21:56更新

十八日 上尾運動公園プール脇森編
マンネンタケは成長が止まりました 明日の金曜日には採取するようになりそうです 昨年の第一次は18cmもあって 第二次では二個のうちの一個は12,5cm もう一個は三俣でした

本年の第一次は三個 一個は二股 残りはそれぞれが4,5cm 第二次は二個 うち一個は二股 それぞれが4cm

こうして見ると菌床が第一次よりも養分が減少するために以後の分が小さいのでしょう 菌類すべてに言えることは十二分の湿気と養分が不可欠と見たり

十九日 標高1300mの信州編
ご覧のように亜高山帯にツユクサが上がってきた これも地球温暖化の所為でしょう それゆえ 私のハナビラタケフィルドでは五年前から出なくなった ここ三年来ほとんど立ち寄っていないが 今日は空振りを覚悟でフィルドへ

驚きましたね 昭和五十四年ごろから入っている山ですが 今年は下草や古木は整理されていて見晴らしがいい 笹薮だけはなぜか残していた 理由はなんだろうね
案の定 ハナビラタケのハの字もない 平成十三に発見した百年物カラマツの根元で二年続けて三個があった場所に張り付けた黄色テープがまだあった そこに 干からびた直径10cmのハナビラタケ1個があった フィルドの収穫はこれだけ 別荘地内で3年前に見つけた場所に これも干からびたのが1個 大変な御馳走だ

宿舎近隣の様子
5年前の台風で上流で土石流が発生して 沢をせき止めた小さなダムにも流れ込んで矢印付近が埋まった 堰付近の水深は15mもあったが現在は1m前後しかない 手前の水溜りはその所為で水が入るようになった

この付近はお花畑ですが 時期遅れもあろうが四種類しかなかった

回顧録
右に見えるドライブインを知ったのは昭和五十年 当時は村の森林組合の経営であった 脇には真新しい水車小屋があって小さな池もあってなかなか風情があった 現在では当時のよすがもない
建物の裏に財産区(村人達の共同財産)が経営する別荘販売会社があった 誰彼なく声をかける私の性格で社長と懇意になる

そして パンフ用写真の良いのがないというので撮影を無料で引き受けた 理由は簡単 事務所には畳の大部屋があって布団もあってお風呂もある 撮影期間中はいつでも無料で泊まれるからでした

やがて 森林組合が統合されるにあたって財産区ですから独立して株式会社になる 前組合長がなくなり 設計等を担当していた方が初代社長に その下に佐藤支配人 この方は戦中は潜水艦乗りであった ここで面白い話を聞かされた

この国では戦中は敵国用語や文字を使うと売国奴として処罰された ところが 佐藤さんたちが撃破した米軍艦船のアンテナに何と YAGI とあったそうだ この国の軍部はヤギアンテナを無用の長物として採用しなかったために アメリカで特許権を取っていた たとえ敵国であろうともブランド名を尊重する気風がアメリカにはあったというのだ 戦争に負けるわけだね

その佐藤さんが定年退職して関連事業である釣り堀を借りて営業していた 夏のシーズン中は大繁盛だった その佐藤さんが三、四年前あたりから姿が見えなくなり 釣り堀は若いお嬢さんたちが仕切っていた

四年ほど前からドライブインは廃業状態になっていた 板前さんが重病になってのことらしい それが今年から営業を再開していた 経営しているのは佐藤さんの釣り堀を引き受けていた若いお嬢さんたちの親子でした 店名もしゃれている
店内はお座敷を新設し 店の半分だけをレストランにし 残りを洋服や小物売り場に変身していた 若い姉妹二人が店を切り盛りし お父さんは外回りらしい 料理もおいしく 美しいお嬢さんたちはレストランの華です 当サイトをご訪問いただいている方々であの周辺へおいでの際はどうぞご利用ください

これらのご縁で私はでかい顔してこの辺でのし歩けるのも別荘販売会社社長や 初代社長や佐藤さん それに板前さんたちの援助があったればこそでした 別荘販売会社社長は十五年前に亡くなり 今日聞いた話しでは佐藤さんと初代社長 それに板前さんも故人となられたそうでした

謹んでご冥福をお祈りします

二十日帰路 北八ヶ岳白駒の池周りで 説明省略

この頁トップへ


09/08/15  14:28更新

さすがはお盆期間中 昨日のルート17号線では昭和30年前半のような道路は隙すきだった 今日の秋が瀬公園もほとんど人がいない

六十四年前の今日 昭和天皇の戦争終結の玉音放送が流れている情景が浮かびます 私は これによって命拾いしました

今朝の空気は秋風情 正午までの北風は表にいても天然クーラー並みだった

この頁トップへ


道草太陽様 やっと到着 が…
09/08/14  17:30更新

よほど日本列島が嫌われたのか今日は各地で雲のカーテンを掛けられていた 時節はもう秋に突入 ですが 昨夜の当市は本年一番の蒸し暑さであった 今日も上尾運動公園プール脇森へ 通説では 雨が降った二、三日後にはキノコがニョキニョキというが 里の森では通用しないようです 落ち葉だらけのプール脇森ではキノコのキの字もない 落ち葉の森では降雨による湿りがキノコ生産の基本のようです やっとノウタケが賑わっているが ある現象を発見した

覆い茂る森の中では色が白く 日差しのあるところで色が濃い
↑と↓の色違いは森の明暗による

この頁トップへ


この夏は台風に地震のWパンチだ
09/08/11  17:53更新

謹んでお見舞い申し上げます

台風8号9号の水害の最中に一日おきの大地震 新幹線は止まるわ 東名高速では陥没して通行止め 至れり尽くせりだね 日照不足は予感があったが地震までは無かった これで不景気はぐんと進行しそうだ

日曜日の震度四は久しぶりだ 一階にいて大変な揺れだったんで気持ちだけ慌てたね 今朝のは夢うつつだった 震度六弱とはね もう終りにしてよ それには皆心がけを良くしないとダメでしょう とくに政治は…

今日の自生地

この頁トップへ

 9月前へ   もどる  年頭に思う  トップページ ご意見箱