10月   もどる  年頭に思う  トップページ ご意見箱 

自然の四方山話 10月(前)

 10月(前)の目次 
 赤い羽根の日 今も? 
 厚澤・関口白花露草第二花咲く
 中秋の名月なのにくもりだ~
 厚澤・関口白花露草W咲き  
 18号台風来襲 ご無事を祈る  
 台風被害お見舞い申し上げます 
 子供の森の台風18号の痕跡 
 中秋の連休は好天続きでした  
 厚澤・関口白花露草終る? 
 自生地や秋ヶ瀬公園は稔りの秋 
 今日も人の助けで珍種発見 
 昨日発見したキノコの確認に 
              

昨日発見したキノコの確認に
09/10/17  22:23更新

双頭タケそばの空間に車を止め 30m先にある落ち小枝で隠した双頭タケを見ると少し縮んでいた 隙間から触ってみるとぶよぶよだった 昨日が旬の最後だったんだろうね

ここを終えて上流側にある子供の森メイン駐車場に向かう 途中で千原さんの友人と出会う 双頭タケが気になってという 枝をどかして触らせた
 
本当だ 小さくなってぶよぶよだね
友人氏はまたも枝で隠した ハンノキイグチの場所はどこだったけとの私の問いに友人氏も忘れていて 駐車場に向かって探したが 結局は駐車場前だった そこへ千原さんが現れた 千原さんは
 
二つもあるから一つ掘り出して裏を見ようよ
というのでそのようにした 柄は真っ白だった 笠にぬめりがある 撮影終えて無理とは知りつつ元の場所に植えておいた
 
私は明日から小旅行ですのでその間の観察をお願いして双頭タケに向かう 私はそこで別れる予定でしたが 野鳥園に行くというので 初めての私はくっついて行った

友人氏は長さ3m 直径10センチの落ち枝をひきずってきた キノコが1個ついていた これらの撮影を終えてお二人と別れた

明日から19日まで休みます

この頁トップへ


今日も人の助けで珍種発見
09/10/16  18:42更新

昨日のヒトヨタケの変化を見に子供の森へ メイン駐車場には散歩直前の千原さんの友人がいた 撮影していると
 
頭が二つになったキノコと思われるのがある
というので案内していただいた

二百メートルほど歩いたところで迷っていた メタセコイア並木が終わったところで指さした ノウタケだった
 
ストップ 動かないで
 足元にあるのか
しかし なにもない 友人氏は落ち枝をどかし始めた 千原さんに見せるまではと隠したという 確かに頭が二つだった

駐車場へ戻る途中にも二種類を発見してくれた 私は駐車場に気がいってて足元は見ない 折られたキノコは見た気がするが ハンノキイグチは名前だけは知っていて見るのは初めてだった

昨年の九月二十七日に 自然観察会指導員を指導する故厚澤さんに教えられた自生シロバナツユクサは10/15で終焉していた 水栽培は野生よりは弱いのか この一週間来は七つほど花粉だけ突き出して終わっていた

昨日の第八苞の白く丸い蕾も今日は花粉を突き出し 花びらは開きかけているが 力尽きて開かずに終わった

この頁トップへ


自生地や秋ヶ瀬公園は稔りの秋
09/10/15  17:08更新

自生地では私の根気と目では上記3カットが精いっぱい 千原さんがいれば目になってもらえるのにと ぶつぶつ言いながら子供の森へ なんと 千原さんとその友人がいた

私の姿を見るなり面白いキノコがあるよと言いながら駐車場の目の前にある切り株を指差した 色合いは橙色ですがヒトヨタケだった その友人は日課の散歩に去り 千原さんからは別のキノコもあるが歩けるかなと 千原さんには13時半に用事があるのに まだ1時間はあるからと案内してくれた サルノコシカケ科ですが私としては初見参
 幼菌と成菌の中間ですので同定できなかった
 撮影中も付きっ切りで相手して
 くれる そこら中も見渡す

 突然 大樹の一角を指差した

 なんという虫?と尋ねるが

 知らん 俺と同じ弱虫だろう

 適度のユーモアと私に合わせる
 ようにスケベの御仁で飽きさせ
 ない

 ここで千原さんと別れ 私は
 左岸土手のグランドへ
 

この頁トップへ


厚澤・関口白花露草終る?
09/10/14  16:28更新

朝は雲の切れ間も見えたが 九時と十時に晴れた以外は曇りであった 秋は着実に進行している この秋の最低気温は十一日早朝の10,3℃ 以後は11℃台~14℃台に推移 今朝は13℃台だった

今日は怠けて 高齢者免許更新の講習申し込みに出かけただけであった これを編集中に夕焼けが一瞬で終わった
厚澤・関口白花露草は八日の一輪を最後に咲くことは無かった というよりは私同様の高齢で 出そうで出ないなんとやら ではないが出かかってしぼむものばかりでした

昨朝 水を交換してるが 先ほど見ると根っこから葉緑素を放出しているように見える 水栽培では終息時にそのような現象が起こるのであろうか

ここまで苞は六つ 一昨日七つ目を発見 葉緑素もどきの撮影で第八の苞を見つけた 4ミリ程度であるが白の丸っこい蕾を持っていた 明日にも咲くだろうか それとも…
粗忽者の私は花びらは平面だと思っていたがササクレ状だ

この頁トップへ


中秋の連休は好天続きでした
09/10/13  17:55更新

運動会や行楽にお空さんから素晴らしいプレゼントでしたね

台風の直後に 車の通行止めに私は会いましたが キャタピラもどきの自転車で福島さんは自生地を詳報していました

久しぶりで上尾運動公園プール脇森へ行ってきました ここも中枝や小枝が森いっぱいに落ちています 本来はキノコシーズンですが菌の匂いもしません かろうじてコフキ○○サルノコシカケと小さなニシキタケが目に付いた 里山ではキノコシーズンは前にも書いたように九月半ば以前なんでしょうね
これも久しぶりで上尾からローカルコースで荒川総合運動公園で 福島さんが

2009.10.10

を撮影した地点でおにぎりをぱくつく 除草は完ぺきで見晴らしがすこぶるいい 昼時とあって自転車乗りやジョギングの姿もなかった こういう環境の中でのおにぎりは最高ですね

食事終えて自生地に向かう途中の大久保横堤の手前で白い花が目に付く そばには紫の斑点だらけの花もあった なかなか名前が思い出せないが 昭和四十六年以来の再会であった
 
ならばと竹藪へ 昭和四十六年以来のキツネノエフデを探しに 時期としては少し遅いが やはりなかった さすがは竹ですね 台風の影響はまるでない 蜘蛛の巣払いにと切られた青竹の枝を折ろうとしたが しなぐだけでもぎ取れなかった これだから丈夫なんでしょうね

この頁トップへ


子供の森の台風18号の痕跡
09/10/09  17:00更新

季節の風の定期便が早々と来たようだ
上尾の帰りに遅めの昼食をすまして羽倉橋からピクニックの森は無視して子供の森に向かう

昨日 さいたま市は穏やかだったと書きましたが 気象庁の10分おきデータを見ると ピーク時には風速十メートルから十九.五メートルの風が吹いていた この程度の風速では冬の空っ風に似るが この度のは 07年の台風9号よりも森の中は落ち葉や落ち枝が賑わっていた 冬は葉無し枝ばかりですので摩擦が弱いために枝落ちしないのでしょう

明日から十二日まで休みます

この頁トップへ


台風被害お見舞い申し上げます
09/10/08

さいたま市は烈風もなく 今朝の八時頃から瞬間的に強いのはあったが割りと穏やかでした ただし 雨は7日~8日にかけて129mm 上流も似たようなものでしたので荒川は第三土手を越えなかったと思う
今日は月一の定診日 ラスト診察に間に合うよう早めに出て自生地に入ろうとしたが通行止め 見渡したところ鴨川は増水しているが荒川河川敷には水は無かった それでも何とかして子供の森の池を撮影したく子供の森横堤に回ってみた              
ここも通行止め 横堤を白い乗用車が左岸土手に向かって走っているので反対側からならいけるのかと川下に向かうも やはり門は閉じていた 白い乗車は管理事務所職員だった 水は出ていないが用心のために閉めているのだという
通れないが自生地の近くにと左岸土手伝いにゴルフ場をすり抜け さくらそう橋付近から見渡した
病院での診察終了間際に太陽が沈む 北西の強風でよどんだ空気が無く真っ赤な太陽にはならない それをあきらめかけたときにシルエットの富士山が目に入った

今日の厚澤・関口白花露草です

この頁トップへ


18号台風来襲 ご無事を祈る
09/10/07  20:38更新

気象庁より

秋雨前線の長雨に台風の雨の中で千原さんの写真展に出かけた
降りしきる雨の中 カメラを持たずに携帯電話カメラで撮影するも使い慣れないためにボケボケだった

雨にもかかわらず訪れる方は続いていた 千原さんの人柄ですね 今年は受付にご婦人が担当していた 昨年 会場前を通りがかって覗いたら病み付きになって 即入会した方だそうだ 千原さんの奥さんもいらした 想像していたとおりの美人であった 私に取られるのを心配したのか 千原さんは来ていないと頑張るが 奥さん自身が自己紹介していただいた

昼時でしたので来訪者は無く 私の昔話で邪魔をしてしまった(色んな事柄や助っ人が向こうからやってきて支えられた この時点で来訪者が続いて転結できずに会場を後にした 話としては 千原さんとの出会いも偶然でして こんにちまで色々と手と足や目になっていただいた おかげさまで当サイトの維持の石杖になった を予定していた)

話変わって厚澤・関口白花露草の昨日は咲かず今朝は三輪だった
16:35時点でもしっかり咲いていた 気温が低いのと雨空で暗い所為かも知れない 20時現在でも半分に縮んだが咲いていた

この頁トップへ


厚澤・関口白花露草W咲き
09/10/05  20:54更新

第二苞と第五苞で各一輪咲きました 水交換をする迄もなく咲いたことから水の所為ではないようです 20:20現在 左下の第五苞は全開の半分しか閉じていない 低い気温かなと思ったが それも要因の一つでしょうけど 実は雨のために自家受粉が遅れたのでしょう 今日は第六苞が出ました 苞の大きさが普通のツユクサの四割しかなく蕾も三個未満ですので 第一苞が二度咲いたことから続くでしょう
千原さんから珍しいキノコの画像が送られてきました タバコは10cmあるとみて笠径20cmとしましたが8,5cmしかなく 笠径は17cmが正しい 私の持っている全資料にはこのキノコは無くネットで調べても見当たりません 頃合いを見て仮称する予定です
千原肇さんが主宰する自然観察写真クラブ「みくり会」
写真展が大宮氷川神社の氷川の杜文化館において催されますのでお近くの方はぜひとも観覧してください
10/4(日)~10/11 09時~17時
氷川の杜文化館電話 048-648-1177

この頁トップへ


中秋の名月なのに曇りだ~
09/10/03  22:41更新

衛星写真の赤外→拡大→カラーで見るとかすかに 東京から埼玉南部の範囲で銚子から長野県中部に至る低い雲がかかっている(21:40現在)一瞬だけ雲の切れ間から月が顔を出したので慌ててカメラを出すが隠れてしまった

この雲が上下のどちらかに移動すれば中秋の名月が拝めるでしょう

今日も出動しなかった 昨日咲いたシロバナツユクサは間違いなく一日花でした ただし 第四の苞ができていた もしかすると毎日水を取り換えないと咲かないのかもしれない 明日から実験しましょう

そこで今日はぼやきます

犯罪学校健在
  午前中のasahi.comニュースで空き巣事件の中で手口
  まで詳細に報道していた 事実のみ報道すれば済むことを何故
  手口を詳報するのか 犯罪がないとマスコミは飯が食えないか
  らなのか
これをアップする前に念のために空を見やると雲間に月が 今度こそ逃がすまいと気張ったが 大きな雲の切れ間だったので助かった

明日は休みます

この頁トップへ


厚澤・関口白花露草第二花咲く
09/10/02  16:30更新

昨日の予想が当たった 幅は1,2cmと小さいが 小ぬか雨の中で咲いた 閉じたのは15:57 昨年の自生ものも普通ものが閉じていたのに白は何時までも咲いていた この手はそうい性質なのでしょうね

この頁トップへ


赤い羽根の日 今も?
09/10/01  21:26更新

時節の速度はますます速く感じます 蓄えられた人生時間はゼロに近くなっていきます 昨年はこの時も野生キノコが随所に見られたが 今年はほとんどないことも手伝って今日も出動しなかった

断りもなく沈黙したままではリピーターの皆様に悪いので まだ健在であることを示す意味で 厚澤・関口シロバナツユクサを覗いてみました

第一苞に三つ目の花穂が出ていました 明日には咲くかな? 第三の苞も現れました 終焉が近いので期待しないでいたが 枝別れの大の方が成長し 小の方は停滞しています

この頁トップへ

10月   もどる  年頭に思う  トップページ ご意見箱