8月後へ  もどる  年頭に当たって  トップページ ご意見箱 

自然の四方山話 8月(前)

 8月(前)の目次 
 老人性腰痛が定着したようだ 
 秋色の空を訪ねて涼を楽しむ 
 連続閉尿で寝られず吾轟沈す 
 八月六日が近づくと毎年首を… 
 早起きは三文の徳 なるほど 
  
 彩湖から見えた東京スカイツリー 
 今年は最悪の信州紀行でした 
  
    


真夏に置き忘れてすえたテーマ
10/08/12  15:21更新

2010年08月12日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 27.9 0.0 4  
2 27.8 0.0 4  
3 27.5 0.0 南南西 3  
4 27.6 0.0 4 0.0
5 27.7 0.0 5 0.0
6 28.4 0.0 4 0.7
7 29.4 0.0 5 0.8
8 30.0 0.0 6 0.3
9 31.2 0.0 6 0.7
10 30.6 0.0 南南西 7 0.4
11 31.0 0.0 南南西 6 0.0
12 30.6 0.0 南南西 8 0.0
13 29.1 0.0 6 0.0
14 28.1 0.0 6 0.0
15 27.3 0.0 4 0.0
気象庁より

『台湾の声』サイトの常連投稿者の右翼と思わしき永山英樹氏が八月六日の原爆の日で広島市長が読み上げた平和宣言に噛みついています

不勉強で平和宣言の内容を知りませんが 右翼独特の主観的なのかもしれませんが 論点の中に
『日本が「傘」から抜け出れば、その途端に国民は、中国、北朝鮮など、核の脅威に怯えて暮らすこととなるからだ。』    
『こうした横暴な中国に対し、「核の廃絶を」と要求する「度胸」が秋葉市長にあるかが問題なのだ。』
これは同感ですので取り上げる次第です

当サイトを訪れる皆さんは平和で花々に神経が集中しておりますので国家のことには関心が薄いでしょう たまには自分の国と世界に目線が行くのも生活を守るのに必要かと考えます

私の知人で豪語するのがいてね
 なに 心配はないさ この国には先進技術があるさ
その先進技術が国内で生産されずに中国で安い賃金とかで出て行き その中国で最近になって賃金上げストが頻繁になっている 悪いことに 先進技術が出て行った先で取られる始末です 潤っているのは特許を持つ権利者だけでは 先進技術で世界を支配はできない

自国内での生産がないのだから失業率が上がるばかり わびさびだけでは国家は保たれません 中国からの観光客が化粧品やら家電品やらを大量に買い込んでいますね あれは自分で使うために買い込んでいるのではないのです 転売するためです 漢民族は見栄を張りません いかなる時も商売に持ち込んでいきます

そういう意味で 大和民族は もっともっと商売上手にならないと二十一世紀中にアジアの孤児になるのは間違いない
別の視点で永山英樹氏が吠えているのです

----- Original Message -----
From: "E-Magazine User" <taiwannokoe@googlegroups.com>
Sent: Wednesday, August 11, 2010 8:52 AM
Subject: 「台湾の声」【警鐘】中国が喜ぶ広島市長の平和宣言

【警鐘】中国が喜ぶ広島市長の平和宣言−やはり左翼は信用できない

        永山英樹

ブログでは関連写真も↓
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-1250.html

広島原爆の日である八月六日の平和記念式典で秋葉忠利・広島市長が平和宣言を読み上げ、「非核三原則の法制化」と「核の傘からの離脱」などを訴えた瞬間、厳粛であるべきこの式典が反日左翼の政治集会と化してしまったかのような錯覚に陥った。

錯覚に陥った者はまだいい方だ。多くはそのような危険な政治主張を平和への祈りと誤解し、深く心に刻んでしまったことだろう。

なぜこの主張が危険かと言えば、日本が「傘」から抜け出れば、その途端に国民は、中国、北朝鮮など、核の脅威に怯えて暮らすこととなるからだ。なにしろこれら軍事力信奉の先軍国家は、他国を脅す目的で核開発を行ってきた。

だから核の抑止力を捨てようと訴える秋葉市長の訴えに最も喜ぶのは、言うまでもなくこの二国だろう。新華社の「広島平和宣言が日本政府に米国の核の傘からの離脱を要求」との速報も、そうした中国人記者の思いがこもっていないはずがない。

なぜ秋葉市長ら社会党出身の左翼は、これらの国を喜ばすことばかりをやりたがるのか。

「二〇二〇年までの核兵器廃絶のためさらに大きなうねりをつくる」とも誓っていた秋葉市長は、同じことを中国に向かって言えるのか。

米国議会調査会が最近出した報告によると、その二〇二〇年までに中国は最大六隻の空母を建造する見通しだ。そしていよいよ覇権の拡大を本格化させるのだろう。もちろんそうした路線を驀進できるのは、言うまでもなく核の恫喝力を持っているからだ。

このような時代に逆行するが如き軍拡政策を懸念した岡田克也外相が五月、中国の楊潔&#31722;外相に対し、「核保有国の中で核兵器を増やしているのは中国だけ。保有数を減らすか現状を維持するよう踏み切ってもらいたい」と求めたところ、楊外相は「中国は非核国に核を使用したり威嚇したりしない。日本が心配する必要はない」と激怒している。

こうした横暴な中国に対し、「核の廃絶を」と要求する「度胸」が秋葉市長にあるかが問題なのだ。

つねに被爆者の感情を強調する秋葉市長だが、それは被爆者の政治利用ではないのか。宣言では「高齢化した世界全ての被爆者にきめ細かく優しい援護策を実現すべき」と訴えていたが、まだ高齢化していない若い被爆者も、中国の新疆ウイグル自治区には数え切れないほど存在する。

世界で最も被爆者が多いのは、このウイグル民族の土地なのだが、秋葉市長は中国の核実験の犠牲者のことは忘れているのか。

核の抑止力を放棄しようなどと、中国や北朝鮮の核兵器を警戒しないような人物など、とても信用できないのである。ここまで現実を直視できないのは、今でも共産革命による「世界平和」を望んでいるからだろうか。

もし式典を政治利用しているだけなら、これほど原爆犠牲者を冒涜するものはないだろう。


『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html

『日本之声』 http://groups.yahoo.com/group/nihonnokoe
 (Big5漢文)


これから十日ほど療養に専念しますので休みます

この頁トップへ


連続閉尿で寝られず吾轟沈す
10/08/11  17:49更新

2010年08月11日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 27.0 0.0 南南東 2  
2 26.8 0.0 南南東 2  
3 27.0 0.0 南南東 2  
4 26.9 0.0 1 0.0
5 26.8 0.0 南南東 1 0.0
6 27.4 0.0 南南東 2 0.2
7 28.5 0.0 2 0.6
8 28.7 0.0 南南西 3 0.8
9 30.7 0.0 3 0.9
10 32.2 0.0 3 1.0
11 32.4 0.0 4 0.7
12 32.5 0.0 3 0.8
13 33.6 0.0 5 0.7
14 33.2 0.0 4 0.9
15 32.9 0.0 5 0.9
16 31.5 0.0 4 0.8
17 30.5 0.0 2 0.0

九日もとうとう排尿できなかった 青木式対処法は 紙パンツを着用して立ったまま 出るまで待つ 過去では ぽたりぽたりから徐々に時間かけて流れるようになる かける時間は合計で三日 この度のは肝心なぽたりが出なかった 出ないだけなら我慢もできるが全身が激しくしびれ 放射銃に激痛が走る

日付が変わってもだめ そこで管を入れてもらうためにかかりつけの病院へ 400m先の駐車場で尿意があったため ためしに立ちション 出るではないか ならばと引き上げた ところが 次の尿意では相変わらず同じ症状 で 同四時に病院へ駆け込んだ

新顔の夜間専門女看護師が不満タラタラだった
 
こんなのは昼間にくれば良い 夜間は緊急のみ扱うのだ
 過去に何度も同じ処置をしてもらっているんだ 救急車で来れば
 良かったのかい
寝ているのを起こしたわけではない 外来の一番から三番を行き来していたのだ

結局 管を入れて抜いただけ 尿袋をつけようとしない 昼に来いと 更に 尿瓶の三分の二弱もあるのに
 
たいして溜まっていないじゃないか
とぬかした

相変わらずの症状ですので主治医にメールしてから病院へ 相変わらず込んでいた ここの受け付け嬢たちから外来の看護師たちとは長年の顔馴染みだけではなく新顔も 一度見れば一生忘れられない顔立ちの所為で知られている 私が知らない最近の子たちまでが名前と顔が一致するんだからすごい

担当した医者は前にも木曜・金曜以外で世話になっていた そこで古株で十年来世話になっている看護師に医者が何時ものでと指示して処置してもらった

尿袋の予定でしたが パッチ付きの管を勧められた 私の主治医は誰かも知っている
 遠山先生はお盆に入るかな
と予定表を見て 木曜日は大手術があるから金曜日にいらっしゃいと そこで何時ものように爺ギャグを飛ばす ちょうど昼時で患者は私でおしまい ギャグを耳にした三人が顔を出した

平成十五年の入院時に世話になった中年さんと始めて会う若い子が二人 ところが若い二人とも私を知っていた 外来へは検尿コップを呼ばれてもらう一瞬だけなのにね 古株さんいわく
 ほら あの有名なデザイナと読みが同じだから皆はあれっと思い
 覚えられるのよ
そう 私の本名は ミヤケイッセイ

管のおかげで苦しみは無くなった ただし 頻尿は変わらない 問題は管を抜けるかですね 抜けなければ厄介だよ それ以前の肝心なことを書き忘れた 23:10

管を気にしすぎるあまり腰痛矯正の軽いストレッチをせずにいます その結果として ぎっくり腰もどきが再発して身動きができない そこら中を歩きもしないから現在は腰痛で苦しんでいる これが轟沈の意味でした

現在五十台の皆さんに警告します
夜の作業を抑制しないこと
私はある理由から五十代の後半から抑止しために六十代前半でその卦が出ていた 苦しいぞ それを避けるには夜を励むことです この点は遠山先生も肯定しています 前立腺肥大症だけならまだしも前立腺がんも見え隠れしていますからね

遠山先生との会話を私の別の
HP天然ハナビラタケ03/09/27
で詳報しています(中間までスクロールして) 
夜の作業をタブー視する方はご遠慮ください 無駄だからです
秋が現れた 
低いほうの雲は夏で活発に動くが 上層にあるイワシ雲は停滞気味
    
昼間は私から離れないリキはパソ中は右の座布団で寝ています タバコを吸いだすと煙いのか私の布団に逃避します

クーラーは29℃ 送風は上下動の強にしてあります これでも冷えるのか↓の二景と相成ります これを繰り返しています
痩せっぽのクミは玄関の靴箱の上です ここなら二階の29℃の冷気が流れついて暑くもなく寒くもないのでしょう トラはカーテンをハンモック代わりにしています    

この頁トップへ


今年は最悪の信州紀行でした
10/08/09  16:06更新

初日 8/6
ドライブは順調でした ルート254は あちこちで工事があって片側交互通行も手伝って 前方に車がないために前を走っていた岐阜ナンバーの大型トラックが時速90キロで気持ちいい走りでした 私がぴったりくっついていたためか 内山トンネルの手前で止められたとき 前のトラックがしきりと手を振って先に行けと合図していた わが意を得たりと勇んで先頭を切る そうでなくても飛ばし屋の私ではあるが90キロで走るトラックの邪魔にならないよう100キロ超で内山トンネルを抜けた バックミラーで見るとトラックはだいぶ遅れている トンネルを出ると大きなカーブがあって その先は長い下り坂 最初の部落で直角に近い左カーブ トラックの姿もないことから何時ものように80キロに落としていた

左カーブから2キロほどの地点でかすかにサイレンが聞こえる また救急車かとバックミラーを見やると白バイだった なんと三十年ぶりにつかまったのだ 24キロオーバー 罰金は一万五千円 点数は二点だという

三ヶ月は気をつけてください 三ヶ月過ぎると二点が消えると教えられた 稼ぎになった所為かおまわりさんは卑屈なほど低姿勢だった
 貴方は元気すぎるんだよ 
といわれてしまった トラックは通り過ぎていった これで本年の信州紀行は台無しだね
   
標高1300mでもむっとしていた

明科のねむの木は満開でした 例年七月で終わるのにね 宿舎周辺は大雨の直後だったようだ 今年も宿舎専用駐車場脇のツリフネソウが咲いていた 白が見えない 
 

二日目 8/7
初日の夜は大変だった 不思議ですね 歩いている時の腰痛は我慢できる程度ですが 楽なはずの寝ている時の腰痛は我慢限度を越える この腰痛に連鎖して両太ももの痙攣痛が凄まじい 加えて頻尿と閉尿気味が重なって一時間おきにトイレへ引きずるように駆け込む

腰痛もさることながら 閉尿気味なので排尿時に全身がしびれて痛い それでもちびりちびりですが゛出てはいる こうして最後の回は丑三つ時を過ぎた三時だった 冬の掛け布団をかけて就寝 夢うつつではあるが目が覚めたのは五時半だった

前立腺肥大で入口がふさがれて排尿に困難をきたすのが前立腺肥大症 削ることもできるらしいが主治医はやりたがらない それで新薬を朝昼晩の三回を服用していた ところが死者が出るほどの毒薬となって朝の分だけになった 効果あるかどうかは別で夜中の苦しみを昼間も引きずられてはかなわんので 早い朝食にして毒薬も服用した

一時間ほどして太陽が昇るにつれてダイヤモンド水滴がきらきらしている 夜中に雨が降ったようで木々は水滴が鈴なりだ 急ぎカメラを構えるが なにしろ 距離は10mもあって二、三_の光る水滴を撮るのは至難の業 レンズは400ミリ×デジタルズーム二倍 更にトリミングするもダイヤモンド水滴なる姿は無かった
姫木平の別荘地を町から借りて貸し出しと管理をしていた不動産会社が倒産した 地代は町から借り出しの二倍 ところが町が自身で管理しているのに二倍のままでは不公平とオーナーたちが交渉団体を立ち上げて騒いでいる

従来の不動産会社は道路の草刈りはしなかった それが町の手に戻ってから各道路は綺麗に除草されていた

これを知らずに ハナビラタケブロックに入る前に宿舎の近くにあるツリフネソウ群落地に出かけ 途中の八十年物カラマツの根元に昨年と一昨年 直径15cmほどのハナビラタケがあったので見ると同じ場所に同じ大きさのがあった これは奇跡に近い ハナビラタケを知ったのは三十年前 そして 同じ場所に現れるのは三、四年おき それに対してこれは毎年同じ場所に出ていることになる 奇跡の所以です
道路端にあったツリフネソウらは除草のために全滅でした そこで昨年発見した別荘地の入り口広場のツリフネソウを訪ねる 道路側は全滅でしたが 隣接地は健在でした
ホサキシモツケソウは ハナビラタケブロックの入り口にあるもの
別荘地に住み着いている女流研究家がいうには この標高では珍しいものなので天然記念物として指定させる運動をしているとか 幅10m奥行3mの小さなブロックながら毎年出ています 指定されたかどうかは定かではない

ハナビラタケは本年もだめでした 人の歩いた跡があるが採取されていたとしても取り漏れは必ずあるもの それがないのですから地球温暖化で無くなったのは間違いなさそうです 探しがてら目についた種々雑多です
東京ドーム三個分はあるほぼ平坦なブロックで人間の姿はまれです 7500歩も歩いたが あれだけ出なかった尿が勢いよく三度も出た

この環境で白樺の倒木にカメラを置く窪みがあって動画撮影を試みたものです 動画システムを利用すると己自身を演出し撮影ができる 雷光もこれで撮影できると気がつかなかった これからは雷光の撮影はこれに決まりです

帰りは小さなダムとエコーバレースキー場中腹にある高山植物を狙うが ヤナギランが三株しかなかった 花たちはどこへ行っちまったのかね
七日の夜は死の淵に立たされた 完璧な閉尿です 激しい尿意があっても出ない 加えて腰痛と連鎖する両太ももの痙攣痛が重なった 激しい尿意のために寝ることもままならない 連夜も続く経験は無かった どうも原因は便秘のようだ 毎日飲んでいるセンナと柔らかくする漢方薬を忘れていた これで二日もない 腸が張るために前立腺を圧迫して出ないのであろう この状態は 入口に向かって押し合いへし合いしているためにしびれ痛が発生するのだろう とうとう一睡もできなかった

ハナビラタケもなく花たちもないことから八日に引き揚げるべく片付けていた 朝食と毒薬を取る 五時半出発 陽が昇るにつれて排尿がスムーズだ コンミニへ飛び込むこと四度 いずれも申し分ない出であった

一睡もできなかったので更新作業はあきらめて就寝するが 夜半からまたも排尿困難だ 今日も暑そうなのでクーラーを29℃にしていたところ 昼間から排尿困難だ 絶え間なくトイレでは世話しないので紙パンツにするも 座っていてはまるっきり出ない 通じはあったのでこの影響は無いと思う だとすると 冷えからかな ものは試しと冬用寝間着のズボンにしてみた 結果はまだ分からない


これを編集中に南側の窓を見ると変な黒い雲が立ち込めていた あんな低い雲が真っ黒に見える筈は無いと急ぎ撮影する 最後は水蒸気の団子状だった 火事だったんでしょうね

この頁トップへ


早起きは三文の徳 なるほど
10/08/05  14:27更新

2010年08月05日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 27.9 0.0 3  
2 27.4 0.0 南南西 2  
3 27.0 0.0 南南西 2  
4 26.6 0.0 南南西 2 0.0
5 26.5 0.0 南西 1 0.0
6 27.7 0.0 南南西 2 0.9
7 28.9 0.0 南南西 2 1.0
8 30.4 0.0 南南西 3 1.0
9 32.0 0.0 南西 2 0.9
10 33.1 0.0 南南西 3 0.9
11 34.1 0.0 南南西 3 1.0
12 34.6 0.0 南南西 3 0.8
13 34.7 0.0 南南東 4 0.8
14 34.8 0.0 南南東 3 0.9
気象庁より

五時半起床 ネットサーフィンして八時前に出かけた 生富士が見えたのだから三文の徳は間違いない 別のアングルもと自生地は後回しにして中央土手にはい上がろうとしたが 途中からオギに遮られてアウト やむなく車を走らして秋ヶ橋下流側下へ
今日は猛暑予報が出ているので引き上げたいが まだ九時前ですので大久保にある行きつけのコンミニへ一ヶ月ぶりで立ち寄って 大久保横堤を散策した 上流側にある小さな畑が荒れ放題 園芸種や野生種の宝庫ですがだめでした
今日は定診日ですのでアップを早めにしました
明日からハナビラタケ狩りに四泊五日の予定で信州は姫木平へまいります 温暖化で絶えて久しいが せめて二、三個は欲しいですね    

この頁トップへ


秋色の空を訪ねて涼を楽しむ
10/08/04  15:21更新

2010年08月04日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 27.9 0.0 3  
2 27.5 0.0 3  
3 27.4 0.0 3  
4 27.1 0.0 3 0.0
5 26.9 0.0 3 0.0
6 27.9 0.0 2 0.9
7 29.0 0.0 3 1.0
8 30.3 0.0 南南西 3 0.9
9 31.2 0.0 3 0.7
10 32.0 0.0 4 0.8
11 33.0 0.0 南南西 4 1.0
12 34.2 0.0 3 1.0
13 34.0 0.0 南南西 4 0.8
14 33.9 0.0 5 0.9
気象庁より

なんて優雅なものではありません 敢えて出歩かないと手押し車の世話になりかねないからです あの毒アリに背中を食い千切られて以来調子がすこぶる悪い 諸悪の根源は↓のアリです
玄関前ですばしこく動いて絵にならないので動画で撮影して切り取ったものです 全てこのアリによると言いきると語弊がありそうですが

1.毒素が全身に回って狂った?
2.爽健美茶を一リットル飲んだら頻尿に(8/1)
3.腰痛+右太もも内側で痙攣痛(2日夜〜3日07時まで)
  と同時に排尿困難+排尿時放射銃先端で激痛
4.3日19時から4日07時まで右太もも内側で痙攣痛
  と同時に排尿困難+排尿時放射銃先端で激痛
  日中は痙攣痛が消える

男の八割は罹患する前立腺問題を取り上げるのは罹患時の参考にと

1は完全に消えた が 最中で2〜4の現象が現れた 影響はあったと思う 飲みつけないものは老境にあっては避けるべきのようです 始めて飲んだ結果が頻尿になったのですからね 悪いことに太もも内側の痙攣発生と同時に排尿時に先端で激痛が起きてしまった したがって排尿の量も少ない

前立腺を広げる飲み薬を一日三錠だったのが死者が出たために朝の一錠に減らされた ここ二ヶ月は若い時と同じように排尿できた矢先にまたも排尿困難になった しかも 痙攣痛同様に日中は何でもない

昨夜も19時ごろに痙攣が再発 時間とともに激しくなる 我慢強い私は無視し続けるので十回に一回は無意識に飛び上がる激痛がある

夜中に排尿で苦しまないようにと 苦しみながら徹底的に排尿に努めている そして日中は収まる 今朝も七時頃から両方共に収まった

取材を終えて事務椅子に座り込んで編集していると腰痛が始まった どうも 座る椅子の所為のようです 19時というとニュースや夕飯のために下の居間にいる 座る椅子は↓です
クーラーの冷えからだろうと昨夜夫婦で話していた でもね たかが28℃で冷えるほどヤワではない ところが 今日取材を終えて何時ものように事務用椅子なのに 太ももの痙攣が始まっている クーラーはつけていない 南風4mで心地よいので

ということは諸悪の根源は椅子なのかな 不用意な飛び上がりで腰を痛め 椅子によってまたおかしくしちゃって この腰痛が連鎖して太ももの痙攣や放射銃先端にまで影響したとも言えそうです   

この苦痛は気の弱いものでは耐えられないでしょう 負けて手押し車になっていくと思う そういう私も1日からの苦痛に負けていた 熱中症予防とか言ってさぼっていた 昨日は東京スカイツリーの撮影で5500歩歩いたことから今日は車の世話になりながら出かけた次第であって 優雅な話ではないのでした 負けてたまるか!

毎度言うように長生きは犯罪だ! 人生は五十年で十分だね これを越えた部分の対処法を知らないものね 私の場合は親不孝のつけかな
腫れものを触るような思いで撮影 終わって辺りを見回すと銭ゴケの無い所にも同じものがあった 触ってみると何とプラスチック玉だった 撮影個体も触ると同じものだった とんだヌカ喜びであった    
スカシバガのようなのが飛んでいた 2m先に止まるがシャッターの前に消えた それがサイドミラーに止まってじっとしてくれた 撮影終えても動かない アクセルを放してスロー走行してもじっとしている とうとう100mもドライブしちゃった    
真っ青な空 4m前後の南風は天然クーラーだった 汗をかく暇もない撮影行でした しかし 今しも太もも痙攣痛はいただけない

この頁トップへ


彩湖から見えた東京スカイツリー
10/08/03  21:14更新

2010年08月03日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 28.1 0.0 4  
2 28.0 0.0 5  
3 27.7 0.0 4  
4 27.6 0.0 4 0.0
5 27.5 0.0 4 0.0
6 27.9 0.0 3 0.2
7 29.1 0.0 4 0.9
8 30.3 0.0 南南西 4 1.0
9 31.6 0.0 4 1.0
10 32.6 0.0 4 1.0
11 33.0 0.0 3 0.9
12 33.4 0.0 4 0.6
13 33.9 0.0 4 0.9
14 34.2 0.0 4 1.0
15 34.2 0.0 4 1.0
16 33.6 0.0 南南東 4 1.0
17 32.0 0.0 5 1.0
気象庁より

今朝は二度寝で起床したのが七時 気温は29℃を越えていた この時間の起床では出かけられるのに八時過ぎになる 八時では30℃を越えたのでクーラー漬けと決めた

昨夕の各テレビニュースで気象予報士たちは曇りで蒸し暑いとしていた ところが お空は澄み切って真っ青だ まるで秋の空だ そう言えば太陽は北回帰線から赤道に近付いている 五時前に家を出るワイフがいうには 明るくなるのが少し遅れているそうだ
夜半からずっと南の風4mが続いている 湿度がほとんどないためか南風でも爽やかだ この風につられて 毎月特別昼食代としてワイフから四千円を支給されている これで週一回は肉の万世へ行けられる 上尾行きをさぼってハンバーグにした

真っ青な空を窓越しに見ていると家へ直行するのはもったいない 湿度が低いとくれば見通しは50kmはあろう なればサクラソウ自生地となりの彩湖脇の第三土手(荒川左右岸の真ん中にできたもの)から東京スカイツリーは見えるだろう 14時に近いので西日を受けて特徴である白い網模様は見えるだろう 半年前にも見えたのだからと彩湖の駐車場に車を止めた

記憶の半年前地点では影も形もない 下流へ下ること800m 東京外環道へあと1km地点ではっきりと肉眼で見えた 駐車場から片道2650歩
 
NHKビデオクラブ員の青木幹弥さんから川柳3題が寄せられました


----- Original Message -----
From: motoya  To: sakuraso@jcom.home.ne.jp
Sent: Tuesday, August 03, 2010 4:27 PM
Subject: 覗いて川柳


野の小道 花鈴なりに ツルニンジン(別名ジイソブ)

腰痛が 自生地着くと 頭晴れ

犯罪の 手口教える ニュース面

  青木幹弥

この頁トップへ


八月六日が近づくと毎年首を…
10/08/02  16:21更新

2010年08月02日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 28.0 0.0 南南西 2  
2 28.1 0.0 南東 2  
3 28.2 0.0 南東 2  
4 27.9 0.0 南東 1 0.0
5 27.2 0.0 1 0.0
6 27.9 0.0 1 0.0
7 28.6 0.0 南南東 1 0.0
8 29.0 0.0 南南東 2 0.0
9 29.5 0.0 2 0.0
10 29.9 0.0 南南西 2 0.0
11 31.4 0.0 3 0.0
12 31.3 0.0 南南西 4 0.0
13 32.1 0.0 南南西 4 0.1
14 31.6 0.0 3 0.0
15 31.6 0.0 南南西 5 0.0
16 31.0 0.0 4 0.0
気象庁より

すくめてしまいます 運が悪ければ広島の原爆の餌食になっていたのでした 昨日書く予定を忘れてしまった 07年10月に自叙伝として書いておりますが 今年は何故又触れるかと言いますと 昭和二十年八月も今年同様の猛暑でしたので触れたくなったのでした 07年ほど頭が冴えていませんので過去ログを見てください
http://www.ettsei.com/07newpage12.html#1013 
幸運!終戦で逃避行終止符

父親の影の応援者が五人いて その方たちが輪番制で私の旧制中学の学費や寮費を負担してくれていました 旧制中学三年までの三年間は鬼婆婆の影響を直接受けなくなったが それでも ひもでつながっている気は抜けずに海軍特殊航空兵に志願して完全に影響を振り払えた と同時に何故か現在まで幸運に支えられてきた その最たるものが 直前で原爆から逃れられことでした


今日はほとんど31℃台ですが それでも自生地でたったの1500歩なのに汗だくだった 腰も安定しないし 熱中症も嫌ですので早々と引き上げた
慌てる乞食はもらいが少ないと言いますが まさにそのとおりですね このバッタちゃんもじっとしていれば同系色で見えないものを 慌てふためいて飛び出すから見つけられるのだ 捕まえる気がない私でよかったよ 捕まえる目的のものだと一巻のおしまいだったね
まさしく 慌てる乞食はもらいが少ない

現に今も腰痛と格闘中です 老人の定席に鎮座するか はたまた屈服して元の姿態に戻るれるか 厳しいのう

この頁トップへ


老人性腰痛が定着したようだ
09/08/01  20:10更新

2010年08月01日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 27.6 0.0 北東 1  
2 27.1 0.0 1  
3 26.8 0.0 北北西 1  
4 26.1 0.0 北西 1 0.0
5 25.9 0.0 北西 1 0.0
6 26.5 0.0 北西 2 0.0
7 27.1 0.0 西北西 1 0.0
8 28.4 0.0 北西 1 0.2
9 29.5 0.0 1 0.7
10 30.9 0.0 北北西 1 0.7
11 32.4 0.0 南南西 1 0.8
12 33.5 0.0 西 1 1.0
13 34.2 0.0 西北西 2 1.0
14 34.0 0.0 東南東 4 0.8
15 34.5 0.0 南南東 2 0.8
16 35.0 0.0 2 0.5
17 34.6 0.0 南南東 2 0.9
気象庁より
八月一日 早い! そして猛暑が瞬間的に戻った 十六時過ぎに表を見るとくぼみに水溜りがあった 気象庁は0_となっている レーダー図で見ると十三時四十分ごろに強烈なゲリラ雨が通り過ぎ(白線枠がさいたま市)わが家周辺で消えたようだ 気象庁が認識できない訳だ

高齢になれば否応なしに老人性腰痛が発生するというのに馬鹿っ飛びで早めてしまった ぎっくり腰もどきは変な態勢にならない限り落ち着いていますが 背筋を伸ばすことができなくなっている 背中の筋が伸びると弱った腰と共鳴?して痛を呼ぶ 座って しゃがんで立ち上がる時に激痛が走る それで背中を丸めれば楽なので 毒アリにかまれた画像のように洗濯板が『く』の字になってしまった

普通にしていればぎっくり腰もどきは消えているが 何故だか寝て起床するときにぎっくり腰もどきが戻る 一晩中仰向けで寝られないのですから寝返りを打つ その瞬間に激痛が走るが睡魔が勝るので 無意識で楽になる態勢にしている 筋の伸ばしすぎか 激痛は無くとも無理な横向き寝姿で筋に負担がかかるのかな

少しずつですが 寝てするストレッチをして矯正し始めているが まだまだですね もうそろそろ歳を考えた行動をしないと 生きているのに動けない無ざまになってワイフに迷惑を与えかねない
がんばるぞ〜!!!
 この花も花弁を散らさず

 丸まって終わるようです
コニシキソウの花をようやく捉えられた やがて例の長い管が伸びるのでしょう 肉眼ではゴミか黒くなった果実に感じたが 2_の花に対して1_しかない虫が吸密していた

臆病な虫なのか 1cmに接近してのスーパーマクロ撮影なので後の連続五カットでは影も形もなかった

街中では久しぶりの夕焼けだった ワイフいわく 不気味だ!

この頁トップへ


通信社の回答内容を皆様は?
10/07/31  15:30更新

2010年07月31日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 26.5 0.0 北北東 1  
2 25.6 0.0 1  
3 25.3 0.0 1  
4 25.3 0.0 西 1 0.0
5 25.2 0.0 北西 1 0.0
6 25.5 0.0 西南西 1 0.0
7 26.2 0.0 南南西 1 0.0
8 28.1 0.0 南西 2 0.6
9 29.5 0.0 1 0.9
10 30.9 0.0 西 2 0.9
11 31.7 0.0 北西 1 0.6
12 33.0 0.0 東南東 1 0.5
13 32.8 0.0 3 0.7
14 33.5 0.0 3 0.9
15 32.2 0.0 南南東 2 0.0
気象庁より

該通信社は電話だと 始めてにもかかわらず 何時もかけてるね(半年前に取り上げている) とぬかすのでこの度はメールにした 内容に当サイトで取り上げていると書き込んだ所為なのか 無視されると覚悟していたが当サイトを見た上で即刻回答が来ていた

テレビ朝日の場合は 毎週 実際に起こった犯罪を再現劇としていたのを問いただされて 返事こそないが直ちに再現劇をやめていた ところが 該通信社は抑止になると支離滅裂の強弁をしている

賛否どちらでもご意見いただければ嬉しいですが

----- Original Message -----
From: "読者センター"  To: <sakuraso@jcom.home.ne.jp>
Sent: Friday, July 30, 2010 5:48 PM
Subject: 読者センターです

青木実様

メール拝読しました。

お問い合わせの件ですが、担当部署に確認したところ、
確かに、詳細な手口を書かないことも一つだが、

・同じ事をやっても、手口がわかっているため捕まる確率は高くなる。
・手口を知らせることで、周りからの監視の目が厳しくなる。

という観点で、再発を防ぐ有効な手段になるという考えで掲載しているとのことです。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

東京本社 読者センター
東京都千代田区

-----Original Message-----

バイク3台、ETC不正すり抜けの手口…摘発の記事で手口について詳報していましたね それでは犯罪学校と思いませんか? 事実のみ報道すればすむはずです 私のHPで貴社名を伏せて取り上げています
http://www.ettsei.com/newpage9b.html#10152

手口を詳報する理由
それによってマスコミが犯罪学校化との危惧は?
以上 お答えいただければ幸いです

----- Original Message -----
From: "青木実" <sakuraso@jcom.home.ne.jp>  To: "読者センター"
Sent: Friday, July 30, 2010 7:24 PM
Subject: Re: 読者センターです


早速の御返信に感謝です
> 確かに、詳細な手口を書かないことも一つだが、
>
> ・同じ事をやっても、手口がわかっているため捕まる確率は高くなる。
> ・手口を知らせることで、周りからの監視の目が厳しくなる。
>
この意見は見当違いです
手口を知らなくても3台続けて通り抜ければ
誰でもおかしいと感じます
勇気あるものは即座に通報するはずです

手口を知らせたからとて部外者の通報が増えることはないでしょう
むしろ 人間には悪の心がありますから触発されて
真似るものが増えることはあっても減りません

事件報道は事実のみ伝えれば足りるのですから
犯罪防止の意味で微にいり細にいり報道は犯罪学校の所以です

ともかく 細かい報道を慎んでほしい

有難うございました

青木実
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

報道協会または報道倫理機関があるかを探し出して質す予定です
     
三度ほど確認に行っているのですが 除草剤を撒かれてだめかあと諦めていた ところが 除草剤部分は秋田小町一帯であってゼニゴケタケはさらに奥の方であった 残念だった 柄はおよそ13_ 猛暑で干からびていた
畦でクサネムを撮影していると 発砲音が鳴り響いた めったなことでは驚かない私が飛び上がったよ イネの収穫が終わるまでは田んぼに近づかない方が心臓を壊さずに済むね

この頁トップへ

 8月後へ  もどる  年頭に当たって  トップページ ご意見箱