3月後へ  2月後へ  花期・道順  年頭に思う  トップページ  

サクラソウ3月

 3月の目次 
 不法投棄ゴミで保護課が動いた 
 向こっ気が法改正のきっかけに 
 昨日の冬日 今日四月陽気に変身 
 サクラソウの花芽 ついに出現 
 予想通りアマナ類が咲いた    
サクラソウの開花道順を検証
 サクラソウの蕾が色づいた〜 
 冷雨の中の サクラソウ

 溶け出す雪の不思議 
 やっとお出ましの関東あはれん坊
 関東暴れん坊一転して南の突風
 サクラソウ84歳の誕生日を祝う 
 記念碑前のサクラソウが咲いた 
 観察外でサクラソウ開花第二号   
    

観察外でサクラソウ開花第二号
10/03/15  17:45更新

2010年03月15日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 7.5 0.0 北北東 2  
2 6.8 0.0 1  
3 6.6 0.0 北北西 2  
4 5.8 0.0 北西 1 0.0
5 7.0 0.0 東北東 1 0.0
6 5.9 0.0 西 1 0.0
7 6.6 0.0 北西 1 0.0
8 7.4 0.0 西北西 1 0.0
9 9.0 0.0 北西 2 0.0
10 10.4 0.0 北西 2 0.1
11 11.1 0.0 北西 1 0.0
12 12.4 0.0 2 0.0
13 13.1 0.0 北北西 2 0.2
14 12.7 0.0 北北西 3 0.0
15 12.3 0.0 3 0.0
約束どおり千原さんが先に来ていた 顔を合わすと同時にサクラソウがいっぱい咲いている 知ってる?という 案内してもらったら 全く見向きもしないA区十字路付近にふた株 三輪も咲いていた
このサクラソウは幸運児です ご覧のように回りをノウルシが囲っています 幸いにもノウルシが10cm未満ですので優美な姿を見せられたのです 保守的な彼女らが 私たちは四月の花よ で頑張っていれば その頃にはノウルシが40cm前後に伸びて 背丈の低いサクラソウから太陽光を奪ってしまって 花を咲かせることはできません その意味で幸運児です 今見えている蕾は日の目を見ることはないかもしれません

まめな千原さんでも これ以外は見当たらないと言う

この咲き具合ですと13日に咲いたのかな?
アメリカサイシンスミレも結構咲きだしたよということで 立ち寄るも絵になるのはなかった スイバを指差した 20cm近くなっていた 本来は五月の頭に咲くものですが これでは今年もサクラソウのシーズン中はスイバの簾越しに見る羽目になりますね
曇り空で暖炉を抱えられないアマナ達は閉じてじっとしていた 見るべきものがないのでシロバナヒメオドリコソウを案内した
面白いものがあるが見ますかというのでついて行った 木の幹を指差した
とんでもない所にヒメオドリコソウは住みつくんですね 自然観察会指導員の千原さんも初めて見るそうだ

大木に張り付いた杉ゴケです


東京の知人からメールが来ました

差出人: <Y・Y>  宛先: <sakuraso@jcom.home.ne.jp>
件名 : ジェロニモさま  日時 : 2010年3月15日 13:26

やはりさくらそうも華を添えてくれましたね!!
朝日新聞11日の記事を添付します.
記事に書かれている「家の屋根などから…」は変ではありませんか?

お元気でー

Y・Y  (自己紹介でジェニモとしているため)

      

そこで朝日新聞社に電話する 出てきたのは苦情とご意見係の若い?男だった
 新潟ならともかく 東京で屋根から雪の塊が落ちるのは変ですね
 
どうして変ですか(語気強く)
 私も自分のHPで同じ様子を載せています 川口の友人からも
 メールで 同じことを書くとは… 同じ様子の写真を彼のブログに
 掲載しています いずれも屋根から雪の塊が落ちる場所ではない
 第一 東京で屋根から雪の塊が落ちる場所はない あの写真と雪氷
 防災研究センターの解説とは相いれないよ
ここまで話すのに時間がかかった 語気強く否定に徹していた
 
東京に屋根から雪が落ちない根拠でもあるのか!(すごい剣幕)
話の筋をとっ違えて揚げ足取りに終始した 私のHPを見てくれと言っても聞かない 約十分間の会話の最後で記録しておきますと言うので この会話も録音していますと告げると 何?録音?それでは切ります で切られちゃった 録音されては困ることをあの男はしていたことになります

そこでWEBで研究センターを検索して電話 係員は 問い合わせに対して 
一般論を述べたのだと思う 非常に珍しい現象ですからね
 たかが3、4cmの積雪で塊が出るはずもなく よしんば そうだ
 としても車のフロントガラスに滞留はしない 地球の引力で一気に
 滑り落ちるか飛び散ると考えますが
 
なるほど     
 だから あの記事は世田谷区の乗用車のフロントガラスとあるのだ
 から解説を当てはめるのは間違いと思うよ
 
まあ 事情は判りませんが そうかも知れませんね

こういう風に 出鱈目でも反論がないと正論として闊歩してしまうものです 当時の係は誰かは不明とのこと そこで防災センターには絨毯巻き写真を送ることにした

朝日新聞社には 社主に対応の悪さについて抗議文を送る予定です

やっぱり喧嘩太郎か 君は だね

この頁トップへ


記念碑前のサクラソウが咲いた
10/03/14  14:47更新

予定を変更して掲載します

日曜日はシーズンで無い限り女房孝行の日にしていましたが 昨日の蕾の状態と ここんところ続いた高気温で抑圧されたサクラソウが 一気に噴き出す気がして自生地に飛んだ

管理棟前で二人の職員さんが駆け寄ってきて
 
サクラソウが一輪咲いたよ
 何処で?
 
記念碑前 昨日の蕾です

到着すると情報源が二人のご婦人にしきりと長い指揮棒でガイドしていた そこで 情報源に咲いたそうだねと言えば まるで自分が咲かしたかのように そうだよ 二人のご婦人の内の一人が得々と指さして教えてくれた それは 昨日のご夫婦が あらら と指差した株でした
 
こうして絶対あり得ないと思ったのですが 昨年同様に三月十四日に観察外のが咲いたことになります
サクラソウも咲いて ホソバノアマナも開きかけて その上 一昨日はなかったシロバナヒメオドリコうも咲いていた 平成十三年からの毎シーズンの毎日観察してきた顔馴染みに対して 彼女らは84歳の誕生日を祝ってくれたのでしょう 有難いですね

もしかすると貯金がゼロになってお迎えの籠がそこまで来ているのかも知れません まだまだ皆さんと語りたいのですがね

この頁トップへ


サクラソウ84歳の誕生日を祝う
10/03/13  21:03更新

律儀な富士通さんは毎年の誕生日当日にカードを送ってくれます
本年は動画付でした これだから買い替えも富士通さんになる

                         発行 富士通株式会社
             AzbyClub バースデーメール       2010年3月13日
  
                       AzbyClub http://azby.fmworld.net/
──────────────────────────────────
青木 実様

お誕生日おめでとうございます。

AzbyClubより日頃の感謝を込めて、グリーティングカードを送らせて
いただきます。
下記のURLをクリックして、楽しいグリーティングカードをご覧ください。
http://azby.fmworld.net/cgi-bin/mail/birthday/birthday.cgi?USR_NO=3016394137&mail=BDD20103133016394137


ご健康で、ますますご活躍されますよう、お祈りいたします。

今後ともAzbyClubの変わらぬご愛顧の程、心よりお願い申し上げます。


                 AzbyClub編集室スタッフ一同


こういうこともあって 蕾のA区早咲きブロックへ飛んだ
2010年03月13日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 5.6 0.0 北西 2  
2 4.7 0.0 西北西 1  
3 3.6 0.0 静穏 0  
4 4.2 0.0 静穏 0 0.0
5 4.2 0.0 北北西 2 0.0
6 3.0 0.0 南南西 1 0.0
7 3.7 0.0 北西 1 0.2
8 6.4 0.0 北西 1 1.0
9 10.3 0.0 1 1.0
10 13.3 0.0 3 1.0
11 15.6 0.0 北北西 2 1.0
12 18.0 0.0 西北西 2 1.0
13 20.9 0.0 南南西 6 1.0
14 21.3 0.0 南南西 4 1.0
15 21.3 0.0 4 0.9
16 20.6 0.0 2 0.4
 総苞が少しだけ広がった
あるご夫婦が記念石碑前で奥方が指さして あらら と叫んでいた いなくなってから何を見たのかを覗くと なんとなんと 見事なサクラソウの蕾だった 何時もそうだ 定点観測の裏をかいてくれますね

あちこち回っていた千原さんが戻ったので 指差すと
 これは 青木さん 咲いたことになるよ 祝ってくれたんだよ

私も取材やら俄かガイドやらして戻ると千原さんが
 もう一輪あるけど知ってる?
ご夫婦が指差した蕾の約80センチ右寄りで葉に隠れて一輪あった 千原さんが ご夫婦が指差した蕾を撮影するのに太陽の加減で右に寄ったら手前に違うのがあったと
 間違いなく48歳を祝ってくれたんだよ

(実はA区東端の10m先に二輪咲いていました これで平成十三年からでは二度も祝ってくれたことになります 本日分の最後尾に掲載します)

早速宝くじでも買わんとね
二月は雨と雪が多く 今月の七日と八日にかけての雪と雨で自生地はぬかるんでいたのに もう乾燥し ひび割れている これは 自生地が壁材に最高の土壌であった証明 砂でもなく 粘土でもない最高の土壁材だった 皆さん くれぐれも昔は湿地帯だったという虚言に惑わされないでくださいね 何度も取り上げている 大正九年 国の天然記念物指定に供した申請者である三好学博士の調査報告書を是非とも頭に入れてください

天然記念物調査報告書 大正9年(1920)5月 
 史跡名勝天然記念物調査委員 理学博士 三好 学

――土地の状態
東京市ヲ貫流スル墨田川ノ上流ナル荒川ノ沿岸ニハ古来桜草ノ多ク発生セル原野アリ是等ノ原野ハ屡々河水ノ氾濫ニヨリ泥土ヲ蒙リ養分ニ富メルモ平時ハ地面乾固シ亀裂ヲ生ゼルヲ見ル土壌ノ状態普通ノ原野ト異ナル――

まさに亀裂だらけですね 有史以来この地は土壌の状態普通の原野と異っていたのです
これを編集中に千原さんからメールが来ました

----- Original Message -----
From: 千原 肇   To: 青木実 様
Sent: Saturday, March 13, 2010 6:42 PM
Subject: こんばんは

青木様

お誕生日おめでとうございます。

記念に今日撮影したさくらそう公園の 「サクラソウの開花」の
写真を送ります。

被写体まで約10M位だったので、
精一杯の写真ですので我慢して見てください

15日朝さくらそう公園に行きますので、この場所を案内します。

食べ過ぎないように・・・

おやすみなさい。

  

千原さんは どうしても探しだすんだと粘りに粘ったんですね
良き友と出会って ぼかあ 幸せだ〜

この頁トップへ


関東暴れん坊一転して南の突風
10/03/12  17:34更新

2010年03月12日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 4.3 0.0 2  
2 2.9 0.0 北北西 1  
3 2.0 0.0 北北西 1  
4 2.1 0.0 北北西 2 0.0
5 2.5 0.0 北西 2 0.0
6 2.4 0.0 北西 2 0.0
7 3.0 0.0 北北西 1 0.0
8 4.6 0.0 北北西 2 0.0
9 6.7 0.0 北北西 2 0.4
10 8.3 0.0 1 1.0
11 9.9 0.0 北北東 1 1.0
12 12.2 0.0 南東 3 1.0
13 14.7 0.0 南南西 4 0.9
14 15.3 0.0 南南西 5 0.9
15 14.9 0.0 5 0.9
16 14.1 0.0 南南西 5 0.4
昨朝と似たような気温ですが 霜は降りていない 関東暴れん坊が昨日暴れて湿気を取り去ったと自己納得 ところが 明るくなって全天を厚い雲が覆っていたと知る 快晴なら霜が降りるが 曇りでは霜が降りる気温でもからっとするんでしょうかね
用足しをして正午過ぎに自生地へ ヒロハノアマナ付近で千原さんに似た人がいたが車が見えない 別人だなと風速用スカーフを巻きだしたら千原さんが手を振りなが傍に

ところどころに細切れ雲はあるが快晴 ただし 時々南の突風で立つのも困難だった アマナ達は風に弱く萎みだしていた

ヒロハノアマナは風にも冷気にも強いため 賑わっていた 後一週間は楽しめますね アマナが盛んになる頃にシーズンを終えます

サクラソウは予想どおり第一号開花は二十日以降になりそうです 引き上げる直前に福島さんが見えられた 本日も自生地三勇士の揃い文でした

自生地の全容

この頁トップへ


やっとお出ましの関東暴れん坊
10/03/11  18:00更新

2010年03月11日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 2.0 0.0 西 1  
2 0.9 0.0 西 1  
3 4.1 0.0 北西 4  
4 3.0 0.0 北北東 1 0.0
5 1.5 0.0 西北西 2 0.0
6 0.3 0.0 静穏 0 0.0
7 1.6 0.0 1 0.9
8 4.3 0.0 北西 2 1.0
9 7.4 0.0 西北西 3 1.0
10 9.0 0.0 北北西 4 1.0
11 9.7 0.0 北北西 5 1.0
12 9.7 0.0 北北西 5 1.0
13 10.8 0.0 北北西 5 1.0
14 11.3 0.0 北北西 5 1.0
15 11.6 0.0 北北西 4 1.0
16 11.2 0.0 北北西 5 1.0
気象庁データはおかしい 火炎放射器でも使わない限り0,9℃がいきなり4,1℃になる訳はないですよね 度々故障しているからその所為かね 
先ず賃貸駐車場に着くと隣りのワゴン車には昨日の絨毯巻き雪が残っていた 日は当たる場所ですが ほとんど駐車したまま乗らないために残ったかもしれない    
雲隠れしていた関東暴れん坊がようやく出てきて渦を巻いていた 寒気に強いサクラソウはともかく 太陽がカンカン照りでもアマナ達は関東暴れん坊が現れれば花を閉じる 今日はその典型でした
正午ごろから気温が少し高くなった 10:23以後に変化は出るかと三時間ねばったが変化はなかった 右のカットは順光に準じるために左のカットより右寄りにアングルを変えた

今日も千原さんは見えたが 私がグロッキー気味でついて行けなくて早々と引き上げていった 福島さんもキャタピラ自転車でやってきた 早速にアメリカサイシンスミレを教わる
苔のように這っているのがノカラマツ これが近年ではサクラソウが開花するころになると サクラソウを追い越して日の目を見ることもできない 繁茂したノカラマツ内では暗く 息もできない ノウルシ以上に厄介だ
十三時ころには地面も温まったせいか遠慮がちに咲きだすアマナ↑と全開するアマナがあった↓
気温次第ですが 咲きだすのは記念石碑右角奥か A区早咲きブロックの(前掲2カット)のどちらかが早くて二十日頃 遅ければ月末ごろになるでしょう

治水橋脇(錦乃ヶ原)のサクラソウは遠に咲いていると福島さんが取り上げていた 3/1 3/8

この頁トップへ


溶け出す雪の不思議
10/03/10  20:21更新

2010年03月09日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
18 0.4 1.5 北北西 3 0.0
19 0.4 2.0 北北西 3 0.0
20 0.4 2.5 北西 4 0.0
21 0.4 2.0 北西 3  
22 0.4 2.5 北西 4  
23 0.6 2.5 北西 4  
24 0.7 4.0 北北西 4  
2010年03月10日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 0.9 4.0 4  
2 1.5 2.5 北北西 3  
3 1.4 0.5 北西 3  
4 1.3 1.0 北西 2 0.0
5 1.5 0.5 北西 2 0.0
6 1.2 0.5 北西 2 0.0
7 1.6 0.0 1 0.0
8 1.6 0.5 西 2 0.0
9 2.5 0.0 南西 1 0.0
10 4.0 0.0 東南東 2 0.0
11 5.0 0.0 東北東 2 0.0
12 5.5 0.0 東南東 1 0.0
13 5.2 0.0 2 0.0
14 5.1 0.0 3 0.0
15 5.0 0.0 3 0.0
16 4.5 0.0 北西 5 0.1
昨夕18時から降り出した雪はあっという間に積もった
これを撮影していると みぞれ風だった 二時間後 走る車のライトに雪が写らないので手を出して見ると雨のようであった 慌てて溶ける前にと物差しを差し込んだ
二度寝して起きたのが九時 表を見ると車のフロントガラスの雪が面白い恰好をしていた
頓馬な私は 絨毯をぐるぐる巻き風に気がつかなかった 私の隣りのワゴン車でもぐるぐる巻きだった さすがにこれは気がついた

よく冬山や 春先に山で雪崩が起きますね 気象予報士たちは表層雪崩とよく言いますね その様子をある大学が大音響で雪崩を起す実験をしていた でも その時の雪の様子は調べていなかった 多分ですが 雪崩の基は上のぐるぐる巻きか ブルーの車のような状態ではないだろうか

この巻いたような様子が山では確認しにくい この状態で あるきっかけで巻いた雪の重みで崩れ落ち 後は地球の引力で引っ張られて斜面にある雪が手をつないでランデブーしているのはないかな    
この状態になるのは 車の中の温度が高いからでしょう それで屑れ落ちないのは 絨毯巻きにするのに外気温が低く 巻きやすい気温だったからではないかな 始めて見る現象でしていい勉強になった 八十四歳の今さらね
野菜の冷凍は鮮度を保てるが サクラソウにとっては御迷惑でしょうね この環境でも地温のおかげで凍傷にかからないかも知れない
A区早咲きブロック
 
引き上げようとした時 A区早咲きブロック脇で立ちションしているのが見えた 終ったところで
 今 立ちションしたな
 
はい
 駄目じゃないか 人びとが花を愛でる場所で
 
はい すみまん
 我慢できなくなったらそこの土手でやれ
 
はい わかりました
歳は七十歳前後の男 この年代で常識がまるでない 悲しくなるね これだもん 平気で我が子殺しが流行する訳だ 車で走行中 よけるかと通り抜けるのを待つかしていますが 高齢者に限って挨拶はしない 若い人たちはペコンと頭を下げるか 手を上げたりライトを点滅して挨拶すると言うのに… 嘆かわしいね

昨夜 自然観察会指導員の千原さんからメールが来ました

----- Original Message -----
From: 千原 肇   To: 青木実 様
Sent: Tuesday, March 09, 2010 10:05 PM
Subject: こんばんは

青木様

今朝10時頃サクラソウ公園に行って来ました。
サクラソウの蕾は昨日よりとじたようにみえました。

本日9日サクラソウ公園でフキノトウの写真を撮りました。

雄花と雌花を添付にて送ります。

外は真っ白です。

おやすみなさい。

千原

    
     

追 記 オノチャンから絨毯巻き雪のメール 22:16
同じようなことを書くとは・・ノウミソが同じくらいだな〜〜・・・ブツブツ
 
  
小野塚 雅信    

この頁トップへ


冷雨の中のサクラソウ
10/03/09  16:52更新

2010年03月09日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 4.8 0.0 南南東 1  
2 5.1 0.0 東南東 3  
3 4.6 0.0 東北東 2  
4 4.2 0.0 北東 3 0.0
5 4.1 0.0 東北東 2 0.0
6 3.9 0.0 北東 2 0.0
7 3.8 0.0 北北東 2 0.0
8 4.0 0.0 北北東 2 0.0
9 3.9 0.0 3 0.0
10 4.0 0.0 北北東 2 0.0
11 3.8 0.0 北北西 3 0.0
12 2.3 0.0 北北西 3 0.0
13 2.1 1.0 北北西 3 0.0
14 2.2 0.5 3 0.0
15 2.5 1.0 3 0.0
16 1.8 1.5 北北西 2 0.0
今日の寒暖計は地温の影響が薄い場所に置いたので気象庁データと酷似しています それほどに冷えているが開きかけた蕾は色さえも悪くじっとしていた 他のサクラソウは震えてもいないようでした

それにしてもよくも降りますね 二月は雪が大中小と弱が三度 記録できない雨を含めて降らなかったのはたったの五日 太陽が出たのは二日 薄日が三日 これ以上降られるとサクラソウの根っこが腐りかねない 昨日掲載忘れのモグラ塚のサクラソウが示すように 根っこは地中1cmの浅い所にありますから腐りやすいのではないかな    
モグラ塚で掘り起こされてサクラソウは大丈夫かと先月末に書いたが 地中1cmだから影響はないですね    
チョー久しぶりの三月の雪 大中小のいずれに積るか?

この頁トップへ


サクラソウの蕾が色づいた〜
10/03/08  14:57更新

2010年03月07日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 9.0 0.0 3  
2 8.6 0.0 2  
3 8.5 0.0 2  
4 8.4 0.0 2 0.0
5 7.7 0.5 2 0.0
6 7.6 1.0 東北東 2 0.0
7 7.6 0.5 東北東 2 0.0
8 7.2 0.5 東北東 4 0.0
9 7.0 0.5 東北東 3 0.0
10 6.5 0.5 東北東 3 0.0
11 6.4 0.5 東北東 4 0.0
12 6.4 0.0 5 0.0
13 5.8 0.0 東北東 3 0.0
14 5.5 0.0 東北東 3 0.0
15 5.1 0.5 東北東 3 0.0
16 4.9 0.5 4 0.0
17 4.5 0.5 東北東 4 0.0
2010年03月08日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 3.3 0.0 北北東 2  
2 3.3 0.0 北北西 2  
3 3.3 0.0 2  
4 3.2 0.0 北北東 3 0.0
5 3.2 0.0 2 0.0
6 3.4 0.0 北北東 2 0.0
7 3.7 0.0 北北東 2 0.0
8 3.9 0.0 北北東 2 0.0
9 4.4 0.0 北北東 3 0.0
10 5.1 0.0 北北東 4 0.0
11 6.2 0.0 北東 2 0.1
12 6.7 0.0 北北東 3 0.0
13 7.0 0.0 2 0.0
14 7.8 0.0 北北東 3 0.7
気温は5℃ながら手がかじかむ寒さだった B区の蕾を撮影し終えたところで自然観察会指導員の千原さんが見えられた 早速 A区早咲きブロックに行き
 誕生日に間に合うぞ〜
なんて雄叫びをあげている 私はA区早咲きブロックの発芽第一号にレンズを合わせていた その80cm手前 柵からでは1mのところに5cmほどに立ちあがった蕾の割れ目から赤い色が見えた 千原さん無しでは見落としたでしょう
気温表で見るように昨日の日中から今朝にかけて真冬並みながら 色づくとはね サクラソウは元々この気温の中で他の植生より先に一世を風靡するために強いのでしょう 昨年と同じペースですね 昨年は3/10ですが
蕾の成長度から見てほぼ同じでしょう

 わしはね 神様よりも力があるんだ 誕生日に咲かせる 12日に
 誕生前祝い 13日本祝い 14日は後祝いという具合にね 
なんて千原さんは自慢げに語る

ひととおり一緒に歩いてスギナとツクシを見つけてくれた 背中あわせのフジハナヤスリをみて
 わしの夫婦と同じに背中合わせだよ
というが とんでもない 仲の良いご夫婦を垣間見たことがあるんだ 次のようにね
どうも 千原さんは私のためにわざわざ私がいる時間帯を見計らっては来ているようなのだ 他へ回るのでと早々と引き上げた どう考えても私の眼の代わりを務めてから自分のフィルドに行くとしか思えない

雲が薄くなった途端に気温が上がる 引き揚げるときは楽だった
ここでカメラのバッテリー切れ バッテリーを入れ替えて戻ると単独のツクシの場所が判らない ボケ写真の前のカットの位置を見てもわからない かれこれ15分ほどしてやっと見つけた

余 談

外国人参政権について「台湾の声」から否定する意見が出ていた
このグループは 前々総統の李登輝氏を柱にするものですが 残念ながら日本の右翼を取りこんでの運動なので賛成できない ですが 本日の主張はある意味で真実をついていますので取り上げる次第です どう考えるかは日本国民次第ですね


【主張】台湾人が見た外国人参政権問題

    中共の間接侵略を自ら誘導するのか

日本李登輝友の会機関誌「日台共栄」二月号より転載

   日本李登輝友の会常務理事、「台湾の声」編集長  林建良

 民主党政権が提出しようとしている外国人地方参政権付与報案は
永住外国人を選挙権に選挙権を与えるものと報じられている。

 そこで多くの日本人が懸念するのは、現在「十四万人」にも達し、今後も増加する一方の中国人永住者がいかに日本の選挙権を中国共産党の対日工作のために行使するかだ。中国のメディアによれば、実際に在日中国人からは祖国の発展のため、八十万人もの在日中国人のために参政権を獲得しようとの掛け声が上がっている。

 実は外国人登録で台湾人は「中国人」扱いのため、この「十四万人」には不本意ながら二、三万人ほどの台湾人も含まれている。その台湾人の一人として日本人に訴えたいのは、この法案は日本を弱体化する
ということだ。

 そもそも地方政治であれであれ、国政であれ、外国人には日本の政治に参加したいなら、帰化する道があるのである。日本より故国に忠誠心を持つ外国人の地方参政権はいずれ中央政治に影響を与える。殊に中国人にも地方参政権を与えれば、中国は日本干渉のための新たな手段を手にすることになる。

 もしすでに中国人がすでに選挙権を持っていれば、普天間基地の移設問題に深く関わった先日の名護市長選挙では、多くの中国人が現地に移り、投票していたものと考えられる。自衛隊の駐屯問題が浮上する与那国島にも中国人の転居者は増加することだろう。

 また有権者として、日本の政治家を籠絡することも簡単なことだ。
すでに多くの政治家たちは、中共のコントロール下にあるではないか。

 このように故国のため、日本の安保問題を左右することもあるのだ。

 教科書問題を含む教育問題にしてもそうである。そうさせるために中共は、必ず在日中国人を操作する。あの政権は、日本を間接侵略したいのだ。

 このような危険な状況になれば、もはや日本は日本ではなくなるであろう。
これは台湾にとっても、非常に懸念すべき事態なのである。

 我々在日台湾人はたいてい、いかに日本社会に貢献するかを考えても、外国人としての特別な利益を要求するようなことはしない。

 それよりも我々の優先事項は自分たちの国作りである。これが在日台湾人に多く見られる考え方である。

 そこで日本李登輝友の会では、台湾人も日本人メンバーとともにこの亡国法案問題に関心を寄せている。

『台湾の声』  http://www.emaga.com/info/3407.html

この頁トップへ


サクラソウの開花道順を検証
10/03/06  19:43更新

2010年03月06日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 12.6 0.0 北西 2  
2 12.5 0.0 南西 2  
3 12.6 0.0 静穏 0  
4 12.6 0.0 1 0.0
5 13.0 0.0 東北東 1 0.0
6 12.6 0.0 2 0.0
7 12.2 0.0 北西 2 0.0
8 12.5 0.0 2 0.0
9 12.7 0.0 北北西 1 0.0
10 13.5 0.0 静穏 0 0.0
11 14.1 0.0 北北西 1 0.0
12 14.5 0.0 2 0.0
13 14.7 0.0 1 0.0
14 13.8 0.5 東北東 1 0.0
15 13.3 0.5 北東 2 0.0
16 12.9 0.5 東南東 2 0.0
17 11.5 0.0 4 0.0
昨年までの開花予想物差しは平成十三年の発芽から開花までに二十四日かかったことを基本にしていた 大まかには外れなかったが これでは観察の意味がない それを気付かさせてくれたのは 今年の千原さんの叫びだった
 蕾だ!
この一声で花芽から開花までを見る気になった そこに本物の花芽を千原さんが発見した 残念なのは 昨年も蕾を探していたが漠然としたもので それも 花芽が育ってから気付くようになった そこで得た結論は大まかなもので およそ六日だった まず昨年の様子です
厳密には一週間ですね ただし 十日分に至るまでに何日かかったかということです まあ 気温との関係もありますが その辺が掴み切れれば正確な予想が立てられると考えます
画像Aは3/3日に千原さんが発見したものです この株の誕生は発見第一号の直ぐ側ですが 遅れること十九日の2/15です ここから昨年の10日分になるには何日かかるか その発見第一号は成長が遅れて未だしです そういうこともありますので定点観測が必ずしも正確とはいえません とんでもないところで成長しているものです ↓のBがそうです はるか後からの発芽なのにもうです
このように見てきますと サクラソウの先陣は成長が遅々としているもののようです 原因は 悪い環境の所為ですかね 後からのは 気温もだいぶ高くなっているから成長が早いのではないか


自生地に着くと 千原さんの車があった 見やるとA区早咲きブロックで折り曲げて撮影していた 隣りには誰かがいた 車から降りて見るとキャタピラ自転車があった 側にいたのは福島さんだった

自生地三勇士とでもいえましょうか 三人がそれぞれに分かれて取材
私はヒロハノハナヤスリの親戚であるフジハナヤスリを探す 福島さんもそばにきたので声をかけた これがフジハナヤスリだと思う 誕生直後を見ていないのではっきりしないがと言いながら そこら辺を見まわすと細身の槍型がニョキニョキだった    
千原さんがE区の西端で手を振っている 飛んでいくと何とヒロハノハナヤスリ畑だった
これを撮影していると 父 子 幼児の三人ずれに声をかけられた
 
もう芽は出ましたか
 ええ これはヒロハノハナヤリと言って
と教えながら花弁四枚ブロックに案内した ここで会ったが百年目 記念撮影 ご覧になっていましたらメールください 源画像を進呈いたします
ここの昨年は左端のサクラソウだけでしたが 今年は右へ大繁茂です 昨年の花が終わりかけた時に整地されて 四枚花びらももぎ取られていた 私は抗議したのですが 作業していたご婦人は触っていないと言う 現にあるべき場所のサクラソウがないのにね それがこのように繁茂した 何が正解なのか分からんものですね 種だろうか それとも地下根が伸びたのだろうか


今日の千原さんはヒロハノハナヤスリ探しに熱中していた おかげさまで私の定点観測外ですので知らずじまいになるところでした

あるところを指差して 勃起してると千原さんは にゃっとしていた 本当に盛り上がって割れている モグラ塚とも違う
福島さんが先に消え わたしらは一服して別れる 走り出した私に対して千原さんがけたたましくクラックショーンを鳴らし 記念石碑方向を指差している

そうだ! 寒暖計を忘れただけでなく撮影もしていないのだった 駐車し直して撮影に 千原さんは走り去った 撮影終えて戻ると管理棟手前で千原さんの車が端によって止まっている 私が車に乗るのを見届けてから走り去った

まるで ボケ出した父親を心配している息子のようであった
千原さん 重ねがさね有難う これからもお世話になります

明日は休みます

この頁トップへ


予想通りアマナ類が咲いた
10/03/05  16:46更新

2010年03月05日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 5.2 1.5 北北西 4  
2 5.2 1.0 北西 5  
3 5.6 2.0 北北西 4  
4 5.7 0.5 北北西 2 0.0
5 5.7 0.0 北西 1 0.0
6 5.0 0.0 西 1 0.0
7 5.6 0.0 西北西 1 0.5
8 7.3 0.0 西南西 2 1.0
9 10.1 0.0 1 1.0
10 13.3 0.0 1 1.0
11 15.6 0.0 南東 2 1.0
12 16.7 0.0 2 1.0
13 18.1 0.0 東南東 2 1.0
14 19.7 0.0 南南東 2 1.0
15 20.2 0.0 2 1.0
咲いたのは駐車場側のガレ場だけでした アマナ・ヒロハノアマナモドキ(青木仮称)の合計で10輪でした 一方 E区のヒロハノアマナは五割がたの開花率です

ヒロハノアマナは実に不思議な花ですね 一昨年に気がついてのですが アマナ等が発芽しても影も形もありません それで無視していると他のアマナよりも早くに花が咲いてしまう そこで 昨年と本年 徹底的に観察すると十日ほど遅れて発芽し それこそ何時の間にか咲きました
品川自然観察会の皆さん 今月末においでになられるとのことですが もしかするとサクラソウは1、2輪しか咲いていないかも知れません その理由を今日の最後に画像付きで説明しますので ご参考にしてください
 左は昨年の開花第一号です 上
 と比較すると如何に遅れている
 かが判ります およそ半月は遅
 れています

 このままですと開花は二十日頃
 と予想していますが 明日から
 またも冬に戻りそうです

 そうなりますと 開花は月末と
 予想せざるをえません

 平成十三年以前に戻ることに
 地球温暖化でたしかに植生らは
 二ヶ月も早くに出生していたの
 にね
   
 

この頁トップへ


サクラソウの花芽 ついに出現
10/03/04  21:34更新

2010年03月04日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 7.4 0.0 東南東 2  
2 7.3 0.0 南東 1  
3 6.8 0.0 東南東 1  
4 6.4 0.0 3 0.0
5 6.2 0.0 2 0.0
6 5.6 0.0 北東 1 0.0
7 5.6 0.0 東南東 2 0.0
8 6.2 0.0 2 0.0
9 6.8 0.0 2 0.1
10 8.0 0.0 3 0.0
11 8.4 0.0 3 0.0
12 9.1 0.0 東南東 3 0.0
13 9.2 0.0 東南東 2 0.0
14 9.7 0.0 南東 2 0.0
15 9.8 0.0 東南東 1 0.0
16 9.8 0.0 2 0.0
17 8.5 0.0 東南東 3 0.0
今日のお昼は肉の万世で千原さんと会食する日 その前にひとっ走り自生地へ 珍しく蝶の専門家の関口忠雄氏がゴミを拾い歩いていた しばらく来なかったと見えて自生地の様子をたずねていた

そこへ散歩のオッサンに挨拶された 全然記憶にない 色々な話に花が咲いて 又そこへ自転車のオッサンが通りがかった これは歩き氏の顔見知り 歩き氏68歳 自転車氏75歳 私が後九日で84歳 歳と健康に話が飛ぶが 肉の万せへ遅刻しそうなので失礼して撮影 目線の先に関口氏がヒロハノアマナブロックで見つめている 咲いているかと尋ねるがないと言う

まだ時間がありそうなのでそばに寄ったところ ブロック外に白い紙屑が散らばって見える 目を凝らすと何とヒロハノアマナが咲きかけていた 天気であれば咲いたでしょう ここで別れて肉の万せへ
万世では千原さんが大食漢だった 250グラムのハンバーグにビーフシチューを二人前という 私としては不義理な性格でしておごられても返礼しない
 割り勘だよ 第一そんなに食べれないよ
顔馴染みの従業員さんも私の昼っ腹具合を知っているものですから
 150グラムのランチを半ライスにする方ですから無理でしょう
と応援してくれた  千原さんは
 せっかく48歳の誕生日を祝ってあげるのに
とブツブツだった ビーフシチューを御相伴にあずかる 御馳走様でした

食事の合間に
 昨日サクラソウの蕾を見つけたぞ わしはスケベだから股裂き
 したらあった
というので二人して自生地に出かけた 以下はすべて千原さんが目になって指示してくれたものです
明日は気温が20℃を越す予想ですので楽しみです 現在出ているアマナとヒロハノアマナは風がなければ咲き切るでしょう そしてシロタンポポも

 後九日か サクラソウの蕾はピンク色になる 誕生日祝いにね
と千原さんははしゃぐが 明日以降は又も10℃以下になりそうですから無理でしょう 私の予想 気象庁の長期予報の逆が正解 これが当たりそうです

ですと サクラソウの開花は三月末頃になるでしょう

この頁トップへ


昨日の冬日 今日四月陽気に変身
10/03/03  22:09更新

2010年03月03日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 3.6 0.0 静穏 0  
2 3.4 0.0 静穏 0  
3 2.8 0.0 北西 2  
4 3.5 0.0 北北西 2 0.0
5 3.3 0.0 北北東 1 0.0
6 3.8 0.0 1 0.0
7 3.8 0.0 北西 1 0.0
8 5.0 0.0 北北西 1 0.1
9 6.6 0.0 南東 1 0.1
10 8.4 0.0 南東 1 0.9
11 10.2 0.0 東北東 1 1.0
12 11.7 0.0 2 1.0
13 13.1 0.0 東南東 2 1.0
14 14.0 0.0 2 1.0
15 14.5 0.0 西北西 1 0.9
16 14.0 0.0 北西 3 0.0
平成十三年からでは 三月五日に氷点下3℃台が二度 五日以降では0℃が一度 ここを境に春に突進していた 今年は? 今のところ難しいね 一月半ば以降の最低気温は高かったが 日中気温がかつて経験したことがない低いものでしたね 二月二十四日にやっと太陽が出たり入ったりしだしていた 現在までのところは水分は十分ですがね この分では気象庁発表の裏をかいて寒い春になりそうです

私の下手な予想が外れれば サクラソウの開花は三月二十日前後になるでしょう まあ 冷えて 一挙に春になってくれれば平成十五年のように見事な情景が現れるでしょう 万一にも予想が当たった場合 開花は平成十三年と同じ 四月二日になるかもしれません

それはともかく 弱ったことができてしまった 四十五年前に四十歳で老眼鏡をかける知人をからかったその夜から 私も老眼鏡なしでは見えなくなってしまった この度は千原さんの白内障手術に接したとたんに 二時間もパソと対面するとぼやけ出した 昨日の自叙伝は五年前でしたら二時間もあれば書き上げられた その他にHPが二本 各掲示板遊びもできていたのが 九時間もかかってしまった 時間で済めばまだしも 画面がとろけちゃって思考もトンズラする始末でした 歳を取るというのは嫌だね

私も 白内障手術でもすれば解消できるのかな 解消したとしてもお頭はどうすればよいのか 弱ったものです

この頁トップへ


向こっ気が法改正のきっかけに
10/03/02  23:10更新

交通関係

沿革
戦後の街中を走り回る自動車は大都市ではタクシーだけであった 大げさではなく 公用車またはパスあるいはトラック それらの燃料は木屑を燃やす いわゆる木炭車であった ケツにかまどを背負って走る代物であった 昭和28年(1953)頃から少しずつガソリン車が増え出した

焦土と化し 経済も疲弊していたところへ 北朝鮮が南鮮に攻め入る 世にいう「朝鮮戦争」のおかげで軍需産業でこの国は息を吹き返しだしていた

東京周辺で見かける車は タクシー以外は米軍用車やその家族の乗用車が主であった 東京の街には信号機なるものは10箇所以下であった この環境でタクシーは我が物顔で暴れまくり あちこちの交差点でガチンコが日常的であった それゆえ 神風タクシーという異名がついた

自家用車がぼちぼち出始めたころ 神風タクシーに倣って運転マナーなるものは存在していなかった 日比谷交差点から銀座四丁目の交差点にかけて まるで ニューヨークの街中のように車の警笛で話声も聞こえないほど騒々しいものであった

警視庁や警察庁では欧米諸国の交通事情の視察なるものが流行った そして 結論として「歩行者優先」をマナー矯正の第一歩となった

この実践のためにタクシーが生贄にされた やられるタクシーも当然ですが 警官どもはこぞってタクシーを締め上げることで功名が立てられた(この締め上げが人権侵害も甚だしいものであった 私は警視庁の荒治療を抗議するために8_カメラで記録し 一部で運転手仲間の家族も出演するドキュメンタリー映画を作って警視庁に届けた このことに触れると長いので割愛します)

法改正三件 
1.運転免許証提示義務

昭和三十四年までは交通法規 何処にも免許証の提示義務記載がない ところが警官どもは遠慮会釈なく求める どうにかしてやろうと思案していたところ 独学で刑事訴訟法をひも解いていた

書物からだけでは実態がつかめられないので前科にならずにすむ方法として 上野駅で駅員の行動を利用することにした

上野駅南口では常時同じ駅員が客待ちのために駐停車しているタクシーに対して 笛を吹きながら蹴散らしていた

その理由は 上野駅と契約している大日本帝国のタクシー会社が客を取られるので何とかしろと要求していた 当時は駅待ちタクシーもそれぞれの駅との単独契約制だったようです

大日本帝国とは 戦中に東京市内にあったタクシー会社や個人タクシーを四つの会社にまとめていた

大和タクシー 日本交通 帝都交通 国際興業
これらの頭文字を取って大日本帝国というわけでした これ以外のタクシーは戦後新たに免許が下りた会社ですので「新免」と称されていた 上野駅員が蹴散らしていたのは契約外の新免だった

これを利用して事件を作り上げた Googleの画像を見てください    
現在の横断歩道は信号が付けられていますが 昭和三十四年当時(1959)は信号がなく 歩道奥行も現在の三分の二しかありません 黄色の点はタクシーが客待ちのために駐車している場所

当日は駅員がいる時間を狙って画像のように停車していた 横断歩道の3m手前になります 当時は信号がないので横断歩道上は引きも切らずに横断者が続きます 歩行者優先ですから突っ込むわけにはいきません これが言い訳の狙いです

狙ったとおり駅員が笛を拭きならすが無視した と駅員は怒鳴りながら傍へ寄ってきてさらに怒鳴るも 歩行者を殺せと言うのかとどなり返すと この野郎とドアを蹴っ飛ばした 降りて見るとへこんでいた ただじゃすまんぞと凄んで車に乗り込んでじっと無視した 右側から警官が現れて両手を広げて車の真ん前に立ちはだかり 私を制止したと考えたのか運転席側に回ってきて
 
免許証を出せ
 何のために
 
出せと言ったら出せ!
 何の法律によるのですか?
 
ここは駐車できないのだ
 駐車? 何処を見てるんだ 天下の公道で俺が何をどうしようと勝 手だろう? それとも横断者を引き殺せと言うのか!
後ろを見ると二車線の一車線をふさいでいるので車の列ができていた 目的は事件作りですから ごねるのはこれ位にして免許証を差し出しながら必ず裁判で貴さまの首を取ってやる
と捨て台詞して別れた

弁護士をつけないで足立簡裁に出向いた 裁判手続き上の勉強をさせてもらいましたが それは割愛します

裁判長は弁護士なしの所為か 簡裁なのに実地検証もしてくれた裁判長に副検事と事務方の総勢五人ほどだった

裁判長が駅員に駐車した場所を尋ねると正確に差示し 私も肯定した すると裁判長は
 この位置で客が拾えますか?
駅員はすかさず
 無理です
裁判長は
 そうでしょうね
と納得したような顔でした

判決がついに出た 裁判長から特別の訓話があった
 この事件は 勝ち負けではなく こういうこともある ああいうこ ともあると言うことを貴方の今後の道標とされたい
で 結果は私の負けで科料五千円だった

裁判長としては 駅員の証言で駐車して客を拾うのは無理であるから 私の主張である 歩行者優先に軍配を上げるべきでしたが そうなると警官に傷がつく 過料五千円ならそれほど痛くもないから我慢してくれと懇願された気がして それと勉強のために十一ヶ月も(11回)九時から十五時までの間拘束して他の事件のやり取りなどを勉強させてくれたことと「今後の道標とされたい」という言葉が気に入って控訴しないでおいた 刑事訴訟法の入り口も知り得たし十分だと達観して終了した

これで私は勢いついて免許証不提示運動に突き進んだ しかし することも多々あったので 当時 出初めた関東同盟なる左翼団体に対して くだらない運動なんかしないで実のある運動として交通法規上にはない免許証提示義務はないを大々的にやれと勧めた それはそれは賑やかでした

その結果が翌年の法律改正で 交通法規が変じて交通法になり免許証提示義務が加えられ 免許証にも記載されるようになった
結果としては損したね

2.一時停止

神田小川町に居住し 交差点近くにあるレストラン「資生堂」が私の勤務日以外の食事処でした ここの社長は元船乗りのコック長 陸に上がるのに同郷の化粧品の資生堂の当時の社長に相談したところ あの地を選定された上に俺の看板を使えと言われた珍しいレストランであった

この日は二十時から始まる「サンセット77」を見たく 流しをやめて四谷から内堀を経て日本テレビ通りを左折して市ヶ谷駅前を右折して九段通りから小川町という段取りでした

日本テレビ通りに出る直前 前のトヨエースが一時停車して直進した 30m離れている私も一時停止して左折すると電信柱の影から若い警官が飛び出して停車を命じた
 
一時停止していない 免許証を出せ
 君は脇見したんと違うか?
 
言い訳無用だ
サンセット77が見られないと癪なので免許証を差出し
 一時停止はなんためにするのか?
 
それは君が一番知っているはずだ
 そうだとも だからとまったのに それを君は否定した
 ともかく 裁判所でまた会おう

後日墨田区検に出頭した こういう時は身なりがものをいうものだ 元キャバレーの社長 当時の洋服は三着もある 着こなしはお手のもの 頭もリーゼントでピッカピカ

墨田区検の一階は警察関係 二階は検察 三階は裁判所 一階の取り調べの年配警官が
 
なたは何月何日何時何分どこそこで一時停止しなかっために
 今日がある 認めますね

 そちらの書類はそうでしょうが 私は停止していた
 
おかしいじゃないか 停止したのに警察官が立件する訳はない
 おかしくはないですよ 警官は私を認識した瞬間 脇見して 
 視線を戻したら私が左折を終ったところを見てしまった

年配警官が書類をめくりながら
 
君は 一時停止はなんためにするのかを質問しているね 悪質
 ではないので謝ってくれれば許すつもりだったが

 悪いことをしていないのに許してもらう必要はありません
 それよりも もう一度お尋ねします
 一時停止はなんためにするのか
 
・・・・・
 一時停止について 記憶では旧交通法規や交通法第三十八条?
 にも一時停止せよとはあるが 停止時間が明示されていません
 私の法解釈では 一時停止時間とはゼロ秒向こう無限台が停止
 時間と考えます
(偉そうにしないが味噌 記憶や?にすると勉強してるなと思わせれば良い)と言い終わるや 大声で怒鳴るようにしゃべる私ですから応援にそばに立っていたダンプカーでつぶされた蛙のような顔をした警官が
 
馬鹿言え! ゼロ秒で停止できるか!
 やって見せましょうか? ちょっと待った 今のは貴方の挑戦
 に乗った発言ですので訂正します 意味としては ゼロ秒向こ
 う無制限が停止時間と理解するものです その意味で 私は法
 の精神を全うしたのです

年配警官が立ち上がって ちょっと待ってくださいと右奥のデスクにいる偉いのに書類を指し 私を指差しながら両人ともに頷き戻ってきて
 
君は悪質ではないので勘弁してやるから帰っていいです
 冗談じゃないですよ 悪いこともせんのに勘弁とはなんですか
 勘弁してもらう必要はない 三階へ行きましょう
 
わかった! お帰りください
あまりの大声でのやり取りでしたので一階にいた五十人近い被疑者らはしんとして聞き入っていたのか一斉に拍手してくれた

昭和四十七年(1972)の十一月 用事があって小田急線の中央林間駅構内を一回りして 直ぐ目の前が道路だったが停止して直進した30m先の交番からおまわりが飛び出した
 停止しないで道路を横断した
という
 一時停止しましたよ 見間違いではないでしょうかね
と反論した

この時のおまわりが言うには 現在では一時停止に限って否認した場合は説諭して返せとなっていますから何もしませんが 気をつけてください ということになった

そうすると墨田区検での騒ぎがその後 否認に対しては説諭するだけにしたようです 損に対して これは逆の得をしたね

3.運転免許証の更新期限
  平成十三年の高齢者講習を一ヶ月前に予約して講習を欠席した 
  次の予定が誕生日を過ぎるようになった 教習所の話では問題は
  ないと言われた

  浦和警察署へ出向くと係の警官が
   これはここでは受け付けられない 鴻巣へ行ってください
  鴻巣では受け付け官が
   ああ この件はちょっとこちらに来てください
  と受付の裏に案内された ややして警官が五人も回りをウロウロ
  していた そして 全てが世間話しかしないのだ 早くしてくれ
  よと心で叫んだ そのうちに十四時を過ぎた頃に受け付け終了と
  同時に警官が十人に増えた
   どうしたんですか?
  と尋ねるが誰もがお互い顔を見合すだけだった 何か変だなと
  イライラしてきた頃に 偉いのだと思う警官が恐る恐る
   あのー 申し上げにくいんですが 貴方はちゃんと手続きはし
   たんですが この免許証では本日は期限切れになります つき
   ましては この免許証は没になりますので新しい免許証と代え
   させていただきます
  意味不明でしたが
   運転ができさえすればどんな免許証でもかまいません
  とたんに全員がホッとした顔になった

  理由はどうも 講習受け付けは誕生日前だが 講習日が誕生日後
  になるので失効する でも この年寄りにどうやって納得させる
  かが問題だった 違法はしていないのだから免許証を発行せざる
  を得ない かといって失効した免許証を出すわけにもいかない
  そこで新しい免許証の発行という運びになったらしい

  官僚というのはおかしいよね 新しい免許証を発行できるのなら
  古いものでも良かったのではないか

  次の平成十七年の交通安全協会のはがきでは誕生日一ヶ月後まで
  有効になっていた 私の例から前後一ヶ月を有効期限にしたんで
  しょうね

このように交通関係ではすべて私がかかわってから変更されていた

音楽著作権料問題
平成元年にある資産家の懇願をうけてカラオケボックスを経営する羽目になった 第一興商のFC店 ビックエコー上尾店 第一興商の肝いりで協会が設立された その名は 埼玉県カラオケ事業者協会 会長と副会長は第一興商の指名 ところが 両人ともに辞退した 役員の成り手もいない これではどうにもならないので私が手を上げた
 身内ですがよろしいでしょうか
問題ないと言うので私が理事第一号 そこで二十四人の参加者に対して
 業界のためですからみんなで手を合わせないとマスコミの餌食になりかねない 私が指名しますので指名された方は受けてくださいね で七人の理事を決めた上で 指名された会長と副会長の肩を叩きながら受任させて協会が発足した  

会議の度に 歌われる音楽としてのカラオケ制作を認めながら末端からも音楽著作権料を徴収するのはおかしいという意見が大勢でした ほとんどは支払っていない 私のは第一興商との契約で否応なく支払っていた

今でこそカラオケボックスは正業として認知されているが あの当時は九州で高校生がカラオケボックスで飲酒しすぎて死亡する事件があったりして マスコミの結構の餌食であった そこで私がひそかに調査して 福岡高裁でカラオケ著作権料を末端も支払う義務がある判決を知る しかし 何かがおかしい これは業界のためにもひと肌もふた肌もぬがにゃならんと決意して 著作権料の支払いを停止して運動に走った 旗振りが支払っていては示しがつかないからでした

これも長くなりますのではしょります
日本音楽著作権協会(以下 著作権協会という)は旗振りの私を民事提訴する その時の私の視点は入り口論でぶつけていた しかし 最高裁まで行きましたが敗訴する

全国各地でも裁判沙汰は多発していた 私は全国をかけずり回って指揮をとり 大阪で弁護士を五人も雇い勉強会をしていた(法曹界で音楽著作権料に詳しいのは著作権協会の専属だけ)

かかわってくれた先生方は 青木が自身のことではなく他人のために奔走している姿に感激してくれて 全力でかかわってくれた 先生方がカラオケ著作権料問題に精通すれば私の出番はおしまい その瞬間から先生方がびっくりするほど頭の中が真っ白になった それまでは 何法の何ページの何行に何々がある その記憶力を先生方は驚嘆するほどだった それが任せた瞬間に全て消え去るのだからびっくりする訳

ただし 戦術には長けていた 入り口論で勝てないと知るや 天下の悪法と言われた 仲介業務法を逆手に取った戦術に切り替えた

音楽著作権料を扱うものは文化庁の許可を受け 徴収すべき額は認可を受けなければならない 著作権協会は福岡高裁で決定した徴収権をカラオケボックスは除外するとしていた

認可を受けた権利の中に カラオケボックス業は社交場ではなくその他の業種の催し会場に該当すると 認可を受けないで済ませていた 当時の文化庁著作権課長は 業界誌で 今のままではまずい いずれ正式にしないとだめとコメントしていた これが攻めるポイントになった

私は埼玉県カラオケ事業者協会に迷惑がかからないよう脱退して交渉連盟を立ち上げて全国から入会者が殺到した ところが 平成六年頃から衰退し出していき 会員も減りだす このままやられてばかりはかなわん 我らから逆提訴しようと四十七義士ならん 四十七業者が逆提訴した

結論は おかしなものでした
1)認可を受けていない
2)カラオケボックスは催し会場ではない
これは刑事罰に当たる違反行為 我らの主張すべて認められたのに
 が しかし 長年にわたって徴収した事実があるかに支払えであった 民事訴訟は正当だから勝てるとは限らないとは知っていたが 現実には唖然としましたね 

業界も衰退し平成十年八月を持って廃業と同時に運動も収束した

ところが この翌年に仲介業務法がなくなっていた およそ八年にわたる闘争でさすがの文化庁も耐えきれずに決断したのでしょう 新法はさらに悪法のようですが かかわるのはもう御免ですね

このように私の半生は何でこのようになるのか自身でもわからない 今しもサクラソウで騒ぎ立てている これには応援者はゼロですがね

青木実に幸あれ か

      
2010年03月02日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 6.1 0.5 北東 2  
2 6.2 0.0 東北東 3  
3 6.0 0.0 北北東 4  
4 5.1 0.0 北東 3 0.0
5 4.9 0.0 北北東 2 0.0
6 5.1 0.0 2 0.0
7 4.9 0.0 3 0.0
8 4.5 0.0 3 0.0
9 4.5 0.0 3 0.0
10 4.9 0.0 3 0.0
11 5.9 0.0 3 0.0
12 6.1 0.0 4 0.0
13 6.0 0.0 4 0.0
14 5.6 0.0 東南東 5 0.0
15 5.6 0.0 4 0.0

この頁トップへ


不法投棄ゴミで保護課が動いた
10/03/01 23:04更新

2010年03月01日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 6.7 0.0 2  
2 6.4 0.0 東北東 2  
3 6.1 0.0 2  
4 5.9 0.0 北北西 2 0.0
5 5.9 0.0 2 0.0
6 5.9 0.0 3 0.0
7 6.0 0.0 北北西 2 0.0
8 6.1 0.0 北西 2 0.0
9 6.7 0.0 北北西 2 0.0
10 7.6 0.0 東北東 1 0.0
11 8.3 0.0 東南東 2 0.0
12 8.5 0.0 1 0.0
13 9.1 0.0 北東 1 0.0
14 10.2 0.0 1 0.4
15 10.4 0.0 北北東 3 0.0
16 9.7 0.0 北北東 3 0.0
今日は話題が豊富なので長いですが どうかお付き合いください


今日は運転免許証の更新を先にするかどうかで迷った挙句 自生地参りを先にした 千原さんの車があった 隣りに白い大型ワゴンがあって ドアに
 さいたま市
と書いてあった さいたま市の車ということは保護課の野尻係長かなと見まわしたが 千原さんともども人の気配はなかった 先に撮影をした
↑は土曜日に千原さんが蕾だ!と叫んだ株です 今日改めて見ると玉状が見えます 蕾の誕生前を見ていないので否定してしまったのですが この形は蕾に変化する前のようなのでしょう 又一つ賢くなりそうです ↓は拡大したもの もしそうだと やはりA区早咲きブロックは健在ということになります
見回すと 春・秋の警察官服装のブルー姿が西はずれをしきりと見まわしている人がいた アマナの早出ブロックを見てA区に向かった時に 十字路付近で人の影 手を上げている 私の悪い目では識別付かないが千原さんだろうと手を振ると振り返してくれた 千原さんだった

開口一番 青木さんの撮影姿を
 あ 来ている
と言う人がいてね どなたですかと尋ねると保護課だと言っていた あのブルーの人だよと指差した

中央通路の突き当りまで来ていながら鴨川に向かうと言うことは会いたくないんだと思った そのうちにこちらに向かってきた 顔の識別は付かないが歩き方や体の動きは野尻係長に間違いないと手を振った ぺこんと頭を下げてくれた シャイな千原さんが私から離れた

近づいたのはやはり野尻さんだった 野尻さんも開口一番
 
今年に入ってから青木さんのホームページ見ていなったんですよ
(この発言の意味を図りかねた)
 文句ばかり垂れているからね 見たくない気持ちわかるよ
野尻さんはにやりとした そこへ千原さんが戻ってきた

早速野尻さんに
 この方が自然観察会指導員の千原さんです 土木が専科
 磯田の何倍も優れ者ですよ この時期毎日のように見回りに来て
 いるのは千原さんと私だけ この観察から何をすべきかが判るの
 だよ 管理とは 本来この時期から観察するもんだよ どういう
 契約をしているか知らないが この時期 磯田の姿を見たことは
 ない
と紹介しながら磯田の無様ぶりをくさした

私はしきりと 土曜日に発見した紫の蕾を視線だけで探すがない 千原さんに あの花はなくなっているね と言えば
 誰か摘み取ったんだ 分かるように枯れ草を垂らしておいたよ    
私は すかさず 野尻さんに噛みついた
 この時期に見回っていればいち早くこれらの処理ができるもの
野尻さんはしきりと困った顔をしていた ホームページを見ていないと言うので 来年以降の野焼の提案内容についてかいつまんで話した
 色々事情はあろうが いろいろと言うのは 郷土の誇りとして
 大事にしたいだけなんですよ
野尻さんは大きくうなずいていた

野尻さんが今日やってきたのは土曜日にゴミの様子と紫の蕾の写真をメールで送っていたからでした 帰宅してから 
最近 青木さんのホームページ見ていなったんですよの意味がやっと理解できた 見ていればアップした日か翌日には来れたという意味だった

あまりにも膨大な量ですので道具が必要 出直すと言うので来るときに知らせてくれれば手伝うよと言えば 手はありますからと謝意を表された

 ところで あの課長補佐の姿が見えないけど元気ですか?
 
誰だろう   
 ほら ゴミを一緒に片付けていた大柄な方
 
ああー 部署が変わってね 私も課長補佐ですよ もっとも係長も
 兼務ですがね
  
そうとは知らずに大変に失礼いたしました

 ところで○○さん(平成十三年から三年間の担当官のこと)は何処
 にいて元気かな
 
ああ 今は区役所に鞍替えしたよ

野尻課長補佐さんは引き上げ 千原さんと又も縁石に座り込んでタバコを楽しんだ 今日の千原さんは腰を上げるのが早かった 子供の森で何とかの鳥を探すんだとか 立ち上がりながら
 
寒暖計を忘れるなよ
 寒暖計?
懐かしい言葉でした
 今はそう言わないようだよ 寒暖計と店員に言っても寒暖計?
 分かりません もしか 温度計ですかと言われたぞ 
 
土曜日のように 橋で戻るようなことはしない
 
ところで あそこでふらふらしているのは何だろう
 どこ?
 
ほら あるでしょう
しきりと指差すのだが ふらふらしているものはない
 
青木さんがあそこに何かを置いたでしょう
 寒暖計かい?
 
撮影と置き忘れがないようにね
消えるまでの約五分間に十何度も忘れるなを繰り返していた

中々いいやつだよ千原さんは このボケ糞爺を会う度に労わってくれる しまいには肉の万世でハンバーグ食べるかと 割り勘ならと木曜日のお昼に行くことにした
平成十三年から毎シーズンの毎日を観察していて 一番最後に発芽するブロックを 最終ランブロックと名付けた そこがご覧のようにニョキニョキでした その分 ノウルシやノカラマツとスイバ・オギとヨシなども同時に成長しますので サクラソウの行く末はどうなりますかなあ
ルート17号沿いにある浦和警察署に出向いた 向かいが さいたま市役所 ついでに市役所の受付嬢に○○さんの所在を教えてもらい訪ねてみた

六年ぶりですので顔が変わっていた お父さん顔でした ひとしきりあの当時の話に花が咲いて
 ところで うまい具合に逃げられたね 磯田にはほどほどだったね
彼は苦笑いしていた

さて 浦和警察署に十三時五分に入るが二十人ほどがすでに並んでいた 一次受け付けを終えて待つ 後からの番号が先に呼ばれて中々呼ばれない そうこうしているうちに 19番と28番が残ってしまった で 私が先に呼ばれた 最後に残ったのは私の一番前の28番 たまりかねて男性警官に28番が残っているのはなぜかをただした
 
順番があって
 順番? なら28番が先でしょう
 
高齢者はちょっと待っていただいているのです
 じゃー 何で29番の私が先になるんだね
 ・・・・・
さらに十分立つも28番は無視されていた 男性警官にまたも文句をつけた
 あのね 高齢者と言ったね その高齢者が長時間待たされて倒れた
 ら救急車騒ぎになるだろう?
 
そうですね
男性警官は笑いながら答えた

やっと私にも新しい免許証を渡されることになったと同時に
 
はいっ 28番さん お待ちどう様
と呼ばれた 私は思わず28番さんに握手して
 四年後にまた会いましょう
件の警官は私に一礼した

こういうように生まれつきの喧嘩太郎でして 権力にはどうしても向かってしまう このことから交通関係では三件も法律の改正をさせてきた 音楽関係では天下の悪法と言われた「仲介業務法」を廃止させた

これらを書く予定でしたが あまりにも長すぎるので別の機会に取り上げます

この頁トップへ

3月後へ  2月後へ  花期・道順  年頭に思う  トップページ