6月前へ  5月前へ  年頭に思う  トップページ  ご意見箱

自然の四方山話 5月(後)

 5月(後)の目次 
 不良警官の不法駐車発見 
 昨日は大変だった 9723歩 
 雨よ 金曜日は降らないでおくれ  
 雨中閑話 エトセトラ 
 昨日は遠足で10720歩も
 雨中閑話 疑問???
 文句はやめた じゃが我慢不能
 自生地に行けば行くたび腹が立つ 
 涼しいのに今日は ばてた 
 やはりそうだったか野原博さんは      
    

やはりそうだったか野原博さんは
10/05/31  21:40更新

シロバナマンテマの場所を さすがその道のプロだけあって下手な説明にもかかわらず 見つけて撮影していた 教えた私が後日その場所に行くが見つけるまでに三十分もかかったのだからね 野原博んからのメールです
     
----- Original Message -----
From: "野原博"   To: "青木実" <sakuraso@jcom.home.ne.jp>
Sent: Friday, May 28, 2010 5:04 PM
Subject: Re: 場所の説明が違った  青木実

お騒がせしています。野原博です。
有りました。周りの草をだいぶ荒らしてしまったが、上手く撮れました。それとニワゼキショウモドキのシロバナですが桜区大久保浄水場の運動公園の
土手際の芝生に腐る程自生しています。名前は不明調べています。
これは手ごわいぞ。写真を添付。
  

----- Original Message -----
From: "野原博"  To: "青木実" <sakuraso@jcom.home.ne.jp>
Sent: Friday, May 28, 2010 5:29 PM
Subject: Re: 場所の説明が違った  青木実
たびたびお邪魔虫です。青木さんへ、野原博より。
たった今、帰化植物図鑑の編集者にニワゼキショウに似たシロバナを報告しました。
しばらく返事はお待ちください。
--------------------------------------------------
これより先のメールに次の句がありました
 
帰化植物写真図鑑を監修している全国農村教育協会発行の図鑑の帰化植物友の会の会員でもあり、活動していますが、最近はサボっています。珍しい帰化植物を発見したら報告をしなければならない立場にあるのですが、、、。
    
道理で図鑑的にしてデータが詳細な訳ですね
    
2010年05月31日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 14.1 0.0 南東 1  
2 12.6 0.0 静穏 0  
3 12.8 0.0 東北東 1  
4 12.1 0.0 東北東 1 0.0
5 11.2 0.0 静穏 0 0.0
6 13.5 0.0 東南東 1 1.0
7 14.7 0.0 1 1.0
8 15.9 0.0 北西 1 1.0
9 17.3 0.0 西南西 1 1.0
10 18.6 0.0 1 1.0
11 19.4 0.0 西南西 1 0.9
12 20.5 0.0 南西 2 0.9
13 21.3 0.0 東南東 3 0.8
14 22.2 0.0 南南東 3 0.5
15 22.4 0.0 南南東 2 0.9
16 21.6 0.0 東南東 4 0.4
17 20.6 0.0 南東 4 0.0
気象庁より

地球温暖化と騒がれているのに何でこんなに冷えるの? この冬から春にかけて気温が低すぎる 地球温暖化はちゃんちゃらおかしい ではありますが ミャンマーでは猛暑で死者200人も出たという なるほど まさに地球温暖化だね 地球温暖化とはそのようにあちこちで具合が悪くなるのだね
ドクダミは昨年より半月遅れです ネジリバナやヒナキキョウソウは未だに顔を出しません 上尾運動公園のトキワツユクサも昨年はすでに賑わっていたが 本年は蕾もない

この頁トップへ


涼しいのに今日は ばてた
10/05/27  16:46更新

2010年05月27日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 13.5 0.5 南東 2  
2 13.5 0.5 南東 2  
3 13.5 1.0 南東 2  
4 13.8 0.0 南南東 1 0.0
5 14.1 0.0 南南東 1 0.0
6 14.5 0.0 1 0.0
7 15.3 0.0 2 0.0
8 16.2 0.0 2 0.0
9 17.2 0.0 2 0.0
10 18.6 0.0 南西 2 0.5
11 20.9 0.0 南西 1 1.0
12 21.8 0.0 西北西 1 1.0
13 22.8 0.0 西 2 0.8
14 24.2 0.0 北西 3 0.5
15 24.1 0.0 北北西 4 0.9
16 23.8 0.0 北北西 5 0.9
気象庁より

今朝も曇って気温は低かった これではコウゾリナも閉じたままだろうと思案投げ首だった 十時を越えころから太陽が出た その様子から何とかなるべえと出かけた 見事に咲いていた 多分 最後の狂い咲きでしょうね
21:32 追 記
ビランジについて川越の野原博さんからメールが来ました

----- Original Message -----
From: 野原博  To: 青木実
Sent: Thursday, May 27, 2010 5:22 PM
Subject: ビランジ?


こんにちは、青木さんへ、野原博より。
貴HPの中のビランジ?
多分、シロバナマンテマまたはホザキマンテマのどちらかですね。
多分シロバナマンテマの可能性が大きい。
私自身もまだお目にかかった事がありません。
帰化植物であることは確実であるが、
何処で見つけられたのですか?確認したいですね。
では、暇です。

ということでビランジ改めシロバナマンテマとします
昨日千原さんに教わったツメクサは太陽光を受けて咲いただろうと出向き 二、三カットシャッターしていると千原さんが現れた 車は見えなかったのに そしてネジリバナ探しにうろついた

今日はいつものように塩をなめ 水分をたっぷり取ったせいで立ち眩みは何とか防げた が 腰痛で僅か3700歩でばてた 若い千原さんはさっさと歩きまわっている 今日はお付き合いは無理なので縁石に座り込んでタバコ ややして先に失礼した

明日から日曜日まで休みます

この頁トップへ


自生地に行けば行くたび腹が立つ
10/05/26  21:42更新

2010年05月26日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 19.6 0.0 北西 3  
2 18.7 0.0 西北西 1  
3 18.0 0.0 北北西 1  
4 18.5 0.0 北北東 3 0.0
5 18.2 0.0 2 0.0
6 17.8 0.0 北北西 2 0.0
7 18.5 0.0 北北東 3 0.0
8 17.9 0.0 北北東 4 0.0
9 17.0 0.0 北東 3 0.0
10 16.9 0.0 3 0.0
11 16.4 0.0 北東 2 0.0
12 16.2 0.0 東北東 2 0.0
13 15.8 0.0 北東 2 0.0
14 15.8 0.5 3 0.0
15 15.6 0.0 3 0.0
16 15.9 0.0 3 0.0
17 16.0 0.0 東北東 2 0.0
18 15.0 0.0 東南東 3 0.0
気象庁より
曇って暗く これでは閉じている花が多い とは言っても昨日の舌足らずの補正には出かけたい 十時前に通りでは傘をさす人が増えた ぐずぐずしているうちに居ても立ってもいられず正午過ぎに駆け込んだ

桜草橋からの自動車コースの突き当りに千原さんの車があった 今年に入ってからの千原さんは私以上に自生地を日参している

姿は見えない 車の持ち主は間違いないはずと覗き込んでいると声がした 開口一番 大久保横堤のはウマノスズクサではなくクズだよ と言われた そんな気がしてた と同時に本年も果実に会えないとがっかりだ

続けて
 第二駐車場(元駐車場の意)ニワゼキショウがあったが遅かったよ
 青木さんのは半透明の玉の上に花でしょう 今日のは玉だけで花は
 なくなっている
このことについて実は訂正する予定だった もう一度画像を     

平成十三年五月
掲載してから腑に落ちなかった 再確認する予定を忘れていた ↑の画像でよく見ると別種または別タイプですね 同じ元駐車場で二年続けて見られた その後気にも留めなかった

又も続けて オオバコが綺麗だよ 撮らんかね 私はかつて意にも留めない種類でした 俺は撮る 撮っているぞというのでカメラを向けた
千原さんは帰りがけのはずなのにあっちへ行くなら一緒に行くよと動き出す てっきりニワゼキショウを見るかと思ったら自生地内に入った そうだった アカツメクサとシロツメクサと私は認識していた それは違う アカツメクサはいいのだが 白はクローバだよ それを見せるためにE区通路側にあるツメクサを案内された

それはいいのだが これなんかねと尋ねても知らんという 最近は顕著だ 知らんなら一緒に歩くなよと心で叫んでいた 千原さんはちゃんと 俺と別れるとそう言ってるだろうと読み取っていたね 知らん知らんばかりではわしの先生だろう? 先生ではないよというがまんざらでもなさそう

 俺ね 青木さんが知らんはずはないし もしかすると俺を試して
 いる からかわられていると思うんだ
そんな大それた態度が取れるほど詳しくはないのだ たしかに色々と教わっているが 30秒後には忘却の彼方なんだ それに根気がないから過去ログを見ることもしない 覚えている限りは名称入れするが 忘れたものは無記名にしている
十字路左角のサクラソウ ここをこのように整理できるのであれば通路両側のノカラマツも除去すべきだね この一角で日照不足の弊害が証明された

この頁トップへ


文句はやめた じゃが我慢不能
10/05/25  18:23更新

2010年05月25日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 16.5 0.0 西北西 1  
2 16.5 0.0 西南西 1  
3 16.3 0.0 静穏 0  
4 15.7 0.0 静穏 0 0.0
5 15.8 0.0 静穏 0 0.0
6 16.5 0.0 西南西 1 0.0
7 17.8 0.0 北北東 1 0.1
8 20.4 0.0 2 0.7
9 22.4 0.0 東北東 2 1.0
10 23.8 0.0 2 1.0
11 25.8 0.0 南南東 2 1.0
12 27.0 0.0 2 1.0
13 28.4 0.0 南南東 2 0.9
14 28.9 0.0 南西 2 0.5
15 28.1 0.0 5 0.5
16 27.2 0.0 南南西 6 1.0
17 26.5 0.0 南南西 7 1.0
気象庁より

七ヶ月ぶりで上尾運動公園へ 雨上がりでじとじとしていた 夏花らが蕾をつけていた 青大将もするすると逃げ回って写真撮らせてくれない
何時ものローカルルートで昭和水田でおにぎり 今日の目的はアゼムシロとのお見合い 先週は来てくれなかった 今日は所定のお見合い会場でわんさと来ていた こんなに来られると目移りする 次のデートの約束を取り付けて田んぼ散策 なんと本日は関東周辺でさいたま市が一番暑かった 毎正時データでは28,8℃
大久保横堤付近でウマノスズクサと思わしきのが大繁茂している 間違いなければ虫たちがたくさんあるところですので果実を見られましょう
 羽倉橋脇の土手増幅工事用トラックの

 出し入れで停車している間に帰途に着く

 千原さんとその友人がいた

 羽倉橋のノリ面にある草を折って見せる
 
 が名前は判らんと

 ほら俺に似て痩せこけて栄養失調だが

 俺に似て可愛いだろうと

 見向きもしない植生ですがたしかに

 可愛い でも千原さんとは雲泥の差

 へへ
旧志木街道跡にあるコウゾリナは後二日ほどの命かな 除草に入るだろう 時間が遅いために花は閉じていた

そこで ウマノスズクサと同居しているキツネアザミを見るが 抜き取られていた 今は害草と称する除草作業中 まさか 害草として抜きとったのかな 作業員の男女各二人ずつと出会い尋ねるが 女性群は知らなかったという 男性群は 誰かが間違えて抜いたかもしれない という意見だった

とんでもないことをしてくれるわ 同居では不都合というのであれば サクラソウに群がる ノウルシやノカラマツとオギとヨシを何故抜かないのか 

↓は抜かれた先日の様子

この頁トップへ


雨中閑話 疑問???
10/05/24  13:35更新

2010年05月24日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 15.5 1.5 3  
2 15.5 1.5 東北東 3  
3 15.6 1.5 2  
4 15.4 2.0 北北東 2 0.0
5 15.3 2.0 北北東 3 0.0
6 15.7 2.0 北北東 2 0.0
7 16.0 2.0 北北西 2 0.0
8 16.1 1.0 3 0.0
9 16.1 1.0 北北西 3 0.0
10 16.4 0.5 北西 3 0.0
11 16.8 0.5 北北西 3 0.0
12 17.1 0.0 2 0.0
13 17.2 0.0 北北西 2 0.0
気象庁より

1)嬉しい誤算で躓いた民主党
2)口蹄疫 接種して殺処分
3)ロンドン名物2階建てバス、新型は燃費アップ
余談


 
1)嬉しい誤算で躓いた民主党
  民主党は総選挙で自民党に勝てるとは夢にも思っていないから
  ギリギリになってから大風呂敷のマニフェストを掲げた
  本来ですと100%価値はないが 小沢と鳩山をつぶせ! なる
  天の声でも出たのか検察が民主党の二本の大黒柱にのこぎりを
  入れた この天の声は先が読めなかったね 自民党びいきまで
  が検察の暴挙と憤慨して鞍替えして民主党に寝返り とうとう
  300議席を取ってしまった

  最近の鳩山首相は指導力がないとかいろいろと言われているが
  指導力があっても無理だろう だって ただの大風呂敷に過ぎ
  ないのだからね それを別の天の声で政権を取ってしまったか
  ら 夢物語を現実に変えるのは不可能に近い これが ぶれと
  か 指導力がない姿になるのだ 政権が取れるのであればもう
  少し真面目なマニフェストを作ればよかったと 幹部連中は悔
  やんでいるだろう

2)口蹄疫 接種して殺処分
  牛や豚の口蹄疫で宮崎県は大変な嵐になっていますね 下手を
  すると全国に飛び火しかねないという そこへ現れたのが接種
  という手法 急げとばかり輸入までしている 接種とは免疫力
  を作る 高めるのでは無かったかな つまり予防策の一手段で
  しょう それなのにああそれなのに接種して殺処分するという

  私の勘違いであって欲しい 殺すなら接種は必要なかんべえ?
  これまた天の声で製薬業界への輸血?

3)ロンドン名物2階建てバス、新型は燃費アップ
  読売のネットニュース
で報じていた
  燃費アップとは 従来の100円を以上にすると解釈するが
  間違いかな どなたか教えて〜
  ところが 文中では『構造は昔と同じだが、燃費は40%向上
  しているという』になっている

  これって 文章上合っているのでしょうか 無学の私のために
  どなたか教えて〜

余談
わが家の猫たちを久しぶりで取りあげていた 特に リキについては嫌味タラタラでした リキは 言葉ですと100%理解できます

夫婦が小声でリキを褒めると目を細めてすりすりしてきます 小声でもけなすとすり寄って噛みます

5/20のトラと椅子について書いたところ リキには以心伝心で通じたようです

今朝の六時半に久しぶりでリキに起された 今朝は冷えたから私を起こして代わりに布団にもぐるためです 私と一緒に寝ることはしない クミは平気ですが

その所為で一階にある椅子が空きました トラの天下です
九時半ごろ リキは布団から出て一階に下りて行きました 三十分後用足しに降りると↓のようになっていました
トラに席を譲って自分はクミと寝んねです 念力が利くリキではあります ただ今 13:33同じ状態です トラは相変わらず身構えています

この頁トップへ


昨日は遠足で10720歩も
10/05/22  19:50更新

2010年05月22日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 19.9 0.0 静穏 0  
2 19.5 0.0 北北東 2  
3 19.3 0.0 北北東 1  
4 18.0 0.0 静穏 0 0.0
5 16.6 0.0 北西 2 0.0
6 17.8 0.0 北西 2 0.5
7 20.0 0.0 西北西 1 1.0
8 21.8 0.0 1 1.0
9 23.6 0.0 南南東 2 1.0
10 24.6 0.0 西南西 1 0.9
11 26.0 0.0 西南西 1 0.9
12 26.6 0.0 南南東 2 0.4
13 27.1 0.0 南南東 1 0.0
14 27.8 0.0 南南東 1 0.1
15 27.7 0.0 南東 3 0.0
16 27.2 0.0 南東 3 0.0
17 26.6 0.0 南南東 2 0.0
気象庁より

さいたま市から北へ29km未満のところに東武動物公園がある 金曜日とあって30団体が参加していた およそ1000人だろうか

遠足の翌日は休園する風習があったのですが 最近では競争関係からかすべてが土、日の休みを利用して前日の遠足と相成った

公園駐車場からお弁当を開く広場への往復だけで9750歩だった その他を合わせて一万歩越えである

気温も三十度を越えたが灼熱の感じはなかった 北へ29kmというと空気がまるで違うね 空が真っ青だった それだけ空気が綺麗ということでしょう 帰り道で千原さんから携帯に電話 自生地駐車場前の桜の木の根元に花が三輪咲いていると知らせてくれた

今日はその桜の花を見に出かけるも見当たらない こういうのは画像でも送ってくれれば紹介できるんですがね

諦めてコウゾリナの観察に出向いた 実は 野原博さんから新たにメールが来ていた すなわち

----- Original Message -----
From: 野原博   To: 青木実
Sent: Thursday, May 20, 2010 10:19 PM
Subject: コウゾリナ


今晩は、青木さんへ 野原博より

説明が足らず困惑しているようですが、青木さんが見たコウゾリナは帯化現象を起こしており、普通のコウゾリナとは見た感じが違いますが、とげの様子や、花の色、とうからコウゾリナで間違いないと思いますが、
次のWEBページを見てください。
では。
http://koedokawagoe.web.infoseek.co.jp/nazo_kzr.html

従来のは俯瞰撮影のワンカットだけでしたが 三カットになって詳述していて助かりますね

足立ナンバー氏と遭遇 そうだった 今日は土曜日でした コウゾリナを知らないというので案内する

この形から 髪剃菜 と思いつきますかと尋ねると無理ですね との答えだった 野原博さんはHPで とげで手が切れそうな感じから名付けられたと紹介していますが 二十日の私の解釈がもっともらしいと考えますが…

足立ナンバー氏に紹介するあまり 自分の撮影は御留守だった 十時半でしたが何故か花は閉じていた 薄曇りで蒸し暑かったからかね
ニワゼキショウの新種発見と騒ぎ立てたが 実は平成十三年に発見していました 花の写真家で飯を食うと目指して僅か三年で山と渓谷社のキノコ企画に参加して 三十年ぶりで花に戻ってすぐに出会っている 平成十三年当時はほとんどの花を知らずにいた
今年は是非とも玉状の様子を撮りたいですね
ニワゼキショウの色には四タイプがあって 花の大きさは五タイプありますね 白と紅は約18_ ブルーは15_と10_ ↑のは10_です

明日は休みます

この頁トップへ


雨中閑話 エトセトラ
10/05/20  20:25更新

2010年05月20日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 18.7 0.0 4  
2 18.9 0.5 3  
3 18.7 3.0 3  
4 18.7 1.5 3 0.0
5 18.7 1.0 南南西 3 0.0
6 19.0 2.5 2 0.0
7 19.3 0.5 2 0.0
8 19.5 0.0 2 0.0
9 18.6 0.0 北西 2 0.0
10 18.5 0.5 北西 2 0.0
11 19.2 0.5 北北西 2 0.0
12 19.4 0.0 北北西 3 0.0
13 20.6 0.0 2 0.0
14 22.0 0.0 2 0.0
15 22.3 0.0 北北東 3 0.0
16 22.5 0.0 3 0.0
17 22.0 0.0 北北東 3 0.0
気象庁より
朝から霧雨が降り続いていたが 気象庁のレーダー図には雲はない 低い雲は捕捉できないと言訳が度々でした 納税者としては 冗談じゃない 億単位の血税をつぎ込んで捕捉できないでは 正確な予報が出せるか! ということになりますね 30階建ての高層マンションの上層部が雨雲でかすんで見えにくいというのに これこそ仕分けだね なんて朝からカッカです
髪剃菜だそうです で、これで髭を剃れっていうのか!

野原博さんからご教示いただいたコウゾリナを改めて野原さんのHPで確認すると形態がまるで違うので 気付かず参考にできずじまいでした

コウゾリナ 外来語と感じたが 語源について野原さんは解説していないのでWEBで検索すると有るわあるわ
『剃刀菜(カミソリナ)がなまってコウゾリナとなったという説が多いですが,私としては顔剃菜(カオソリナ)からではないかという説に賛成したい』
というサイトのオーナーのぼやきでした

こちらも保育社刊 原色日本植物図鑑第二版(S42)で調べると形態のみで語源には触れていない 何故触れないか

学会と称する世界では盗用や捏造は日常茶飯事です
昭和6年(1931)ヨーロッパの著作権者らの代表として来日したドイツ人が 真っ先に 日本放送協会(現NHK)と著名な植物の第一人者を告訴していた

そのことから考えると外来語をそのまま使っていたのではないか 戦後になって誰かが『剃刀菜(カミソリナ)がなまってコウゾリナとなった』と言いふらしたのではないかな 全てのHPで掲載されているのは管状茎ばかりでしたので言葉に整合性はないものね

ところで↑の画像から 剃刀 という名称に飛躍は難しいでしょう 1cmの管状茎がそのように見えるはずはありません 私が 刀のさやもどき と表現する形状でしたら納得できます しかし 旧志木街道跡ノリ面にある群落の中で刀さや風はふた株だけでした せめて野原博さんから提供されました画像であれば なるほどと言えます
このように刀のさや風を見たこともない連中が聞きかじりで吹聴するのは憤飯ものです 引用なさる方々は気をつけられよ

余 談

昨日 孤独なトラを取り上げましたら今朝は幸せな時間でした
このいすは我が夫婦のものです ところが我が猫様のリキとクミが占領しちゃいました 時には私の事務椅子も占領します 快適なんでしょう それを見ていたトラも欲しがっていますが年功序列でままなりません

昨年の後半あたりから母性本能を発揮したのか クミがトラとかけっこをするようになりました ですが なんせ 十三歳のお婆さんですので一階から二階の上り下りでは 三工程でばててしまいます それをトラは一階の階段の上がり端で二階を見上げてあきらめます いつしか クミに寄り添うようにトラが椅子に乗っかっています 母性本能でクミが許しているようです 今朝もそうでした
幸せそうなトラです これも母性本能のなせる業でしょう 撮影し終えて書斎でパソしているとクミがニャーニャーとうるさくまつわりつき出した 無視していると諦めて私の掛け布団で寝んね 用足しに一階に下りると↓のようになっています
多分ですが リキが邪魔立てして追い払って席替え そこでクミは仕方なく私のところへ来たのでしょう 空いた席にトラが こういう場面が度々です どんなに寝ていてもトラは私の気配で身構えます それがある限り 孤独は続くでしょう げに 教育とは恐ろしきかな です
明日は休みになりそうです

この頁トップへ


雨よ 金曜日は降らないでおくれ
10/05/19  17:13更新

2010年05月19日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 19.7 0.0 南南西 3  
2 19.6 0.0 南南西 3  
3 19.4 0.0 南南西 4  
4 19.2 0.0 3 0.0
5 18.8 0.0 南南西 3 0.0
6 19.4 0.0 西 1 0.7
7 20.1 0.0 北西 1 0.8
8 22.0 0.0 南南西 4 0.3
9 22.0 0.0 西北西 2 0.1
10 22.0 0.0 南南西 4 0.0
11 20.9 0.0 南南西 5 0.0
12 22.8 0.0 4 0.0
13 23.7 0.0 南南西 4 0.0
14 22.2 0.0 南南西 6 0.0
15 20.4 0.0 南南西 6 0.0
16 19.5 1.5 南南西 4 0.0
気象庁より

三つ峠ライブからより
またも幼稚園の遠足随行ですので天気であって欲しい

今日は復習です 刀のさやもどきの生態と新種ニワゼキショウ
----- Original Message -----
From: 野原博   To: 青木実
Sent: Wednesday, May 19, 2010 8:56 AM
Subject: 鳴神山のカッコソウ
    
こんにちは。青木さんへ。
小江戸川越周辺の野原博です。いつもお世話になっています。お元気でしょうか。
 
鳴神山のカッコソウその他の山野草のアップロードが出来ました。
ぜひ見に来てください。
下にアドレスを添付します。
 
 
田島ヶ原では毎日、植生と格闘されているお姿を貴ホームページでひそかに見ています。
元気な証拠だと存じます。
ところで、ウマノスズクサですが一夜にして全てを食い荒らされる状況が今年もその悲劇が来ると思います。
最後までレポートを書き続けてください。
では、さようなら。

21:30 追 記

----- Original Message -----
From: 野原博   To: 青木実
Sent: Wednesday, May 19, 2010 6:45 PM
Subject: 刀のさやもどきの生態


こんばんは野原博です。青木さんへ。
再度メールします。
貴ホームページ内の刀のさやもどきの生態はコウゾリナです。
茎のとげの様子に注目です。
では、また。

写真を添付します。 
  
  
         コウゾリナ
  
余 談
凄い寝像ですね リキとクミは姉弟?兄妹?ですから生まれて私どものカラオケボックスに生後一ヶ月で捨てられて以来ずっと一緒で来ているからできる芸当ですね

そこへ行くと孤児トラは仲間入りは許されていないようです 母猫に死なれて家の中へ入れるまでは網戸越しに鼻をくっつけ合う間柄でしたので 最初の半年間はリキが徹底的に教育していた そして 面倒見も良く可愛がっていた ↓    
ところが トラは母猫の愛情に飢えたあまり ワイフにべったりで 母さんを取られたリキは↑のカットから三カ月後あたりからいじめに入った

それ以後 トラの日中は孤独で ワイフが勤め帰りから早朝出勤の短い時間だけ天国であった それゆえ リキは毎日いじめに入ります 遊んであげるのですが突然に攻撃してしまいます

クミは私にべったりですのでリキが孤立したのです 甘えられる相手を取られた腹いせが凄いのだ 人間界と全く同じです そこで私に甘えるようになった 怒ったクミはリキの弱点である足攻撃を思い出したように仕掛けます そうするとリキは寝転がって降参のポーズをとります

トラは二年有余になるのに未だに私になつきません 母猫が健在の時 隣りの親父さんに良く怒鳴られたり石を投げられたりしていたため 母猫があの声に近づくなと教え込んだようです 私の声音が似ているのでしょう それでも たまにですが 私の手をなめたりします ただし 目線が合うとさっと逃げていきます そのうち ワイフにべったりしている風景を撮る予定です

この頁トップへ


昨日は大変だった 9723歩
10/05/18  17:38更新

2010年05月18日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 17.0 0.0 北西 1  
2 16.0 0.0 北西 1  
3 15.6 0.0 西南西 1  
4 15.8 0.0 北西 1 0.0
5 15.4 0.0 西 1 0.0
6 16.5 0.0 西北西 1 0.6
7 17.9 0.0 南西 1 1.0
8 20.1 0.0 北北東 1 1.0
9 22.7 0.0 東南東 1 1.0
10 25.3 0.0 2 1.0
11 26.6 0.0 南南東 3 1.0
12 27.0 0.0 南南東 4 1.0
13 26.8 0.0 南南東 5 1.0
14 26.7 0.0 南南東 5 1.0
15 26.5 0.0 南南東 5 1.0
16 24.9 0.0 4 0.8
17 24.1 0.0 南南東 4 0.1
気象庁より

最近は腰痛で2500歩どまりでした 腰痛防止に自己で考案した 寝てするストレッチがあるのですが 怠けもの+忘れん坊で1年近くしていなかった 思い余って三日前から再開 昨日は二日目だった 腰痛が治った訳ではないが歩くのに疲れはなく支障がなかった それゆえ 歩行でパトカーの追尾ができた そのご褒美に新タイプ?のニワゼキショウを発見できた

しかし 脳軟化症は致し方もなくアップまでに10時間もかかってしまった 元駐車場はお花畑 その様子を挿入する気力もなかったのではしょってしまった

それだけではない せっかくの新タイプをつぶさに撮影しなかったので今日は復習に一番で発見場所へ飛んだ ところがどこにもないのだ 白・紅・ブルー・小型ブルーがある中だったのに消えていた やむなく手当たり次第にシャッター
誰かが呼んでいた 声の方向を見やると千原さんだった 外人が日光浴している情報で来たのだがいないという そうそう毎日はしないでしょう ニワゼキショウの話で記憶違いではないかと指摘されるが 頑固な私は 否 ここだったよと突っ張った どうしても納得できないので千原さんの指摘どおりに10mほど 左岸寄りのサッカーブロックではなく野球ブロックに群落していた
4タイプをはめ込んだが 厳密には小型のブルーもあったのに気がいかなかった 夢中でシャッターしていて千原さんの姿が消えていた 上尾への時間をつめたために挨拶もせず立ち去った

この頁トップへ


不良警官の不法駐車発見
10/05/17  23:10更新 

予定を変更して警官の交通法無視から入ります 脳軟化症で文章をまとめるのもままにならない現在 撮影カット数が通常の倍もあって長くなるために こんな時間までかかってしまった

帰途コースは子供の森横堤ですが テニスコート用大駐車場にパトカーが見えた またも不当臨検だろうとパックして寄ってみたところ とんでもない止め方をしていた

5/10の不当臨検でも一方通行を無視した警官   
管轄警察署の警官らには交通法は無きに等しいのだろうか 今日のは暴力団員よりもひどいものだ
犯人追跡なら赤色灯は付いているだろう ついていないだけならまだしも 三台分を塞いでしまっているのは交通法無視は明らかだ 警官は何をしても良いとは何の法律に基づくのか これでは一般人に対して示しがつかんだろう
警官の姿はどこにもない 昼休みしているのかと右側のグランドに出て見た サッカーの練習中だった 応援の女子たちもいた そのうちの二人がこちらに向かって来るので尋ねた
 警官の姿を見ましたか?
 
いいえ 見えないよね
 見てご覧 パトカーがあんな無法な止め方をしている
指さしながら話していると彼女らの視線が一瞬変わった 変だなと振り返ると10m先 子供の森からグランドの境に警官二人が出てきたところだった 私はじっと警官らを見据えるが 警官らは下を向いたままパトカーに足早で向かう 
パトカーがあんな無法な止め方をしている これが聞こえたはず ゆえに慌てたのだろう パトカーに乗り込む瞬間 警官二人とも私を見ていた

立ち去るのかと見ていると獲物を狙うかのようにスロー走行して駐車場の外れから道路に出る 進行方向は左岸土手だ 狭い一本道 下流の突き当りはゴルフ場との境 そこまで小さい駐車場が三つ 一つ目に二台 二つ目は空 突き当りの植え込みに女流犬の調教師さんが休んでいる 三つ目に二台 一台は警官同様に無法な真横駐車だった

不当臨検の現場を見るべく私はグランドの中央から近道で向かう パトカーは私の姿を視認できる 麦わら帽にジーンズのズボン それが彼らの行く方向に向かっている その所為か 一つ目にはドライバーがいるのに素通りした 三つ目の横向き駐車の隣りに停車 助手席の警官が降りて車の中を覗く ドライバーがいないのか戻ってパトカーは来た道へ方向変換して立ち去った

公園内の駐車場は ある意味で憩いの場です 昼休みに利用する方や 仕事の合間に利用する方がほとんどです ↓の場合も 車は倉庫代わりにしているものです 仕事が途切れた時に 公園内の駐車場で所帯道具類を日干しする 画像の場合は 道具類の中にはカッターナイフや工作用ナイフもあるだろう それを犯罪視して点数稼ぎにするのは不当行為の何物でもないのだ
こういうことばかりを取り上げていると そのうち しっぺ返しが来ると思う 彼らは仲間内の内部告発さえも犯罪視する 例の 大阪高検公安部長の内部告発を裁判官までが懲役一年有余にしている 確か最高裁も門前払いにしたね 公安部長はミスを犯した
1.告発データを持たなかった
2.暴力団員と会食した
この国に公平な司法は存在しない証明です

あるかもしれない私に対するしっぺ返しをどのように取るかですね 一応備えはしていますがね 変な話ですが 楽しみにしています    
2010年05月17日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 15.8 0.0 北西 2  
2 15.0 0.0 北北西 2  
3 14.7 0.0 西北西 1  
4 13.8 0.0 西南西 1 0.0
5 13.9 0.0 西南西 1 0.0
6 15.1 0.0 西 1 0.3
7 16.5 0.0 北西 2 1.0
8 18.5 0.0 西南西 1 1.0
9 20.1 0.0 北西 2 1.0
10 23.1 0.0 西南西 1 1.0
11 24.0 0.0 南西 1 1.0
12 26.0 0.0 南南東 2 1.0
13 26.8 0.0 南東 3 1.0
14 26.8 0.0 南南東 4 1.0
15 27.6 0.0 南南東 4 1.0
16 27.0 0.0 4 1.0
17 25.9 0.0 4 1.0
気象庁より
やっとキツネアザミが旧志木街道跡に現れた ならば自生地はどうかと あった〜 同時に現れるんですね
ここで引き上げる途中のメインストリートで千原さんとすれ違う 直ぐに引き返して自生地駐車場で 千原さんは開口一番に 刀の鞘はね オオアワダチソウだよ という それを千原さんは確認に行き 直ぐに戻って
 違った〜 オオアワダチソウと違う
葉を二枚持ってきた
 先日 教わっていながら忘れたために

 掲載しなかった

 空をバックにすると綺麗だぞというので

 真似をしてみた

千原さんからメール

青木様

元駐車場の群生していた花は

クスダマツメクサ(マメ科)

だと思います。

千原 

形状から見て間違いないでしょう 直径5ミリほど ↓

これでニワゼキショウは4色あることになる 純白ではなく薄いブルーだった 光源との位置関係で再現できなかった
川越の野原博さんから久しぶりのメールです

----- Original Message -----
From: のはらひろし  To: 青木実
Sent: Monday, May 17, 2010 1:14 PM
Subject: カッコソウ(サクラソウ科)

こんにちは。お元気のことと思います。
青木さんへ。
 
このたび群馬県桐生市の鳴神山へサクラソウ科のカッコソウを見に山に入りました。
そこで見たものは、その完全復元を成し遂げたカッコソウ復元地の存在を知りました。
遺伝子レベルでの植生を手がけ、みごとに群生する様は、驚き桃の木、、、、、 。
 
田島の白は今世紀で、、、、。 どうするのでしょうか。後継者は、、、、。
開花時期に養蜂業者と手をくんで箱を設置したら、無菌室で育てた家ハエを放す。
何か手立てはないのでしょうか。
現地で取ったカッコソウを添付します。では、さようなら。
 
 
    

この頁トップへ

6月前へ  5月前へ  年頭に思う  トップページ  ご意見箱