8月後へ   もどる  トップページ ご意見箱 

自然の四方山話 8月(前)

 8月(前)の目次 
 一年の半分の区切りで中国情報
 ピンク露草と25mも続く白発見  
 白花・朱色露草の不思議な営み 
 千年も待ち続けた恋人と出会う 
 種まきした白花露草が咲いた   
 可視化を嫌う検察 被告と共謀? 
 ツユクサで東大教授になれそう 
 ピンク露草三個白ベルトは消滅 
 奇形露草が現れ消える理由は 
    

奇形露草が現れ消える理由は?
11/08/10  19:51更新

2011年08月10日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 28.2 0.0 0.5  
2 27.7 0.0 南南東 1.3  
3 26.8 0.0 南南東 0.7  
4 27.0 0.0 0.9 0.0
5 26.6 0.0 南西 0.8 0.0
6 27.1 0.0 静穏 0.0 0.3
7 28.1 0.0 西南西 0.9 1.0
8 29.3 0.0 北西 1.4 1.0
9 30.8 0.0 北西 1.2 1.0
10 32.2 0.0 南西 1.5 1.0
11 33.2 0.0 東南東 1.2 1.0
12 34.7 0.0 南西 1.2 1.0
13 35.8 0.0 南南西 2.5 0.9
14 35.9 0.0 3.2 1.0
15 35.4 0.0 3.2 1.0
16 35.6 0.0 2.6 1.0
17 34.5 0.0 2.8 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 26.2 05:18
最高気温(℃) 36.7 13:19
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
7.7(南) 14:28
※17時現在
   
思えば2008年はあらゆる花の奇形が多かった その中でもツユクサは群を抜いていた

色合いの濃淡から葉の形や枚数 およそ20タイプもあった 以後は見当たらなかった

その露草の奇形が今年の7/2829の二日間に 白花を除いて 色の濃淡や葉の形 枚数に加えて 萼も含めて藍色のがあった 18タイプがそれぞれたったの一日だけだった

この二日間に限って見れば 日中気温は29℃台 熱帯夜は解消 この条件で現れていた 猛暑で狂いだそうとした時に 急に冷えたので変形したのかな 2008年も暇を見て調べよう 何かしかわかるかもね
     
これらを撮影し終えた時に何かが急降下した バッタかなと思ったが ハネナガイナゴらしい それも逃げるどころか逆に近づいてくれた

この頁トップへ


可視化を嫌う検察 被告と共謀?
11/08/09  20:42更新

2011年08月09日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 26.5 0.0 北北東 1.3  
2 25.5 0.0 南西 0.8  
3 25.6 0.0 西 1.0  
4 25.6 0.0 北北東 1.2 0.0
5 25.5 0.0 0.4 0.0
6 25.6 0.0 北西 1.7 0.0
7 26.5 0.0 北北西 0.7 0.0
8 28.0 0.0 0.6 0.6
9 29.7 0.0 北東 0.6 1.0
10 31.2 0.0 1.1 1.0
11 32.1 0.0 西南西 2.0 1.0
12 33.2 0.0 南南西 1.5 1.0
13 34.1 0.0 南西 1.7 1.0
14 35.1 0.0 南南西 1.8 1.0
15 35.8 0.0 南南東 2.1 1.0
16 34.1 0.0 3.4 1.0
17 33.1 0.0 3.1 0.5
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 25.2 05:17
最高気温(℃) 36.2 14:57
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
7.2(南) 15:50
※19時現在
    
取り調べの全過程で可視化すると容疑者は供述し難いと早くから検察から言われていた 無能な検察から 恫喝・強迫・半暴力・半拷問を取り上げたら自白させられない 容疑者が供述するとき どの状況下でも供述はするものだ 下手な言訳を検察はしてきた

例の幼稚園バス運転手さんを冤罪で投獄したことが進化した科学調査で冤罪と判明 即時釈放したのを機に可視化が軌道に乗り出した

その矢先に 今日の asahi.com ニュースによれば

名古屋地検特捜部が全面可視化を実施した横領容疑事件で容疑者が動機を供述したのは、本人の希望で可視化を中止した後だったことが検察関係者から取材で分かった という

容疑者が担当弁護士から可視化を拒否できると教えられて拒否したのだという よくぞ こういう出鱈目を検察という組織がやらかすもんだね そして マスコミは鵜呑みにしている

該件を批判する根拠は 容疑者は弁護士だったからです 法律を知りつくした弁護士が可視化を拒否できることを知らなかったとは いえますか?

マスコミも肝心な時には 見ざる 聞かざる 言わざるを決め込む 悲しからずや

こんな見え透いた嘘を堂々とやらかすとはね

否 もしかすると可視化行為を無くす意図で横領弁護士と取引したかもしれないね
★可視化すると容疑者は供述し難い★
この妄想(恫喝・強迫・半暴力・半拷問権)を実行しやすいように肩書ある犯罪弁護士を利用して 実績を積み上げるとかの意図 怖いね 恐ろしいね   

この頁トップへ


白花・朱色露草の不思議な営み
11/08/08  19:43更新

2011年08月08日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 24.2 0.0 西北西 1.8  
2 24.1 0.0 北西 1.2  
3 24.0 0.0 西 1.1  
4 23.7 0.0 南西 1.4 0.0
5 23.8 0.0 北東 0.9 0.0
6 24.1 0.0 北西 1.1 0.5
7 25.8 0.0 北西 1.9 1.0
8 27.3 0.0 1.1 1.0
9 29.1 0.0 南西 1.2 1.0
10 30.1 0.0 1.0 1.0
11 31.4 0.0 1.7 1.0
12 33.0 0.0 南南東 2.1 1.0
13 33.8 0.0 南南東 1.4 0.9
14 34.6 0.0 2.3 1.0
15 34.1 0.0 南南東 2.3 0.5
16 33.2 0.0 南東 3.0 0.0
17 32.0 0.0 2.3 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 23.5 04:49
最高気温(℃) 34.9 14:17
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
6.1(南南東) 16:13
※17時現在
   
今日は立秋だそうだ 言葉では様子がつかめないので長野市のライブカメラで見ましょう
お天道様は遠くへ遠ざかって小さくなっていますね 現在の位置は北回帰線と赤道の中間かな?
昨日の確実な情報によればピンクツユクサは影も形もなかったそうだ 誰かにごっそり持っていかれた感想だったようだ ところが 今朝は二輪だけですが ちゃんとありました

7/2は水門近くでシロバナツユクサの群落を発見 三日ほどして脱色系に変化し ついに消え失せた

8/2はピンクを発見 がらは藍色並みの大きさであった 続けて上流の企業グランド脇で25mも続くシロバナゾーンが出現した シロバナは藍色より三分の一ほど小さい ベルトゾーンも三日ほどで消えた 二、三輪残っているのは脱色系と相成る

8/3にピンクは消え 8/4と8/5は共に一輪 咲き方はそれぞれ東と西に向いて 8/6は三輪も咲いた 8/7は咲かず そして今日は二輪 東に向いていたのは虫に食われたのか傷んでいた

このようにピンクも白も藍色のように安定していない やはり突然変異ゆえかな ですが ピンクは期待できそうです


企業グランド脇25mベルト

この頁トップへ


ピンク露草三個白ベルトは消滅
11/08/06  15:50更新

2011年08月06日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 25.8 0.0 1.1  
2 25.9 0.0 1.4  
3 26.1 0.0 南南西 1.1  
4 25.8 0.0 南西 1.5 0.0
5 25.6 0.0 西南西 1.2 0.0
6 25.9 0.0 西 0.6 0.0
7 26.5 0.0 西 0.8 0.2
8 27.9 0.0 北北東 0.3 0.7
9 28.8 0.0 西北西 1.3 0.4
10 29.7 0.0 北西 1.4 0.9
11 30.8 0.0 1.5 0.9
12 31.4 0.0 北北東 1.1 0.7
13 32.6 0.0 西南西 1.9 1.0
14 33.4 0.0 南西 1.5 1.0
15 34.0 0.0 西南西 1.5 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 25.3 00:31
最高気温(℃) 34.0 15:00
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
4.2(西南西) 12:55
※15時現在
    
藍色露草は一株当たり枝が十四、五本もありますが 厚澤・関口白花露草は半分しかなかった どちらにくみするかですね

今日は三輪も咲いた ひょっとすると日一日と増えてきそうです
↑の導水路は昨日から送水をやめていた 左側に沿って25mも白花露草のベルトがあった 送水が止って今日は白花はほとんどなくなっていた 水があろうと無かろうと左側には何の影響もないはずです ↓は消えた様子です いくつか咲いているが 不思議と脱色系になっていた
自生地の厚澤・関口白花露草は昨日より四つ少ない三輪でした 自生地で変化と言えば コバギボウシが咲いてコカモメヅルが果実を持ったことです    

ただ今 15:43風雨と雷鳴で賑やかです

明日は休みます

この頁トップへ


種まきした白花露草が咲いた
11/08/05  19:40更新

2011年08月05日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 24.7 4.0 北北東 2.6  
2 24.6 1.0 北東 2.7  
3 24.6 1.5 東北東 2.9  
4 24.6 0.0 東北東 2.1 0.0
5 24.6 0.0 2.7 0.0
6 24.4 2.5 東北東 2.6 0.0
7 25.5 0.0 2.7 0.4
8 24.9 0.0 西北西 1.9 0.4
9 27.0 0.0 西南西 1.2 0.4
10 27.4 0.0 北西 0.9 0.6
11 28.0 0.0 南東 2.3 0.1
12 30.3 0.0 南南東 2.0 0.7
13 31.0 0.0 南南東 2.8 0.3
14 31.8 0.0 2.6 0.5
15 31.5 0.0 3.2 0.8
16 31.3 0.0 南南東 2.9 0.6
17 30.7 0.0 南南西 4.1 0.6
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 24.3 06:01
最高気温(℃) 32.2 15:33
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
7.4(南) 14:03
※17時現在
  
今朝は二度寝して目が覚めたのが八時半 ぐずぐずして左岸土手について第一シャッターが09:58 南方向に怪しげな雲 降りて見ると昨日までとは違いピンクツユクサが正反対の西向きで咲いていた    
ここを終えて大久保の行きつけのコンビニへ 白花を撮影している時よりも大雨だったのか 何処も水浸しだった コンミニの向かいに気象庁のアメダスがあるはずだが ご覧のように0ミリになっている どういうことだろうかね
自生地での撮影もこれで終えて引き上げるべく管理棟近くにあった時 バックミラーに変な影が スローして振り返ると 蝶の専門家の関口忠雄氏が自転車で追いかけていたのだった 開口一番 あの白花が咲いたのを知っていますか?だと

思えば 五月の半ばだったか関口氏から白花露草の種をまきますと言われた これは 故厚澤さんに教えられたシロバナツユクサを氏が種を採取して 翌年に水栽培に成功して 四年目の今年も自転車道に四、五十粒の種をまいた

厚澤さんは半年後に亡くなられ それを記念する意味で『アツザワシロバナツユクサ』と命名 種を採取して栽培に成功した関口氏の功績も記念すべく 厚澤・関口白花露草と命名した それが一株だけ 六輪も咲いたのでした
からっきし意気地のない私に凄い力量の人たちが 友として付き合ってくださる ぼかあ 幸せだ〜

この頁トップへ


ピンク露草と25mも続く白発見
11/08/04  17:30更新

2011年08月04日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 24.3 0.0 東北東 2.8  
2 24.1 0.0 北東 1.8  
3 24.2 0.0 東北東 0.8  
4 24.3 0.0 東北東 1.6 0.0
5 23.7 0.0 北東 0.9 0.0
6 24.2 0.0 東北東 1.1 0.1
7 25.2 0.0 東北東 2.0 0.4
8 26.2 0.0 北西 1.5 0.3
9 27.0 0.0 北西 2.0 0.5
10 27.5 0.0 北北西 1.5 0.1
11 27.9 0.0 南南西 0.6 0.0
12 28.0 0.0 0.8 0.0
13 26.3 0.5 北東 1.0 0.0
14 28.6 0.0 北西 2.6 0.3
15 25.0 2.0 北東 2.0 0.0
16 25.8 1.0 北北西 1.5 0.0
17 26.7 0.0 北西 1.7 0.2
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 23.6 05:09
最高気温(℃) 28.8 11:14
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
7.3(東北東) 14:35
※17時現在
  
一昨日と同じ場所で同じ株からまたもピンクが咲いた 昨日の予測の根拠は一日花と言うことだったが そうではないらしい ならば 昨日は何ゆえに咲かなかったか

それはともかく 今日は徹底的にツユクサにこだわって羽倉橋近くの企業グランドへ足を伸ばした 田圃に送水するポンプ場から25mも続く白花露草が延々と咲いていた 昨日は逆のコースで見ていたが見落としたのか

突然変異種ではなく正真正銘の純白でした 今日も二度も良いことがあった 三度目はあろうとロト6を私が40年前に大当たりした方角の売り場で買う 前回も同じこと言って買ったが大外れだった(別方角)     
シロバナフィルドでは純白はほとんど引っ込んで08:55しかなかった 脱色は結構あった
おかしな咲き方がよく目につきますね おかげさまで暇つぶしができて有難い 企業グランド側に回ったら昨日も通っているが気がつかなかった

約25mにわたって導水路に沿って純白が延々と続いていた


この頁トップへ


ツユクサで東大教授になれそう
11/08/03  18:40更新

2011年08月03日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 23.6 0.0 西北西 0.9  
2 23.5 0.0 北北西 1.1  
3 23.4 0.0 静穏 0.2  
4 23.2 0.0 1.5 0.0
5 23.1 0.0 西北西 0.8 0.0
6 23.5 0.0 1.1 0.0
7 23.9 0.0 北北西 0.9 0.0
8 24.9 0.0 1.4 0.0
9 25.6 0.0 北北東 1.8 0.0
10 26.4 0.0 北西 1.4 0.2
11 27.8 0.0 北北西 1.3 0.3
12 28.5 0.0 北西 1.8 0.1
13 29.2 0.0 北北東 3.0 0.5
14 24.0 8.0 南東 3.3 0.0
15 25.3 3.5 東南東 1.7 0.0
16 27.5 0.0 2.5 0.1
17 28.3 0.0 1.8 0.3
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 22.9 04:48
最高気温(℃) 30.2 12:36
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
8.4(南東) 13:17
※17時現在

サクラソウのインチキ論で東大教授になった女がいるんですから 長年撮り得た実像を添えて 屁理屈でまぶせば簡単だろう それほどのツユクサ漬けです
ピンクのツユクサはいなくなった あの枝にはまだ蕾はあるはずだからもう一度ぐらいは見せてくれるかな?

この頁トップへ


千年も待ち続けた恋人と出会う
11/08/02  18:14更新

2011年08月02日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 22.7 0.0 3.0  
2 22.7 0.0 2.6  
3 22.2 0.0 東北東 2.1  
4 21.8 0.0 東北東 2.0 0.0
5 21.7 0.0 2.5 0.0
6 21.8 0.0 東北東 1.8 0.0
7 22.4 0.0 2.0 0.0
8 23.4 0.0 東北東 2.0 0.0
9 24.3 0.0 東南東 1.6 0.0
10 24.8 0.0 東北東 0.6 0.0
11 25.6 0.0 1.5 0.1
12 26.9 0.0 北東 1.0 0.6
13 27.6 0.0 北東 0.9 0.2
14 27.8 0.0 北東 1.6 0.0
15 27.9 0.0 2.2 0.0
16 27.8 0.0 東北東 2.5 0.0
17 27.4 0.0 2.7 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 21.6 05:31
最高気温(℃) 28.3 15:30
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
5.4(東) 16:02
※17時現在
小江戸川越周辺の草花に赤いツユクサがあって 遠出しない私には無理だと諦めていた それがシロバナツユクサを追いかけているフィルドで出会うとは まさしく千年も待ち続けた恋人の気分です もう二度と出ないでしょうね
シロバナツユクサフィルドでは 彼女らは今日は蒸しむしすると分かっていたのか白はすべて苞を割った程度でした この環境で朱色のがポツンと一輪あったのでした

この頁トップへ


一年の半分の区切りで中国情報
11/08/01  16;38更新

2011年08月01日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 21.8 0.0 北北西 1.5  
2 21.7 0.0 北東 2.5  
3 21.6 0.0 北北東 0.7  
4 21.8 0.0 東北東 1.0 0.0
5 21.9 0.0 1.9 0.0
6 22.0 0.0 1.9 0.0
7 22.1 0.0 東北東 2.3 0.0
8 22.7 0.0 2.0 0.0
9 23.1 0.0 東北東 1.5 0.0
10 23.9 0.0 2.1 0.0
11 24.6 0.0 1.9 0.0
12 25.5 0.0 南東 1.0 0.0
13 26.1 0.0 西北西 1.6 0.0
14 26.6 0.0 南西 1.2 0.0
15 27.2 0.0 2.1 0.0
16 26.8 0.0 2.4 0.2
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 21.4 02:29
最高気温(℃) 27.3 15:33
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
5.6(東) 15:46
※16時現在

「台湾の声」から中国高速鉄道事故についての内部事情が詳報されていますので転載します

差出人: "E-Magazine User" <taiwannokoe@googlegroups.com>
宛先: <ua-7777@jcom.home.ne.jp>
件名 : 「台湾の声」【拡散を】《中国ネットユーザー4億人大激怒 ! 》
日時 : 2011年8月1日 9:29

●拡散《中国ネットユーザー4億人大激怒!》


              ジャーナリスト水間政憲


■7月30日、中国共産党中央宣伝部(部長・李長春;江沢民派)は、今回の中国高速鉄道事故報道の禁止を指令した。そのため100紙以上の夕刊記事が差し替えられた。


それに対して、4億人にまで膨れ上がったネットユーザーは、ネット警察にコメントを消されても消されても真相を求めて「大激怒状態」になっており、初動で「事故列車を埋めた」ことや「死亡者35名」と発表した中国政府の責任者である中国国務院「交通・安全担当」張毒江副総理(江沢民派)は、同事故後、中央政府の公式の場から姿を消している状態です。それに対して、中国国内のインターネット上では「出てこい張毒江」との書き込みが氾濫している。


温家宝首相が、28日午前、「徹底的に事故の真相を解明する」と、国内外のマスコミに宣言したばかりにも拘わらず、李長春・共産党中央宣伝部長が、温首相の公式声明を無視する「高速鉄道事故報道禁止」を発令したことは、江沢民派(太子党)と胡錦濤・温家宝ラインとの権力闘争が「生きるか死ぬかの『死闘』レベルにまで達している」ことを物語っています。因みに、中国共産党中央宣伝部長の格付は、胡耀邦が1982年に総書記(国家主席)に就任したときの前職が中央宣伝部長だったのです。
これを踏まえて、温家宝首相の高速鉄道事故現地での記者会見を見ると、「権力闘争と真相を求めるネットユーザーが激怒」していることでの極度な緊張からか、唇が震えていたことも理解できるでしょう。

中国国内の同事故などの真相情報は、最近、日本国内で発言力を増している中国人(帰化を含む)ジャーナリストからは得ることは出来ない。それは、彼らの情報は、中国共産党機関紙『人民日報』の「口」を代弁しているにしか過ぎないからです。


中国が国内外に「世界一の高速列車」と、大々的に宣伝していた反動で、鉄道技術をパクられた世界各国は厳しく報道しており、この問題は、中国国内だけを隠蔽して済む問題では無くなっているのです。

今回の事故は、起こるべくして起きたのであり、此の事故以外でも毎日のように重大事故(先進国基準)は頻発しているのです。


そんな中国国内の情報を的確に伝えてくれるメディアは、鳴霞氏が編集している『月刊中国』が一番ですが、スパイを見破れない日本人には唯一無二の貴重な情報なのです。因みに、鳴霞氏は24時間、日本の公安警察に守られている状態なのです。それに引きかえ、発言力を増している中国人ジャーナリストは、中国の真相情報を薄める役割を担っていることに、保守言論人でもまったく気付いていないようです。


【鳴霞氏からの情報】


★今回の事故報道の最中の28日午後7時6分(上海時間)、上海の地下鉄10号線で、運転手の操作ミスで線路を間違って発車し、大事故になる寸前の事故が起きていた。


★同28日、大連油田で原油流出事故があり、現在も収まっていない。


★同29日、大連港に碇泊中の原子力潜水艦が、放射能漏れ事故を起こし、最高レベルの報道規制が敷かれているとのことです。中国は福島原発事故のとき、海洋調査船を日本に出したが、日本政府も渤海湾でなくとも東シナ海に、海洋調査船を派遣することぐらいのことをしては如何か。


中国国内では、今回のような事故は、毎日のように勃発していてさほど珍しいことでも無いが、日本のメディアは、今回、新幹線技術パクリ報道の最中に、大事故が勃発したので、大々的に報道しているが、なにも無い状況で、中国政府発表の「死亡者35名」だけだったら、過去の「死亡者35名」の事故同様のように、なにも報道しなかった可能性があるのです。


2005年に、『月刊中国』に中国国内で邦人が、交通事故・食中毒・強盗殺人などで年間100人以上が死亡していると報道したが、日本国内のマスメディアは、一切報道していない。今回の高速鉄道事故で国民の関心が高まったので、国会議員やマスメディアは、外務省に問い合わせして、過去10年間の中国国内での「邦人死亡者数」を明らかにするべきなのです。


現在、中国国内で重大事故になる可能性がある道路や橋が約2000箇所になっていると中国国内で報道されているのであり、今夏だけでも三十数万人の日本人観光客が中国へ行くが、仮に邦人が死亡事故に巻き込まれたとき、自己責任だけで済ませることはできないのです。

更に 読売ネットニュースでは

鉄道事故の証拠隠滅、以前から…駅責任者が暴露

などもあります
 
車の中からご覧のとおりです 昨日 賃貸駐車場に止め鍵をかけたのは正午の十分前 その時点ではワイフともども彼女の存在は知らなかった ということは長い時間にわたって水も食料も無しにいたことになります 可哀そうなことしました 早速草むらに入れておきました

白花露草奇跡の大群落出現が一日物かどうかを日曜日に確認したところ 普通のツユクサ同様に奇形花もある大盛況でした
奇形花続々ですから突然変異ではなく純白種であることは間違いありません

そして今日です 土曜・日曜よりは落ち着いていますが 賑わいは変わりません
土曜・日曜よりは群落は縮小しているが その代わり 150mに渡って切れ目なく白花はありました

七月二日に現れ そして消え 脱色系がいくらか続いた後での大群落は何故かを考えた 専門家ではないので考え付く訳はないが 気温はどうかを調べると猛暑と熱帯夜が消え 夜間気温も23℃台になったところで白花が一斉に咲き出した

そこで 08年9月24日 故厚澤さんに教えられた時の気温を調べると夜間気温は押し並べて20℃を切り 日中気温も25℃を越えた程度だった

このことから 白花は夜間気温が20℃を切ると現れる性質のもの 今年の七月二日に咲いたのは 猛暑の最中で6月29日の夜間気温は突然23℃台に下がった

一日おいてまたもや熱帯夜が消えて23℃台に そしてついに7/2かろうじて24℃台になることで時節を間違えて 一株だけが咲いた

その後はまたも夏日と熱帯夜が続いて 脱色以外は出なかったのであろう 十日前後も熱帯夜が消えるのみならず 20℃を割り出して脱色系フィルドの純白種が慌てて咲き出したというところでしょう

脱色系フィルドは国交省管轄ですのですぐには除草はなさそうですが いずれは消える運命にあります    

この頁トップへ

8月後へ   トップページ ご意見箱