2月後へ  戻る   花期・道順  年頭に思う  トップページ

サクラソウ2月

 2月の目次 
 月替わり初日に気温も連動した 
 今日は見た事を文章に変換不能 
 老爺とは言え物忘れが激し過ぎる 
 道草のサクラソウようやく到着 
 近代基礎工事の妙?怪?はてな
 ついに正真正銘の春霞日和だね 
 今シーズンの初雪 一瞬だった 
 認知症入口に足の指間違えて 
 今年の自生地40年前の様相
 気力十分でも老化に歯が立たん 
 正真正銘のサクラソウを発見す 
 残雪の自生地周辺を探訪 
    

残雪の自生地周辺を探訪
11/02/15  17:20更新

2011年02月15日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 0.7 1.0 北北西 5  
2 0.9 0.0 北北西 4  
3 1.1 0.5 北北西 3  
4 1.7 0.0 4 0.0
5 1.6 0.0 北北西 3 0.0
6 1.6 0.0 2 0.0
7 1.3 0.0 北西 1 0.0
8 2.8 0.0 東北東 1 0.0
9 2.3 0.0 西北西 1 0.7
10 3.8 0.0 南西 1 1.0
11 4.8 0.0 西 2 1.0
12 6.5 0.0 北西 1 1.0
13 8.1 0.0 北北西 3 1.0
14 8.7 0.0 北北西 4 1.0
15 8.8 0.0 北西 4 1.0
16 7.9 0.0 北西 7 0.7
17 7.2 0.0 北北西 4 1.0
気象庁より

昨年同様 二月に雪が中小大と続く まだあるかもしれない この乾燥期にとっては有難い それはあくまでもサクラソウ中心の感想です 地球温暖化に沿って他の植生たちは二ヶ月進んだ気候にシンクロしているので 彼女たちにとっても有難い力水です ということは 保守的なサクラソウは遅れを取って自滅しかねません それを避けるにはサクラソウも二ヶ月進んだ気候にシンクロするしかありません

この頁トップへ


認知症入口に足の指間違えて抜けず
11/02/14  18:00更新

2011年02月14日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 0.0 0.0 北北西 1  
2 -0.2 0.0 北西 1  
3 0.0 0.0 北西 2  
4 0.3 0.0 北北西 2 0.0
5 0.1 0.0 北西 1 0.0
6 0.5 0.0 北北西 2 0.0
7 0.7 0.0 北北西 3 0.0
8 1.0 0.0 静穏 0 0.0
9 0.9 0.0 2 0.0
10 3.0 0.0 1 0.1
11 3.6 0.0 北西 2 0.0
12 5.0 0.0 西北西 1 0.1
13 5.6 0.0 東北東 2 0.4
14 5.7 0.0 北北東 2 0.0
15 5.2 0.0 2 0.0
16 4.9 0.0 2 0.0
17 3.9 0.0 2 0.0
気象庁より

弱ったものです 昨秋あたりからパソと向き合うと睡魔に襲われます 昼寝すれば済むんでしようけど 期待して見えられた皆さんにがっかりさせないためには十八時前に更新する必要がある 従来のように何時更新するのか 深夜か朝方かでは申し訳ないので十七時半をめどに努力してきました

これっばかしの内容で四苦八苦するようになってしまった かつては 四本のHPを毎日更新 メールに対応 他に二、三の掲示板で暴れていた

認知症の入り口に間違えて足の指を入れて抜けなくなって ?今何でこのページいるの? 今どこで何をしようとしているのか 見当もつかないことがしばしばです

たった これだけの文字数を一時間もかかってしまった
もう後がない!!!!!!!!     
21:40 追 記

予報時間より早い大雪

この頁トップへ


道草のサクラソウようやく到着
11/02/12  20:30更新

2011年02月11日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 4.1 0.0 北西 3  
2 3.8 0.0 北北西 2  
3 3.5 0.0 3  
4 3.0 0.0 3 0.0
5 2.5 0.0 北北西 4 0.0
6 1.6 0.0 北北西 3 0.0
7 0.9 0.0 3 0.0
8 0.8 0.0 2 0.0
9 0.8 0.5 北北西 2 0.0
10 0.7 1.0 北北西 3 0.0
11 1.2 0.5 3 0.0
12 1.3 0.0 北北西 4 0.0
13 1.3 0.5 北北西 4 0.0
14 1.4 1.0 2 0.0
15 1.3 0.5 北北東 3 0.0
16 0.8 0.5 北北東 3 0.0
17 0.9 0.5 北北東 2 0.0
気象庁より
2011年02月12日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 0.7 0.0 北北西 2  
2 0.5 0.0 北北西 3  
3 0.4 0.0 北西 3  
4 0.6 0.0 北北西 2 0.0
5 0.3 0.0 北西 2 0.0
6 0.4 0.0 西北西 1 0.0
7 0.2 0.0 2 0.0
8 0.5 0.0 北北西 1 0.2
9 1.5 0.0 3 0.0
10 2.0 0.0 北北西 3 0.2
11 1.9 0.0 3 0.0
12 2.5 0.0 北西 3 0.0
13 2.7 0.0 北北西 3 0.0
14 2.7 0.0 西北西 2 0.0
15 2.9 0.0 4 0.0
16 3.1 0.0 2 0.0
17 3.1 0.5 3 0.0
気象庁より
昨日はテレビなどで東京の雪を報じていた だが 我がさいたま市では雪雲が県境をかすめていた 待ちに待った雪が遠慮がちにふらついていた
今朝は昨日の雪がまだ車の屋根にあったがシトシト雨で溶かされた
四十九日ぶりの雨(雪)良いお湿りが得られたと思ったら三日後にまたも雪 自生地は大干ばつが一気に解消された

今年のサクラソウは過去三年よりも遅いのは何故だろう 乾燥と寒波の来襲といってもデータ上では差はなかった

九日の雪で道草していたサクラソウが駆け足できてくれた A区早咲きブロックで三株を発見 九日に発見したのは粒が三つに増えた 寝姿と思ったが冷雨の中では寒かろうとやめておいた

アマナが賑わってきた ヒロハのアマナブロックでも貫禄ある葉が出ていた この分では三月二十日ごろアマナヶ原になるでしょう 華やかさは無いが見応えはあります 自生地では地温が高いので雪は影響しない 霜による凍傷は度々見かけます

明日は休みます

この頁トップへ


正真正銘のサクラソウを発見す
11/02/10  15:30更新

2011年02月10日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 3.9 0.0 北北西 4  
2 2.8 0.0 北北西 2  
3 3.7 0.0 北北西 4  
4 3.7 0.0 北北西 5 0.0
5 3.4 0.0 北北西 5 0.0
6 3.3 0.0 北北西 6 0.0
7 3.1 0.0 北北西 5 0.0
8 3.4 0.0 北北西 5 0.0
9 5.0 0.0 北北西 6 1.0
10 5.8 0.0 北北西 6 0.7
11 7.4 0.0 北北西 7 1.0
12 8.0 0.0 北北西 5 1.0
13 8.8 0.0 4 1.0
14 9.3 0.0 2 0.9
15 8.7 0.0 北北西 2 1.0
気象庁より
爪楊枝の頭ほどのグリンの玉が二つ見えた 目の悪い私に見えるはずはないのだが 長年見てきた印象がそっくりなもので周りの土を退かしたら 毛むくじゃらの正真正銘のサクラソウであった

毛のないのは第一号と第二号があった これで理由が判った
平成十三年からの毎シーズンの毎日を見てきた そして第一号から第三号までのは後から発芽したものに埋もれて行方不明になっていた 今日の発見で行方不明ではなく 慌て者が準備不足で世に出たために種として成立しないで消える 準備万端であれば発芽した瞬間から毛むくじゃらであることですね
関東暴れん坊がしつこく かつ 冷たいので耐えられずに逃げ帰った
雨または雪の予報の根拠は左からの雲の帯によると思う   
明日は休みます

この頁トップへ


今シーズンの初雪 一瞬だった
11/02/09  16::10更新

2011年02月09日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 1.7 0.5 北東 2  
2 1.8 0.0 2  
3 1.8 0.0 2  
4 1.9 0.0 3 0.0
5 2.0 0.0 北北西 2 0.0
6 2.0 0.0 北北西 2 0.0
7 1.9 0.0 北西 3 0.0
8 2.0 0.0 北北西 3 0.0
9 0.8 0.5 北北西 4 0.0
10 1.6 1.0 北北西 3 0.0
11 3.9 0.0 北北西 4 0.0
12 6.3 0.0 北北東 3 0.9
13 7.3 0.0 北北東 2 0.9
14 8.5 0.0 西北西 1 0.7
15 8.9 0.0 1 0.8
気象庁より
通勤や通学で傘さしている 道端に水溜りがある 表に手を差し出すが忘れたころに落ちる程度だった パソを開く 01時に0,5ミリとある その程度で水溜りができる訳は無い

ネットサーフィンしていて視線を表に移すと大雪だった 慌ててシャッター 09:05だった 見事なピンボケ そこでソニーのR1をISO3200にして撮影 粒の雪らしきが撮れた

西風に乗ってふぶいている よーし 自生地と雪 急いで着かえていると雪の『ゆ』の字もない 09:35だった たった三十分前後 止んだ途端に車の屋根の雪もあっという間に消えた でもね 良いお湿りにはなったはずと自生地へすっ飛んだ


町うちよりは降ったのか水溜りがあちこちにあった 灰が飛ばされてつるつるだった地面も黒ずんでいる 全域でアマナが元気だ 今年もサクラソウよりもアマナの方が天下を取るでしょう

管理棟の顔馴染みがいうには 管理棟前の花壇に芝桜を植える予定だという それは大賛成だ 150万株のサクラソウという大嘘が天下に知れ渡るからね
野焼直後からの大寒波と月末の二十六年ぶりの氷点下6,8℃ その前の五時間では五℃台が三時間 二時間の四℃台で出かかったサクラソウらが土蔵に隠れてしまった 今日のお湿りでもう大丈夫でしょう

この頁トップへ


老爺とは言え物忘れ激し過ぎる
11/02/08  18:37更新

2011年02月08日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 3.6 0.0 北北西 5  
2 3.6 0.0 北北西 4  
3 4.1 0.0 北西 6  
4 3.9 0.0 北北西 2 0.0
5 4.0 0.0 北北東 2 0.0
6 3.8 0.0 北北東 2 0.0
7 3.4 0.0 2 0.0
8 3.9 0.0 2 0.0
9 4.3 0.0 3 0.0
10 5.0 0.0 北北東 2 0.0
11 5.3 0.0 北北西 3 0.0
12 5.8 0.0 北北西 2 0.0
13 7.0 0.0 北東 2 0.0
14 7.5 0.0 東北東 2 0.8
15 7.5 0.0 東北東 3 0.8
16 6.9 0.0 4 0.8
17 6.5 0.0 東北東 3 0.0
気象庁より

タイトルを書き終えた途端に内容がトンズラしちゃった いやだね

温かい4度台の夜間気温だった その気温に1℃を加えたのが日中気温 北の微風とはいえほほを突き刺し手はかじかむ曇った寒い1日だった
大久保浄水場タンク群前の左岸土手 01/20から暴れ出した関東暴れん坊に涸れたとは言え美しい姿をなぎ倒された
↑の右上から点火された 黒っぽい部分は火の回りが遅く 白っぽい部分に11分かかっていた 残りの半分(石碑通路)は火勢が強まって5分で到着していた

火力が弱く じっくり焼けると大量の焼けぼっ杭が残るのだろうか 実に摩訶不思議です 野焼の様子を見ましょう
あまりにも寒いので滞在時間十分で引き揚げた

この頁トップへ


気力十分でも老化に歯が立たん
11/02/07  18:35更新

2011年02月07日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 5.3 0.0 静穏 0  
2 3.5 0.0 1  
3 3.0 0.0 静穏 0  
4 2.3 0.0 北北西 1 0.0
5 2.1 0.0 西北西 2 0.0
6 4.9 0.0 北西 2 0.0
7 7.4 0.0 北北西 5 0.0
8 8.0 0.0 北西 4 1.0
9 10.3 0.0 北北西 4 1.0
10 11.6 0.0 北北西 6 1.0
11 12.1 0.0 北北西 6 1.0
12 12.8 0.0 北北西 6 1.0
13 13.2 0.0 北北西 6 1.0
14 12.4 0.0 北北西 9 1.0
15 11.6 0.0 北北西 7 1.0
16 10.1 0.0 北北西 6 1.0
17 8.3 0.0 北北西 6 0.4
気象庁より
今の私の状態ですと 大方の皆さんでしたら杖や手押し車 ひどいのは車いす生活となっているでしょう

私のは 昨年の五月に阿呆にも反動をつけない飛び上がりを自慢げに飛んで具合が悪くなっていた腰を更に悪くさせてしまった こうなると ストレッチなんぞしようものなら その日は腰痛で始末が悪くなる

こんなんに負けてては一巻の終わりなんで歯を食いしばって出歩いている 動けられる時間はおよそ三千歩 最近ではしゃがみこんでの撮影を終えて立ち上がろうとすると腰痛で立てない 強引に立ち上がると転倒する始末だ 取材対象がほとんどない現時点が一番気が滅入る時 これと闘っております

戦うと言えば あまり気にしない性格ですので何処が悪いのか思い出すのも困難なほどです 食べ物アレルギーも最近は気にしないで食べる挑戦をしている これだからあれとこれはしてはならない なんてのは私には通用しない そこまで気になるようでしたら人間を廃業した方が早いと達観している

その最たるものが禁煙です 四ヶ月目に入りました 最初の二ヶ月間は煙草の幽霊の誘惑に悩んだが 最近は相手もあきらめて現れない

喘息も禁煙初日からトンズラしてくれたので現在は快適な毎日です

ただ 老人顔に進化しています 進化中は目を中心に重く 鈍痛がある 一定の時間が過ぎると 張る・鈍痛などが消え 二重まぶたが一重になって垂れさがる 老境に入った俳優たちの目のようになっている

ほっとくとますますまぶたが膨らんで垂れさがり細目になる 私は 体操という視点でまぶたを早い瞬きで筋肉が引き締まる運動を毎日しています 効果抜群で右目だけ二重に戻り 目全体も引き締まって この奥に目あり に戻ります

ただね 生まれつきの怠け癖が勝って元に戻ったところで止めてしまいます 半年ほどして(現在がそのサイクル中)目の周りに張りと鈍痛が再発 瞬きを再開したところです

老化には歯が立たないのだから気を抜かずに瞬き運動は続けるべきですね  

今朝は関東暴れん坊の子供だった所為か 全体がもやっていた

この頁トップへ


ついに正真正銘の春霞日和だね
11/02/05  20:00更新

2011年02月05日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 1.2 0.0 北西 2  
2 1.5 0.0 北北西 1  
3 0.7 0.0 北西 2  
4 -0.2 0.0 北西 2 0.0
5 -0.9 0.0 北西 2 0.0
6 -0.1 0.0 北北西 1 0.0
7 -0.3 0.0 北西 1 0.0
8 1.5 0.0 北西 1 0.6
9 4.2 0.0 北西 3 1.0
10 7.1 0.0 北北西 3 0.9
11 9.5 0.0 北北西 1 1.0
12 10.2 0.0 南南西 1 0.8
13 10.8 0.0 西南西 1 1.0
14 12.0 0.0 南南西 2 1.0
15 12.7 0.0 南南東 2 1.0
16 12.4 0.0 南南東 2 0.7
17 11.6 0.0 南東 2 0.0
気象庁より
黒煙を見て思い出した 福島さんがブログ1/29で紹介していた塚本農家組合の野焼だと 行きつけのコンミニもあの辺なので出かけるべく車に乗ると えらく揺れていた 私の体の痙攣かと疑ったが車ごとの揺れであった 帰宅してから千葉で震度4の地震だと知る 当市は震度2というが2ぐらいであんなに揺れる訳は無いね 大久保横堤についた時は野焼作業は終っていた
アマナとノカンゾウはともに1/12の野焼延焼防止ゾーンとして仮払いの犠牲になったもの 気候が二ヶ月も進んでいるのだから野焼を続けるのでしたら12月の頭にするべきです

今日 大久保横堤から自生地に戻ったが羽倉橋を過ぎても煙が追いかけていた 匂いも凄い 窓を開けて走っているが ままよと全開して走るも追いついた煙と匂いは消えなかった

自生地の野焼きに対して風下から苦情が来るのも納得できた いっそのこと野焼きをやめ(どうせ風で飛ばされて肥料たりえないのだから)11月頭に刈り払えばいい よしず張りの材料として江戸時代の11月仮払いに回帰すれば全てが丸く収まります

この頁トップへ


今日は見た事を文章に変換不能
11/02/04  18:25更新

2011年02月04日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 1.5 0.0 北西 2  
2 1.3 0.0 西北西 1  
3 0.3 0.0 南南西 1  
4 0.0 0.0 北西 2 0.0
5 -0.6 0.0 北北西 1 0.0
6 -1.0 0.0 静穏 0 0.0
7 -2.2 0.0 静穏 0 0.0
8 0.4 0.0 静穏 0 1.0
9 4.0 0.0 北西 1 1.0
10 7.1 0.0 1 1.0
11 9.5 0.0 北北東 2 1.0
12 11.9 0.0 北北西 3 1.0
13 13.3 0.0 北北西 4 1.0
14 13.7 0.0 北北西 4 1.0
15 13.1 0.0 北北西 5 1.0
16 12.5 0.0 北西 3 1.0
17 10.4 0.0 北北西 1 0.7
気象庁より
    

この頁トップへ


今年の自生地は40年前の様相
11/02/03  18:20更新

2011年02月03日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 0.3 0.0 北北西 2  
2 -0.4 0.0 西北西 1  
3 -0.8 0.0 北北西 1  
4 -1.5 0.0 北西 1 0.0
5 -2.6 0.0 静穏 0 0.0
6 -3.1 0.0 静穏 0 0.0
7 -3.4 0.0 静穏 0 0.0
8 -1.4 0.0 西南西 1 1.0
9 2.5 0.0 北北西 2 1.0
10 5.1 0.0 北北西 2 1.0
11 7.3 0.0 1 1.0
12 9.7 0.0 北北東 1 1.0
13 10.1 0.0 北北東 2 1.0
14 11.3 0.0 南東 2 1.0
15 11.8 0.0 南南東 3 1.0
16 11.6 0.0 南南東 3 1.0
17 10.5 0.0 南南東 2 0.6
気象庁より

気温で見る限り過去三年間とほとんど変わらない むしろ 昨年十二月の雨以来雨無しが続いている 昨年の今夕では雪であった サクラソウも記念石碑付近とA区早咲きブロックでは十本ほど発芽していた 08年09年では大繁茂し丈も4㎝前後もあった ノウルシも開葉しかかっていた 文字どおり『地球温暖化』の舞台だった

それに引き換え 本年は発見第二号のみで それも冴えないものだ
本年の野焼の延焼防止ゾーンには青物がない アマナが賑わっているのみで侘びしいものだ 

昨夕のテレビニュースで霜柱を取り上げていたので 何年か前 ピクニックの森で巻き霜風を撮影していたのを思い出しピクニックの森へ出かけた

早朝七時の気温は-3,4℃ ピクニックの森滞在時では2℃台ながら無風の所為か かじかむことはなかった 森の中は凍結しているところは皆無だった 霜柱は氷点下で八時前でないと見つけられないでしようね

早朝というのに遠くでは靄って富士山は確認しづらかった

この頁トップへ


近代基礎工事の妙?怪?はてな
11/02/02  18:20更新

2011年02月02日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 2.5 0.0 北北西 2  
2 2.5 0.0 北北西 3  
3 1.8 0.0 2  
4 1.1 0.0 北北西 2 0.0
5 0.5 0.0 1 0.0
6 0.0 0.0 北東 2 0.0
7 -1.5 0.0 西北西 1 0.0
8 0.4 0.0 1 1.0
9 3.8 0.0 北西 2 0.7
10 4.6 0.0 2 0.2
11 6.5 0.0 1 0.7
12 6.7 0.0 東南東 2 0.6
13 7.0 0.0 南南東 2 0.3
14 7.6 0.0 東南東 3 0.0
15 7.8 0.0 南東 1 0.0
16 7.6 0.0 西南西 1 0.0
17 7.1 0.0 北北西 1 0.0
気象庁より

今朝の零度以下の気温は穏やかだった 確実に春の足音だろう

おてんばワイフの足の甲の骨折で一間きりの一階居間で寝起きしているので出かけがたく 今日は自生地参りをさぼってしまった

我らより三年早く田んぼの中に建っていた隣家が相続発生で売り払い 新しい地主さんはレストランを開業するとかで工事が始まっていた

基礎打ちが胡散くさいのだ 当地の地質は 6mまでが豆腐(粘土質)8mまでが砂質 その先はまたも粘土質 35mで岩盤だとか 過去三十年間の鉄筋コンクリート工事での情報です 事実 JR武蔵野線が貫通した当時は貨物専用でしたので列車が通るたびに震度2程度の揺れでした

その豆腐に穴を掘って砂利を入れるだけで杭打ちの代わりとしている 豆腐の中に砂利を入れて叩いただけで 鉄筋入りコンクリート杭並の役目が果たせるのかな 前後左右に揺らされたら固定されない砂利柱ではテコがないから崩れて元に戻らないでしょう 場合によっては傾斜したり 崩れたままで収まれば水平は保たれないのになあと見ていた

建築に取り掛かった工務店の社長も ええっ? だったらしい 初めて出会う工法だったそうだ しかし 法律的には認可された工法なので問題は無かろうということでした

私の賃貸駐車場までに合計三軒も新築工事があって 建売的工法(柱が9㎝ものと本建築の四寸柱(12㎝))に対して隣家は 工場で組み立てられた鉄枠ブロックでの工法 これは簡単ですね

この頁トップへ


月替わり初日に気温も連動した
11/02/01  15:45更新

2011年02月01日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 -2.0 0.0 静穏 0  
2 -2.4 0.0 静穏 0  
3 -3.8 0.0 西北西 1  
4 -4.1 0.0 静穏 0 0.0
5 -4.0 0.0 静穏 0 0.0
6 -4.4 0.0 静穏 0 0.0
7 -5.0 0.0 1 0.1
8 -2.3 0.0 北北西 1 1.0
9 1.3 0.0 西 1 1.0
10 4.3 0.0 西南西 1 1.0
11 8.5 0.0 南南西 2 1.0
12 10.3 0.0 南南西 2 1.0
13 11.5 0.0 南西 4 1.0
14 12.4 0.0 西南西 2 1.0
15 12.2 0.0 北北西 5 1.0
気象庁より

毎年同じことを言っている あったという間に二月だ 不思議なもので気温までが早朝までは極寒 日中は初春陽気だった

自生地に正午を挟んで三十分の滞在中冬姿では汗ばんだ そこへ爽やかな南の微風が頬に心地よかった 太陽は正確に北のこちらに近づいてきた 正午前後に見えなかった富士山が見え出した

中央通路前の旧志木街道跡ノリ面ではオオイヌノフグリが心地よい南風に全開していた

1/29で探したアマナは無かったのではなく 定点観測地点だけなかったのであった 本日 何となしに見えていたらB区駐車場側で賑わっていた おそらく 一週間前辺りで発芽したと思う 長いのは丈が5センチ前後もあった

これからは日一日と暖かく 心も温かく武蔵野の妖精たちに再会できる嬉しさで心ワクワクです

この頁トップへ

2月後へ  戻る   花期・道順  年頭に思う  トップページ