3月中へ  2月後へ  花期・道順  年頭に思う  トップページ  

サクラソウ3月

 3月の目次 
 いいお湿り 全域でニョキニョキ  
最終氷点下は例年三月五日です 
 昨年よりも暖冬 遅いのは何故 
 散水車に続いた関東暴れん坊 
 春だ 最低気温一時間繰り上がる
 うかつだった  アマナ咲いていた
 今日は雛祭り 天空でも祝い行事 
 冷えた春の予想的中 三月に雪 
 遅かった昨年よりも二週間遅れ 
    

遅かった昨年よりも二週間遅れ
11/03/10  20:10更新

2011年03月10日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 2.6 0.0 北西 4  
2 2.4 0.0 北北西 4  
3 1.8 0.0 北北西 3  
4 0.9 0.0 2 0.0
5 0.6 0.0 2 0.0
6 0.7 0.0 2 0.0
7 1.6 0.0 2 0.9
8 2.7 0.0 北北西 3 1.0
9 4.3 0.0 北北西 3 1.0
10 5.9 0.0 北北西 5 1.0
11 7.3 0.0 北北西 5 1.0
12 7.7 0.0 北北西 5 1.0
13 8.3 0.0 4 1.0
14 8.3 0.0 北西 3 1.0
15 8.0 0.0 3 0.8
16 7.9 0.0 北西 1 0.7
17 7.6 0.0 北西 2 0.5
気象庁より
昨年度を開いて見ると 昨年より遅れている としきりに喚いていた ところが 今年はその遅れている昨年よりも約二週間遅れている どうしたの? 地球温暖化さんよ

今朝も零度以下だった 日中気温も8℃台しかない 最低気温が高く 最高気温が低いのがこの冬の特徴 何処まで続く腑抜け春よ

お昼前後は冷たい北風が吹きまくって寒がりのアマナ類を怠けさせておった サクラソウはどこまで遅刻するのかと気をもんでいたが 拡大編集で蕾を発見した としても一株しかない
老舗?の意地なのか後輩たちよりも小さいのにツボミ誕生です 原画は↓です 毎度ですが念のために拡大して観察する癖から発見したものです

この頁トップへ


うかつだった アマナ咲いていた
11/03/09  20:45更新

2011年03月09日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 3.4 0.0 北北西 1  
2 2.9 0.0 2  
3 2.2 0.0 北西 1  
4 2.3 0.0 北北西 2 0.0
5 2.4 0.0 2 0.0
6 1.9 0.0 北北西 2 0.0
7 2.1 0.0 北北西 1 0.6
8 5.0 0.0 東北東 1 1.0
9 6.1 0.0 北北東 1 0.9
10 6.9 0.0 東南東 1 0.7
11 8.6 0.0 南東 2 0.8
12 9.3 0.0 南南東 2 0.8
13 10.3 0.0 南南西 3 0.5
14 11.0 0.0 南東 3 0.7
15 12.0 0.0 南南西 5 0.6
16 11.2 0.0 西 2 0.7
17 10.5 0.0 北西 3 0.5
気象庁より
今日の自生地の正午ごろの南風は頬を刺す冷たさであった
A区早咲ブロックという名称はもう変えないと駄目ですね 一昨年から早咲きで無くなったから

今日はめったに回らないこの画像から左(A区東端)へ向かった 一週間前にあった柵沿いのサクラソウが見えない 目がだいぶ悪くなったのは事実ですが 電柱脇の一角だけ認知できた そうです ノカラマツの繁茂で包み込まれたのでした
E区の絵看板付近にいると十字路付近で誰かが礼をしてくれていた 二、三重に見える目では誰だかを認知できないが 体の動きと手の振り方で 文化財保護課の野尻課長補佐さんと知る

決して威張らない方でして この横柄な私に対しても友達のようにふるまってくれる 私の持論であるサクラソウ論を展開
 サクラソウゆえに天然記念物として認可されたもの ついでに他の
 植物もということになったにすぎない 人びとはサクラソウ目当て
 で来られるのですから 無いならともかく あるのにノウルシや
 ノカラマツに遮られて日の目を見ないのは悲しい
 せめて十字路までの両側を高枝バサミの範囲を剪定すれば済む
と延々と持論を展開した

野尻さんは
 たしかに人々は遠くからサクラソウを見に来られる訳ですから
 見せる工夫ね 私が課長であれば何でもやるんだが
と言われた 私はすかさず
 ダメダメ ここを知らないものが課長にいては壊される 野尻
 さんが 今すぐにでも課長になるべきだ 長年かかわったもの
 でなければどうすることもできないよ
 儀修さんのように三十年も在籍するから何もかも知りつくせた
 のだからね

どうするかを専門家を何人も集めて会議しているとのこと 私は早速に反対した 何も知らんものが何を決められますか ここの現状はどういうものなのか 気候・温度・降水などがどうなっているか それによってどう変化しているのか それにはどのように対処するのか 実情を知らないと無理でしょう 鷲谷いずみ氏のようなインチキ論が飛び出したりね

できれば毎日でも洗脳すれば目の前にあるサクラソウを咲かせる努力に気が行くでしょうが 忙しい方ですから無理 私は私で言葉忘れが激しくヒロハノアマナ前で語っていながら その「ヒロハノアマナ」が出てこない 何度も 何だったけ なんて教わる始末でした

ここで野尻さんと別れて 花弁四枚ブロックへ 昨日まで無かったのに賑わっていた
毎年同じ場所にできるものですから昨日も立ち寄っていた 何処を見ていたんだろうか ここまで来るには一週間はかかっていたはず しゃがみこんで見てもいたのに 柵から50pのところで大賑わいだ あの冷たい南風で開きはしなかった 十四時に再度立ち寄るが変わらなかった

管理棟脇の花壇 ↓

この頁トップへ


昨年よりも暖冬 遅いのは何故
11/03/08  19:00更新

2011年03月08日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 2.3 0.5 西南西 1  
2 2.4 0.0 1  
3 2.1 0.0 南西 2  
4 1.9 0.0 静穏 0 0.0
5 1.7 0.0 静穏 0 0.0
6 2.0 0.0 南西 1 0.0
7 2.2 0.0 北西 1 0.0
8 3.1 0.0 静穏 0 0.0
9 5.0 0.0 西南西 1 0.3
10 6.5 0.0 北北西 1 1.0
11 7.5 0.0 北西 3 1.0
12 8.3 0.0 北西 2 1.0
13 8.6 0.0 1 1.0
14 9.2 0.0 南南西 2 0.9
15 9.9 0.0 西南西 1 0.2
16 10.2 0.0 南南東 1 0.9
17 10.0 0.0 南南東 1 0.2
気象庁より

昨年の二月は雪も度々 連日霜で車の屋根が真っ白であった 現状の自生地は昨年二月半ばよりも遅い 昨年は3/9の夜に雪 ↑のカットは翌日 ツボミはこんなに伸びていた それに引き換え ↓は今日の様子です
上尾の帰りの秋ヶ瀬公園メインストリートで 昨年のこの時期のここではヒメオドリコソウが大繁茂し白花も咲き誇っていた 今年の今日はこれが精一杯でした

この頁トップへ


冷えた春の予想的中 三月に雪
11/03/07  14:55更新

2011年03月07日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 6.7 0.0 西北西 1  
2 6.4 0.0 1  
3 5.9 0.0 静穏 0  
4 6.2 0.0 西北西 1 0.0
5 5.2 0.5 北北西 2 0.0
6 5.3 2.0 北北西 3 0.0
7 4.6 3.0 3 0.0
8 3.2 3.5 3 0.0
9 2.4 3.0 3 0.0
10 1.0 2.5 北北東 2 0.0
11 0.6 2.0 北北西 1 0.0
12 1.0 1.0 北西 3 0.0
13 1.6 0.5 北北西 3 0.0
14 2.7 0.0 3 0.0
気象庁より

認知症傾向がだいぶ顕著になった 土曜日に「明日休みます」を入れ忘れた 作業中は意識の中では予定していたが 出来上がりには予定の「よ」の字もなかった 何事においてもこの傾向が続いている

常連の皆さんは承知の助なのか訪問したのは5分の1程度でした

――明日も零度以下になるようでしたら冷えた春になりそうだ――
土曜日の予想が的中でした 六日も氷点下 七日の今日は九時過ぎにみぞれから雪に変わった

今朝の四時では雨もなかった 二度寝で目が覚めた七時半では雨だった 九時半ごろ 表を見やると白く光る雨だ まさかとじっと見るとみぞれが見る見るうちに雪になっていた 慌てて撮影 低いISOでは玉または粒として捉えられない ソニーR1は3200でようやく様になる キャノンS5は1600止まり 粒子も荒い 直さずに自生地でも撮影するが画像はザラザラだ
白い自生地を撮るべく出かける 街中では車に痕跡はあるが地面は濡れているだけ 一方 左岸土手からでは街中よりも冷えるのか真っ白だ
旧志木街道から全景撮影するが 急斜面を滑らずに降りられるか自信はなかった 無いのが正解 上の画像の位置から一気に滑ってしまった たった3mでしたが 綿入れの作務衣のズボンを通過してパンツまで濡れてしまった 気持ちいいはずはないので来た印のみにして引き上げた これを整理中にも雪がまたも降り出し 十分ほどで消えた

今日は7日 サクラソウはまだ小さい 昨年の今日はツボミが出ていた 私の85歳の誕生日まで六日 蕾さえないだろう

この頁トップへ


春だ 最低気温一時間繰り上がる
11/03/05  17:46更新

2011年03月05日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 -0.2 0.0 北西 3  
2 -0.7 0.0 西 1  
3 -1.0 0.0 東北東 1  
4 -2.2 0.0 西南西 1 0.0
5 -1.3 0.0 静穏 0 0.0
6 -0.5 0.0 西 1 0.0
7 0.8 0.0 西北西 2 0.6
8 4.0 0.0 北西 3 1.0
9 5.8 0.0 北西 5 1.0
10 6.9 0.0 北西 4 1.0
11 8.5 0.0 北西 3 1.0
12 9.4 0.0 西北西 2 1.0
13 9.8 0.0 北西 2 1.0
14 11.2 0.0 北東 2 1.0
15 11.6 0.0 北北西 1 1.0
16 11.9 0.0 南東 3 1.0
17 11.3 0.0 3 1.0
気象庁より

真冬の最低気温は午前七時です それが今朝は六時に繰り上がった これからは一時間ずつ繰り上がります

過去十年間では 一年を除いてすべて本五日が氷点下の最終日になっています 明日も零度以下になるようでしたら冷えた春になりそうだ そうなれば 凝縮されて遅れて咲くので一斉に濃い色合いになるでしょう 平成十三年がそうだった

慌て者のワイフが二ヶ月の間に 転んで頭皮を五針も縫い その一ヶ月後には左足の捻挫 一週間後の治りかけで今度は駅の最後の一段の階段で転んで右足の甲を骨折 気丈なワイフはリハビリに入っている 月曜には出勤するんだと張り切っている そのお祝いとして所沢市にあるウナギ専門店の『大穀』へ出かけた ここのウナギは注文を受けてから割いて蒸して焼くので最低でも三十分は待たされる ただし 焼きあげたウナギは口の中でとろけるほど柔らかい

羽倉橋で富士山が見えた こういう時に限って信号とか渋滞で止まることは無い やっと西詰で信号待ちになるも視界を邪魔するものがわんさとおる  それでも その雰囲気もよろしかろうとシャッター

ウナギの帰途には自生地に立ち寄る ワイフは一度も立ち寄ったことがない 花の写真家になるべく東京から当地に移り住んだ初期 撮影にワイフを同行させていた 当時はマミヤのプレスカメラを使用 言葉を忘れたが 遮光用カンプで何々を取ってくれとワイフに指示するが 直ぐに手元に物が届かない 短気な私は怒鳴り散らす 片やドンカメさん 私はチョー短気者ときているから 撮影行はワイフには荷が重すぎて一緒することがなかった

今日はワイフが簡単にOKした 車から降りずに済むからだった

サクラソウが凍傷になるのは氷点下3,5℃以下であること 過去十年のデータです その意味で そのずっと手前ですから無事でした

この頁トップへ


最終氷点下は例年三月五日です
11/03/04  20:15更新

2011年03月04日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 -0.1 0.0 北北西 2  
2 -0.3 0.0 1  
3 -0.3 0.0 北北東 2  
4 -0.5 0.0 2 0.0
5 0.3 0.0 北北西 3 0.0
6 -0.8 0.0 北北西 2 0.0
7 1.0 0.0 1 0.7
8 2.6 0.0 西北西 2 1.0
9 4.3 0.0 北西 4 1.0
10 5.4 0.0 北北西 3 1.0
11 5.6 0.0 北西 7 0.7
12 6.3 0.0 北北西 5 1.0
13 6.6 0.0 6 1.0
14 6.9 0.0 6 1.0
15 7.0 0.0 8 1.0
16 6.2 0.0 10 0.8
17 5.3 0.0 8 0.8
18 4.2 0.0 6 0.3
19 3.4 0.0 北北東 3 0.0
気象庁より
平成十三年からの経験則です 今年もそうなるでしょう 三月に入って氷点下は無く3/11に氷点下1.1℃が一度あるのみでした

関東暴れん坊が暴れまくっています 昨年はほとんどさぼっていたが 今年は生真面目に働いている?おかげでよどんだ空気を追い払ってくれて正午近くでも鮮明に富士山が見えた

自生地のノウルシは成長著しくサクラソウを遮りかねません 全国から自生サクラソウを期待持って皆さんがおいでになられるのですから 全てのサクラソウが他の植生に邪魔されずに花を咲かせて期待にこたえたいですね

下手な屁理屈なしに 本気です
小さなグリンの玉が無数です 第3陣まで続くでしょう

この頁トップへ


今日は雛祭り 天空でも祝い行事
11/03/03  15:30更新

2011年03月03日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 1.4 0.0 北西 6  
2 1.0 0.0 北北西 4  
3 0.5 0.0 北北西 4  
4 -0.2 0.0 北北西 1 0.0
5 -0.1 0.0 北北西 3 0.0
6 0.9 0.0 北北西 7 0.0
7 1.0 0.0 北北西 4 0.7
8 1.8 0.0 9 1.0
9 3.1 0.0 北北西 5 1.0
10 4.5 0.0 北北西 5 1.0
11 4.7 0.0 北北西 5 1.0
12 5.4 0.0 北北西 7 1.0
13 6.6 0.0 北北西 5 1.0
14 6.1 0.0 北北西 7 0.9
15 5.9 0.0 北北西 7 0.3
気象庁より

疲れを知らない関東暴れん坊が暴れまくっている 地上だけではなく天空にも素晴らしい模様入りの雲の帯を飾っていた

自生地は特筆する変化はまだない

この頁トップへ


散水車に続いた関東暴れん坊
11/03/02  22:35更新

2011年03月02日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 5.4 0.0 北北西 1  
2 5.5 0.0 静穏 0  
3 5.3 0.0 北北東 1  
4 5.5 0.0 1 0.0
5 6.0 0.0 北東 1 0.0
6 5.8 0.0 2 0.0
7 5.5 0.0 静穏 0 0.0
8 6.7 0.0 東南東 2 0.0
9 7.6 0.0 南東 2 0.3
10 8.8 0.0 西 1 0.7
11 10.3 0.0 北西 3 0.9
12 10.3 0.0 北西 3 0.3
13 10.3 0.0 北北西 4 0.0
14 10.0 0.0 北北西 4 0.0
15 10.0 0.0 北北西 6 0.3
16 8.5 0.0 北北西 9 0.9
17 7.1 0.0 北北西 8 0.2

気象庁より

関東暴れん坊シーズンですから暴れて湿気を吸い取られるのは宿命です まあ 現在のところでは十二分な散水ですから この後のサクラソウ誕生には差し支えは無いでしょう

ヒロハノハナヤスリは二日遅れで来ました

サクラソウは不思議ですね 早い時期の発芽分は成長が遅々としていて はるか後から発芽したのが追い越していく 3センチ前後のを今日は見つけた これらが13日に花を咲かすかが楽しみです

この頁トップへ


いいお湿り 全域でニョキニョキ
11/03/01  22:00更新

2011年03月01日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 4.1 0.0 北北西 2  
2 3.7 0.0 1  
3 3.7 0.0 2  
4 3.7 0.0 北北西 1 0.0
5 3.8 0.0 北北東 1 0.0
6 4.1 0.0 北北東 2 0.0
7 4.2 0.0 北北西 1 0.0
8 4.3 0.0 北北西 1 0.0
9 4.9 0.0 北北西 1 0.0
10 6.0 0.0 南南西 1 0.2
11 6.5 0.0 1 0.0
12 7.6 0.0 北東 1 0.0
13 7.4 0.0 南西 1 0.0
14 7.4 0.0 西北西 1 0.0
15 7.4 0.0 北西 2 0.0
16 6.9 0.0 北北西 2 0.0
17 6.5 0.5 北北東 2 0.0
気象庁より

昨日の総雨量は25_ 干天の慈雨だった 一日中冬日の上にみぞれが夕方まで続いたというのに 今日は全域でサクラソウがニョキニョキだった 喜んだのはノカラマツ 遠慮会釈なくほぼ全域で絨毯を敷き出した

不思議なことにヒロハノハナヤスリが常駐ブロックで見当たらない
昨年は3cmほどに成長していた

サクラソウの最終ランブロックの昨年は早くに他のと同時発芽していたが 今年は元に戻り花弁四枚ブロック共々最終ランかもしれない

不思議といえば ヒロハノアマナほど不思議なものは無い アマナは一月の頭から発芽するが ヒロハはやっと十日前 それが今日は成人して蕾を持ったのが現れた 毎年虚を突かれる 誕生は遅く 終焉はアマナより早いのだ

夕方からまたも雨 いよいよH15年に近づいたようだ

この頁トップへ

3月中へ  2月後へ  花期・道順  年頭に思う  トップページ