5月前へ  4月  年頭に思う  トップページ  

サクラソウ4月(後)

 4月(後)の目次 
 千原肇さんに連れられて大収穫 
 田島ヶ原サクラソウシーズン終了 
 鷲谷いずみ東大教授続審議委員 
 脳鍛錬のため五月八日まで休憩 
 20km圏内外出入り禁止 何故? 
 ロケ関係者から保護課に電話 
 ちょっとだけよ けちんぼな夏日 
 大きな黒雲魂が現れる度に大雨 
 今日ふにゃけてしゃきっとしない 
 今年の田島白は短命でした残念 
    

脳鍛錬のため五月八日まで休憩
11/04/30  15:10更新

2011年04月30日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 11.0 0.0 西北西 1.1  
2 10.5 0.0 北北西 1.1  
3 9.8 0.0 静穏 0.2  
4 9.6 0.0 西北西 1.7 0.0
5 9.6 0.0 西北西 1.1 0.0
6 9.6 0.0 北西 1.4 0.0
7 10.9 0.0 北西 1.5 0.3
8 12.7 0.0 0.9 0.9
9 15.3 0.0 南東 2.2 0.4
10 18.4 0.0 南南東 2.9 0.8
11 19.3 0.0 2.9 0.6
12 20.0 0.0 2.7 0.7
13 20.6 0.0 3.1 0.2
14 21.4 0.0 南南西 4.9 0.0
15 22.7 0.0 北西 1.4 0.3
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 9.2 05:12
最高気温(℃) 22.8 14:55
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
8.9(南) 13:38
※15時現在
例年ですとここで本年のサクラソウを総括するんですが 今年は気力と能力が衰えたのか その気が起きない 八日間の休養で脳の鍛錬をして回帰できるか 顔のシミの数から寿命はあと十七ヶ月しかないので難しいかな?

今日の自生地から子供の森とピクニックの森を駆け足です

この頁トップへ


今年の田島白は短命でした残念
11/04/29  16:16更新

2011年04月29日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 11.9 0.0 北西 4.1  
2 11.6 0.0 北北西 3.5  
3 11.6 0.0 2.4  
4 11.5 0.0 2.3 0.0
5 11.1 0.0 2.8 0.0
6 11.4 0.0 2.4 0.4
7 12.1 0.0 北西 2.0 0.7
8 12.5 0.0 西北西 1.9 0.3
9 14.3 0.0 西南西 1.0 0.8
10 16.0 0.0 2.0 0.9
11 17.1 0.0 1.8 1.0
12 17.2 0.0 西南西 1.6 0.7
13 17.9 0.0 東北東 2.8 0.4
14 17.7 0.0 北北西 1.6 0.1
15 18.3 0.0 南南東 2.6 0.0
16 18.5 0.0 南南東 2.7 0.2
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 10.6 05:25
最高気温(℃) 18.9 15:46
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
8.1(北西) 01:05
※16時現在
田島白の昨年は三週間 今年は二日早く咲いてふた株中の一株は折れまがった 後二日持つかな?

この頁トップへ


ちょっとだけよ けちんぼな夏日
11/04/28  18:00更新

2011年04月28日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 18.3 0.0 5.1  
2 18.7 0.0 6.5  
3 18.9 0.0 5.9  
4 18.5 0.0 4.2 0.0
5 17.9 0.0 北西 2.4 0.0
6 18.5 0.0 南南東 1.1 0.0
7 18.8 0.0 北西 1.4 0.0
8 18.8 0.0 1.3 0.1
9 20.3 0.0 東北東 1.8 0.3
10 21.1 0.0 東北東 1.6 0.1
11 23.1 0.0 南南東 1.7 0.8
12 23.3 0.0 東南東 2.1 0.8
13 23.3 0.0 東北東 2.8 0.6
14 23.9 0.0 3.4 0.6
15 23.7 0.0 4.0 0.2
16 23.2 0.0 北北西 5.7 0.4
17 19.9 0.0 北北西 8.0 0.4
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 17.9 05:08
最高気温(℃) 25.0 13:44
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
14.4(北北西) 16:44
※17時現在

昨日の孫(マゴ)お嬢さんから携帯電話のカメラで撮影したメジロの写真を私の携帯に赤外線で転送してもらった

孫お嬢さんはドコモではないのに色々指示して画像を飛ばせられた ところが 私は携帯電話は電話とメールしか使わないからパソコンへの転送方法が判らない

今朝も 保存した画像の見方をいじくっていると メールでの転送 を見つけた これか!!! パソコンで見たら見事なショットだった

これなら私でも誰彼なく上げたくなります 不思議なのは携帯電話のカメラでしょう? フラッシュがついているのかな 見事でした
 上に伸びる癖のウマノスズクサ

 テコがないと仲間内で絡み合う

 ようになって直径10cmもの

 茎もどきになる 初めて知った  

この頁トップへ


鷲谷いずみ東大教授続審議委員
11/04/27  20:37更新

2011年04月27日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 11.6 0.0 3.0  
2 10.9 0.0 2.1  
3 10.7 0.0 北北東 1.8  
4 9.7 0.0 北北西 1.7 0.0
5 8.8 0.0 北西 1.5 0.0
6 9.5 0.0 西北西 1.2 0.1
7 11.6 0.0 北北西 2.2 1.0
8 14.6 0.0 北北東 0.5 1.0
9 18.5 0.0 1.3 1.0
10 23.9 0.0 5.8 1.0
11 23.9 0.0 南南東 8.0 1.0
12 24.1 0.0 8.9 1.0
13 24.8 0.0 8.5 1.0
14 24.2 0.0 7.0 1.0
15 23.4 0.0 7.7 1.0
16 22.4 0.0 9.6 0.2
17 21.3 0.0 7.5 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 8.7 05:06
最高気温(℃) 24.9 12:58
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
19.2(南) 15:06
※17時現在
左岸土手のシロバナカラスノエンドウを探しに 突然の強風で糸のようなカラスノエンドウは静止できない 白も株はあるが終わりの様子だった

方向を変えて静かなピクニックの森のチョウジソウを狙う 25日に発見したツボミは昨日もそのまま 今日もそのままだった 諦めかけた時 その先の日向で懐かしい星型がきらきらしている    
この時期ではこれが限度 田島白の記録のために自生地へ 高齢者ばかりですが賑わっていた 何組も田島白を教えまくった そして今日も自分の撮影はしていない 引き上げるには早過ぎるので 筋入りマツバウンランは変化したかを確認に向きを変えたところで 単独でカメラを向けているご婦人に田島白を教えると ヒキノカサはどこにあるのでしょうかと尋ねられた

ただの来観者ではなく 目もよく 資料の切れ端を持っての探索行である しかも 手慣れている ヒキノカサについて 光る花弁の撮影が難しいと言い出した これは経験者でないと言えないもの 嫌がりもしないので全域の紹介と相成った

ではあるんですがね 粗忽者の私の昨今は視野が狭く 認知や認識はほとんど無理なので 逆に色々と教えられる始末だった 歳を尋ねると ななんと孫の年頃だった 歳とった孫ですね

筋入りマツバウンランを見た途端 これこれ 家の庭にも突然現れてね そのままにしているとのことでした
インチキ論の根拠は次の記事です
これを改めて取り上げる理由は25日に保護課の職員から 現在も審議会委員を務めていると知らされたためです インチキ論をぶち上げた人物を崇め奉るとは心外でしたね

それゆえ さいたま市では光村図書を採用し 私の抗議にも無視した訳ですね これが教育と名がつく連中の姿だから若年犯罪が多発する訳です
  ――――――――――――――――――――――――――
加藤辰巳教授のこの記事が学会に広まって(最初は反対意見だった生井兵冶筑波大教授までが)インチキ論を肯定して正論として定着する羽目になった

種子(果実とか種)は腐るほどできます ヨシをかき分けて捜す必要はありません 今日のカットも孫お嬢さんが手を差し伸べて強風で揺れるヨシを止めてくれたほどです       

ところがです 言いだしっぺ本人の言葉とか文書が出てこないのだ ようやく光村図書刊小学5年国語に鷲谷いずみ名義で風聞という小賢しい手法で出ました
 
その部分を転載しましょう
  
光村図書 国語D 上 銀河 平成17年2月5日発行
サクラソウとトラマルハナバチ 著者 鷲谷いずみ 26頁〜

――数十年前までは、日本各地に野生のサクラソウの群落地があり――ところが、野原や林が牧場や畑やゴルフ場に変えられて行くにつれて、だんだんそのすがたが少なくなってきました。なんとかサクラソウを守ろうと、人間が世話をしている所もありますが、そこでは、
なぜか花がさいてもタネが実らないというのです。このままでは、絶滅が心配されます。
花が咲いてもタネが実らないと言い出したのは前記のように鷲谷氏であり、平成15年以来サクラソウ情報で証拠写真をつけて反論され、そのうえインチキ論を掲載した各出版社に質問状を送り続けていたために、他人に言わせていたのを本人が著者となることから、国語D 上 銀河では風聞といういやらしい手法で逃げたのである。

風聞という手法に頼らざるを得ないのであればあっさりとインチキ論を撤回すればすむのであるが、この女は、それによって東大教授の座に滑り込んだのであるから引き摺り下ろされるのを嫌って風聞という小ざかしい手を使ったのである。

  ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ 

この風聞という小賢しい手法について

子どもの未来社贈呈本届く
09/01/24  22:37更新

金森俊郎教授のプロフィルは凄いですね
教授が引用したのは 光村図書への質問と返事に対する反論ではなく私の別のHP 真説 田島ヶ原のサクラソウ 鷲谷いずみ氏のインチキ論を論破する からでした

光村図書小学5年 上 「サクラソウとトラマルハナバチ」についての鷲谷いずみ東大教授の言葉の使い方について批判?したものです 自慢めかないように控え目に抜粋して転載します 

――人間が世話しているところもありますが(186頁)――
金森教授=
なぜ、「保護」と言わないで「世話」という言葉をつかったのかが、ちょっと納得がいかないですね。一般的には人間が「世話をする」とは言わないですね。「保護活動」――「保護、環境保全」――「そのものを保護する」っていう言い方をしますけども。

――そこでは、なぜか花がさいてもタネが実らないというのです――
金森教授=
「というのです」と、「伝聞形」になっています。――伝聞形の文章にしたのは彼(青木・青木注)が批判したことによってのようです――いちばん先に「実らない」と言ったのは「鷲谷いずみ氏」なんだそうです。その氏が「なぜここを伝聞形にしたのか?」っていうのが、ひとつの謎です。――「批判が出たことによって、ここを伝聞形にしてしまったのだろう」と思われます――そのお互いを見ていくと、「批判」はこうしてインターネットにデカデカ載ってるんですけど、なぜか「鷲谷氏」がこれに対する「反論」を載せている様子は――私の調べた限りでは――見当たりませんでした(190頁)

金森教授のここの狙いは「『説明文』というのは、『正しいのか、正しくないのか』――当然、『裏打ち』が必要だ」――われわれの教材研究の「根本」ですから、私のようにして調べれば、別のいろんなことがわかって、とてもいいです。――が真意のようです

  ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

悲しいですね インチキをものともせず 崇め奉る官僚は

詳しく知りたい方は
真説 田島ヶ原のサクラソウ
をクリックしてください    

この頁トップへ


今日はふにゃけてしゃきっとしない
11/04/26  17:50更新

2011年04月26日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 9.2 0.0 西北西 1.3  
2 7.4 0.0 北北西 0.6  
3 7.5 0.0 東北東 0.7  
4 7.0 0.0 静穏 0.0 0.0
5 6.5 0.0 西 0.8 0.0
6 6.8 0.0 北西 0.4 0.1
7 9.1 0.0 西 0.6 1.0
8 11.4 0.0 北北西 1.5 1.0
9 14.6 0.0 北北東 1.1 1.0
10 16.9 0.0 南南東 1.7 1.0
11 18.1 0.0 南東 2.3 1.0
12 18.7 0.0 南東 4.0 1.0
13 20.1 0.0 東南東 3.4 0.9
14 20.1 0.0 南西 2.5 0.8
15 19.9 0.0 南南西 2.8 0.4
16 20.6 0.0 南南東 1.6 0.1
17 17.7 0.0 北西 5.8 0.7
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 6.2 04:09
最高気温(℃) 20.9 13:45
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
8.6(北西) 16:56
※17時現在
上尾の用足しを終えてローカルルートから自生地を目指した 上尾市地籍内の田園ではピンクの木の花や梨の花 ツツジが賑わってドライブには最高 でも 腕が悪いせいなんですが あの素晴らしい情景をものにできない

ピクニックの森のチョウジソウは昨日のままだった 今年は例年の三分の一しかない この傾向はいろんな所の植生で顕著です

白物が定位置ながらわずかしかない 全体としてはカラスノエンドウが大繁茂し ヒメオドリコソウ領域を占拠している 自生地東端では逆にヒメオドリコウソウが五年前の大繁茂に戻っている

自生地では結構来観者たちがいた すだれの中ではあるが救いは土曜日の雨で息を吹き返したサクラソウが鮮やかだった ノカラマツも生気が戻って一気に丈が伸びた 田島白も元気だ

ふにゃけた気分は 取材対象が無くなったことかな 夏花の出番までしばらくの辛抱だ

この頁トップへ


ロケ関係者から保護課に電話
11/04/25  21:25更新

2011年04月25日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 9.9 0.0 北東 1.0  
2 9.9 0.0 0.3  
3 8.9 0.0 北西 1.5  
4 8.2 0.0 北西 1.7 0.0
5 9.0 0.0 1.1 0.0
6 9.3 0.0 北西 1.6 0.0
7 9.6 0.0 北西 1.4 0.0
8 11.5 0.0 1.6 0.1
9 12.9 0.0 北西 2.1 0.6
10 14.3 0.0 北西 2.1 1.0
11 16.5 0.0 南西 1.8 1.0
12 17.8 0.0 東北東 1.1 0.9
13 12.5 0.5 北北西 4.8 0.1)
14 16.4 0.0 北北西 5.1 1.0
15 18.4 0.0 北北西 5.9 1.0
16 18.8 0.0 北西 5.3 0.7
17 17.6 0.0 北北西 4.7 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 7.8 04:11
最高気温(℃) 18.9 16:04
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
16.0(北西) 12:34
※20時現在
 
さいたま市教育委員会文化財保護課の野尻課長補佐さんから電話があって 例のロケ隊の件で関係者から電話があって青木さんの住所と電話が知りたいというのだが 如何しますか であった

私は即座に断った 用があるのであればHPからメールで直に用が足せるからと 一旦は即座に断ったが電話を受けてもいいかなと承諾しておいた

小一時間ほどでロケ隊関係というのから電話が入る
1.23日の一文を削除して欲しい
2.承諾を受けての撮影ですので あれでは誤解を招く
3.直接お会いして話したい

会うことは断っておいた 電話で間に合うしメールだって間に合う 承諾というが部署が違う 保護課は知らないと言っている

これに対して相手は 保護課にも了解を得ています 撮影不足分があって昨日保護課の立ち合いで撮影しているほどです

まあ 色々言っているが 私にも名誉というものがある そうは簡単に削除する訳にはいかない ちゃんとした理由が必要だ そこで注文しておいた
 今 あなたが話されたことを箇条書きでいいからメールで送って
 くれれば 23日分と入れ替えます これで私の名誉は保たれます
相手は 相談の上で連絡すると言いながらまたも 直接会って話した方が早いとだだをこねるが断っておいた そして尋ねた
 ドラマのテーマはサクラソウですか
相手は はい 明言された そこで次のことを伝えておいた 
    
そこが問題です 西洋種を持ち込んで日本種の自生地で撮影する 自生地の日本種と西洋種では花の大きさも違うし 絨毯のように咲く白は存在しないのだ 如何なるストーリであろうと自生地を利用して成り立つ話は存在しません ともかくメールください で電話を切った

その足で野尻課長補佐さんに確認の電話を入れる
 撮影の申告は受けていない
 事後承諾もしていない
 昨日の十一時に撮影するというので承諾し 出かけて見たが誰も
 いなかった それで一周して帰ったよ

ということだった 野尻課長補佐さんは振り回されたのだ

私は 野尻課長補佐さんの最後の一言で削除と決め 実行した

 役所内の連絡不十分だったのは事実 ロケの皆さんも被害者だ

この人柄の一句 脱帽です 諸悪の根源は緑地課の侵略的独断です

  ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

今朝も志木街道は大渋滞だった そこでシロバナカラスノエンドウから先にした しかし 相変わらずの冷風で所在不明 時間かけて捜し出したが 株数は二 閉じていた 又も帰りに期待してピクニックの森へ

シロバナカラスノエンドウ左岸土手編

この頁トップへ


田島ヶ原サクラソウシーズン終了
11/04/24  19:40更新

2011年04月24日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 14.7 0.0 北西 5.0  
2 13.3 0.0 北西 2.9  
3 12.9 0.0 北西 3.4  
4 12.8 0.0 4.4 0.0
5 12.3 0.0 5.1 0.0
6 12.2 0.0 北北西 3.8 0.7
7 13.3 0.0 北北西 4.8 1.0
8 14.5 0.0 北西 5.0 1.0
9 16.0 0.0 北北西 4.0 1.0
10 16.8 0.0 北西 2.0 1.0
11 17.7 0.0 西南西 2.1 1.0
12 19.0 0.0 南東 2.7 1.0
13 19.9 0.0 南東 2.4 1.0
14 20.2 0.0 南東 3.4 1.0
15 20.5 0.0 南南東 3.3 0.9
16 20.5 0.0 4.2 0.9
17 17.1 0.0 北北東 5.5 0.4
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 12.0 05:36
最高気温(℃) 20.9 14:12
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
13.2(南東) 14:01
※17時現在
志木街道が何故かつっかえていた そこで左岸土手のシロバナカラスノエンドウを見に遠回りした

北風が冷たく カラスノエンドウ属は閉じて所在が思い出せない 帰りに立ち寄ればい良いっかと自生地に向かう

さすがに観覧者はいなかった 昨日の雨は今月の頭で欲しかった 3月21〜23日の合計雨量は37,5ミリ 発芽していたサクラソウにとっては十分すぎるのに 強盗団を引き連れた関東暴れん坊たちで一気に湿気を奪われてしまった その補いとして昨日の雨は欲しかった

まあ ノカラマツやスイバにも悪い方で影響したようでサクラソウを覆い隠すことは避けられた 生命力の強いヨシとオギが何事もなかったかのようにすくすくと伸びてしまった

筋入りマツバウンラン(仮称)は色が濃くなっていた ということは 開花した時点では下地は白い 成長するにつれて青から紫色に変化するんですね

田島白は昨日の断続的な強い風雨に叩かれても頭もたれず毅然としていた
およそ一時間半後に左岸土手に戻るが シロバナカラスノエンドウは一株だけになって閉じた花が一輪だけだった

マツバウンランも三株に減り来年は出ないかもしれない

この頁トップへ


大きな黒雲魂が現れる度に大雨
11/04/23  16:22更新

2011年04月23日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 15.8 0.0 3.0  
2 15.3 0.5 南南東 2.6  
3 14.4 1.5 南南西 0.9  
4 14.5 0.5 東南東 2.0 0.0
5 15.0 0.5 南南東 2.4 0.0
6 15.2 0.0 南南東 1.6 0.0
7 16.1 0.0 3.2 0.0
8 16.3 0.0 南南東 2.3 0.0
9 16.3 1.0 3.0 0.0
10 18.7 0.0 6.5 0.1
11 17.7 0.5 5.0 0.0
12 17.8 1.0 5.9 0.0
13 18.9 3.0 7.0 0.0
14 18.2 0.0 6.7 0.0
15 18.4 0.0 5.3 0.0
16 18.2 0.0 5.7 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 14.4 03:54
最高気温(℃) 19.0 13:02
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
14.8(南南東) 15:37
※16時現在
小江戸川越周辺の草花によれば コメツブツメクサのようです「花序は5から20個が球状」とありますから 挿絵もそのような感じですね

改めて見直すと本当に小粒で目の悪い私には花の実態を確認できないが 大型ツメクサよりも広い範囲で繁茂し黄色一面は壮観です

  ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

叩きつける雨が降ったりやんだり 田島白の誕生から終焉までを記録しているので小降りになったところで自生地へ やたらとお腹がすくので行きつけのコンミニでおにぎりを購入 自生地について驚いた 中央観覧路が水浸しだった 先に食事 この最中 嵐の襲来だった ミニカーが風にあおられて前後左右に揺れている 思わずシートベルトを締めた 吹っ飛ばされても怪我もなく命も無事のために
十字路で車で来られたご夫婦が雨の中でどのようにしたら良いか 迷っているように見えた ここで私の十八番の出番だ 毎年見えられているそうです 今年は少し遅れたようだ 田島白が見られて良いとするか と楽しそうでした この会話中に風にあおられて安物傘が反り返ってしまった
情報源が車の脇でウロウロしているように見えた 戻った私の姿を見てボンネットを しきりと指差していた キャラメル三個があった 毎度出会うと飴玉かキャラメルを差し入れてくれる ここでまたも風で傘が反り返った 情報源いわく
 
傘は骨が12本ある方が丈夫で折れないよ
私は礼を述べて車に乗り入れると情報源の顔が鬼のようになった
 
雨の日は入っちゃだめだよ
と喚き出した そういえば この男は突然発狂状態になることが過去にもあった 無視する予定でしたが 彼は これでもかと突っかかって来るので
 入っちゃダメとはどこかに書いてあるのかね
返して見たが 彼は一瞬考えて
 
おれたち管理者は 雨の日は入らせないよう指示されているんだ
 誰の指示だ? そいつに言え 雨の日は入るなの立札を立てろと
 
か か 課長に言っておくよ
で石碑前に去った 私は 車を近付け ニコニコ顔でおいでと手招きして呼び寄せ こぶしを出して促して手を出させ キャラメル三個を返しといた

こういう狂う癖のある人間は体制側につくと偉くなったと錯覚する 困ったものだ

この頁トップへ


20km圏内外出入り禁止 何故?
11/04/22  18:53更新

2011年04月22日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 10.9 0.0 2.1  
2 10.9 0.0 2.4  
3 11.0 0.0 2.1  
4 10.9 0.0 北北西 2.1 0.0
5 10.9 0.0 北北西 1.0 0.0
6 11.2 0.0 西南西 0.3 0.0
7 11.8 0.0 西南西 0.6 0.0
8 12.9 0.0 西南西 1.3 0.2
9 14.1 0.0 南南西 0.9 0.2
10 15.6 0.0 東南東 1.1 0.9
11 16.4 0.0 南南西 1.6 0.7
12 18.5 0.0 南南西 1.7 0.6
13 18.7 0.0 3.2 0.0
14 18.1 0.0 南南西 3.2 0.0
15 18.1 0.0 3.6 0.0
16 18.0 0.0 南南東 3.3 0.0
17 17.9 0.0 1.9 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 10.7 01:22
最高気温(℃) 19.1 13:15
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
8.2(南南西) 14:21
※17時現在

強制避難や立ち入り禁止とはえらいこっちゃ それほど仰々しいとは並々ならん事態でしように 本当は爆発したのと違うかい?

民主党よ 前政権が業界との癒着でいい加減だったんだろうから責を負うな そして もたもた動くな 情報は隠さず直ちに正確に公表せよ


私がしきりと騒いだサクラソウの敵である ノカラマツ・スイバは予想に反し成長が遅々としている それゆえ 一部では肉眼でも見えている 現実にはサクラソウらは私同様に老いて切符を切られた状態にありますが それを無視すればなんとか我慢できよう

唯一の慰めはふた株だけの田島白です

この頁トップへ


千原肇さんに連れられて大収穫
11/04/21  20:18更新

2011年04月21日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 9.1 0.0 東北東 2.9  
2 8.9 0.0 東北東 2.2  
3 8.8 0.0 東北東 2.7  
4 8.7 0.0 2.9 0.0
5 8.5 0.0 北東 1.7 0.0
6 8.8 0.0 東北東 1.7 0.0
7 9.0 0.0 1.7 0.0
8 9.1 0.0 南南東 1.0 0.0
9 10.0 0.0 南南東 1.3 0.0
10 10.2 0.0 南東 1.3 0.0
11 11.0 0.0 南東 1.4 0.0
12 12.0 0.0 南東 1.8 0.0
13 13.6 0.0 2.1 0.0
14 15.2 0.0 南南東 2.0 0.0
15 15.5 0.0 東南東 2.9 0.0
16 15.4 0.0 南東 3.6 0.0
17 14.4 0.0 東北東 3.2 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 8.5 05:15
最高気温(℃) 15.6 15:20
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
6.6(東北東) 17:47
※19時現在
本当にチョー久しぶりでした 野焼直前以来かな サクラソウシーズン中は顔を合わすことはありますが 私が誰かと話し込んでいる時は千原さんは遠慮して遠ざかる

もうシーズンオフに近いので二、三確認したいもので引き揚げる予定でした そこへ千原さん うまい具合に誘導されて自生地を一周 体力の限界ですが
 
ヤセウツボが出ているぞ
毎日一度は見回っているのに気がつかなかった 今年は特に視認力が著しく低下している 自生地のチョウジソウを掲載しながら 昨日は同じ場所で見つからない そこで情報源に改めて案内してもらったところ 先ほど目を皿のようして見つめた時は無く 今は凛としている こういう状態ですから自己では何も探し出せない昨今です

掲載したサクラソウ以外は全て千原さんが指差したものです そして 忘れてならないのは 私はもうばてていたが むげにもできないので元駐車場まで付いて行って大収穫でした

特に マツバウンランと見えた花が液晶で拡大して見て 形態はマツバウンランですが 青ラインワイシャツ的な色合い ネットで調べても突き当らないのであきらめた 今日の様子です

この頁トップへ

5月前へ  4月  年頭に思う  トップページ