5月後へ  4月後へ  年頭に思う  トップページ  ご意見箱 

自然の四方山話 5月(前)

 5月(前)の目次 
 風薫る五月の筈が認知症に突入 
 菜種梅雨?まさかの昨日と今日 
 遅れたが季節の妖精達ぼちぼち 
 なんでこうも嘘が多いのだろう 
 土手除草開始晩春初夏の花哀れ 
 自生地以外の除草は終りに近い 
 午前中閉じている花が多かった 
 二千十一年五月十一日は雨だった 
 私のお花畑は全滅 が幸いにも 
 除草と端境期で所作なし 
    

なんでこうも嘘が多いのだろう
11/05/19  15:57更新

2011年05月19日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 14.7 0.0 南西 0.7  
2 14.6 0.0 北西 1.4  
3 13.9 0.0 西 1.0  
4 13.7 0.0 西北西 1.6 0.0
5 13.4 0.0 西 1.1 0.0
6 14.5 0.0 南西 0.4 0.5
7 16.3 0.0 北西 1.2 1.0
8 18.5 0.0 北北西 1.5 1.0
9 20.4 0.0 1.3 1.0
10 22.2 0.0 南南東 2.0 1.0
11 25.2 0.0 2.4 1.0
12 26.5 0.0 2.9 1.0
13 26.6 0.0 3.5 1.0
14 26.3 0.0 南南東 4.5 1.0
15 27.0 休止中 南南東 3.8 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 13.0 04:49
最高気温(℃) 27.1 12:17
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
9.7)(南)) 13:37
※15時現在
上記三記事は やがて消える運命にありますので論旨の根拠としてコピペしたものです それぞれの画像をクリックしますと出典先に行きます


世の中というのは全て嘘から始まる その一端にと当サイトでは
鷲谷いずみ東大教授のインチキ性と磯田洋二の出鱈目ぶりを雑誌や市報を利用して明らかにしてきました この二例は大きいと言えば大きいし 小さいと言えば小さなもんですが この劇作家の発言は詫びて済む問題ではない 本人も民主党も自覚はまるでない

アメリカに強要されて汚染水を放出と他国での講演で言い放って置いて 知り得る立場にないで済むと思っているのか!

日本国の恥さらし 名誉やへったくれもないのだ 事実だとすればアメリカになすりつけた罪は計り知れない アメリカはどうすると思うか

強要されたのは事実であるが 他国でばらされたのでアメリカの抗議を受けて 劇作家及び政府は猿芝居で済ませようとしているのか

あるいは 嘘の積み重ねが芝居ですから 作りの世界に浸かっていて糞と味噌を見分ける能力もないド阿呆を内閣官房参与にすえた菅政府は 間違いなくガキ集団と言わざるを得ない

日本国を潰したいのかガキ集団菅政府よ


一方 小さいと言えば小さいが 国の指定天然記念物サクラソウについて 共同研究者を通じて嘘八百を流して 事情を知らないうつけ者たちの賛辞を受けて東大教授に滑り込んだと 共同研究者が信じ込んで発表した 国立科学博物館ニュース第277号をコピペして明らかにしたにもかかわらず 保護課は未だにインチキ女を審議委員としていることを見れば 該件は国民性なのかもしれない

インチキ女とインターネットで叩くのは 名誉棄損で訴え出ることを期待しているためである 裁判という公の場で化けの皮を剥がせるからです
 
子供の森の竹藪で 姿恰好はムラサキケマンですが 丈と花は通常のムラサキケマンの三分の一しかない どなたか教えてください 現在最盛期で群落しています

明日は休みます

この頁トップへ


除草と端境期で所作なしです
11/05/18  16:25更新

2011年05月18日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 15.0 0.0 静穏 0.2  
2 14.3 0.0 西 0.7  
3 14.5 0.0 西北西 1.2  
4 14.0 0.0 北北西 1.6 0.0
5 12.9 0.0 西北西 1.5 0.0
6 14.2 0.0 1.7 0.3
7 15.9 0.0 北北西 1.3 1.0
8 17.7 0.0 1.4 1.0
9 19.2 0.0 1.4 1.0
10 20.5 0.0 東北東 1.4 1.0
11 21.1 0.0 南西 0.9 0.7
12 23.6 0.0 2.1 0.9
13 23.8 0.0 2.3 0.8
14 24.0 0.0 南南西 3.1 1.0
15 24.1 0.0 南東 3.9 1.0
16 23.8 0.0 南東 4.4 0.9
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 12.9 05:21
最高気温(℃) 24.9 13:56
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
7.5(南) 15:25
※16時現在
E区鴨川縁から桜草公園に入ったところで40m先の人影が手をあげていた 明暗がはっきりしている時の暗が強調されて識別がつかない 5mに近づいて 自然観察会指導員の千原さんと知る

以下は千原さんが指し示したものです
サクラソウ自生地は文字どおりサクラソウがメインであって人々が観覧にやって来るのです そのサクラソウを見せようと努力しないで こんな下らないことに血税を使うとは怪しからんこの上無しだね

補助金の関係で保護課に権限がないのであれば 補助金を出している文化庁とかけあうしかないですね

第一 あのインチキ女の鷲谷いずみ東大教授が 未だ審議会委員とは情けないね 文化財が嘘でしか作用しないとはね
千原さんと花以外の話題に花が咲いた 千原さんと別れて 帰りがてら子供の森へ回った

この頁トップへ


午前中閉じている花が多かった
11/05/17  19:55更新

コウゾリナが残っていた 旧志木街道の自転車道側では除草されていたが 自生地側のノリ面は請負業者が違うのか手つかずだった
九時半ごろだったが 気象庁のデータよりは空気が冷えて黄色系小花やブルーニワゼキショウは閉じたままで存在さえ分からない
子供の森も同じように冷気により アキガセニワゼキショウやブルーなどは影も形もない 昨日発見したトウバナやタチイヌノフグリの白も姿がない そこで打ち切って上尾へ用足しに 戻りは肉の万世で食事 まだ十二時半なのでピクニックの森から探索を始めた

チョウジソウは20℃以下が大半だった所為か咲き切っていない 奇形花探しは神経衰弱になる 蝶を撮影したのが編集で六枚花弁がかすんで写っていた 四枚花弁は四個も見つかった

終えて子供の森で今朝見えなかったトウバナが固まって列をなしていた ブルーニワゼキショウやアキガセニワゼキショウ(仮称)も賑わっているが シロバナタチイヌノフグリは見つからなかった
突然雷鳴とともに豪雨 何日か前の一時間26ミリの雨に等しかったのに ご覧のように気象庁は0ミリとしている 測候所は羽倉橋先大久保地区の「宿」である 画像に沿う時間帯のレーダ・ナウキャスト図でも赤色になっている
2011年05月17日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 16.7 0.0 西北西 0.6  
2 15.9 0.0 1.0  
3 15.3 0.0 西 0.8  
4 16.0 0.0 北北西 1.7 0.0
5 15.6 0.0 北北西 1.0 0.0
6 15.5 0.0 北北西 0.9 0.0
7 16.1 0.0 北北西 0.6 0.0
8 17.0 0.0 北西 2.0 0.0
9 18.4 0.0 北西 2.1 0.0
10 19.2 0.0 北北西 2.6 0.1
11 20.1 0.0 1.1 0.4
12 21.3 0.0 1.4 0.3
13 21.8 0.0 東南東 1.6 0.5
14 21.3 0.0 西北西 1.3 0.2
15 18.6 0.0 西南西 2.4 0.0
16 18.0 0.0 南西 2.0 0.0
17 18.0 0.0 南南西 2.2 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 14.9 05:28
最高気温(℃) 22.3 12:39
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
5.1(南南西) 17:56
※18時現在
東京湾の左に黒い玉が二つ 上のが東京 その上に赤い点が見えているのが当市 ナウキャスト図の雨域は全市を覆っている ゼロミリとはこれ如何に 莫大な血税を使っているんですから いい加減にしないで欲しいね

この頁トップへ


遅れたが季節の妖精達ぼちぼち
11/05/16  15:50更新

2011年05月16日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 16.0 0.0 西南西 1.1  
2 15.2 0.0 南南西 1.4  
3 14.5 0.0 西 1.4  
4 13.2 0.0 西南西 0.3 0.0
5 12.7 0.0 静穏 0.1 0.0
6 13.7 0.0 北北西 1.0 0.0
7 15.1 0.0 北西 1.0 0.0
8 16.8 0.0 北西 1.1 0.0
9 19.5 0.0 1.2 0.5
10 22.2 0.0 南南西 3.8 1.0
11 22.9 0.0 5.5 1.0
12 23.7 0.0 南南西 6.9 0.8
13 23.8 0.0 6.0 1.0
14 23.0 0.0 6.5 0.6
15 22.7 0.0 北北東 5.6 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 12.2 05:16
最高気温(℃) 24.3 12:41
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
14.0(南南東) 14:33
※15時現在
僅か一日のご無沙汰程度で初夏の妖精たちがニョキニョキだ 旧志木街道跡では除草開始 そこにコウゾリナが三株現れたが茎が管型だけ咲いていた 残念ながら午後にはバッサリでしょう 元駐車場跡では道路脇にだけブルーのニワゼキショウが咲いていた 両種とも一昨日の土曜日にはなかった

子供の森側グランドでは 昨年馬鹿騒ぎしたアキガセニワゼキショウが(仮称)マジックが如く大繁茂していた 昨年は最後まで見つけられなかったトウバナは固まって咲いていた    
元駐車場跡でブルーニワゼキショウ狩りをしていると 私より20歳も若いご夫婦が絨毯のように咲いている白ニワゼキショウを指差して尋ねてくれた 十八番がでしゃばりですから サクラソウが目当てというのでひと通り案内して 幸いにも果実を伴ったサクラソウが一輪だけ見つけられて喜ばれた そして 私はまたも撮影を忘れた 自分のも 若いご夫婦を取りこむのも念頭に無かった

進化する『老』を痛切に感ずる最近ではある

この頁トップへ


私のお花畑は全滅 が幸いにも
11/05/14  14:45更新

2011年05月14日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 16.1 0.0 北西 0.5  
2 14.5 0.0 静穏 0.0  
3 14.6 0.0 南南西 1.7  
4 13.7 0.0 1.3 0.0
5 13.3 0.0 南南西 0.9 0.0
6 14.7 0.0 東南東 1.3 0.4
7 18.1 0.0 南南東 1.2 1.0
8 19.6 0.0 4.2 1.0
9 20.9 0.0 南南西 5.1 1.0
10 22.1 0.0 4.5 1.0
11 22.7 0.0 2.6 1.0
12 23.4 0.0 2.0 1.0
13 24.0 0.0 南南東 1.3 1.0
14 25.1 0.0 南東 1.0 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 12.7 04:37
最高気温(℃) 25.2 13:58
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
10.5(南南西) 09:26
※14時現在
自生地前の旧志木街道跡と元駐車場跡は手をつけていなかった

今年は何故か一度も立ち眩みにならない 今日は夏日になった 正午前でも異常無しだった

考えられる理由は 気温が上がっても湿度が低いからではないかな 蒸し風呂的な暑さには出会っていない これだろう 特別な手当てはしていないし 食べ物療法もなしなのだ 低湿度に感謝

5/2に取り上げた所為か 白もどきヘラオオバコが現れた
水門手前の元駐車場では 遅いなと悔やんでいた白と紅のニワゼキショウが大繁茂していた 小柄のブルーはなかった

明日は休みます

この頁トップへ


自生地以外の除草は終りに近い
11/05/13  18:37更新

2011年05月13日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 15.4 0.0 北西 0.6  
2 15.3 0.0 南南西 1.5  
3 15.9 0.0 1.4  
4 16.1 0.0 1.0 0.0
5 16.2 0.0 北東 0.8 0.0
6 16.8 0.0 東北東 0.5 0.0
7 17.4 0.0 1.4 0.0
8 18.4 0.0 北北西 1.7 0.0
9 19.2 0.0 北北西 1.1 0.0
10 19.8 0.0 2.1 0.0
11 20.2 0.0 北東 1.5 0.0
12 21.6 0.0 北東 1.3 0.2
13 23.3 0.0 東北東 2.5 0.8
14 23.9 0.0 1.8 0.4
15 25.2 0.0 東南東 2.6 1.0
16 25.0 0.0 南東 1.7 0.6
17 24.0 0.0 東南東 4.1 0.4
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 15.3 02:30
最高気温(℃) 25.4 15:29
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
9.7(東) 18:00
※18時現在
除草作業はほぼ終わりに近い ツボスミレやムラサキサギゴケその他の路傍の花々は否応なく切り捨てられる

せめての慰めでここに飾りましょう

この頁トップへ


菜種梅雨?まさかの昨日と今日
11/05/12  17:13更新

2011年05月12日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 13.8 0.0 0.9  
2 13.7 0.0 北西 0.7  
3 13.8 0.0 北西 1.4  
4 13.8 0.0 北西 1.3 0.0
5 13.7 0.0 西北西 0.7 0.0
6 14.0 0.0 東南東 1.4 0.0
7 14.5 0.0 0.4 0.0
8 15.3 0.0 北西 1.3 0.0
9 15.5 0.0 北北西 1.5 0.0
10 15.4 0.0 北西 1.5 0.0
11 15.6 0.0 北北東 1.6 0.0
12 15.8 0.5 北北西 1.7 0.0
13 16.0 0.0 1.4 0.0
14 16.0 0.5 1.2 0.0
15 16.1 0.0 北西 1.7 0.0
16 16.2 1.5 北北西 1.6 0.0
17 16.1 1.0 1.6 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 13.7 05:17
最高気温(℃) 16.4 14:11
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
4.4(北) 12:14
※17時現在
昨日は休みなく降り続いた 今日は朝から霧雨 スミレの距について詳細に知りたいので出かけた なぜか 今朝は食べてもお腹がすく 初めて それこそ初めて武蔵浦和駅前の田島通りを越えた高架下の商店街で中華食にした

自生地は冷えて煙っていた 撮影は後回しにして中華食(ビーフン・鳥の酢豚風)を始めた ビーフンを五、六口食べたところでワゴンが少し離れたところで止りドライバーがこちらを見ているようだ 蝶の専門家の関口忠雄氏かと思い 食べながら表に出るとドアの窓が降りた

自然観察会指導員の千原肇さんの三十年来の友人だった 手招きして乗れと指示している 食事中にもかかわらず乗れという

知り合ってからこのかた花だの鳥だの話は少しだけしていたが きりりとした硬派だった 意見は右翼的ですが 天皇制反対と言っているので右翼ではない 左翼とも違う 古き良き時代の日本人だったのだ

小一時間話し込んだところで雨は本格的に降り出した ここで別れ 私は食事を平らげてから子供の森左岸土手側のグランドのツボスミレに愛嬌をふりまいた マクロレンズ 三脚がわりのボトルを車の中に忘れ 戻るのも面倒なので降りしきる中で撮影 思うようにはいかなかった

ムラサキサギゴケが冷雨の中で花弁を丸めていた

この頁トップへ


二千十一年五月十一日は雨だった
11/05/11  17:30更新

2011年05月11日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 16.6 0.5 4.4  
2 16.3 0.5 東南東 3.5  
3 15.6 0.5 4.1  
4 14.6 0.5 3.2 0.0
5 14.2 1.5 東南東 2.5 0.0
6 14.5 0.5 北西 1.3 0.0
7 14.9 0.0 南東 1.9 0.0
8 14.8 0.0 南東 2.2 0.0
9 15.0 0.5 南南東 0.4 0.0
10 14.7 1.5 南南東 1.4 0.0
11 15.1 0.5 東南東 1.2 0.0
12 15.1 2.5 東北東 2.2 0.0
13 14.9 0.5 東北東 1.8 0.0
14 14.6 2.0 2.4 0.0
15 15.0 3.0 東南東 2.2 0.0
16 14.7 2.5 南南東 1.8 0.0
17 14.8 3.0 東南東 0.5 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 14.1 04:59
最高気温(℃) 18.3 00:10
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
7.4(東) 00:54
※17時現在
  
雨で動けず 更新しない旨の予告がないと体験上訪問時にがっかりします そこで昨日取り上げたスミレのコブをテーマにしました

ネットで調べても専門家ぶっているサイトでも真正面の画像のみで コブに触れたのは壱サイトのみ それも画像なしだった

そこで再度 野原博さんの小江戸川越周辺の草花を開くと ≪菫≫ スミレ に蜜を蓄える距とありましたので画像収納庫から探すと08年の四月と五月にありました

そこで思い知らされたのは 昨日取り上げたスミレは08年にも掲載していたし 昨年大騒ぎした真っ白なニワゼキショウ(アキガセニワゼキショウ・仮称)も大々的に取り上げていました 老人は昔のことをよく覚えているというが 私に限ってはあてはまらないね それにしても 蜜つぼというのに逆さですね 蜜が流れださないかね  

この頁トップへ


土手除草開始晩春初夏の花哀れ
11/05/10  19:40更新

2011年05月10日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 16.8 0.0 0.7  
2 16.7 0.0 西 1.0  
3 16.5 0.0 北北西 1.0  
4 16.3 0.0 北西 1.4 0.0
5 16.0 0.0 北北東 1.3 0.0
6 17.0 0.0 北北東 0.9 0.0
7 17.7 0.0 北北西 1.4 0.0
8 18.3 0.0 北西 2.2 0.0
9 19.6 0.0 北西 1.6 0.0
10 20.4 0.0 北北西 2.7 0.0
11 22.9 0.0 1.3 0.0
12 26.5 0.0 北西 1.2 0.3
13 27.9 0.0 北北西 4.0 0.0
14 27.2 0.0 北北西 1.2 0.0
15 24.4 0.0 北北東 1.6 0.0
16 23.2 0.0 北北東 1.7 0.0
17 21.5 0.0 1.4 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 15.8 04:47
最高気温(℃) 28.2 12:38
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
6.7(北北西) 12:20
※18時現在
最近の私は認知症だけではなく姿勢変更たびに激痛が走ります 各節々はもちろんですが 太り過ぎのために1分以上はしゃがめません 76kgを越えたかもしれません

たばこの値上げ開始と同時に禁煙し 成功しているんですが 直後からワイフが沖縄から黒糖を取り寄せるものですから ついつい手を出して一日に200g平らげるときもあります これが四カ月続きました ここ二ヶ月の間は手を出しません というより供給させないようにしています

無ければ欲しがっても手の出しようがない わざわざ買いに出るまめさもないので凌げられています

お腹は妊娠九ヶ月 ダブダブの作務衣もきつきつです この状態でしゃがむと膨らみ同士がせめぎ合うのか 大変にきつい

今日もそれが影響して撮影のために体を曲げられないのでほぼ駆け足撮影でした
今年のここまでの各植生たちは異変続きです 出るべき時に出ない 出ても少数 今しも本来なら自生地いっぱいがスイバヶ原になるところ 繁茂しているのはB区の十字路付近だけです
昨日掲載した紫の訳のわからん花を子供の森側のサッカー場へ 地表すれすれですので丁寧にじっくりと接写 昨日はできなかった真正面の撮影に成功 なんと スミレだった

各スミレは正面からしか見ていないので 真横とかま後ろの様子は知らなかった 今日分かったことは花の後ろに大きなこぶがあることが判った ツボスミレにもあると画像編集で知る 明日はそれの再確認の予定です
昼食を済ませてからピクニックの森へ そこでオドリコソウの後の様子の確認を忘れたことに気づいて自生地に戻る

当サイトを見ている関係者が私の指摘でやばいと慌てたのか 更地になっていた 誰だ? 税金泥棒連中の仕業?

この頁トップへ


風薫る五月の筈が認知症に突入
11/05/09  20:07更新

2011年05月09日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 15.6 0.0 北西 3.5  
2 14.9 0.0 北西 2.6  
3 14.9 0.0 西 1.9  
4 12.8 0.0 西 1.3 0.0
5 12.6 0.0 1.9 0.0
6 13.4 0.0 1.1 0.0
7 15.6 0.0 北東 1.4 0.1
8 17.4 0.0 西南西 0.5 0.7
9 19.2 0.0 1.1 1.0
10 21.5 0.0 南南西 3.2 1.0
11 22.5 0.0 4.4 1.0
12 23.6 0.0 南南東 3.6 1.0
13 23.7 0.0 南南西 7.2 1.0
14 23.6 0.0 南南東 4.6 0.9
15 23.2 0.0 南南東 4.4 0.7
16 22.5 0.0 南南東 5.2 0.4
17 22.0 0.0 北東 3.8 0.5
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 11.9 04:28
最高気温(℃) 24.7 12:44
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
12.7(南南西) 12:51
※20時現在

----- Original Message -----
From: nohara
To: sakuraso@jcom.home.ne.jp
Sent: Monday, May 02, 2011 10:58 AM
Subject: ナノハナ(野原博)

こんにちは。青木さん。お元気でしょうか。
サクラソウも終わり、変わりない毎日をお過ごしでしょうか。
今日も草花等の観察に足を運んでいることだと思います。
入間川の土手ではヤセウツボが5センチほど成長しています。
 
さて、今日の本題は珍しいものをお見せしましょう。
ぞくにナノハナと言っていますが、西洋ナノハナの帯化現象をお見せしましょう。
草花の癌のようなものです。
では、以下に添付します。

 

上の写真で左の黄色い花がみなさんが良くご存じのナノハナで中心の化け物の様うな物が帯化現象です。
 
では、また。

早速返事を出しました

----- Original Message -----
From: 青木実
To: nohara
Sent: Monday, May 02, 2011 9:11 PM
Subject: Re: ナノハナ(野原博)
    
こんばんわ
千原さんこそ草花探索ですね
珍しいものをありがとうございました
私からもお贈りします
旧志木街道跡ノリ面でヤセウツボの大群落を
撮影中に発見したものです
マツバウンランに近いものですが
花の大きさは3ミリ程度しかありません
それでは連休明けにまたも会いましょう
奥様によろしく
これに返事がきました
    
こんばんは、野原博です。

この花はカスマグサだと思います。葉のついている茎の先に一本髭がついていれば間違いなし。

では。


太い大文字で悟らしてくれて やっと 千原さんではなく 川越の野原博さんと知る なんてこった 寿命残り十七ヶ月とはいっても認知症では 生ける屍だね この傾向は益々ひどくなると思います 支離滅裂の内容が増えると思います その際はどうか皆様方のご明察にてお許しを

今のところの認知症的傾向は突発的に発生している 4/28(木)は定診日 午前中までは認識しその用意に時間調整をしたのですが 思い出したのは週明けの月曜日だった


実は四月の後半で二つのテーマがあったが 毎日の更新都度に忘却の国に逃げおった そこでメモっておいた が 一度も思い出すことはなかった この八日間の休憩中に前もって書き入れる予定も 無の世界 だった

やっと 今5/8 正午に書き込められた
 オドリコソウがない
 痕跡を残さないので二度とその場所に行き当らない   


娘夫婦が来てくれて麻雀三昧 認知症て何だ?的に勝ち進んだ
長時間で深夜頃になると疲労で冴えない以外は頭脳明晰だ
これがどうして 忘却と痴呆の世界に入り込むのかな?

人間はこのようにして衰えてから生を閉じるのだと思う 今その過程にいると思う 若い皆さんも バカにしたり聞き流したりしていると私の域に達した時はもう遅いよ
子供の森横堤で発見したシロバナカラスノエンドウが見つからない 冷えているせいで白だけは閉じるものですから探し出すのは容易ではない 私の撮影スタイルは 撮影のために目当ての被写体以外を踏みつぶすことはしないので痕跡がないために難しい 印をつける意識はあるが現場にいると 無の世界 ですから実行することはないのだ ↓は対面の樹木を目印にしてから容易にたどり着いて撮影できたものです    
↓は昨年の発見
第二自生地とさくらそう公園の境にあったオドリコソウがそっくり別の植生と入れ替わっていた いったい何のための入れ替えかね ↓はその現場です

五月六日
上尾の帰りは行きつけのコンミニでおにぎりを買い 大久保横堤の左岸土手の上でぱくついています ここは殺風景の土手だったはずが今日は違っていた

黄色の大群落にカメラで近寄る途中でマツバウンランと出会う 子供の森側よりは生気があって花も大きい 腰痛矯正のために立ち上がると少し先に 川越の野原博さんから07年に提供された密生した大群落画像以来初めて目にする といっても野原博さんの画像の十分の一程度ですが感激したね
ノウルシその他を抜いて何が出るかの不埒の実験で現れたのが 超害草のハルジオン しかも そのままにしている ハルジオンは自生地の全域に繁茂しているが抜き取り作業を見たことはない ある定点で確認するが危害を与えられず彼らは安泰でした 今日は今年度の平成十三年に磯田洋二が保護課から奪い取った血税無駄使い作業の初日 必要もない杭の揺さぶりなんかしておった 何かをまた植えるのか水タンクも用意されていた 動画からの画像です

五月九日
自生地に到着の直前に千原さんが駐車して歩き出したところのようだった 近くにはキャタピラ自転車があったので福島さんだろう

蝶の専門家の関口忠雄氏がいれば自生地の四勇士が揃うところだったなあ 三人三様で別れて活動する

タチイヌノフグリの撮影中 ロープがやたらと動く 千原さんだった 認知症に入りがかっている私を矯正するのか やたらと質問が多い そして 今日の目的はタチイヌノフグリにニワゼキショウ どちらも千原さんが見つけてくれました おかげさまで時間の短縮ができた 今日の予定行動範囲は総合運動公園手前の大久保横堤の左岸土手までですので モタモタしていると周りきれない虞があった
11:59大久保横堤の左岸土手でおにぎりをぱくついていると南西方向のお空さんが笑みをたたえている 慌ててシャッター 細かい鰯雲と太陽を狙ってシャッター 車内に戻っておにぎりを始めると 雨よけのアクリルが七色に輝いている 陽光の当り具合だろうと無視した ところが フロントガラス越しにロープのような虹が見える これも陽光の当り具合と無視したが念ために車から降りて見ると正真正銘の虹だった 約五分間の天体ショーだった
ピクニックの森のチョウジソウは日向部分のは満開 正午ごろからの強い南風に揺らされて良い絵が取れない 簡単にすまして子供の森へ

この頁トップへ

5月後へ  4月後へ  年頭に思う  トップページ  ご意見箱