6月後へ  6月前へ  年頭に思う  トップページ ご意見箱 

自然の四方山話 6月(中)

 6月(中)の目次 
 節電で熱中症死亡例が増える論  
 ネジバナ期待に応えてぞくぞく 
 極大キノコの名称探しに七時間 
 オカトラノオ他双タイプ揃い文 
 コカモメヅルは早朝の花なのに 
 自生地内のトラノオ属幾タイプ? 
 執念の千原さんネジバナ見つけ 
 シロバナユウゲショウ雨に映える 
    

自生地内のトラノオ属幾タイプ?
11/06/20  20:35更新

2011年06月20日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 21.3 0.0 南南東 0.3  
2 21.5 0.0 1.3  
3 21.2 0.0 南西 1.4  
4 20.9 0.0 北西 1.0 0.0
5 20.5 0.0 西北西 0.7 0.0
6 20.6 0.0 北西 1.7 0.0
7 21.3 0.0 西北西 1.3 0.0
8 22.3 0.0 北西 0.9 0.2
9 24.4 0.0 南西 0.8 0.9
10 25.1 0.0 北北東 1.1 0.8
11 27.2 0.0 南南西 1.9 0.9
12 27.3 0.0 南南東 2.8 0.2
13 27.5 0.0 2.1 0.2
14 27.5 0.0 南南東 3.0 0.0
15 26.5 0.0 2.4 0.0
16 25.5 0.0 2.9 0.0
17 25.3 0.0 2.4 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 20.4 04:49
最高気温(℃) 27.7 13:07
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
6.9(南) 11:12
※19時現在
千原さんの持論は在来種専門 外来種は見向きもしない トラノオ属について葉の形がどうでこうで 毛があるのないの ヌマトラノオ以外では 俺は花の中心の色で見分ける

各種参考書でもはっきりと同定していないので 俺はある偉い先生の理論を採用している その先生は本を出していないが しっかりしたものだ

その説では ノジトラノオの花の中心は赤 濃緑・薄緑はヌマとオカになると先日解説されていた そこで撮影しているのでしたら画像が欲しいと申し入れていた 送られてきたのは赤ではなかった 間違えたのだろう ↓がその画像
そこで返事無しにしていた 今日はあることを頼まれていたので会うことになっていた

私は珍しく八時に家を出た 車の中に座ると風通しが良い なんと土曜日から窓は閉めていなかったのだ こういうことが頻繁になる

B区入口第一の杭のピンポン玉ほどのホオズキを撮影 私なりにトラノオ属を見て回るが 花の中心が赤いのは見つからない 自生地内でノジトラノオが見つかっているのはたったの二株 探し下手の私の手には負えない
管理棟前にもアキガセニワゼキショウ(仮称)が繁茂している これらの撮影中に千原さんの車がよぎった気がした 確認のために電話するとまだ家にいて毎日九時半に家を出るとのこと 九時を回ったばかりなのでどうするか迷っていた というのは 今朝は立ち眩みが尋常ではないのであまり動きたくない 小一時間はかかるだろう どうすべきか 空を見ると絵になる様相だった
十時過ぎについた千原さんが指差したのは間違いなく赤だった
ノジトラノオはすかしてもほんのりと赤いですね 全体像の撮影を忘れたが 形は ずんぐりむっくりで頭を垂れるオカトラノオと同じ

改めて見直すと オカトラノオは宝くじに当たるようなものだった 今年はオカ・ヌマ・華奢で花弁が細く長いのをノジトラノオとしていたが別だとすると 確かに四つのタイプがあることになりますね 退屈しのぎの宿題ができたなあ

土曜日の大型キノコらは全滅と言うことでした 見に行くことにして その前に桜草公園池を散策
ハナヤエムグラと判明
    
今日も千原さんの指差したものがほとんどでした 体力の限界で早々と別れた

22時 追 記
小江戸川越周辺の草花の野原博さんからメールが来ました
      
----- Original Message -----
From: 野原博  To: sakuraso@jcom.home.ne.jp
Sent: Monday, June 20, 2011 9:43 PM
Subject: ノジトラノオ


今晩ンは、野原博です。
ノジトラノオについて、少々能書をこかせてください。
まず写真を見てください。
葉の先を見てください。ノジトラノオ以外の葉は先は尖っている。先がやや丸く切れ込んでいるのは右の写真本種のみ。
花の構造、茎の毛の状態いろいろまやかしのウエッブサイトがあるが、迷ってはいけない。葉の先の丸みのあるものが本物である。
似ているものは殆どノジトラノオ以外の奇形か変異でノジトラノオは現在は殆ど見ることができない、絶滅しているといっても過言ではない。
信じなくても、救われる人は信じる。
川越のバッドマンより。ではごきげんよう。

----- Original Message -----
From: 野原博   To: sakuraso@jcom.home.ne.jp
Sent: Monday, June 20, 2011 9:50 PM
Subject: ノジトラノオ(追記)


追記、ひろしより。
ノジトラノオはわずか2数(週)間程で姿を消す。
今が旬、うっかりすると草刈りされ見ることがない。
次の年に現地に入るとすでに草刈り完了。なんて涙涙。
こうなると個体数が減り、ほとんど消滅する。一度お目にかかっただけで添付した写真が一枚有るのみである。

再度、おせっかいです。
キキョウソウの上の???の花の名前はハナヤエムグラで帰化植物。


----- Original Message -----
From: 野原博   To: sakuraso@jcom.home.ne.jp
Sent: Monday, June 20, 2011 10:34 PM
Subject: 感謝


青木さん、すばやい対応ありがとうございます。
さすが、サクラソウ自生地の主だけあり、まだまだ、お元気の様子ですね。頑張ってください。
自生地のオカトラノオは変異、奇形が多くおかしなものばかりで、ベトナム戦争時の枯葉剤ではないですが、薬品の影響でもあるのでは、土壌が腐っていますね。

この頁トップへ


極大キノコの名称探しに七時間
11/06/18  22:55更新

2011年06月18日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 18.8 0.0 東南東 2.1  
2 18.8 0.0 東南東 1.9  
3 18.8 0.0 東南東 2.0  
4 18.8 0.0 南東 1.4 0.0
5 18.8 0.0 南東 1.3 0.0
6 19.5 0.0 南南東 1.0 0.0
7 19.9 0.0 1.1 0.0
8 20.0 0.0 南南西 1.5 0.0
9 20.6 0.0 南南東 1.2 0.0
10 21.0 0.0 南南東 1.3 0.0
11 21.1 0.0 南南西 1.5 0.0
12 21.6 0.0 東南東 1.6 0.0
13 22.0 0.0 南東 2.0 0.0
14 22.3 0.0 東南東 1.5 0.0
15 22.0 0.0 南南西 1.9 0.0
16 21.6 0.5 南西 1.3 0.0
17 20.9 0.5 北北西 0.7 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 18.7 04:50
最高気温(℃) 22.8 14:28
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
3.8(南南東) 14:04
※22時現在
    
 引き上げる途中で管理棟前の芝

 生でネジバナを撮影していると

 千原さんがやってきた 土曜日

 は来ない方なのに凄いキノコを

 見つけた 見に行きますか と

 いうことで子供の森へ案内され

 ました

 遠目にもわかる大物だった    
記憶はトンズラしているのでWEBで探して七時間もかかった 画像一覧にしていないHPが多いので全部を開く羽目になった

私の記憶ではタマゴタケ属なんですが 何処にもない かろうじて似ているのがクロシワオキナタケだけでした 決め手は 色合いと条線とぬめりがある点でした しかし どの画像も袋は無かったので怪しい

この手のキノコとしては超大型ですね

千原さんとしては日曜日は休む私にどうしても本日見せたかった訳 明日の日曜日が雨で無ければ あの地はバーベキュー場と化すので
一日で全滅の運命だからです

しかし 今日の私はトンマでした あの成菌を撮影するのに不用意に幼菌を三個もつぶしてしまった 何を慌てたのかな 情けなかったね 私の撮影スタイル違反だからね
明日は休みます

この頁トップへ


シロバナユウゲショウ雨に映える
11/06/17  16:37更新

2011年06月17日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 17.4 1.5 1.6  
2 17.4 1.5 北北西 2.0  
3 17.2 1.5 北北西 2.4  
4 17.3 1.0 北北西 2.1 0.0
5 17.5 0.5 北北西 2.3 0.0
6 17.6 0.5 3.1 0.0
7 17.8 0.5 北北西 3.4 0.0
8 18.1 1.5 3.1 0.0
9 18.5 2.0 北北西 2.8 0.0
10 18.9 1.5 北北東 2.4 0.0
11 19.4 1.5 北東 2.2 0.0
12 20.5 0.0 北北東 1.5 0.0
13 20.5 0.0 北東 2.6 0.0
14 21.0 0.0 北北東 2.5 0.0
15 19.8 0.0 北東 2.3 0.0
16 19.8 0.0 北東 2.6 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 17.1 03:33
最高気温(℃) 21.2 14:17
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
6.3(北) 05:40
※16時現在
六月に入って今日までに約100mmも雨は降った 小降りになったところで重い腰をあげた

上空は雨雲で暗い レーダー図では当市の一部を除いて雨雲がないのに関東地方全域で降雨は記録されている 撮影中も降ったりやんだり ユウゲショウと言われるだけあってアカバナユウゲショウの大半が閉じていた

この環境でシロバナは元気だ

この頁トップへ


コカモメヅルは早朝の花なのに
11/06/16  19:30更新

2011年06月16日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 19.0 0.0 0.9  
2 19.6 0.0 1.3  
3 18.6 0.0 北西 1.4  
4 18.1 0.0 北西 1.7 0.0
5 17.8 0.0 北西 1.4 0.0
6 18.2 0.0 北西 1.7 0.0
7 18.6 0.0 西北西 1.8 0.0
8 19.5 0.0 北西 1.6 0.0
9 19.7 0.0 西北西 1.8 0.0
10 20.5 0.0 西北西 1.5 0.0
11 21.6 0.0 南西 1.2 0.2
12 22.9 0.0 南西 1.6 0.0
13 23.8 0.0 2.0 0.0
14 24.1 0.0 南南東 2.7 0.0
15 24.3 0.0 南南東 2.6 0.0
16 23.6 0.0 南南東 1.8 0.0
17 21.5 0.5 南南東 1.4 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 17.7 04:54
最高気温(℃) 24.5 13:49
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
5.9(南南東) 14:03
※18時現在
昨年のしつこい観察で08時前後に一斉に咲いて三十分ほどで閉じ出すことを発見しながら この時間では良い絵は撮れない そこへアクシデントが発生する
 ←を撮影していると私の目の前

 で老夫婦に捨てられたチビが

 私を探し当てたのか一目散に

 吹っ飛んでくる

 ご飯かと思って駐車場までくる

 よう手招きするとついて来た

 ところが道路を横断しようとし

 ない 私が帰ると思ったようだ

 紙製お椀にカリカリを入れて
この子にとって 食事が目的ではなく 私に飛びついて犬のように顔を舐めたいのだ 猫の仕草ではない まるで犬だ 何とか食べるよう促すと二、三口で止め私にすりすりする 家の猫を扱うようにすると よだれは垂れるわ クウクウ言うわ この子にとって最高の瞬間のようだった

薬師堂の猫たちと比べると人間への甘え方がまるで違う 人間に最低でも半年は可愛いがられた経験からの仕草です

私にとっては弱ることになります 私を探すポイントを掴んだチビは毎日のようにまつわりつくでしょう 撮影にも支障が出ますね

まつわりついて離れないために取材を諦めてチビと別れ 桜草公園池へ
野原では蚊はいないが 森の中は凄いですね 蚊取り線香を意識から遠くに置いたものですから しまったと思ったが 車に積んでいるのだから戻れば済むのに その気は起きない 体力不足ゆえ

車の元へ戻るコースに 子供の森を一周できる舗装道路を歩いていると 耳が遠くなった私にもエンジン音が聞こえた 通行禁止なのに 振り返ると 秋ヶ瀬公園管理事務所のパトロールカーだった

慌ててよけてあげた パトロールカーの後ろで 若い老夫婦に会釈された 見覚えのない顔なのに 以前 自生地でお会いしていて私の毒気にさらされた方でした 人の顔がなかなか覚えられない

昼食には時間が早過ぎる 帰宅ももったいない そこでNHK電波塔周辺の田んぼで遊ぶことにした

この頁トップへ


ネジバナ期待に応えてぞくぞく
11/06/15  21:52更新

2011年06月15日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 21.0 0.0 北北西 2.0  
2 20.5 0.0 北北西 1.5  
3 20.3 0.0 北北東 1.2  
4 20.2 0.0 北北東 1.5 0.0
5 19.9 0.0 東南東 3.6 0.0
6 19.8 0.0 東南東 2.2 0.0
7 19.5 0.0 東北東 2.3 0.0
8 20.0 0.0 東南東 3.3 0.0
9 20.4 0.0 東北東 2.2 0.0
10 21.4 0.0 東南東 2.5 0.1
11 22.2 0.0 東南東 1.5 0.4
12 23.0 0.0 東北東 2.0 0.1
13 23.5 0.0 南東 1.6 0.2
14 23.5 0.0 南東 3.3 0.1
15 23.8 0.0 南東 2.3 0.0
16 23.8 0.0 2.7 0.0
17 23.6 0.0 2.8 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 19.4 07:05
最高気温(℃) 24.3 15:28
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
6.9(南南西) 12:50
※21時現在

帰宅したのが遅かった上に二時間も昼寝 加えて猫の検索で時間を取られて今日もこんな時間になってしまった

今日は早出した 最初に桜草公園池 続いて元駐車場でシロバナマンテマとネジバナらとランデブー ところが 千原さんが作った大きな目印に立っても何もない その上 涼しい南風だというのに立ち眩みが激しい

ままよと しゃがみ込んでいると なんと足元にネジバナ 喜び勇んでシャッター 目線の先にまたもネジバナ その先にも そして 目線の先に千原さんの姿 さすがは千原さん シロバナマンテマを早々と見つけ出す
二人で桑の実を食してから自生地内に入る やはり専門家は凄い 根気とまめさでついに本年最初のコカモメヅルを見つける
E区下流の桜草公園との境で懐かしい被写体と 例年になくヒナキキョウソウが群落していた
ここで千原さんはカメラを変えて元駐車場へ 私は上流側に向かった 行きつけのコンミニで食糧を購入 薬師堂に向かった 入口あたりで 面白い模様のしゃれたススキと出会う
昨年出会った親子猫のねぐらに着くと 親猫と黒トラの子猫がいた 親猫は車に覚えがあるのか 振り返った 色々と言葉をかけて薬師堂についておにぎりをかじり出すと あの猫たちがやってきた 三毛の親猫は10日ここでキャットフードをあげた猫にそっくりだ

ご飯? 待ってね 紙お椀二つにキャットフードを入れて差し出す 子猫は飛び下がった 親が食べたのを見て恐る恐る食べ出す
さて どっちがどっちでしょう よく似ているが…
親は食べ終わると正座して声は出さないが 見つめてくれた上で立ち去った 一方の子猫は正座して動こうとしない 足りなさそうなので もう一袋出してあげる 五、六口食べただけで正座している 食べないならと片付けるが逃げることはしなかった 黄色の花が三輪 生花的に狙うと子猫が良い位置にいてくれた

この頁トップへ


執念の千原さんネジバナ見つけ
11/06/14  17:44更新

2011年06月14日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 21.3 0.0 2.0  
2 21.1 0.0 1.8  
3 20.9 0.0 1.1  
4 20.4 0.0 南南西 1.4 0.0
5 20.7 0.0 東南東 1.1 0.0
6 20.4 0.0 2.7 0.0
7 19.9 0.0 東北東 2.6 0.0
8 20.5 0.0 東北東 2.8 0.0
9 20.0 0.0 東北東 2.7 0.0
10 20.5 0.0 北東 2.2 0.0
11 21.2 0.0 東北東 2.7 0.0
12 21.9 0.0 3.4 0.0
13 23.1 0.0 2.9 0.1
14 24.4 0.0 3.2 0.8
15 24.3 0.0 東南東 2.0 0.1
16 24.7 0.0 南東 1.7 0.2
17 24.7 0.0 南南東 1.3 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 19.8 08:56
最高気温(℃) 25.0 16:41
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
6.4(東) 12:14
※17時現在

生まれつきの健忘症が超高齢と共に日常的なんかではなく秒単位で起こる 今朝もホームセンターで水道用具とのこぎりを買う予定が のこぎりを忘れ コンビニで買い物して車に戻るとカギない どこにもない 何故かを気が行かないのだ そこへ 美人店員さんがカギをかざして素晴らしい笑顔で飛んできてくれた そのうち 家に戻りつかないかも知れないね
 自生地入り口のサクラソウ公園

 池の脇に千原さんの車が見えた

 池の東側でド派手なチェック

 シャツの千原さんがなにやら

 撮影していた
顔が合うなり ネジバナ見つけたよ 元駐車場だという 案内すると歩きだすが
 
中間色がなかなか見つからない ほら 白と赤の中間の
直ぐ目の前に祖先色が残っている白花を指差すと青木さんのと色が違うよという 昨日掲載した「先祖の色が残るシロバナユウゲショウ」だという あれは開き切る前は先祖色ですが 開き切るとこのような色合いになるんだと そうだと思うと解説して納得

元駐車場では印をつけた位置と範囲の説明を受け 聞きながらある一点に足をつけようとすると ストップ そこにシロバナマンテマがある!と叫んでいる 先日のとは場所が異なり しかも 群落していた

雉を三度も逃げられたという C区とE区の入り口でキジだ!と千原さん 第一シャッターは千原さんのド派手なシャツがカーテンに あわてて千原さんの脇の下からシャッター かろうじて姿を捉えた オス鳥だという

今日も全て千原さんの指示したのが収穫になった

この頁トップへ


オカトラノオ他双タイプ揃い文
11/06/13  17:40更新

2011年06月13日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 21.5 0.0 南東 1.7  
2 20.6 0.5 南南東 2.7  
3 18.4 3.5 南南東 2.0  
4 18.1 9.5 東南東 1.2 0.0
5 18.2 5.5 北東 1.8 0.0
6 18.5 1.0 1.7 0.0
7 18.9 0.0 北北西 2.2 0.0
8 19.9 0.0 北北西 2.9 0.0
9 21.2 0.0 3.0 0.0
10 22.2 0.0 東北東 1.4 0.1
11 23.5 0.0 東北東 1.2 0.5
12 24.4 0.0 1.9 0.1
13 24.8 0.0 2.1 0.2
14 24.3 0.0 2.4 0.0
15 24.0 0.0 1.9 0.0
16 24.0 0.0 南南西 2.3 0.4
17 24.0 0.0 1.6 0.1
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 17.9 03:54
最高気温(℃) 25.1 13:26
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
6.0(北北西) 08:46
※17時現在
丑三つ時から降り出した雨は06時までに20ミリ 自生地以外は池化していた オカトラノオ ヌマトラノオ ノジトラノオなどが競いだした ノジトラノオは過去にも出会っているでしょうが 他の二タイプと明らかに違うことを初めて知った 地面にだけ神経が行っている間に頭上の白夾竹桃が花をあらかた落としていた

アキガセニワゼキショウが子供の森に隣接のサッカーや野球グランドに未だ元気だった
ウマノスズクサを目の悪い私は右側の葉っぱとの違いをおぼろげながら蕾の認識でした パソで顔が向こう向きと知る 明日は正面が撮れるかだ 一方のシロネは1ミリ未満ですので目視や撮影でもシャープではないので花?というところです

この頁トップへ


節電で熱中症死亡例が増える論
11/06/11  20:15更新

2011年06月11日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 22.3 0.0 南東 1.2  
2 21.8 0.0 南西 0.9  
3 21.7 1.0 南南東 0.5  
4 21.4 4.5 南東 1.7 0.0
5 21.1 5.0 1.9 0.0
6 21.2 3.0 北東 1.6 0.0
7 21.3 2.0 2.2 0.0
8 21.8 0.5 北西 2.9 0.0
9 21.8 0.0 北西 3.6 0.0
10 21.8 0.0 北北西 1.1 0.0
11 22.3 0.5 2.0 0.0
12 22.5 0.0 北西 1.9 0.0
13 23.8 0.0 北北西 1.9 0.0
14 24.9 0.0 北北西 1.6 0.0
15 25.6 0.0 1.5 0.0
16 26.2 0.0 北東 1.5 0.3
17 26.4 0.0 南南東 1.7 0.5
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 21.1 06:52
最高気温(℃) 26.8 16:37
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
7.2(北西) 08:35
※18時現在
これを取り上げたWEBニュースが行方不明 おぼろげながら反論する

平成十三年の一月から自生地の毎シーズンの毎日を見るようになって 嘘が蔓延しているのに驚いたものでした

爾来 専門家と称する連中の論は信用しないようになる
節電で熱中症で死亡するのが増えるとは何を根拠にしているのか たしかに昨年の新記録の連続猛暑で死者が出たのは事実ですが それは機械文明病によるものであって 機械文明病を取り払えば死ぬことは無くなる

豊かとは 卑弱 能なし堂に押し込められる 

貧しい時代に戻れば何事にも耐えられるものです 現状をどうやって逃げるか よけるか 知恵が働きだすからです

ただし 都会では熱中症から逃げられても 別の危険に襲われる虞は十分にあります 豊かの副産物である犯罪です 防犯に成功すれば熱中症になったり それによって死ぬことは無くなります キーワードは防犯です

なんだか変な風に落ち着いてしまった


今日こそ梅雨入りですね 雨が上がりかけた正午近くに自生地へ 土曜日とあって待ちきれない人たちが秋ヶ瀬橋橋脚下でバーベキュー

三月に目の前で捨てられた猫が管理棟前にいた 声をかけると振り返り 認識した途端に寝転がってくねくねしていた    
    
明日は休みます

この頁トップへ     ご意見箱

6月後へ  6月前へ  年頭に思う  トップページ