年頭に思う
2012年元旦

明けましておめでとうございます どちら様も良いお年を

本年も個々には賀状を差し上げずに欠礼いたしました
  
昨年の書き出しは
――昨年は鳩山総理 その前は麻生総理 で今年は菅総理 ここ五年来では元旦に総理の顔が変わっていた 来年は誰だろうか――
と揶揄したのだが本物になっちまったね 七年?連続だ

で 来年は誰になっているのだろうか

円高や東日本大震災で壊滅的な日本経済を立て直す手立ては中々ない 高学歴社会が災いして工場で働く人手が不足している 人件費も高い ついに兵庫県にある大企業の工場が閉鎖して中国に移転するという

国家機関の無駄遣いを仕分けすれば経済の立て直しができると謳った民主党が政権を取った 実際に政権を取って見ると絵に書いた餅だったと知る

思考錯誤の真っ最中であるが 救いの手として武器輸出三原則を緩和して経済立て直しの活路にと目論んでいる

それをいち早く中国が慌てた
 日本は軍事大国への道を進む
とけん制し出した

それはそうだろう アジアはアメリカの権益下にある 経済大国にのしかかった今 軍事力をアメリカ並みにすれば牛耳れると踏んでいたのを 日本が武器輸出三原則を緩和すればなし崩しに軍事大国に突入しかねないのは気に入らんのだ

中国は軍事も大国たらんと空母をロシアの廃船手直しと自前の二隻を試験航行していた 他国への侵略ではなく自国防衛のためだと戯言を並べていた 自国防衛なら広い陸地で十分 なぜなら 現在ではアメリカがしているように 洋上から他国に攻撃機を飛ばして攻撃できる空母は専守防衛ではないのだ
   
昨年は予期しない事件が多発 今年は昨年以上に大変な年になろう

1.東日本大震災の不可能に近い後始末
2.国土防衛をしてくれている米軍沖縄基地に対する無礼な処置で
  アメリカが つねり 出す
3.これを見越した中国は威圧を連発

   
中国に対する緩和剤として中国国債を5億ドルも買うことに 昨年末訪中した野田総理が確約したという

頑張ろう日本! 皆既月食で月が消えないように 暗黒世界にも世界があるのだから何かしら会得して 戻った明るい月の世界に備えようぞ
 
この頁トップへ

1月前へ   道順  トップページへ