4月前へ  もどる  花期・道順  トップページ   

サクラソウ3月

 3月の目次 
 春の花が冷風に弱いとは何故? 
 サクラソウ自生地行き雨で中止 
 ホソバノオオアマナ突然大出現 
 ホトケノザの白花が自生地脇に 
 3/5以降の氷点下は昨年に次ぐ 
 サクラソウ開花予想外れ月末に 
 サクラソウが咲いた本年第一号 
 大遅刻の春の一番が大暴れだ 
 弱った思いついたテーマが逃亡
 アマナは強冷風に今日も閉じた
 サクラソウがまたも一輪咲いた 
      

大遅刻の春の一番が大暴れだ
12/03/31  15:25更新

2012年03月31日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 15.5 0.0 × ×  
2 16.0 0.0 × ×  
3 16.2 0.0 × ×  
4 16.0 0.0 × × 0.0
5 16.1 0.0 × × 0.0
6 16.1 0.0 × × 0.0
7 16.6 0.0 × × 0.0
8 17.2 0.0 × × 0.3
9 18.4 0.0 × × 0.0
10 18.7 0.0 × × 0.1
11 17.8 0.0 × × 0.0
12 18.3 0.0 × × 0.0
13 17.9 0.0 × × 0.0
14 17.2 0.0 × × 0.0
15 8.1 11.0 × × 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 8.0 15:00
最高気温(℃) 18.8 10:10
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
×(×) ×
※15時現在
カラカラに乾いている中での大暴れで自生地は砂煙の中 いい時にお空の散水車が韋駄天走りでやって来た
これを編集中の14:10西側で雨粒が窓ガラスを叩いていた 慌ててカメラを突き出した
見事なタイミングで散水してくれた 喜ばしいことですが あれだけあったサクラソウの姿がノウルシの陰に入って影も形もない 今年もごく一部でしかサクラソウだの自慢ができないね

散水前の今日の様子です


  第一号が最終ランに先を越されて
 
 今日は第二号にも先を越された

 極寒で誕生したのはある意味で

 長寿と言えるかもしれない
 
雨の予報で守る会のボランティア活動は休みです 会長さんと情報源がまめに見回っていた

散水車は15:12現在埼玉県にだけ(横幅)に被さっている およそ一時間たらずで千葉県に移転するでしょう

四月は28日まで無休で続けます GWは全休します

この頁トップへ


ホトケノザの白花が自生地脇に
12/03/30  16:35更新

2012年03月30日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 7.9 0.0 西南西 1.2  
2 7.5 0.0 南南西 1.5  
3 7.9 0.0 南南西 0.6  
4 8.4 0.0 南東 0.8 0.0
5 5.5 0.0 西南西 1.3 0.0
6 6.2 0.0 静穏 0.1 0.0
7 7.0 0.0 北北西 2.1 0.0
8 6.7 0.0 西北西 0.7 0.0
9 7.9 0.0 西北西 1.5 0.0
10 9.0 0.0 北西 1.9 0.0
11 10.1 0.0 北西 0.5 0.0
12 12.1 0.0 東北東 0.6 0.0
13 15.4 0.0 北西 1.0 0.1
14 19.4 0.0 北北東 4.7 0.2
15 19.7 0.0 4.6 0.8
16 19.1 0.0 6.4 0.2
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 5.5 05:05
最高気温(℃) 20.3 14:31
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
13.0(北) 15:43
※16時現在
 
七時半起床 曇っていた パソオン これは日課だ 衛星写真を見ると富士山を挟んで二つの雲の塊がにらめっこしている 三ッ峠の富士山は見えるかと開くと雲ははるか上空にあった
三ッ峠ライブカメラより
御殿場ライブカメラより
気温が七℃台では冬並だ 自生地では変化はあり得ないと正午に到着 守る会の詰所ではお弁当している老婦人がいた この言う時私は必ず
 よろしく召し上がれ    
と挨拶します

この挨拶様式は相模平野と現町田市周辺で取り交わしていたものですが 東京近辺では皆さんがきょとんとします

ところが 年配のご婦人は意味を理解していて返礼されていた

情報源や蝶の専門家の関口忠雄氏からはサクラソウの新しい情報はないと言われ 私も確認しないでおいた ただし A区とC区が向かい会う一角に他が3センチごろに 10cmに成長したブロックを確認するも花芽のみであった
これ以上は何もないので引き揚げるべく詰所に立ち寄ると関口氏が
 シロバナホトケノザがあるあるよ 素晴らしい挨拶に感激した
 ○○さんが案内してくれるよ
自生地周辺にシロバナホトケノザがあるとは宝くじを当てたようなものだ 長年この花を探し続けていたが見つからなかった それがA区と元駐車場境界上にあるとはね

この頁トップへ


サクラソウがまたも一輪咲いた
12/03/29  17:55更新

2012年03月29日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 6.6 0.0 北西 5.7  
2 6.4 0.0 北北西 4.7  
3 5.7 0.0 北北西 2.9  
4 5.5 0.0 2.7 0.0
5 5.1 0.0 2.1 0.0
6 5.6 0.0 3.9 0.2
7 6.7 0.0 北北東 2.8 1.0
8 8.6 0.0 北北西 2.3 1.0
9 10.0 0.0 北北西 1.7 1.0
10 11.3 0.0 北北西 1.0 1.0
11 13.4 0.0 北西 1.5 1.0
12 14.4 0.0 2.2 1.0
13 16.1 0.0 東北東 3.2 1.0
14 16.9 0.0 北北東 3.3 1.0
15 17.5 0.0 北北東 3.7 1.0
16 16.2 0.0 北北東 4.4 1.0
17 14.5 0.0 北北東 4.4 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 4.7 05:42
最高気温(℃) 17.6 15:23
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
10.5(北西) 00:47
※17時現在
 
今日は四時間滞在の全てを俄かガイドに費やした ふた組目のご夫婦にガイドしている間中 スリムなお爺さんが何度も来ちゃ離れ来ちゃ離れをしていた 最後はご夫婦との移動にもついていた

昨年お会いしている海老名市の方です 私の記憶には全然ありません 今年は大型バス一台でやって来るのでその下見に単独で来られたと言う 四月十一日とのこと 大きな絨毯はないが すだれ越しの直前ですので侘びしいながらも来た甲斐は少しあると思います と言うことで サクラソウ以外に見るべきもの所在を一緒に回った

海老名氏と別れたところで B区駐車場中央で情報源が指揮棒で何やら差しながら招いている サクラソウの開花第二号だった

今日も十七℃台まで行きながら 風を嫌った各タイプのアマナは閉じるか半開きだった 桜花も咲く気配はない
A区東端ではヨシが10cmを越えていた そこで記念石碑前を丹念に見て回ると三センチのが一本だけ出ていた

サクラソウも出たがっていないで至急咲きださないと 遅れた分 四月十日前後ではヨシのすだれ越しに見る羽目になりかねない状況ですね

この頁トップへ


サクラソウが咲いた本年第一号
12/03/28  18:30更新

2012年03月28日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 3.9 0.0 北西 1.0  
2 3.7 0.0 北西 1.5  
3 2.7 0.0 西南西 1.0  
4 2.3 0.0 西北西 1.3 0.0
5 2.0 0.0 北北西 0.6 0.0
6 1.8 0.0 南南西 0.7 0.1
7 5.0 0.0 南東 1.1 1.0
8 7.1 0.0 西 1.0 1.0
9 8.7 0.0 北北西 0.5 1.0
10 11.2 0.0 北北西 1.3 1.0
11 13.5 0.0 北北西 1.7 1.0
12 14.2 0.0 北東 0.8 0.9
13 16.1 0.0 北西 2.6 0.9
14 16.1 0.0 1.8 0.7
15 16.6 0.0 北西 1.7 0.9
16 13.3 0.0 北北西 6.1 0.1
17 11.9 0.0 北西 6.4 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 1.4 05:35
最高気温(℃) 17.4 14:54
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
14.0(北西) 15:33
※17時現在
 
今朝も1℃台まで気温が下がった 三ッ峠の富士山がモヤでかすんでいた これは気温が上がる現象だなと勝手に決め込んだ
三ッ峠ライブカメラより
気温も急上昇している もしかしたらアマナ達が全開するかもしれない 今はアマナ以外見るべきものがないので 寄りかかろうとした

記念石碑前で保護課主催の守る会の勉強会で立てこんでいるので B区駐車場側中央付近のアマナを探索 ほとんどが怠けていた 北風がやや冷たいからだ その一角に ノウルシの満開があった 記念石碑前が空いたので苞がすべて取り払われたサクラソウを見ると 開きかけていた 気温が上がり出しているので夕方頃には開くかもしれない 夕方前にもう一度来ようと決心する
第二回予想より二日早かったが 第一回予想の範囲内であった 経験則がなさしめた的中率です
帰宅途中で小さな渦が競争するかのように目の前一帯で渦巻いていた 気温も下がったようだ 埃は舞い それを鎮めるかのように雨粒も降っていた 昨夕の予報はぴたりと当たったね

この頁トップへ


ホソバノオオアマナ突然大出現
12/03/27  16:40更新

2012年03月27日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 2.5 0.0 北北西 0.8  
2 1.3 0.0 北西 1.6  
3 1.5 0.0 北西 2.2  
4 2.1 0.0 北北西 3.3 0.0
5 1.1 0.0 西北西 1.3 0.0
6 0.7 0.0 北西 0.5 0.2
7 2.4 0.0 南西 1.5 1.0
8 5.0 0.0 北西 1.5 1.0
9 8.5 0.0 北西 3.9 1.0
10 9.9 0.0 北北西 2.5 1.0
11 11.0 0.0 北北西 1.3 1.0
12 11.7 0.0 北西 1.6 1.0
13 12.8 0.0 北北東 2.1 1.0
14 13.9 0.0 東北東 3.2 1.0
15 14.1 0.0 北東 4.0 1.0
16 13.7 0.0 北東 3.8 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 0.0 05:47
最高気温(℃) 14.2 15:05
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
8.8(北北東) 15:09
※16時現在
 
夜半から低温が続いて瞬間的ですが0,7℃まで下がった 午前中の気温上昇は遅々としたものですから 荒川河川敷のアマナ類は閉じるか半開きだった

三年ぶりでこの時期に子供の森のアマナブロックと白木蓮の様子を見て回った

子供の森は枯れ木ながら風はフィルターを通したようなものですから柔らかい それでも空気は冷たいので ここも閉じていた 白木蓮も半月前後の遅れだ
号数は発芽順序です 第一号よりも二十日以上遅れた発芽株の方が先に咲きますね その理由は気温にあります 先に発芽したのは厳寒の最中 寒が引きかけてから発芽したのは暖に抱かれたためにすくすく育つのでしょう 三月の三十一日前後に開くでしょう
本来は記念石碑のある中央通路入り口付近で賑わうのですが 昨日も目を皿のようにして探すも葉っぱだけだったのが 今日はA区でご覧ように賑わっていた B区側では明日かな
至る所で 葉だけで咲いていないのが半数近くあります 正午前後で十五℃を保てれば 自生地はアマナヶ原となりましょう なりましょうとは
南北を問わない風を嫌う・冷えた空気・曇りや雨に弱いために全開しないという趣旨です 何時いついらっしゃいと誘えないのがアマナの性質なのです
矢印はA区鴨川寄りのサクラソウです 今のところ 平成十三年を凌ぐ感じです ただし 色合いは冴えない薄いピンクです
      
情報源とは 管理作業に長年関わっている男性で 自生地の隅からスミまでの植生を知り尽くしている方です      

この頁トップへ


アマナは強冷風に今日も閉じた
12/03/26  13:20更新

2012年03月26日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 3.6 0.0 北西 1.3  
2 3.3 0.0 北北西 1.9  
3 3.0 0.0 北北西 1.7  
4 1.8 0.0 北西 1.6 0.0
5 2.1 0.0 0.6 0.0
6 2.2 0.0 南西 0.3 0.2
7 3.6 0.0 0.6 1.0
8 5.8 0.0 北北西 2.2 1.0
9 7.5 0.0 北西 4.3 1.0
10 9.3 0.0 北西 3.3 1.0
11 10.4 0.0 北西 6.9 1.0
12 9.0 0.0 北北西 6.2 0.6
13 9.8 0.0 北西 5.8 0.1
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 1.0 06:09
最高気温(℃) 10.7 10:52
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
11.6(北北西) 11:14
※13時現在
  
昨夕は三時間ほど関東暴れん坊が暴れまくった 今朝も瞬間的ながら1℃台に 陽が昇るにつれて上がるが10℃止まり 関東暴れん坊も突然暴れ出した こうなってはアマナ・ヒロハノアマナ・ヒロハノアマナモドキ・ホソバノオオアマナらは目覚める様子はない

記念石碑前のサクラソウのツボミは進化なし 1輪だけは3月末の開花は間違いなし 後のは四月二日前後に開くでしょう

地球温暖化と叫ばれる以前に回帰したかのような様子です

この頁トップへ


サクラソウ開花予想外れ月末に
12/03/25  14:15更新

2012年03月25日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 4.2 0.0 南南東 0.3  
2 2.3 0.0 静穏 0.1  
3 2.3 0.0 西 0.7  
4 1.9 0.0 北北西 1.4 0.0
5 1.9 0.0 北北西 1.5 0.0
6 1.4 0.0 西 1.1 0.2
7 2.8 0.0 西北西 1.0 1.0
8 4.9 0.0 北西 1.7 1.0
9 8.7 0.0 西北西 0.8 1.0
10 10.3 0.0 2.6 1.0
11 11.4 0.0 北北西 1.3 0.6
12 10.9 0.0 東北東 3.1 0.2
13 12.2 0.0 東南東 2.6 0.5
14 13.1 0.0 北西 1.3 0.9
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 1.2 06:04
最高気温(℃) 13.1 14:00
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
8.3(北西) 12:34
※14時現在

快晴だった が 早朝気温が1℃台だったので温まるのを待って10時に10℃になったところで出かけた 桜草橋に着いたところで暗雲が立ち込め 冷たい微風に変化していた 案の定 アマナ類は開きかけて硬直したかのように静止していた

一方のサクラソウは 第1号サクラソウの裏手(記念石碑寄り)の群落の中で 金曜日には無かったツボミがあった その中の1輪は苞が全て取れた状態だ

日照があって氷点下にならない限り この1輪は月末に咲くでしょう 二月7日に発見してから咲くまでに7週強かかったことになる 多分 有史以来の最遅速ではないかな
B区駐車場側でようやく姿を見せた ホソバノアマナと仮称してきたが ホソバノオオアマナと改称します

早々と引き上げた後で青空が現れ 日差しも強い 風も微風ですのでアマナ等は咲き切ったかな この時点で訪れた方々は幸運ですね 全域が全開するのはワンシーズンに一度あるかどうという代物です

この頁トップへ


サクラソウ自生地行き雨で中止
12/03/24  13:45更新

2012年03月24日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 7.0 0.5 北北西 1.3  
2 7.1 0.0 北東 1.4  
3 7.3 0.0 北北東 1.5  
4 6.2 0.0 北北東 3.5 0.0
5 5.6 0.0 北東 3.0 0.0
6 4.9 0.0 1.5 0.0
7 5.1 0.0 北北西 0.7 0.0
8 5.0 0.0 北北西 1.0 0.0
9 5.4 0.0 北西 1.2 0.0
10 5.6 0.0 1.9 0.0
11 6.2 0.5 北北西 0.9 0.0
12 7.1 0.5 北西 1.1 0.0
13 7.7 0.0 南東 1.0 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 4.9 07:39
最高気温(℃) 7.9 12:34
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
7.0(北北東) 03:46
※13時現在
  
二度寝で起床したのが08:30 空は曇っていた パソオン 三ッ峠ライブカメラ画像を見ると頂上は雲の中 清水港ライブカメラで七号目から頂上は鮮明に見える 一方の御殿場ライブカメラは雲で何も見えない 忍野八海は雲もなく鮮明に見える 河口湖周辺からの方が見える率が高かった
忍野八海ライブカメラより
 
立ち上がって道路を見ると行きかう人々は傘をさしていた 雨域を気象庁のレーダー画像で見ると雨雲は全くない
気象庁より
今見えている本物の雲は雨雲としてレーダーは認識しないようだね そこで衛星写真を見ると微かに薄雲があるように見える  
気象庁より
  
夜中よりも気温が下がっている中では自生地のアマナや第一号サクラソウや認識できていない他のサクラソウも 変化はないので怠けちゃった

十一時現在雨脚がやや強くなった
 
明日は休みます
ただし 晴れている場合は取材し更新します

この頁トップへ


弱った思いついたテーマが逃亡
12/03/23  16:15更新

2012年03月23日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 7.1 0.0 0.6  
2 6.0 0.0 東北東 0.4  
3 8.5 0.0 北北西 1.7  
4 8.9 0.0 1.7 0.0
5 7.8 0.0 北東 1.8 0.0
6 8.0 0.0 北東 0.9 0.0
7 8.3 0.0 北東 0.7 0.0
8 9.2 0.0 静穏 0.1 0.0
9 10.0 0.0 北西 0.9 0.0
10 10.8 0.0 北西 0.8 0.0
11 11.4 0.0 0.6 0.0
12 10.8 0.0 1.3 0.0
13 10.2 0.0 東北東 1.6 0.0
14 8.9 0.0 東北東 1.5 0.0
15 8.1 0.5 東北東 1.1 0.0
16 8.0 0.0 1.3 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 5.8 02:12
最高気温(℃) 11.6 10:58
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
3.7(北西) 03:20
※16時現在
過去十年で最も早かった開花は三月十六日 最も遅かったのは昨年の三月三十日 それも西南桜通りではたったの一輪であった で今年は今のところ蕾も見えない この分では開花は四月初めでしょう 四十年前はそうであった 幼稚園の入園式では満開だったし どの幼稚園もストーブを焚いていた

健忘症は生まれつきですが 最近のはロケット並だ

アドリブの名人ですが テーマ構成もアドリブですからメモる時とか キーボードに指がかかった瞬間にアドリブテーマが消える

今 画像編集ソフト内に画像が二カット呼び込んである 消えたテーマと関連するんだろうが さっぱりわからん そこで二カットの意図不明の画像で新たに綴った
一昨年よりも遅かった昨年の開花第一号は上記のとおり 遅れた昨年に輪をかけて同じ日の今日は苞が割れた程度
夜間気温は8℃台で推移し09時には10℃を越えた しかし 04時に北九州にあった豪雨域が11時には当地でもパラパラと降りだした

こんな状況では第1号サクラソウとアマナ類に変化はなかろうと思いながら出かけた アマナは案の定だった
現在目に見えるアマナは全体の3分の1強程度です 蕾さえないブロックが多数です 昨日紹介したホソバノアマナは そのような名称は山地に生存しているものだそうです

私が仮称にした自生地のホソバノアマナは山地とは違い 他の3タイプよりも葉が細く しかも 横着なのか寝転がっているものです 花の姿も鋭利な短剣と言う感じ 花も直径5センチ前後になる大型です この花は気候に影響されずに咲いてくれます

この頁トップへ


3/5以降の氷点下は昨年に次ぐ
12/03/22  22:00更新

2012年03月22日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 2.8 0.0 西南西 0.3  
2 2.1 0.0 静穏 0.2  
3 1.3 0.0 静穏 0.0  
4 0.5 0.0 0.8 0.0
5 -0.4 0.0 北北西 0.7 0.0
6 -0.2 0.0 西北西 0.4 0.0
7 0.7 0.0 北西 1.5 0.1
8 2.5 0.0 西北西 1.3 0.7
9 4.8 0.0 西南西 1.2 0.9
10 6.6 0.0 北西 0.8 0.6
11 8.5 0.0 北北西 1.5 0.5
12 9.6 0.0 北西 1.0 0.2
13 11.4 0.0 0.7 0.2
14 12.0 0.0 北北西 0.5 0.0
15 12.9 0.0 0.5 0.0
16 13.5 0.0 1.4 0.0
17 13.3 0.0 北北東 1.0 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) -0.7 05:36
最高気温(℃) 13.7 16:41
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
3.9(北) 15:46
※21時現在
 
地球温暖化と騒がれていた時は三月五日以降の氷点下はなかった 一昨年から三月中に氷点下になり出した 今シーズンは冷えたシーズンでしたが 昨日までその卦はなかった

この氷点下と一日中の曇天でアマナ類やオオイヌノフグリが閉じたまま 正午過ぎに薄日も差し 気温も自生地の日陰気温が15℃を差したので いったん引き揚げ 今日は月一の通院日なので15時に再訪することにした
ヒロハノアマナの特徴は 葉の幅は1cm 長さは10cm未満 葉の中心に白線がある 生態は個体単位の集合ではなく 家族単位で固まり それぞれの家族が集まって社会を作る

これに似たのが↓の画像
生態はヒロハのアマナにそっくり 葉の幅は1cm 長さは20cm強 白線はない 家族単位で固まって それぞれの家族が集まって社会を作る

何故か今年は昨日も紹介した ホソバノアマナ(青木実仮称)がまだ現れない ということはアマナ類は未だ旬に差し掛かって無いのでしょう

自生地の四タイプのアマナの内のヒロハもどきとホソバは各種図鑑や写真集にも記載がないので 仮称として扱っています
15時に出なおしたが アマナ類はやや開いた程度 強いヒロハノアマナもだめだった 所作なし 病院にはまだ一時間ある 時間をもてあましているところへ あるご夫婦が目に入った      
奈良市から見えられたのに見るべきものがないのでは可哀そうなので俄かガイドに打って出た

最後のところで 閉じてはいるがオオイヌノフグリの大群落を案内した 途中で完全武装した熟年女流写真家とすれ違いざまに挨拶した 何かを言われているのですが 耳が遠いので理解できない で 奈良市のご夫婦とオオイヌノフグリを話していたのを熟年女流写真家が奈良市のご夫婦と会話している

私も入り込んだところで熟年女流写真家が一緒に歩き出し
 
もしかして サクラソウ情報の 八十
 ああ 見て頂いているのですか 有難うございます 86歳の
各地へ出かけての取材のベテランのようでした

昨日に続き愛読していただいている方と出会うのはうれしいですね 何でもアマナを検索したところ当サイトと出会ったそうでした

奈良市のご夫婦とも話が合い 節分草について弾んでいたが 病院の最後の受付時間が迫ってきたのでお三方と別れた

明日は雨模様のようですね 散水は賛成ですが アマナが閉じたままになるでしょう

この頁トップへ


春の花が冷風に弱いとは何故?
12/03/21  15:50更新

2012年03月21日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 5.1 0.0 北北西 5.0  
2 4.6 0.0 北北西 5.1  
3 4.3 0.0 北北西 5.2  
4 3.7 0.0 北北西 5.4 0.0
5 3.4 0.0 北北西 5.2 0.0
6 3.6 0.0 5.4 0.0
7 4.2 0.0 北北西 4.4 0.7
8 5.5 0.0 北北西 5.7 1.0
9 6.4 0.0 北北西 7.1 1.0
10 8.2 0.0 北西 7.2 1.0
11 8.9 0.0 北西 8.8 1.0
12 9.9 0.0 北北西 6.2 1.0
13 10.6 0.0 北北西 4.8 1.0
14 11.2 0.0 北西 5.2 1.0
15 11.4 0.0 北北西 4.9 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 3.3 05:06
最高気温(℃) 11.5 15:00
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
16.7(北西) 10:52
※15時現在
今日も昼前から関東暴れん坊が好きなように大暴れだ 衛星写真には筋雲がない 強風現象がないのに暴れまくる これだけ暴風があるのに富士山は煙っている

この時期の関東平野は悪名高き空っ風の名所ではあるが 西側にかかる山地には手が伸びていない それゆえ 陽光を浴びた無風の山地の湿気が蒸発して煙るのかね

代表的な春の花であるアマナ類とオオイヌノフグリは冷気や風が吹くと閉じてしまう 私並みの怠け者なのかね

第一号サクラソウのツボミの成長度が見えてきた 今日の時点から夜間気温が低くてもプラスで 日中気温が10℃を越えれば 昨年の田島白(サクラソウ)のように五日後に開花したように 咲くでしょう

昨日引き揚げてから通常のアマナとヒロハノアマナもどきが 一斉に咲いたようだ ただし 自生地には4タイプあるアマナの中で ホソバノアマナ(青木実仮称)まだ姿を見せていない 気温が抑え込んでいるようですね
昨年の画像です 花の形が他の3タイプと違います
  
アマナ類が全開するのはワンシーズン中に一度あるかという稀なものです 半開きは1週間ほどは続きます 質素ですが見応えは有ります
 

この頁トップへ


4月前へ   もどる  花期・道順  トップページ