5月前へ  4月前へ  花期・道順  年頭に思う  トップページ  

サクラソウ4月(後)

 4月(後)の目次 
 地球が冷える周期になる虞あり 
 サクラソウの最終章で雨は過酷 
 韋駄天で去る在シーズンを追う 
 本当に昨今は大ボケで弱ります 
 今年の桜草は花数少ないが長命 
 総括の予定が睡魔に勝てず中止 
 桜草祭りはお空の応援で大成功 
 D区の田島白奇跡の花びら四枚 
 昨秋からサクラソウまでを総括 
    

昨秋からサクラソウまでを総括
12/04/28  19:00更新

1.地球温暖化退却

地球温暖化が突然姿を消したような昨年だった それを証明するかのようにNASAでは『天が落ちた』なる実体を発表した 事実は天ではなく雲の高さが通常の平均を30mも下がったと言う こうなると雲の下の高い気温が雲の上に逃げだして気温が低下すると言う

この説を保証するかのように『国立天文台/JAXA』によれば
太陽観測衛星「ひので」、太陽極域磁場の反転を捉えた
一言で言えば地球は寒冷期に入るらしい  
 
以上は専門機関の発表ですが市井の吾らでも物の形でその現象を見ることができた
   
昨年十月に入ると同時に最低気温は二十度を割り出した 桜草公園の管理職員さんの話しでは十月十二日頃にE区の下流側のソメイヨシノが咲いたと言う 私が知ったのは十七日 大島桜とソメイヨシノが競演していた
今日の気温は桜日和紅葉も同じ を参照してください
  
元駐車場とA区境界付近では十月としては初めて絨毯のように ホトケノザが咲き誇っていた 残念なことに除草作業で全滅する
    
2.最低気温がプラスだったのは8日
    
昨年の十二月九日の0,9℃に始まって 本年二月二十一日までにプラス気温は八日しかなかった 最低気温もべらぼうに低かったのはごくわずかしかなく マイナス2℃前後が延々と続いた
    
一月十日前後に発芽していたサクラソウは十八日遅れて発芽するが
2/1−5℃ 2/3−6,7℃ 2/5−5,3℃
の当地では超低温にやられ消滅した

次の発芽は2/7に記念石碑前で これを第一号とした
  
しかし 以後に続くサクラソウはなくマイナス気温が消え出した二月後半からようやく発芽が賑いだした

これも マイナス気温はないが低温が続いたために成長は遅々とし サクラソウにとっての超害草であるノカラマツも中々発芽しない

例年の定点観測ではサクラソウの株数は変わらないが開花率が低い 邪魔されずに見渡せる情景は4/13迄でした

ヨシとオギが突然成長スピードを上げた スイバも負けずとすくすく 悪かった2006年よりも悪い 史上最低の2004年に次ぐ悪さです 4月中へご参照

こうして平成二十四年は悪いままシーズンを終えた
    
NHKにもの申す
今日の自生地は来観者が多かった その理由は 今朝のNHKの一都六県の番組で十八日に放送した物の再放送をしたらしい それを見た方々が押し寄せたのであるが 現実は放映された内容はどこにもないのだ ほとんどが文句タラタラだった

NHKは見ようが見まいが構わずに料金を徴収している公共放送機関である 有りもしないものを有るが如く放送するのは犯罪だ

その十八日の放送にしてもインチキもいいところである
第二自生というのはS50年来に再指定したのだろう S43年の四月に私と現在の基礎(管理思想)を作り上げた功労者の青木儀修さん・その時点で十年も一人で管理していた梶山さんと磯田洋二の四人で うっそうとした森でしかない現第二自生地を探索していた 昔はサクラソウがあったと言う理由で しかし 現実はサの字もなかった

第二指定地としてからサクラソウを移植したのである 天然ではないから私は一向に関心が持てない

第二自生地の4/14の画像は虫が知らせたのであろう なんとはなしにシャッターを押したものです

今年の第二自生地もサクラソウ以外の植生はほとんど成長していなかった 十四日時点でもこれだけ見えている このアングルから言う奥はもっと豪華だったようだ その片鱗が上の方でかすかに見えている

一方の本来の第一自生地の4/18では絵にするほどのものはないゆえに NHKか保護課か 或いは磯田洋二によるのか S43年四月半ばにマスコミが入り込んでの撮影等は禁止された

それをいとも簡単に破ってしまった しかも 有得ないことを現実の情景として放送してしまった 更に悪いことに 今朝の再放送が事実とすれば NHKはインチキを基本としているのか

そのように糾弾する根拠は4月中へご参照によるものです

今日の正午頃に確認の電話をいれたが 散々内容を言わせておいて 担当と代りますのでお待ちくださいと待たされた挙句に 係りがいないので『承っておきますでよろしいですか』と逃げられた メールによる質問をやるが 逃げるのが落ちだろうとここでもの申すと相成った次第です

NHKがとぼけるなら インチキを買わされる気はなく料金支払いを止めてでも抗議運動に移します
   
   ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

十八日の放送について当サイトで取り上げた部分を転載します

4/19
平日にしては凄い人出 昨日NHKが取材に来ていて 昨夕のニュース枠で二度放送したそうです 放送の影響力は凄いですね

ただし 凄い映像だったそうですが 昨日の取材でそんな凄い被写体があったとは信じがたい もしかしたら入ってはならない中に入り込んで撮影したかもしれない
      
2012年04月28日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 15.2 0.5 2.0
2 15.0 0.0 1.3
3 14.9 0.0 北西 1.0
4 14.7 0.0 北北東 1.8 0.0
5 14.7 0.0 北西 1.3 0.0
6 14.7 0.0 北東 1.3 0.0
7 15.6 0.0 北東 1.2 0.9
8 16.0 0.0 東南東 1.3 0.4
9 17.8 0.0 北北東 1.2 0.2
10 18.7 0.0 東北東 1.2 0.3
11 19.5 0.0 西 0.7 0.5
12 21.0 0.0 東北東 2.4 0.9
13 22.5 0.0 2.1 1.0
14 23.4 0.0 東南東 2.7 1.0
15 23.5 0.0 東南東 3.9 1.0
16 22.6 0.0 5.2 1.0
17 21.4 0.0 4.1 1.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 14.4 05:31
最高気温(℃) 23.8 14:12
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
8.1(東北東) 15:56
※18時現在
  
一昨日からのシトシト雨が夜半まで続いた 春から初夏にかけて正午頃から風が強くなるので草花の撮影は十時前後が良いと経験則です

最近ではめったに早出しないのに今朝は八時に出て 左岸土手のシロバナカラスノエンドウを探すことから始めた

大変だった 雫だらけで膝から下がびしょ濡れだった 自生地では不満をぶちまけた人たちを案内しまくった
 ピクニックの森ではノカラマツ

 同様にチョウジソウが遅れた

 チョウジソウブロックで最も

 成長したのをゲットしているが

 他の開花は十日先でしょう

 ムラサキケマンや

 セリバヒエンソウは時節に

 合わしたが数が少なかった     
元駐車場の桑並木で

29と30日は休みます

この頁トップへ


総括の予定が睡魔に勝てず中止
12/04/27  16:55更新

2012年04月27日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 15.7 0.5 2.2
2 15.6 0.5 0.7
3 15.6 1.0 東南東 1.8
4 15.8 2.5 2.1 0.0
5 15.7 0.0 2.1 0.0
6 15.8 0.5 東北東 1.6 0.0
7 16.0 1.0 北北西 1.5 0.0
8 16.4 2.5 0.9 0.0
9 16.4 0.5 2.4 0.0
10 16.4 1.0 3.2 0.0
11 15.8 1.5 4.2 0.0
12 15.6 0.5 3.7 0.0
13 15.9 1.0 4.1 0.0
14 16.1 0.5 4.3 0.0
15 16.3 0.0 3.8 0.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 15.5 00:44
最高気温(℃) 16.6 09:54
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
7.8(北) 12:19
※15時現在
 
最近はパソの前に座ると睡魔に襲われる 一応 二度寝ながら八時間はねんねしている 睡魔に襲われるのはパソの前だけ 自生地や運転中は睡魔が出てこない 今日もテーブルの上のパソに頭を打ち付けて目が覚めるありさまです こういう時は思考も停止している

総括は 後で少しずつ書きためて纏める予定です


雨では自生地は絵にならないが足が勝手に回った 気温は十五℃台 北風3mでも薄着では寒さで震えが止まらない シャッターもままならない

鴨川岸崩落の現場をもう一度仔細に見たいが いいアングルでは危険すぎるのであきらめた

この頁トップへ


韋駄天で去る残シーズンを追う
12/04/26  17:57更新

2012年04月26日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 17.0 0.0 東南東 2.3  
2 17.7 0.0 南東 3.5  
3 17.8 0.0 南東 3.0  
4 18.1 0.0 南東 3.2 0.0
5 18.2 0.0 南南東 3.6 0.0
6 18.2 0.0 南南東 3.3 0.0
7 18.5 0.0 南東 4.1 0.0
8 18.8 0.0 南南東 4.3 0.0
9 18.7 0.0 南南東 4.2 0.0
10 19.3 0.0 3.6 0.0
11 20.1 0.0 4.9 0.0
12 19.8 0.0 6.1 0.0
13 20.2 0.0 4.9 0.0
14 20.0 0.0 南南東 4.9 0.0
15 18.7 0.0 4.9 0.0
16 17.9 0.0 4.1 0.0
17 16.9 0.0 6.0 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 16.9 17:00
最高気温(℃) 20.6 12:49
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
12.3(南南東) 13:31
※17時現在
 
曇りの上に強風では接写撮影は手プレ防止機能があっても難しい 重い腰が余計に重くなる サブタイトルを頭にねじ込んで自生地にたどり着いた

今日も教えまくった 顔馴染みのご夫婦も一組あった
 
五年ぶりでE区の奥の標高1mの竹藪に近づいた うっそうとした竹藪の筈が 上り口が明るすぎる 上がって驚いた 10m近くあった岸が崩落して絶壁になっていた

崩落した塊は川面に寝転んでいる 枯れ木や竹があるのを見ると昨年の東北大震災時に崩落したようだ

下方に水があっても上昇しないのだから枯れるのだ

この頁トップへ


D区の田島白奇跡の花びら四枚
12/04/25  15:40更新

2012年04月25日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 16.0 0.0 静穏 0.2  
2 15.7 0.0 西北西 1.2  
3 15.6 0.0 北北西 1.0  
4 14.4 0.0 北西 0.8 0.0
5 13.3 0.0 北北西 1.3 0.0
6 13.4 0.0 北西 0.9 0.0
7 15.1 0.0 東北東 0.9 0.0
8 16.8 0.0 東南東 0.8 0.4
9 17.4 0.0 1.4 0.0
10 17.9 0.0 2.9 0.0
11 19.4 0.0 3.0 0.3
12 20.7 0.0 南東 2.6 0.4
13 21.4 0.0 南南東 2.8 0.5
14 21.6 0.0 南東 3.2 0.1
15 20.3 0.0 4.5 0.1
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 13.1 05:44
最高気温(℃) 22.0 14:17
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
7.3(南東) 14:34
※15時現在
D区の田島白は不運だった ようやく咲いたのに何かの影響で落下した 残りの蕾二つの内の進化した一つは真西に(観覧路からでは真横)向いているのと ヨシとオギに遮られて花の全容は見られなかった

今朝は なぜか 顔が少しだけ観覧路に向いてくれた そこで四枚と知る 多分 歴史上初めてではないかな 平成十三年から毎年視認できる範囲の田島白を見てきたが 変形種はなくすべて標準の五枚だった それが見事な四枚だった

教えまくったよ 奇跡・幸運だから宝くじを買うと当たるぞよと喚き散らした 笑いの渦は起こるが 買う人はいそうもなかった
葉や花の形はマツバウンランにそっくりですがね 昨年来から同定できずにいる 昨年も同じ場所 周りには正規のマツバウンランはなかった 今年は出始めでこの株だけでした
↑と↓は同じヒメオドリコソウですが 基盤の形と色合いが違う

この頁トップへ


今年の桜草は花数少ないが長命
12/04/24  16:40更新

2012年04月24日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 14.1 0.0 北北西 1.5  
2 14.2 0.0 0.4  
3 13.0 0.0 北西 1.8  
4 12.4 0.0 北北西 1.7 0.0
5 11.7 0.0 西南西 0.5 0.0
6 11.7 0.0 西北西 1.3 0.3
7 14.0 0.0 北北西 2.9 1.0
8 17.2 0.0 北北西 3.1 0.8
9 18.7 0.0 北北西 2.0 1.0
10 19.8 0.0 2.0 0.9
11 20.6 0.0 0.8 0.9
12 21.8 0.0 北東 2.0 1.0
13 23.6 0.0 北東 2.7 1.0
14 24.1 0.0 3.7 1.0
15 24.6 0.0 東南東 2.3 1.0
16 24.5 0.0 1.1 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 10.9 05:32
最高気温(℃) 24.8 15:33
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
7.1(東北東) 13:34
※16時現在
 
予報どおり熱中症になりやすい陽気になった
 
昨年は乾燥でノカラマツは冴えなかった 今年は地球温暖化が退却して古に近く回帰したためにノカラマツは駐車場側以外では冴えない おかげでというかサクラソウを覆い隠すことはない

ところがだ そのサクラソウ何故か株数は変わらないのに(例年の定点観測)花数は半分以下だった

今のところ 全体が遅れ気味でしたので昨年よりは楽しめられる個所が多い ですがGWは無理でしょう

今朝は上尾へ行く前に自生地に立ち寄った B区の田島白前で三脚を立ててローアングルで取り組んでいる方がいて 偶然なのか 先方が気付いたためか 立ち上がって振り向いた 見覚えのある顔だ 思わず
 横浜?
相手は頷いた

自生地での最初の出会いだった 友人夫婦と平成十三年から何年か続いた 今日は奥方は来てなかった 日曜日を予定していると言う 間に合うかなと まあ かろうじてかな? 上尾に向かうべく失礼した

   ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
  
    
子供の森横堤上流の田んぼから見て回った 
ピクニックの森は季節たがわずと言いたいところですが 数が少ない


自生地では小グループの観察会の皆さんや ご夫婦や二人連れのご婦人が多かった 今年はやたらと この時期の訪問者が多いと感じる

今朝は 昨日来の雨であらかた頭を垂れていたが 正午ごろではしゃんとしていた 大規模は無理ですが 散歩がてら程度には まだ楽しめます

この頁トップへ


サクラソウの最終章で雨は過酷
12/04/23  16:10更新

2012年04月23日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 9.6 1.0 北西 2.3  
2 9.5 0.0 北北西 2.0  
3 9.4 1.0 北西 2.0  
4 9.6 1.0 北西 1.8 0.0
5 9.8 0.5 北西 1.8 0.0
6 10.1 0.5 北西 1.5 0.0
7 10.3 0.0 北北西 2.0 0.0
8 10.7 0.5 北北西 2.6 0.0
9 11.1 0.5 北西 2.5 0.0
10 11.8 0.0 北西 2.0 0.0
11 12.6 0.5 北西 1.8 0.0
12 13.4 0.0 西北西 1.9 0.0
13 13.6 0.0 北西 1.6 0.0
14 14.1 0.0 北北西 1.3 0.0
15 14.9 0.5 東北東 1.0 0.0
16 14.5 0.0 北西 1.0 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 9.3 02:45
最高気温(℃) 15.0 15:24
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
4.9(北北西) 07:42
※16時現在
 
毎度思う タンポポのように冷えるとか雨の時は閉じる ところがサクラソウは氷点下で変色する以外は厳としている ただし 雨の時はみじめだ

雨水で重いのか 或いは花粉を守るために頭を垂れてしのぐのか 痛ましい姿だ
孤児トラは13歳のリキ爺さんに甘えたいのだが ここ三年来ではウザいのかリキ爺さんは暴力をふるう トラは布団の中にいるこの時とばかり布団越しに体を寄せてしのぐのだ 未だに 私の声音と目線が合うと一目散に逃げる

この頁トップへ


桜草祭りはお空の応援で大成功
12/04/22  16:20更新

せっかく動画撮影したのに音声が収録されなかった 益々のご活躍を祈ります 千花有黄ブログ
 
2012年04月22日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 9.6 0.0 北北東 2.0  
2 9.3 0.0 北北東 1.8  
3 9.2 0.0 1.1  
4 8.8 0.0 北北西 2.0 0.0
5 8.5 0.0 1.6 0.0
6 8.7 0.0 1.4 0.0
7 9.2 0.0 北北西 1.4 0.0
8 9.8 0.0 1.1 0.0
9 10.2 0.0 東北東 1.3 0.0
10 10.8 0.0 東北東 1.4 0.0
11 11.1 0.0 1.1 0.0
12 10.5 0.0 西南西 3.0 0.0
13 11.1 0.0 北北西 1.2 0.0
14 11.6 0.0 北西 1.7 0.0
15 11.9 0.0 北西 1.7 0.0
16 12.2 0.0 2.0 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 8.4 05:36
最高気温(℃) 12.3 15:55
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
4.7(西南西) 11:59
※16時現在
 
冷えた一日でした 今年も例年どおり桜草祭り会場へひっきりなしに人の列が続いた 正午過ぎ辺りで小雨がぱらついたがその程度で終わった

今日の自生地は例年よりも立ち寄る人が多かった 相変わらず田島白・花びら四枚とW四枚・ヒロハノハナヤリなどをガイドしまくった
青木幹弥さんから提供されました化物タンポポについて 昨日 神田さんがWEBからコピーしたのを見せられたのに名称をすっかり忘れてしまった メールで再度教わる

――  こんばんは。返信遅くなりまして申し訳ありません。

 今日は情報をたくさんありがとうございました。

 「帯化」現象のタンポポ、すぐ見つかりました。10メートルくらいの間に、左右に6株も! 開花中のもの5株、花が終わっているもの1株。1株に2本出ているものもありましたが、踏まれて茎が割れていました。――
 
さすがですね 私も立ち寄って見ましたが下流に向かって左側の端に固まっていました 根気がなくなっているのでじっくりはできなくなったね

この頁トップへ


本当に昨今は大ボケで弱ります
12/04/21  18:40更新

2012年04月21日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 10.9 0.0 2.9  
2 10.6 0.0 東北東 2.5  
3 10.1 0.0 東北東 2.8  
4 9.7 0.0 北東 2.2 0.0
5 9.9 0.0 東北東 1.7 0.0
6 9.8 0.0 1.4 0.0
7 9.9 0.0 北西 1.5 0.0
8 10.3 0.0 北北西 1.0 0.0
9 10.8 0.0 2.5 0.0
10 11.6 0.0 2.2 0.0
11 12.2 0.0 東南東 2.4 0.0
12 12.8 0.0 1.9 0.0
13 13.2 0.0 東北東 3.6 0.0
14 13.5 0.0 東北東 3.4 0.0
15 13.9 0.0 3.7 0.0
16 13.4 0.0 4.6 0.0
17 12.8 0.0 東北東 4.9 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 9.6 06:21
最高気温(℃) 14.2 15:17
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
8.4(東) 16:53
※17時現在
 
今日はふた組の方に名字で呼ばれて挨拶されたが全然記憶にない うちのひと組は昨年の震災直後にお会いしていたそうです 顔になんとなく覚えはあるのですが思い出せない

出会った蝶の専門家の関口忠雄氏から 神田さんは私の方のグループではなく 青木さんから紹介された方です という それも記憶には無い

引き上げるべく車に寄った時 旧志木街道跡から降りてくる見覚えのある顔の方と挨拶を交わした
 私が神田です
そして手にコピー資料を持って NHKのビデオカメラクラブ員の青木幹也さんから提供された化物タンポポの場所を教えてくれと頼まれるが 昨日早速――昨年ツユクサ白を撮影した土手の少し南左側で変わったタンポポを見つけました――を探索したのですが 見つからなかった 用意してきた地図で話しあっているところへ 関口氏がやって来て話しに花が咲いた
 青木さんは一日に何人も人と出会うから記憶できないのは当然
関口氏が持ち上げている

関口氏からの情報でシロバナヒメオドリコソウが咲いている 五、六株しかないけどね と その地点へは二日に一度は探しに行っているが見つかっていない フクシマの所為かと思ったほどだった

今日は冷えた 春姿では老人にはきつい そこで車に常備している綿入れの上着を羽織ってちょうど良かった
三脚を使って撮影している小学生の五、六年生の子を見て四枚花弁へ案内した 小型のコンデジを1mも離れての撮影だ でしゃばりの私は
 それは遠すぎない?
彼女は再生画像を見せてくれた 顔が青ざめた 画面いっぱいの大写しでピントがちゃんとできているではないか 私のキャノンSX30ISでは1m前後の距離で大写しでピントが良いのはとても無理だ

なんで二万円以内のコンデジが五万もするコンデジより性能がいいのか キャノンよ 肝に銘じよ

シャッターに手を触れている女の子は幼稚園の年長組だろうか ご姉妹が将来の名カメラマンは間違いない

上のカットのも一年生ぐらいの女子でした     
秋ヶ瀬橋脚から上流へ向かうと右手に真っ黒な筒の上に四角の放送塔があります 放送塔から上流へ向かうメタセコイア林の道路との境にヒメオドリコソウが 小ブロック単位に群落しています その中に白花が昨年まではあったのに今年はない

関口氏が見つけた以上はあるはずだと150mの距離内には無かった やはり 老化した目ではだめか 半ばあきらめてハイキングコース側に寄りながら戻ると 萎れかかったシロバナヒメオドリコソウが目に それこそ飛びこんできた

二株しかない それでも大収穫だと気分良くしたのが良かったのか 放送塔から20m地点で飛びとびながら団子状があった

明日雨の場合は休みます

この頁トップへ


地球が冷える周期になる虞あり
12/04/20  17:50更新

  
『国立天文台/JAXA』によれば
太陽観測衛星「ひので」、太陽極域磁場の反転を捉えた     
    どういうことかというと大変難しいので引用します
    
――その結果、予想される時期より約1年早く、北極磁場がほぼゼロの状態に近づいていることが、2012年1月の観測で発見されました――
――この観測の結果から、太陽の北極磁場がまもなくマイナスからプラスに転じると予想されます。一方、驚くべきことに、南極では極性反転の兆候がほとんどみられず、安定してプラス極が維持されていることを、「ひので」は確認しています。太陽の磁場は、大局的には双極子構造(例えば、太陽の南極がプラス、北極がマイナスの棒磁石のような構造)をしていますが、今回の「ひので」の観測結果から、南北の両方がプラス極になる四重極構造になると想定され――     

――今回の「ひので」の観測により、太陽の大局的磁場が四重極構造になる兆候が発見されました。これらの観測結果は、太陽の内部で磁場を生み出すダイナモ機構の状態が、現代的な太陽観測が始まって以来初めて、変動を来していることを示しています。地球が寒冷であったと言われるマウンダー極小期やダルトン極小期には、太陽がこのような状況にあったと考えられており、今後の推移が注目されます
――

一言で言えば地球は寒冷期に入るらしい

そういえば 先日もNASAから天が落ちた(言い伝えは天ですが 実際は雲)が通常より30m下がったと言う こうなると雲の下の温かい空気が上空に逃げだして冷気が漂い出すと言う発表と整合性はありますね

そんな難しい話で無く さいたま市も一昨年から徐々に気温が下がっています 今シーズンの12月から3月までに夜間気温がプラスになったのは二日だけでした 今年は底にあるとは言えないが 今日も冷えている まだまだ下がるとなれば上記両説と符号が合いますね

いいのか悪いのか
2012年04月20日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 12.1 0.0 北東 1.5  
2 11.9 0.0 東北東 2.7  
3 11.5 0.0 北北東 1.7  
4 11.3 0.0 北北東 2.0 0.0
5 10.8 0.0 西北西 0.7 0.0
6 11.0 0.0 北北西 0.6 0.0
7 11.5 0.0 2.4 0.0
8 12.1 0.0 東北東 1.7 0.0
9 12.8 0.0 東北東 2.0 0.0
10 13.9 0.0 東南東 2.0 0.0
11 15.0 0.0 東南東 1.6 0.5
12 14.9 0.0 北北東 1.1 0.5
13 15.5 0.0 1.7 0.2
14 16.1 0.0 北東 1.8 0.0
15 15.7 0.0 3.1 0.0
16 15.2 0.0 4.6 0.0
17 14.1 0.0 4.5 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 10.8 05:31
最高気温(℃) 16.6 13:40
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
7.2(東) 16:52
※17時現在
 
今日も子供の森横堤上流から入りました この時期の農道はほとんど縁がなかったために スミレ類が束になっている情景は食傷気味になってシャッターできない
昨年の子供の森横堤の西はずれから100m地点でシロバナカラスノエンドウが数株あった 今年はこの地にカラスノエンドウは三々五々しかなく 代わりに100mにわたって 幅1,2mのカキドウシの帯だった    
ボランティアでガイドしていた福島さんが 私の顔を見るなり指揮棒をD区の田島白に突き出した なんと無残にも落とされていた

この犯人は 花の寿命ではありません 昨日早朝に咲いたものですから簡単には折れません

考えられることは 撮影していたものが花の向きが気に食わなくて細い棒で突いているうちに落としたものと思われます

幸いなるかな 向かい側のB区の田島白は今朝咲きました
クヌギが伐採される以前の100%陰になるのと午後から西日を受けられるのとでは これほどの違いがありますね
やっと現れたムラサキケマン

この頁トップへ

5月前へ   4月前へ  花期・道順  年頭に思う  トップページ