7月後へ  もどる  トップページ ご意見箱   

自然の四方山話 7月(中)

 7月(中)の目次 
 教育委員会とは教育とは無関係 
 バアソブひっそりと2輪咲いた 
 北風で34℃台南風は40℃越え? 
 反証用撮影に小雨に強風で中止 
 シロバナツユクサの珍しい双子 
 目覚めよさいたま市教育委員会A 
 白花露草我が玄関前で大賑わい 
 ピンクツユクサ初めて3輪咲く 
  
    

目覚めよさいたま市教育委員会A
12/07/20  16:40更新

さくらそう通信れっきとした市報です 情報を紹介する広報誌とは誇大やデマであってはなりません
  
これが市報の定義です
  
ところが教育と名がつく組織が発行するさくらそう通信は嘘八百のデマを堂々と発信しています

A号は 嘘八百やデマ のみを列記し糾弾はB号以降にします
同じことを私に対して 昭和五年に東大のある教授がこんな分厚い本に膝まで潜ると書いているよ 古本屋へ行けば見つかるかもしれない と言っていたのが大正九年に変化した
萱場では膝までどうやって戻るんだろうか
膝までもぐってしまうような湿地だったそうですと伝聞にしておいて ――荒木田は――降った雨は地表を濡らすと直ちに地中深くに浸みこんでしまい――雨水が溜まるような湿地はできない――
どっちが本当なの?さいたま市教育委員会さんよ
    
泥土が肥料になる証拠はない  
管理で洪水は防げない 大雨が降らなくなった
茎が細くとか緑の葉が白化とかを証明していない
灰が肥料足り得るには定着が条件 定着しないことを↓で書きながらこの言い分はない
出だしの 膝まで潜る・萱場・自生地は荒木田で水を溜めない等の整合性の無い内容はデマそのものです   
  
以上を証拠を添えて糾弾するのはB号以降になります
    
2012年07月20日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 20.6 0.0 東北東 4.1
2 20.3 0.0 東北東 2.9
3 19.7 0.0 東北東 3.1
4 19.8 0.0 東北東 2.3 0.0
5 19.8 0.0 東北東 2.3 0.0
6 20.0 0.0 東北東 2.5 0.0
7 20.0 0.0 東北東 2.4 0.0
8 20.3 0.0 3.0 0.0
9 21.2 0.0 東北東 2.3 0.0
10 21.6 0.0 2.8 0.0
11 21.3 0.0 東北東 3.6 0.0
12 21.0 0.0 4.0 0.0
13 19.9 0.0 3.8 0.0
14 20.1 0.0 4.6 0.0
15 20.4 0.0 4.4 0.0
16 19.8 0.0 2.6 0.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 19.5 15:41
最高気温(℃) 22.0 09:52
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
7.3(東) 13:56
※16時現在
 
冷えた一日だった 19℃ではシロバナツユクサは開きにくいようだ ピンクは咲いてくれた 今日の様子です

この頁トップへ


北風で34℃台南風は40℃越え?
12/07/19  16:58更新

2012年07月19日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 26.0 0.0 1.7
2 26.1 0.0 0.4
3 25.4 0.0 北西 1.3
4 25.3 0.0 北西 1.3 0.0
5 25.1 0.0 西北西 0.7 0.0
6 25.9 0.0 北北東 1.2 0.0
7 26.7 0.0 0.3 0.1
8 27.5 0.0 北北西 0.5 0.4
9 29.4 0.0 北北西 1.2 0.5
10 30.8 0.0 北北東 1.5 0.2
11 32.6 0.0 東北東 1.9 0.8
12 33.8 0.0 北北東 2.0 1.0
13 34.8 0.0 北東 2.6 1.0
14 34.0 0.0 5.6 0.7
15 32.2 0.0 7.0 1.0
16 31.0 0.0 6.2 0.9
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 24.9 04:43
最高気温(℃) 35.3 13:11
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
11.6(東南東) 14:59
※16時現在
十一時に32,6℃ 一時間ごとに一度ずつ上がった しかも北寄りの風で ところが突然 東の風7mで2度弱に下がる 更に下がった

とはいっても 高温とカンカン照りと雨無しで自生地ではコバギボウシが枯れ出している

シロバナツユクサも乾燥で小さく1輪だけ 旧志木街道跡に蒔いた白とピンクは息遣いさえない
旧志木街道跡の泥の寄せた場所ではこの時間で縮み出していた 一方 ↓の側溝に沿った場所は多少とも水分が得られるのか通常どおりだ アスファルト上に蒔いた白とピンクは起死回生もないでしょうね
 素人には同定が難しい

 オモダカ クワイ もう一つ

 根っこの頑丈なことに感嘆した 

この頁トップへ


ピンクツユクサ初めて3輪咲く
12/07/18  17:30更新

2012年07月18日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 26.3 0.0 東北東 1.8
2 25.7 0.0 北東 1.4
3 25.6 0.0 北東 1.4
4 25.6 0.0 2.2 0.0
5 25.5 0.0 東南東 1.9 0.0
6 25.6 0.0 東南東 2.4 0.2
7 26.6 0.0 東南東 1.5 0.7
8 27.0 0.0 南南西 2.0 0.2
9 28.3 0.0 1.9 0.1
10 30.0 0.0 2.0 1.0
11 31.4 0.0 東北東 0.9 1.0
12 32.4 0.0 西 1.2 1.0
13 33.4 0.0 南南西 1.4 1.0
14 34.5 0.0 南南東 2.4 1.0
15 33.9 0.0 2.3 0.5
16 33.7 0.0 南南東 3.1 0.2
17 32.9 0.0 南東 3.2 0.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 25.3 04:51
最高気温(℃) 34.7 14:01
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
6.4(南東) 15:50
※17時現在
 
今日は昨日より2,5℃も低いが 体は昨日を記憶したのか昨日同様の暑さだった

我が家のシロバナツユクサは元気だ ピンクの今日は三輪も咲いた そのうちの1輪は怠け者だ 遅れてきて咲き切らずに先に丸めていた

この頁トップへ


シロバナツユクサの珍しい双子
12/07/17  16:30更新

2012年07月17日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 27.6 0.0 南南西 2.1
2 26.7 0.0 西南西 1.0
3 26.5 0.0 南西 1.1
4 25.9 0.0 南西 0.9 0.0
5 26.0 0.0 静穏 0.1 0.0
6 27.8 0.0 南南西 0.7 1.0
7 29.1 0.0 南南西 1.2 1.0
8 30.7 0.0 南南東 1.6 1.0
9 32.2 0.0 南南東 1.4 1.0
10 33.6 0.0 1.4 1.0
11 34.3 0.0 南南東 2.3 1.0
12 35.2 0.0 東北東 1.6 1.0
13 36.3 0.0 2.4 1.0
14 36.7 0.0 南南東 3.0 1.0
15 35.0 0.0 南南東 2.3 0.5
16 34.1 0.0 2.2 0.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 25.7 04:05
最高気温(℃) 37.2 14:08
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
6.1(南) 13:47
※16時現在

朝から暑かった 9時にはツユクサが葉を丸めてしまうほどだった 空は紺碧の色 地平線側にだけ雲は見えるが真上は日本晴れだ 遠に梅雨は明けたと思っていた 帰宅して気象庁を見ると梅雨明けを宣言していた 気温も37℃を越える本年初の猛暑日だ
  
16日
  
17日
ピンクは今日も無断欠勤 シロバナツユクサは昨日ほどの賑わいはないが ブロック1で1輪咲いた ブロック2はピンクと確信しているが育ちが鈍い 自生地のコカモメヅルは早々と閉じてしまった 7時前後でないとランデブーできないようだ

この頁トップへ


バアソブひっそりと2輪咲いた
12/07/14  17:20更新

2012年07月14日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 26.1 0.0 2.1
2 24.6 3.5 南南東 2.1
3 24.4 5.5 南南東 0.9
4 24.6 9.5 南南東 2.0 0.0
5 24.6 0.0 南西 2.1 0.0
6 25.1 0.0 南南西 3.1 0.0
7 25.4 0.5 南西 3.1 0.0
8 27.1 0.0 南南西 2.7 0.2
9 27.5 0.0 南西 1.3 0.2
10 27.4 0.0 北北西 2.3 0.0
11 28.7 0.0 北西 2.1 0.2
12 30.2 0.0 1.4 0.9
13 31.2 0.0 東北東 1.0 1.0
14 32.1 0.0 1.5 0.5
15 32.9 0.0 南南東 2.3 0.4
16 32.0 0.0 南南東 1.9 0.0
17 31.3 0.0 南南東 2.3 0.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 24.2 02:39
最高気温(℃) 33.7 14:43
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
8.5(南南東) 01:20
※17時現在
三っ峠ライブカメラより
我が玄関前のピンクツユクサは今日も現れなかった 生産準備なのでしょう 白は飽きずに咲いてくれています
毎年同じ場所に咲くので立ち寄るたびに見ているのですが見落としていた ここまで咲くとは1週間前だろうか 益々探し下手になる
15日16日は休みます

この頁トップへ


白花露草我が玄関前で大賑わい
12/07/13  16:20更新

2012年07月13日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 24.8 0.0 南南西 2.0
2 25.1 1.0 1.8
3 24.5 0.0 南西 1.6
4 24.4 0.0 西 0.6 0.0
5 24.4 0.0 南南西 0.6 0.0
6 24.5 0.0 西 0.3 0.0
7 25.1 0.0 南西 1.2 0.1
8 25.7 0.0 北西 1.5 0.0
9 26.9 0.0 北東 0.7 0.1
10 28.1 0.0 東北東 0.7 0.4
11 29.7 0.0 南南西 3.4 0.0
12 31.0 0.0 南南西 4.2 0.6
13 31.3 0.0 南南西 4.4 0.4
14 29.8 0.0 南南西 3.7 0.0
15 30.2 0.0 南南東 3.0 0.1
16 29.4 0.0 南南西 3.3 0.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 24.2 04:51
最高気温(℃) 31.7 12:45
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
8.4(南南西) 13:01
※16時現在
  
今日は真夏日に到着する前から蒸しむしして八十六歳の私が 幼児のように首に汗もができて弱った 幼児期に回帰したのなら目出度いが 足腰が立たんのだから四、五重苦だ

上尾で用足しを済ませて子供の森横堤上流側の田圃地帯の休耕田で膝まではいるかを実験と撮影をした 田圃で作業している方にもモデルになって頂いた

その目的は 市報である「さくらそう通信」
25〜27号の各号に磯田洋二が主論を担当し 自生地は大正九年では膝まで入る湿地帯と言いのけておいて 自生地は荒木田土で降った雨水はたまらずに地中深くに沈む と平然と整合性の無い出鱈目論を展開しているのを教育と名がつく連中が疑問を持たずに 野尻課長補佐氏が転出したのを満を持したかのようにいっきょに溜まっていた三ヶ号を掲載した

江戸時代の平民が殿様の奴隷だった時代と異なって 現代では市民の血税で運営されているのであるから 雇い主に嘘八百を押し付ける馬鹿役人を許すわけにはいかないのであります

脳味噌が九割方トンズラしているので小論文をまとめ上げるにはもう少し時間がかかります 予定では分割するです
時間も遅かったのでシロバナツユクサは閉じかかっていました 昨日の小雨で一応は息をつけたはずだが 冴えなかったね

この頁トップへ


反証用撮影に小雨に強風で中止
12/07/12  12:30更新

2012年07月12日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 26.2 0.0 5.5
2 26.3 0.0 6.2
3 26.4 0.0 5.9
4 26.5 0.0 6.7 0.0
5 26.4 0.0 6.4 0.0
6 26.6 0.0 5.6 0.0
7 26.5 0.0 5.9 0.0
8 26.4 0.0 5.6 0.0
9 26.5 0.0 5.8 0.0
10 26.7 0.0 5.6 0.0
11 26.5 0.0 6.1 0.0
12 27.0 0.0 6.1 0.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 26.0 01:17
最高気温(℃) 27.2 11:54
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
15.4(南) 09:19
※12時現在
 
さいたま市教育委員会の馬鹿さ加減を糾弾するために
 雨が降った翌日には膝までもぐってしまうような湿地だった
かどうかをぬかっている休耕田で実験及び撮影をするべく出かけたが シトシト雨を強風があおるものですから 三脚に固定したカメラの防御方法がないので後日改めてということにしました

教育長の首を取る強烈なものを予定しております
    
ブロック4は標準種ですし ブロック5の白とピンクの邪魔になるので引き抜いた 今見えている枝は12あります 根っこ一つでこれだけを養うんですから 人間よりも育児精神は健全ですね
    
渇水が続いているために生きるのがやっとで お産までは手が届かないと言うところでしょうか

この頁トップへ


教育委員会とは教育とは無関係
12/07/11  17:40更新

大津市立中学2年の男子生徒(当時13)が自殺した問題で学校側が実施した全校生徒によるアンケート調査をした その結果は暴力が150件もあっという

にもかかわらず市教委や警察までが伝聞では証拠と言えず 市教委は逃げ 警察も三度にわたるいじめ被害届を無視してきた

伝聞というのであれば端からアンケート調査は無意味でしょう それをあえてやったとは体裁作りと言わざるを得ない

大津市長は涙を流して記者会見 いじめはあったとして和解すると今日コメントがあった

それを 市教委は市長の個人見解と言いのけた

我がさいたま市教委もひどいものです

市の花であるサクラソウを取り上げた光村図書の小学五年国語の内容が出鱈目だよと証拠を添えてご忠言した 六年経った今も音無しの構えです

もっとひどいのは「さくらそう通信」です 野尻課長補佐氏がいらしていた時は私の指摘に納得されて(と思う)WEBへの掲載は控えていたようだった 部署がえと同時に25〜27号が掲載された

この中では鷲谷いずみ東大教授の根拠のない夢物語(トラマルハナバチ)が掲載され 最もひどいのは26号の磯田洋二の馬鹿論だ

過去ログで私と磯田が話し合った内容に 昭和五年ごろある東大教授がこんな分厚い本に膝までつかると書いてある と とぼけていた

その内容が十五年早くなって次のように書いている

国の天然記念物に指定された大正九年当時 その場所は雨が降った翌日には膝までもぐってしまうような湿地だったそうです

と これも鷲谷いずみ同様伝聞にしている

磯田は己が何を言っているのか 分からんようなのだ 磯田はかつては高校教諭 そこらのチンピラとは違う

そういう伝聞があるとすれば 大正九年に三好学博士によってサクラソウを国の天然記念物指定申請に供した調査報告書の内容が大嘘になると気付くはず 糞も味噌も見分けられない磯田洋二を抱え込んで 馬鹿論を世界に発信するとは 教育とは無関係 の所以です
画像は水浸しの休耕田にプロ用三脚を入れたものです 膝まで潜るのであれば丸いねじ回しは見えないものです

底から水面まで約10cm 押し込んで見たがこれが精一杯でした

こういう馬鹿論をさいたま市教育委員会文化財保護課は当たり前のように平然としていられる神経は恐ろしいですね

今日はここまでにします 改めて反証実験を伴って徹底的に絞り上げます 乞うご期待!
2012年07月11日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 23.7 0.0 2.0
2 23.1 0.0 静穏 0.2
3 23.3 0.0 静穏 0.2
4 23.3 0.0 0.9 0.0
5 23.3 0.0 0.6 0.0
6 23.8 0.0 南東 1.1 0.8
7 24.8 0.0 南南西 1.0 1.0
8 25.6 0.0 南西 1.0 0.5
9 26.7 0.0 南西 1.6 0.6
10 29.0 0.0 2.6 0.5
11 30.4 0.0 南南西 3.1 0.9
12 31.4 0.0 南南東 3.9 1.0
13 30.0 0.0 6.3 0.8
14 30.9 0.0 6.2 1.0
15 31.0 0.0 6.2 1.0
16 30.7 0.0 5.8 1.0
17 30.2 0.0 5.7 1.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 22.8 02:05
最高気温(℃) 31.6 11:58
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
14.2(南) 15:33
※17時現在
三っ峠ライブカメラより
 
今日も真夏日だった 九時にはツユクサらは真夏になると察知したのか葉を丸めていた コカモメヅルは一輪も咲いてなかった 以下今日の様子です    
センニンソウが咲いていると福島さんがブログで書いていたのを思い出して 志木街道から鴨川桜堤通り立ち寄って見た 見事に咲いていた まだ七月ですよ

この頁トップへ

7月後へ  もどる  トップページ ご意見箱