8月後へ  もどる  トップページ ご意見箱 

自然の四方山話 8月(中)

 8月(中)の目次 
 昨夜の散水は21時で全滅でした 
 露草の強い生命力に期待し待つ 
 皆さん楽しくお盆休みでしょう 
 気が短いので待つのは厳しい 
 残暑御見舞い申し上げます 
 事故る右足膝を転んでひねった 
    

事故る右足膝を転んでひねった
13/08/22(木)  16:35更新

2013年08月22日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 24.9 0.0 北北東 1.5
2 25.1 0.0 北北東 1.7
3 24.8 0.0 北北東 1.2
4 24.9 0.0 北北西 1.6 0.0
5 25.1 0.0 北北西 1.0 0.0
6 25.3 0.0 北西 0.9 0.0
7 25.7 0.0 北西 1.5 0.0
8 26.6 0.0 北北東 0.9 0.3
9 27.8 0.0 2.9 0.1
10 27.6 0.0 南東 3.0 0.0
11 27.9 0.0 南東 3.1 0.0
12 30.0 0.0 東北東 3.6 0.6
13 31.6 0.0 2.6 0.7
14 30.9 0.0 東南東 2.4 0.3
15 32.0 0.0 1.9 0.8
16 32.7 0.0 南南東 2.2 1.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 24.6 00:37
最高気温(℃) 33.0 15:32
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
6.0(東) 11:43
※16時現在
河口湖北岸ライブカメラより
河口湖逆さ富士ライブカメラより
 
無理を承知の上で自転車道にあった 厚澤・関口シロバナツユクサを見に上った 何と一輪だけ咲いていた 水っ気がない所での生存ですので死に絶えたと諦めていた 3日連続のゲリラ雨で一株で一枝のが生き返ったのだ

ということは 旧志木街道跡の路面に昨年種蒔きして咲いたブロックも生き返ったかと 路面に上がると枯れ草のままだった

傾斜角45℃の5m下へ 誰かが通った跡に沿って降りたところで滑って右膝をひねってしまった

詳細は順に沿って紹介します

厚澤・関口シロバナツユクサの由来は 08/09/25 自生地で知り合った方から自転車道にシロバナツユクサがあると教わった 居合わせた方ともども記念撮影 その画像を後から来られた自然観察会指導員の千原肇んに見せたところ
 厚澤先生と言って観察会指導員を指導する偉い先生だよ
と教わった

翌日だったか 蝶の専門家の関口忠雄氏に白を教えた 関口氏は翌年の夏前に尋ねてきて 水栽培のシロバナツユクサを届けたくれた 昨年に種を採取したとのことでした 自宅で栽培した種を採取して翌年に自転車道の元あった場所に種蒔きした

ゆえに 厚澤・関口シロバナツユクサと名付けたのでした

厚澤さんに出会っていなければ白はなかったし 研究熱心な関口氏だから種の採取があったのでした

翌年の二月に厚澤さんは帰らぬ人となりました
    
人の通った跡に沿って降り出した途端に左足が滑ってしまった 3日続きのゲリラ雨でノリ面が濡れていたのだろう

かかとでブレーキをかけるが 人の通った跡ですからすべすべでブレーキが利かない 両足そろえての滑りなら問題はないが 右足が蔓にからまれて開脚状態に その瞬間 右太股が内側に 蔓にからまれた右足首が右に引っ張られ 膝でカチッと音がした

やばい! カメラところではないと右手に持ったカメラでブレーキをかけ 左手はススキ属を掴んで最悪状態を避けられた

痛みはないが 音がしたのだから時間が立てば最悪状態が現れるかもしれない 右足の折り曲げでも違和感がないのでほっとした
センニンソウヶ原を終えて 悪化する前に手当てしておこうと取材を中止することにした

管理棟前で A区の角にあるメハジキはどうかと 膝は痛くもないことから探しに出かける

あった ツルマメも咲き 初めて目にするマメ科の花もあった

撮影終えて今度こそ引き上げようとした時に 仰向けでもがいているセミがあった 三途の川への途中だろう

カメラを近づけると渾身の力を振り絞ったのか 50cm先に跳んだ 1m内を三度ほど跳んで動かなくなった 今日は怪我した割には収穫があった

16:20現在 動かす 歩き出すと 痛い手前というか 違和感は少し出ています 凄い張り薬がありますので大丈夫でしょう

この頁トップへ


気が短いので待つのは厳しい
13/08/21(水)  16:30更新

2013年08月21日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 25.4 0.0 北北西 1.6
2 25.4 0.0 西北西 1.3
3 25.7 0.0 北西 1.9
4 25.6 0.0 1.1 0.0
5 25.8 0.0 1.4 0.0
6 25.9 0.0 北北東 1.9 0.0
7 25.9 0.0 北北東 2.7 0.0
8 25.6 0.0 北東 2.4 0.0
9 26.9 0.0 西北西 0.6 0.0
10 28.7 0.0 0.7 0.5
11 30.0 0.0 北東 0.4 0.4
12 31.2 0.0 東北東 1.5 0.9
13 31.4 0.0 北東 1.6 0.2
14 32.2 0.0 1.3 0.2
15 32.7 0.0 東北東 1.9 0.3
16 32.5 0.0 東北東 3.3 0.2
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 25.3 01:47
最高気温(℃) 33.6 15:16
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
5.8(東北東) 15:33
※16時現在
三ッ峠ライブカメラより
富士宮ライブカメラより
 
完全に着床したのですから気が逸って仕方がない 二、三日の我慢だ

この頁トップへ


露草の強い生命力に期待し待つ
13/08/20(火)  17:50更新

2013年08月20日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 28.3 0.0 3.0
2 27.4 0.0 南南西 2.2
3 26.6 0.0 南西 1.4
4 26.7 0.0 南西 1.1 0.0
5 26.3 0.0 西北西 1.0 0.0
6 27.3 0.0 南西 1.0 0.5
7 29.3 0.0 南南西 1.4 0.9
8 29.8 0.0 北北西 1.4 0.9
9 31.9 0.0 西 1.3 1.0
10 33.2 0.0 南南西 2.7 1.0
11 34.6 0.0 南南東 1.7 0.8
12 33.9 0.0 南西 2.0 0.4
13 33.8 0.0 南南東 2.8 0.2
14 34.5 0.0 2.8 0.2
15 33.2 0.0 3.4 0.1
16 33.6 0.0 4.1 0.6
17 33.3 0.0 南南東 2.8 0.9
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 25.4 04:54
最高気温(℃) 35.1 11:37
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
7.5(南) 16:00
※17時現在
 
一昨年の引き抜かれたシロバナツユクサが自身の体内水分だけで生き延びて花を咲かせて種子生産した生命力に期待して 奇跡のピンクツユクサの再生を待ってます

今日は上尾から下ってきたがめぼしいものはなかった 端境期?
自生地ではセンニンソウが賑わってきた

この頁トップへ


残暑御見舞い申し上げます
13/08/19(月)  16:15更新

2013年08月19日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 27.2 0.0 南南西 1.7
2 26.5 0.0 南西 1.4
3 25.7 0.0 北西 1.2
4 25.1 0.0 西南西 0.5 0.0
5 25.2 0.0 静穏 0.0 0.0
6 26.3 0.0 静穏 0.0 0.1
7 27.2 0.0 西北西 1.2 0.5
8 29.2 0.0 西北西 2.2 1.0
9 30.3 0.0 西 1.1 1.0
10 31.6 0.0 西南西 1.0 1.0
11 33.1 0.0 北西 1.1 1.0
12 34.0 0.0 南東 1.2 1.0
13 35.9 0.0 2.4 0.6
14 35.1 0.0 南南東 3.6 0.7
15 34.6 0.0 4.1 0.9
16 33.9 0.0 4.0 1.0
17 32.7 0.0 4.9 1.0
18 31.1 0.0 4.3 0.7
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 24.6 05:09
最高気温(℃) 37.0 13:05
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
9.1(南) 17:07
※18時現在
 
残暑と言いましても 今日の当市は37℃を記録しました

各地で大小の事故が有りましたが 当サイトをご訪問されている皆さんは大丈夫だったと思います

それに対して私は悲しい目に遭いました 隣りん家の六つ若い親父さんが私道の草抜きをしていて B5のピンクツユクサをそっくり抜いてくれました この件は13日〜18日にまとめました

丁度一週間ぶりで自生地と白花クサフジブロックを回って来ました

自生地のコカモメヅルはツボミだらけで花は咲かず 果実生産中です シロバナクサフジは原色種共々終焉しサヤエンドウの生産中でした
この事故は昨日発生したらしい 考えられない事故です 酔っ払い運転なら可能です

入口から10mの地点 めったにいない歩行者をよけて落ちたとも考えにくい 盗難車かな? ゆえに放置したままとか
 
十三日のピンクツユクサ

十四日
この環境でよくぞ紅白ツユクサが生存できたものだ

十五日
 
十六日
ワイフの携帯に電話が入った 何やら話しながらワイフは表に出た  戻って来て Sさんがツユクサまで全部引き抜いたと息子さんが何度も頭を下げて詫びている

というので表に出て見るとB5は跡かたもなくなっていた 息子さんがしきりと謝るので 気にするな と言い置いた

奇跡のピンクツユクサと紹介されていたので 気持ち的には大変だったようだ とこかに植えましょうか といわれたが 最近の私は脳味噌がゼロですので 無駄だろうと遮り 気にするなと改めて宥めた
 
十七日
今日はゴミの日 そこで慌てた というのは 2011年に左岸土手で発見したシロバナツユクサの群落地で引き抜かれた株が 自身の体内水分だけで花を咲かせ 種子作りもしたことを思い出した

ゴミ収集車はまだ来ていない ワイフが片付けと思うのでわが家のゴミ袋を見やると 隣りにビニール袋に包まれたツユクサがあった

木曜日に種採取のために赤いガムテープで印をつけていた 大小で三株あった
昨年から今年にかけて毎日のように紹介している白花露草は この状態で採取した種が咲いたものでした そこで慌てて捨てた中の赤いガムテープだけを戻した
 
十九日

この頁トップへ


皆さん楽しくお盆休みでしょう
13/08/12(月)  16:55更新

当サイトも明日から18日まで休みます
 
2013年08月12日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 27.3 0.0 北北西 1.4
2 26.4 0.0 北西 1.4
3 26.2 0.0 西北西 0.9
4 26.1 0.0 西北西 1.4 0.0
5 25.7 0.0 1.1 0.0
6 26.7 0.0 北西 0.9 0.0
7 28.9 0.0 1.8 0.5
8 29.8 0.0 1.8 1.0
9 31.4 0.0 2.2 1.0
10 32.5 0.0 北東 2.3 1.0
11 33.4 0.0 東南東 2.3 1.0
12 34.1 0.0 2.9 1.0
13 34.7 0.0 北北西 2.4 1.0
14 35.0 0.0 北東 1.5 0.7
15 35.7 0.0 東南東 2.1 0.9
16 35.3 0.0 東北東 2.4 0.8
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 25.5 04:12
最高気温(℃) 36.0 15:19
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
5.7(南東) 15:37
※16時現在
 
今日も猛暑日です 先週の土曜日からお盆休みとは気がつかなかった

我が玄関上がり端のピンク・シロツユクサは寿命のようです 丁寧な散水をしていますが 昨日はピンクがゼロから五輪 今日は二輪 白は壊滅状態です

劣悪環境の上に洪水のような散水で栄養分を流してしまったかと悔やんだが そうではないようです というのは 玄関ドア前は菜園にしていた そこも二、三輪しか咲かないから栄養分とは関係ないようですね

では理由は? 種をまいてから二代目は長生きしないが相当かな?
意を決して自生地へ七時到着にした 目的はコカモメヅルの開花状況の確認でした 結果は時期遅れということです
咲き出した頃では この時間でも咲いているが 現在は今朝の様子のとおりです
寿命がきたのでしょう 売るほど蕾はあっても咲かない

以下は何時ものの駆け足です

この頁トップへ


昨夜の散水は21時で全滅でした
13/08/10(土)  16:45更新

2013年08月10日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 29.6 0.0 東北東 1.0
2 28.3 0.0 北北西 1.7
3 28.0 0.0 北北西 1.3
4 27.2 0.0 北西 1.6 0.0
5 27.3 0.0 1.1 0.0
6 28.2 0.0 北北西 0.6 0.0
7 29.9 0.0 1.3 0.9
8 31.1 0.0 北北西 1.2 1.0
9 32.8 0.0 北北西 1.3 1.0
10 33.6 0.0 北西 1.5 1.0
11 34.9 0.0 西北西 1.8 1.0
12 35.8 0.0 南南西 1.9 1.0
13 36.8 0.0 南西 1.9 1.0
14 37.4 0.0 西 1.6 1.0
15 37.3 0.0 西北西 2.3 1.0
16 37.4 0.0 西北西 1.8 1.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 26.8 04:30
最高気温(℃) 37.7 15:22
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
4.1(西北西) 14:36
※16時現在
朝焼けということは もやっていること であれば今日も猛暑かなと感じたとおりの猛暑だったね
ライブカメラは絞り込み機能が無いようなのでハレーション起して ダイヤモンド富士は難しい 左のカットは70も暗くしたが 絵として見られるのはこれが限度 右は無修正 ↓のも80に絞った
富士宮ライブカメラより
 
物忘れが激しい昨今 夕方の散水を思いつつ忘れて21時に徹底的に散水するも 今朝はピンクはゼロ個 白は全域で六つでした

こうなると環境ではなく撒く時間なのかな それとも種まきから二代目は弱い?
 
幾度となく早出を心がけるが尻が重くて失敗の連続 今朝はツユクサの撮影を後回しにして出かけるも やはり一歩も二歩も遅れた

コカモメヅルは果実生産期に入ったためにツボミだらけ この主観は間違いなさそうです
ご覧のように時間とともにしぼんでいくのかわかりますね この絵からでは七時半ごろからしぼみだしているかと思います 忘れずに再挑戦です パソを開かなければ行けるのですがね
雌はほとんど見かけないが 飛んでいるのは雄ばかり それも喧嘩ばかりしている この子は喧嘩に負けて負傷して動かない 接写レンズをつけて50cmに近寄ってもピクリともしない

触ろうとしたが 負傷して休んでいるのであればそっとしてあげようと… 立ち去る時 スポンが20cm脇をすり抜けても動かなかった

長居は無用と子供の森横堤上流側田圃地帯へ駆け足で行き 駆け足で引き揚げた
今年の土手は全域でアカツメクサに占拠され ツユクサは全滅でした

明日は休みます

この頁トップへ

8月後へ  もどる   トップページ ご意見箱