8月中へ  もどる  トップページ ご意見箱 

自然の四方山話 8月(前)

 8月(前)の目次 
 ピンクツユクサ今日は計八輪も 
 ピンクツユクサ昨日の反動で0 
 ルート17号でパトカー暴挙目撃 
 今朝又も富士山噴火もどき風景 
 幹也氏のメールで忘却題材戻る 
 迷惑至極お盆休みの大風11号 
 ピンクツユクサ今日11輪も咲く 
 流石は立秋昨日より11.6℃も低い 
 台風罹災お見舞い申し上げます 
    

台風罹災お見舞い申し上げます
14/08/11(月)  18:20更新

2014年08月11日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 27.1 0.0 7.6
2 27.0 0.0 6.0
3 26.9 0.0 7.2
4 26.9 0.0 4.9 0.0
5 26.7 0.0 4.1 0.0
6 27.2 0.0 南南東 4.4 0.4
7 28.4 0.0 4.2 1.0
8 29.4 0.0 南南西 5.1 1.0
9 30.5 0.0 5.6 1.0
10 31.5 0.0 南南西 7.3 1.0
11 32.1 0.0 5.6 1.0
12 32.3 0.0 6.3 1.0
13 32.1 0.0 6.5 1.0
14 32.1 0.0 5.4 1.0
15 31.9 0.0 5.5 1.0
16 31.0 0.0 5.9 0.7
17 29.9 0.0 3.9 0.0
18 29.9 0.0 3.5 0.2
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 26.6 05:15
最高気温(℃) 32.5 14:54
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
17.1(南) 00:21
※18時現在
 
亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします
  
十日(日曜日の様子)
 
十一日の様子 富士山の笠雲から
絶景くんライブカメラより
河口湖北岸ライブカメラより
河口湖逆さ富士ライブカメラより
忍野富士ライブカメラより
富士山五合目ライブカメラより
河口湖勝山ライブカメラより
 

この頁トップへ


迷惑至極お盆休みの台風11号
14/08/09(土)  19:15更新

最近のこの国の心がけが悪い所為なのかな? とちらさんも御無理をなさらないように
2014年08月09日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 24.8 0.0 北北西 2.4
2 24.8 0.0 北北西 2.5
3 24.6 0.0 北北西 2.4
4 24.8 0.0 北北西 1.6 0.0
5 24.8 0.0 1.9 0.0
6 24.8 0.0 北北東 2.2 0.0
7 24.3 0.0 北東 2.7 0.0
8 24.5 0.0 北東 2.5 0.0
9 25.0 0.0 北東 2.1 0.0
10 26.0 0.0 東北東 3.5 0.0
11 26.7 0.0 3.3 0.0
12 27.2 0.0 東南東 3.2 0.0
13 26.6 0.0 3.1 0.0
14 26.7 0.0 東北東 2.4 0.0
15 26.0 0.0 3.5 0.0
16 25.2 0.0 2.9 0.0
17 24.3 0.0 東北東 2.5 0.0
18 23.0 0.0 6.0 0.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 23.0 18:00
最高気温(℃) 27.5 11:43
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
9.0(東南東) 17:54
※18時現在
 
今週半ばから我が玄関前の紅白ツユクサの成長が著しくない 密生と言っても過去二年ともに密生状態でも 盛大だった 何故だろうか

特に玄関ドア前は原色に回帰している

以下は子供の森横堤上流田んぼから大久保横堤の様子です

22:17 追 記
 
小江戸川越周辺の草花の野原博さんから情報が入りました

----- Original Message -----
From: 野原博   To: sakuraso@jcom.home.ne.jp
Sent: Saturday, August 09, 2014 9:08 PM
Subject: 閉じきれないカラスウリ

今晩はお元気でしょうか。野原博です。
閉じきれないカラスウリですが、他にも有りますか?
他にも同じような閉じきれないカラスウリがありましたら、恐らく昼間に開花するキカラスウリかもしれません。
もう一度、周囲を見てください。キカラスウリですと貴重な植物です。では。
キカラスウリの写真を貼付します。  

      

明日は休みます

この頁トップへ


ルート17号でパトカー暴挙目撃
14/08/08(金)  16:00更新

信号が変わった 直進ゾーンの先頭はパトカー 私は三台目 右折ゾーンに三台 先頭車は歩行者のために停止している 交差点内に三台ともに入り込んでいる

動き出した途端 三台目は信号が変ってしまった そのまま停止していれば交差点内に止まったままになる ゆえにドライバーは走り去ったのだ

と同時にパトカーがライトとサイレンを鳴らして直進ゾーンから右折して 信号が青になって進行し出した車の進路を塞いで右折車を追いかけた

その先は見えないのでどのようにされたかは不明

何が問題か 右折中に歩行者優先したがために三台とも進行できなかった その間に 信号が赤信号に代るも交差点内に停車するわけにはいかないので 形としては信号無視的に見えるが やむを得ない行為であるのだ

パトカーは手柄欲しさにサイレンを鳴らしたのである

この場合
 パトカーは信号無視を証明できない
 右折車は目の前にあるパトカーを無視してまで違反はしない
ものだ
 
これがパトカーの暴挙です
 
2014年08月08日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 26.4 0.0 2.3
2 26.4 0.0 南西 1.6
3 26.3 0.0 西 0.9
4 26.1 0.0 西 0.9 0.0
5 25.7 0.0 北北西 0.9 0.0
6 25.7 0.0 西北西 1.0 0.0
7 26.8 0.0 北西 0.6 0.6
8 27.9 0.0 西北西 1.1 0.3
9 28.1 0.0 西 2.0 0.2
10 28.0 0.0 北西 2.3 0.0
11 28.4 0.0 北西 2.7 0.0
12 29.6 0.0 北西 1.5 0.1
13 29.7 0.0 南南西 1.6 0.0
14 30.6 0.0 西北西 1.5 0.1
15 30.3 0.0 西北西 1.1 0.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 25.1 05:35
最高気温(℃) 30.8 14:02
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
4.8(南) 00:09
※15時現在
 
流石は立秋 涼しかった それにしてもお空さんが汗をたらし始めたので途中で引き返した

紅白ツユクサが 何故か 小数になるのと小振りである

          今朝五時の富士さんです
富士宮ライブカメラより
山中湖ライブカメラより
精進湖ライブカメラより
本栖湖ライブカメラより

この頁トップへ


流石は立秋昨日より1.6度も低い
14/08/07(木)  17:40更新

2014年08月07日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 28.8 0.0 南南東 1.1
2 26.6 0.0 西北西 1.6
3 26.0 0.0 西 1.8
4 25.6 0.0 西北西 1.5 0.0
5 25.4 0.0 西北西 1.3 0.0
6 26.0 0.0 西 0.5 0.3
7 28.1 0.0 東南東 0.6 1.0
8 29.2 0.0 北西 2.1 0.9
9 29.6 0.0 西北西 2.0 0.3
10 31.6 0.0 1.6 1.0
11 33.2 0.0 南南東 2.0 1.0
12 34.2 0.0 3.3 1.0
13 34.1 0.0 南南東 3.5 0.9
14 33.8 0.0 4.4 1.0
15 34.1 0.0 3.9 1.0
16 33.6 0.0 南南東 4.5 1.0
17 32.5 0.0 南南東 5.6 0.9
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 25.2 05:09
最高気温(℃) 34.9 13:22
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
10.5(南) 16:07
※17時現在
 
立秋で夏空に戻るとは私並に狂っている 十時台は猛暑の昨日並みの暑さだったが 2.3度も低かったね

今日は健康維持のための日課をこなすだけにしました

この頁トップへ


幹弥氏のメールで忘却題材戻る

14/08/06(水)  16:50更新

2014年08月06日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 28.3 0.0 2.2
2 27.3 0.0 南南西 2.5
3 27.2 0.0 2.5
4 27.1 0.0 南南西 2.3 0.0
5 27.2 0.0 南南西 2.8 0.0
6 28.0 0.0 南南西 2.4 0.8
7 29.6 0.0 西南西 2.3 1.0
8 30.7 0.0 西南西 1.1 1.0
9 32.0 0.0 東北東 1.2 1.0
10 33.9 0.0 南南東 2.2 1.0
11 34.5 0.0 3.3 1.0
12 35.2 0.0 3.2 1.0
13 35.3 0.0 南東 3.1 1.0
14 36.0 0.0 3.6 1.0
15 36.1 0.0 南南東 2.8 1.0
16 35.2 0.0 3.7 1.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 26.7 03:37
最高気温(℃) 36.5 15:19
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
8.8(南南東) 10:54
※16時現在
 
今日も昨日同様の時間帯に同じ気温で推移し最高温度が0.7度低かった

今日は朝から頓馬だった 8月6日 今の私が居られる記念日だった それが出かける前に ドア前にたった一輪のピンクツユクサを撮影した途端にトンズラしちゃった

しかも 撮影はTVになっていることを自生地で気がついたが 問題になるとは思いもしなかった TVでは画像が残らない

それも 帰宅してからの画像取り込みで知る始末だった

幹弥さんから貴重がメールが入っていた 転載します

----- Original Message -----
From: 青木 幹弥
To: sakuraso@jcom.home.ne.jp
Sent: Wednesday, August 06, 2014 8:21 AM
Subject: ヒルガオの白またようやく見つけました
    
青木実様    
    
この前は見つけて、すぐに耕運機にかけられるとは、ご迷惑かけました。
責任を感じ、次を見つけようと努力しようやく見つけました。大宮バイパス道の少し入ったところで町中です。
  
大宮バイパス浦和から大宮にむかい、与野公園をすぎ交差点をわたり左がわマクドナルドの右隣りの会社(浦和より)の塀にありました。よろしかったら種を採取しておきます。ヒルガオの発芽は、低いとのことですが。
 
また、昨日、自生地で今ごろは、高原にいるはずのアサギマダラが居ました。幸運でした。

今日は、先輩の69年前、偶然のイタズラ原爆被ばくせずに済んだ日ですね。

***青木幹也***

幹弥さんのメールでトンズラしたテーマが戻りました

2007年10月に自叙伝として取り上げていますので転載します
   

幸運!終戦で逃避行終止符
07/10/16

自叙伝です 転載 盗用 引用を禁じます

逃亡初日 藤沢から国鉄の夜汽車の車中で 義兄弟たちに伝えた

早かれ遅かれ捕まって銃殺されるだろう ならば 何日でもない生き延びでは捕まる恐怖に苛まれるだけだから どうせ死ぬなら早いほうがいいと俺は思う その覚悟があれば堂々としてられるだろう 怪しまれるようなこともナカンベエ 移動を除いては3人が一緒の行動は慎もう 対象は俺だけだから 万一 俺に縄がかかったら君らは知らん顔してずらかってくれ そして長生きしてくれ

これを聞いた義兄弟1号の吉田は

何を言っている それが義兄弟だろうに 一蓮托生というじゃないか 俺はどこまでもついて行くぞ なあ お前(義兄弟2号の名前がどうしても思い出せない 仮に不明君とします)

不明君も涙をこぼしながら手を強く強く握り締めてくれた

★★★
62年前の隠密行動ゆえに 地名や様子が思い出せない 事件的なポイントだけはうろ覚えだ まあ 生まれつきの健忘症の上に半年後には82歳になるのだから無理もないかと諦めている 自叙伝は記憶がはっきりしているうちに書くものだと悔やむが 後の祭りだ
★★★

汽車の乗り継ぎで やっと大分の一つ手前か先かの駅に降りた その家は大分との真ん中辺りらしい 暗闇の中を手探りで手紙に記された道順をたどった 途中100m先で人影を見た 心臓が止まるかと3人とも硬直した 自動的に3人ともしゃがみ込んで息を止めた 

人影が50mほど近づいたところで 頭巾をかぶったもんぺ姿のご婦人と認識できた 月は出ていない暗闇といっても星明りで舗装されていない白く光る道路の反射で丸見え同然だ

名古屋の100m道路ならいざ知らず たかがた3、4m幅の農道では犬でなくとも気がつく こんなところで怪しまれたら一巻の終わりだと私は覚悟を決めた

頭巾姿が5m手前で立ち止まった そして ご丁寧にも腰をかがめて覗き込んでいた

○○さん?

助かった! 親分の女将さんだった 心配で迎えに出てきたのだという

真っ暗な家の中へ案内された 最近はあちこちでB29の空襲があって 出かけるときは消灯しているのだという 真っ暗闇を1時間近く歩いて来た所為で60ワットの裸電球がまるで昼間のように明るい

細君は19歳の私らから見ればおばさんの歳であるが 丸顔のあだっぽい美人だった

主人が大変お世話になって有難うございます 命をかけて恩返しさせていただきますので安心してね

家の作りは普通の農家風であった 玄関に入ると土間があって 右手にかまどなどがあるお勝手 左に座敷がある 座敷に上がるには1尺ほどの上がりはなというかがあって さらに5寸の敷居?の上から座敷になる 手前が8畳の部屋 座敷に上がると右手に長火鉢 その後ろに床の間 隣接して押入れがある 奥は12畳の部屋 北側にも8畳と12畳の部屋が続く 一方 庭には 納屋と離れらしきのが3棟もある 往時は子分たちがここで寝起きしたのだろう

食料は配給制であるが 農作業もしていて自給できている それゆえ 我が3人も飢えに苦しむことはなかった 敷地の周りは常緑樹が垣根のように植えられて表からでは敷地内の様子をうかがうことは出来ない

7月の末ごろのある日 姉さんかぶりの女将さんが息を切らせて畑から駆け込んできた 方言で何やら叫んでいるが意味が通じない 雰囲気からただ事でないことだけはわかる 引っ張られるままに長火鉢裏の押入れに入るよう押し込まれ

一箇所に3人でかたまるように

我ら3人が押入れの戸を閉めるのを見届けていた やがて お勝手でマキを割る音が聞こえた

玄関の外で何やら喚いている声が聞こえた 続けて

おい! 誰かおるか あっ 貴様一人か! 子分たちはいるか 3人いるだろう!

凄い剣幕の声であった

女将さんは丁重に方言で答えていた 

嘘付け!正直に出さんとただ事でなくなるぞ!

(女将さんは方言で受け答えしていた 何を言っているのかはわからない 時々標準語が出るが 後にお上さんの翻訳で次のことがわかった)

何をおっしゃいますか 嘘と思うのなら家捜しでもして見なさい さあ さっさと家捜しせんか ほらっ 見てみんさい

女将さんのきりっとした声と共に我らの押入れが音を立てて開けられた 幸運だった 我らがどっちに隠れたのかを確認しているのと 我らも抱き合うようにしていたから近寄らない限り見えないらしい さらに 女将さんはほかの部屋の押入れも開けていたような音がしていた 男の声の主は 女将さんの一世一代の大芝居に肝を抜かれたのと 別の男の声でどこにもおりませんの声で足音が遠ざかった

もう終わったよ 大丈夫 出ても構わない

憲兵隊に踏み込まれたのだ 約2ヶ月もいれば 表から見えないにしても何やら雰囲気で周りの連中がざわついて密告したのだろう 憲兵隊が現れた以上は退去するしか方策はない どこに転がるが またも思案に暮れた そのとき 不明君が恐る恐る

もっともやばい場所だが 広島市に叔父がいる

という 世話になれるかどうかは別として選択肢に入る 私の頭をよぎったのは 灯台下暗し という言葉だ

広島市には大本営がある 最も警備が厳しいところではあるが 逆に そういう場所だからこそ立ち寄るはずはないと敵方は考えるだろう よーし 広島市がもっと安全な場所だ 問題は叔父さんが受け入れてくれるかどうかだね

考えても始まらん ここまで約半年も生き延びられたのだから この先もあるだろう ただ 今は憲兵も様子を見ているかもしれないので女将さんには申し訳ないが もうしはらく面倒を見てくださいと頼んだ 女将さんは ドンと胸を叩いて任せてと受け入れてくれた

ほぼ 10日ほど立った8月3日に女将さんと別れることになった 逃亡資金をほとんど使っていないので300円でお世話になったお礼として 女将さんに知られずにそっとちゃぶ台に挟んでおいた 別れの瞬間 お上さんは泣きじゃくっていた 万一の場合はまた戻ってと もうここはどこよりも安全だとも言っていた

夕方の列車を狙って広島に向かった

久しぶりの大都会だった というより兵隊の巣であった 町の中を歩いているのは兵隊ばかりだ

思い出し思い出しでやっと不明君の叔父の住む家にたどり着いた そこは空き家であった 近所で尋ねると疎開しているとのことであった またも途方にくれた くれてばかりもいられない 逃亡者にとってもっとも危険な土地だからだ 自然と足は駅に向かい 列車に乗っていた 私の決断でもう一度女将さんの世話になることにした 乗り継ぎで小刻みに買えば列車の切符は買えた

夜半に近い時間に声をかけた 私の声に女将さんは泣きながら迎え入れてくれた

婦人会行事で戻った女将さんは開口一番 皆さんには神様が付いているんだ 広島にいたら炭焼き小屋の炭になっていたよ なんでも B29の爆撃で一瞬にして広島市は焼け野原になったとの噂だよ 

続けて三日後にも長崎が同じ目にあったと噂が飛び交っているそうだ 後にわかったのだが 不明君の叔父が疎開していなかったら 6日も広島市にいただろう そうであれば原爆の餌食は間違いなかった

私にはここまでにも九死に一生という体験が数あるが 生涯でこれが最高の九死に一生であった またあった! 昭和20年8月15日 玉音放送によって戦争が終結したのだ 女将さん共々4人で抱き合っての喜び泣きだった しかし 親分がいた11海軍航空廠は爆撃で全滅していた(S23年 ただ食いされた女子大生に頼まれて逃げた男子大学生を広島県三次の実家へ質しに行った折 一度は行きたかった四国へ宇品から船で松山に向かうコースで 飴のように折れ曲がった鉄骨の山を見て知る)

8月17日別れに際し前回同様に今度は千円を長火鉢の引き出しにそっと入れた

以後 後生楽の私は九州に目がいくことはなかった ご健在であれば親分夫婦は100歳を超えているだろう 

世話になった台湾少年工たちは 名古屋も川西も修行ができたとして全員が本廠に戻され 鶴間(高座工廠で働く約一万人の台湾少年工の宿舎)で再会できた 残した8人の仲間とも再会し残っていた資金は全員で分配してそれぞれが故郷に散った 台湾少年工たちも故国へ引き上げ 戦友の台湾兵とその従兄は引き上げずに在日台湾人となった 現在はいずれも音信不通である

                      完

逃避行は3話です 
第1話 昭和20年1月のある事件
第2話 行き詰った逃亡生活
第3話 幸運!終戦で逃避行終止符

    
早朝から猛暑ですので何もないのは承知で子供の森へ 涼しいだろうと出向くが風が無いと森の中は逆にむんむんしている

私のフィルドでは誰も歩いていないのか 蜘蛛巣だらけ 彼女らも生命体ですから殺すわけにもいかず 舗装道路を通じてアマナブロックへ

何もないので子供の森横堤上流を散策して終える

この頁トップへ


ピンクツユクサ昨日の反動で0
14/08/05(火)  16:15更新

2014年08月05日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 27.7 0.0 2.0
2 28.2 0.0 2.0
3 28.3 0.0 南南西 4.0
4 27.8 0.0 南南西 3.2 0.0
5 27.4 0.0 南南西 1.7 0.0
6 28.2 0.0 1.7 0.9
7 30.1 0.0 2.3 1.0
8 30.7 0.0 南南西 3.2 0.9
9 32.5 0.0 南南西 3.7 1.0
10 34.3 0.0 3.5 1.0
11 34.8 0.0 4.3 1.0
12 35.2 0.0 4.9 1.0
13 35.6 0.0 南南西 4.6 1.0
14 36.6 0.0 4.0 1.0
15 36.5 0.0 4.4 1.0
16 35.8 0.0 4.5 1.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 27.3 05:07
最高気温(℃) 37.2 14:28
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
10.5(南南東) 11:53
※16時現在
 
昨日の反動なのか 高すぎた夜間気温の所為なのか ドア前も上がり端も皆無でした こんなに変化に富むとは考えにくい 白花も小さ過ぎるところを見ると高気温の所為が正しいかな?

ということで戦意喪失し ドライブだけしてきた

当市は瞬間ですが三十七度を越えた 群馬県館林市では三十九度越えだった それでいて 空は紺碧だ まるで秋か真冬並みの色合いです

遮蔽するものが無いから太陽光線がストレートに照射されて暑い? では夜間の高温はなんでしょう

腹いせの屁理屈でした
   

この頁トップへ


ピンクツユクサ今日11輪も咲く
14/08/04(月)  17:00更新

2014年08月04日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 27.4 0.0 西北西 1.2
2 26.7 0.0 南西 1.3
3 27.5 0.0 静穏 0.0
4 27.5 0.0 静穏 0.2 0.0
5 27.2 0.0 1.1 0.0
6 27.8 0.0 西 0.6 0.4
7 28.3 0.0 北西 1.8 1.0
8 29.7 0.0 南南東 0.7 1.0
9 31.4 0.0 南東 1.6 1.0
10 32.7 0.0 2.9 0.9
11 33.2 0.0 南西 2.3 0.7
12 34.4 0.0 3.1 0.8
13 35.1 0.0 4.6 1.0
14 33.5 0.0 3.7 0.4
15 32.7 0.0 3.8 0.0
16 33.7 0.0 3.6 0.6
17 33.8 0.0 2.8 0.7
18 32.8 0.0 2.5 0.3
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 26.5 03:37
最高気温(℃) 35.4 13:08
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
9.8(南) 14:12
※18時現在
 
玄関ドア前で三輪 上がり端で八輪 上がり端のは花が小さい
左右で葉の大きさがまるで違う 両方ともオモダカかな
今年の白花クサフジは短命だった 除草時期の関係でした

この頁トップへ


今朝又も富士山噴火もどき風景
14/08/02(土)  18:15更新

清水港 富士宮 御殿場ライブカメラより
北岸画像内の目次より
 
2014年08月02日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 24.8 0.0 南東 1.8
2 25.6 0.0 東南東 1.5
3 24.0 0.0 西南西 1.9
4 24.4 0.0 北西 1.1 0.0
5 24.5 0.0 西 1.1 0.0
6 25.4 0.0 北北西 1.1 0.6
7 26.3 0.0 北西 1.4 0.9
8 27.7 0.0 北北西 1.5 1.0
9 29.0 0.0 北西 0.7 1.0
10 31.0 0.0 西南西 1.3 1.0
11 31.7 0.0 西北西 1.4 1.0
12 33.1 0.0 西北西 1.7 1.0
13 34.6 0.0 西南西 2.2 1.0
14 35.2 0.0 西南西 1.1 1.0
15 35.5 0.0 1.8 0.4
16 35.5 0.0 南南東 2.5 0.2
17 34.2 0.0 南南東 2.3 0.1
18 33.0 0.0 2.3 0.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 23.9 03:25
最高気温(℃) 35.9 15:36
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
5.7(南南西) 17:09
※18時現在
猛暑だった 私の部屋のクーラーは18度に設定しながら室内温度はご覧のとおりです 15時の長野市が35.3度とは気候が狂っている 17:50現在室内温度はやっと32度に
    
 
明日は休みます

この頁トップへ


ピンクツユクサ今日は計八輪も
14/08/01(金)  18:20更新

2014年08月01日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 27.5 0.0 南南東 1.1
2 26.4 0.0 南西 1.0
3 26.7 0.0 南南東 0.5
4 25.3 0.0 西南西 0.7 0.0
5 24.7 0.0 北西 1.6 0.0
6 25.5 0.0 北西 0.7 0.3
7 26.8 0.0 西南西 1.4 0.8
8 28.1 0.0 南西 1.3 1.0
9 29.2 0.0 西北西 1.6 1.0
10 30.7 0.0 西北西 1.3 1.0
11 31.9 0.0 南西 1.9 1.0
12 33.8 0.0 南西 1.9 1.0
13 34.7 0.0 南南西 0.9 1.0
14 35.3 0.0 南南東 1.3 1.0
15 35.2 0.0 南南東 3.1 1.0
16 33.7 0.0 2.5 0.8
17 33.4 0.0 南南東 1.9 0.1
18 32.5 0.0 南南東 1.4 0.4
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 24.7 05:00
最高気温(℃) 36.0 14:17
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
7.4(南) 14:38
※18時現在
絶景くんライブカメラより
河口湖北岸ライブカメラより
河口湖逆さ富士ライブカメラより
精進湖ライブカメラより
本栖湖ライブカメラより
忍野富士ライブカメラより
 
暑い!!! クーラーを20度に設定した私の部屋は31度だ〜

今朝は玄関まドア前でいきなりピンクが三つ 環境が良くひしめき合っていないので花は大きい 一方上がり端は超密生している所為なのか五輪も咲いてくれたが 花が小さい
 
台湾の声から凄いニュース
 
【速報】高雄ガス爆発、死者22名、負傷者270名
「台湾の声」ニュース 2014.8.1

零時ごろ、高雄市前鎮区にガス爆発事故が起こり、現在は死者22名、負傷者270名に上っている。

以下は自由時報の写真つき報道

http://news.ltn.com.tw/news/society/breakingnews/1069632


『台湾の声』http://www.emaga.com/info/3407.html

購読を申し込むとアジア情勢がよくわかります
  
   
  
           自由時報より借用
 
朝日新聞ネットニュース 産経新聞ネットニュース
などで詳報しています     

この頁トップへ


暑中お見舞い申し上げます
14/07/31(木)  17:55更新

2014年07月31日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 25.5 0.0 南南西 1.5
2 25.4 0.0 1.7
3 24.7 0.0 西 0.9
4 24.3 0.0 西北西 0.9 0.0
5 24.2 0.0 西 0.6 0.0
6 24.6 0.0 西北西 0.8 0.0
7 25.6 0.0 西北西 1.6 0.7
8 27.3 0.0 西南西 1.4 1.0
9 28.7 0.0 西 1.4 1.0
10 29.9 0.0 南西 1.3 1.0
11 31.5 0.0 1.7 1.0
12 32.4 0.0 南南西 1.5 1.0
13 34.1 0.0 南南西 2.0 1.0
14 34.8 0.0 2.4 1.0
15 34.2 0.0 3.1 0.9
16 33.0 0.0 南南西 3.7 1.0
17 32.5 0.0 2.9 1.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 23.6 04:23
最高気温(℃) 35.3 13:50
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
7.3(南) 15:49
※17時現在
河口湖北岸ライブカメラより
河口湖逆さ富士ライブカメラより
 
八十八歳と五ヶ月に入ろうとしている私は 気温の変化に体がついていけない 汗をかくほどの時に涼しい風に吹かれると!00%鼻水がほとばしる
その涼しい風に慣れると何事もなかったかのようになる 高齢とはこんなものなんでしょうね   
この撮影中も何度も鼻をかんでいた 紅白ツユクサはこれからが本格的なシーズンに入りますので 一喜一憂は無駄ですが それでもね

出遅れた時間ですので左岸土手の白花クサフジへ一目散

今日は朝から蒸しむしだった とうとうクーラーを付けた ただし 窓は開けてのスロー走行です

コカモメヅルは望むべくもないが 一応自生地に足を向けた 早速愛の劇場と遭遇 私を知っている二種類の蝶々さんが歓迎してくれて 写真を撮らせてくれた それも挨拶つきで
保護課の関係者から折られた草を見せられ なんという名前ですか と尋ねられた 情報源氏が他界し 自生地の図鑑もどきの長堀女史も腰を痛めて離職している 現状では詳しい方はほとんど居ない

突き当りの右か左かを訪ねるがあいまいだった
  
そして 今日 突き当った左へ曲がった角で八本もシロネが目についた その角に折られた株が二股に伸びて花を咲かせていた

剪定と同じ効果があったということですね

またも蝶さんが私の首をかすりながら目の前を飛びさる
 おおい 止ってくれ 写真撮ろうよ
何時ものように声をかけたら3m先の地面近くに止ってくれた

この子も 私とは面識があるんでしょうね 皆さんは信じられないでしようが 私は彼女らの姿見るや 必ず言葉をかけます そして ほとんどは飛び去らずに周りをぐるぐる回ってから消えます

そのうちの二頭だったと思います

我が私道へ入る手前で仰向けのセミがあった もう生涯を閉じるとは考えられないほど早いですね

この頁トップへ

8月中へ  もどる  トップページ ご意見箱