2月前へ 花期・道順  年頭に思う  トップページ

サクラソウ1月

 1月(前)の目次 
 師走の最終連休中で体調急変 
 入院中の激励メールに感謝です 
 明日は最後の手術で入院します 
 明日から二度の手術で入院する 
 我が人生で初めて体内にメス 
 退院31日再入院退院二週間後 
 女は家で育児が合理的は正論が 
    

明日は最後の手術で入院します
14/01/30(木)  16:55更新

胆汁の流れをバイパスで良くするために埋めた管を外す手術です

早ければ一週間で健康な人間に戻るでしょう 最悪でも二週間かな


昨日取り上げました女性の社会進出が出生率を低下させた批判について06/11/12でも取りあげてありましたので 補足する意味で再掲載します

下村副長官の子育て発言に賛成
06/11/12

    
asahiネットニュースによれば下村長官は
「女性が仕事を続けられないことを理由に子供を産めない、という話になったとしたらとても残念だ」0歳児を保育所に預けて働く母親について「無理に働かなくても、家庭で教育をやって、きちっと子供を育てていく方向に移っていくのが本来は望ましい」「人間社会の原点の家庭を再構築していく政策」の必要性を訴えたという

これに対して高市少子化担当相は
「女性も生活のために働いている人もいる、歯を食いしばってキャリアを確立したい人もいる。いろいろな暮らし方がある中で一律に決められる問題ではない」と反論したとか

下村氏は7日、記者団に「一定期間、育児をした後で職場に復帰できるシステムを作るべきだという趣旨の発言だ」と説明していたという

高市少子化担当相は中々才媛のようですね 独身かな? 出産しない女は一人前とは言えないね そこで 高市少子化担当相に問う

1.母子とはどういう関係か
2.その答えによって生まれ落ちた我が子の養育を他人任せで働く
  必要性は何か
といっても答えるわけはないだろうから 下村福長官の立場で 私の考えを示しましょう

「女性も生活のために働いている人もいる、歯を食いしばってキャリアを確立したい人もいる。いろいろな暮らし方がある中で一律に決められる問題ではない」

確かに母子家庭はそうだろう でもね 母子家庭になった原因は何か 死別以外の理由は どうあれ 原因作りはその母親自身ではないかね
★男を見誤った
★己を棚に上げて すべてを男の所為にして自ら別れた
母子家庭の大半はこれに尽きるね

歯を食いしばってキャリアを確立したい人もいる
それは高市少子化担当相自身を指しているのでしょう

そう考える者は独身を通せば良い 結婚は生理的現象の処理場に留めておく 出産して子とのスキンシップをないがしろにするぐらいですから夜の夫婦生活も

歯を食いしばってキャリアを確立するために犠牲にもするだろう

この考え方の者の結婚は二大悪を犯すことになる

昔の育児は 3歳(今の2歳)までは何も教えず ただただスキンシップに徹し 親は何も教えず 只ただ親の立ち振る舞いを子に見せ 自然学習をさせ 3歳を過ぎてから色々と躾をする 格式ある家庭の定番であった 母子の愛情 これは3歳までにたっぷりと注ぐものである

そこまで大そうな事でなくとも 昭和50年半ばまでは一家の生活を支えるのは父親であって 母親が働くのは恥であった

そして幼稚園あたりでもパートする母親は後ろ指を指されていたのだ それが ある日突然に パートしない母親は恥だという変な具合になってしまった

なぜか 答えは簡単だ 亭主の稼ぎだけでは いっぱいいっぱいで とても三種の神器に手が伸びない

人間の欲望は際限なく伸びるものである テレビ・電気冷蔵庫・電気洗濯機がやがて3Kへと膨らみ これらを手に入れたと錯覚して国民の九割が中流と嘯(うそぶ)いて 夫婦ともに週刊誌などにあおられて 現代でいう「不倫」が蔓延した

行き着くところはアメリカ映画のセールスマンの死であった 中流生活の基盤は月賦(ローン)で成り立っているからだ

映画ではセールスマンは死を選ぶが 現実の世界でもニュースで報じられているとおりだ

返せない借金は死に金であることもわからずに 多重債務者なる言葉が流行るご時世 そのつけが 若年者犯罪の多発 子殺し 親殺し 人殺しをゲームのように簡単に行われるようになった

若年者犯罪の多発 子殺し 親殺しが多発するのは 砂上の楼閣のような まやかしの豊かさを中流と錯覚したことによる 子は 歪んだ親の背中を見て育ったからだ

池田内閣以前のこの国はごく一部を除き 啄木をして
はたらけど はたらけど猶わが生活楽にならざり ぢつと手をみる
と言わしめるほど国民は貧乏であった

父母は早朝から夜遅くまで必死に働いた 享楽のためではない 一日の家族の糊口を確保するためであった その姿を子達は見て育ったものだ 貧困から抜け出すために子達は学校にも行かずに奉公に出され必死に働いて 僅かな稼ぎの中から親への仕送りをする親孝行であった 子宝という言葉はそこから発したものである

親孝行の度合いで人格が決まる時代であった

現代では まやかしであってもほとんどの親たちは豊かに見えるゆえに子が親に仕送りする風習は消えた 親たちは競って子達に贅を尽くさせる日常である 見栄も加わる または享楽に走る親たちが煙幕のつもりで子達に金子を渡して好き勝手にさせる

周りが全てそうであるが 原因がどうであれ叶わん家庭も多々ある その子達は羨望の念が膨張して盗人と化す 成人の子達は まやかしの豊かさで過ごしてきたある日 かじるスネがなくなると 親が出し渋っていると考えるのか親殺しに走る

この現象の全てがとは言わないが 大半はそういう現代風潮によって起っているといえる 金子を以って 0歳児から他人に子を任せば一人前になると錯覚しているのだ

母子の真の愛情とは 子を手放さず自分の正しい価値感の元で育てる 決して他人に任せない 教育機関は知識の植え込みであって 徳育は親たちが生き様を見せることが教育(育てる)なのである

その意味で下村副長官の発言は当を得ている

一方の高市少子化担当相の一律に決められる問題ではないなる発言は子を産んだこともない者(子がいらしたら失礼)のうわ言の何物でもない 机上の空論で政治はできないことを知るべきだ
    
2014年01月30日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 2.8 0.0 北西 1.4
2 2.9 0.0 西北西 0.8
3 2.0 0.0 西北西 0.5
4 2.2 0.0 南南西 0.8 0.0
5 2.6 0.0 南東 0.5 0.0
6 1.6 0.0 北北東 0.3 0.0
7 1.5 0.0 1.6 0.0
8 2.1 0.0 西 0.5 0.0
9 4.1 0.0 西北西 1.6 0.1
10 5.8 0.0 北西 1.1 0.3
11 6.9 0.0 北西 2.6 0.0
12 9.6 0.0 北西 2.1 0.0
13 14.5 0.0 4.0 0.0
14 14.6 0.0 4.4 0.0
15 13.3 0.0 南南西 5.1 0.0
16 11.9 0.0 4.0 0.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 0.5 06:47
最高気温(℃) 15.1 13:30
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
12.0(南南西) 12:49
※16時現在
絶景くんライブカメラより
残念でした 今日か明日かで富士山頂に太陽が落ちていくはずですが 今日は雨模様と明日から入院でダイヤモンド富士が見られない

この頁トップへ


女は家で育児が合理的は正論が
14/01/29(水)  16:55更新

安倍政権からNHK経営委員に送り込まれた埼玉大名誉教授の長谷川三千子氏(67)が、女性の社会進出が出生率を低下させたと批判するコラムを産経新聞に寄稿したという

性別役割分担は哺乳動物の一員である人間にとってきわめて自然

これは正論です 何故かをひも解いていきましょう

戦前までの社会は男が一家を養い 女は子育てと家事を担い 貧しい暮らしの中で家系を紡いできたものです

それが戦後の 吉田内閣の池田大蔵大臣をして貧乏人は麦を食えと言わ示された それほど貧冨の差が大きく 有史以来 冨層は貧層を見下げてきたものでした

その身も体の悪しき池田大蔵大臣が池田内閣の総理大臣となるや見事に変身する そうさせ得たのは

フランスで発明されるが役立たずでゴミのように捨てられていたトランジスタを買い 近代機械文明の基礎を築いた東通工の功績を利用して
 所得倍増を打ち出した
 
機械業界は東通工に続けとついに世界を征服するも激しい搾取で男が一家を養うのは道遠しだった

それでも貧層はいくらか豊かにはなると同時に冨層域に入り込もうともがき出す

昭和四十八年ころまでは 人妻の内職乃至パートは恥とされていた これは神奈川や東京に埼玉県内の幼稚園の写真屋になって実態を知ったものです

しかし 富に対する欲望が勝って堂々と内職乃至パートしないのは 恥と世相が変動してしまった この結果新語が生まれた

 鍵っ子 

下校した小学生らが一人っ子世相で親の居ない中で正常に成長するはずはない 教育は人任せ でもね 教養は親が授けるものなのだが 封建社会から突然 自由主義社会に変化して戸惑った戦中派に育てられた団塊層は 拝金主義で固まって 国民の九割方が中流と嘯くのであった

ローン地獄で中流は無いもんです

機械文明はついに パソコン 携帯電話 アイパッドなどが小学生も持つようになった

この無謀な富に対する欲望が生まれたばかりの我が子を一時預かり施設に投げ込んで親としての務めが果たせるのだろうか

脳軟化症で息詰まりましたので終えます

以上から
女性の社会進出が出生率を低下させた
性別役割分担は哺乳動物の一員である人間にとってきわめて自然   論は正論の根拠です

が です 埼玉大名誉教授の長谷川三千子氏は 埼玉大で教えながら1男1女を育てていた

ご自身も罪づくりしていて批判は筋が違う その罪作りから悟りを得ての論であれば許せる

子育ては親自身の手で行うのが筋であり 富を追うばかりに他人任せにするのは国が滅びます
   
2014年01月29日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 5.6 0.0 北北西 3.1
2 5.0 0.0 北北西 2.8
3 5.0 0.0 北北西 3.8
4 4.9 0.0 北西 5.8 0.0
5 4.1 0.0 北北西 3.9 0.0
6 3.3 0.0 北北西 5.0 0.0
7 2.7 0.0 北西 3.1 0.1
8 4.1 0.0 北北西 2.9 1.0
9 6.0 0.0 北西 3.3 1.0
10 7.4 0.0 北北西 5.1 1.0
11 9.0 0.0 北北西 4.2 1.0
12 10.4 0.0 北西 2.8 1.0
13 10.7 0.0 西南西 1.2 1.0
14 11.3 0.0 南東 2.3 1.0
15 12.2 0.0 南東 2.4 1.0
16 12.0 0.0 2.8 1.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 2.6 06:59
最高気温(℃) 12.6 14:53
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
10.9(北北西) 03:45
※16時現在
絶景くんライブカメラより
さった峠ライブカメラより
絶景くんライブカメラより
裾野ライブカメラより
善光寺平ライブカメラより
東京からルート17又は中山道を北上すると緩やかな坂道に達します 旧浦和市の標高8mの高台になります

高台の裾野一帯は 1mの埋め立てをゼロにすると6mまでは豆腐のような粘土質 そこから8mまでは砂層 その先は35mまで粘土質

そのためにトラックが通ると震度一程度に揺れる 画像のユンボーの活動中は震度一で揺れ続ける

妄想ですが この地層が大地震時では共振して家屋の倒壊防止になるのではないかと思っている
絶景くんライブカメラより

この頁トップへ


我が人生で初めて体内にメス
14/01/28(火)  16:35更新

2014年01月28日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 -1.8 0.0 北西 1.8
2 -1.8 0.0 西北西 1.1
3 -1.6 0.0 北北西 1.1
4 -2.2 0.0 北西 1.1 0.0
5 -2.9 0.0 静穏 0.1 0.0
6 -3.8 0.0 静穏 0.2 0.0
7 -3.2 0.0 東南東 0.5 0.0
8 -1.2 0.0 0.4 1.0
9 1.7 0.0 東北東 0.7 1.0
10 4.7 0.0 0.8 1.0
11 7.3 0.0 東南東 1.2 1.0
12 9.8 0.0 1.8 1.0
13 11.6 0.0 北北東 1.9 1.0
14 13.8 0.0 南東 1.4 1.0
15 14.7 0.0 南南西 1.4 1.0
16 14.2 0.0 1.7 0.7
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) -4.3 05:49
最高気温(℃) 15.0 14:32
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
4.2(西南西) 14:10
※16時現在
絶景くんライブカメラより
僅か四つですが穴をあけられた 2cmと1,5cmに1cmが二個 麻酔から覚めての激痛は我慢強い私でもしんどかった

激痛の最中で 自然観察会指導員の千原肇さんが浮かんだ なぜなら 千原さんは心臓の摘出手術をしていた

両足のすねから30cmずつの血管を切断して心臓のバイパスに繋げて元に戻す この作業のために 肋骨の先端から臍まで直線に切り裂き 四、五本の横線もあった 手術時間は十時間を越えたらしい

私のたった四つの小さな穴であれほどの激痛だったのだから 死ぬ思いだっただろうと思うと 何とか凌いだ 千原さんに感謝です

今日で八日目 やっと 鈍痛や微痛も無くなっている

三日後の31日は 内視鏡で胆汁の流れを良くする埋めたバイパスの抜き取り作業ですので 一時間以内で終わるでしょう

みっともないが 入院中の様子です
左は体重75kg ビリルビン菌によってアレルギー風に全身の至る所で赤い斑点がはびこっていた

右は 点滴による絶食と栄養価が低い病院食で65kgに落ちた様子 細身になったのはうれしいのだが なんと 全身皺だらけだ

これを一昨年は肉や油類が食べられない中で 沖縄のおいしい黒糖に走って一日に一袋も食べる始末で 見る見るうちに妊娠九ヶ月になっていた

しゃがみ込んでの撮影もできない ご婦人たちのご苦労がかろうじて知る羽目になっていた

この度胆のう除去で人間らしい食事ができるのでワクワクしている ただし 過ぎたるは及ばざるが如しとも 釘を刺されている

久しふりで我が家の猫です
雄猫ながら右のリキはしきりと面倒を見ていた 猫社会の掟とかいろいろと教えていた

ところがトラは何時しか太りだし 一方のリキはお爺さんに トラはリキが大好きで寄りつこうとすると ウザいのかリキが怒りだす

そのリキもたまには↓のように相手している

この頁トップへ


入院中の激励メールに感謝です
14/01/27(月)  12:25更新

----- Original Message -----
From: オノチャン  To: sakuraso@jcom.home.ne.jp
Sent: Friday, January 03, 2014 11:17 AM
Subject: あけましたが、おめでたいのか?
    
おぅ、生きてた~~♪♪♪♪♪かあ~!
毎日ホームページみて、そろそろお線香でも上げようかと思ったぜぃ!
さっさと、やることやって退院しましょう~!
待ってるよー

----- Original Message -----
From:: オノチャン    To: sakuraso@jcom.home.ne.jp
Sent: Sunday, January 26, 2014 10:10 AM
Subject: おかえり~!
   
まあ寝ながらパソコンは出来ないだろうから
ゆっくり、寝ていてください。
次回、入院にそなえて!
    
----- Original Message -----
From: "パソコンプロバイダー"  To: "'青木実'" <sakuraso@jcom.home.ne.jp>
Sent: Monday, January 06, 2014 11:03 PM
Subject: RE: 謹賀新年

返信ありがとうございます。

明日から入院との事ですので、退院後、再び自生地で再会できる日を楽しみにしてお
ります。
今年の野焼きは一緒に見る事が出来そうにありませんが、来年一緒に野焼きを見たい
と思います。

退院後のメールを楽しみにしております。
   
----- Original Message -----
From: 青木 幹弥   To: 青木実様
Sent: Saturday, January 25, 2014 8:54 PM
Subject: まだお迎えになりませんでしたね
   
青木実様
久し振りでブログを見ました。
まだまだ若いまだ若い
80なんてまだ若い
ひょっとして迎えに来たならば
これからお風呂と言いなさい
シャシャンとね それーシャシャンとね
まだまだ若いまだ若い
90なんてまだ若い
ひょっとして迎えに来たならば
そんなに急(せ)くなと言いなさい
シャシャンとね それーシャシャンとね
健康教室で教えられました。
東京都知事選での酷評等期待します。
***青木幹弥***
        ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
          
一月十五日 今日は野焼の日 昼前後に雨か雪かの予報 出られないが大宮バイパス側の旧外来病棟の玄関に立つと サクラソウ自生地方向で黒煙がもうもうと立ち上がっていた

携帯で連絡できるのは 自然観察会指導員の千原肇さんだけ 
09:45に電話すると
 私も来たばかりだが ほとんど終っていて今は最後のB区です
ということでした

雨か雪かの予報に対して早めに野焼作業に入ったのでしょう 画像を少し頂きたいとお願いしておいた
  
----- Original Message -----
From: 千原 肇  To: 青木実 様
Sent: Wednesday, January 22, 2014 11:38 PM

青木様

その後お体の具合はいかがですか?
寒さ厳しい折ですので、お気をつけて、
養生してください。

野焼きの写真を添付しました。

千原

2014年01月27日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 0.2 0.0 北北西 5.2
2 -0.1 0.0 北北西 4.1
3 0.0 0.0 北北西 3.1
4 -0.6 0.0 北西 3.1 0.0
5 0.0 0.0 北西 4.6 0.0
6 0.2 0.0 北西 4.5 0.0
7 -0.2 0.0 北北西 2.3 0.1
8 1.5 0.0 北西 4.6 1.0
9 3.1 0.0 北西 5.2 1.0
10 4.5 0.0 北北西 4.8 1.0
11 5.2 0.0 4.8 1.0
12 6.1 0.0 3.9 1.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) -0.8 06:54
最高気温(℃) 6.3 11:51
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
11.0(北北西) 00:04
※12時現在
御殿場ライブカメラより
絶景くんライブカメラより
二十五日に一時退院して我が家前が急変したことに目を回した 七日の再入院時では完成した基礎だけだったのが 三階建のアパートが
90%完成していた
四十年前に帰ったかのような今年の極寒に対して 自生地のノウルシとサクラソウの発芽状態はどうなっているのか 気になってね

植生たちは環境に順応した場合 突発的な気候変動にうろたえないことは何度も見てきた

今年の極寒はめったにないチャンスなのだが 確認できないとは残念至極です どんな様子か千原さんに頼むかなぁ

この頁トップへ


退院31日再入院退院二週間後
14/01/25(土)  17:55更新

2014年01月25日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 0.8 0.0 静穏 0.2
2 0.0 0.0 北東 0.3
3 -1.0 0.0 静穏 0.2
4 -0.1 0.0 0.7 0.0
5 -1.2 0.0 東北東 0.5 0.0
6 -1.9 0.0 0.7 0.0
7 -1.7 0.0 西北西 0.6 0.0
8 -0.5 0.0 北西 1.1 0.2
9 1.0 0.0 西 0.9 0.1
10 2.9 0.0 西北西 1.5 0.2
11 5.2 0.0 南南西 0.6 0.5
12 6.7 0.0 東南東 0.7 0.1
13 8.3 0.0 北北西 0.6 0.0
14 8.7 0.0 北北西 0.5 0.0
15 9.2 0.0 西 0.7 0.0
16 8.6 0.0 北北西 1.6 0.0
17 7.3 0.0 西北西 0.7 0.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) -2.7 05:49
最高気温(℃) 9.3 14:59
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
2.7(西北西) 06:17
※17時現在

お腹に穴が四つあけられて胆のうを切除しました 胆のうの中に
1,5cmの石ころがあって 更に小石も三、四個あった

体長が安定しているので一時退院して 来週の金曜日に埋めてあるホースを抜きましょう

但し 外出は禁止 食事も病院風にすること 長い時間座ってパソコンはだめ 出来るだけ寝ていること

変な条件をつけられて退院してきました 今日はここまで

明日からぼちぼち書きます

この頁トップへ


明日から二度の手術で入院する
14/01/06(月)  16:50更新


元日に更新してから年末の退院ボケで何かをいじったのか サイトを開くをクリックすると トップ頁が見当たりません と出てどうにも手がつけられない

泣きなき昔世話になりましたパソコンの先生に助けを求めたところ さすがは先生 一発で心臓部を開いて問題を修正して頂いた

皆さんも頼られると良いと思います パソコン個人教授


さてさて 明日午前十時に外来で診察され 採血とレントゲン撮影を終えてそのまま入院 午後四時から胆管のバイパス取り付けと 胃カメラで四個の石を吸引する

以後 約二週間の絶食で様子見を続け 問題なくば胆のうを切除する こうして隣り合った肝臓への弊害が防止されて長寿が保障されるという

手術に危険性は無いが アレルギー体質ながら全身麻酔に対応できるというだけ 一昨年の前立腺の切除手術では問題なかったので大丈夫だと信ずるが 万一の場合はあの世とやらで皆さんとの再会を楽しみにしています
 
2014年01月06日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 2.2 0.0 北北東 1.2
2 1.1 0.0 0.7
3 -0.8 0.0 北北西 0.9
4 -1.1 0.0 北北東 1.4 0.0
5 -3.0 0.0 西 1.5 0.0
6 -1.5 0.0 北北西 1.7 0.0
7 -2.9 0.0 西 1.1 0.0
8 -0.6 0.0 0.3 1.0
9 2.1 0.0 北北東 0.6 1.0
10 4.8 0.0 2.0 1.0
11 7.9 0.0 北西 2.5 1.0
12 9.5 0.0 北北西 6.4 1.0
13 9.7 0.0 北北西 5.7 1.0
14 8.4 0.0 北北西 5.8 0.6
15 7.7 0.0 北北西 6.2 1.0
16 6.3 0.0 北北西 6.0 1.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) -3.4 06:55
最高気温(℃) 10.1 13:13
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
13.4(北西) 12:24
※16時現在
丑三つ時から氷点下でしたが 曇っている時は霜は無い ようやく -3度でかろうじてうっすらと霜が降りた

今日は自生地へ取材に出かけるべく出かけたが 四百米先の賃貸駐車場への途中で カメラを持たずと気が付いた ボケの進化が早い そこで自生地は諦めた

無事であれば 約一ヶ月後の退院後にまたごちゃごちゃ書きます
  
ただし 残念なのは入院中の01/15の野焼をご紹介できないことです
信州白樺湖池の平ホテルライブカメラより
河口湖逆さ富士ライブカメラより
河口湖北岸ライブカメラより
絶景くんライブカメラより
御殿場ライブカメラより  火口より上が溶けている
富士宮ライブカメラより
三ッ峠ライブカメラより
裾野ライブカメラより
精進湖ライブカメラより
本栖湖ライブカメラより
絶景くんライブカメラより

この頁トップへ



昨師走の最終連休中で体調急変
14/01/01(水)  15:55更新

2014年01月01日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 1.1 0.0 北北西 1.2
2 0.6 0.0 西南西 0.7
3 -0.2 0.0 0.8
4 1.3 0.0 1.9 0.0
5 0.2 0.0 東北東 1.1 0.0
6 -0.7 0.0 静穏 0.1 0.0
7 -1.1 0.0 西 1.7 0.0
8 -0.3 0.0 北西 1.5 0.9
9 1.5 0.0 北北西 0.6 1.0
10 5.3 0.0 1.4 1.0
11 9.1 0.0 1.4 1.0
12 12.1 0.0 2.2 1.0
13 14.0 0.0 北北西 1.5 1.0
14 15.0 0.0 0.5 1.0
15 14.1 0.0 3.1 1.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) -1.9 06:58
最高気温(℃) 15.0 14:01
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
5.3(北) 14:55
※15時現在
妊娠九カ月並みに膨らんだお腹が何故か冷えやすく そうなると破裂しそうな状態になった後に 極端なふるえがまた始まり出していた

そして何故か 爆睡できていた 二十五日は正午で目が覚めた 多分 昨年のように胆石の所為で入院したのと似ているようなので 行きつけの病院へ担当医のスケジュールを問い合わせると 十五時頃に来てくれと言われた

担当医とは十四カ月ぶりの再会でした 早速 入院することを命じられた 有無を言わさずです

入院手続きも後からで良しとされた 当然ながら絶食と点滴のターゲットだった 今年は腕の悪い看護師との縁が深く両腕が傷だらけです

担当医はアレルギー体質で全身麻酔に弱いのではないかと胆のうの切除をためらい 手をつけずに大みそかの前日になってから いったん帰宅を許された

今週の初土曜日に血液検査結果によって何かを決めましょうとのこと 再入院の確率は高いのだ 歳が歳だし 切り刻むのは遠慮したいのだが家族が許さないのだ

この後一ヶ月を過ぎても更新していない時は 三途の川を渡ったとご承知ください

念のために 長年の御愛読に感謝します 有難うございました
 
何事もなければ六日から再開します

この頁トップへ

2月前へ 花期・道順  年頭に思う  トップページ