4月前へ  もどる  花期・道順  トップページ   

サクラソウ3月

 3月の目次 
 サクラソウ冷雨に晒され休憩? 
 サクラソウ2・3・4号と連続開花 
 悲しからずや我が情報源氏逝く 
 サクラソウ春陽気の午後に進化 
 サクラソウ09時現在7号迄開花 
 サクラソウの見頃予想困難です 
 サクラソウ一輪だけ咲いたぞ〜 
 サクラソウ気持ちだけ良いお湿り 
 サクラソウさぼりにさぼってる 
      

サクラソウさぼりにさぼってる
14/03/31(月)  18:55更新

2014年03月31日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 14.1 0.0 西 3.8
2 12.9 0.0 北西 1.0
3 12.3 0.0 北北西 2.3
4 11.8 0.0 北北西 4.5 0.0
5 11.7 0.0 北北西 6.7 0.0
6 10.9 0.0 北北西 4.1 0.1
7 12.6 0.0 北北西 6.3 1.0
8 14.1 0.0 北西 7.0 1.0
9 14.7 0.0 北西 8.4 1.0
10 15.5 0.0 北北西 5.9 1.0
11 15.3 0.0 北北西 7.9 1.0
12 16.6 0.0 北北西 6.7 1.0
13 17.5 0.0 北北西 5.6 1.0
14 18.4 0.0 北北西 6.0 1.0
15 18.5 0.0 北北西 7.1 1.0
16 17.3 0.0 北北西 8.0 1.0
17 15.8 0.0 北北西 9.8 0.2
18 14.7 0.0 北北西 9.2 0.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 10.8 05:59
最高気温(℃) 18.9 14:22
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
16.4(北西) 08:15
※18時現在
絶景くんライブカメラより
三つ峠ライブカメラより
忍野ライブカメラより
 
自生地の地勢を分かるようにグーグルの衛星写真を添えました
 
サクラソウはさぼっています 能書き無しで行きます
センニンソウは刈られても再生する ↓は証拠です

この頁トップへ


サクラソウの見頃予想困難です
14/03/29(土)  19:35更新

2014年03月29日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 9.1 0.0 南西 1.4
2 9.3 0.0 南南西 1.3
3 8.0 0.0 西南西 0.3
4 9.0 0.0 東南東 1.1 0.0
5 8.2 0.0 南東 0.8 0.0
6 8.8 0.0 0.8 0.0
7 10.9 0.0 0.7 0.4
8 13.2 0.0 北北東 1.1 1.0
9 14.8 0.0 北西 1.4 1.0
10 16.8 0.0 南南西 1.7 1.0
11 18.3 0.0 南西 1.7 1.0
12 20.6 0.0 北東 1.7 1.0
13 22.1 0.0 南東 3.2 1.0
14 22.4 0.0 南南東 2.2 0.9
15 22.9 0.0 東南東 3.1 0.9
16 21.9 0.0 南東 3.8 1.0
17 21.1 0.0 南南東 2.5 0.4
18 19.7 0.0 南南東 2.7 0.1
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 7.3 04:30
最高気温(℃) 23.2 15:12
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
6.9(南東) 15:52
※19時現在
 
田島ヶ原サクラソウ自生地では名物男の情報源(田口時夫氏)が僅か65歳で逝くとは 口角泡を飛ばして笑顔と大声で つかえながら解説を受けた方々も多いでしょう もう会えないとはさびしいですね

それに合したかのように今年のサクラソウは 地球温暖化が定着するH13年以前に回帰してしまっている

この冬は昨年の十一月から容赦ない厳寒が二月まで続いた 度々書いてきたように サクラソウは保守的 私たちは四月の花よ 頑として譲らない 人間同様にサクラソウにも若い世代があるようで その世代だけが地球温暖化にシンクロして 歴史上 三月発芽が一月発芽に移行するも 保守層が多数ですので 他の順応性が高い植生たちに わが世の春を遮蔽されてしまった

サクラソウの保守層は それを読めずに今日まで来てしまった

そこへ この冬が古に戻ったものだから 順応性の高い若い世代?迄も二月発芽と遅れてしまった

保守層はわが世の春とのんびり構えて花芽さえつけないでいたところ 突然の初夏気温で 他の植生(ジロボウエンゴサク・スイバ・ヨシとオギ・ツボスミレ・ノカンゾウ・コバギボウシ)などが 地球温暖化で二ヶ月早い発芽癖ゆえに 寝坊したとばかりに目覚めると同時に 勘違いした遅れを取り戻す気なのか一斉に立ち上がった

この騒ぎを 保守的なサクラソウらは只見ているだけで それでも若手だけは慌ててぼちぼちと開花する

こういう次第ですので見頃予想は非常に難しい

極論すれば今年もいい時はない になります 保守的なサクラソウがのんびり開花した時はすでに前記植生たちの陰になり 訪れた人々には簾(すだれ)越しに見ざるを得なくなります

それでも 今年は何故か 記念石碑の周りだけは03年や09年並に見応えのある ちいちゃな花園になり得ます

そうそう まだありました 記念石碑側観覧路から直進して 十字路を右折すれば比較的見えやすいブロックがあります

残念なのは各ブロックの中央部に真っ黒な焼けぼっ杭が景観壊しです    
さて 見頃ですが 断定は難しですが 四月十日前後の二、三日しかなさそうです 理由は 前記植生たちが背伸びして簾の役目を果たすからです 毎日修正していきます
      

今日も守る会のボランティア達は懐かしい顔ぶれです 十字路付近で自然観察会指導員の千原肇さんがいた ジロボウエンゴサクが目的で来ているとか どの辺だろうというので昨日のボランティアたちに教わった場所へ案内 その後は二人で自生地の外周を一周 以下ホトケノザ以外は千原さんが指差したものです
外周の一周は千原さんにとってもきつそうでしたので 記念石碑前の歩道縁石に座り込んで 目の前一帯から千原さんをして
 このいい香りなんだ?
と言わしめる香りの元は黄色一色のノウルシでした 経験則ではノウルシが満開すると同時に素晴らしい香りを放っています

ここはサクラソウ自生地なんですがね 明治二十年には田島ヶ原より下流側の各サクラソウ自生地は 来観者の摘み取りや業者らの大量採取によって絶滅していた

田島ヶ原は各所有者らが残すのには国の保護が必要と三好学博士に頼って 国の天然記念物として認可を受けたものです

自生サクラソウ有っての認可です でも 現状はご覧のとおりです

気候変動を考慮しない馬鹿な管理方法によって 折角 増殖事業計画でS40年頃の約五十倍に増やしたのに 自然消滅する予感がしてなりません

今日は完ぺきな初夏陽気 本年初の夏姿になったことを千原さんにシャッターして頂いた
千原さんが駐車場のサクラソウを撮影している ここで別れた
引き上げる途中で蝶の専門家の関口忠雄氏が相変わらず小石を拾っていた 声をかけたら ヒキノカサが咲いたのを知っているかと尋ねられた

サクラソウより先とは驚きです 案内して頂いたと同時にノジスミレも案内すると前日同様にいわれたので 無視もできないのでお願いした 以下は関口氏の指差したものです

明日は休みます

この頁トップへ


悲しからずや我が情報源氏逝く
14/03/28(金)  20:35更新

2014年03月28日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 5.3 0.0 静穏 0.0
2 3.3 0.0 西北西 0.7
3 3.4 0.0 北西 0.9
4 3.8 0.0 静穏 0.1 0.0
5 3.6 0.0 0.7 0.0
6 3.1 0.0 西北西 0.7 0.0
7 5.6 0.0 西北西 0.3 0.9
8 8.4 0.0 北西 1.2 1.0
9 11.2 0.0 東南東 0.3 1.0
10 14.9 0.0 南西 0.8 1.0
11 16.5 0.0 東南東 1.0 1.0
12 18.4 0.0 南西 1.2 1.0
13 20.5 0.5 1.5 1.0
14 21.1 0.0 南南東 2.7 1.0
15 21.0 0.0 3.9 1.0
16 20.0 0.0 南南西 4.1 1.0
17 18.7 0.0 4.5 1.0
18 17.5 0.0 南南東 4.2 0.6
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 2.4 05:50
最高気温(℃) 21.7 14:36
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
10.3(南南東) 17:27
※20時現在
挨拶に立ち寄ると居合わせた皆さんから 田口さんが二十二日に亡くなったと聞かされた 私にとっては大切な情報源を失いました
先月 退院した直後に半年ぶりで管理棟前で誰かを案内していた情報源と遭遇し 最近では毎回 封を切らない飴玉を この時も一袋頂戴した まさかそれが最後とは…

田口時夫氏のご冥福をお祈りします
      
昨日の雨はほとんどお湿りではなかった というよりは降らなかったのか地面は乾燥で白っぽい

守る会の居合わせた方から 全域でサクラソウが咲いていると知らされたがヨシが我が物顔で全域でニョキニョキです
      

この頁トップへ


サクラソウ気持ちだけ良いお湿り
14/03/27(木)  17:16更新

2014年03月27日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 12.4 0.0 北西 2.3
2 12.7 0.0 北北西 2.5
3 12.4 0.0 北北西 0.7
4 12.6 0.0 北北西 1.0 0.0
5 12.6 0.0 1.1 0.0
6 12.3 0.0 北北西 1.3 0.0
7 12.6 0.0 3.5 0.0
8 12.6 0.0 2.7 0.0
9 12.0 0.0 北北東 3.9 0.0
10 11.3 0.0 北北東 2.7 0.0
11 11.4 0.5 3.5 0.0
12 11.5 0.0 3.2 0.0
13 11.3 0.0 3.0 0.0
14 11.4 0.0 北北東 4.1 0.0
15 11.8 0.0 北北東 2.0 0.0
16 11.9 0.0 1.9 0.0
17 11.8 0.0 1.9 0.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 11.2 12:59
最高気温(℃) 12.8 06:34
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
7.8(北北東) 13:42
※17時現在
 
今朝は夜露に毛が生えた程度の雨だった 怠け者には有難い どうせ冷えている中ではアマナもねんねしているだろうし サクラソウも期待は無理でしょうと勝手に断定

道路上に傘の花が賑わっている 目で見える程度の雨だ 三十分ほどで水溜りが出来た 自生地の乾燥をだいぶ和らげられるね 
これをシャッターした一時間後に表を見回していると 隣りん家の柿の木が新芽を出していた

地球温暖化から植生たちも狂い出したようだ 本来は 桜が散った後から新芽になるのに 桜が本格的に咲く前に新芽とはね
傘の花が稀になった 昼食弁当を買いがてら自生地へ 弁当を食べながら自生地を見やると 今年もアマナの出番を 取り上げられるかのようにノウルシの黄色が邪魔立てしている 100%の満開でも見えない
明日を期待して引き上げた 西南桜通りの桜は冷雨で運航停止状態だ

この頁トップへ


サクラソウ09時現在7号まで開花
14/03/26(水)  15:30更新

2014年03月26日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 11.7 0.0 北北西 1.2
2 10.4 0.0 西 0.5
3 10.2 0.0 静穏 0.0
4 9.8 0.0 西南西 0.8 0.0
5 10.2 0.0 西北西 0.4 0.0
6 9.9 0.0 西北西 0.6 0.0
7 11.4 0.0 北北東 0.5 0.0
8 13.1 0.0 南南西 0.6 0.0
9 14.3 0.0 0.5 0.0
10 15.3 0.0 0.9 0.0
11 16.9 0.0 東北東 1.2 0.0
12 17.9 0.0 東南東 1.5 0.0
13 19.9 0.0 南南東 2.3 0.3
14 19.1 0.0 南南東 2.8 0.1
15 18.6 0.0 南東 3.3 0.2
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 9.6 03:58
最高気温(℃) 20.2 13:05
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
6.7(南) 14:30
※15時現在
 
十五時頃に開花二号の隣りの蕾が咲くと予言したのが気になってね 二十度以上が五時間も続いたためです

夜が明けると同時に跳び出した

予想どおりに二輪も咲くが 中央観覧路を往復してから撮影としたが オオスズメバチの死骸があった この時期に何故? 地球がおかしくなり出したのかな
二時間二十分後に 左の膨らんだ蕾が七号目として咲いた
一昨年から早咲きは消えていたので 早咲きブロック改め A区元早咲きブロックとします 今日も二十度まで上がっているので このブロックでは三輪ほど咲いたかもしれない 記念石碑正面も大賑わいでしょう
タンポポも曇り空下では閉じることを初めて見た

午後から雨になりそうな雰囲気ですので 長居せずに子供の森横堤から引き揚げた

この頁トップへ


サクラソウ2・3・4号と連続開花
14/03/25(火)  18:50更新

2014年03月25日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 10.2 0.0 南西 1.4
2 9.4 0.0 南西 0.9
3 9.2 0.0 北北西 1.0
4 9.5 0.0 1.6 0.0
5 8.7 0.0 北北東 1.5 0.0
6 8.1 0.0 西北西 0.3 0.0
7 9.2 0.0 0.6 0.4
8 11.5 0.0 西 0.6 0.9
9 13.1 0.0 0.5 1.0
10 16.0 0.0 南南東 1.4 1.0
11 17.3 0.0 1.5 1.0
12 19.4 0.0 南東 2.2 1.0
13 20.6 0.0 南南東 2.0 1.0
14 21.9 0.0 南東 1.4 1.0
15 22.4 0.0 南南東 2.5 1.0
16 22.4 0.0 南南東 2.4 1.0
17 21.6 0.0 南東 2.8 1.0
18 19.7 0.0 南東 1.6 0.4
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 6.6 06:25
最高気温(℃) 22.7 15:51
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
6.4(南南東) 12:31
※18時現在
 
自生地に着くと 記念石碑前に熟年男性から声をかけられた
 ブログで第一号開花とあるので
嬉しいですね サクラソウ情報をご覧頂くとはね そこで案内した

撮影を終えて記念石碑前に戻ると なんと 昨日掲載のあかんべぇが咲いていた シロバナホトケノザを知らないというので案内する 時間があるというので鴨川淵沿いにあるべきものを伝え 半周して大島桜で別れる
私は用を足してからB・D区の通路から十字路に向かう
↑は二種類のハナヤスリ ヘラ型はフジハナヤスリ ダルマ型はヒロハハナヤスリ 詳しくは↓で

アマナの全開待ちには時間があり過ぎるので上尾へ用足しに出かけた
何のことはない 単なるドライブに終わった 自生地に着いたところで旧志木街道跡ノリ面に白と黄色タンポポが目に入る 降りて見るとキタテハがからかってくれた 意地でも写したのだった
記念石碑に戻ると熟年ご夫婦がしきりと第二号を指差していた 昨日咲いたのがあるよと言えば 見たいというので第一号へ案内する それからは私のでしゃばりが噴火する

気がついたら 背の高いイケ面熟年男性が聴きいっていた 小一時間は喋ったかな 皆さんと別れ 第二号の変化を見やると 今朝ツボミだったのが開く作業体制に入っていた
これを撮影し終わると 前方 十字路を右折して杭十本目付近で最前のご夫婦の奥方が しきりと手を振っていた そして ある一点を指差している 理屈抜きでサクラソウだなと カメラのバッテリーがなくなったので車に戻り交換して 待たしてはと走りだすが 足腰の激痛でままならない それでもご夫婦は待ってくれていた

私の思惑は正確だった ここ三年来田島白が咲いた付近で小いちゃなサクラソウが一輪咲いていた

見つけたのは今日ですが 咲いたのはしっかりサから見て昨日咲いたかもしれない
 
記念石碑前の予定した四号は間違いなく咲いたでしょう もしかすると五、六号も現れたかもしれない

明日もこの陽気ですと あちこちで咲き出すでしょう 気張って明日は全域をくまなく探すぞ〜!

この頁トップへ


サクラソウ一輪だけ咲いたぞ〜
14/03/24(月)  20:15更新

      
2014年03月24日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 6.2 0.0 西北西 0.9
2 4.7 0.0 西 1.1
3 6.0 0.0 0.7
4 5.2 0.0 西北西 3.5 0.0
5 5.2 0.0 西 2.5 0.0
6 5.0 0.0 北西 1.5 0.0
7 6.6 0.0 西 1.2 1.0
8 9.1 0.0 北西 0.8 1.0
9 11.9 0.0 北北西 1.9 1.0
10 15.1 0.0 西北西 2.1 1.0
11 16.8 0.0 北北西 3.7 1.0
12 17.4 0.0 西北西 2.3 1.0
13 18.1 0.0 北西 1.5 1.0
14 18.9 0.0 南東 2.4 1.0
15 18.5 0.0 3.8 1.0
16 17.8 0.0 南南東 3.6 1.0
17 16.5 0.0 南南東 3.8 1.0
18 15.0 0.0 南南東 3.5 0.4
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 3.9 01:53
最高気温(℃) 19.1 14:07
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
9.4(南南東) 16:25
※18時現在
 
今朝は微風なので2年ぶりの早出と相成った 白花タンポポは毅然と咲いているのに アマナ類は寝坊していた

管理棟の職員のボスとBD区の通路を語りがら記念石碑まで歩いた 途中で自然観察会指導員の千原肇さんとすれ違うが 挨拶を交わすだけでした

これが千原さんスタイルです 決して割り込んでは来ない

何年振りかで親孝行と出会う お母さんは小柄で杖を持ち 息子さんがカバーしながら丹念に覗きこんでいる

赤い蕾は見たかと尋ねると見たとお母さんが元気よく答えてくれた そこで私のでしゃばりが出動してアマナの4タイプについて それぞれの場所も含めて見る様にとアドバイスした

何組かと 記念石碑前の赤い蕾について語る E区から戻る親孝行組が視野内に跳び込む

ひととおり終えると人の影がなくなった

千原さんの車がまだ止まっている 近寄って覗くが乱反射で確認できない 運転台に回ると 掌で顔を隠す千原さんがいた 私が空くのを待っていたようだ

色々語り A区早咲きブロックに足を運ぶ 土曜日に念のためにシャッターしたらツボミだった話をすると 千原さんは一点を指さす

赤い蕾だった 続けて見つける 計3株だった

記念石碑前の縁石に座り込んで話しこんでいると 親孝行組が管理棟方向から吾らの前に戻った

息子さんが
 サクラソウが咲いていたよ
と言い出した 見つけたのは昭和七年生まれのお母さんだった

案内に戻るのについて行くとトップのサクラソウだった 毎日見回っているブロックであるが サクラソウのサの字もないのに

またもサクラソウに裏をかかれて その上 足払いを食わされた気分だった 観察中のは動きが無いというのに ずっと後から発芽したのが先に咲き出す このことは 自生地では当たり前のようだ

順で掲載していきます
絵になるものが無いので 子供の森の白木蓮が咲いたかと出かけた たった一本ですが咲き出したところだった 三つの池は滞水し アマナブロックのアマナは やはり寝坊していた
メインストーリートの白花ヒメオドリコソウを探すがまだまだのようだった

まだ九時を回ったところだが 無理とは承知で自生地に戻る
十七度五分 ながら風が冷たい この冷たさでアマナ類はしぶしぶ五割開きに       
地球温暖化で無ければ 文書化された記録上では百年以上前から昆虫の飛翔はなかった なかっというよりは 冬眠中 又は四月いっぱいまで吹きすさぶ関東暴れん坊ゆえに飛翔できずにいたようでした キタテハが三月のこの時期に飛翔するとは かつては考えられなかったものでした

親孝行組とも別れ 千原さんも私をサポートするのに疲れきってお互い別れた 赤い蕾がどんどん増えるでしょう とんでもないところで咲き出すかも知れない

その前に アマナ ヒロハノアマナ ヒロハノアマナもどき(青木実仮称) ホソバノアマナ(青木実仮称)の四タイプが完全開きの一斉咲きに叶えられる保証はないが 期待でしょう

この頁トップへ


サクラソウ春陽気の午後に進化
14/03/22(土)  19:00更新

2014年03月22日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 3.1 0.0 北西 1.9
2 2.6 0.0 北西 2.7
3 2.1 0.0 北西 2.6
4 3.2 0.0 西北西 5.4 0.0
5 3.2 0.0 北西 5.2 0.0
6 2.7 0.0 北西 4.3 0.1
7 4.7 0.0 西北西 4.7 1.0
8 6.6 0.0 北西 4.4 1.0
9 8.5 0.0 北西 6.0 1.0
10 9.7 0.0 北西 6.0 1.0
11 10.2 0.0 北北西 6.4 1.0
12 11.2 0.0 北北西 5.4 1.0
13 12.3 0.0 北西 4.0 1.0
14 12.9 0.0 北西 2.8 1.0
15 13.5 0.0 北西 2.8 1.0
16 13.1 0.0 北北西 2.6 1.0
17 11.9 0.0 北北西 3.6 0.9
18 10.2 0.0 北西 2.6 0.6
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 2.0 03:01
最高気温(℃) 13.7 15:08
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
11.8(北) 11:12
※18時現在
絶景くんライブカメラより
裾野ライブカメラより
御殿場ライブカメラより 小田原ライブカメラより
さった峠ライブカメラより
今日は胆のう摘出してから一ヶ月半 経過検査の日ですので三十分ほどの滞在で引き揚げた

気温は九度台 関東暴れん坊も出勤していた アマナ類は縮こまっている サクラソウの蕾を覗くとその手前にも一株あった 昨日気付くことができなかった

診察を終えてMRIなどで完璧な人間に戻ったことが証明された

十四時過ぎに自生地へ 関東暴れん坊はいい子になっていた 気温も十三度手前 アマナは全開 驚いたのは午前中なかったホソバノアマナが列をなしていた
明日以降も今日ほどであれば週明け過ぎに咲くかもしれないね 経験則では発見した十九日から二週間以内に咲くのですがね
      
昨日まで花芽は見えなかった 突然現れるんですね このタイプについて何処にもデーターはないので仮称にしてきた
両タイプの花の形が違うのが分かりますね

明日は休みます

この頁トップへ


サクラソウ冷雨に晒され休憩…
14/03/21(金)  19:35更新

2014年03月21日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 7.6 0.0 1.3
2 7.2 0.0 北北東 1.0
3 8.2 0.0 北北西 4.8
4 7.0 0.0 北北西 4.1 0.0
5 7.2 0.0 北西 4.3 0.0
6 7.5 0.0 西北西 4.0 0.0
7 8.6 0.0 西 4.2 0.6
8 10.0 0.0 北西 6.6 1.0
9 11.1 0.0 北西 6.7 1.0
10 11.9 0.0 北西 8.7 1.0
11 12.7 0.0 北西 8.4 1.0
12 11.8 0.0 北西 10.2 0.6
13 11.7 0.0 北西 6.7 0.0
14 12.5 0.0 北西 7.4 0.7
15 12.3 0.0 北西 8.6 0.9
16 10.2 0.0 北北西 9.2 1.0
17 8.6 0.0 北北西 9.2 0.9
18 7.3 0.0 北北西 7.3 0.5
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 5.9 19:00
最高気温(℃) 13.5 11:34
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
18.8(北西) 11:39
※19時現在
 
遅い昼寝でこんな時間になってしまった

昨日の一日中の冷雨でワクワクさせてくれたサクラソウの赤い蕾は 変化が無かった 朝から七度前後に推移と08時から突然関東暴れん坊が暴れ出して アマナ類は閉じるか半開き ヒロハノアマナの今日の様子は終焉の前兆を呈していた

シロバナホトケノザは逆に元気よく五株とにぎわったが 最近の私のカメラはマクロ撮影でピンボケが多い

今日も温度計を冷ましてから撮影としたが 編集でやっと置き忘れに気がついた 五年前からですが益々顕著です
絶景くんライブカメラより

この頁トップへ


STAP問題本人弁明せず何故?
14/03/20(木)  17:45更新

2014年03月20日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 8.7 0.0 北東 1.9
2 8.5 0.0 北東 2.1
3 7.9 0.0 北北西 1.7
4 6.9 0.0 北東 2.4 0.0
5 6.7 0.0 1.6 0.0
6 6.4 0.0 1.5 0.0
7 6.0 1.0 北北西 1.9 0.0
8 6.0 1.0 北北西 4.0 0.0
9 6.1 1.5 北北西 3.3 0.0
10 6.5 1.5 北北西 4.0 0.0
11 6.3 1.5 北北西 3.9 0.0
12 6.5 2.0 北北西 3.0 0.0
13 6.5 0.5 北西 3.4 0.0
14 6.8 0.5 北北西 2.8 0.0
15 6.9 1.0 北北西 4.0 0.0
16 7.2 1.5 北北西 3.5 0.0
17 7.4 0.0 北西 3.0 0.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 5.9 07:47
最高気温(℃) 9.2 00:04
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
7.6(北) 10:58
※17時現在
    
iPSは作るのに何週間もかかりますがSTAPは簡単にできます
iPSはガン化のリスクがありますがSTAPはガンになりません

 
と誇らしげに発表したのにコピペだの 実験は成功しないとか 内容確認なしに二本の論文に共著者として名を連ねた連中の主だったのが 責任転嫁に汲々としている

STAPが嘘であった場合 内容を確認しないで名を連ねた十四人は共犯者であり 他のシンとしている連中も公表すべきですね

仮に 該件が捏造であった場合 こういうことはアカデミーの体質と知るべきです サクラソウもそうだったようにね

本人は 早稲田大学に提出した論文の撤回を申し出たという 事実であれば博士号は剥奪されるだそうだ

それにしても アメリカ側では今でも擁護しているが どっちが本当なんだ? 小保方晴子で検索したら↓が出た
http://blogs.yahoo.co.jp/stttkto/38246007.html
  
朝から雨で動けず ひび割れた地面には救いの神ですがね

この頁トップへ


4月前へ   もどる  花期・道順  トップページ