4月後へ  もどる  花期・道順  トップページ

サクラソウ4月(中)

ご意見箱

 4月(中)の目次 
 サクラソウ田島白が夕方咲くぞ 
 サクラソウ田島白手前株も咲く 
 サクラソウ雨にもめげず観覧者 
 田島白が平塚の知人を出迎えた 
 テレビ局は針小棒大が本領だね 
 今日は福島氏に噛みつかれたよ 
 サクラソウ満開なれど遅すぎた 
 俄かガイドに徹した偶然と遭遇 
 さくら草祭りは年々賑いますね 
    

さくら草祭りは年々賑いますね
14/04/20(日)  18:50更新

2014年04月20日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 7.1 0.0 東北東 2.3
2 6.8 0.0 北北東 2.3
3 6.6 0.0 北北東 1.9
4 6.6 0.0 1.5 0.0
5 6.3 0.0 北西 1.9 0.0
6 6.3 0.0 1.8 0.0
7 6.8 0.0 北北西 1.7 0.0
8 7.6 0.0 北西 1.6 0.0
9 8.4 0.0 北西 1.7 0.0
10 10.1 0.0 東北東 1.9 0.1
11 11.4 0.0 西北西 1.6 0.1
12 11.8 0.0 西 1.4 0.2
13 12.7 0.0 北北西 1.7 0.4
14 13.0 0.0 南南西 2.1 0.0
15 13.6 0.0 南東 1.5 0.3
16 13.6 0.0 南南東 1.7 0.0
17 13.3 0.0 南南東 2.4 0.0
18 13.0 0.0 南南東 2.6 0.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 6.2 06:12
最高気温(℃) 14.4 14:33
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
5.8(北東) 00:14
※18時現在
 
今日は さくら草祭り 曇りがちで気温も低いが素晴らしい祭り日和でした 以前では 祭り会場へ一直線に行っていたのが 今日は元駐車場に自転車を置くと鴨川沿いに自生地内に入って行くのが多かった

その所為で サクラソウ自生地も人通りが多かった
白い小花=ツボスミレ  鈴なり小花=アマドコロ  タンポポ  サクラソウ
 
うかつだった 毎日一度はブログを覗いているが 表示されたスケジュールだけ見て クリックするスケジュール欄には入り込んだことはなかった 念のため 出演者待機部屋の氏名を見ると名前があった
今頃咲き出したのがあちこちで見られた もっと早く咲かないと人の目に触れられないよ 全てが二ヶ月進んでいるんですからね サクラソウの皆さんも他と一緒にシンクロしましょうよ

この頁トップへ


今日は福島氏に噛みつかれたよ
14/04/19(土)  19:40更新

2014年04月19日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 7.8 0.0 2.3
2 7.7 0.0 2.7
3 7.9 0.0 北北西 2.3
4 7.3 0.0 2.0 0.0
5 7.2 0.0 1.5 0.0
6 7.9 0.0 1.5 0.0
7 9.4 0.0 1.6 0.6
8 10.8 0.0 北西 1.9 0.9
9 12.7 0.0 1.4 1.0
10 14.0 0.0 東北東 1.8 1.0
11 14.6 0.0 東北東 2.5 1.0
12 16.0 0.0 北北東 3.7 1.0
13 16.3 0.0 1.7 1.0
14 15.8 0.0 3.4 0.4
15 14.4 0.0 6.8 0.0
16 13.0 0.0 7.3 0.0
17 12.0 0.0 東南東 5.6 0.0
18 11.1 0.0 5.7 0.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 6.7 04:35
最高気温(℃) 17.3 13:18
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
11.3(東) 15:32
※19時現在
 
今日は 消えゆくサクラソウの記録と相変わらずのでしゃばり案内を終えて 名人の神田さんがカスマグサについてこの上にを当て込んで 志木街道のり面で大群を発見 引き上げるべく守る会のテント前に到着 福島氏らが盛んに話しあっている

話が切れたところで福島氏に
 皆勤ですね
と声をかけると 彼は形相を変えて
 青木さんのホームページは権威あるホームページだがムニャムニャ
耳が遠いのと 言葉の意味が理解できないものですから 何度も耳に手を当てて聞き返した それでもある言葉が分からない
 ムニャムニャみんな一生懸命にやっているんだから
そこで再度耳に手を当てて聞き返すと
 百害
という言葉でした

彼の意図は 16日の記事について噛みついたものです ↓再掲載

―― そして悪いことに 守る会の重臣が出鱈目の解説をしている

 今年は雨が降らなかったので出来が悪い

史上最高の降雪も含めて250ミリ前後の散水があったのだ 開花してからの降雨はサクラソウ殺しになるので 降られては困るものです

ひどい時は暴風と共に降られて花穂が折られる場合もあります 花期の雨は厳禁です

なんで間違いの解説になるのか 普段は顧みない 活動期だけやって来て現状に筋違いの解説をしてしまうのです

ということで 守る会の活動は百害あって一利なしです――

みんな一生懸命にやっているのに百害とは何事か ということだった そこで名前を伏せていたが 噛みつかれてはこれまでと 張本人は会長 と明らかにした 売って置いて私の抗議に彼は遠ざかる

喧嘩を売られた以上は事の真相を明らかにしましょう

当日 田島白(の意味を知っているものはいません H13年 出しゃばり解説の最中に 品のいい恰幅の旦那と奥さんが目の前に立ち 白いサクラソウについて解説をしてくれた その際 差し出された名刺は川口グリンセンター副所長 全国にある白いサクラソウはここから出て行ったもので それで田島白と命名された)を案内し その訳を解説していると 会長が四、五人の観覧者を引き連れて 指揮棒で指しながら
 一株の白いサクラソウです
私は思わず双株と挟んだ その時の画像を見ましょう
これを一株と言いふらすとはお頭の程度が知れる なぜなら サクラソウは一株当たり 花穂は一本しかない これも知らないから一株に見えて嘘を言うのである 別のカットのトリミングを見ましょう
守る会の会長たるものがこれでいいのか

そして 向きをB区に向けて 前記の今年は雨が無かったに相なる

もうこうなると認知症か ド阿呆としか言いようがない 守る会の会長だからね 出鱈目を云い廻されてはさいたま市の恥さらしだからね

昨日会長と出会った際 今年は雨が降らないとは嘘もいい加減にせいと注意した ところが まるで他人事のような風情だった  

皆さんはご承知ですが 喧嘩を買うのだから反証を並べましょう

2/8積雪17cm 2/14 30cmの物差しが埋没するほどの積雪
三月の雨は 3/5/13/20/27
四月の雨は 3/4

その結果は次のとおりです
この状態を会長ともあろうものが知らんわけはない にもかかわらず…ではね こういうのは活動とは程遠いものだ

嘘八百や出鱈目や 下手な云い伝えや 主観に基づいた出鱈目を案内とされては百害あって一利なしと言わざるを得ない

本来は 田島ヶ原サクラソウを守る会 と打って出るには 年明けから活動開始日までの自生地の流れを把握したうえで 会員全員の共通認識の上で活動しなければなりません

遠くから来る知人の何人かが ボランティアがいい加減な事をしゃべっていたとメールが来ていた それでいいのかということです

喧嘩を売られる筋合いのものではないのだ

私に喧嘩を売るには それなりの根拠と(挙証責任の行使)なくしては恥をかくだけですよ

いいですか 守る会の会員たちの守るべきことは 現状についてのみ案内すべきであって 確証の無い話や 主観的な話はすべきではないことを肝に銘じてほしい
 
今年はボケが進んで自生地から離れることを忘れている 秋ヶ瀬公園ピクニックの森へ久し振りで出かけた

さすがは湿地帯 至る所で池化が続いていた
サクラソウは間違いなく保守ですね 園芸種が今頃旬を迎えている

この頁トップへ


サクラソウ雨にもめげず観覧者
14/04/18(金)  16:50更新

2014年04月18日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 15.7 0.0 北東 1.3
2 15.3 0.0 北東 1.4
3 14.9 0.0 北西 0.5
4 14.8 0.0 北西 1.7 0.0
5 14.4 0.0 北西 1.4 0.0
6 14.3 0.0 北東 2.4 0.0
7 12.0 0.5 東南東 3.5 0.0
8 11.0 0.0 東北東 3.9 0.0
9 10.4 0.0 3.9 0.0
10 10.4 0.5 3.4 0.0
11 10.3 0.0 4.2 0.0
12 9.5 0.0 東北東 3.3 0.0
13 8.7 0.0 東北東 2.5 0.0
14 8.5 0.5 東北東 2.9 0.0
15 7.9 0.0 北東 1.9 0.0
16 7.9 0.5 北東 2.9 0.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 7.8 15:26
最高気温(℃) 16.2 00:06
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
9.8(東) 08:01
※16時現在
 
自生地の地勢が分かるようにグーグルの衛星写真を添えました
    
この三カットをシャッターしたところで眼前に 2カット目のご夫婦が石碑正面でお互いを撮影していた

出しゃばりの私が近寄って
 シャッターしましょう
と声をかけると喜んでくれて 奥方は入口のこげ茶色の太い杭を入れたいと注文 プロですから注文を聞き入れ かつ 石碑を入れる構図でカメラを構えると ご夫婦は閻魔大王の顔つきになる
 巌流島の決闘ではないよ
と声掛けするとご夫婦は笑いこけた この笑い顔に素晴らしい瞬間がある それを逃さずシャッター ご夫婦に見せると大喜びだった

素人には間違っても撮れない決定的チャンスなのだ

ものはついでと案内する 田島白から傍にある花の中心に白縁の無いサクラソウを撮影させ その間に十字路を通り過ぎようとしている若い女性に大声で呼び 田島白を指差した

若い女性はパックしてやって来る 奥方が私の代わりに
 白いサクラソウですよ
と指差し教えるが 無言でシャッター 腕章らしきが見えたので
 腕章とはどこの係り?
若い女性は
 読売新聞社です
と言ったきり 挨拶もしないで立ち去る ご夫婦も首をかしげた

読売新聞社とは偉い者で下じもの情報提供は当たり前で 礼なんぞはしないものらしい 二度と読売新聞社には自生地での情報は出さないことに決心した なぜなら 一般の方たちは 皆さん喜び礼を述べるからです

ご夫婦には花弁四枚ブロックの位置を教え別れる ところが別の被写体の撮影を終えた私が四枚ブロックに先に着く 後から来たご夫婦は大喜びでした 非常に喜んでくれる方と 礼はいうが嬉しそうにしないタイプの人もいる
昨日の汗ばむ陽気から 今日は一転して綿入れを着る羽目に 老体にはきついので長居せずに引き揚げた

この頁トップへ


俄かガイドに徹した偶然と遭遇
14/04/17(木)  17:30更新

2014年04月17日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 13.7 0.0 北東 1.6
2 14.4 0.0 3.9
3 13.7 0.0 2.9
4 12.1 0.0 北東 1.4 0.0
5 11.8 0.0 北東 1.7 0.0
6 11.8 0.0 東南東 1.7 0.0
7 12.6 0.0 1.5 0.9
8 14.0 0.0 東南東 2.4 1.0
9 15.9 0.0 南東 2.6 1.0
10 17.4 0.0 南南東 1.9 1.0
11 19.2 0.0 2.6 1.0
12 20.0 0.0 2.3 1.0
13 21.0 0.0 2.9 1.0
14 21.4 0.0 東南東 2.9 1.0
15 22.3 0.0 2.5 1.0
16 21.9 0.0 南東 3.7 1.0
17 20.8 0.0 3.3 0.7
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 10.7 05:39
最高気温(℃) 22.5 15:40
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
8.3(東南東) 14:01
※17時現在
 
自生地の地勢が分かるようにグーグルの衛星写真を添えました
最近の私は常時100kmを歩いた直後のような状態 守る会拠点のテント前の椅子で休んでいると ボランティアが全員出払って訪問者が絶え間なくやってきます

やっと誰かが戻ってきたときに ご婦人に質問された 内容は思い出せないが 川崎から来られたというので ともかく案内しましょうということになった

そういうときでも 出しゃばりの私は通りがかった人たちに○○があるよとアドバイスします

案内の内容はヒキノカサの白花のカットから続きます そして 花弁四枚まで案内することになって 到着して見ると 三脚を据えて豪華な一眼レフカメラで花弁四枚サクラソウを撮影している方がいた
 凄いですね よく気がつきましたね
と声をかけたら
 青木さん しばらく
と返された

私の最近では忘却の彼方が実家のようなものですから記憶にないのだ そしたら私の一部始終を居合わせた方々に紹介し始めた

川崎のご婦人は フジハナヤスリを教えると言ってあるので 我慢して付き合ってくれた

最後は 戻られるコース上にある??スマグサがある桜草橋の水門付近まで案内するも 花の名前をどうしても思いだせない

ここでご婦人と別れ 私もアップに時間がかかるので引き上げた

編集に取り掛かったら カスマグサとすんなり出てくるではないか
ノウルシがほとんどないために遅れて咲くも見事に見えますね
画像は本年で一番に賑ったE区です ↓は最盛期

この頁トップへ


テレビ局は針小棒大が本領だね
14/04/16(水)  16:51更新

2014年04月16日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 10.0 0.0 西南西 1.5
2 14.5 0.0 北北西 1.6
3 12.1 0.0 北北西 1.7
4 12.4 0.0 西 1.3 0.0
5 13.5 0.0 北北西 2.9 0.0
6 12.6 0.0 北西 1.8 0.0
7 14.4 0.0 西南西 1.7 1.0
8 16.6 0.0 北西 3.3 1.0
9 19.0 0.0 北西 3.9 1.0
10 19.9 0.0 北西 2.4 1.0
11 20.6 0.0 西 1.3 1.0
12 22.5 0.0 南西 1.3 1.0
13 24.3 0.0 南南西 5.7 1.0
14 23.9 0.0 5.0 1.0
15 23.3 0.0 5.1 1.0
16 22.5 0.0 南南東 3.7 1.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 9.8 01:06
最高気温(℃) 24.5 13:10
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
10.7(南) 14:17
※16時現在
 
自生地の地勢が分かるようにグーグルの衛星写真を添えました
 
昨日放送されたテレビを見た人たちが大勢やって来て テレビの印象と違ってがっかりしていた

昨日の取材は100%植栽された第二自生地のサクラソウの塊をさも全域がそうであるかの印象を与える内容だったらしい

本来は 入ってはいけない中にカメラクルーを入れて踏み荒らすのである 断りを入れるのがテレビ局の使命だと考えます ないものをあるが如くに放送するとは詐欺に等しい

私のように レンズの魔法 と度々書いている様にすれば罪作りしないで済む 桶川(往復約50km)から自転車でテレビ局を信じてやってきたオッサンが がっかりしていた

そして悪いことに 守る会の重臣が出鱈目の解説をしている

 今年は雨が降らなかったので出来が悪い

史上最高の降雪も含めて250ミリ前後の散水があったのだ 開花してからの降雨はサクラソウ殺しになるので 降られては困るものです

ひどい時は暴風と共に降られて花穂が折られる場合もあります 花期の雨は厳禁です

なんで間違いの解説になるのか 普段は顧みない 活動期だけやって来て現状に筋違いの解説をしてしまうのです

ということで 守る会の活動は百害あって一利なしです
今日は夏日に近く 夏姿で自生地回りの方々も多かった これを以って益々すだれが育っていきます

この頁トップへ


サクラソウ田島白手前株も咲く
14/04/15(火)  18:25更新

2014年04月15日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 8.6 0.0 西北西 2.1
2 8.5 0.0 西南西 1.5
3 8.9 0.0 北西 1.0
4 7.8 0.0 北西 1.1 0.0
5 6.4 0.0 南南西 0.4 0.0
6 7.3 0.0 北北西 1.0 0.4
7 9.9 0.0 静穏 0.1 1.0
8 13.2 0.0 南東 1.0 1.0
9 15.5 0.0 北東 1.0 1.0
10 17.7 0.0 1.6 1.0
11 19.3 0.0 南南東 2.5 1.0
12 20.5 0.0 2.9 1.0
13 21.4 0.0 3.5 1.0
14 21.6 0.0 4.1 1.0
15 21.7 0.0 3.8 1.0
16 21.1 0.0 4.1 1.0
17 20.2 0.0 3.8 1.0
18 19.0 0.0 南南東 3.3 0.5
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 5.7 05:24
最高気温(℃) 22.1 15:08
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
9.9(南) 17:40
※18時現在
 
自生地の地勢が分かるようにグーグルの衛星写真を添えました
今年は記録的な大雪の所為なのか 元駐車場脇のシロバナホトケノザは姿を消した 今が旬のカラスノエンドウやヒメオドリコソウも何処にもない

目の悪い私だからではなく 今年に守る会に参加した名人の神田さんも見つからないという ともかく子供の森横堤上流側に昨年まであったシロバナカラスノエンドウ探しを最初にした
この状態が七百メートルも続くが 白は一輪もない

 ヒメオドリコウソウの白花が咲くの

 は左の画像のとおりです

 盛んだった秋ヶ瀬公園メインスト

 リートのメタセコイア林内も消えた

 名人の神田さんも見つけられない

    
 
やっと自生地にたどり着くと名人の神田さんがカメラの画像をしきりと見せてくれる 目と耳が思うようにいかないのでいい加減に聞いていた

話に夢中になって聞いている平野女史がいた 二年目だが私とは初めて会う そうこうしているうちにカスマグサが大繁茂しているという

私の体験では五月の花の筈だが 水門近くのノリ面にある黄色の枯れ草付近というので 平野女史を案内した

私の記憶で芝生にあった こんなに雑草の中で咲く? 神田さんおいでよと念仏のように唱えながら 水門近くの芝生に降りた

ある訳がない 振り返ると平野女史がしゃがみ込んでいる 隣りに誰かがいる 神田さんだった

見つけたのは平野女史だった 神田さんが言うのは もう一段上のノリ面という ともかく 今年は探すのに苦労しないで済んだ
サクラソウの咲き方にいくつかのタイプがあります 横帯型 ぼんぼり型 傘型などです でも 今年はそれらを紹介するチャンスもなく大きなすだれに埋没してしまった

この頁トップへ


サクラソウ満開なれど遅すぎた
14/04/14(月)  16:55更新

2014年04月14日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 8.3 0.0 北西 1.6
2 9.4 0.0 北北西 1.7
3 9.1 0.0 北北西 1.4
4 7.7 0.0 北北西 1.7 0.0
5 8.3 0.0 北北西 2.0 0.0
6 9.1 0.0 北北西 2.1 0.0
7 10.9 0.0 3.5 0.6
8 12.1 0.0 北西 2.4 0.9
9 14.0 0.0 北北東 1.7 0.9
10 15.0 0.0 北西 1.6 1.0
11 16.1 0.0 南東 2.3 0.8
12 17.0 0.0 東南東 2.4 0.6
13 17.5 0.0 3.1 0.9
14 18.3 0.0 3.1 0.8
15 18.0 0.0 3.6 1.0
16 17.2 0.0 南東 4.1 1.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 7.4 04:14
最高気温(℃) 18.6 14:51
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
7.7(南) 14:19
※16時現在
 
私のサクラソウに対する見解は正確だった 私たちは四月の花よ で意地を通すものですから 地球温暖化で二ヶ月も早く進んだ気候にシンクロする他の植生を無視して 今頃咲いても人間や昆虫にも見せる術を 他の植生たちによって遮られた 私たちは四月の花よはあだですね

認知症が進んで 田島白の撮影でハレーショーン防止に+3のセッティングを被写体毎に直すのを忘れてまっ黒な画像になってしまった レタッチするもすっきりした絵にはならない
メタセコイア林内のヒメオドリコソウの白物探しに出向くも 今年はワイン色の筒型がほとんどで白物タイプは稀だった

芽が悪いとは言っても 二、三_しかないスズメノエンドウが目に留まるのだから 全滅なんでしょう
去年の白物です

この頁トップへ


田島白が平塚の知人を出迎えた
14/04/13(日)  17:35更新

2014年04月13日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 9.7 0.0 1.3
2 7.0 0.0 南南東 0.5
3 8.0 0.0 南東 0.6
4 6.0 0.0 静穏 0.2 0.0
5 4.9 0.0 北西 0.7 0.0
6 6.5 0.0 1.1 0.1
7 9.0 0.0 1.8 1.0
8 11.4 0.0 2.6 1.0
9 12.9 0.0 1.7 1.0
10 14.8 0.0 北北東 2.4 1.0
11 15.8 0.0 東北東 1.7 1.0
12 16.8 0.0 北北西 1.3 1.0
13 17.6 0.0 南南西 1.2 0.9
14 17.7 0.0 南南東 2.1 0.4
15 18.0 0.0 南東 2.4 0.8
16 18.0 0.0 3.4 0.9
17 17.2 0.0 南南東 3.0 0.5
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 3.7 05:05
最高気温(℃) 18.6 15:10
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
7.0(南南東) 16:52
※17時現在
 
2007年に神奈川県平塚市から五人の美女が見えられた ちょっと出しゃばったが 彼女らは専門家に近い人たちだった

その夜 グループの一人として小磯洋子さんから画像メールが届いた ゴルフ場脇の左岸土手でシロバナカラスノエンドウを見つけたという

以来 私は白花狂に陥った 約三年 珍しい花やキノコの画像を送って頂いていた ご母堂様の具合が悪いというメールを最後に音信不通になった

それが 突然今日行くとメールが来たものだから 田島白が美しい姿で出迎えてくれたのだ

私が認識する小磯洋子さんと現実の小磯洋子さんは別人だった

守る会の拠点テント前の椅子で待っていると笑顔で跳んでくるご婦人が小磯洋子さんだった

今日のリーダは男性 七年前のグループにいたご婦人が一人 初顔が一人 リーダが福島さんにメールで案内をお願いしていた

福島さんにお任せして私は引き上げた

そうそう コンピュータプロ君が奥様を連れてきた

二、三年前に上下黒い服装の後姿だけ見たもので 真正面から見るのは今日が初めてだった あの黒服装とは印象が違う 若く 美人だった
 
自生地の地勢が分かるようにグーグルの衛星写真を添えました
サクラソウ自生地にふさわしくない風景ですね 今でもたまに黄色のノウルシをサクラソウと勘違いする人が現れます

国の特別天然記念物指定である以上 このアングルからピンクのサクラソウが見えなくてはおかしい

サクラソウはないわけではないのだから それらが綺麗に咲いて来観者をおもてなしする義務が管理者にはあります

ではどうすればよいか

十年来 提案してきたことにノウルシが10cmになった時点で剪定する 剪定は殺さない 必ず再生します ただ 再生速度が遅々としているためにサクラソウは光合成ができるのです

ところが 有料で管理させているものですから委託管理者は飯の食い上げとばかり反対してまいった

2009年に当時の野尻課長補佐さんに手錠かけられても剪定すると宣言して実行しました
白線は剪定した場所 剪定したところだけ乱れ咲きでした ただし ある一角だけ万床なのに一輪も咲かなかった 歴史上咲いたことが無いからなのかね

翌十年は手をつけなかった 剪定した年としない年の違いを見るためでした 咲かなかったブロックでは三株が咲いた 十一年では十株ほどが咲いた 十二年では元の木阿弥と相成りました

一旦 退出した野尻さんが課長として戻られましたので 一年かけて口説く予定です

この頁トップへ


サクラソウ田島白が夕方咲くぞ
14/04/12(土)  17:25更新

2014年04月12日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 7.8 0.0 北西 1.7
2 6.7 0.0 西北西 1.1
3 5.3 0.0 北西 2.1
4 6.4 0.0 西北西 1.5 0.0
5 5.5 0.0 西 1.5 0.0
6 4.9 0.0 北北西 0.6 0.4
7 7.7 0.0 北北西 0.5 1.0
8 10.3 0.0 2.7 1.0
9 13.0 0.0 北北西 3.3 1.0
10 14.6 0.0 北西 2.7 1.0
11 16.0 0.0 北西 4.2 1.0
12 17.8 0.0 北西 4.4 1.0
13 18.6 0.0 北北西 4.9 1.0
14 18.8 0.0 北北西 5.7 1.0
15 19.2 0.0 北北西 4.3 1.0
16 18.4 0.0 北北西 5.4 1.0
17 17.1 0.0 北北西 4.7 1.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 3.7 05:36
最高気温(℃) 19.5 15:08
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
10.5(北北西) 15:16
※17時現在
富士宮ライブカメラより
河口湖北岸ライブカメラより
    
 
自生地の地勢が分かるようにグーグルの衛星写真を添えました
自生地に着くと コンピュータープログラマー君が手を挙げていた すっかり忘れていた 今日は土曜日 九時半ごろに会う約束をしていたのだ 生まれつきの健忘症に痴呆が巻きつくから 最近は人間失格だね
 この先に花弁四枚がありました
と指差した B区駐車場側のほぼ中間らしい

そう言えば このポジショーンはアマナ以来一度も立ち寄っていない
絶景ポイントですが 昨年同様にいい時なく終わろうとしている
田島白の様子が気になってD区に急いだ なんと開きかけていた  夕方には完全に開くでしょう プロ君と一周して二時間後に立ち寄ると更に開いていた 以下は今日の様子です







 通常のサクラソウは左の画像の

 ように真ん中に白縁があるのに

 対し 下の画像のサクラソウには

 白縁が無い珍しいものです

 
D区にて
   

この頁トップへ

4月後へ  もどる  トップページ  ご意見箱