5月前へ  4月  花期・道順  トップページ  御意見箱

サクラソウ4月(後)

 4月(後)の目次 
 桜草自生地が寂しい原因は焼殺 
 仰向けに転倒して後頭部を強打 
 軍事独裁着々と下ごしらえ安倍 
 マツバウンラン探しに左岸土手へ 
 糞と味噌を見分けられない総理 
 北の長が歩行で韓国入りの奇跡 
 今日黄花に己の欠点を指摘され 
 フェイクニュースを流す者がおる 
 管理棟前ニワゼキショウが一斉に 
    

管理棟前ニワゼキショウが一斉に
18/04/28(土)  18:25更新

2018年04月28日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 16.5 0.0 北北西 2.8  
2 16.1 0.0 北北西 4.6  
3 14.8 0.0 北西 1.8  
4 14.3 0.0 北北西 2.8 0.0
5 14.3 0.0 北西 2.0 0.0
6 15.8 0.0 北西 5.0 0.7
7 18.0 0.0 北西 5.3 1.0
8 19.9 0.0 北西 5.3 1.0
9 21.2 0.0 北西 4.2 1.0
10 22.5 0.0 北北西 4.5 1.0
11 23.9 0.0 北北西 3.8 1.0
12 24.5 0.0 北北西 4.0 1.0
13 25.0 0.0 北東 2.4 1.0
14 25.6 0.0 西 1.4 1.0
15 25.1 0.0 4.6 1.0
16 23.7 0.0 5.1 1.0
17 21.9 0.0 5.4 1.0
18 20.4 0.0 5.6 0.7
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 14.0 04:13
最高気温(℃) 26.1 14:32
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
12.7(南) 17:47
※18時現在
 
歴史上初めての異常気象で 咲くべき花が咲かず 時期前に咲き出す 異常現象が目立ちます
 
認知症的も加わって見落としているかも知れない 今日の自生地は新たに咲いた花はなく トモエソウが消え失っていたようだ
 
桜草公園の水のない池のアカバナハンゲショウ会いに行く途中 管理棟前で4タイプのニワゼキショウが 出迎えてくれた アカバナハンゲショウの白花はまだでした
 
以下は今日の様子です
29・30は休みます

この頁トップへ


北の長が歩行で韓国入りの奇跡
18/04/27(金)  14:00更新

過去ではすべて韓国大統領が北を訪れていた この度のは金正恩氏が歩行で板門店の境界線を越えた まさに歴史の奇跡ですね 願わくは素晴らしい結果を出してほしい
facebookの動画より
 
一方国内では 視野がないマスゴミどもがとんでもないことを

この頁トップへ


軍事独裁着々と下ごしらえ安倍
18/04/26(木)  13:20更新

頭を下げるのは 戦中・前の天皇陛下に対するスタイルです この馬鹿は天皇陛下を超えたと錯覚している
 
その上でアベノミクスは成功だと自慢している 現実はどうでしょうか 手下か目上か知らんが 麻生財閥ゴロが現実を無視して吠えている
詳しくは http://blogos.com/article/291936/ クリックしてください
この連中が 気が付かない国民らを着々と暗黒国家に誘導しているのだ 国民らは目覚めないとえらい目に遭うぞ
    
2018年04月26日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 16.4 0.0 北北東 2.3  
2 15.9 0.0 2.4  
3 16.2 0.0 3.7  
4 15.7 0.0 北北西 5.9 0.0
5 14.9 0.0 北西 6.6 0.0
6 14.9 0.0 北北西 5.5 0.8
7 15.9 0.0 北北西 5.2 1.0
8 16.9 0.0 北北西 6.6 1.0
9 18.4 0.0 北西 7.0 1.0
10 20.0 0.0 北北西 6.2 1.0
11 21.5 0.0 北北西 6.5 1.0
12 22.5 0.0 5.5 1.0
13 23.4 0.0 北西 5.7 1.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 14.5 05:41
最高気温(℃) 23.5 12:56
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
13.9(北北西) 07:30
※13時現在
 
地球温暖化で止んでいた関東暴れん坊が 今年は マメに出勤している 現在は大したものもないので 強風で揺らされる花々の撮影は大変なのでさぼりました

この頁トップへ


フェイクニュースを流す者がおる
18/04/25(水)  13:11更新
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000125842.htmlより
この話 フェイクではないかな なぜなら 理由はどうあれ 韓国は北との融和に熱を注いでいる最中に「対北圧力」を口に出せる訳はないからです
 
トランプ氏でさえも金正恩氏を持ち上げ始めているというのに 流れを壊す発言を韓国は間違ってもしないものです
 
拉致問題は昨日も書いたように 安倍坊やが ぶっ壊したのですから トランプ氏や文大統領らに託しても 解決には至らないでしょう
 
私が北朝鮮なら 売られた喧嘩は買います 買った喧嘩には落とし前なしには話に乗りません これが物の道理です
   
日本政府系から流しているかも知れない なぜなら 勝てもしないのに安倍坊やらは戦争をしたがっているからです 米韓北の融和では商売にならない のでしようね 恐ろしいですね
     
2018年04月25日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 15.0 0.0 北西 3.0  
2 14.9 0.0 西北西 2.0  
3 14.9 0.0 北北西 1.4  
4 15.0 0.0 1.9 0.0
5 14.9 1.0 北北西 1.7 0.0
6 15.1 1.5 1.7 0.0
7 15.3 1.5 北北西 1.5 0.0
8 15.3 2.5 北西 2.3 0.0
9 15.4 9.5 1.5 0.0
10 16.1 8.5 北北西 2.2 0.0
11 16.0 1.0 北西 4.7 0.0
12 17.9 0.5 北西 4.9 0.0
13 19.8 0.0 北北西 3.5 0.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 14.8 05:17
最高気温(℃) 20.0 12:55
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
8.7(北西) 11:04
※13時現在
 
昨日 各予報士らが大騒ぎする程も雨はなかった 多分ですが またも さいたま市は避けられたからかもしれません 災害のない市に住んで良かったです

この頁トップへ


糞と味噌を見分けられない総理
18/04/24(火)  16:50更新

facebookより
2014年 北朝鮮のミサイル発射への対処を想定した日本の「敵基地攻撃能力」保有と安倍坊やが発言していた
 
不見識も好いところです この直前 拉致問題解決に向けて本物かニセモノかは不明ながらも 北朝鮮は柔軟なジェスチュアを演じている最中に 戦争をしてもいないのに「敵基地攻撃能力」なる言語は ど阿呆の極みです
    
流石に 米国は不見識との認識で――緊張を高めかねず「全面的には賛成できない」との意向を示したという―― このように 拉致問題は安倍坊や自身の手で ぶっ壊しておいて「司令塔」とは 糞と味噌の見分けもできない ど阿呆と言わざるを得ない
    
2018年04月24日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 14.8 0.0 2.5  
2 14.8 0.0 東北東 2.1  
3 14.7 0.0 東北東 2.0  
4 14.4 0.0 北東 2.0 0.0
5 14.5 0.0 北東 1.5 0.0
6 14.4 0.0 北北東 1.4 0.0
7 14.2 0.0 1.8 0.0
8 14.0 0.0 1.6 0.0
9 14.5 0.0 北西 0.9 0.0
10 15.3 0.0 北西 0.9 0.0
11 16.7 0.0 北西 2.0 0.0
12 16.3 0.0 北西 2.5 0.0
13 16.0 0.0 北北西 2.2 0.0
14 16.6 0.0 北北西 1.9 0.0
15 16.6 0.0 北北西 2.0 0.0
16 16.5 0.0 2.2 0.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 14.0 08:22
最高気温(℃) 17.2 11:07
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
4.6(東北東) 00:06
※16時現在
 
日曜日よりも12.5℃も低い 自転車では 今にも降りそうな空模様では活動気分は起きない 昨日のこともありますので自重しました 
昨日の転倒が大事にならなかったのは 常用している帽子のおかげでした 厚み1ミリ程度でもクッションの役目を果たしてくれたたんですね
 
帽子に残った埃の跡を見ると 多少ですが 左向きです 受け身を取る意識はあったようです ただし 92歳という高齢によって認知症的に 受け身をとると同時に忘却した という所でしょうね

この頁トップへ


仰向けに転倒して後頭部を強打
18/04/23(月)  19:30更新

2018年04月23日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 17.6 0.0 3.1  
2 16.2 0.0 3.4  
3 15.9 0.0 東南東 4.3  
4 16.1 0.0 3.3 0.0
5 15.6 0.0 3.6 0.0
6 15.6 0.0 3.6 0.0
7 16.1 0.0 東北東 2.1 0.0
8 16.5 0.0 東北東 1.9 0.0
9 17.0 0.0 3.7 0.0
10 17.6 0.0 3.2 0.0
11 17.9 0.0 東南東 3.4 0.0
12 17.9 0.0 東南東 3.0 0.0
13 18.5 0.0 南東 2.8 0.0
14 19.0 0.0 3.9 0.0
15 18.4 0.0 東南東 3.8 0.0
16 17.9 0.0 東南東 4.6 0.0
17 17.0 0.0 東南東 5.0 0.0
18 16.5 0.0 東南東 4.5 0.0
19 15.8 0.0 東南東 4.6 0.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 15.3 05:48
最高気温(℃) 19.3 13:42
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
9.5(東) 18:03
※19時現在
 
自生地を終えて ミニサーキット場に向かう途中 B区駐車場側の歩道の縁石に自転車を寄り過ぎて 操作不能になって歩道側に転倒 足を守るためなのか 仰向けに倒れ込んだ
 
白帯ながら 柔道三段の腕前なのに 倒れたことに夢中なのか 受け身をせずに地表に着いた途端 後頭部を強打 一瞬 気を失いかけたるも「大丈夫ですか?」の声に 意識を取り戻した 五、六人の方が倒れた自転車を起こし 飛び出したバッグ バックの中身を取り込んで頂きました
 
自転車族になってから43日 未だにハンドルさばきが完ぺきではない このままでは あの世への旅立ちは免れないね
 
以下は今日の様子です
土曜日の絵描きさんが今日も同じ場所で 同じ作品 よく見るとシラサギを描き込んでいた
アカバナハンゲショウが賑わってきました これの真向かいにある水のない池では三輪だけ 最盛期には白花が賑わい出すのが楽しみです 
後頭部を強打した後ですので 頭の中はぼうっとしていますが 左岸土手と連なっている 鴨川右岸土手のナヨクサフジを会いに行く

この頁トップへ


今日黄花に己の欠点を指摘され
18/04/21(土)  17:30更新

2018年04月21日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 13.1 0.0 北北西 1.0  
2 13.3 0.0 北北西 1.4  
3 12.7 0.0 北西 0.9  
4 11.2 0.0 静穏 0.0 0.0
5 11.4 0.0 南西 1.2 0.0
6 11.9 0.0 静穏 0.1 0.4
7 14.4 0.0 0.8 1.0
8 17.1 0.0 北北東 0.9 1.0
9 19.2 0.0 南南東 2.5 1.0
10 21.8 0.0 南南西 3.7 1.0
11 23.5 0.0 南南西 2.1 1.0
12 24.5 0.0 南西 3.1 1.0
13 26.0 0.0 南南東 3.2 1.0
14 26.3 0.0 南南東 3.0 1.0
15 26.7 0.0 南南東 2.9 1.0
16 26.6 0.0 2.5 1.0
17 25.7 0.0 2.3 1.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 10.2 05:25
最高気温(℃) 26.9 15:22
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
8.7(南東) 11:12
※17時現在
 
この時期の各地では黄花が盛んですね 大雑把な性格の私はほとんど無視していました
 
自生地系を一周して左岸土手のナヨクサフジ会いに行ったとき 黄花が絡んでいました 結構背が高いので普段はしない 念のための全景とアップ撮影をしておきました
 
小江戸川越周辺の草花 で検索するとカキネガラシとありました こちらは花弁四枚 小江戸さんのも四枚 しかも 上下二枚 間違いないと思いますが 無視はいかんと教えられました
2006/04/22の画像の方がサクラソウが見えますね 原因は芽出ししているサクラソウを焼き殺したのです

明日は休みます

この頁トップへ


マツバウンラン探しに左岸土手へ
18/04/20(土)  18:45更新

2018年04月20日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 12.4 0.0 北北西 1.3  
2 12.5 0.0 西北西 1.5  
3 12.0 0.0 北西 1.3  
4 11.3 0.0 南西 1.4 0.0
5 11.5 0.0 北北西 1.5 0.0
6 12.1 0.0 北西 1.6 0.3
7 13.8 0.0 北西 1.7 1.0
8 16.5 0.0 北北西 2.5 1.0
9 18.5 0.0 2.5 1.0
10 20.5 0.0 北西 2.7 1.0
11 22.8 0.0 北西 4.3 1.0
12 23.7 0.0 北北西 5.7 1.0
13 24.6 0.0 北西 4.7 1.0
14 25.3 0.0 4.9 1.0
15 25.2 0.0 北東 2.3 1.0
16 25.2 0.0 東北東 2.8 1.0
17 24.7 0.0 東北東 2.1 1.0
18 22.7 0.0 5.0 0.6
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 10.6 04:20
最高気温(℃) 25.7 14:31
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
11.5(北) 12:10
※18時現在
 
自生地はもう終わっていますので初夏の花として マツバウンランが咲く左岸土手へ
 
最初に目についたのがナヨクサフジ あの群落はまだまだです
 
マツバウンランブロックでは スズメノエンドウが縄張りを奪ったかの様子でした
ここで 白花カラスノエンドウを探しながら 子供の森横堤上流の田んぼ地帯からピクニックの森の チョウジソウとセリバヒエンソウを目標に
 
今年の 異常天候で関東暴れん坊が暴れまくっていますね ほとんど静止出来ないので撮影は大変でした
何故か チョウジソウはこのブロックだけです それも 今年は やたらと全域で立ち入り禁止のロープが張られています この画像も20m先で 2000oレンズでとらえたものです
 
セリバヒエンソウブロックに向かう通路で 十人前後の鳥追い人達が通路を塞いでいるので 別の通路から入るも キノコが一つだけ やっとのことでセリバヒエンソウブロックに着くも あの大群落は夢の夢に終わりました 先日の株だけでした
 ピンボケですが裏の様子がわかります 

 茎は黒でした
何もないが 一応自生地へ 今日は 名人の神田さんの活動日 色々と情報を頂けるので
居合わした皆さんに 最後のご挨拶をすると 100歳だと言われた そこへ 神田さんが見えられ いきなり「花なのか葉なのか」の画像は シロダモの芽出し と教えていただきました
管理棟の花壇にある花も教わりました
 ジャーマンアイリス(ドイツアヤメ)
 
テント脇の側溝にアカバナユウゲショウが一輪咲いていました これの白花が楽しみです

この頁トップへ


桜草自生地が寂しい原因は焼殺
18/04/19(木)  17:58更新

2018年04月19日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 10.1 0.0 0.4  
2 9.2 0.0 南東 0.5  
3 9.7 0.0 北西 0.9  
4 9.9 0.0 静穏 0.2 0.0
5 10.0 0.0 静穏 0.2 0.0
6 9.9 0.0 静穏 0.0 0.1
7 12.2 0.0 北北西 0.7 1.0
8 14.0 0.0 北北西 1.3 0.7
9 15.8 0.0 0.7 0.3
10 17.5 0.0 南西 3.0 0.9
11 19.9 0.0 2.5 1.0
12 20.9 0.0 南南東 2.3 0.9
13 22.0 0.0 3.9 1.0
14 22.3 0.0 3.5 1.0
15 22.0 0.0 4.0 1.0
16 21.4 0.0 3.8 1.0
17 20.6 0.0 3.6 1.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 9.0 02:06
最高気温(℃) 22.6 13:29
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
9.2(南南東) 15:35
※17時現在
 
焼殺とは 野焼きによる焼き殺しのことです
 
野焼きする理由は 除草作業が簡単 かつ 経費が安いことによります では 何時焼くのかですね
 
植生たちの芽出しの一ヶ月前というのが常識です さいたま市の荒川河川敷には「国の特別天然記念物田島ヶ原サクラソウ自生地」があります
 
古いデータがありませんので 何時から野焼きしたのか不明です 江戸時代の この地は「よしず張りの材料」生産地であったとのこと 収穫は十一月頭だったそうです
 
私が自生地を知ったのは昭和42年4月でした 当時は「梶山さん」というおじいさんが一人で管理していました 仲良しとなりまして色々教えてくれました そのことから今日まで深く関わるになったのです
 
翌年の2月15日に立ち寄ると↓の画像と出会いました
梶山さんが一人で野焼きしていました しかも 3m近いヨシとオギが半分に刈られていました その上 風下から焼き 竿一本で炎を風上に掻き上げていました
 
梶山さんが何時から焼き出したのかは知る由もありませんが 多分 昭和33年からボランティア活動としてかかわっていますので その時点から画像のような焼き方だったんでしょう
 
同44年をもって梶山さんはやめられて 私もプロ写真家として活動を始めたものですから その後のことは知りません ど素人が集まって焼いているのを一度だけ見ていました
 
ある理由から平成13年1月に自生地に立ち寄ると 回転刈り払い機で刈り払っていました
 
だいぶ後になって ダイオキシン問題で禁止されたからとのことでした
 
平成20年に解禁になって野焼きを再開しました ここからが問題です この再開が 能無し初代委託研究員によって 間違った指示で開始されたのでした
 
先に記しましたように 野焼きの時期は「植生たちの芽出しの一ヶ月前」を無視して サクラソウが1月10日頃に芽出していたのに 同月の20日に野焼きしたのです
 
実は 30年ぶりで戻った自生地の作業が終了した後の 平成13年3月13日に記念碑の周りで サクラソウが2p前後に伸びていました
 
当時の管理棟のボスである三角さんが9日に発見と書き記していました 地球温暖化以前はこの時期の芽出しでしたが 翌21年は2月10日 同22年は1月10日に 以後はずっと1月10日の芽出しです 
これが焼き殺しのメカニズムです この説を証明する事例があります 
栃木県 群馬県 埼玉県という三県にまたがる「渡良瀬遊水地」では 三月になると外来種の害草がはびこるそうです
 
これの除去作業は並大抵ではないので 三月に野焼きで焼き殺しているとのことです
 
サクラソウ自生地が冴えないのは 焼き殺しは間違いありません

この頁トップへ

5月前へ  4月  花期・道順  トップページ  御意見箱