12月前へ  11月前へ  トップページ ご意見箱 

自然の四方山話 11月(後)

11(後)の目次 
 終活わが生涯を振り返る第134話 
 終活わが生涯を振り返る第137話 
 終活わが生涯を振り返る第140話 
 終活わが生涯を振り返る第143話 
 終活わが生涯を振り返る第146話 
 終活わが生涯を振り返る第135話 
 終活わが生涯を振り返る第138話 
 終活わが生涯を振り返る第141話 
 終活わが生涯を振り返る第144話 
 終活わが生涯を振り返る第136話 
 終活わが生涯を振り返る第139話 
 終活わが生涯を振り返る第142話 
 終活わが生涯を振り返る第145話 
    

終活わが生涯を振り返る第146話
19/11/30(土)  13:51更新

娘が生まれる三ヶ月ほど前 山と渓谷社から野生キノコの 日本で最初の写真集を出版するので 取材するよう案内が来ていた
 
なんとなく 野生とは山なのだろうと奥秩父から気が付いたら長野県は千曲川上流にいた 毎日行くわけにはいかないので 自分の行動範囲内にないかを思索していた
 
つつみ幼稚園の経営者の生家は中山道沿いにあって 敷地はおよそ300坪もある 父親だけが寝たきりでした 母親は他界していた 中山道の真向かいが父親の弟の家だった この奥に大きな森があった
 
たまたま 入り込んだらキノコの山だったよ 多種多様 とうとう病みつきになった このことをつつみ幼稚園の経営者に話したところ あの森は私共の森ですといわれた それでは遠慮なく入り込めると勢い込んだ
 
というのは 長野県の埼玉県寄りでは 森の中に入ると泥棒扱いをされるからでした
 
経営者の生家内では 住居以外はの農作業用道具の山 倒木の積み重ねもある 倒木にもキノコがあった 生家内の一部に別棟があった 経営者の実弟が独身で住んでいた そういえば 経営者もバツイチだった
 
幼稚園について 経営者は総指揮するが表には出ず 幼稚園の理事長から役員らはすべて近所の高齢者がなっていた
 
幼稚園の所在地によるのか 他の幼稚園よりは入園児が少ない 一度だけ 園バスの運転手が急病でバスの運行ができないと電話があった 大型二種免許を持っている私が ぎりぎり運行時間に間に合う時間に到着し その日だけ 園バスを運転した
 
送り出していたお母さんたちがびっくりしていた 写真屋が何故? この二年後にも 那須でのお泊り保育時も那須駅から宿泊地迄の往復と 翌年では 幼稚園から那須の往復に35人の園児を 園バスで運んだ バス内に職員は二人だけ 他の職員らは経営者の車に乗っていた
 
つづく

2019年11月30日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 2.2 0.0 西 1.4  
2 2.5 0.0 北西 2.4  
3 3.6 0.0 北西 3.1  
4 3.8 0.0 北東 0.6 0.0
5 3.5 0.0 北北西 1.5 0.0
6 4.0 0.0 南西 1.9 0.0
7 2.3 0.0 西南西 2.0 0.4
8 5.1 0.0 南西 1.1 1.0
9 7.0 0.0 北西 2.0 1.0
10 9.3 0.0 北北西 2.1 1.0
11 9.9 0.0 北西 4.2 1.0
12 10.7 0.0 北北西 4.1 1.0
13 11.0 0.0 3.5 1.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 1.4 01:34
最高気温(℃) 11.3 12:51
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
8.5(北北西) 11:19
※13時現在
御殿場ライブカメラより
絶景くんライブカメラより
先日の雨で 広重の富士山が戻りました 気温は間違いなくこの時期に合い出しましたね

明日は休ます

この頁トップへ

 

終活わが生涯を振り返る第145話
19/11/29(金)  15:55更新

S46年8月12日に娘が生まれました 幼稚園専属写真屋と音楽関係の発表会が主たる職業ですので 時間はいくらでも空いているので娘につきっきりでした まだ目が見えていない 目が見えた瞬間に声を掛けたいからでした
 
私の普段はイス生活です その所為なのか ワイフは娘をトットタッタに乗せていました
 
生まれてから何日目なのか トットタッタにいた娘が私の顔を見て笑った 目が見えたか すかさず
 おはよう
と声を掛けたら なんと相好崩した凄い笑顔だ ワイフを呼んだ 駆け込んだワイフの顔を見た途端 笑いが止まり 横を向いてしまった ワイフがいなくなると またも相好崩した笑顔が戻った この状態が半年も続いた
 
何故かを考えた 妊娠したと知った瞬間から 夜の生活を止めた 子供が生まれるまでは いやらしい揺さぶりはやめようとワイフを近づけなかった
 
これがストレスとなったのか 元々喧嘩っ早い一族ですので毎日の毎時間 ワイフは喧嘩を売ってくるのです
 
ある時 大きなお腹をつきだして
 殴って見ろ
殴れるわけはないのにです 多分 胎児と言えども親たちの会話や生活態度を感じているのではないか その中で お腹をつきだし殴れでは 愛は生まれないのではないか
 
この「むっとする」態度は一ヶ月以上続いたと思います
 
隣の 自動車修理屋さんで ホンダの軽のポンコツ車が売り出されていた 売値を尋ねると 私のホンダの250ccの方が高い そこで交換してもらった 娘には 軽と言えども乗用車で生活をさせたかったのだった
 
ワイフが持ってきた白黒テレビの前に トットタッタを置き テレビつけにした 大橋巨泉さんCMが出ると手を叩いていた バックミュージックは民謡だった
 
ワイフが私の元へ戻った際 マルチーズもいた 名は「リーちゃん」この子が 子守してくれていた 隣の自動車さんの人たち以外が裏の窓枠に近づくと 吠えたてていた 隣からつけられたあだ名は「用心棒」
 
夜になると 娘は「夜泣き」めいていた 中々泣き止まないので ホンダの軽で20km前後のドライブに出ると 泣き止むのだ これが毎晩続いた 以後は 撮影の仕事でも連れて行っていた
 
15年近い私の車に乗った所為か 運転免許はアメリカで簡単に取れた   
   
つづく

2019年11月29日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 4.1 0.0 北東 2.2  
2 3.9 0.0 東北東 2.7  
3 3.3 0.0 北東 1.7  
4 3.0 0.0 北東 1.5 0.0
5 2.5 0.0 北東 1.6 0.0
6 1.6 0.0 1.3 0.0
7 0.9 0.0 1.5 0.4
8 3.4 0.0 北北東 1.2 1.0
9 5.3 0.0 北東 2.1 1.0
10 6.1 0.0 北北東 1.8 1.0
11 6.9 0.0 北北西 1.9 1.0
12 8.1 0.0 北北東 2.4 1.0
13 9.8 0.0 北北西 2.5 1.0
14 10.2 0.0 2.7 1.0
15 10.6 0.0 北北西 2.7 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 0.8 07:02
最高気温(℃) 10.7 14:55
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
7.4(北) 13:47
※15時現在
 
今季初の氷点下でしたね たったの一時間ですがね 紅葉がままならないというのに氷点下はないよね
 
今日は胃カメラの検査 先ず 検血 検尿に始まって胃カメラ検査と相成る まず アレルギーはあるか 何がだめなのかを尋ねられたうえで バリュウムを飲まされる 次に 鼻の中へ麻酔剤が注入される あふれたのは飲み込めと モニターには綺麗な食道から 胃の中が見られた 綺麗だったね
 
胃カメラの検査の限りでは 何の問題もない結論 但し 検便の結果は血が少しついているという 貧血だが 今日のは良い方に跳ね上がってるとグラフをくれた
 
慢性腎不全 そのために 水は良いが塩はだめだと そこで生まれつきの貧血症で対応として 出かける前に小さじ半分の塩と水を2リットルも飲んで 80年来行っていますので 塩をやめるわけにはいかないと話したら その程度なら構わないと 結論が簡単な変わるんですね
 
大腸にカメラを入れたいと言い出したので 断っといたよ 間もなく94歳になる 今更弄り回しても始まらないので 天命だと思ってあの世に旅立ちたいのです 無収入 自由業だったために年金もない こんな状況ですから もう潮時だと思っています それで担当医は納得し 今後の診察もないで終わる
 
バリュウムの所為なのか 冷えの所為なのか お腹に激痛が走っている 今 腹巻したら収まっている

この頁トップへ

 

終活わが生涯を振り返る第144話
19/11/28(木)  11:15更新

S46年も4月に入った 幼稚園は一斉に入園式だった ほとんどが四月十日の入園式 初経験ですからやりくりが大変だった 竹野さんから頂いた二園は前後にずれてくれたので助かった
 
記念撮影は青木流ですので どちらも大歓声でした 私の場合は 並んだ皆さんに 三つ数えます 素晴らしい笑顔でお願いします
 
そこで よーい一、二、三でシャッターします もう一度同じで行きますね と二カット目を撮影します よーい でシャッタ ありがとうございましたとお礼を言います
 
一、二、三で来るかと思ったのに裏をかかれたことで 親たちや園児までが 大喜びです
 
上尾市の 中山道とバイパスの間にある「つつみ幼稚園」女性経営者は 雇園長で出発 ご自身は東京の関係学校へ通って資格取りに励んでいました
 
女性経営者は元銀行マン 中山道からバイパスまでは自己所有地 この中間に細い道 その角に 保育園を運営していた バブルに入ったので世の中は好景気ですので 幼稚園に入れる父兄が増えた所為で幼稚園業が盛んでした その所為で保育園の隣接地に幼稚園舎を立てたのでした 幼稚園の真ん前は約500坪の梅林 バイパス側は100坪の杉林 バイパスの騒音を防いでいた
 
園長先生は雇われなので低姿勢 経営者はお人好しなのと 好奇心が強いので 私から聞いた私の人生の凄さに好奇心を持っていて 私の言うことはすべて信じてくれていた
 
翌年には 2km離れた幼稚園を紹介される 八クラス 他ではないカラー写真が大好評で売れに売れていた
 
ある日 幼稚園へ納品で立ち寄った際 帰り際で 経営者が東京の学校へ行くというので 帰り道ですので大宮駅までお送りした際 しきりと教育・教育と口走るので 私は諫めてしまった
 
経営者の小学五年ぐらいの長男が 幼稚園の先生方がきれいに整理した事務室の机の上を 学友らと走り回っていたり 教育が全くなされていない子だった そのことを取り上げ
 先生の口から教育という言葉は僭越です 先生はご自分の
 お子さんの教育を成されていますか? 事務室の机の上を
 走り回るのは教育とは言いません 先生は教育ではなく
 経営者としての経営論で行くべきです
首になってしまうようなことを 口走ってしまった しまったと思ったが 首を覚悟していたら 逆に 何でも相談してくれました

          
つづく

2019年11月28日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 10.1 0.0 西北西 1.1  
2 10.2 0.0 北北東 0.6  
3 10.5 0.0 東南東 0.6  
4 10.4 0.0 0.5 0.0
5 10.2 0.0 静穏 0.0 0.0
6 11.4 0.0 北北東 2.8 0.0
7 11.7 0.0 北北東 2.0 0.0
8 11.3 0.0 3.8 0.0
9 11.2 0.0 北北西 4.7 0.0
10 11.2 0.0 北北西 4.4 0.0
11 11.1 0.0 北北西 3.5 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 10.0 05:19
最高気温(℃) 11.9 07:07
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
9.3(北) 09:14
※11時現在
 
昨日より二度は高いが やはり 真冬気候ですね 石油ストーブだよ 明日は 九時から胃カメラ検査ですので アップは午後になります 子承知おきくださいませ

この頁トップへ

 

終活わが生涯を振り返る第143話
19/11/27(水)  10:35更新

書き忘れ2例です 探偵事務所を経営していた頃?
1.田中市三さん肝硬変で死去
旧警視庁屋上にある少年係の刑事さんから 田中市三さんが肝硬変で飯田橋にある警察病院に入院との電話がありました 急いで教えられた病室に入ると 布団をかぶったお腹の部分が富士山のように膨らんでいた
 
重病にもかかわらず 田中さんは私に 将来についてのアドバイスをしきりとしていました お別れした一ヶ月後か 少年係の刑事さんから田中さんは亡くなり 葬儀は何月何日と電話がありましたが 当時の私は超貧乏の最中でしたので 不義理を承知で遠くから手を合わせただけでした
   
2.武井敬七親分が坊さんに 
探偵事務所経営時代の末期のことかもしれない 武井敬七親分の世話になった事件以後(工事組が夜逃げした事件)に出会うが なんと お坊さんスタイルだった 青色を起点とした豪華な住職衣でした 話はこうです
 
千葉県は市川の中山法華寺が借金でつぶれかかっていたのを 武井さんが救ったそうです 大僧正が息を引き取る直前 一門の僧侶たちを集め 武井さんも出席
 当寺院が現在あるのは 武井親分が救ってくれたからです
 私の亡き後は 武井親分を中心にしてください
そういう遺言があったので 大僧正に収まっているのですと
 
武井さんと別れた半年後ごろか 本物の僧侶たちが謀反を起こしてしまった 理由は 素人が大僧正に収まるのはおかしいと
 
垂れ込んだのか 聞きつけたのか 読売新聞が毎日のように徹底的に叩いていたね 元ヤクザの親分が…という次第
 
何故 素人が収まったのかは別問題としたのか 遺言については触れずに ヤクザがヤクザが叩きの原因にしていたね
 
武井さんが つぶれかかったお寺を救った それが今日に繋がっているのは無視でしたね
 
どの様になったのかは 全く不明 武井さんとの連絡も途絶えました
 
つづく
 
2019年11月27日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 8.3 0.0 1.9  
2 8.3 0.0 北北西 1.4  
3 8.2 0.0 北西 1.6  
4 8.3 0.0 北西 1.5 0.0
5 8.3 0.0 1.1 0.0
6 8.4 0.0 北北西 0.9 0.0
7 8.5 0.0 北西 1.6 0.0
8 8.7 0.0 北西 1.7 0.0
9 8.7 0.0 北北西 2.1 0.0
10 9.2 0.0 北北西 1.9 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 8.1 03:08
最高気温(℃) 9.4 09:58
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
4.0(北) 00:38
※10時現在
 
今朝は昨日より一℃高いが やはり日中気温は真冬ですね
 
画像は隣々家の柿の葉です レタッチですので実際はもう少し薄い

この頁トップへ

 

終活わが生涯を振り返る第142話
19/11/26(火)  12:55更新

大きくない幼稚園でした 会長先生に会い 専属写真屋のセールスを始めると 凄いことを諫められました
 写真屋と幼稚園は 金銭のつながりではなく 情実のつながり
 だから 既存の幼稚園のセールスは無駄ですよ
と そこへ幼稚園用品関係の社員が現れた途端に 会長先生が
 いいところへ来た 新規の幼稚園の資料は無いか
 あります
業者が差し出したのは 上尾市で 新規幼稚園が三園あるというものです それに対して会長先生が
 貰えますか
業者は簡単に会長先生にくれた
 これらをセールスすればいいよ
と資料をくれました
 
重ねられた順で上尾へ飛んだ 最初のはお寺さんだった お婆さんが応対してくれて来年開園するという 20分近く口説いているとお爺さんが帰ってきた
 
話を聞いたお爺さんは
 好いじゃないか お任せしましょう
自己セールスの第二号取得でしたね(お爺さんは園長 お寺の住職 大学時代は有名なラグビー選手 お婆さんは園長夫人)
 
次の幼稚園は 中山道とバイパスの中間にあって 出来たての幼稚園舎だった 小柄な私より少しだけ若い女性経営者だった たらたらと口説くのだが 嫌がることはなく かといって受け入れてくれるわけでもない 約一時間以上も口説いた結果OKしてくれました S45年10月だった 車には妊娠したワイフが待っていた
 
三園目は第一団地にあった 川越にある有名な女子高の付属幼稚園になるという 責任者はいないというので 川越にある校長先生の自宅を教えてくれた 
 
これは簡単だった 一声で 君に任すということになりました
 
一日で三園も獲得できたのは奇跡の何ものでもない これで私の財政の構築の基礎となりました   
   
つづく
   
2019年11月26日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 11.5 0.0 4.0  
2 10.8 0.0 3.3  
3 9.2 0.0 東北東 3.9  
4 8.8 0.0 東北東 3.8 0.0
5 8.6 0.0 東北東 2.0 0.0
6 7.7 0.0 東北東 3.2 0.0
7 7.5 0.5 東北東 3.1 0.0
8 7.5 0.0 3.2 0.0
9 7.7 0.0 東北東 3.1 0.0
10 7.4 0.0 東北東 2.9 0.0
11 7.6 0.0 東北東 3.1 0.0
12 8.0 0.0 3.5 0.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 7.3 10:05
最高気温(℃) 12.4 00:02
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
7.4(東) 01:06
※12時現在
日中は真冬気温ですね 久しぶりの傘富士です サザンカも元気

この頁トップへ

 

終活わが生涯を振り返る第141話
19/11/25(月)  10:20更新

南浦和幼稚園での失敗から 撮影者を増やすことを思いつき 上野駅と鶯谷駅の中間にある 東京写真学校にアルバイト募集をしたところ 一人だけ応募してくれました 名は「鈴木」君 長身でイケメンでしたね 将来は 結婚式場のカメラマンが目標という事でした
 
南浦和幼稚園の遠足で鈴木君とのセットでの撮影中に 20mほど離れたところで ちょこまかと動き回る小柄の子がいた 移動しても必ずいた
 
変なので 鈴木君に尋ねてみたら 学友という
 それでは もったいないから参加するように声を掛けて
三人組となりました
 
撮影の基本は ほぼ 一人単位なので カラー写真で売値も高いのだから 値段に合うカットを基本としてくれ その基本に保持しさえすれば構図は それぞれのセンスで頼む ということで はつらつと活動してくれていた
 
ちょこまか君は 東京は笹塚の大地主の長男だった 金に困ってのアルバイトではなく 単なる写真好きだったそうです 名は「亀」ちゃん
 
当時としては考えられないほどのアルバイト料は一万円でした このことが噂になって 仲間たちが寄ってきた
 
森永製菓の専属写真家の息子 その他二人の計五人が 撮影現場では大賑わいでした
 
亀チャンは 理論屋で 何もかも答えを出してくれる カメラの「カ」の字も知らない私は 大助かりでした 技術の知恵袋です
 
演芸会などでは 父兄席と舞台の間をカメラマンらがウロウロすると 父兄たちの目線を塞ぐ瞬間が起こります これに対するクレームが度々出ますので 客席の後ろから撮影できないか
 
望遠レンズにすれば簡単ですが 明かりが足りない 手持ちストロボでは 役に立たない
 
そこで 取り入れたのは スタジオ用大型ストロボ 1200ワットで70万円もするが 宣伝にもなるので思い切った 反射傘も大型にして明かりが集中する形にした これで50m先まで当たるようになった
 
この手で ピアノ発表会も手掛けた けど 高い人件費で利益がごくわずかしかない 幼稚園をもっと増やしたい
 
南浦和幼稚園園長は 私立幼稚園組合の副会長 幼稚園でたまに会う会長の幼稚園へ駆け込んだ 凄い結果が出ましたよ   
   
          
つづく
 
2019年11月25日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 16.1 0.0 北西 0.9  
2 16.6 0.0 南西 1.4  
3 16.4 0.0 静穏 0.1  
4 16.5 0.0 北東 1.3 0.0
5 16.6 0.0 1.7 0.0
6 16.4 0.0 西北西 1.0 0.0
7 16.3 0.0 1.2 0.0
8 16.6 0.0 静穏 0.2 0.0
9 17.2 0.0 北西 2.3 0.4
10 17.9 0.0 西南西 1.1 0.5
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 15.7 00:49
最高気温(℃) 18.0 09:58
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
4.1(北西) 01:15
※10時現在
 
台風27号崩れの所為で三日間雨が降り続いて 大雨ではないが総雨量は100ミリ弱でしたね
 
今朝もぱらついたが十時現在では薄日が射し出しています

この頁トップへ

 

終活わが生涯を振り返る第140話
19/11/23(土)  10:42更新

浦和市に見沼田んぼというのがあります その入り口に氷川神社の流れをくむ 女体神社があります 女体神社は 吉田係長の所有です ここにはスゴイ文化財が立ち並んでいます
儀修さんもおりまして 吉田係長がしきリと説明していた その傍らで 文化財撮影を私が担当するのです 撮影したネガは寄付していました もちろん 白黒写真です
 
これには訳がありました 私に感激した係長が 私を写真で売れるようにするための企画だったようです と同時に 若手の儀修さんに文化財の重要性と 各地にある文化財掘り起こしを義務付けたようです
 
その後は 幾度となく儀修さんに 文化財保護に協力するよう説得してください と頼まれたが ほとんど 拒否された
 
理由は簡単です 文化財として保護されると自由にできなくなる 特に建物や土地の場合は売ることもできない 自分の財産が役所のものになるからでした 良い勉強になりましたね
 
吉田係長の自宅である 本太氷川神社は建て替えられました 遷宮祭を行うことになって 建物の記録と 祭りの参加者全員の記念撮影を私にさせてくれました 感謝を込めて無料で行いました
 
吉田係長は大変なアイデアマンです 偉ぶる態度はなく ジョークの飛ばし屋さんでした その上 上司や同僚や部下らが あの体型と顔立ちから「たぬき」と呼ばれていました
 
そのアイデアマンぶりで 私を売り出そうとしてくれたのでした 残念ながら 吉田係長の狙いと 私の狙いは天と地ほどに遠いものですから 実ることはありませんでした
 
私は 幼稚園専属写真家として成功し出したので 吉田係長とは疎遠になりました
 
ただし 儀修さんとは繋がったままでした   
   
          
つづく

2019年11月23日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 9.2 4.0 2.5  
2 9.2 2.5 3.1  
3 9.5 1.0 北北西 2.3  
4 9.7 0.5 北北西 2.5 0.0
5 10.1 1.0 北北西 2.7 0.0
6 10.4 1.5 北西 3.4 0.0
7 10.7 1.5 北北西 4.0 0.0
8 10.9 1.0 北北西 4.0 0.0
9 11.2 1.5 北北西 4.0 0.0
10 11.6 1.5 北北西 4.7 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 9.0 00:01
最高気温(℃) 11.6 10:00
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
8.5(北北西) 08:28
※10時現在
24時間も降り続いたね 総雨量は十時現在で50.5ミリでした
    
明日は休ます

この頁トップへ

 

終活わが生涯を振り返る第139話
19/11/22(金)  11:20更新

儀修さんから電話で
 自生地に 桜草公園 を作って管理棟も建てた 明日は
 開所式ですので自生地の管理棟へ来てください
というので翌日出かけました
 
道幅が広くなった 記念石碑前に駐車場もでき 行き止まりだったのが荒川に向かうように貫通していた
 
原っぱが整理され 真向かいに二階建の管理棟ができていた 建物の正面から二階に向かった階段があって 登りきると広間になり 壁いっぱいに私の80点の作品を展示していた
 
式典以後も立ち入ることはなかった 山と渓谷社向けの撮影で忙しかったからね
 
そこへ 見知らぬ人から電話が舞い込む 保護課の青木儀修さんから 何かあったら電話するように指示が出ていますので 
という 桜草公園の管理会社です
 今日報道関係者から中での撮影をしたいと言われ困っている
 どうすればいいですか
 中での撮影は禁止ですと断ってください すぐ行きますから
 
管理棟に着くと 脇に一階への入り口があって 青木ですと 声を掛けて事務所らしきに入った 七十歳近い近い方が五人もいた 桜草公園一帯の管理をする係とのことでした
 
その中のボスらしきが 丁重に出迎えてくれた だめだと伝えたらおとなしく帰って行ったという
 サクラソウ自生地の五区画だけは誰も入れません 桜草公園は
 構いません それだけ覚えてくださいね 又何かあった電話で
 
以後も頼られっきりでした ボスの自宅へも招待されましてね 立派な農家でした
 
これ以後 私は30年間も立ち入ることはなかった
 
保護課の 吉田係長から電話で撮影の依頼が入った 凄い文化財でした   
 
つづく

2019年11月22日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 5.8 0.0 北西 2.0  
2 5.8 0.0 北北西 1.6  
3 4.9 0.0 北西 1.7  
4 4.9 0.0 西北西 1.4 0.0
5 5.5 0.0 北西 1.2 0.0
6 6.3 0.0 北北東 1.4 0.0
7 7.0 0.0 2.1 0.0
8 7.3 0.0 北北西 2.8 0.0
9 6.0 0.0 北西 2.7 0.0
10 6.2 0.5 北北西 1.9 0.0
11 6.9 0.5 北北西 2.6 0.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 4.5 03:48
最高気温(℃) 7.3 08:09
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
5.5(北西) 08:23
※11時現在
昨夕は綺麗な夕焼けだった 本来なら 翌日は晴れの筈が 台風27号が北上し始めた雲の先が 関東地方にも届いたための小雨が降り出したよ 気温も真冬だ さらに下がると雪になりかねない そうならないよう祈ります
気象庁より

この頁トップへ

 

終活わが生涯を振り返る第138話
19/11/21(木)  10:55更新

皆さん お気づきでしょう 大久保だったのが 青木になっていることを 探偵時代 プロ写真家に化ける仕事があって 書くのが大嫌いな私が 簡単に書ける画数の少ない字として「青木実」のペンネームにしたのでした
 
ところが 写真家に転身したので青木実を使いだした次第です
 
五月になって 儀修さんから
 大阪万博があるらしい 県からサクラソウの写真は無いかと
 問い合わせがあったので 例の写真を貸してくれませんか
 一緒に 県の商工課へ行きましょう
ということで 儀修さんと埼玉県庁商工課へ出かけました
 
驚きましたね 儀修さんが 商工課の若い職員に平身低頭で小さくなっていた 当の職員の態度は横柄だった
 
尊い宝物を提供する者もいるというのに 踏ん反り返っていたね 同じ役人でも 市と県では これだけの差があるんですね
 
役人同士では 市と県でも上下があるのは勝手にしやがれだが 宝物提供者に対して横柄な態度取るものだから ネガを返してくれなかったよ 一年後に 儀修さんに何度も催促してやっと戻った
 
なんと ネガは傷だらけだったよ こんな失礼なことを埼玉県庁はやらかす訳ね
 
例の写真とは 梶山さんが指さした 右上が黄色 真ん中がS字型のピンクのサクラソウ 左下が またも黄色のノウルシの作品です
 
万博で 埼玉県ブースの背景に1,5m×90cmの大伸ばしだったそうです   
 
何でネガを返さなかったのか 16年後に理由が分かった 二度と持ち主が使えないよう 埼玉県庁が奪ったのだった
 
このことは 年代順で書きます  
   
つづく

2019年11月21日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 8.0 0.0 北西 2.4  
2 8.9 0.0 北北西 2.5  
3 8.0 0.0 北北西 1.5  
4 7.5 0.0 2.3 0.0
5 6.7 0.0 北北西 2.1 0.0
6 7.4 0.0 北北西 2.4 0.0
7 7.0 0.0 北北西 2.1 0.1
8 8.9 0.0 2.9 0.9
9 11.0 0.0 北北西 3.9 1.0
10 12.8 0.0 北北西 5.3 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 6.1 05:19
最高気温(℃) 12.9 09:59
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
9.9(北西) 09:41
※10時現在
 
一歩ずつ冬に向かい出しましたね 今朝は六度台に到着です 富士山の雪が少ないので赤富士が中々でない その上 東海上に雲がかかるので なおさらです
河口湖逆さ富士ライブカメラより

この頁トップへ



終活わが生涯を振り返る第137話
19/11/20(水)  10:45更新

S44年の5月3日 足の踏み場もないほど 来観者の数だった あの状況では数千人もいたのではないか なんで こんなに人々が来るんだね どうも前日 テレビで放送があったらしく それにつられて押し寄せてきたもののようでした 梶山さんと話した
 
こんな人々がいては休む場もないし 可哀そうだね どうだろうか このE区は 元々何もない所だし 梶山さんが移植したサクラソウ程度だから E区を開放して休憩場所にさせようではないか ということで解放した
 
14時過ぎになると あの人たちが嘘のように消えていた そしたら E区は全滅でした
 
移植したサクラソウは消えていた 中央にあったアマドコロはへし折られ あまりの悲惨さに 仏心はやめようね どんなにきつかろうが 勝手にせいで行きましょうね 梶山さんも涙ぐんで頷いてくれた
 
シーズンが終わって 梶山さんも普通の生活に戻った その年に 埼玉県が 十年もボランティアでサクラソウ自生地を管理した梶山さんを顕彰した ところが よほどのへそ曲がりなのか
 こんな紙っぺら一枚くれるなら 小さい紙っぺら沢山くれ
と叫んで表彰状を破り捨て ボランティア管理を辞めると宣言して消えたという
 
当時の日当は七千円 それを無視しての年間五ヶ月間奉仕作業をしたんだから そっとしてあげるべきと思う
 
翌年 儀修さんは あるお爺さんを雇うが 記念石碑付近を草刈りかまでの作業で 三日で腰を痛めて辞めてしまった
 
3月10日になっても作業はない これではサクラソウが見られない という危惧で15日に 私は生まれて初めて草刈り鎌を買い求め お爺さんの作業の跡から刈り出していた
 
すると 交差点から鉢巻き姿の自転車が降りてきた なんと 儀修さんだった 何で儀修さんが と声を掛けたらとんでもないことを言い出したよ
 青木さんが草刈りをしていると電話があったので
 それはまずい 青木さんにだけさせてはと私も参加します
これは 儀修さんの瞬間芸ですね
 
当時 私の名前を知っているのは サクラソウ関係では五人しかいない しかも 公衆電話もない 当然携帯はない時代ですから連絡するのがいるはずはない
 
同じ日に私と同じ考えで自生地に来たら私の方が先だった そこで瞬間芸で持ち上げたのだ
 
二人で一日がかりの作業で 二人とも腰を痛めてしまった そこで儀修さんが
 これは素人には無理だ 何とか考えますね
作業を終えて儀修さんと別れました
 
これ以後 私は自生地には一歩も踏み込まなかった 翌年の三月にとんでもないことが起こった    

          
つづく

2019年11月20日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 9.6 0.0 西北西 2.7  
2 9.3 0.0 西北西 1.6  
3 8.6 0.0 北西 2.1  
4 8.5 0.0 北西 1.6 0.0
5 9.3 0.0 北北西 3.8 0.0
6 9.9 0.0 北北西 3.1 0.0
7 9.8 0.0 北西 4.0 0.4
8 10.8 0.0 北北西 6.6 1.0
9 11.8 0.0 北北西 4.5 1.0
10 13.1 0.0 北北西 4.5 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 7.9 02:55
最高気温(℃) 13.1 10:00
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
12.3(北) 07:19
※10時現在
富士山は熱いようですね 連日マイナス10℃以下なのに 11日早朝の雨で↓のように例年に近かったのに 今朝のは↑半分以下に雪が消えていた これは例年気にしていたものですがね マイナス気温下で雪が解けるのは よほど熱いとしか考えようがありませんね
絶景くんライブカメラより

この頁トップへ



終活わが生涯を振り返る第136話
19/11/19(火)  11:25更新

S43年の4月の サクラソウシーズン中に 儀修さんと委託研究員と梶山さんと私が 委託研究員の提案で 現在の第二自生地へサクラソウ探しに出かけた 委託研究員の話で 昔はサクラソウがあった と言うことからでした 当時 現在の桜草公園はなく原っぱ その向こうは森だった その森が現在の第二自生地です 四人で掻き分けて探したが サクラソウの サ の字もなった
 
そこで 又も委託研究員の提案で川向こうの朝霞市へ 私の車で出かけた 場所は 現在の武蔵野線下になると思う
 
散々探したが何処にもサクラソウはなかった 最後は竹藪に入ったら 日陰なのか 五十p前後のヒョロヒョロしたサクラソウが 薄いピンク色で咲き誇っていた 太陽を求めて背伸びしすぎたようでした
 
この頃の 鴨川を渡って志木街道の左下に下ると 有刺鉄線の柵に沿ってゴミが山のように捨てられていた ほとんどが業者のゴミだった 儀修さんが苦労していたので 私から ゴミの中に捨て主が分かる資料が紛れ込んでいるかも知れません と教えたら 儀修さんはせっせと探し出し 捨て主を攻撃していて とうとうごみが捨てられずに済みました
 
現在の記念石碑付近で マスコミカメラマンが女子モデル三人と 歩き回って撮影場所を探したいた 生まれつきの喧嘩太郎の私が噛みついた
 お前ら 何をしているんだ
しかし 連中は無視している
 直ちにそこから出ろ サクラソウ殺しはやめろ
そしたら相手は 許可を受けているんだと返してきたので
 何処の社か 教えろ 確認するから
しかし 何処までも無視し続けたので 居合わせた人々に叫んだ
 皆さん 何のための撮影か知らんが サクラソウを踏みつぶす
 のは許せない ここのは天然記念物なのだ 皆さんも声を
 上げてください
何人かが そうだそうだ と叫んでくれた
 
早速 電話で儀修さんに 入り込んでの撮影は禁止してください 保護の観点から何の意味もないので と伝えたら 翌日以降のマスコミの入り込み撮影はなくなった
 
ところが 日本写真協会?会員と称するのが 入り込んで腹這って撮影するのがいた
 貴様何をているんだ
 見ればわかるだろ
 分からんから聞いているのだ
 サクラソウの撮影だよ
 何本のサクラソウかね
 目の前のだ
 馬鹿ヤロウ たった一株の撮影で 貴様の体の下にいる
 サクラソウを殺して何の意味があるんだ 直ちに出ろ
 さもないと五体満足とは
そのように叫んだら 周りも一緒になって叫んでくれた この騒ぎで
不届き者は立ち去った これも儀修さんにいかなるものも入り込んでの撮影すべて禁止と勧めた こうして 悪習は消え去った
 
書き忘れたが ワイフが三ヶ月後に戻ってくれていました   
 
つづく
 
2019年11月19日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 12.6 0.0 北西 2.0  
2 13.2 0.0 北北西 2.3  
3 13.2 0.5 北東 1.8  
4 13.4 0.0 北北東 1.8 0.0
5 13.5 0.0 西南西 1.4 0.0
6 13.5 0.0 西 1.2 0.0
7 13.5 0.0 北北西 1.1 0.0
8 14.2 0.0 北北西 1.3 0.0
9 15.9 0.0 1.4 0.4
10 17.1 0.0 1.4 1.0
11 18.1 0.0 東南東 1.2 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 12.5 00:56
最高気温(℃) 18.7 10:55
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
5.6(北) 01:19
※11時現在
 
低温に慣れた体が 13℃台では夏並みに感じるんですね 汗をかかない私は別として ワイフは 汗たらたらでした 東京へ来た北海道の方が 寒さで震えている東京人をみて バカみたいという気持ちになるわけですね
 
サザンカが元気です

この頁トップへ


 

終活わが生涯を振り返る第135話
19/11/18(月)  10:50更新

当時使っていたカメラは「マミヤ」だった 具合が悪いとマミヤの修理担当部署に飛び込む 例の調子ですので係長に好かれて面倒見が良かった それが ヨーロッパに転勤した その際 後の担当者に私を引き継いでくれた
 
名は 奈良さん だいぶ慣れたころに 奈良さんにこぼした
 何年もこれだけ撮影したのに 売りどころが分からない
そしたら 奈良さんから凄い情報
 今ね 山と渓谷社で募集しているらしいから行ってごらん
そこで 東京は麹町にある山と渓谷社(当時)へ出かけた
 
そうは大きくない事務所だった 当時の山と渓谷社へは会員の二人の紹介がないと入会できないと 会員でワイフの父親から後に聞いた
 
図々しい私は 何の変哲もなく なんで写真家になったかを延々と自己紹介した 相手してくれた編集の「木村一也」さんが
 あのね 当社は募集していないんだが 何処で聞いたの?
 はあ? マミヤです そうですか 失礼いたしました
と詫びて 出口のドアのハンドルに手を掛けた瞬間 一也さんが
 ちょっと待ってください 一応 作品をお預かりします
と相成った
 
多分 私立探偵からの変身ですから この元探偵を このまま帰してしまっては 後々何をされるか分かったもんではない という恐れから作品預かりと相成ったものでしょうね これも 幸運の一語に尽きますね 山渓の非正規の登録写真家と相成る
 
その作品が「日本の花 S47年刊」に九点掲載してくれました 本のサイズはA4版 オカトラノオが二ページに拡大 シュンランが1ページに拡大
 
印税にするか 買い取りにするかと言われ 貧乏の最中なので買い取りにして頂いた 1カット15000円 助かりましたよ
 
同46年に 野生キノコの初めての写真集企画が出て参加 キノコ? シイタケ マツタケ しか知らないよ 荒川から上流へ 気が付いたら長野県は千曲川の上流にいた
 
なんと五千種もあるという 追いかけているうちに病みつきになって
花とは別れた 当然 山渓が二冊も出版した 撮影者は私を含めて十人だけだった こんな 名誉な話はないよね 最後は 構図の問題で一也さんと喧嘩になって 追い出されたよ  
   
つづく
       
2019年11月18日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 8.8 0.0 北西 1.5  
2 9.2 0.0 北北西 1.2  
3 9.2 0.0 西北西 1.7  
4 9.2 0.0 北西 1.1 0.0
5 9.5 0.0 北北西 1.7 0.0
6 9.5 0.0 北北西 1.5 0.0
7 9.5 0.0 北西 2.1 0.0
8 9.7 0.0 西北西 1.8 0.0
9 10.7 0.0 東北東 1.1 0.0
10 12.9 0.0 北東 1.0 0.8
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 8.3 01:27
最高気温(℃) 12.9 10:00
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
3.8(北西) 05:28
※10時現在
早朝に記録に残らない雨 我が家のサザンカは盛りに入りだした

この頁トップへ


 

終活わが生涯を振り返る第134話
19/11/16(土)  09:40更新

翌年の2月15日(S43年)自生地に立ち寄ったら 煙が立ち上がっていた 十字路を右折してD区で 梶山さんが一人で野焼きをしていた 凄いと思ったね 幅2m単位で 風下から燃やし 竿一本で炎を風上に掻き上げていた ヨシとオギの丈も腰当り迄しかなかった その様子を撮影して邪魔しないで引き揚げた

サクラソウが咲く前 四月の頭から梶山さんは 柵の中に入いることはしなかった
 
三菱のカラー現像所を経営している竹野さんから提案があった
 幼稚園専属の写真屋という商売があるが やってみないか
写真家になって 写真で飯が食えるとは 写真家冥利に尽きる話ですので飛びついた
 それでは大変だから我が社が担当している幼稚園2園を
 差し当たって やって見てください
 
当時の写真屋さん達は 100%白黒写真 自家現像及びプリント その上 スナップはなく卒園アルバム中心でしたので カラーを売りに打って出た
 
竹野さんが100%の応援ですので冒険はできた 但し 与えられた幼稚園はキリスト教で 2学級しかない小さな幼稚園ですので商売としては 厳しいので これを教訓として 自己開拓を開始 南浦和駅近くに 南浦和幼稚園があって飛び込んてみた 園長夫人が
 それは良かった 今の写真屋さんは年寄りなのでピンボケ
 ばかりで困っていていた お願いいたします
幸運の一語に尽きるですね
 
初回はちょうど遠足になる 行先はよみうりランド 園児数は320人 一クラスで40人 それが8クラス 園内でクラス単位の親子集合記念撮影 後は自由行動
 
それらを追いかけて 35枚撮りフィルムを30本 画像数は1050カット これらを現像所から出ている四枚カット入り簡易アルバムを剥がして利用して 1m×90cmの紙に16枚張り付けて これらを幼稚園の廊下の壁に貼り付けて 展示販売を始めた
 
ところが大変なことになった 1050カットのうち 写っているのは園児数の三分の一しかないのだ 私も動き回っての撮影ですが 結果としては 同じ被写体を追いかけていたに過ぎないことが分かった 
このミスを防止する方法を考えついた 大成功でした    
   
          
つづく

2019年11月16日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 6.9 0.0 西南西 1.4  
2 6.9 0.0 西南西 1.0  
3 6.4 0.0 南西 0.4  
4 6.2 0.0 北北西 1.8 0.0
5 5.8 0.0 西南西 1.0 0.0
6 5.3 0.0 西南西 1.0 0.0
7 6.1 0.0 北北東 1.0 0.5
8 9.0 0.0 東南東 1.1 1.0
9 10.9 0.0 南西 0.5 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 4.6 06:09
最高気温(℃) 11.1 08:59
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
2.9(北北西) 03:58
※9時現在
 
ついに 五度台に到着したね 日一日と冬が近づいてきますね
 
我が家のサザンカは賑わってきました

この頁トップへ

12月前へ  11月前へ  トップページ  ご意見箱