12月前へ  トップページ ご意見箱 

自然の四方山話 12月(中)

12(中)の目次 
 終活わが生涯を振り返る第156話 
 終活わが生涯を振り返る第159話 
 終活わが生涯を振り返る第162話 
 終活わが生涯を振り返る第157話 
 終活わが生涯を振り返る第160話 
 終活わが生涯を振り返る第163話 
 終活わが生涯を振り返る第158話 
 終活わが生涯を振り返る第161話 
 終活わが生涯を振り返る第164話 
    

終活わが生涯を振り返る第164話
19/12/21(土)  11:25更新

ヤマハ音楽教室は 上尾 大宮 浦和共に専属が消えた 浦和はヘマをしたため 大宮と上尾は他業者との競い合いに負けた 残ったのはピアノ教室が70室しかない 各教室は年に一回の発表会ですから生活の足しにはならない 尺八は師匠が亡くなったので消え お琴もなんだか自然に消えていました
 
そこへ つつみ幼稚園から紹介された2km先の幼稚園は 理事長が市会議員選挙に出るので 地元の写真屋に切り替えてくれと頼まれて消える 所沢の幼稚園も消えていた
 
残ったのは 神奈川県寒川町にある私立高校の付属幼稚園と 青梅幼稚園 埼玉県は上尾市のつつみ幼稚園と浦和市の 西堀氷川幼稚園の4園だけになった
 
西堀幼稚園は西堀氷川神社の所属ですから 神社の行事もサービスに撮影していた 但し 七五三は控室をスタジオにして商業撮影ができた
 
西堀氷川神社の大小にかかわらずの行事には 地元以外の顔が毎度ありました 宮司さんからの話で S43年の写真展を見に来てくれた当時の市長さんの息子さんという 地固めなんでしょうね 何年か後に市長になった
 
神社の宮司さんが亡くなったのを告知されず知らずに終わる 跡を三男坊が引き継いだ 幼稚園の園長にもなる だいぶ年取ってきたから貫禄はあった ここも 選挙関係で地元の業者にすり替えられた
 
寒川の幼稚園は遠すぎるので 私の方で手を引いた
 
青梅幼稚園の園長は80台の超高齢 しかし 活発に活動していた 元はクリスチャンで教会の牧師もしていたようでした 夕方から英語教室に切り変えていた 奥方に死なれた後は惨めだった様です
 
お子さんは息子ひとり 息子の姉さんもたまには顔を出していた 息子さんは 伊豆地方の教会の娘さんと結婚するもお子さんは出来なかった
 
園長職を退いたお父さんは徘徊するようになった それをお嫁さんは好きなようにさせ 離れた場所で監視していた
 
ある時 認知症になったお父さんが急に
 恋人がアメリカからくるので迎えに行く
と言い出して出かける お嫁さんがそっと監視しながらついて行くと 1kmほどで座り込んでしまった それをお嫁さんがタクシーを呼んで連れ帰る 素晴らしいお嫁さんでしたね
 
この後で私は幼稚園と縁が切れ 上尾市のつつみ幼稚園だけになりました  
 
つづく
 
2019年12月21日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 7.5 0.0 北西 1.7  
2 7.7 0.0 北北西 1.4  
3 7.4 0.0 2.1  
4 7.0 0.0 2.3 0.0
5 6.8 0.0 北北東 2.2 0.0
6 6.7 0.0 1.3 0.0
7 6.5 0.0 北西 1.5 0.0
8 6.5 0.0 北西 2.7 0.0
9 6.8 0.0 2.6 0.0
10 7.2 0.0 2.4 0.0
11 7.3 0.0 2.7 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 6.4 07:23
最高気温(℃) 8.3 00:43
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
5.4(北) 09:15
※11時現在
今季の秋は 秋晴れは少ないね 九月と十月に台風で史上最悪の大雨に見舞われたが 以後は 曇りばかりで小雨しかない
 
昨日 久しぶりで200m先のJR武蔵浦和駅高架下のスーパーへ 歩いて行った ガラスに映った自分の姿勢はなんと 前傾姿勢 膝も曲がっていた 毎日長時間でパソと向かい合っている
 
この時の姿勢は 背中を曲げていた 気が付いたときには間に合わなかったね 背中を延ばせられないのだ
 
敗戦後すぐに 社交ダンス教師の免許を取得 この所為なのか 洗濯板のような背中 ピント直立した姿勢の歩行 体重移動は開いた足の中心を維持していたが 昨日の姿勢は100%爺のスタイルだった
 
何百年経っても素晴らしい姿を見せる富士山とは 天と地の開きだね
さった峠ライブカメラより
河口湖船津ライブカメラより
河口湖逆さ富士ライブカメラより
 
明日は休ます

この頁トップへ



終活わが生涯を振り返る第163話
19/12/20(金)  10:50更新

娘が七年生のある朝食の時に
 今日は数学の試験があるんだ
と伝えていた よほど苦手なのかな 試験があると伝えたことはなかったのです その日の夕食の時に試験のことを思い出したので
 ところで 数学の試験はどうなった?
 ああ だめだったよ 一問しか解けなかった その一問はね
 以前にこうだと教えられたな そして今日はこうで となると
 こうなるのではないかと そのように書いたら二重丸だったよ
たった一問に二重丸をつける先生も凄いが 我が娘も凄い
 
これだけ推理力があるのなら 私同様に世の中を泳げる となれば 勉強べんきょうと強要しないことに決めました
 
賢い娘であることは承知していたが その娘にお小遣いは上げていなかった それを ある朝学校に行くために玄関を出たところで 急に見送っている母親に
 あっ 二百円無いとだめだ
と慌てた振りした ワイフは慌てて財布を取り出して二百円をあげた これは 母親の欠点をついた娘のお小遣いの むしとり作戦だった 月に何度も同じことをするのに ワイフはその都度慌てていた
 
亡き竹野さんのおかげで経済的にある程度裕福であった バブルの波に乗ったのも事実ですが そして賢い娘がいて 超幸せな家族でしたね  
   
つづく
   
2019年12月20日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 7.0 0.0 北北西 1.9  
2 6.8 0.0 北西 2.0  
3 6.9 0.0 北北西 1.3  
4 7.1 0.0 西 0.9 0.0
5 7.1 0.0 静穏 0.2 0.0
6 6.2 0.0 静穏 0.2 0.0
7 5.1 0.0 南南西 0.7 0.0
8 6.7 0.0 西 0.5 0.9
9 8.5 0.0 西南西 1.4 1.0
10 10.6 0.0 北西 1.1 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 4.2 06:46
最高気温(℃) 10.8 09:57
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
4.3(北北西) 01:06
※10時現在
本物の真冬に入りましたね その根拠は 最低気温が07時になったことです
 
今朝も六時に目覚めた 表を見ると日の出直前 慌てて撮影 富士山のライブカメラを追うもモヤか 霧がかかったのか 場所によって赤みが違っていた    
忍野富士ライブカメラより
御殿場ライブカメラより
絶景くんライブカメラより

この頁トップへ



終活わが生涯を振り返る第162話
19/12/19(木)  08:20更新

毎年の運動会の撮影は 自分の娘だけではなく全員と父兄も対象とし アルバイトを一人入れての撮影でした 展示販売は仕入れ値の倍の安値で販売し 利益は学院に寄付していた
 
九年生(中学3年)になると 各学年は双クラスしかないが クラスごとの集合写真の撮影をしていたというので 娘の学年は私が無料で撮影する

屋上で撮影 全紙大にプリント これを山の上学舎へ届ける 子供たちがなん泊泊まりの時に 私も一泊泊まりで届ける
 
何県だったか思い出せないが 雪道を走る経験はほとんどないが 苦労してたどり着いた
 
プリントを前の学年の写真の脇に飾る 寝室のほかにホールめいた部屋もあって 今日の昼間はここで演芸会らしきをするという 私も入ろうとしたら ごっとんに 呼ぶまで一人で待ってほしいと言われ 待合室めいたところで待っていた
 
ストーブは何処にあったか思い出せないが とにかく温かかったね 入っていいよ と呼ばれた
 
ホールに入ると 両側に子供たちが椅子の上に立って歓迎してくれた 舞台に案内され そこでインディアンの恰好をされた
 アパッチ万歳
大騒ぎだ ごっとんとジュニアの二人の先生の計画だった
 
父兄をこれだけいじられることはまるでないでしょうが いじりやすい私は 徹底的に遊ばれたよ 学園の歴史上でもそういうケースはなかったはず 異例の歴史を作ったものです
 
娘も12年生の時に 担任から凄い扱いをしてくれた 本来は 12年生は学芸会に参加せず 受験に精を出すシステムでしたが この学年が最後となる担任が 当時二人組の女子の踊りと歌唱が有名だった この曲を娘と学友に二人にやらせ ポスターもつけていた
 
低学年の子供たちが本物が出演すると錯覚して期待していた 舞台の幕が開いた 途端に 落胆の声が響くも 名曲だけに会場内が一斉に歌い出した 凄い担任だったね
 
親子で 凄い担任と出会い 凄い影響を与えられるとはね    
   
          
つづく
 
2019年12月19日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 10.1 0.0 1.7  
2 9.9 0.0 北北西 2.3  
3 9.4 0.0 北北西 2.5  
4 9.2 0.0 北北西 2.1 0.0
5 8.7 0.0 北北西 2.5 0.0
6 8.4 0.0 1.9 0.0
7 7.8 0.0 北西 1.1 0.0
8 7.8 0.0 北西 2.4 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 7.7 07:45
最高気温(℃) 10.5 00:16
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
5.5(北) 02:11
※8時現在
 
今日は早朝からの定診日です 慌てて更新しています 一日中曇りの予報です 気温も高めながら冬気温ですね

この頁トップへ



終活わが生涯を振り返る第161話
19/12/18(水)  10:15更新

娘は陽気な子です 三歳ころでは 六畳間でグルグル走り回る ある時 勢いあまって転んで大黒柱に額を打ち付けた こんなことから 受け身を教えるのだが こういう事には鈍感で 中々うまくいかない 私同様 アドリブの名人なんだろうね お風呂は私と毎晩でした 成長するにつれて 私の体の違いに興味を持ち始める 好奇心旺盛な子で 触っていいかと相成る
 
一緒に入るお風呂は四年生の後学期頃かな 娘の体がどんどん大人に近づいているので 一緒に入るのをやめた
 
浦和ルーテル学院の最初の運動会の時は 上尾市の運動公園だった 学院内に運動場はなかったからでした 娘の初めての運動会なので写真屋の私は 500ミリレンズをつけて 観覧席の高いところで三脚を据えての撮影をする この当時の私はジンズとバンダナスタイルで目立ったものでしたので 一年生の時から先生方には人気がありました
 
その上 幼稚園時代の学友の誘いでここに入学したものですから その子が私のことをアパッチと言いふらし 学院内で広まった
 
この所為なのか 一年生の時の少しの間だけですが 娘はいじめの対象だった ところが あの性格とアパッチの父親に 先生の中で子供たちに人気が高い ごっとん(後藤)とジュニア(お父さんも学院の先生)の二人の先生もアパッチとはやし立てるものだから いじめが立ち消えになったようでした
 
娘が8年生(中学生)の時 学院内の給食のパンが盗まれた事件があった 犯人は娘と五人の学友だった 子供たちは試食のつもりだったらしいが 事件は事件として扱われ 父兄と共に集められ 校長から事実の話があっただけで集会は終った 出しゃばりの私が 解散と言われた時に
 ちょっと待ってください これでは将来にかけての解決とは
 とはならない 各人が反省の言葉を述べなさい
並んでいる六人の左から指名した 校長も父兄からも異存はなく 子供たちが一人ひとり反省と今後について語ったくれた
 皆さんありがとう 頑張りましようね
と言った途端に父兄から拍手が起こった この子たちには嫌われることはなく よく我が家へ遊びにきてくれた
  
つづく

2019年12月18日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 6.0 0.0 北西 1.8  
2 5.5 0.0 北北西 1.5  
3 5.2 0.0 北西 1.4  
4 4.7 0.0 西南西 1.2 0.0
5 4.5 0.0 0.6 0.0
6 3.8 0.0 西南西 0.6 0.0
7 4.4 0.0 北西 1.3 0.0
8 5.4 0.0 北西 1.2 0.0
9 5.8 0.0 北西 1.0 0.0
10 7.6 0.0 西北西 0.8 0.1
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 3.6 05:56
最高気温(℃) 7.6 10:00
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
3.7(西北西) 02:42
※10時現在
久しぶりで六時半に目覚め 目の前の朝焼け雲をシャッター 慌ててパソを開いて朝焼けのライブ富士山を追う 今日は 日中との気温差があるらしい
河口湖逆さ富士ライブカメラより
小山町須走ライブカメラより
御殿場ライブカメラより 富士宮ライブカメラより

この頁トップへ



終活わが生涯を振り返る第160話
19/12/17(火)  10:46更新

娘が年長組の時 夫婦で上尾の幼稚園で撮影を終えて帰路につく 私は混雑する道路は嫌いなので 何時も横丁を走る 交通量が少なく信号もあまりないからです この日も そのコースでは必ず西堀氷川幼稚園前を通ります 園は神社に隣接していて高台である 園バスに園児たちが並んで乗るところだった 帰宅して三十分ほどで娘が泣きながら帰ってきた バスに乗る時 お父さんの車を見て手を挙げたのに止まってくれないから追いかけてきたという 急いで園に電話 理由を話し無事であることを報告 事なきを得た
 
それにしても凄い 約2kmの距離をしかも道順は知らない筈がきちんと帰り着いた 泣きながら走ったのだろうから たまに通った時の記憶があるからだろうか ここにも 私の血を受け継いでいる 今なら 誰かに誘拐される危険もあったのに
 
娘について書き忘れた話です
歩けるようになった時から 私は何処へ行くにも連れて行く その際 車の助手席に座らせるのだが 娘は何時も立ったまま 急停止急発進しないから危険はないが 自然とバランスを取っていたね
 こんな親子ですから 親子で寝るのは このころ迄で その後は 二階の六畳部屋に一人で寝かしていた
 
二階へ行くには 私がおぶっていく しばらくは一緒にベッドで寝てあげていた 寝付いたら離れる これを小学五年ごろまで毎晩負ぶって上がっていた さすがに高学年になると
 お父さん もういいよ テレビ見たいんでしよう
 
止めたのは 太りだしたし 重くで無理になったからかね
 
幼稚園に入る前 補助車輪の無い自転車を買ってあげて 荒川の左岸にある秋ヶ瀬公園内の子供の森で練習をさせた どうしても乗れない そこで 私が片足をあげて こういう平均を取るようにしてと言ったところ
 バランスのこと?
 なんだ バランスて知ってるのか そうだ そのバランだ
とどうでしょう 乗れたではないか ワイフも私も大喜びでした
 
理屈を知ってれば何かを成せる この才能を利用すればもっと貸しこくなると思った
 
つづく

2019年12月17日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 7.1 0.0 北西 1.9  
2 6.8 0.0 北西 1.7  
3 6.4 0.0 北北西 2.0  
4 6.0 0.0 北西 1.4 0.0
5 6.1 0.0 北西 1.3 0.0
6 6.2 0.0 北西 1.8 0.0
7 6.0 0.0 北西 0.8 0.0
8 6.4 0.0 西北西 0.9 0.0
9 6.6 0.0 西北西 1.6 0.0
10 6.3 1.0 北北西 2.4 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 5.9 06:59
最高気温(℃) 7.4 00:32
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
6.2(北西) 05:38
※10時現在
 
三寒四温か またも 気温が上がった 小雨も降っている

この頁トップへ



終活わが生涯を振り返る第159話
19/12/16(月)  12:15更新

ワイフが簡単に運転免許証を取得した 長年ほぼ毎日私の運転に体が慣れたのか 同じ運転をしていた 急発進 急停止しない そこへ運転の仕事が舞い込んだ
 
田園調布にあるカラーフィルム現像所の竹野さんが 所沢のスーパーや浦和のスーパー 蕨のスーパーに店を出し 現像やプリントなどを配達する仕事であった 起点は 所沢にあるスーパー そこまでを担当するバイトから受け取り 前日に集めた注文を渡す まるで私夫婦のために出店した感じでした
 
竹野さんの支えで我が家は裕福でした 余裕も出てきたので信用金庫から 竹野さんへの支払いのツケの六百万円を借りて返済した
 
竹野さんがびっくりしたという 綺麗になったのでは 改めて援助しようと毎月の支払いを受け取らなかった 親でもここまでは援助しないでしょう 竹野さん無しでは 私の今日はなかったのです
 
その大恩人の竹野さんが急逝去したと連絡が入り葬儀に駆け込んだ 逝去したことによって 現像所も閉鎖した
 
幸い 2km先に現像所があったので利用した 時期によって大量の発注ですので 現像所にとっては大事なお客様なのか どんな無理も聞いてくれた
 
大宮市で 埼玉県内の公立や私立高校の宣伝会みたいのがあって 娘が通っている12年一貫教育の浦和ルーテル学院も参加することになって 私が撮影専門の写真屋と知っているから 宣伝用の写真が欲しいということで どうすべきかの教員らの話し合いに私も参加する
 
私の考えている宣伝方法を一人の教員が大反対した 反対理由は 当校は12年一貫教育が目玉 そこが売りでないとまずいという事でした
 
各校のブースの幅は2.2mというので ブースいっぱいに12年一貫教育を詠いましょうと提案し了解された
 
小学部の男女 中学部の男女 高校部の男女の六人を荒川河川敷の 秋ヶ瀬公園内の子供の森の 森に入る通路の広い道を利用 背景が広々で明るい 道幅いっぱいの両端に 高校 中学 小学を等間隔に並べて 大型蛇腹カメラで撮影 これを幅2mのプリント 台紙に張り付けて 現像所のサービスで大宮市の会場まで運んだ
 
当日 浦和ルーテルブース前では 大型プリントの上に「12年一貫教育」の文字板を乗せているので 他のブースとは違って人だかりは絶えなかった 費用は現像所のサービスで30万円でした 一般的には百万円は請求しますね 支払いは学校から直接現像所に振り込んだ
 
成果はあったようでした 会が終ったあとでプリントは校内の玄関に入った正面に飾られていた 改めて見ると見事な作品でした 写っている六人の子供たちはスター気分でしょうね   
   
つづく

2019年12月16日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 2.4 0.0 北北西 1.4  
2 2.6 0.0 北北西 1.5  
3 2.2 0.0 北西 1.0  
4 1.0 0.0 西北西 1.9 0.0
5 0.9 0.0 北西 1.1 0.0
6 0.2 0.0 西北西 1.4 0.0
7 0.3 0.0 北西 1.3 0.0
8 1.3 0.0 北西 1.4 0.9
9 3.9 0.0 北西 2.2 1.0
10 5.5 0.0 西北西 1.5 1.0
11 7.9 0.0 北北東 1.3 1.0
12 9.3 0.0 西北西 1.1 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) -0.3 05:56
最高気温(℃) 9.5 11:54
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
3.6(北北西) 08:44
※12時現在
御殿場ライブカメラより
河口湖逆さ富士ライブカメラより
河口湖北岸ライブカメラより
0℃台が3時間 1℃台が2時間 いよいよ本格的な冬ですかね 雨が多い気がするんですが 富士山で見る限り満艦飾には侘しい 小雨が多いという事かね

この頁トップへ



終活わが生涯を振り返る第158話
19/12/14(土)  11:25更新

娘が入園した年のお遊戯会では 全ての幼稚園がほぼ同じ日でしたので リハーサルの時に商売上の撮影をした 娘のクラスの番になって主役の座に娘はいない その他大勢の中に娘は飛んだり跳ねたりしていた この方が性に合っていたようだ 前記の事情から言えば特別扱いするものだが 一切なかった
その意味では優れた思想家の学園と言える
 
娘が入園の二年前に戻ります
 
自力で開発した南浦和幼稚園の園長は大柄で お人好しでした 長男が園運営にもかかわり 次女も先生をしていた 長女は結婚しお子さんがいて 園の一角に別棟で建てた家に住んでいた 私のことですから家族全員と仲良し 長男から 麻雀するのでしたら休日に自宅へいらっしゃいと誘われた
 
出かけて見ると常に園長と長男を含めて四人がいて夢中でした そこへ私が割り込んだものだからか 長男が譲ってくれて参加できた
 
私は無理にヤク作りに懸命なのを見た長男から一言
 流れに沿ってした方が完成が早いよ
凄いアドバイスでしたね 流れに沿う その後の私の人生の大黒柱になった
 
園の行事の撮影には必ず 二、三歳時の娘を同行させていた この時のことですが 園長夫人から
 この子は 注意しないと超肥満児になるよ
と言われた 凄いですね 幼稚園児を何十年も見ているのか 言い当てたよ 大人になってからの我が娘はお相撲さんになっていた
 
南浦和幼稚園の長男さんもお相撲さんだったね 結婚し お子さんもできたのに早死にしてしまっていた 嫁さんも園運営に参加 このころでは 園長もあの世へ旅立っていた
 
浦和市の中心地に昔からの写真屋さんがあって 何故か 利用もしないのに長男と次男とは仲良しだった その長男が結婚 浅草生まれの超美人の嫁さん 理由は不明ですが ルート17号と中山道が交差した地点の20m辺りに 写真屋さんの本家があって そこへ長男夫婦が転居 横丁の角だったので か 写真屋を開業した
 
南幼稚園へ行くときは必ずあそこを通るので 美人奥方に会いたいのか 常に立ち寄っていた
 
関わる幼稚園も増え 南浦和幼稚園とは何故か手放した この新規の写真屋さんに幼稚園の行事撮影をやるかと 尋ねるとやりたいというので 南浦和幼稚園の権利を譲った
 
四十年後に JR武蔵浦和駅高架下のスーパー的な店内の入り口に フイルムの現像からプリント業を あの夫婦が開業していた 南浦和幼稚園は手放したという
 
この五年後 国の天然記念物サクラソウ自生地でシーズンになると毎日出かけていた時 居合わせた人たちに解説していると
 貴方 専門家になっているの?
女性に声を掛けられた あの写真屋さんの美人奥方でした 自然観察会の会員でもあった
 
人との縁は凄いのに 宝くじの縁はまるでない 話が支離滅裂ですが 書き出すと頭と手が勝手に動くのだ

     
つづく

2019年12月14日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 4.2 0.0 北西 1.7  
2 3.9 0.0 北西 1.1  
3 3.4 0.0 西北西 0.4  
4 3.4 0.0 西北西 1.9 0.0
5 2.5 0.0 西 1.0 0.0
6 2.3 0.0 静穏 0.2 0.0
7 1.6 0.0 静穏 0.2 0.0
8 3.3 0.0 静穏 0.1 0.9
9 4.6 0.0 北西 1.1 1.0
10 6.6 0.0 西南西 0.9 1.0
11 8.3 0.0 西 0.5 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 1.2 07:14
最高気温(℃) 8.3 11:00
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
3.0(北北西) 09:27
※11時現在
 予報よりも気温が低かったね それでも0℃以下にはならなかった 最近の目覚めは8時〜9時頃なので 霜柱を確認できない
 
最近 夕方以降のある瞬間 貨物列車が通り去った時のように 頭の中が静かになる その代わり 右耳の当りで ゴーン と鳴り響くのだ
 
およそ 二十年前あたりから 頭の中は 365日休み無くセミが鳴いているのだ このおかげで長生きしているのかも知れないね あと17日後には 数え歳95歳になるのだ まだ旅立つ兆候がない 行くときは静かに行っておくれよ あの世様よ   
明日は休ます

この頁トップへ


終活わが生涯を振り返る第157話
19/12/13(金)  11:45更新

我は娘には何も押し付けない ワイフを殴った現場を見せてからは 気を使ったよ 暴力 娘も凄い見えない能力がありました 入った幼稚園は 文化財保護課の吉田さんの親戚である 西堀氷川神社を紹介され そこには「西堀氷川幼稚園」もあったので入園していた 娘が入園前の話です
 
園長は 超年寄りのお父さん お子さんは 男児が三人 女児が二人 三男坊は 元国学院の空手部のキャプテンだった
 
幼稚園に関わったのは三男坊だった 当初は園バスの運転だけでした 私がある時 アルバイトで新宿二丁目で探偵の張込みをしていたところ 伊勢丹新宿店方面から 黒い服の大柄な団体がやってくる 人通りは少ないが 居合わせた人たちは皆固まっていた
 
先頭に一人だけ 服装が違うのがいて 近づいたところで 相手も私もびっくりした なんと 三男坊だったのだ 国学院の空手部の生徒を引き連れての闊歩だったのだ
 
三男坊は 私を認識した途端に立ち止まって最敬礼する 生徒たちも一斉に「おっす」と最敬礼していた 私は目で合図して立ち去れと命令 別れた
 
このことは彼の家族らには知らせなかった
 
ある時 西堀氷川幼稚園から息子が帰ってこない 園バスが動かないので助けてと電話があった 約一週間 園バスの運転手をしていた 帰ってこなかったのは 新宿警察署にぶち込まれたからでした 酒を飲んで喧嘩をしたためだった 身柄引受人をつけて釈放となるので私が 引受人になって受け取った 彼は頭をかいていた
 
この事件以後 彼は 国学院から離れ 幼稚園運営に精を出した 宮司の資格もあったので神社運営にも精を出していた
 
東北方面にいたころに知り合った 彼の言葉で「お姫様」と結婚もし 園長職にも就いた 私の娘も入園した 凄かったね 特別扱いは最後までしなかった
 
つづく
 
2019年12月13日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 6.3 0.0 北北西 4.6  
2 6.1 0.0 北北西 5.1  
3 5.9 0.0 北北西 5.1  
4 6.2 0.0 北北西 5.5 0.0
5 6.4 0.0 北西 4.5 0.0
6 6.6 0.0 北北西 4.6 0.0
7 6.5 0.0 北北西 4.2 0.0
8 6.4 0.0 3.7 0.0
9 6.9 0.0 北北西 3.1 0.0
10 7.2 0.0 1.8 0.0
11 7.5 0.0 北北東 2.3 0.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 5.7 02:26
最高気温(℃) 7.7 10:31
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
11.6(北北西) 01:54
※11時現在
最低気温が昨日より1.5℃高いが 全体では真冬に戻った この雲で今にも降りそうな窓の外の様子です
 
昨夜は快晴で 本年最後の満月が見えました

この頁トップへ


終活わが生涯を振り返る第156話
19/12/12(木)  10:20更新

S43年の写真展の時に 館を出たときに声がかかった 名刺を渡された 文字通り政治結社の名刺だった 面構えも あの社会の顔だった 別所沼前の志木街道側に薬屋と南下したところで幼稚園を経営していた そういう人たちにも好かれる私ではあった
 
この方が 別所幼稚園を経営していたお婆さんの死後 別所幼稚園を買い取り 市会議員にもなった 私に接触したのは遠大な企画の一瞬だったかもしれません
 
新幹線反対運動が盛んであった 田んぼのど真ん中の我が五軒の建売のほかに 土地の子孫らが三軒 よそ者が一軒 ここは字別所大字大里 本来の別所にも反対が行き届いていた
 
そこに住んでいた方が先導切って反対運動の旗を振っていた その方から 大里地区の皆さんを集めて話し合いませんかと誘いがあって 我が狭い六畳の部屋で会合を開いた
 
運動らしきはそれだけでしたが 条件付きで新幹線の建設を認めたようでした
 
認める代わりに大宮から新宿までの新線を作ること 軌道は高架であること 用地の両側に20mの空き地を作ること という条件のようでした
 
この騒ぎの最中に 武蔵野線 が貫通 国鉄としては条件に合わせて 武蔵野線に新駅を南浦和駅と西浦和駅の中間の2kmに当たる地点に 新線の埼京線と重なる地点に武蔵浦和駅を新設した
 
武蔵浦和駅ができたことで 国鉄と浦和市が騒ぎになったらしい これの説明会なのか 市役所企画の説明会が別所公民館であった
 
市の役人の説明では 駅前広場の使用を国鉄が認めないので 皆さんと約束していた使い方は無しになりました という話であった どうも理解できないので割り込みで質問した
 あなた方役人さんが 土地を買わせた上で他人の財産を
 自由に使えると高飛車に出たのではないかね
これには 役人らが意味が分からんかのような顔で話し合っていた そこへ市会議員となっていた別所幼稚園の理事長が 役人らにヤジを飛ばしていた
 
無理矢理買わした相手の財産を 無理矢理勝手に使う根性が役人根性なのでしょう 結局 説明ができないので散会した 帰りの入り口で反対運動の先生が 私に賛意の発言をしていたが 内容は逃亡してしまったよ
 
この先生とは二度と会うことはなかったが 市会議員となった幼稚園の理事長とは何度も合うことができた 幼稚園名も別所幼稚園と改名 ご自分の幼稚園は 新幹線用地となって武蔵浦和駅西口の近くに 代替え用地に引っ越していた
   
つづく
   
2019年12月12日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 8.2 0.0 西北西 1.8  
2 7.1 0.0 0.6  
3 6.1 0.0 1.2  
4 5.9 0.0 北北東 0.8 0.0
5 5.4 0.0 1.1 0.0
6 4.8 0.0 南西 0.9 0.0
7 4.4 0.0 0.9 0.0
8 7.2 0.0 北西 1.1 1.0
9 9.0 0.0 南西 1.3 1.0
10 12.7 0.0 0.7 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 4.1 07:06
最高気温(℃) 12.8 10:00
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
3.6(東南東) 00:24
※10時現在
忍野富士ライブカメラより
河口湖逆さ富士ライブカメラより
満艦飾の富士山 やっと赤富士が見られた 朝方は急激に気温が下がったが 陽が昇ると同時に気温も急上昇する

この頁トップへ

12月前へ  トップページ  ご意見箱