4月後へ  4月  花期・道順  年頭に思う  トップページ  御意見箱

サクラソウ4月(中)

 4月(中)の目次 
 今日の雨でサクラソウはお終いか 
 荒川左岸土手は春が自生地は✖ 
 サクラソウの株は満床なのに 
 23時間も降ったね総雨量25.5㎜ 
 田島白咲きさくら草祭り後押し? 
 日本人が日本語を理解できない 
 悪い一時的過去の方がましです 
 自生地の今日は田島白ずくめよ 
 今年はノウルシも不出来でした 
    

今年はノウルシも不出来でした
19/04/18(木)  13:20更新

2019年04月18日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 12.9 0.0 北西 1.2  
2 12.4 0.0 西北西 0.9  
3 12.1 0.0 1.2  
4 11.6 0.0 北北西 1.7 0.0
5 11.7 0.0 北北西 1.7 0.0
6 11.2 0.0 北西 1.5 0.0
7 13.3 0.0 北西 1.6 0.3
8 15.0 0.0 北北西 1.9 0.1
9 17.1 0.0 北北西 1.5 1.0
10 18.9 0.0 西南西 0.6 1.0
11 19.5 0.0 北北西 1.9 0.9
12 20.2 0.0 南南西 2.4 1.0
13 21.3 0.0 1.9 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 11.1 06:06
最高気温(℃) 22.0 12:26
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
5.0(北北東) 12:26
※13時現在
 
長い冬が続いた あの強いノウルシも最盛期を迎えることなく終っていた ノウルシの最盛期では 自生地が一斉に黄色に染まり 香ばしい香りが漂うのですが 今年は無かった 2002年のような立ち枯れがない分 救いかな
 
E区鴨川寄り窪みの田島白は 周りの植生の陰に入りつつある D区の田島白は一斉に咲かず 遅々としている 咲く前に終わってしまうのではないか?
 
今日の様子です

この頁トップへ

 

日本人が日本語を理解できない
19/04/17(水)  16:45更新

2019年04月17日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 11.2 0.0 西北西 1.3  
2 10.4 0.0 西北西 1.5  
3 9.6 0.0 北北西 0.4  
4 8.6 0.0 西北西 1.3 0.0
5 8.7 0.0 南西 1.2 0.0
6 9.2 0.0 西 0.3 0.0
7 11.0 0.0 北北西 0.8 0.0
8 12.8 0.0 西北西 1.0 0.5
9 14.1 0.0 西南西 1.0 0.1
10 15.5 0.0 東北東 0.6 0.0
11 17.4 0.0 南西 1.2 0.9
12 18.9 0.0 2.0 0.0
13 19.1 0.0 南南東 2.7 0.0
14 19.1 0.0 南南東 3.7 0.0
15 18.9 0.0 南南東 2.9 0.0
16 18.1 0.0 南南東 4.2 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 7.8 05:12
最高気温(℃) 19.5 13:03
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
8.5(東南東) 14:05
※16時現在
 
今日の天候で自生地では変化がないのでさぼりました
 
ただし タイトルのような現象が文化財保護課だけではなく 一般社会や偉い先生方までが理解できないのです 何かを 過去ログを再掲します   

目覚めよさいたま市教育委員会D
12/07/24  15:15更新

よくまあ このような出鱈目を恥も外聞もなく出すものですね

この段落は 26号の最終段落です
第一段落では膝で潜る湿地帯と云い
第六段落では荒木田土質で滞水せず湿地はできないと云い
最終段落では     
荒木田で地表付近には雨水が溜まるような湿地はできないではなかったのか? これはサクラソウ群生地の歴史でしょう? 湿地はできないとは乾燥していることでしょう?

第一段落では 国の天然記念物に指定された大正9年当時とあるが 天然記念物として指定させた功労者は三好学博士でした 指定申請書として調査報告書が提出されていました   
磯田洋二はこの内容を否定したことになります 単なる否定ならともかく 三好学博士を嘘つき呼ばわりしたことになります というよりは支離滅裂なのです
 
荒木田で地表付近には雨水が溜まるような湿地はできない   
     
ということは三好学博士が言うように
平時ハ地面乾固シ亀裂を生ゼルヲ見ル土壌ノ状態普通ノ原野ト異ナル
とは磯田洋二が指摘した荒木田によるものなのです

あの周辺で湿地的な場所は 最高の壁土のために戦後から新建材が現れるまでは連日のように土壌が掘りだされていたのです そのくぼみによっては今でも水を湛えたのがありますが ほとんどが雨以外はカラカラに乾いているものです
この現実を無視して
このように騒ぐのは犯罪です
かつて高校教諭だった磯田洋二が以上のような 教諭らしからん行為をさいたま市教育委員会が見極められないとは 阿呆集団であって血税の無駄使いの何物でもないので廃部すべきです

元高校教諭が水について頓珍漢な見方をしています
  
地下の水が地上に滲みだすと言わんばかりです 水は沈殿する性質か または逆の上昇が性質か 磯田洋二には見えていないか 見ててもわからんド阿呆と言わざるをえません
 
理由はどうであれ――地下水を盛んに汲み上げたため その影響で自生地(サクラソウ群生地は26号からの表現・常にぶれている)に土地が乾くなどの変化が起きました――とは これまた馬鹿げている

なぜか 岩盤または粘土質で無い限り万有引力で水は沈下するもののはずです 地下で収容できないほどに滞水すれば その圧力で地上に噴き出すことはあるでしょう が それは 国内でも稀です いわゆる名水ですね
↓の画像を見てください   
2008/01/18第二自生地で発見したものです 前の年あたりから野尻元課長補佐氏がようやく私に慣れて話し合える関係ができていたので 何のためかを尋ねました
  
――「湿地環境」を作り出すためと聞いております 青木さんのHPの格好の題材になってしまいますね――

と苦笑いでした というのは キャリア的に磯田洋二を越える者たちが文化財保護課にいないために 彼の横暴ぶりに苦り切っているのではないかと思料されます(08/01/31記事より転載)     

磯田洋二は地下にある水は地上を潤すと馬鹿げた論を展開していた ↑の画像からでも 地下水は地上を潤すことはないと明々白々です
  
もっと詳しく見ましょう
ここまで見てきましたように磯田洋二は阿呆の脳なしとしか言いようがありません 同じ4頁に書き込んだ内容が全く整合性がなく支離滅裂です

この無様を見分けられないさいたま市教育委員会は 大津市の越直美市長ではないが――市民に選ばれたわけではない教育委員が教育行政を担い、市長でさえ教職員人事などにかかわれない。民意を直接反映しない無責任な制度はいらない――さいたま市教育委員会も廃部すべきです
  

この頁トップへ

 

サクラソウの株は満床なのに
19/04/16(火)  16:50更新

2019年04月16日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 9.6 0.0 北北西 2.2  
2 8.9 0.0 北北西 2.0  
3 8.3 0.0 北西 1.3  
4 8.6 0.0 北西 2.2 0.0
5 9.7 0.0 北西 4.1 0.0
6 9.3 0.0 北西 3.1 0.7
7 11.1 0.0 北西 3.2 1.0
8 12.9 0.0 北北東 3.2 1.0
9 15.6 0.0 3.1 1.0
10 16.9 0.0 北西 2.9 1.0
11 18.4 0.0 東南東 1.7 1.0
12 20.4 0.0 北西 1.5 1.0
13 21.0 0.0 1.6 1.0
14 22.3 0.0 南南東 2.5 1.0
15 20.9 0.0 南南東 4.7 1.0
16 20.3 0.0 南南東 3.8 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 6.2 03:13
最高気温(℃) 22.5 14:04
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
9.7(南南東) 15:14
※16時現在
 
思い返せば サクラソウは全域に株があった それがこんなに悪いのは 何度でも書くが 四月の前半でも午前中までの気温は真冬でした 
サクラソウがこんなに冬気温に弱いとは 平成十三からの毎年では経験なかったね
 
今日の自生地では いたるところで草陰にサクラソウが見えていた なんでこんなに増えたのか 調べないとわからない
 
十字路を右折 左側の杭十二本目にある田島白は 遅々としています E区鴨川寄り窪みにあった田島白が見えない 代わりにピンクのサクラソウが草陰に三株もあった
 
ないとは 嫌な思いだったところ 十字路から記念石碑に向かう守る会の会員さんがいた
 
何となく もしかしたらと 50m離れたところから声を掛けたら 聞こえて振り向き 手をあげてくれた 近寄ったら やはり 名人の神田さんでした
 
E区鴨川寄り窪みの田島白がなくなっていると 話したら
 あるよ
という 非常にマメな方で 案内してくれた かすかにあった 周りの植生が伸びた所為で確認しぬくかったのでした
 
今日の様子です

この頁トップへ

 

自生地の今日は田島白ずくめよ
19/04/15(月)  17:30更新

2019年04月15日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 14.2 0.0 4.3  
2 13.6 0.0 南南東 3.8  
3 13.2 0.0 南南東 3.8  
4 12.9 0.5 2.5 0.0
5 12.5 0.5 北西 1.7 0.0
6 11.5 0.0 北西 2.2 0.0
7 12.3 0.0 北西 1.9 0.0
8 14.4 0.0 北北西 3.0 0.6
9 16.8 0.0 北北西 4.3 1.0
10 18.9 0.0 北北西 7.9 1.0
11 20.0 0.0 北西 6.2 1.0
12 20.0 0.0 北西 6.2 0.7
13 19.8 0.0 北北西 6.9 0.2
14 19.9 0.0 北北西 6.9 0.3
15 19.4 0.0 北北西 7.3 0.7
16 19.5 0.0 北北西 7.2 0.7
17 18.3 0.0 北北西 8.9 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 11.4 06:18
最高気温(℃) 20.9 12:06
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
16.6(北西) 16:55
※17時現在
 
今シーズン 初めて出動した顔なじみの会員さんから E区鴨川寄りの窪みで 双眼鏡でなくても見られる位置に田島白が一株咲いていると教わった
 
来観者は少ないが 初夏めいた気温でサクラソウは元気でしたので 無駄足はさせずにすみました
 
D区の田島白も五株も咲いてくれた 今週末では白花の塊が見られるでしょう
 
D区の突き当りに沿った柵沿いでは アリアケスミレとツボスミレがすみ分けていた それぞれが特徴を見せた咲き方でしたが 認知症が進んでいるために シャッターを忘れました
 
今日も 出しゃばりお喋りでひとの大事な時間を奪ってしまいました 今日の様子です

この頁トップへ

 

田島白咲きさくら草祭り後押し?
19/04/14(日)  15:15更新

2019年04月14日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 12.2 0.0 2.0  
2 9.9 0.0 西 1.2  
3 9.5 0.0 北西 1.4  
4 9.2 0.0 北西 1.0 0.0
5 8.5 0.0 北西 0.6 0.0
6 8.8 0.0 静穏 0.2 0.0
7 9.9 0.0 北北西 1.2 0.7
8 12.0 0.0 東北東 0.5 0.9
9 12.6 0.0 東北東 0.5 0.0
10 14.0 0.0 西北西 0.8 0.0
11 15.1 0.0 西南西 1.5 0.1
12 15.5 0.0 西北西 0.4 0.0
13 17.4 0.0 3.3 0.0
14 18.1 0.0 南南東 3.7 0.0
15 17.3 0.0 南南東 4.1 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 7.8 05:31
最高気温(℃) 18.2 14:05
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
9.9(南) 14:50
※15時現在
 
さくら草まつりの人出は例年より少ない 雨予報の所為かな
 
昨日 田島白が16時前後に完全に開くと予言したのがズバリ当たったと 守る会の日記に記していたそうです
 
今年の予想で当たったのは これだけでした
 
以下は今日の様子です

この頁トップへ

 

荒川左岸土手は春が自生地は✖
19/04/13(土)  17:25更新

2019年04月13日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 5.2 0.0 西北西 1.6  
2 4.4 0.0 北北西 1.3  
3 4.1 0.0 北西 1.5  
4 3.8 0.0 北西 1.6 0.0
5 3.3 0.0 西北西 0.5 0.0
6 4.2 0.0 北北西 1.3 0.6
7 7.8 0.0 北北西 3.5 1.0
8 10.5 0.0 北北西 2.7 1.0
9 12.5 0.0 北西 3.5 1.0
10 13.2 0.0 1.5 1.0
11 13.9 0.0 南東 2.2 1.0
12 14.9 0.0 西北西 1.4 1.0
13 15.6 0.0 南南東 2.3 1.0
14 16.0 0.0 南南東 1.8 1.0
15 16.5 0.0 東南東 2.3 1.0
16 16.5 0.0 南東 4.0 1.0
17 16.3 0.0 南南東 2.2 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 2.2 05:19
最高気温(℃) 17.3 15:29
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
7.6(東南東) 16:18
※17時現在
左岸土手を上って行った シロバナカラスノエンドウ マツバウンラン シロバナヒメオドリコソウ などが目当てですが シロバナカラスノエンドウとシロバナヒメオドリコソは昨年から見えなくなっており 今年もまだ見えない
 
ところが 左岸土手の今日は一面のツメクサの塊が土手を覆い その中で もう咲き出した株があった
秋ヶ瀬公園メインストリートのメタセコイア林内の ヒメオドリコウソウです 白花は消えたのかな そして 早くから咲いたタチツボスミレは終っていた
桜と青葉は 20年以前では有り得なかった 青葉は五月の頭からだった なのに もうか それでいてサクラソウは立ち去らない冬にやられて 今日も冴えなかった
この風景と 記念石碑裏の風景が似通っている 立ち去らない寒気にサクラソウはやられて 丈が十cm前後 花径が十ミリ前後 この弱小によってカメラに収められないのです
 
田島白は 日中の連続十六℃台で この時間は開き切ったと思います 
明日は 桜草公園でさくらそう祭りが開催されます 最後の設置作業が大賑わいです
 
残念ながら 雨にやられそうです 雨ではすべての作業が台無しになります 延期がないからです

この頁トップへ

 

悪い一時的過去の方がましです
19/04/12(金)  12:25更新

2019年04月12日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 8.1 0.0 北北東 2.1  
2 8.0 0.0 1.5  
3 7.8 0.0 北北東 1.8  
4 7.7 0.0 北東 0.9 0.0
5 6.1 0.0 西北西 1.8 0.0
6 6.1 0.0 北西 1.6 0.0
7 6.6 0.0 北西 2.0 0.0
8 7.5 0.0 北北西 1.7 0.0
9 8.8 0.0 北東 0.9 0.1
10 9.9 0.0 西 1.2 0.2
11 10.3 0.0 西北西 1.5 0.0
12 10.7 0.0 北北西 0.7 0.0
13 11.3 0.0 北北東 2.8 0.2
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 6.0 05:57
最高気温(℃) 12.0 12:58
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
5.9(東) 12:20
※13時現在
 
1999年~2007年 ダイオキシン問題で野焼きが禁止されていました 野焼きを再開した2008年以後 年々悪くなっていきます
 
原因ははっきりしています 野焼き禁止期間は一月に刈り払いしていた 地球温暖化で植生たちの芽出しが三月九日前後だったのが 二月 一月と早まったために刈り払い作業は 前年の十二月に変更されていた
 
ところが 野焼き再開された時は 一月十五日になっていた この件について保護課に質したところ
 十二月を予定していたが乾燥していないので一月にした
と言い逃れていた
 
いいですか 植生たちの芽出しが一月に早まったために 刈り払い作業を前年の十二月に早めているのに 芽出ししているサクラソウを焼き殺すのは何とも感じない 初代委託研究員の頭が良ければ サクラソウを守るために 乾いてないヨシとオギをどうやって乾かすかを 考えついたはず なぜなら 高校の先生だからです
 
十一月の頭で刈り払って置けば 一ヶ月後の十二月の頭で乾燥し焼けるはずです そういう知恵もないものを市民たちの税金で養うとは怪しからん
 
いろいろ事情があるのですが それらを端折って 2004年は史上最低(当時)の出来ばえでした
 
その後も 出来は悪いが 来観者たちをがっかりさせないだけの出来ばえです 画像でどうぞ
四枚ブロックは 井戸の真向かいです
現在では見る影もありません A区中央観覧路入口付近
サクラソウの弱小は 2001年に30年ぶりに戻った時にびっくりしたものです この原因は後日に取り上げます
今年は B区のこのポジションでは このように見えませんね
この画像は 2009年に 十字路までの十cmに伸びたノウルシを選定したものです 色合いをレイアウトしながらでした
 
現在では 二代目の委託研究員である埼大の先生が 私の提案を聞き入れて剪定していますが 遠慮がちですのでうまくいっていません

この頁トップへ

 

23時間も降ったね総雨量25.5㎜
19/04/11(木)  13:55更新

2019年04月11日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 4.6 0.5 北北西 4.1  
2 4.8 1.0 北北西 4.3  
3 5.3 1.0 3.2  
4 5.4 0.5 3.6 0.0
5 5.0 0.0 北北東 2.9 0.0
6 7.3 0.0 北北西 5.4 0.5
7 9.9 0.0 北北西 4.7 1.0
8 11.0 0.0 北西 8.6 1.0
9 11.9 0.0 北西 7.8 1.0
10 12.9 0.0 北北西 7.8 1.0
11 13.8 0.0 北西 9.3 1.0
12 14.3 0.0 北西 8.5 1.0
13 14.4 0.0 北西 10.2 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 3.9 00:07
最高気温(℃) 14.7 12:36
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
16.7(北西) 12:53
※13時現在
 
大雨ではなく シトシト雨だったのでサクラソウを傷めずに済みました ただし 丈が十cm未満ゆえ 他の植生たちに覆われ出し その上 寒冷期に戻った今シーズンでは 過去でも見ることが無い不出来でした 今日の様子です
上は 2007年の様子です

この頁トップへ

 

今日の雨でサクラソウはお終いか
19/04/10(水)  12:50更新

2019年04月10日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 6.8 0.0 西北西 1.2  
2 7.1 0.0 北北西 0.7  
3 7.6 0.0 北北東 0.7  
4 7.2 0.0 西南西 1.8 0.0
5 7.3 0.0 南東 3.4 0.0
6 6.2 1.0 北北東 0.8 0.0
7 5.9 1.5 1.8 0.0
8 5.6 2.0 1.9 0.0
9 4.8 3.0 北西 2.3 0.0
10 3.8 2.0 北西 2.6 0.0
11 3.3 2.5 北西 3.3 0.0
12 3.1 1.5 北西 3.1 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 3.0 12:00
最高気温(℃) 8.0 04:51
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
6.3(南南東) 04:51
※12時現在
この雨をもってソメイヨシノは終焉ですね サクラソウも丈が低い上に花が小さい そこへこの長雨では花粉を守るためなのか 頭を垂れた上に雨で叩かれて折れるケースもあります
 
それだけではありません この雨によって夏花たちが勢いづいてサクラソウを覆い隠してしまうのです
 
最近のサクラソウの出来が悪い理由について 今までも指摘してきましたが 間違いが多いので 悪い最大の理由として見落としていた過去の作業について書こうとしましたが 最近の頭ではまとめにくいので後日と言うことにしました
 
記録では四月の気温が一番低いと言いますので どちら様もお気を付けください
この頁トップへ

4月後へ  4月  花期・道順  年頭に思う  トップページ  御意見箱