5月後へ  4月後へ  年頭に思う  トップページ  ご意見箱 

自然の四方山話 5月(前)

 5月(前)の目次 
 メーデー潰し新天皇即位式組む 
 終活わが生涯を振り返る第二話 
 終活わが生涯を振り返る第三話 
 定点観測はすべて外れてしまう 
 なまけものが大歓喜の空もよう 
 自生地では咲くべき花が咲いた 
 今年は鈍感になって見落としが? 
 終活わが生涯を振り返る第五話 
 認知症だぁ今日の撮影画像削除 
 17km走行流石にくたびれたよ 
 終活わが生涯を振り返る第四話 
 今日の自転車走行は息切れなし 
    

今日の自転車走行は楽息切れなし
19/05/17(金)  17:21更新

2019年05月17日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 16.8 0.0 0.6  
2 16.6 0.0 東北東 0.7  
3 16.1 0.0 北北東 1.1  
4 15.9 0.0 北北西 1.1 0.0
5 15.3 0.0 北北東 0.5 0.0
6 16.3 0.0 北北西 1.1 0.4
7 19.1 0.0 東南東 0.7 1.0
8 19.7 0.0 西南西 1.2 0.8
9 20.9 0.0 南西 1.5 0.6
10 22.9 0.0 西 1.1 0.6
11 23.3 0.0 北北東 1.9 0.5
12 23.8 0.0 南東 2.0 0.6
13 24.8 0.0 南南東 1.7 0.5
14 24.6 0.0 南東 4.2 0.5
15 24.4 0.0 南東 4.1 0.3
16 24.5 0.0 南東 4.2 1.0
17 23.5 0.0 南東 4.9 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 14.9 04:57
最高気温(℃) 25.2 15:10
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
8.7(南南東) 16:42
※17時現在
 
一日おきになりますが 電動ながら楽で しかも 息切れしない 体が自転車に慣れてきたのかな
 
自生地周辺でも 除草の最中 ニワゼキシヨウが消えていた 自生地内は夏花待ちで静か
 
管理棟前で 難を逃れたオオニワゼキショウがあった 白 紅 ブルーの三タイプのうち ブルーは花が小さい なのに オオ とは 他のタイプは苔のように地に這うのに対して ブルーの花は半分しかなく ただし 背丈が四十cm前後 この背が高いゆえにオオ(大)が付いたと 私の解釈です
 
今日も さくらそう橋から鴨川河川敷を見ると ナヨクサフジが満床でした

この頁トップへ
 

終活わが生涯を振り返る第五話
19/05/16(木)  11:50更新

小学四年までの記憶では 学友たちの人気者で 良く喋り 笑わせていたが 市内で先生たちと出会ったときは はにかんで挨拶もできなかった
 
このことは 母親と街中でのこと たった一度だけでしたが 帰宅してから拷問的な折檻を受けた
 
こういう母親ですから 日常的に間違いを起こすと死の折檻を受けるので その対応が凄かった この件もたった一度です
 
五年の一学期に珍しく母親から新しい洋服を与えられた 上下ともに白い それを悪ガキの学友に服を汚された
 
これでは間違いなく死の折檻だ 説明しても通らないだろう そこで考え付いたのが 悪ガキに言わせることでした
 
悪ガキとは 帰路が途中まで一緒だったので利用した
 
何をどのようにして騙したのか記憶がないが 我が家へ50mまでの通りへ誘導していた
 
下水の蓋に立った時 下水を指さして悪ガキにしゃがみ込ませた そこで 悪ガキの頭を叩いて我が家へ逃げた 計算通り悪ガキが必死で追いかけてきた 足が速かったので逃げ切れる自信はあった
 
家の中に飛び込んだ 母親がびっくりしていた そこへ 悪ガキが何も考えないのか 飛び込んできた 母親に悪がきを指さし
 此奴が服を汚したので 言わせようとダマしたのだ
悪ガキがやっと気が付いたと見えて謝っていた 折檻を免れた
 
この件の一ヶ月後の六月に 父親が リューマチで家に戻っていた ほぼ一ヶ月後か 突然 陸軍のトラックが三台やってきた トラックから飛び出してきたのは憲兵隊だった
 
憲兵隊が家の周りを囲んで 動けない父親を引きずってトラックに乗せて消えた 今もって父親の消息は不明です
   
2019年05月16日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 16.9 0.0 北北東 0.5  
2 16.4 0.0 北北東 0.9  
3 15.7 0.0 東南東 0.6  
4 15.4 0.0 東北東 0.7 0.0
5 14.4 0.0 北北西 1.0 0.0
6 15.2 0.0 北西 1.6 0.4
7 17.5 0.0 西北西 1.3 1.0
8 19.3 0.0 西北西 1.1 0.7
9 19.8 0.0 西 1.4 0.0
10 20.5 0.0 北西 2.1 0.3
11 22.1 0.0 北西 2.6 0.4
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 14.2 05:38
最高気温(℃) 22.5 10:57
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
4.8(北西) 10:58
※11時現在
 
自転車族になって 93歳では中々思うようにはいきません しかも 端境期的なこの時期では変化が乏しいので 余計に出る意欲がわきません
 
我が家で冬を越した鉢を捨てずにほっといておいたところ 冬の花がまた咲いてくれました 何の花かは不明です   

この頁トップへ
 

定点観測はすべて外れてしまう
19/05/15(水)  17:31更新

2019年05月15日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 17.2 0.0 南南東 1.8  
2 17.2 0.0 2.5  
3 17.4 0.0 2.7  
4 17.4 0.0 2.5 0.0
5 17.0 0.0 2.1 0.0
6 17.3 0.0 南南西 2.1 0.1
7 18.0 0.0 南南西 2.8 0.1
8 19.9 0.0 南西 3.7 0.8
9 20.5 0.0 南西 3.6 0.9
10 21.2 0.0 2.8 0.1
11 22.1 0.0 南南東 2.7 0.4
12 21.8 0.0 南東 3.9 0.7
13 22.8 0.0 南東 3.5 0.7
14 23.0 0.0 南南東 2.8 0.3
15 22.2 0.0 南南東 4.3 0.2
16 22.0 0.0 南南東 3.0 0.8
17 21.1 0.0 南東 5.0 0.2
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 16.9 05:49
最高気温(℃) 24.0 13:38
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
9.9(東南東) 15:08
※17時現在
 
5日前に ズイカズラ会いに昭和水田まで行ったが 見事にはずらされた 今日は 秋ヶ瀬公園内のピクニックの森の池が目的で 浦和レッズ西側の塀に沿って行ったところ スイカズラが満艦飾 しかも黄ばんでいた
 
最近はこの傾向が著しいですね 曇りの予報が青空があった
さくらそう橋から上流を見やると ナヨクサフジが右上に見える鴨川橋まで びっしりです ここだけではなく 荒川左岸土手沿いにナヨクサフジが占拠しちゃっています
↑↓の 田んぼの畔は水に包まれているのに↑は15cm ↓は10cmにしか水を吸い上げていません このような実態を無視して 自生地の地下水が下がったために乾燥するようになったと ウソ出鱈目がまき散らされています
ナヨクサフジのシロバナが見つからない 子供の森横堤上流の田んぼ地帯からピクニックの森を目指すが あの狭いわだちを自転車で通り被写体を探すのは無理でした
 
自動車族時代では アクセルを踏まない走行だったために 被写体は簡単に見つかったのにね
 
今日は 浦和レッズグランドの中ではなく 西側の塀に沿ってでした    

この頁トップへ
 

終活わが生涯を振り返る第四話
19/05/14(火)  11:28更新

鬼婆ばあの母親とは何か
 
母親の実家は 大地主のクリスチャン 教会を三つも建てた 母親は三代目のクリスチャン 聖書には たしか 左のほほを叩かれたら右のほほを出せ とあったはずですが その母親がなんで鬼婆ばあか
 
私が小学五年一学期の末に父親が抹殺された この間 父親と共に生活したのは三年未満でした それなのに男の子が五人 私が長男 めったにいない父親なのに良くぞ生れたものです
 
父親は反政府活動家 母親と結婚した当初は 度々警察に引っ張られ 拷問を受けていたという その結果 父親は地下に潜っての活動に終始した たまにしか 帰ってこない このことが 母親にストレスを与えたのでしょう いくら 芯からのクリスチャンでもストレスには勝てなかった
 
毎日のように子供に折檻(せっかん)をする 誰かが悪さをすると全員が集められ 長男である私を中心に折檻をする 折檻の方法も父親が受けた拷問を真似るのだ
 
良くしなぐ藤の棒で遠慮会釈なく殴る 私の場合は 両手を縛られ梁に引っ掛けて吊るされ その上で藤の棒で殴るのだ 痛いから暴れるとブランコになる 手首には十七歳迄 縄目の跡があった
 
私の場合は どんな目に会わされても辛抱する癖があった ところが すぐ下の弟が受けた折檻は93歳の今も許せない
 
四つ年下の弟が今でいう満三歳の時 表で 田舎から出てきた伯母さんと出会い 50銭玉をもらい 伯母さんは帰りぎわに「次男坊に会い 50銭玉をあげといたよ」と母親に告げた
 
その弟が 姿を見せない 帰ってきたのは夕方だった 母親は柳眉を逆立て
 どこへ行っていた
 友達のお家だよ
 ご飯は
 ご馳走になったよ
 伯母さんに会ったね
 会わないよ
 嘘つけ 50銭玉を貰っただろう
 貰ってないよ
天才の弟がしらを切りとおしていた
 
自白を強要するために 弟の両手を後ろ手に縛り 余った縄を首に回して手首に結び付けた その上で テーブルの上に乗せ 直径三センチほどの青竹を膝の後ろに置き 座らせて 外れないように縄で縛る 血流が止まるのか しびれるのか 痛いのか 暴れるとテーブルから転げ落ちる それを 襟首をつかんで引き上げて座らせる これを何度も繰り返す それでも 弟は自白しない
 
ここで母親は七輪に火をおこし ミルク缶を真っ赤に焼いて それをタオルで掴んで 弟の顔に押し付けた 顔から湯気が立ち上がる 六つの輪になって それでも弟は白状しなかった この情景は 今もたまに夢で現れるのだ
 
私が小学 二、三年生のころですが家出を考えたほどでした
 
この母親ながら しょっちゅう
 後ろ指をさされることはするな
 一度でも会ったことのある人と又も会った時は先に挨拶しろ
死の暴力と教養が同時進行していた
 
つづく
 
2019年05月14日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 18.8 0.0 南南東 3.4  
2 18.5 0.0 1.7  
3 17.7 0.0 南南西 1.6  
4 17.9 0.0 東南東 0.7 0.0
5 18.4 0.0 2.0 0.0
6 18.4 0.0 1.7 0.0
7 18.4 0.0 南南西 1.6 0.0
8 19.2 0.0 2.2 0.0
9 19.2 0.0 南南西 3.1 0.0
10 19.1 0.0 3.7 0.0
11 18.3 0.0 南南西 3.9 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 17.6 03:47
最高気温(℃) 19.5 09:42
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
8.3(南) 09:08
※11時現在
 
慣れない自転車族にはつらいシーズンに入りました 安全を期して出かけずにおりますが これが老化をさらに加速させる気がします
気象庁より

この頁トップへ
 

今年は鈍感になって見落としが?
19/05/13(月)  17:18更新

2019年05月13日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 14.2 0.0 東北東 4.8  
2 14.0 0.0 東北東 1.8  
3 14.0 0.0 東北東 2.1  
4 14.2 0.0 2.3 0.0
5 13.7 0.0 東北東 2.6 0.0
6 13.7 0.0 3.0 0.0
7 14.0 0.0 2.6 0.0
8 14.9 0.0 東北東 2.7 0.0
9 15.6 0.0 東北東 2.5 0.0
10 16.7 0.0 東北東 2.3 0.0
11 18.8 0.0 東南東 2.0 0.7
12 19.9 0.0 南東 3.0 1.0
13 21.2 0.0 東南東 4.8 1.0
14 22.5 0.0 南南東 3.3 1.0
15 22.5 0.0 南東 4.5 0.7
16 22.3 0.0 南東 4.6 0.6
17 21.9 0.0 南南東 2.4 0.5
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 13.6 06:16
最高気温(℃) 23.1 14:13
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
9.1(南東) 16:13
※17時現在
 
異常気象で植生たちの出入りが例年とは違うことは事実ですが その所為にしていると 見落としたり 終わりに入ったものや 遅れて出るのも激しい
 
今日も一日おきなのに目新しいものはなかった 認知症の入り口をウロウロしているのは間違いないが ニワゼキショウに勢いがない まばらで しかも 白花中心 紅タイプがやや オオニワゼキショウは皆無 寂しい出動でした
ノカラマツソウで息ができないサクラソウです あの状態では光合成ができないので種の生産は無理です
 
地下根からの芽出ししか期待できない それでは やがて死滅してしまうでしょう 今やっている作業は そこに重点を置くべきです

この頁トップへ
 

終活わが生涯を振り返る第三話
19/05/11(土)  14:35更新

父親と共に生活できたのは三年未満でした その父親から偶然ですが 三つの教訓を受けました これが私の価値観の根源ともいえます とは言っても ご飯を食べるように自然に染みついたのでしょう
 
五歳の後半 近所の悪ガキとゲーム遊びしていたら インチキをされた上に殴られて 泣きながら家に逃げ込んだ
 
滅多にいない父親がいて なんでだよと尋ねられるが泣くだけで 用が足せない ようやく理由が分かった父親は
 やり返してこい
と 凄い形相で言い放つが 私は泣くだけでどうしようもなかったのでしよう
 
そこで 父親は お勝手から包丁を持ち出して
 仕返してこないなら お前を殺す
これには 私も恐怖を感じて まだ一人でゲームしている悪ガキのところへ行った
 
この時の私の行動は自然に 悪がきを騙すことに専念していた 悪ガキながら頭は良くない たしか 二つほど年上 又いじめられると思ったか 私の言いなりになって 悪ガキが先に地面に しゃがみ込んでカードを並べだした
 
ここがチャンスとばかり 私は背後に回って 両手で悪ガキのケツを持ち上げ 前に突き出す 悪ガキは頭を地面にぶつけ泣き叫ぶ それを利用して急所を蹴飛ばしたら 悪ガキはもがいて泣き叫んでいた
 
これで用は足りたとばかり意気揚々と 30m離れた我が家に戻った 一部始終を見ていた父親が
 それでこそ男だ 忘れるな
 
この時だったか 父親が自分がしている政治問題を語り出した途端に 鬼婆ばあの母親が
 政治はあなた一代にしてくれ 子供には植え付けるな
これをもってか 父親の姿がまた消えた
 
校長のテーブルをたたき割った以後だったか 父親からハガキが来ていた 中身は ある本の何ページにある詩は重要だから覚えさせろであった 何の本で何ページかは記憶から消えていますが 詩の内容は忘れているが 大まかなには記憶があります
 
ある病弱な母親がいて 幼い男の子がいた ある時 母親が急変した 幼子は行きつけの薬屋に向かう 途中で 池から跳ね上がった魚がピョンピョンはねて苦しがっている 心優しい幼子は 魚を池に戻そうとするが思うようにならない 時間ばかりかかってしまった
 
これにかまっているとお母さんが死んでしまう かといって お母さんを助けるために魚を死なしてしまう 幼子を悩み続けていた
 
これが誌の内容です 結論は
 助ける気があるなら躊躇するなかれ
であった
 
小学校一年生の時 父親の活動に一日だけ参加できた 今は無いが 当時は露天商が盛んであった 父親は 漢方の目薬を売っていた 客集めのために 蓄音機とスピーカーを取付け 浪花節をかける 結構人が集まります
 
薬を買った人には その日の夜 公民館で映画が見られる観覧券をつけていた 当時の映画は 無声映画 映写機は電動ではなく手動 弁士が付き 楽隊もついていた 私が写真に興味を持った誘い水でした
 
浪花節が良いところで止められ 薬売りの話に移ります この中に 政治問題を見事に刷り込んでいました
 
この時の話の前後は何だったのか記憶にないが 例え話だけが今でも鮮明に覚えているのです
 
異なった飼い主の豚小屋が隣り合っていた 方や太った豚 方や痩せた豚 太った豚は毎日 痩せた豚を馬鹿にしカラカイます 痩せた豚は馬鹿だなと気にも留めずいたが あまりにしつこいので
 お前は馬鹿だな これを見ろよ うちの主人はお前どころの
 主人に負けずにご馳走をくれるんだぜ 俺はお前のような
 バカではないから食べないんだぜ
と たっぷりあるご馳走を指さした 太った豚には理解できなかった 
ある朝 隣があまりにも騒々しいので 痩せた豚が目を覚まして隣りを見ると と殺場へ引かれて行く太った豚が喚いていた
 
これらが知らず知らずに私の基本思考となったようでした
 
つづく
2019年05月11日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 15.5 0.0 東南東 0.8  
2 14.8 0.0 北西 1.5  
3 13.3 0.0 西北西 1.4  
4 13.9 0.0 西北西 1.6 0.0
5 13.2 0.0 北西 1.5 0.0
6 14.8 0.0 西北西 0.5 0.5
7 16.6 0.0 西北西 2.1 0.8
8 18.4 0.0 北西 0.9 0.3
9 21.3 0.0 北北東 1.6 0.9
10 23.2 0.0 1.4 1.0
11 24.7 0.0 南東 0.9 1.0
12 24.9 0.0 西南西 1.4 0.6
13 27.1 0.0 1.6 0.7
14 27.8 0.0 南南東 2.7 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 13.1 05:06
最高気温(℃) 28.0 14:00
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
6.9(南東) 13:40
※14時現在
 
今日も夏日の一歩手前 太平洋側に雲が垂れこめていたので 綺麗な朝明の富士山は望めなかった
絶景くんライブカメラより
 
明日は休みます

この頁トップへ
 

17km走行流石にくたびれたよ
19/05/10(金)  17:52更新

2019年05月10日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 14.3 0.0 北西 1.2  
2 14.5 0.0 1.7  
3 12.7 0.0 静穏 0.2  
4 11.6 0.0 西 0.8 0.0
5 11.2 0.0 西南西 1.5 0.0
6 13.4 0.0 西南西 0.9 1.0
7 15.4 0.0 北北西 1.5 1.0
8 18.0 0.0 北北西 1.3 1.0
9 21.7 0.0 北西 2.2 1.0
10 23.3 0.0 北東 1.9 1.0
11 24.5 0.0 北北東 1.9 1.0
12 25.1 0.0 北北東 2.4 1.0
13 25.8 0.0 東北東 2.4 1.0
14 26.5 0.0 西北西 1.0 1.0
15 27.0 0.0 1.8 1.0
16 26.8 0.0 南東 3.7 0.5
17 25.1 0.0 3.9 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 10.6 04:50
最高気温(℃) 27.4 15:47
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
7.4(南) 16:08
※17時現在
 
今年の最高走行距離です さいたま市のアメダスの設置所より3km北の 大久保浄水場と昭和水田まで行ってきました
 
時期的にはまだ早いとは思ったが やはり早かった 最大の目的はスイカズラとアゼムシロでした
 
大久保横堤上流側の畔には毎年ヤセウツボが田圃を背景に咲くので 今年もゲット出来ました
 
帰りは 自転車ロードに沿って戻るが 途中の竹やぶを通り抜けるときに 一センチ前後の赤い羽根の蝶が飛んでいたが シャッターは無理でした
 
左岸土手では ナヨクサフジが満開ですが 白花はついぞ発見できなかった
 
それにしても 肛門と尾骶骨の間が裂けたかのような痛さだった この長距離は続けないと体力がついて行けないでしょうね

この頁トップへ
 

自生地では咲くべき花が咲いた
19/05/09(木)  17:55更新

2019年05月09日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 15.9 0.0 西南西 2.0  
2 15.3 0.0 西南西 1.7  
3 15.4 0.0 北西 0.6  
4 13.9 0.0 北北西 1.4 0.0
5 12.6 0.0 静穏 0.2 0.0
6 13.4 0.0 西北西 1.2 0.0
7 15.5 0.0 北西 0.6 0.5
8 17.2 0.0 北西 1.2 1.0
9 19.4 0.0 南東 1.0 0.8
10 20.6 0.0 南西 1.8 0.7
11 21.4 0.0 南西 1.6 0.1
12 21.8 0.0 南南西 3.0 0.0
13 21.0 0.0 南南西 3.3 0.0
14 21.8 0.0 南南西 2.9 0.0
15 21.3 0.0 3.4 0.0
16 21.3 0.0 3.0 0.0
17 21.3 0.0 2.6 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 12.3 05:50
最高気温(℃) 21.9 13:55
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
7.2(南) 16:35
※17時現在
 
今日は三科目の定診日 11時~11時半までは 消化器外科と眼科 14時に泌尿器科 この空き時間を利用して自生地へ
 
元駐車場では 桑の実と紅ニワゼキショウ 7日に間違って削除した さくらそう公園の水のない池のシロバナユウゲショウを撮り直し 自生地内では 田島白が終り 自家受粉なのか実がなっていた

この頁トップへ
 

終活わが生涯を振り返る第二話
19/05/08(水)  16:15更新

今朝目が覚めたのが十時半 何もできないのでタイトルにしました 
 
小学校一年から四年までの学校での話です
 
あの時代 小学校の一年生には級長はつけないことになっていたが 何故か 私は級長になっていた 何時も 仲間と言うのかが周りにまつわりついていた 時には 神輿に乗せてくれたりしていた
 
担任は女教師 担任との会話の記憶がない 多分 学友らがまつわりつく様から規則を破って級長にしたのでしょう
 
一学期の終わりころに身体検査があった その間先生方は教室から離れ それぞれの学級でおとなしく学習していた 休み時間では校庭で遊ぶ 
 
学校の昔は海で盛り上がって陸地となった場所 それゆえ 校庭の土は砂状でしかも塩分が強い その砂を半紙で包んで投げ合う戦争ごっこして遊んでいた    
 
休み時間が終っても一年一組の私の学級だけは校庭で大暴れしていた そこへ 一年五組のかもち先生の女教師が飛んでくるとみんな教室に逃げ込んむが 何故か 私だけが逃げずにじっと立って睨みつけている 両手には半紙で包んだ砂団子 それをいきなり かもち先生の顔に投げつけ 体中砂だらけにしちゃった
 
この事件をもって級長は取り上げられた
 
二年生の担任は男性教師 山崎先生と言う この先生はさぼりたがるのか 一日に一度は話し方教科に切り替え 講師は私に任せて 先生が消えていた とにかく良く喋る 人を笑わせる しかし 内容は全然覚えていない
 
ある時 巡回中の校長先生が立ち止まって聞いていた そのうちに 校長先生が笑い転げていた 小学二年の子供が校長先生を笑い転がすのだからすごいと思う でも 内容は全然記憶にない
 
三年になった 三年二組で 担任は女教師 初めて担任する新人だった ある時 女教師に「おまえの目は泥棒目つきだ」と言われた これを聞いた私の鬼婆ばあの母親が学校に乗り込んで抗議した
 
第一回目の授業料納付日 封筒に入れた私の授業料は自分の机の引き出しに入れていたが なくなっていた 担任に伝えると弱り切ったのか 三年一組の男性教師に相談した
 
事態は変わった 一組の担任は子豚のような体形で 何で盗んだ と投げるけるを始めた 盗まれたのだといっても聞き入れない 私の顔は倍に膨れ上がっていた
 
地下に潜って政治活動して家にいない父親が 突然現れ 家にあった穴掘り鉄棒を包帯でグルグル巻きにして 私を自転車に乗せ 校長室へ乗り込んだ
 
ここでも 私を 授業料を盗ん者としていたので父親は 穴掘り鉄棒をテーブルに降り落とした テーブルがま二つに割れた
 
父親は私を残して消えた この事件は解決しなかった
 
三年の三学期だったか 市の話し方大会があって このバカ担任は何故か私を指名した ある本のあるページを暗記しろと 大会間際になっても記憶できなかった アドリブの名人であって 記憶力はゼロだったのだ 担任は急いで男子級長に切り換え かろうじて参加できるも入選しなかった
 
四年生になった 担任は 二年の時の山崎先生だった 開口一番 三年の時は大変だったね だった
 
山崎先生はまたも私を利用してさぼりだした 今度は 新体操が出ると 私は一発に覚えるので学級に広めるために 私が新体操の先生になるのでした 山崎先生の記憶はここで消えしまった
 
つづく
 
2019年05月08日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 9.4 0.0 北西 1.7  
2 8.1 0.0 東南東 0.7  
3 6.8 0.0 西南西 1.0  
4 6.3 0.0 西 0.9 0.0
5 5.4 0.0 南西 1.7 0.1
6 7.9 0.0 南西 1.1 1.0
7 10.2 0.0 0.5 1.0
8 13.5 0.0 南西 1.0 1.0
9 17.6 0.0 3.3 1.0
10 19.3 0.0 3.1 1.0
11 20.5 0.0 3.0 1.0
12 21.5 0.0 南南東 4.4 1.0
13 22.0 0.0 4.0 1.0
14 22.6 0.0 3.6 1.0
15 22.4 0.0 4.3 1.0
16 22.1 0.0 4.4 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 5.0 05:04
最高気温(℃) 22.8 14:17
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
10.6(南) 15:24
※16時現在
忍野富士ライブカメラより

この頁トップへ
 

認知症だぁ今日の撮影画像削除
19/05/07(火)  17:50更新

2019年05月07日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 14.1 0.0 3.2  
2 13.7 0.0 北北西 2.7  
3 13.6 0.0 北北東 1.9  
4 13.7 0.0 北北東 1.9 0.0
5 13.3 0.0 北北東 1.9 0.0
6 13.2 0.0 2.1 0.0
7 14.1 0.0 2.8 0.1
8 15.4 0.0 北北西 4.8 0.3
9 15.9 0.0 北北西 4.9 0.3
10 17.0 0.0 北北西 4.6 0.1
11 16.8 0.0 北北西 6.1 0.5
12 16.1 0.0 北北西 5.1 0.0
13 16.2 0.0 北西 5.2 0.0
14 16.2 0.0 北北西 6.0 0.0
15 15.6 0.0 北北西 3.7 0.0
16 16.3 0.0 北西 3.8 0.0
17 15.0 0.0 東北東 3.7 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 13.1 05:38
最高気温(℃) 18.4 10:27
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
14.5(北西) 14:34
※17時現在
 
5日ぶりで自転車で出かけた 普段の私は パソに向かうか 午後からテレビドラマ 夕方のニュース 夜はクイズ番組
 
つまり 座ったままで動かないのだ それゆえ 5日ぶりではふらつくわけです
 
その上今日は 自生地のクサノオウの撮影中にピンボケをその都度消去するのですが 今日は生まれて初めてすべての画像が消えました
 
仕方がないので 自生地のだけは撮り直しました 93歳は どんどん暗黒世界に入り込むようですね 家族に迷惑かけないようにしたいものです
 
元駐車場では ニワゼキショウがまだでした というより 四タイプある中の白い花びらだけのがボチボチでした

この頁トップへ
 

なまけものが大歓喜の空もよう
19/05/02(木)  12:41更新

2019年05月02日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 16.6 0.0 西 0.4  
2 16.5 0.0 南南東 1.0  
3 16.3 0.0 1.2  
4 15.9 0.0 南西 1.3 0.0
5 15.4 0.0 南西 1.9 0.0
6 16.1 0.0 西南西 1.5 0.2
7 16.8 0.0 西 1.6 0.3
8 17.5 0.0 西北西 1.2 0.0
9 18.0 0.0 北西 2.1 0.0
10 20.3 0.0 北北西 4.3 0.7
11 19.5 0.0 北北西 3.5 0.1
12 21.0 0.0 北西 3.6 0.2
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 15.3 05:02
最高気温(℃) 21.0 12:00
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
9.1(北西) 10:30
※12時現在
 
生まれつきの怠け者と度々書いていますが 事実は別の原因です 生まれつきの貧血症 四、五歳ごろから暑い時に2、30m走るとぶっ倒れていた
 
母親は 何軒かの病院を渡り歩いたが 処置なしでした そこで行きついたのが「救心」だったが 効いたのかどうかは記憶にありません 
そのために 目的を果たすのに体を使わない方法はないか これが怠け者の姿に見えたのでした
 
特攻隊時代以外は 体力を使わないで叶う分野だけで生きています 四つの元号まで生きられたのは 体の体力や神経を使わなかったことによると思います
 
最近は 車族から離れた分 あの大きな穴を埋める方法がないので認知症が進んでいます
 
昨日の自生地も 回るべき場所を忘れていました 今日は是非ともという気が走ったのですが 表は今にも降りそうな空模様でした
 
これが大歓喜の理由です
 
衛星写真や レーダー画像には雨雲はない のに 何でこのような雲があるのか 低空のために把握できない ならば にわか雨が降る恐れ大 という自分勝手な理屈で楽をしました
連休は休みます

この頁トップへ
 

メーデー潰し新天皇即位式組む
19/05/01(水)  16:50更新

5月1日は「メーデー」の日 安倍坊やは A級戦犯ながらアメリカとの取引で 右翼のドン(児玉誉士夫)と共に死刑を免れた 母方の祖父岸信介の遺志を継いで 軍事独裁に突き進んでいる最大なる証明です そうでなければ 別の日を選んだ筈だからです
 
何かにつけて 遠回しに警告してきた平成天皇が 退位と即位をこの日に認めたのは 理解しぬくい 
 
2019年05月01日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 14.5 0.5 2.4  
2 14.4 1.0 2.8  
3 14.5 0.5 北北西 3.4  
4 14.4 0.0 北北西 2.8 0.0
5 14.4 0.5 北北西 2.4 0.0
6 14.7 0.0 北北西 2.9 0.0
7 15.8 0.0 北北西 2.1 0.0
8 17.1 0.0 北北西 2.8 0.0
9 18.9 0.0 北北西 3.1 0.8
10 20.4 0.0 北西 3.0 0.7
11 21.4 0.0 1.1 1.0
12 22.7 0.0 西北西 1.6 1.0
13 22.3 0.0 西 1.9 0.1
14 22.3 0.0 西 1.5 0.0
15 22.5 0.0 西南西 0.9 0.0
16 21.4 0.0 3.1 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 14.3 04:45
最高気温(℃) 22.9 12:02
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
6.6(南南東) 15:48
※16時現在
 
一週間ぶりの自転車による取材です
 
さくらそう橋の欄干から見下ろすと かすかに 紫色がにじんでいる そこて ナヨクサブロックでもあるので 立ち寄ってみると左岸土手にも 大きな塊があった
 
もどって 元駐車場に入ってみると ニワゼキショウがまるっきりない 代わりに アカバナハンゲショウと桑の花に出会えた
 
自生地では 中央観覧路の中間のA区側では レンリソウが賑わっていた 田島白も健在 管理棟寄りのA区の角付近では チョウジソウが大賑わいでした
 
異常気象によって 咲くべき花が咲かない アカツメクサが賑わっているのに それに寄生するヤセウツボがない
 
帰りがけに 頭の中で愚痴っていると 旧志木街道が切れるのり面に 一株ありました
 
久しぶりの自転車ですので 腰を支えるのが苦痛で欲を捨てました

この頁トップへ
 

平成最終日をお空が嘆き悲しむ
19/04/30(火)  10:45更新

2019年04月30日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 13.7 0.5 南東 2.7  
2 13.8 1.0 東南東 0.9  
3 14.0 1.5 2.2  
4 14.0 2.5 南東 2.8 0.0
5 13.7 0.5 南東 2.5 0.0
6 13.6 1.0 南東 2.7 0.0
7 13.8 0.5 東南東 2.1 0.0
8 14.2 0.5 東南東 3.1 0.0
9 14.4 1.0 東南東 2.6 0.0
10 14.8 1.0 東南東 2.7 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 13.5 01:24
最高気温(℃) 14.9 10:00
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
5.9(南東) 04:34
※10時現在
 
日付が変わると同時に お空さんが泣き出してくれた この時間まで泣き続けています   
平成は 我が家にとっては富の頂点とどん底を経験させてくれました 私個人では 四つの元号を生きようとしています 多分 新元号に足を突っ込めるでしょう

この頁トップへ

5月後へ  4月後へ  年頭に思う  トップページ  ご意見箱