12月後へ  戻る  トップページ ご意見箱

自然の四方山話12月

 12月中の目次 
 終活わが生涯を振り返る第452話 
 終活わが生涯を振り返る第455話 
 終活わが生涯を振り返る第458話 
 終活わが生涯を振り返る第453話 
 終活わが生涯を振り返る第456話 
 終活わが生涯を振り返る第459話 
 終活わが生涯を振り返る第454話 
 終活わが生涯を振り返る第457話 
 終活わが生涯を振り返る第460話 


終活わが生涯を振り返る第460話
20/2/21(月) 11:35更新

アンディ・チャン氏の台湾人分析
10/12/14
しつこいほど取り上げるのは今世紀以降は中国の世紀は間違いなく 屈するかまたはうまく立ち回るためのしおりになるからです 漢族が見事に漢族を喝破論を参考にされるともう少しは判りやすい
最後に私の解説が入ります

【論説】ノーベル賞と台湾の民主

     アンディ チャン(曾?)

劉暁波のノーベル賞受賞について中国は諸国に授賞式に不参加を要請するとか、孔子平和賞を設置して台湾の元副総統連戦に与えるなど、茶番劇だと嘲笑されたが、台湾人にも大いに反省すべき点があるように思われてならない。

あれほど独裁的な中国でも劉暁波が現れたのに、なぜ中国より民主的だと威張る台湾に劉暁波が現れないのか、厳しく反省すべきである。

●台湾は民主国家ではない

劉暁波の受賞について台湾人の反応は二つある。(1)中国は独裁国家で劉暁波は独裁政権に抵抗した英雄である。(2)台湾は民主国家で、中国とは違う。

つまり知識分子、オピニオンリーダーを自認する人たちは英雄を賞賛するだけで、もう一歩進んだ考えがない。中国は独裁国家で台湾は民主国家であると言う見え透いたウソから抜け出せないからである。抜け出せないどころか、中華民国の圧政に甘んじているのではないか。台湾人は流亡政権に統治されて65年たっても、独立を言いながら劉暁波のような人物さえ出てこない。真の独立闘士がいない。

●中国だけでなく台湾にも民主はない

中国は政府の独裁の反対者を捕らえて牢獄に入れる。これは恐ろしいことである。台湾では反対者を逮捕して牢獄に入れる事はやらない。でっち上げ、陥穽などを使って馬英九に反対者を無実の罪で起訴し、有罪判決を下して牢獄に入れる。結果は中国と同じである。元総統だった陳水扁の裁判と判決がそのよい例である。

国民党の官僚が悪事を働いた場合、例えば馬英九の政府公金を私有しても、「宋朝の不文律」を引用して無罪にした。呆れてものが言えない。台湾が民主国家でない証拠である。

台湾人は台湾は民主国家で、中国は独裁国家だと宣伝すれば台湾は安泰だと思っている。台湾に民主自由はないと知りながらウソを言う。まるで独裁政治をやるのは国民党で、民主を守り、民主国家の偽看板を守るのは台湾人の責任みたいである。

●台湾人が主張すべきこと

台湾人が劉暁波の受賞で、台湾は民主国家であると言うのは間違った思考である。劉暁波のように台湾の民主を追求すべきなのだ。

中国と同じく台湾にも民主自由はない。それなら台湾人は本気になって真の民主を目差すべきである。なぜ台湾に劉暁波のような人物はいないのかと考えるべきである。

劉暁波は中国の民主化の為に独裁権力と戦った。しかしそれは中国であって台湾に関係はない。どうして台湾人が劉暁波のニュースに喜ぶだけで、なぜ台湾には独裁権力と戦う英雄は居ないのか、どうすれば台湾の民主、独立建国を達成できるかと考えないのだろうか。

●選挙は民主の証拠ではない

選挙が出来るから民主国家である、民衆は選票で民主を達成できると言い、そして毎回の選挙で負ける。五都市長の選挙に負けた後、選挙は国民党の独裁体制にガッチリ抑えられているから勝ち目はない。選挙は国民党の巧妙な買収で押さえられていると報告された。

つまり選挙は不公平で民主的でないことが初めからわかっている、それなのに台湾の一般民衆は選票で意思表示が出来る、政権を倒せると「台湾人のリーダー」に洗脳されている。選挙は非民主だから別の方法を考えようと言わない。

この責任の半分は国民党の独裁で、後の半分は台湾人が選挙は民主、選票で勝てると宣伝しているからだ。選挙は国民党のイカサマ賭博であると言わず、国民党体制を支持するから負け続けるのである。

それでも選挙で投票が出来る、意思表示が出来ると言うのは自己欺瞞、言い逃れではないか。本当に中華民国から独立したいのなら選挙では達成できない、別の方法を考えるべきと言うべきだ。

●評論家と野次馬

台湾には独立運動、評論家などと名乗る者がたくさんいる。しかし彼らは流亡政権(国民党と中共の紛争で負けた国民党が台湾に逃げ延びたこと)から独立するとは言わず、選挙のイカサマ、官僚の腐敗、自由平等の欠落、社会道徳の欠如などを嘆き、同時に台湾の選挙で民主を守るべきだと矛盾した事を言う。つまり運動家、評論家などは、中華民国は流亡政権だと言いながら流亡政権を打倒する計画も行動も発表せず、腐敗した社会で蠢いている存在である。

誰かの中華民国を批判する言論に続いて、野次馬が迎合や批判の論文を書き、他人の評論をすれば自分も評論家のつもりの知識分子がいて、あとはつまらない評論を読むだけで満足する大衆である。

●百里の道も一歩から

私(アンディ チャン)が署名運動を提案したら、難しいと断られた。新方法が困難なのは当然であり、これまでの方法も同じく困難である。私は従来の独立運動ではなく別の方法を提案したのである。彼らは出来ないのでない、やらない。将来を憂慮していると言いながら、どうすれば逆境から離脱できるかを考えない。

東亜諸国の合作で署名運動をやる提案に対し、何人かの日本読者から賛同を受けたが、台湾人の運動家にはこれが理解できない。日本や東南アジアは台湾の独立運動に関係ないと言う人がいてガッカリした。台湾人は視野が本当に狭く、国際観がない。

戦後未処理の領土は台湾だけではない、日本も東南アジア諸国も中国やロシアの覇権主義に苛まれているのに、諸国が合作して対応する、国際的な考えを持つ人がいない。台湾独立は台湾人が自力でやるべきだと強がりを言うが、数十年も言い続けても成果がない。何十年も「亡国の嘆き」を歌い、行動を起こす気概もなく、諸国との合作もやらない。

私が提案した諸国の署名運動は簡単ではない。しかし、これまで台湾や日本が独自で中国やロシアに交渉しても成果はない。だから諸国合作でやらなくてはならないのだ。百里の道も一歩から、と言うではないか。

民衆は何もやらないが投票は出来る。同じように民衆は署名も出来る。民主だ独裁だといっても議論だけではどうにもならない。投票は結果が出れば終りであるが、署名運動は長い時間をかけて推進できる。ノーベル賞を貰った劉暁波を討論するより、自国の独立建国に署名運動を続けるべきである。

チャン氏(曾?)をして嘆き節にさせたのは有史以来農奴にされた漢族の 無法度? 無法途?(仕方ない)思想によるものです
仕方ないよりも深い意味があります 日本的に分かりやすく言えば
長いものには巻かれろ
という思想です 台湾も原住民以外は農奴を嫌って逃げ込んだ 厦門(アモイ)語を話す福建族と少数の広東族ですから基本思想は変わらないものです
     
   
つづく
   
2020年12月21日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 0.4 0.0 北西 3.0  
2 1.8 0.0 北西 2.5  
3 0.7 0.0 北西 1.6  
4 0.0 0.0 北東 0.9 0.0
5 -1.3 0.0 南南西 0.7 0.0
6 -1.9 0.0 南西 1.7 0.0
7 -3.0 0.0 西南西 1.9 0.1
8 0.5 0.0 静穏 0.1 1.0
9 2.8 0.0 南南西 0.8 1.0
10 5.7 0.0 北北西 1.5 1.0
11 8.1 0.0 北北西 1.8 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) -3.3 07:02
最高気温(℃) 8.3 10:54
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
5.6(西北西) 01:21
※11時現在
 
午前七時は氷点下3℃ 真冬の状態気温ですね この状態で福島さんが主宰する講演会が 桜区役所であります 講師は 元教育委員会文化財保護課に30数年在籍した 青木儀修元課長です
 
このサクラソウ情報を立ち上げたきっかけを与えてくれた方です 20年ぶりですので会いたい一心で一番真っ先に申し込みました
 
今朝出かける準備を始めたところ ワイフに初めて告げると「お父さん 何考えているの? コロナ問題で95歳になろうとしている老人では主催者は迷惑でしょう」と諭された
 
逢いたい一心だったが コロナを忘れてしまった 残念至極ですが 9時と共に桜区役所へキャンセルを申し込みました
 
たまに 秋ヶ瀬公園や自生地へは行くが そこでは無人状態ですからコロナ問題とは無縁ですと 勝手に決め込んだのがいけなかったね
 
福島さんのブログです
12月21日に青木義脩さんの講演が決定です   

この頁トップへ
 

終活わが生涯を振り返る第459話
20/12/19(土)  13:10更新
本日は雨により政治問題を考察
10/12/13
十二日夜 菅首相(民主党政権)は身内の集会で『今までは仮免許』『いよいよ本免許』と言ったそうだ asahi.com ニュースで報道していたから本当でしょう

であれば不見識・頭が悪いと言わざるを得ない この男は二度も大ミスをしている

第一のミス
不人気の鳩山坊やに変わって首相になって支持率が三倍に上がったのに 参院選では自民党の谷垣代表が述べていた消費税10%論に飛び乗ってしまった 低能だから・自民党が叫んでいるから乗っちまえ・と前後左右を見渡す癖がなかった 結果は参院選の惨敗である

第二のミス
やっきになって小沢一郎を衆院政治倫理審査会(政倫審)の議決で小沢氏の国会招致を岡田克也幹事長を通じてけしかけている

小沢一郎は国会の要請があれば喜んで出席すると言っていたが 刑事訴追に進化したために刑事裁判に備えて手の内を見せない戦術に出ているのを無視して国会招致で追い落とそうとしている

一方、岡田氏は11日、広島市で記者団に「(小沢氏に)やましいことはないと思う。ただ、国民の多くが説明不足と考えていることも事実だ」と指摘。議決への反対論については「いろんな意見が出ることは覚悟してやっている。幹事長としてそれを乗り越えてやっていく決意を固めている」と語ったという 

国民の多くが説明不足と考えている とは証明できますか? その実態はマスコミの騒ぎに国民が誘導されたにすぎない そして 大事なことは衆議院選大勝の大恩人が 良し悪しは別として 刑事訴追され法廷で争う段階にあって手の内を見せられないこの時期に国会招致の意味は全くない

それも見えずに小沢一郎を憤死させることにきゅうきゅうとしている

その結果は地方選では皆さんご承知のとおり大敗している

私が小沢一郎なら
悪弊だらけの保守から度々脱出して新しい保守を目論んできた 左翼がかった民主党の要請で合併した 勝算があったからだ

それは『このまま自公政権が続くと国民生活は崩壊する 日本に与えられた時間はもう少ないのだ』との理念があって鳩山坊やと手を繋なぎかけたが 民主党内の反鳩山派の騒乱で坊やは代表の座から引き落とされて実行できなかった

鳩山派が脱党して小沢自由党と合併する動きが活発になって やばいと考えた菅新代表がひそかに小沢一郎と密会して合併が実現した

菅新代表のこの行為は卑しい勢力維持のためでしかない

ここまでの実情は皆さんご存知のとおりではしょりまして 合併した相手はガキ集団で手がつけられない このままでは理念を通すことはまず無理 金と政治の問題は ある目に見えない大きな力がマスコミを通じて仕込んだもので 再三の検察調査も証拠は出ず不起訴の連続であった

仮に 金と政治の問題があったとしても 師匠である田中角栄事件を経験している小沢は尻尾はださんだろう

どうしても小沢一郎を貶めたいある大きな力が検察審査会に再三再四審査請求して刑事訴追となった やましいことはしていないし 事実検察庁も起訴に持ち込むだけの証拠も見つけられなかった

このような事実があってもガキ集団が国会招致を求め続けるなら残念ながら理念は次の機会に譲って この際 思い切って離党する 最低でも80人はついてくるはずだからガキ集団を消滅させる

この後は 訴追裁判で白黒つけてから自民党を脱党した零細党と鳩山坊やグル―プを入れて新党を立てて政権の座につければよい と考えるね

小沢一郎氏のためにも離党戦術でガキ集団を揺さぶることを勧めたい  かつての鳩山派のように そして ガキ集団が目覚めて小沢降しを収束させるなら 以後は 自党の悪口をマスコミに垂らすものは除名させる
 
つづく 
   
2020年12月19日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 -0.5 0.0 西 1.4  
2 -0.3 0.0 西南西 1.0  
3 -0.5 0.0 北西 1.0  
4 2.6 0.0 西北西 2.3 0.0
5 4.2 0.0 北北西 3.9 0.0
6 4.5 0.0 北北西 5.4 0.0
7 4.4 0.0 北西 4.3 0.0
8 4.7 0.0 北北西 4.0 0.6
9 6.0 0.0 北北西 4.9 0.3
10 7.8 0.0 北北西 4.9 1.0
11 8.2 0.0 北北西 3.8 0.9
12 9.0 0.0 北北西 4.6 1.0
13 9.9 0.0 北北西 3.5 0.7
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) -1.9 02:40
最高気温(℃) 9.9 13:00
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
10.0(北西) 10:32
※13時現在
 
寒気の不思議な動きですね 氷点下は03時で止まった 04時から+気温 それていて日中気温は低い
 
大阪市の鉄道会社で 社員がパワハラで幼子を残して自殺したと 今朝の 朝日新聞ネットニュースで報じていた
 
常々思うのですが 自殺する勇気があれば その勇気で自殺する理由を公にして 告発すればいい 自分の生きる権利や 養っている家族がいれば生きる喜びを失わせて 何の得があるのか 生きて告発する勇気こそが 諸悪を退治できるのだと  
日曜日は休みます

この頁トップへ
 

終活わが生涯を振り返る第458
20/12/18(金) 12:40更新

認知症や哀れ子の死を認知不能
10/12/07
四十年前に離婚している八十六歳の知人がおります 最近になって先妻たちの居住地市役所の役人が訪ねてきて 生活保護費の半分を負担してくれと求められたという 除籍しなかった理由を彼も思い出せないという 当然ながら断ったそうだ

後日 その役人がまた来て言うには 訪ねる度に息子は寝ていると言われていた(息子は六十過ぎ) この度もこちらの意見を伝えに行ったところ またも息子は寝ていると言われ 念のために家の中に上がらせてみると息子さんは布団の中で死んでいました 病死でした

認知症の親より先に子が死ぬとこのような現象が起こるんですね 戸籍上で二百歳近いのがごろごろいる訳だ

  
つづく

   
2020年12月18日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 -1.9 0.0 0.7  
2 -2.6 0.0 南南西 1.3  
3 -3.0 0.0 東北東 0.8  
4 -3.1 0.0 0.7 0.0
5 -3.4 0.0 南南西 1.4 0.0
6 -3.1 0.0 西 0.5 0.0
7 -3.8 0.0 1.5 0.1
8 -0.6 0.0 0.4 1.0
9 2.2 0.0 北北東 1.2 1.0
10 6.4 0.0 0.7 1.0
11 7.5 0.0 南東 1.3 1.0
12 9.4 0.0 南東 0.8 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) -4.6 06:36
最高気温(℃) 9.6 11:59
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
3.9(北西) 01:24
※12時現在
筋雲が太平洋側に長々と伸び出した これが真冬の景色です 案の定 最低気温が-4,6℃ 真冬でもめったに出ない氷点下です
 
我が家の公道側にある時間貸し駐車場が 既報のように相続によって賃貸貸しを取りやめた この後 どうするのでしょうね 相続税を嫌うために市に寄付した?    

この頁トップへ
 

終活わが生涯を振り返る第457話
20/12/17(木)  10:45更新
漢族が見事に漢族を喝破した論
10/12/06
この話は長いので 視野を広げる意味で我慢して見てください
 
以前にも紹介していた米国在住の台湾人アンディ・チャン氏が「台湾の声」で台湾独立にかけて大陸系漢族の本質を 本人は否定しているが同じ漢族が漢族の『心』を見事なまでにえぐり出しています

【論説】国民党独裁から偽民主までの変遷

Andy Chang(曾?) 

五都選挙が民進党の敗北に終って民衆は意気消沈している。初めから勝ち目がないと思っていたが、選挙で興奮していたので誰も聞く耳を持たなかった。

国民党は反政府エネルギーを消費するため毎年選挙をやる。選挙は国民党の詐欺手段である。一回の選挙で何十億という金を使うだけでなく、勝つ見込みがあると思わせて博打のような興奮状態に追い込む。選挙に勝っても金と反政府エネルギーを消費つくして人民はおとなしくなる。選挙に負けたら意気消沈してファイトをなくす。

国民党の選挙体制は万全で、金、ヤクザ、メディア、里長村長の民衆管理体制、農會、漁業会などの会員コントロール、政商の馴れ合いなどが国民党の選挙である。台湾の選挙は国民党の経営するイカサマ博打のように勝ち目はない。人民は今回の敗北で目覚めるべきだ。

●蒋経国(蒋介石の長男)が主導して民進党を作った

台湾の玉山週報(Formosa Weekly)第67号(2010年9月23日)に葉文豪記者の書いた「民進党の組織は蒋経国の主導で作られた」と言う記事がある。蒋経国は中華民国が民主化したように見せるため、国民党に対抗するような傀儡政党を作ったのである。1986年9月28日に台北のグランドホテルで成立式を挙げた民進党は、会場の斡旋、ホテル内外に配置した総数二千人に及ぶ特務、盗聴器も据えつけていたと言う。

この記事によると、民進党が成立した二週間後の10月7日に、蒋経国がワシントンポストの経営者キャサリン・グラハム女史と会見し、新しく成立した政党は必ず3条件を遵守する約束があると述べた。その3条件とは、「1」中華民国憲法を遵守すること、「2」反共政策を支持すること、[3]台湾独立と縁を切ること、であった。

この条件の通り民進党は中華民国に反対しない、台湾独立建国をやらない。しかし民衆は今でも民進党が台湾建国を目差す政党と思っている。民進党は緑色は独立建国の象徴だと人民を騙し続けてきたのである。

●傀儡政党の変遷

成立当初の民進党は、黨綱領第一条に「台湾の主権により、独立建国、憲法制定によって法制体系を台湾社会の現実に符合したものとし、国際法の原則に従い国際社会に復帰する」と書いてある。

しかし1999年5月の第8次全国代表大会において民進党は「台湾前途決議文」を発表し、中華民国の憲政に条件付の承認を発表し、独立建国の条項を除去した。この決議文の発表の後、民進党は独立建国を放棄して名実共に国民党の傀儡政党となったのである。

今年2010年の五都選挙に臨んで、民進党はなぜ1999年の決議文から独立建国を削除したかと質問を受け、党首・蔡英文は2010年には新綱領を発表すると述べた。しかし選挙が終ったいまになても新綱領は発表されていない。つまり新綱領を発表すると言ったのは選挙前のウソだった。

このことからわかるように、民進党は国民党の傀儡政党だが、今でも台湾人民を代表する政党であると民衆を騙している。だから国民党に対抗した選挙で民進党が勝つことはない。しかも五都選挙、立法委員、総統の選挙などなどに勝ったとしても中華民国政権の延長であり、中華民国体制から離脱する意思はない。

民進党は中華民国が流亡政権であるとさえ言わず、「全民選挙が行われるから台湾は民主主義国家で、中華民国は合法化された」と強弁する。中華民国が合法化された事実はないし、流亡政権が勝手に合法化することは国際的に承認できない。イランでも全民選挙があるが、誰もイランが民主国家と言わない。

●意味のない選挙スローガン

どの国の選挙でもマニフェストと呼ぶ政策綱領を発表して選挙民に示す。政治家は国民に対し抱負や政策を示し、選民はそれに基いて投票する。ところが民進党の選挙は意味のないスローガンしかない。これでは負けるのが当たり前である。

例えば二年前の総統選挙に立候補した謝長廷は「逆転勝」と言うスローガンを使った。負けそうだから逆転勝と言うだけのことで、総統に当選したあとのマニフェストがなかった。

今回の五都選挙で民進党が出したスローガンは「幸福、光栄」で、まったく意味がない。こんな意味のないスローガンで人民が民進党に投票するのは台湾の民衆が中国人政権を毛嫌いしているからである。民進党は台湾人の政党を標榜しながら台湾人の期待に答えられない。つまり傀儡政党だから意味のないスローガンしか使はない、国民党を批判できない。

台湾の政情は急速に悪化しているのに、民進党はそれを指摘できない。馬英九の急速な中国接近、中国学生の受け入れ、花卉博覧会の集団汚職など、対立候補を攻撃する資料はいくらでもあった。

民衆が期待しているのは国民党の無能、汚職官僚の跋扈を根本から改造する候補者だが、民進党候補は重要な資料を使わず、ゲームじみた勝負、幸福と光栄しか言えなかった。民衆が失望するのは当然だ。

ある人はこれを「穏和路線」と説明したが、堕落した国民党官僚の悪辣な搾取、政治の悪化を言わず、民進党の国家改造を言わない。言えないのが事実だろう。

●藍緑選民と中間選民

選挙で意味のないスローガンを使うのは愚かである。中国の台湾併呑の危機感に満ちている台湾では、選民の投票は統一・独立の選択である。藍色、緑色の選択であり、中間色は意味がない。

それでも選挙になるとメディアが勝手に「中間選民が重要」と宣伝して、藍緑双方が中間選民獲得に懸命になる。毎回の選挙で中間選民が重要視されるというが国民党は統一路線を歩む。民進党は独立建国をマニフェストに入れることが出来ない。選挙の中間路線とは、外交の友愛の海のように愚劣である。

有名な評論家の金恒偉(火へんに韋)が喝破したように、台湾には中間選民など存在しない。中間選民とはどちらに投票するかを明確に言わない(つまり特務に対する恐怖心が残っている)民衆で、心の中では統一、独立の選択は明確である。民進党が中間選民に無駄な気遣いをしているため、建国意識のある民衆は民進党を支持しない。

●選挙は必ず負けるイカサマ博打

選挙があるから台湾は民主国家である、と宣伝する者、それを信じる者はイカサマ博打のような選挙に加担しているのである。人民に選挙が出来るから民主国家であると思い込ませるのは、国民党が流亡政権を維持する手段である。

※国民党が流亡政権とは(青木解説)
清朝が辛亥革命で消滅し 孫文から蒋介石の国民党に政権が移り日本の敗戦時は蒋介石の国民党が実権を握るが 毛沢東が率いる中国共産党も台頭してついに国共合戦になって 中共に戦で負けた蒋介石の国民党は一族郎党(約50万人)を引き連れて台湾に逃げ込んで再起を図る これが流亡政権の意


その証拠に民進党は選挙に勝てない。台湾人が80%を占める台湾で、民進党の得票率は50%を越えない。選挙に負けると民進党は得票数が増えた、「雖敗猶榮である」、負けても少し進歩したと負け惜しみを言い、勝った方の国民党は「痛切に検討する」と謙遜したふりをする。

つまり負けた方に対して、今回は残念だったがこの次は勝つといい、勝ったほうは僥倖だと謙遜してみせる。これがイカサマ博打の常套手段で、負けたほうをおだてて次から次へと騙し続ける手段である

●選挙とは民主主義国家のウソ

台湾は民主主義国家ではない、自由、民主、平等など存在しないのは誰でも知っている。選挙ができるから民主国家である、投票で人民の意思を表現できる、民主は存在すると言うのは流亡政権を維持する為で、こんなウソを言う台湾人を弾劾しなければ何時までたっても建国できない。選挙があるから民主でなく、選挙に騙されるから建国出来ない。

国民党は愚かな台湾人政治家に「民主国の偽民主を維持」する責任を押し付けている。選挙しか出来ない、「制限された自由」を維持する責任は民進党のほうにあるというのは理不尽な責任転嫁である。

国民党は独裁的だが台湾の民主は台湾人が守らなければならない、民主を守らなければ台湾は民主国家でなくなる。だから台湾は国家民主国家であると主張する政治家が責任を負い、国民党は勝手に横暴な独裁政治をやる。民主を維持する責任は民進党にあるのだ。

国民党の行政、司法、立法が不公平、警察が横暴でも、民主を守る責任は民進党側にあるという。ワイロ選挙やヤクザの暴力は民進党の責任、国民党が違法選挙をしても民進党には穏和路線、中間路線を押し付け、一切の責任を押し付ける。これが民主国家・中華民国の実態である。

今回の選挙で連勝文(連戦の息子)が国民党候補者の集会で狙撃された。すると国民党はすぐに狙撃したのは民進党だ、「民主が傷ついた」と言い張って民進党を譴責したのである。国民党側の選挙集会で、ボディガードのついた政治家が狙撃された責任を民進党のせいにして、台湾の民主を傷つけたとするのは馬鹿げているが、民進党はこれに反論さえできなかった。集会の会場も、周辺を警護する警察も、政治家のボディガードも、みんな国民党ではないか。

2004年に陳水扁が狙撃されたとき、国民党は陳水扁の自作自演として大々的な調査を一年も続けたのに、今回の狙撃事件は国民党の集会で起きて民進党が濡れ衣を背負ったのである。

●体制内で建国はできない

民進党が独立建国を捨てたのは人民が現状維持を望んでいるからだと愚論を述べた男がいる。国民党は数十年も現状維持をやっている、いまさら民進党も現状維持ならどの政党も同じだ。民衆が望むから独立建国をしないと言うのは真っ赤なウソ、台湾人が民進党に献金し政党に参加するのは国家改造、独立建国に貢献する為である。

人民は現状維持を望むと国民党メディアが報道し、一部の民進党員が主張しただけのことで、人民は中国の併呑を恐れ、いつの日か建国が出来るのを期待している。台湾は民主国家ではない。中華民国は流亡政権である。中華民国の制度内で独立建国は出来ない。中華民国の体制内で台湾人の政権はとれない。民進党は建国路線に戻らなければならない。

体制内で中華民国を台湾国に改名するのは不可能である。体制内で建国が出来るように言いふらす者が建国の阻害である。人民は「選挙が出来るから台湾は民主国家である」のウソから覚醒し、偽民主主義者を摘発し排除しなければならない。

           
つづく    
2020年12月17日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 0.1 0.0 1.7  
2 0.6 0.0 2.3  
3 -0.3 0.0 北北西 2.1  
4 -1.5 0.0 北西 1.7 0.0
5 -1.5 0.0 北北西 0.9 0.0
6 -1.1 0.0 1.7 0.0
7 -1.0 0.0 2.1 0.2
8 1.5 0.0 北北西 1.6 1.0
9 3.3 0.0 3.1 1.0
10 5.7 0.0 北西 2.0 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) -1.9 04:46
最高気温(℃) 5.7 10:00
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
6.2(北北西) 01:22
※10時現在
 
今日は午後から定診日ですので早めにアップしました
 
昨夜の22時から0℃に下がったが 夜半気温は二度も高かった
 
我が家の公道側は次官貸し駐車場に地主さんが貸していた この度 相続開始するので測量に立ち会ってくださいと業者から要請があって 我ら五軒が立ち会っていた
 
その駐車場は20m道路に取られるので 建築物は許可されない どうするのかと思っていたたら 今朝から時間貸し駐車場の施設の取り壊しが始まっていた 46年前のお爺さんの地主さんとは知り合いでしたが 次の代は知らない 道路拡張迄更地にするのかね

この頁トップへ
 

終活わが生涯を振り返る第456話
20/12/16(水)  11:15更新
予報どおり深夜から通勤帯に雨
10/12/03
今朝は五時半に目が覚めた 通常は二度寝するのですがネットサーフィンに耽った 雨が降っているのは確認 そのうちに表が騒々しくなる 耳を澄ますとどうも雨の音のようだ と 屋根を叩く音が凄くなる 豪雨だった レーダー図に赤い帯があるのがたどり着いたのだろう 表を見ると風も強く どこかで雷鳴もしていた その豪雨は三十分ほどで静かになった

雨が上がったので 水提灯を作っているかとゼニゴケタケブロックに着くと なんと 寝ころんでいたのは跡かたもなく消え 11/03発見分は倒れていた その代わり ミリ単位の藻の拡大に成功 あんなミリ単位にも世界があるんですね    
   
つづく    
2020年12月16日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 1.3 0.0 西 1.4  
2 -0.2 0.0 北北東 0.6  
3 -1.5 0.0 静穏 0.1  
4 -1.3 0.0 北東 0.9 0.0
5 -2.0 0.0 西南西 0.4 0.0
6 -2.7 0.0 北北西 1.0 0.0
7 -3.1 0.0 北西 1.2 0.2
8 -0.6 0.0 北西 1.9 1.0
9 4.0 0.0 北西 1.3 1.0
10 6.6 0.0 北西 1.3 1.0
11 7.3 0.0 北北西 2.0 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) -3.3 06:59
最高気温(℃) 7.6 10:49
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
4.4(北北西) 10:44
※11時現在
丑三つ時から氷点下が続いた 真冬の最低気温は07時 今朝は今季初の-3,1℃だった 七時過ぎに目覚め 霜は降りてないかと表に出て見るも無かった 街中では無理か?

この頁トップへ
 

終活わが生涯を振り返る第455話
20/2/15(火) 12:25更新

禁煙三ヶ月目 禁断症状現れず
10/12/02
すこぶる順調に禁煙しています コンミニの若い母さんバイトさんは一緒に始めたが とん挫したそうです ご主人も吸いますから強靭な精神力がないと引き込まれますね 本数は少なめにしているというが回帰するのは時間の問題です

そこへ行くと私は 引き戻そうとする鬼がいない分楽でした 長年の癖がありますからパソ前では ついつい煙草を欲しがるというよりは慣れ親しんだ仕草が出るのは避けられない その都度苦笑する

健康状態としては喘息が無くなったこと 甘いものに手を出し過ぎてメタボになったこと それ以外の暴飲暴食や間食はしないので体重増は起きていないこと なぜか 禁煙後からワイフがしきりと甘いものを供給するんだ ついつい手が出てしまう
 
今日はワイフが私の鍵束をもって出勤しちゃったので動きが取れない 十六歳若いワイフが私の領域に入り込んで来ている

一番電車での出勤なので暗いとはいえ車のキーが付いているのだから分かりそうなものだ 鍵束を引っ掛ける場所が同じ 私は帰宅するとほとんど出かけないので先に吊るす 夕方帰宅したワイフがその上にひっかける つまり 日常的に手に触れるのが自分のカギだから惰性で違和感も湧かない

昼休みに私からのメールを見て慌てて電話してきた でも私の鍵はどこへ行っちまったのか? 昨日の半コートを見て~ ポケットにあった

十六歳若いのが何故へまをやらかすのか 昨夕の帰宅時に我が玄関の上がり端から私道にかけて水が噴き出していた これに気を取られて 夫婦で懐中電灯で調べまくったために気が散ったのだろう

機転が利いて 前後左右見落とすことがない素晴らしい性格 四十四年前の十六歳違いは二十四歳でした まさにピチピチのお嬢さん 現在の十六歳違いは なんと六十八歳 私と年齢差が見えない 私の領域に入り込むのは早過ぎるね 十六歳若い利点がない これじゃ夫婦して認知症だよ
 画像はサザンカです
   
つづく   
2020年12月15日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 3.9 0.0 北西 1.5  
2 2.8 0.0 西 0.9  
3 1.9 0.0 北北西 1.5  
4 0.9 0.0 北西 1.2 0.0
5 0.3 0.0 北西 1.0 0.0
6 -0.4 0.0 北西 1.1 0.0
7 -0.9 0.0 北北西 0.9 0.1
8 -0.4 0.0 西北西 1.3 0.3
9 3.1 0.0 西北西 0.7 1.0
10 5.5 0.0 西北西 0.9 1.0
11 8.0 0.0 北北東 1.6 1.0
12 8.9 0.0 北北東 1.1 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) -1.6 07:31
最高気温(℃) 9.5 11:46
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
4.4(北) 11:43
※12時現在
 
夜半は今季初の氷点下でした 地球温暖化以前では関東暴れん坊(関東名物の空っ風)が吹きまくるのですが 地球温暖化に入ってからは吹かなくなった 吹かないのは有り難いですが サクラソウ自生地では野焼きができなくなるのです
 
自生地で燃えなかったのは2016年だけでした 燃えないのは画像のように茎だけですから勢いがないと燃えないのです
    
茎だけでは燃えないとは知らなかった 私が初めて自生地の野焼きと出会ったのは 昭和43年2月15日でした 当時は梶山さんというお爺さんが一人で管理し 野焼きも一人でしていました
 
1間幅単位で 風下から火づけし 竿で炎を風上へ掻き上げて燃やしていました
      
ご覧のように 燃えやすいように腰の位置まで刈り払っていますね この時では 何も知らなかったので気にもしなかった あの燃えなかった2016年で 梶山さんの作業の意味が解りまして 2代目委託研究員の埼大の先生に 梶山さんの画像を紹介し 腰まで刈るようにして下さいと お願いしたのでした
 
埼大の先生は一発で聞き入れてくれました それ以来 教え子たちにボランティア作業を指示し 現在では 延焼防止ゾーン以外を 全域で刈り払って 無風でも燃えるようにしています 

この頁トップへ
 

終活わが生涯を振り返る第454話
20/1214(月)  1:15更新
今年の不揃いの秋は駆け抜けた
10/11/29
トウカエデはあっという間に葉が落ちちゃった 今見えているのは日陰にあったものが紅葉しているものです 子供の森下流にあるのは冷える北側は紅葉せず 日当たりのよい南側だけが紅葉し それらが落葉した後に残っている青葉が紅葉したり落葉してしまいます

ナンキンハゼも同じ傾向です 残っている青葉が紅葉でもすればワンシーズン二度も紅葉して楽しいですがエネルギーは残っていないでしょう
 
二十七日の東京スカイツリー探索の折り 第3土手や彩湖周辺でホトケノザが群落していた 四十年前では春の花だったんですが 三年ほど前あたりから十二月に咲き やがて十一月に咲くようになった

地球温暖化で植生たちに異変が起きて それに対応する免疫ができて冷気に強く 秋と春を区別できなくなったのでしょう

サクラソウ自生地内にもあるのですが ヨシとオギヶ原では見ることもできない 例年 A区東端の旧駐車場境界に大群落していますので 今日はまめに足を延ばしてみた

見事でした 足の踏み場もない様子を表現できなかったが かすかには感じられるでしょう
 
つづく 
  
2020年12月14日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 6.2 0.0 西北西 1.3  
2 5.7 0.0 北東 1.1  
3 4.3 0.0 北西 1.1  
4 4.0 0.0 北北西 1.6 0.0
5 3.0 0.0 北北西 0.7 0.0
6 3.3 0.0 静穏 0.2 0.0
7 2.6 0.0 西 0.6 0.0
8 4.2 0.0 北北西 2.4 0.0
9 7.8 0.0 西南西 1.4 0.4
10 11.1 0.0 北北西 5.3 1.0
11 11.1 0.0 北北東 3.6 1.0
12 11.2 0.0 北北西 5.3 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 2.3 07:04
最高気温(℃) 12.2 11:23
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
10.7(北北西) 11:36
※12時現在
寒波襲来が形で見えてきました この時点では全天真っ青でした が 一時間後では↓の画像のとおりです 今日もさぼりました

この頁トップへ
 

終活わが生涯を振り返る第453
20/12/12(土) 12:20更新
第3土手で東京スカイツリー探し
10/11/27
日課のフィルド回りでは種が尽き出しているので 建設中の東京スカイツリーを見たくなった たしか1年ぶりかな これで3度になるが都度所在が判らない 今日も苦労した かすんでいることと小さいために肉眼で確認しにくい

左右岸土手のど真ん中に第3土手ができている 正式名称があるんでしょうが第3土手にした 周りの風景も久しぶりだった
  
つづく 
  
2020年12月12日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 8.9 0.0 1.9  
2 8.9 0.0 北北西 1.8  
3 8.9 0.0 1.2  
4 8.1 0.0 北西 1.0 0.0
5 8.6 0.0 北北西 1.8 0.0
6 7.3 0.0 北北西 1.2 0.0
7 6.8 0.0 北北東 1.2 0.0
8 6.8 0.0 西 1.0 0.1
9 8.4 0.0 西北西 0.6 0.1
10 10.1 0.0 北西 0.7 0.5
11 12.6 0.0 0.8 1.0
12 13.9 0.0 北北西 1.1 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 6.4 06:51
最高気温(℃) 14.0 11:47
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
3.7(北) 05:01
※12時現在
 
寒波襲来という予報なのに 夜半気温が昨日よりも四度も高かった 今日は自生地へ行く予定でしたが 暑い雲に覆われたのと この歳で一旦さぼると 元に戻すのは難しい 車族なら問題はないのだが 体力を必要とする電動アシスト自転車でも 元に戻れない
 
まあ 色々と言い訳するが 元は 生まれつきの怠け者ゆえでしょう
日曜日は休みます 

この頁トップへ
  

終活わが生涯を振り返る第452話
20/12/11(金)  12:32更新
老化の新体験 腰痛は転倒率高い
10/11/25
枯れ草の中にシロバナコスモスがひと株あった 別に面白いとか意味がある訳ではないが左足だけ草むらに入れてシャッターと思ったが 面白くもないので引き上げようとして左足を引こうとしすると 枯れ草がからんで抜けない 勢いよく思い切って抜いたら右足が支えられずに転倒 倒れながら右手に持ったカメラを左手に持ち返し砂利道に柔道の受け身で着地した カメラは倒れた1m先に投げ出された 幸いにもカメラは無事だった

何故右足が支えられなかったのか 腰痛がある上に右足関節痛 そこへ勢いよく全体重が予告なしに寄りかかった 意識は全くないのだが瞬間的な激痛があって支えられなかったのだろう

老人がよく転倒する一部分を体験した一日でした
 
引き上げの途中 子供の森入口先で誰かが手を振っている ものが二重三重に見えるものですから近づいて始めて千原さんと知る 道路を横断して手招きする ついて行くとスッポンタケ畑だった 毎日車で通り過ぎている場所だった 残念でした もっと早くに確認すべきだった

全て折られたり自倒したりして十本ほどあった

           
つづく    
  
2020年12月11日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 4.6 0.0 西北西 1.9  
2 4.3 0.0 北西 1.9  
3 4.2 0.0 北北西 1.2  
4 3.7 0.0 静穏 0.0 0.0
5 2.7 0.0 北北西 0.7 0.0
6 2.7 0.0 西 0.6 0.0
7 2.8 0.0 静穏 0.2 0.0
8 3.2 0.0 0.3 0.5
9 6.3 0.0 西北西 1.5 1.0
10 8.1 0.0 北西 1.3 1.0
11 11.0 0.0 北東 1.3 1.0
12 11.8 0.0 南東 1.6 0.6
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 1.2 06:21
最高気温(℃) 12.3 11:33
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
3.0(東南東) 11:42
※12時現在
 
朝方は2℃台が3時間も続いた 今日も7時半に目覚めたので表の様子がわからない 明日は自生地参りなので早起きしないとね 正午現在 暑い雲がかかってきた
 
最近の私のカメラがおかしい 設定機能表示がくるくるかわる そして 中身が違う 思うように設定できない この正午の画像には日時が入らなくなっている 外部からの妨害は有り得ないのだから バケモノ界が入り込んだかな 信じられないがね   

この頁トップへ

12月後へ  戻る  トップページ ご意見箱