4月前へ  戻る  トップページ ご意見箱

サクラソウ3月

 3月後の目次 
 今日の自生地は全て教えられた 
 終活わが生涯を振り返る第229話 
 終活わが生涯を振り返る第232話 
 終活わが生涯を振り返る第235話 
 終活わが生涯を振り返る第238話
 終活わが生涯を振り返る第227話 
 終活わが生涯を振り返る第230話 
 終活わが生涯を振り返る第233話 
 コロナウイルス保護課活動停止 
 終活わが生涯を振り返る第228話 
 終活わが生涯を振り返る第231話 
 サクラソウ目凝らせば賑わい見え 
 史上初の四月の雪でサクラソウは 
    

終活わが生涯を振り返る第238話
20/03/31(火)  10:55更新

老いのばく進悲しからずや
06/09/08  
平成15年の4月に生まれてはじめて3週間の入院を経て 昭和41年から使い出した老眼鏡が不要になった それは今も続いている この書き込みも老眼鏡無しで行っている しかし 退院した年の11月頃から物が二重に見え出した 当時は10mはなれた人の顔の識別はできなかったが 今では3mでも人の顔が二重に見える 1mに寄ってやっと普通に見え出す ま こんなのを嘆いていたが 主治医に3年ぶりで健康診断するかといわれ 本日実行した

若い時の目は2.0だった 6年前の運転免許の更新時でも1.5はあった それが今日の検査で 右は0.4 左は0.5だった 二重に見えるものだから輪ッかの開き部分の識別がつかないのだ 目が悪くなったのは承知しているが0.5以下とはね まだある

身長が1.5cm縮んで165.5だった 背骨が曲がりだしているのは既報のとおりだが 原因は他にもあるという  幸い 体重減量に努めた成果が出て74kgが67.1kgに

やがて お悩さまもいかれ出すだろう 幸いにも現在は生まれつきの喧嘩太郎が益々盛んで助かっているがね


今朝は雲めが低く垂れ込め超高層マンションの天辺が雲の中に隠れた 我が家のハナミズキは早々と紅葉している そのかたわらで新芽と新緑が同居する珍しい風景だ

 
つづく
     
 
2020年03月31日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 7.8 0.0 北西 1.4  
2 7.9 0.0 1.4  
3 7.9 0.0 北北西 1.7  
4 7.8 0.0 北北西 1.5 0.0
5 7.6 0.0 北西 1.2 0.0
6 7.6 0.0 1.7 0.0
7 7.6 0.0 北北西 2.8 0.0
8 8.0 0.0 北西 2.0 0.0
9 8.3 0.0 北北西 1.9 0.0
10 8.9 0.0 北北西 1.6 0.0
  データ 時刻
最低気温(℃) 7.5 06:50
最高気温(℃) 9.2 09:55
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
4.3(北北西) 06:53
※10時現在
 
08時で傘を差している人が多かった お陰様というか 生れつきの怠け者てあるのと 自転車族で大変なので怠けました
 
サクラソウは立ち直ったかですね 弥生にけりは今日でお終いなので 明日も厳しいが なんとかサクラソウたちに会いに出かける予定です
画像のソメイヨシノはまだ健在です

この頁トップへ


史上初の四月の雪でサクラソウは
20/03/30(月)  16:32更新

2020年03月30日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 2.8 0.0 北西 1.6  
2 2.5 0.0 北西 1.0  
3 2.7 0.0 北北西 1.0  
4 2.8 0.0 北北西 0.8 0.0
5 2.6 0.0 北北西 0.4 0.0
6 2.7 0.0 北西 1.0 0.0
7 3.0 0.0 西 0.9 0.0
8 3.7 0.0 1.8 0.0
9 5.1 0.0 北北西 1.9 0.1
10 6.1 0.0 北西 2.1 0.2
11 7.4 0.0 北西 2.0 0.3
12 8.1 0.0 北西 2.5 0.0
13 8.4 0.0 北西 2.6 0.0
14 8.7 0.0 北西 2.6 0.0
15 9.0 0.0 西北西 2.5 0.0
16 9.0 0.0 西北西 2.2 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 2.2 02:17
最高気温(℃) 9.3 15:16
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
4.3(西北西) 13:53
※16時現在
史上初の四月の雪だそうです 街中では三センチの積雪 少ないが サクラソウにとっては重い筈 痛んでいないかと自生地へ
 
自生地の中はまだ雪の中 ほとんどのサクラソウが首を垂れていた 折れたのは見つからなかった ただし 背丈の有るノウルシは全てが折れていた
 
このままで行くと サクラソウを覆い隠す植生がないので咲きっぷりが鑑賞できそうです
 
保護課から五人 第二代委託研究員の埼大の先生と女子の計七人が 調査に入っていました
 
四月六日から自生地への出入りができるそうです 管理棟のトイレが使用できないので 管理棟入口にプラチック製の簡易トイレがおかれ出していました   

終活わが生涯を振り返る第237話

20/03/30(月)

足元の世界(10)
06/08/29
昨日の特集で課題が3項目も抜けてしまった 2年ほど前から思いついたことを実行する段になると霧隠才蔵になる それが益々顕著になった 24時間テレビで韓国の障害者の天才ピアニストと日本の歌姫の合奏に使用した歌の題名と歌姫の名前を 再放送時に3、4度も復唱していながら 1分も立たずに思い出せなくなった 美人だし 良い歌でもあるからCDでも買いたいのだが 無理だね そういう次第ですので またの機会に抜けた課題を載せる予定です

今日もルリタテハ・フィルドへ出かけた 公園内のアスファルト歩道上を黒い物体が上下にくねりながら出迎えてくれたようだった

林内では 完全に秋の風情ですね ルリタテハ・フィルド向かいの林内はほとんど足入れしなかったが 入って驚いた イグチが大豊作だ 色変わりよりは笠表面は色濃く鮮やかだ 食べられるキノコですから採取するつもりでしたら 小さなバケツ一杯分はあった

本来でしたらキノコ類は天然ハナビラタケ頁なのだが 成り行き上 このままキノコも取りあげることにした

つづく    
    

この頁トップへ


コロナウイルスで保護課活動停止
20/03/28(土)  17:15更新
 
2020年03月28日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 18.7 0.0 4.0  
2 18.6 0.0 4.6  
3 18.7 0.0 南南西 5.2  
4 16.3 0.0 北北西 2.4 0.0
5 15.4 0.0 西北西 1.7 0.0
6 15.3 0.0 北西 1.4 0.0
7 15.5 0.0 1.3 0.0
8 18.5 0.0 北北西 3.9 0.3
9 20.0 0.0 北西 4.0 0.2
10 20.1 0.0 1.4 0.1
11 21.1 0.0 北北西 0.9 0.1
12 22.0 0.0 北西 1.4 0.1
13 22.1 0.0 西南西 1.9 0.0
14 19.2 0.0 6.6 0.0
15 15.8 0.0 6.8 0.0
16 13.3 0.0 6.0 0.0
17 11.3 0.0 5.5 0.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 11.3 17:00
最高気温(℃) 22.6 12:13
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
11.1(南) 01:12
※17時現在
 
降りそうな空模様が突然陽が差し出したので自生地へ サクラソウがあちこちで群落し出していました
 
09時現在で気温は20℃ がです 曇っててアマナ類はタジマアマナ(青木実仮称)がかろうじて開きかけ以外は 終っていた 今シーズンはヒロハアマナも好い時はなかった 今日は跡形もない
 
明日は 関東平野で雪になりそうという ミゾレや雪は遠慮してほしい 折角咲いたサクラソウの花弁が萎れ 紫色に変化して死滅する
 
二代目委託研究員の埼大の先生が 苦労して咲き誇るよう作業してきたのですから2007年ころに帰したいのだ
 
雨が降り出し 気温が十度も下がった

終活わが生涯を振り返る第236話
20/03/28(土)

足元の世界(9)
06/08/25
昨日は大チョンボをやらかしていた それを書き忘れた
撮影を終えて駐車場に戻るとポケットに入れた車のキーが無い 探しに入る瞬間 隣の車のドライバーがしきりと私の車の助手席を指差していた 何だろうと回ってみたら なんと ドアに車のキーが刺さっていた 撮影共々で1時間40分もぶら下がっていた さすがは荒川河川敷の大公園 悪い人間はいなかった 話はこれで終わらなかった なんとワイフも大チョンボをやらかしていた 何時もの帰りつく夕方の時間に電話があった 間違えて二つ手前の駅で降りてしまったとぼやいていた 仲のいいことよ この分だと私が召されたらワイフもチョンボして時間をちぎるかも


今日は取材に出かける気はなかった 7月29日の林間保育の写真展示販売の準備作業があった しかし 何故かケツがむず痒く 作業をサボって出かけた もしかすると関口氏に会えるかも もあった 昨日のことがあるから本日はしっかりと車のキーはポケットに

関口氏に会うのが目的ですから撮影の気は端からなく三脚は持たずだった 会えなかったが その代り 地べたでは妖精たちが少し賑わっていた 車から三脚を出すのも面倒で手持ちでの接写だった R1は涼しい所為なのか トラブらずに仕事をしてくれた その際たるのが
    
激しく上下左右に動いていた その様子が 高圧鉄塔で電線を張り替えている技師のように感じた 体が勝手に動いた カメラのシャッター音が聞こえた 一発でしとめた
  

つづく    
    
    
明日は休みます

この頁トップへ



終活わが生涯を振り返る第235話
20/03/27(金)  13:15更新

懸  命
06/08/08
今 中東で殺戮がくりかえされています 善悪はさておいて 爆撃で家を焼かれ 殺されても人々は懸命に生き抜こうとしています この「懸命」は人間の特権ではないようです

隣家との垣根と我が家の壁のせーまーい空間にあった草ボウボウを ワイフが奇麗さっぱりに刈り取っていた ところが 暑中見舞いに利用したヤブカラシはそのままだ 良く見ると 根っこは切り取られたのか網戸にしがみついたまま 一幅の絵ですから家内がわざと枯れるまで残したのかと尋ねたら 根っこは元々無いよ それで残したという

ごらんのように根はどこにも無いのに生きている
懸命 というのは生物に与えられた義務なんでしょうね その義務を果たすために生物は営々と励むのでしょう そこへいくと この国の若者達は懸命という心意気が無い なぜか それは 今時の親たちは裕福だからでしょう 子達は営々と懸命に生きる必要はなく親のすねをかじっていれば済む それゆえ ニート族なる階層が生まれたわけだ

まわりがそうだから さして裕福でない家庭の子は裕福の子達と同じ振る舞いができないために 親殺しに走るのでしょう これも 親たちがまやかしの裕福にとっぷり浸かり 人間のあるべき姿を子に伝えなかったツケかもしれない

ヤブカラシがたまにしか得られない水分を上手に命綱とし 懸命な姿を見て柄にもなく考え込んだ一日でした

 
つづく 
    
    
2020年03月27日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 9.4 0.0 北西 1.4  
2 9.0 0.0 1.2  
3 7.5 0.0 西 1.1  
4 7.1 0.0 西 1.2 0.0
5 6.2 0.0 北西 0.6 0.0
6 7.3 0.0 静穏 0.0 0.0
7 8.9 0.0 北北西 0.9 0.2
8 9.9 0.0 北西 0.4 0.0
9 10.9 0.0 西南西 0.7 0.0
10 14.1 0.0 1.0 0.4
11 15.7 0.0 北西 0.4 0.0
12 17.6 0.0 北北東 1.9 0.0
13 18.3 0.0 北西 3.2 0.1
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 5.6 05:37
最高気温(℃) 18.5 12:44
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
6.0(北北西) 12:09
※13時現在
12:20に やっと薄日が射してきた 時々強い風が吹いているが この週末は最高の花見ですね だが 残念なことにコロナウイルス騒ぎで 花見はだめですね この後に雨が来るらしい
気象庁より

この頁トップへ


サクラソウ目凝らせば賑い見える
20/03/26(木)  18:27更新

2020年03月26日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 6.3 0.0 北西 1.7  
2 6.8 0.0 1.5  
3 6.2 0.0 西 1.4  
4 5.9 0.0 西 1.1 0.0
5 5.9 0.0 北西 2.2 0.0
6 5.8 0.0 西北西 1.2 0.0
7 6.6 0.0 西北西 1.3 0.0
8 8.3 0.0 西 0.9 0.4
9 11.0 0.0 南東 0.8 1.0
10 13.1 0.0 1.1 1.0
11 14.9 0.0 南南西 2.4 1.0
12 17.2 0.0 南東 1.6 1.0
13 19.2 0.0 南南西 1.2 1.0
14 20.1 0.0 南東 2.9 1.0
15 19.9 0.0 南東 2.5 1.0
16 20.5 0.0 南南東 2.9 1.0
17 19.5 0.0 2.4 1.0
18 17.7 0.0 南南東 1.5 0.6
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 5.6 04:52
最高気温(℃) 20.6 16:00
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
6.3(南東) 15:37
※18時現在
 
今年も定点観測が裏切られました 定点観測以外で賑わっていました しかし 今日もアマナはだめでした ヒロハアマナは終っちゃったのか姿が無い かろうじて 細い葉が寝転ぶ 大型のアマナ(タジマアマナ・青木実仮称)が 半開きながら咲いてくれた
 
旧志木街道跡のり面で カラスノエンドウが咲き誇っているので 子供の森横堤のシロバナ探しに出かけたが 標準種は満床ですが今年も白花はなかった
 
自生地では 管理棟が19号の水害で職員たちも立ち入らないので サクラソウのすべての行事はないでしょうとのことでした トイレが使えないのだ
 
秋ヶ瀬公園内は相変わらず 作業車以外は通行止めのまま 歩道には水害の泥が三センチも残ったままです 今日のようです
 
終活わが生涯を振り返る第234話
20/03/26(木)
↓はお遊びです 同じ被写体を角度変えれば ひっくり返せば 妙な絵になる見本です
      ネタはヤマイグチ れっきとしたキノコ もっともキノコは ね
 
つづく

この頁トップへ


終活わが生涯を振り返る第233話
20/03/25(水)  11:20更新

林間保育の随行撮影
06/07/29
林間保育の当日です 雲は多めながら降る気配はない 先に立ち寄る水族館の所在がわからないので観光バスに同行すべく幼稚園へ このころになると天気はすこぶる良い 園長先生は私の顔を見るなり 水族館無しで直行します という それならば先行しますと現地に向かった

利用施設は栃木市内のある幼稚園の理事長先生が幼稚園の夏季お泊り保育用にと自所有の市はずれにある丘陵地帯の一角に作られたもの 一昨年に奥方を亡くされ 次女のお手伝いを受けて運営している 心なしか だいぶ人恋しいのでしょう 80歳の現役カメラマンはざらにいるわけが無いのと 開設以来28年にわたって二つの幼稚園の随行写真屋としての付き合いと 私より4歳上の同じ教育環境を過ごしたこともあって昨年も今年も離さずに話しかけてくる 

その理事長先生がふっ飛んできた 園から電話があって 手違いでバスが来ず 2時間遅れになる という 2時間遅れでは14時着か およそ3ポーズの撮り漏れになる しょうがないか と諦めた瞬間 黒い蝶が地面を這うように飛んでいる しきりと小粒玉石の空間をつついていた 食事か または産卵だろうか 早速シャッター

一息ついたところで 表が チョコレート地にオレンジの玉か縞模様 裏は白の蝶が私の周りを飛び回っている そのうち 右大腿部に止る 続けて左手に止る 去ってはもどり去っては戻りしていた 夜の蝶なら大歓迎ですが・・・ 説明は無用 写真をご覧ください 蝶はウラギンシジミです

    
つづく
 

 
2020年03月25日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 4.0 0.0 北西 3.4  
2 3.6 0.0 北北西 2.3  
3 3.2 0.0 1.6  
4 2.5 0.0 北北西 1.5 0.0
5 1.9 0.0 西北西 0.5 0.0
6 1.6 0.0 北西 2.1 0.2
7 5.5 0.0 北西 3.5 1.0
8 8.0 0.0 北西 6.2 1.0
9 9.2 0.0 北西 5.7 1.0
10 10.7 0.0 北北西 4.4 1.0
11 12.1 0.0 北西 5.1 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 0.9 05:33
最高気温(℃) 12.6 10:57
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
10.3(北西) 08:45
※11時現在
絶景くんライブカメラより
忍野富士ライブカメラより
 
自生地のサクラソウが咲いたのですから 五度以下の気温はまっぴらごめんです サクラソウの成長が鈍るが なぜか 先に成長した夏の花の植生たちは ひるまないのだ
 
5km北にあるアメダスとこちらは データが少し異なる こちらは無風に近い このままいけば週末もお花見ができるね
 
ただし コロナ問題が両手を広げて邪魔している
 
どちらさんもお大事にね 94歳の私も頑張っています

この頁トップへ
 

今日は自生地で大恥をかきました
20/03/24(火)  17:15更新

2020年03月24日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 5.9 0.5 北西 6.1  
2 6.2 1.5 1.9  
3 5.0 0.0 北北西 2.1  
4 5.0 0.0 北西 4.7 0.0
5 4.8 0.0 北北西 4.4 0.0
6 4.4 0.0 北西 6.0 0.1
7 5.3 0.0 北西 6.5 1.0
8 6.7 0.0 北西 7.7 1.0
9 8.0 0.0 北西 7.4 1.0
10 8.7 休止中 北北西 8.0 1.0
11 8.9 休止中 北北西 7.0 1.0
12 10.2 休止中 北北西 6.5 1.0
13 9.4 休止中 北西 6.1 0.6
14 10.3 0.0] 8.0 0.9
15 10.5 0.0 北北西 7.2 1.0
16 10.1 0.0 北北西 6.9 1.0
17 9.2 0.0 北北西 7.3 1.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 4.2 05:56
最高気温(℃) 11.0 14:38
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
15.2(北西) 09:36
※17時現在
西南桜通りは満開です 気温も低いので長持ちすると思ったが 関東暴れん坊(関東地方の名物の空っ風)が大暴れして 花弁をちぎり出しているので週末までは持たないでしょう
 
強風下で自生地へ A区元早咲きブロックでは蕾のままでした アマナ達は冷気と関東暴れん坊の為に閉じたままです
この後 発見第一号付近を見るも蕾の卦もない 十字路を右折してアマナ類が閉じたまま この調子では 今シーズンも花弁を水平に開かないで終わるかもしれない
 
他の雑草が生えすぎてヒロハハナヤスリの生存権を奪われたようです 引き上げるべく 自転車置き場で休んでいると ご婦人二人が駐車場広場を歩いていたのが 急に B区の歩道に入り管理棟側に向かって指さしている 急に記念石碑側に戻ってくる
 
出しゃばりの私は立ち上がって 手招きし始め 記念石碑前を指さすと お母さんと思わる方が走ってきた 三ヶ所に咲くサクラソウを教えるが 逆に管理棟寄りの方を指さし いっぱい咲いていましたよ だって
 
娘さんの方が指さす 杭から5.6m先の ノウルシの陰に三、四株もあった さらに 別の方角にもノウルシの陰でニョキニョキあった これらはすべて娘さんの発見です
 
聞いちゃいけないことを娘さんに聞いてしまった「お歳はいくつ?」 お母さんが代わりに答えた 小学六年生ですと 凄い小学生ですね 大人に見えるのだ
 
そこで 教えてくれた恩人を記念撮影させてと願うと簡単に応じてくれた 別れてから 待てよ あれはお母さんではなく 祖母かな そしてお孫さん 認知症だよね 画像を見てください
大恥を掻いた今日でした
 
終活わが生涯を振り返る第232話
20/03/24(火)

足元の世界(7)
06/07/13
あ~つい! 11時には30度を越えた 14時では34.6度 このとき東京は練馬で35.2度 さすがに35度にはいかなかった

昨日紹介した「ササクレヒトヨタケ?」を確認に行ってきた 頭にくるね 誰かがへし折ってほかしてあった ほかされたことで頭に来たのではないよ 森林にとって菌類はかけがえのない掃除屋 食べられるキノコ以外はそっとしておいて欲しい そこらじゅうでキノコが蹴っ飛ばされている わからなければそっとしてあげるべきだよ 草花もそうだ あっ 奇麗!で摘み取っていく 何にするのかといえば活けるんだとか ところが 途中でしおれて役立たずになるものだから そこらじゅうに捨てられている 草花はそこで咲いているから美しいのだ

昨日の2カット目の脳みそもどきの撮影風景 それではどんなスタイルか 撮影機は505V サイズ1856×1392(3:2) A F5.6
 
まるで泥棒スタイルだね 蜘蛛の巣で頭を汚さないのと滴る汗を即座に拭ける利点がある オチバタケはあのようにしている こうして見ると505Vも捨てたものではないですね 鮮明だし 背景のボケ方も手ごろだ ぼけりゃいいちゅうもんじゃないね それにしても短足で座高が高いのには悲しいね 

この撮影を最初はセルフタイマーでしていた ところがなぜか写らない どこにも私の姿はないのだ そこで散歩中のご夫婦に505Vのシャッターを押してもらった 
 
    
つづく


この頁トップへ
 


終活わが生涯を振り返る第231話
20/03/23(月)  11:26更新 

今度はカラスに襲われた!!
06/07/20

梅雨が小休止の間にと子供の森へ 狙いはキノコだが無理は承知です というのは雨が止んでから3日ほど経んたとキノコが発生しないからです 昨日の今日では無理ということです 駐車場から20mのところに↓の切り株がある
およそ90センチの切り株に異なったサルノコシカケが見えた さっそく三脚に固定して撮影に取り掛かると カラスの鳴き声がうるさい 森の中を歩くとカラスがいつも騒ぐので気にもしていなかった ところが 気がついたら カラスが1羽視界に入ってくる ポジション設定に手間取っていると泣きながら50cmに近づいている わかったわかったよと言いながら急ぎシャッター 2m離れたところでカラスは切り株に飛び乗った そして威嚇

車椅子でやってきた福祉団体の方々にも威嚇していた 子育てシーズンだからだろうか その場を離れて ややして戻ると例の切り株にはカラスはいなかった 泣き声も無い 駐車場に着くと出て行くワゴン車の影から 例のカラス そして威嚇している その様子が面白いのでカメラを向けた
 
速写性のないR1では飛びついてきた様子が間に合わない 威嚇に対してこちらも怖い声で威嚇するがひるまないのだ このカラス何故か飛ばない びょんびょん跳ねながら移動する 速写性のないR1でも流し撮りはできた
   
つづく    
    
 
2020年03月23日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 11.5 0.0 北北東 1.5  
2 11.0 0.0 北北東 1.0  
3 10.9 0.0 1.8  
4 10.8 0.0 北西 2.6 0.0
5 10.0 0.0 西北西 3.9 0.0
6 9.6 0.0 北西 4.5 0.0
7 9.5 0.0 北西 4.9 0.0
8 9.5 0.0 北西 4.9 0.0
9 10.4 0.0 北北西 4.8 0.0
10 11.3 0.0 北北西 3.8 0.0
11 11.5 0.0 2.8 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 9.4 07:54
最高気温(℃) 12.3 00:05
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
9.8(北西) 08:05
※11時現在
昨日は25℃まで上ったから 今日の自生地が楽しみでしたが 天候不順で自転車族では危ないので怠けました
 
二階の私の部屋から西南桜通りが見えるので 満開の桜花を望遠レンズで済ませました
 
それと 今朝のテレ朝で林先生が 覆水盆に返らずのクイズで 答えを「太公望」としていたのは間違いだった こんな大嘘が堂々とテレビで放たれるのは恐ろしいですね
 
覆水盆に返らずについては 当サイトの06年に取り上げています それを「終活わが生涯を振り返る第42話」でも取り上げました
 
林先生の大嘘を証明するために下記に再掲載します
   

終活わが生涯を振り返る第42話
19/07/24(水)  10:22更新

この話は S22年に 台湾人の耳鼻科医から聞いた話です この話の中身には三つの諺の元があります
1.故郷に錦を飾る 2.覆水盆に返らず 3.糟糠の妻
 
妻帯者である朱買臣は勉学の虫である 幾度となく科挙(古代中国の任官試験)に挑戦するが ことごとく失敗する
 
働かずに勉学にいそしむあまり生活は困窮を極めた 細君は農奴(中国では1945年まで 一握りの支配者の基に都市住民以外は農業奴隷として悲惨な状態にあったそうである)のパートとしての僅かな収入では支え切れず 働いてくれる見込みのない亭主にたまりかねて 細君は逃げ出し さっさと再婚した
 
やがて朱買臣は合格し 任官された そうなると故郷では町中の道路を石畳みで舗装して 官吏となった者を迎える
 
朱買臣は 皇帝から与えられた錦の服で着飾って 家来を引き連れ 故郷を訪問する
 故郷へ錦を飾る とはこれが由来
 
朱買臣の一行は粛々と町に入る 道路の両脇には出迎えの町人達で沸き返っている
 
その中に朱買臣の元細君もいた 氏名が同じであるため元夫であるかを確認に来たのだ まさしく 元夫である 元細君は顔面蒼白となる  
その夜も更けて細君は朱買臣の宿を訪ねた 自分の非を詫び 復縁を懇願する 朱買臣曰く
 良かろう 我々は夫婦であったのだから
 土瓶に水を入れてお茶碗と一緒に持ってきてくれ
元細君は いそいそと言われたとおりに朱買臣の前に土瓶とお茶碗を差し出した
朱買臣はまた言う
 お茶碗に満々と水を入れてくれ
 
元細君はお茶碗に満々と水を入れた
朱買臣はまた言う
 お茶碗の水を床に捨ててくれ
元細君は復縁の儀式だろうと思い 言われたとおり水を床に捨てた
朱買臣はまた言う
 今捨てた水をお茶碗に戻してくれ
元細君 ハタと困った
 
朱買臣はさらに言う
 私はあなたを酷い目に会わした これはいくら詫びても
 詫びきれるものではない が あなたは再婚した ご主人を
 どうなさるるのですか?
 あなたと私の関係では床に捨てた水をお茶碗に戻せないのと
 同じで どうにもならない
 現在のご主人を大事にするのが 今のあなたの務めですよ
と こんこんと諭した
 
朱買臣のもとを立ち去った元細君は その足で首をつって自殺した これを なげ悲しんだ朱買臣は 元細君を丁重に葬り墓石に次の詩を刻んだ
 
  覆 水 難 収
青 草 池 邊 土 一 塊
千 年 埋 骨 不 埋 恥
丁 寧 属 向 人 間 婦
自 古 糟 糠 合 到 頭

タイトル・覆水盆に帰らず(和訳)
一行目・景色とは 草 水 木立のある丘があって成り立つ
二行目・骨は千年埋もれるが 恥は埋もれない
三行目・世の婦人たちに申し上げます
四行目・いにしえより糠(ぬか)と米は対(つい)である      
この詩が評判となって 支配階層の婦人たちが目覚め 女性上位社会は誤りであり 貞淑な妻であるべきと糟糠の妻の運動に発展し 何時しか男尊女卑という封建社会に定着した
 
この話は 二千年以上前の話だそうです
   

この頁トップへ


終活わが生涯を振り返る第230話
20/03/21(土)  14:25更新

蝶の専門家の関口忠雄さんからメール
06/06/06
関口さんから蝶の名前が違う旨のメールが来ました 実は「コムラサキ」と書き留めているんですが 何度も「マダラ」を聞いていたために激しい健忘症で恥を掻くかと思い わざわざ名前を直したものでした

送信者: "関口 忠雄"
宛先: "青木実" <sakuraso@jcom.home.ne.jp>
件名 : ホームページの蝶の名前
日時 : 200666 11:48

青木 様

早速、拙文をホームページに掲載頂き恐縮です。私の言いたいことは、自然保護と自然の理解・観察に若干相容れない部分があるので、それは保護すべき地域とおおらかに利用出来る地域を分けましょう、と言いたいだけなんです。子供たちが網を持って、蝶やトンボやバッタを追いかけられる環境が、無くなってしまうとしたら、それはまた、憂慮するべき事態だと思います。

さて、メールしましたのは、掲載した蝶の名前ですが、どうも説明が悪かったようで、「コムラサキ」が正しい名前です。

取り急ぎ気が付きましたので、お知らせ致しました。

 関口
                                    ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

関口さんの思いは私と少し違います 花はそこに咲いているから 昆虫はそこで飛んでいるから または止っているから 美しかったり可憐なのです 捕獲では殺戮予備軍の養成になりかねない 捕獲ではなくそっと見るのが保護であり慈しみなのだと

現代では デジカメや 携帯電話のデジカメという武器がありますから 死を伴う標本よりは 命を守ってあげて形態保存ができる まあ へそ曲がりなんで ごめん

つづく    
    
 
2020年03月21日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 8.0 0.0 北西 2.5  
2 7.6 0.0 北西 2.4  
3 7.4 0.0 北西 2.4  
4 7.9 0.0 北西 2.8 0.0
5 7.0 0.0 北北西 1.5 0.0
6 6.3 0.0 西南西 0.4 0.0
7 7.5 0.0 南西 1.1 0.6
8 10.5 0.0 西南西 1.5 1.0
9 13.3 0.0 南南西 1.5 1.0
10 15.8 0.0 3.0 1.0
11 17.2 0.0 南南東 2.9 1.0
12 17.6 0.0 南東 4.3 1.0
13 18.6 0.0 南南東 3.7 1.0
14 19.1 0.0 南東 4.4 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 5.7 06:16
最高気温(℃) 19.5 13:49
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
9.2(南南東) 12:39
※14時現在
西南桜通りの桜はいっきに咲くかと思ったが 五分咲きでした コロナ問題でイベントはしないようですね
 
二日続いた20℃で自生地のサクラソウは目覚めるかと思ったが ここも あの悪い癖「私達は四月の花よ」で 眠りこけたままでした 気温は高いながら 南風も軽く吹いた所為か 各タイプのアマナは閉じたままでした
 
明日は休みます

この頁トップへ


終活わが生涯を振り返る第229話
20/03/19(木)  13:27更新

私の手からカメラをもぎ取ろうと引っ張り合っているうちに地面にカメラが叩きつけられシャッターボタンがふっ飛んだ そして2m先へ飛ばされ 私はもんどりうった 犯人はのしかかってくる 立っての防戦は大変だったが 仰向けになってからは相手のパンチや足蹴りは軽く防げた このとき 犯人の片割れがカメラを盗りに行くのが目に入った

このまま行けば殺されるなと恐怖のあまり 相手の股間めがけて蹴り上げるが残念ながら短足ゆえに急所に届かない ここまでかと諦めかけたときに直ぐ傍でバーベキューをしていた二組のカップルが助けに入って事なきを得た この間の所要時間は助けてくれた方たちの証言では5分前後といっていた 私の腕が大怪我しているので救急車と110番通報してくれた 警察へは治療が終ってから行くことにした

警察での調書取りで担当刑事さんが もうしないほうが良いよといわれたが みんなが見ない振りばかりしているから若年犯罪が絶えないのである 私のような馬鹿が増えれば世の中はもう少し落ち着くのではないかと申し上げたら苦笑していた

幸いにもR1は助けてくれた方が押さえてくれて盗られずに済みましたが 使い物にならんほどボロボロです これでまた使いにくい前のカメラと付き合う羽目になった でも それでいいんだ 今後も果敢に注意しまくります それによって命を落とすことがあってもです 
そのことから勇気ある者たちが増えることを期待して・・・
 
 

つづく  

2020年03月19日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 7.9 0.0 北北西 1.7  
2 7.0 0.0 北西 1.2  
3 6.0 0.0 北西 1.1  
4 5.9 0.0 北西 0.7 0.0
5 4.0 0.0 北北西 1.3 0.0
6 3.7 0.0 西 0.8 0.0
7 5.8 0.0 西南西 0.3 0.8
8 8.3 0.0 北西 1.4 0.8
9 11.2 0.0 南東 0.5 1.0
10 13.4 0.0 北北東 1.1 1.0
11 15.3 0.0 西南西 1.7 1.0
12 18.3 0.0 南西 1.7 1.0
13 20.5 0.0 4.6 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 3.6 05:45
最高気温(℃) 20.6 13:00
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
9.6(南) 12:58
※13時現在
 
西南桜通りの桜は 全ての木に花が咲き出していました 今週の連休は手ごろな花見になりますね
 
自生地のサクラソウに期待を込めて出かけましたが 残念ながら 記念石碑前以外は 成長した蕾のままでした
 
アマナの四タイプともに旬ですが 訪れた十時の気温が13.4℃では 微風ながらも閉じたままでした 彼女らが全姿を見せられるためには 快晴で気温は十八℃以上で無風 この環境でなければ全姿は見られません ワンシーズンで一回前後しか見せないのです
 
サクラソウよりも 今年は ヒキノカサが早いですね
 
今日も 二代目の委託研究員の埼大の先生が学生のボランティアを連れて 調査を始めました
 
保護課の担当官の話によれば コロナウイルス騒ぎによって今月の活動は自粛したそうです 四月は様子によって決めるそうです
 
20日は休みます

この頁トップへ


終活わが生涯を振り返る第228話
20/03/18(水)  11:55更新

居直り強盗もどきにやられR1を壊された
06/05/06
事の発端は 自生地でサクラソウの果実を撮影して帰路についた時のことである 自生地から秋ヶ瀬公園中央路に出たところ 道幅5mの一時停止位置に軽乗用車が止っていた 車内にドライバーはいない 軽の前方に若者が食べ物をくわえながら立っている クラクションを一声鳴らした 反応がない やむなく軽の右側をすりぬけて中央路を右折するのであるが 通り抜ける車が切れるのをまっているときに その若者が覗き込んでにらんでいた そこで声をかけた
 そこで何をしているの?
 うるせえ!
 そこへ止められたのでは通行に邪魔だよ
 てめえも止ってるじゃないか 
入ってくる車が左右にあって身動きが取れないから止まった迄だ 私は何とか抜け出し 車を止め 現場の証拠写真を撮り 携帯で偽電話をかけてけん制しておいた 通常はこれで立ち退くのだが この若者は私めがけてふっ飛んできた カメラをよこせ!と わめきながらカメラを奪い取ろうとした 

彼の理由のいかんを問わず意志を貫くために暴力でカメラを奪い取る行為は強盗の何ものでもない

なけなしの金でようやく手に入れたカメラを盗られてはたまらんので右手に持ったカメラを体の後ろに隠して後ずさりして攻撃を防いだ 運動不足の80歳と若者では勝負は明らか 恐怖のあまり 常日頃から そういう場合「強盗だ!」と叫べば難から逃れられると自分に言い聞かせてきたのに声もでない 相手は手と足で攻撃してくるので相手の手と足に神経がいっていて 声を出すことによって目が離れてパンチなり足蹴りをくう恐れからかな とにかく防戦に必死だった  
 
つづく

2020年03月18日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 4.1 0.0 西北西 0.5  
2 4.1 0.0 南南西 1.3  
3 4.6 0.0 西北西 0.3  
4 4.1 0.0 西北西 1.0 0.0
5 3.4 0.0 西南西 1.7 0.0
6 4.7 0.0 西南西 1.3 0.0
7 6.7 0.0 南南西 0.4 0.2
8 9.6 0.0 北西 1.6 1.0
9 11.8 0.0 北北西 2.3 1.0
10 13.2 0.0 北西 1.3 1.0
11 15.2 0.0 北西 2.9 1.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 3.0 01:44
最高気温(℃) 15.4 10:55
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
5.7(北北西) 10:43
※11時現在
 
今日から春陽気になるとの予報 そう願いたいね
 
西南桜通りの桜は第一画像のように あの木だけ咲いているのです 今日以降に一斉に咲くかな 楽しみです と同時にサクラソウ自生地のサクラソウも 楽しみです
 
ただし 今年は車での通行は禁止です コロナ問題もあって文化財保護課も 守る会の活動を停止するかもしれません 私は例年どおり三月末から毎日の観察は続けます その間 振り返るは日曜日以外は休止します   

この頁トップへ


終活わが生涯を振り返る第227話
20/03/17(火)  11:18更新

春の嵐の後は・・
06/03/17
昨夜21時からの暴風雨の実態と公式発表は一致しませんね 我が家の屋根はトタン葺き23年前にさびだしたことからプラスチック製瓦をその上から密封してある 以来 強風にあってもトタン演奏はなくなった ところが昨夜はそのトタンが けたたましく演奏していた 隙間を縫って演奏するには風速20m以上でないと演奏しない 公式発表はなんと3~5mだ

春の嵐は本日も暴れていた 14時に電線が静止していた 歩く人たちも風に行く手をはままれることもないので自生へ飛んだ が 遮るものがない自生地では北風10mの天下だ

公式発表では総雨量は12ミリ この程度では乾燥しきった自生地のお湿りにもならない 表面乾燥はそのままだ 水の浸透性がいいのと乾燥した強風で湿りが奪われたのだろうか

風も凄かったようだ 柵に張られた上段のロープが一箇所千切れていた

我が家近くの西南桜通りでは つぼみが目に見えてきた そこの開花は 03/3/16 04/3/19 05/3/31 自生地ではいずれもサクラソウと競演していた しかし 本年はどうなるか 未だにサクラソウがつぼみを持つ気配はない この後の気温次第でびっくりさせてくれるかもね 
    
つづく
 

2020年03月17日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 2.1 0.0 北北西 2.4  
2 1.5 0.0 北北西 1.4  
3 1.6 0.0 0.7  
4 1.8 0.0 北北西 2.4 0.0
5 1.6 0.0 北北西 2.5 0.0
6 0.3 0.0 西北西 2.9 0.1
7 2.0 0.0 西北西 1.2 1.0
8 4.0 0.0 東北東 1.3 0.9
9 5.8 0.0 西北西 0.9 0.8
10 7.0 0.0 東北東 1.5 1.0
11 8.6 0.0 1.9 1.0
気象庁より
データ 時刻
最低気温(℃) 0.2 06:03
最高気温(℃) 9.0 10:59
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
5.0(北北西) 04:36
※11時現在
 
暖冬の今年の今日 0℃ではサクラソウ殺しだよ 大袈裟かな
 
現在の太陽の位置は赤道上にある それゆえ 赤焼け富士も06時には現れました 太陽様のこれからは 北回帰線に上がってきますので朝焼け富士は 05:40ごろになりますので その時点でネットに繋いでいないと出会うことはできない
 
0℃のおかけで西南桜通りの桜花は 土曜日と何ら変わっていなかったね 5日しか持たないソメイヨシノは 低温ですと半月は持ちますね 長いと飽きて来るけどね 私は…
絶景くんライブカメラより
忍野富士ライブカメラより
小山町須走ライブカメラより
河口湖逆さ富士ライブカメラより
河口湖北岸ライブカメラより

この頁トップへ


今日の自生地は全て教えられた
20/03/16(月)  16:20更新

2020年03月16日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 3.5 0.0 西北西 3.2  
2 3.6 0.0 北西 2.0  
3 3.3 0.0 西 1.2  
4 3.5 0.0 1.3 0.0
5 2.4 0.0 西北西 1.3 0.0
6 2.2 0.0 西北西 1.6 0.0
7 3.2 0.0 北西 1.1 0.3
8 5.8 0.0 北西 3.2 0.8
9 8.2 0.0 北北西 2.7 1.0
10 10.1 0.0 北西 3.5 1.0
11 11.8 0.0 北西 5.7 1.0
12 11.4 0.0 北西 9.9 0.6
13 11.3 0.0 北西 9.5 0.9
14 10.1 0.0 北西 13.7 1.0
15 8.6 0.0 北西 12.3 1.0
16 8.1 0.0 北西 7.4 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 1.5 05:15
最高気温(℃) 12.8 11:53
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
21.2(西北西) 13:28
 
桜が咲いたときに雪は 歴史上初めてだそうですね 今日は桜がさらに広がりました
 
自生地へは 十三日にサクラソウを発見した福島さんの情報を探したが 探し下手なので何処にもなかった 帰りかけたときに 華やかな色合いの軽自動車が現れ 止まる アベックだった
 
出しゃばりの私が偉そうに語る サクラソウが私の誕生日に一輪咲いた情報を探したが何処にもなかったよ と言った途端に 男性が 記念石碑前を指さした 意味が解らなかったが ともかく 視線を言われたところに向けたら なんと サクラソウが一輪咲いていた
 
偉く恥をかいたよ 今年は 記念石碑前は見向きもしなかった ノウルシとノカラマツに占拠されたからでした なのに 勇ましいサクラソウが押しのけたのだろう 見事もあるが 私が偉そうに話す割には ということで頭をかいたよ
 
その方の上着が 濃紺で背中にはローマ字でSAKURASHOとあったので どちら様と尋ねたら 桜区役所の職員でした 道理で入れたんですね
 
帰りは 蝶の専門家の関口忠雄氏に ジロボウエンゴサクが咲いたと 大まかながら場所を教った A区の道路側のノリ面とばかり思っていたがなかった そこで杭沿いに探すと一株ありました
 
ここは行きの時も視線を当てたが なんせ 自転車族になってからはなじみの場所も目に入らない スピードがあり過ぎるのだ 車族時代では歩いて見回っていたからね そこに戻さないと成果は上がらないでしょう   
 
終活わが生涯を振り返る第226話
20/03/16(月)

CMスターのオーディションに失敗
06/02/11 
実は内緒にしてたんですが 2月の第4週に 振付師カオルコ事務所からテレビCMのオーディションがあるから出てとの連絡があった オーディションは2月3日 いよいよCMスターかと内心悪い気はしなかった ところが直前になって書類審査で落とされたとの連絡 そうもあらんと諦めた それが2月6日に 3日のオーディションは全員が不合格になって 青木さんを見てみたいとイベント会社から連絡があっという

そのオーディションが今日ありました 驚いたね 男だけ私を含めて8人 39歳1人 43歳1人 47歳1人 残りは4人とも53歳 おどろいたのは全員が劇団や芸能会社所属であること ど素人は私だけ しかも80歳

ぶっつけ本番で出演踊りの稽古 振り付けはカオルコさん 私はハナから怖気づいたね プロとは勝負にならんからね

パーツはいたって簡単 女の後ろに回ってがにまたダンス 所要時間10秒足らず30分ほどのレッスンでビデオ収録 1分前も思い出せない私ではぶっつけ本番に弱い しり込みして最後の演者になった 

自信がないのでカオルコさんに迷惑をかけるといけないから辞退すると申し出る カオルコさんは何を言ってるの 大丈夫よ 素質があるんだから イベント会社の演出者さんもやりましょうと お相手してくれる踊り子さんもやりましょうと手を引いてくれた

パーツは第1から第3まである パーツとパーツのつなぎに私は弱いのだ ちぐはぐでどうしようもない ただね各パーツの演技は私のほうがスムーズだ 終わってカオルコさんが飛んできた 大丈夫よ 良く出来たじゃない みなさん感心してたよ 80でよく踊れますねと また声をかけるからね これは次の機会という意味でしょう 残念でした

言い訳がましく言わせてもらえば あのパーツなら2時間も時間があれば完璧にこなせるがね

控え室では 女達のポートレートの撮影中だった 全員が50歳前後だったね

いい経験の3時間でした
    
つづく


この頁トップへ


私の誕生日にサクラソウが一輪
20/03/14(土)  13:23更新
 
2020年03月14日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 9.8 0.0 北北東 1.0  
2 10.4 0.0 北東 1.8  
3 9.5 0.0 2.9  
4 9.0 0.0 3.9 0.0
5 8.8 0.0 3.7 0.0
6 8.7 0.0 2.9 0.0
7 8.6 0.0 東北東 3.7 0.0
8 8.1 0.0 東北東 3.3 0.0
9 7.2 0.5 東北東 3.9 0.0
10 6.4 1.0 東北東 3.0 0.0
11 5.7 1.5 北東 3.6 0.0
12 5.2 1.5 北東 2.4 0.0
13 3.9 2.5 北北東 2.6 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 3.8 12:58
最高気温(℃) 10.5 02:08
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
8.6(東) 05:41
※13時現在
雨の予報が見事に的中しましたね という次第ですので 西南桜通りの桜花の撮影もできなかった
 
毎日のように 福島さんのフグさんの雑記帳 見ていまして 今朝も見ると
 サクラソウの精から「青木さんお誕生日おめでとう」
で 13日の自生地を探索していると B区の駐車場側の中央にあるアマナブロックを見ていると 奥にピンクが見えたという ズームで撮影して見ると 正しくサクラソウが一輪咲いていた
 
そこでタイトルが上記のようになった 福島さんは 過去に最も早かったのは14日とありますが それは私同様に見落としたものです
 
平成十三年からでは 私の誕生日に咲いてくれたのは 福島さんの今回の発見を含めて二度目になります
 
この時期に あの位置にサクラソウは無いものと 目が行くことはなかった 目がだいぶ悪くなったが これからは くまなく見ることにします
 
サクラソウさん ありがとうね 誕生日に咲いてくれまして感謝です 見つけた福島さんにも感謝です
  
さいたま市で雪 気温が上がったのか 三十分で消えたが 雨は続いています
 
終活わが生涯を振り返る第225話
20/03/14(土)

最近の私の頭は空っぽですので カオルコ先生との交わりも忘れていました それが何故書けたのか「サクラソウ情報」の過去ログから見つけたのでした 平成十五年に割腹手術の為に五ヶ月も入院生活していました 当時は 馬鹿太りで お腹も10cmも厚みがあって 割腹が難しく 閉じるのも難しく 合計で五時間もかかったそうです 手術一ヶ月後 トイレでくしゃみした途端に 縫った跡から割れて腸が飛び出す始末でした 完全に閉じるまでに五ヶ月を擁したのでした 
この間に 娘夫婦が私のボロパソを買い替えてくれました 退院後も意識が朦朧としていました 壁一面にノート模様 数字だらけ 有り得ないのですが 手術から五ヶ月もたったのに麻酔が残ったままでした
 
この状況で パソをいじったために外付けに保存した画像がすべて消えてしまいました
 
現状では 脳味噌が亡くなった以外では 内臓的な損傷はなく 外見上では「外反母趾」が進んで 親指の付け根が膨らんで 外側に進化して指先が内側に進んでしまい 第二指に食い込んで その付け根も膨らんで痛みを伴う 現象は左右ともにですが 左指だけ極端に痛むのです
 
他に 腰痛があって 右足だけは百㍍歩くのが精いっぱいです がです これに負けてはお終いですから「負けてたまるか!」で綺麗な姿勢で歩くので 数え歳95歳には見えません
 
私よりはるかに若い方たちの方が 年寄りに見えるのです あの世へ旅立つまでこの姿勢を続けたいですね
 
この先は 2006年以降の各ログから転載するようになります
   
つづく    
    
明日は休みます

この頁トップへ

  4月前へ  戻る  トップページ ご意見箱