3月へ  戻る  花期・道順  トップページ  

サクラソウ2月

 2月前の目次 
 基本データがトンズラですので 
 終活わが生涯を振り返る第492話 
 終活わが生涯を振り返る第495話 
 終活わが生涯を振り返る第497話 
 終活わが生涯を振り返る第499話 
 終活わが生涯を振り返る第502話 
 期待通り初夏陽気自生地へ紅白 
 終活わが生涯を振り返る第506話 
 終活わが生涯を振り返る第490話 
 終活わが生涯を振り返る第493話 
 サクラソウ発見第一号たった一株 
 終活わが生涯を振り返る第498話 
 終活わが生涯を振り返る第500話 
 終活わが生涯を振り返る第503話 
 終活わが生涯を振り返る第504話 
 終活わが生涯を振り返る第507話 
 終活わが生涯を振り返る第491話 
 終活わが生涯を振り返る第494話 
 終活わが生涯を振り返る第496話 
 田島ヶ原のサクラソウ突然大繁茂 
 終活わが生涯を振り返る第501話 
 1週間ぶりの自生地緑が増えるも 
 終活わが生涯を振り返る第505話 
  
    


終活わが生涯を振り返る第507話
21/02/27(土)  12:00更新
 
遅れたのはサクラソウ 他は正常
11/03/28
体感的には例年になく寒い冬ですが 記録上では夜間気温が高く 日中気温が低かった サクラソウが温暖化にシンクロし出した四年来ではおよそ一ヶ月遅れている 遅れた理由は上記のような現象だと考えていたが 土曜日に蝶の関口忠雄氏からジロボウエンゴサクを教えれたのと 今日は左岸土手でカラスノエンドウを見つけ メインストリートのメタセコイア林内でタチツボスミレを発見 これらはいずれもサクラソウの旬頃に現れるものでした

サクラソウは何故遅れたか 記録を主観で考えると 1/31の−6,9℃と2/1の−6,2℃でサクラソウの保守性(私たちは四月の花よ)が蘇って 遅れた

現状で完全に花が開いているのはたったの四株しかない タンポポは絨毯を敷く作業に入っているし 春の主役たちが前座に踊り出すのは不可解です
 
20℃近い気温でないとアマナは閉じがちです 明日も十五℃以下ですとアマナのシーズンは不作のままで終わります

現在の様子で見ますと今シーズンの見ごろの判断は難しい ノウルシの第一陣は満開ですので本日は香っていた 第二陣はサクラソウが開花直前になりますので日陰になって光合成を受けられないので花は咲きません やっとこぼれ日を受けられた株だけの花になります 現在はごく一部だけ邪魔ものがいないゾーンはありますが保証できませんね また剪定してやらないとだめそうです
 
つづく      
今日は自生地へ出かける予定でしたが 気力を失いさぼりました 自転車族になったことと 数え歳96歳では一旦さぼると立ち直れないようです 来月は花が咲き出すから気力が上がるかもしれません
 
          
日曜日は休みます

この頁トップへ 



終活わが生涯を振り返る第506話
21/02/26(金)  12:50更新
 
関東暴れん坊大暴れ中6輪咲く
11/03/26
陽が昇ると同時に関東暴れん坊が暴れ出した これは特別なものではなく 昨年以外は風物詩と言えるものです 昨日も氷点下という事態で保守的(私たちは四月の花よ)なサクラソウたちが原点に戻ったから 遅かった昨年よりも12日遅れの花開きと相成った サクラソウたちにとっては回帰したと喜んでいるのでしょう

が 地球温暖化で時節は二ヶ月も進んで他の植物たちはシンクロしているのですから 保守的なサクラソウたちには 他の植物たちの隙間でしか生きられない それを人間が(特に天然記念物としてすがる者達)教えてやらないと(手助け)滅亡は明らかです

遅れに遅れるも本日は半開きも含めて6輪ありました A区早咲ブロックでは私が到着した1時間後に 発見及びツボミ第一号が突然開花してくれました アマナの今シーズンは多分不遇のまま終えるでしょう
 
蝶の専門家の関口忠雄氏のボランティア作業を邪魔しないように遠ざかっていたが 氏は 敬老精神横溢ですので案内してくれました その道中ものです
 
余 談
クミの出棺を見送った血を分けた兄のリキは落ち着いていた ところが 翌日(昨日)になってから太い声を出しながらクミを探している動作を繰り返していた 窓を網戸にしてやると 何かをクミと勘違いするのか 太い声のニャニャと大変だった

あまりにも目まぐるしいので両親の精神安定剤的意味合いで一泊していた娘が リキを抱いて家の周りを いないでしょう? バイバイしたのだからね と見せて歩いた 夕方にようやく落ち着いたようだった

今日は もう探す動作はしていない ただし ドアを開けたままの洋服箪笥内を幾度か覗き見していた パソしている私にまつわりついて大甘えだ タバコをやめると代替えのものに手を出す あれと同じ心理なんでしょう 無視しているとお尻を私の足にこすりつけてニャー さら無視していると座っている私の太ももに手をかけて 悲しさうな目で見上げる 今夜は それらの仕草もなく何時もの椅子で寝ている 慣れるのが早いのかな そうであってほしい 血を分けた妹との13年は人間と同じ感情なんでしょう
 
つづく      
    
予報どおり曇り 気温も十時以来 10℃前後 寒いような 暖かいような 変な気分です
 
明日は晴れそうなので自生地へ サクラソウと逢引です

この頁トップへ 



今日の自生地A区にもサクラソウが
21/02/25(木)  14:25更新

完全に気象庁に嫌われました 全国一斉に新しいスタイルに それでやむなく自生地では温度計を使うことに戻しました
 
全域でノビルが増えていました サクラソウはだいぶ背丈が伸びています 今日は完全に狂ってしまったのか カメラのシャッターを押すだけで 設定作業ぬきだったので画面が真っ黒でした それだけではない 自宅に戻ったらワイフから鍵をかけずに出かけたね
 
サクラソウは 記念石碑入り口の左右で(吹き溜まり)賑わっていた 特にA区から水門に向かって 杭7本目あたりの元早咲きブロックでは凄い成長ぶりでした
 
ここは2度だけ覗いてはいたが 見落としたのか 3cmに成長していた 関東暴れん坊は隠れたのか 微風がそよいでいました

この頁トップへ 



終活わが生涯を振り返る第505話
21/02/24(水)  12:15更新
 
我が家で悲しい出来事
11/03/24
昨夕 クミの様子が気になるので南浦和にある有名な猫病院へ終了間際に飛び込んで診察してもらった 肺に水がたまっているとかで水抜きする 出てきたのは味噌汁色だった 苦しそうなのに表情を変えないで何時になく重い鳴き声を間をおいて唸っていた その間 クミの顔に手を添えて語りかける 私をじっと見据え あえぐ 諸検査に日数がかかるということで帰宅した

私の部屋の洋服箪笥が大好きなので入れておいて 夫婦は下の居間で夕飯を取る この時 リキの様子が変だった 何時も寝ころぶ椅子で嗅ぎまわるだけで 何時ものと動きが変だった

洋服箪笥に入れてからおよそ一時間半たった21:55にワイフが二階へ様子を見によると 大変だ くみちゃんが死んでいる と叫んでいた リキの変な行動はこれだったのか

洋服箪笥から出て おそらくですがパソ脇の元カラオケ台に上がったが 苦しいのか はたまた私に救いを求めるためか私の布団に降りたところで息絶えていた 体はまだ温かい しかし 舌を垂らしていたので救いようがなかった

孤児トラは怖がってどこかに隠れた リキは血を分けた相棒ながら やはり怖がって一階の居間でじっとしていた
今日葬儀屋さんに来ていただいて↑のように納棺して頂いた 費用を二階の私の部屋に置いたので取りに行くと 逃げ出さないよう閉じ籠められたリキがすり抜けて居間に降りた

狭いお勝手を見回して棺の裏にまわっている 私はリキを抱き上げてクミと頬ずりさせた リキは嫌がらず 恐れずに鼻をくっつけていた

葬儀屋さんがびっくりしていた 通常は有り得ないと ほとんどが怖がって姿を見せないという 共に捨てられ 大勢のゲストたちに可愛がられ 店の廃業で他の猫たちは四散したが リキとクミだけはワイフが自宅に連れてきた 表を自由に走り回っていたものを一歩も出さない生活に切り替えさせた それから十三年 私より先に行ってしまった

お父さんも間もなく行くからね お父さんを見つけてね 最後の言葉で先輩たちと同じ宿に収まることになった

これで私の布団で旅立ったのは三度目 一度目は幼稚園からもらった猫 これは短命だった 私の布団で喘ぎ悲しそうな顔でワイフと私の目の前で逝ってしまった

二度目は二代目のマルチーズのリーだった これも私の布団で苦しがっていた 私はパソに夢中 動けないはずのリーが起き上がって私の足をよじ登っている 三十分ほど抱きしめてそっと布団に寝かしパソに向かう 三十分ほどして足元を見るとリーはベロを出していた 最後の別れに渾身の力を振り絞ったのか あるいは助けを求めたのか 死とは避けられないにしても嫌なものです

三度目のクミは哀れだった 布団は同じでも誰にも看取られなかったのだ 孤児トラは恐ろしいのか 特にクミの屍骸を抱いた私に必要以上に怖がっている トラにとっては短時間で母猫の死とクミの死と遭遇 こういう運命も珍しいでしょう リキも心なしか寂しそうにしている

クミの送別にと画像を乱れた気持ちの中で探し出せたものを掲載しました
 
つづく          
   
2021年02月24日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 4.1 0.0 北北西 5.5  
2 3.8 0.0 北西 6.2  
3 3.6 0.0 北西 6.9  
4 2.8 0.0 北北西 5.1 0.0
5 2.6 0.0 北北西 5.2 0.0
6 2.3 0.0 北北西 4.4 0.0
7 2.6 0.0 北北西 5.1 0.1
8 4.1 0.0 北北西 8.4 1.0
9 5.2 0.0 北北西 6.2 1.0
10 6.8 0.0 北西 5.0 1.0
11 8.0 0.0 北北西 5.4 1.0
12 8.7 0.0 北北西 6.1 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 2.2 06:26
最高気温(℃) 9.0 11:41
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
14.3(北北西) 07:59
※12時現在
 
やはり初春か 夜半の気温は+ながら低い 日中の予報は11℃
 
地球温暖化は消えたのか 全く消えていた関東暴れん坊(関東名物の空っ風)が戻ってきていた 今日も昨日から消えずに暴れています 収まるのか 4月いっぱいまで続くのか 続いたら定着し出した昆虫類がまたも消えるでしょう 又も サクラソウは風媒受粉で生き延びるか

この頁トップへ 


終活わが生涯を振り返る第504話
21/02/23(火)  13:40更新

冬よ もういいだろう さ・よ・な・ら
11/03/22
昨日は行きつけのガソリンスタンドで車検の予定だったところ 一連の大地震とその後に起こったガソリン不足対応やらで延期になった 期日は三日後に迫っているが大丈夫だろうか

二十一日の様子です
 
つづく      
.
2021年02月23日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 9.8 0.0 南南東 0.8  
2 7.2 0.0 1.1  
3 7.5 0.0 北北西 2.0  
4 7.3 0.0 1.1 0.0
5 11.6 0.0 北北西 5.2 0.0
6 11.4 0.0 北北西 5.8 0.0
7 10.7 0.0 北北西 6.9 0.1
8 11.2 0.0 北北西 7.0 1.0
9 11.5 0.0 北北西 9.0 1.0
10 12.2 0.0 北北西 8.8 1.0
11 12.4 0.0 北北西 8.3 1.0
12 13.0 0.0 北北西 8.0 1.0
13 12.5 0.0 北北西 8.7 1.0ひ
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 6.5 03:40
最高気温(℃) 13.4 12:29
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
16.7(北) 09:03
※13時現在
 
夜間気温は昨日よりもはるかに高いが 日中気温は9℃近くも低かった そして 関東暴れん坊が大暴れです 自生地ではサクラソウを含めてスクスクと育つでしょう

この頁トップへ 



期待通り初夏陽気自生地へ白と紅で
21/02/22(月)  16:21更新

2021年02月22日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 8.2 0.0 西 0.6  
2 9.9 0.0 西 1.2  
3 6.7 0.0 南南西 0.8  
4 5.5 0.0 北北東 0.5 0.0
5 4.7 0.0 南南西 1.1 0.0
6 4.0 0.0 東北東 0.4 0.0
7 4.4 0.0 西南西 0.5 0.3
8 7.5 0.0 静穏 0.0 1.0
9 10.9 0.0 北西 0.4 1.0
10 14.5 0.0 北西 0.6 1.0
11 17.3 0.0 1.1 1.0
12 19.4 0.0 南東 2.6 1.0
13 20.8 0.0 1.8 1.0
14 21.2 0.0 南東 2.7 1.0
15 21.7 0.0 南南東 2.4 1.0
16 21.8 0.0 南南東 2.6 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 3.3 06:52
最高気温(℃) 21.9 16:00
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
7.1(南) 15:49
※16時現在
 
偶然ですが 自生地への最初は白梅 閉めは桜区役所の河津桜でした 桜区役所の南側だけ紅一色ですが 北東はツボミだけでした
 
自生地の今日は南風でした 野焼き跡は緑が増えたが 野焼き以後は真冬並みでしたので ノビルやアマナ類の芽出しは大遅れです
 
今年は長い冬陽気の証拠が 左岸土手で証明してくれました 例年は真冬でも土手は緑一色でした それが 未だに冬姿です
 
気象庁は 元に戻しましたね 多分 抗議が殺到したために戻したのでしょう 新しい表示では知りたいことがどこにあるのか 探すのに苦労しました それ故でしょう 言い訳のつもりか 広告を載せ始めたね
 
コロナ問題なんでしょうね 自生地を含めた秋ヶ瀬公園内の各駐車場満杯でした 河川敷は広いことから人影はほとんど見えなかった
 
つづく 

この頁トップへ 



一週間ぶりの自生地緑が増えるも
21/02/20(土)  14:26更新
 
気象庁データが消えまして 変わった表示になったので利用できなくなりました 当サイトで利用しているのを嫌ったのかね 税金で運営されているんですから 納税者としては利用する権利があるはずです 否定するのでしたら税金を使わずに自費で運営すべきです
   
自生地では野焼き跡は目立たないが 延焼防止ゾーンはノビルが盛んでした B区側の駐車場は満杯でした ほとんどの方は 下流側にある さくらそう公園の広場を利用したのでしょう あまり人影は見えなかった
 
A区と元駐車場境は 綺麗さっぱりと除草されたのでホトケノザは全滅でした 剪定と同じですから十日前後に返り咲きするでしょう
 
サクラソウは 記念石碑側入り口から杭五本目前後で増え 丈も2cmを超え出しました 明日は20℃を超える予報ですので 月曜日は楽しみです その先は又も冬に戻りそうです
 
記念石碑付近は 陽だまりなのでどこよりもサクラソウらの芽出しが早いのです 志木街道が空っ風を遮ってくれるからです ぶち当たった空っ風は 跳ね上がって吹き降ろすので十字路付近は 冷えるために遅いのです 22年来 毎日見て来た結論です
..
  
日曜日は休みます

この頁トップへ 



終活わが生涯を振り返る第503話
21/02/19(金)  12:20更新
 
サクラソウのツボミがニョキニョキ
11/03/20 21:52更新
最近はパソと向き合うと睡魔に襲われる 益々脳味噌の反応が鈍く編集作業に時間がかかってしまう昨今 というのに2時間半も昼寝ができてしまった しまったとはね 簡単に寝られる体質ではないからです そして今日もこんな時間になってしまった
   
昨日の気温の上昇と好天ぶりから今日こそは白一色のサクラソウ自生地と張り切って出かけた

管理棟を越えたところで誰かが手をあげていた 急停車して振り返ると十六日に出会った自宅待機氏だった 駆け寄ってきて茶封筒を渡してくれた あの日 待機氏は私を撮影していた それのプリントと理解し受け取る 待機氏からA区早咲ブロックのサクラソウはどうなっているかを尋ねられたが 場所が思い出せずにいたという そこで現場へ案内した

午前十時ちょっと前 気温およそ十四度 北風2mで冷たくアマナ達は閉じていた

A区早咲ブロックの第一号発見サクラソウのツボミはしっかりと増えていた 又も大きな地震でも来るかと思うほどモンシロチョウが飛んでいた この時期の昆虫の飛翔は初めて見たからでした
 
ビニール袋を提げてゴミを拾っているかに見えた方がいた 顔見知りではないので近寄って ゴミ拾いとは感心ですねと声掛けすると そうではなく袋の中を見せてくれた なんとツクシだった サクラソウに気を取られて以外はあまり気にしない今年の私は はっとした
 
美男美女ご夫婦にA区のツボミを教えた 社交的な奥方でして話しが弾んでいた 旦那がある1点を指差した 目が悪い私はシャッターして拡大して見るとサクラソウのツボミだった 教えるどころか逆に教えられた
 
23日の水曜日にサクラソウ開花となるでしょう 来週末は期待できそうです アマナ類は気温と風次第ですが明日が最後かもしれません
 
つづく      
   
2021年02月19日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 -0.2 0.0 静穏 0.1  
2 0.0 0.0 0.3  
3 -0.7 0.0 1.0  
4 0.6 0.0 1.5 0.0
5 0.0 0.0 1.8 0.0
6 -0.4 0.0 西南西 1.6 0.0
7 0.3 0.0 西南西 2.5 0.5
8 2.1 0.0 南南西 0.5 1.0
9 6.3 0.0 西 2.4 1.0
10 7.8 0.0 西北西 5.7 1.0
11 8.6 0.0 北西 4.9 1.0
12 9.2 0.0 西北西 3.3 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) -1.9 06:36
最高気温(℃) 9.6 11:53
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
8.9(西北西) 10:39
※12時現在
超好天ですが 正午に来客なので自生地行きは明日にしました 明日は気温が高くなるそうなので出やすいでしょう アマナやサクラソウたちも賑わい出しているでしょう    

この頁トップへ 



終活わが生涯を振り返る第502話
21/02/18(木)  11:25更新
 
例年タイトル今日はアマナ日和
11/03/19
期待して十一時に自生地に着くが 連中はさぼっていた 陽光は燦々と輝いているが気温が12,6℃では間違っても花を開かない 受け付け用テントが張られていた まずはサクラソウ蕾の確認
 
13時を過ぎているが少しは目立ち出している気がする B区駐車場側から管理棟に向かっていると しゃがみこんで長いレンズでアマナを狙っている方がいた 通り過ぎたところで その方から「青木さん」と声がかかった 声の方向に振り向くが 最近の私の目は開閉が鈍く相手を認識できない 悪いことに相手は放射線予防なのか帽子にマスク 顔の一部だけしか見えない 近寄って目に覚えがあった

嫁取らずに写真べえ撮っている「さくらそう法律事務所」の弁護士・山本宜成先生だった
 
音楽著作権料闘争でお世話になってから十五年経った所為か白髪が増えていた 三年前に自生地で出会って以来だった 当然のことながらサクラソウのツボミを案内と四方山話 話しの中で磯田洋二はとんでもない先生でと言い出した 山本先生は蕨高校の出身だそうで そこに磯田洋二がいた 評判の悪い先生で幸いにも直接かかわりはなかったそうです 私がしきりと叩いていたのは理解できていたようです

蝶の専門家の関口忠雄氏がいて引き合わせたが 当サイトでたびたび取り上げていたので ああ あの関口さん と納得されていた

そうこうしているうちに 辺り一面でアマナがはっきりと見えだした 不満ながらも今シーズンの最後かもしれないのでシャッターしまくった

つづく      
   
2021年02月18日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 -0.1 0.0 西北西 0.3  
2 -0.3 0.0 北西 1.1  
3 -1.1 0.0 西北西 1.0  
4 -1.2 0.0 西南西 0.3 0.0
5 -2.1 0.0 西南西 0.5 0.0
6 -2.4 0.0 北北東 0.5 0.0
7 -1.8 0.0 北北西 1.2 0.5
8 0.9 0.0 0.8 1.0
9 3.8 0.0 西 0.6 1.0
10 4.5 0.0 北東 1.2 1.0
11 6.2 0.0 西南西 2.6 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) -3.0 06:31
最高気温(℃) 6.2 11:00
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
6.5(西南西) 10:54
※11時現在
冬が戻りましたね まあ 三寒四温時期だからね 幸いなことに関東暴れん坊が現れなかったことです
 
グズグズし過ぎたために 病院前に自生地行きができなくなりました 天気さえよければ明日は行きます

この頁トップへ 



終活わが生涯を振り返る第501話
21/02/17(水)  12:30更新
 
春だよ何時まで居座る冬将軍よ
11/03/18
十時まで自生地にいたが文字どおり冬の最中でした 北風ビュービュー 気温も氷点下から抜けきれずの北風ビュービューですから今年初めて寒さを感じた

昨日は食べそこなったので十一時前ながら肉の万世に向かった 昨日とルートが違い 埼大通りとの交差点は消灯した信号 笛の声が聞こえる 警察官が信号代りの交通整理でした

大手スーパーのシャッターが下りている こりゃだめだわと案の定駐車場入口にロープが張られていた 今日も食べられずじまいだ

帰りはルート17号にした 不思議な区画割りだった

昨日は市役所から北側が停電区域 今日は市役所直ぐの裏通りでは電気がついていた 通り一本ごとに停電であったり無かったりしていた

正午前後に停電させるガキ集団民主党菅政権は許しがたい 地方選では全滅させましょう 営業中に予告なしに電気を切られる 行きつけのガソリンスタンドがいうには 昨日は営業中に停電になって客が暴れ出したという

JR武蔵浦和駅構内の惣菜店舗らが夕方からの停電に備えて半額セールしたのに停電しなかった この損失を東電は持つのかね
 
日本沈没直前なのか今日も自生地は閑散としていた おかげさまで寒かった 昨夜来の氷点下気温で頭巾頭になったサクラソウは縮んで黒ずんでいた 日曜日の開花は消滅した 下手をすると平成十三年並になりかねません 開花一号に気がついたのが四月二日 凍傷で紫色で萎れていた あの感じに近づいた
 
つづく      
   
2021年02月17日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 3.5 0.0 0.8  
2 2.1 0.0 1.1  
3 1.8 0.0 北北東 0.9  
4 0.9 0.0 北西 2.2 0.0
5 0.2 0.0 北北西 1.1 0.0
6 0.4 0.0 北西 2.0 0.0
7 0.6 0.0 北北西 1.9 0.4
8 1.8 0.0 西南西 0.6 1.0
9 5.3 0.0 西北西 1.7 1.0
10 7.9 0.0 北北西 2.7 1.0
11 9.1 0.0 4.2 1.0
12 10.7 0.0 北北西 4.3 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) -0.7 05:38
最高気温(℃) 10.7 12:00
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
8.8(北北西) 11:49
※12時現在
今朝は冬が戻りかけたが快晴 自生地へ行くべきでしたが 例の怠けたゆえの左腰の激痛が収まらないので怠けました
 
ただし 原因が原因ですので 寝てするストレッチを倍に増やし 私の尾てい骨からオヘソまでの背骨がS字型に曲がっているので 常に右向きに寝ています
 
結果は 右腰の腰痛が付きまとっていた 先日は無理に左向けで寝てしまったために左腰が かつてない激痛に それだけではない 左足を床につけると腰と左足全体に激痛が走り 立つこともできない
 
そこで二日間 寝てするストレッチを倍に増やし 左向けに寝たために今朝はだいぶ柔いでいます 今日も増やしたストレッチと左向け寝で収めたい 明日は 14時から月一の検診日なので 何とか回ってみたいです だいぶ増えたでしょう 自生地はね
 
富士宮市で見える富士山は 頭隠して尻隠さずでした
.
富士宮ライブカメラより

この頁トップへ 
 



終活わが生涯を振り返る第500話
21/02/16(火)  13:41更新
 
東日本大震災で自宅待機多し?
11/03/16
一日二十時間もホームの点灯が福島原発の崩壊で計画停電や節電呼びかけでJRも 日中消灯に踏み切って電気代が節約できたでしょう

ルート17号大宮バイパス田島の交差点は震災以後 直進・右左折(上り方向)はつっかえて身動きが取れない 原因は 1km先にある田島団地入口のガソリンスタンドの行列のためでした    

志木街道(自生地方向)もつっかえている そこで急きょ右折(下り・大宮方向)に向かうも バイパス地下道から地上に出た地点で左車線だけが停止してしまった この先200mにガソリンスタンドがある それの行列だなと気付いて並んだ 30分ほどで補給できた 幸いでした あと30km分しかなかったのだった しかしながら一台当り20gの制限でした

不思議なことに 行きつけの同系会社なのに2900円 行きつけの昨日はリッター158円だった いずれにしてもこれで十日は走れる

自宅待機を命じられた方と自生地で出会った 東日本大震災はこういうことにも影響を与えた

そこで趣味?のカメラで花を求めに来た 例のでしゃばり癖で長い時間を奪ってしまった
 
つづく      
    
2021年02月16日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 9.6 0.0 西南西 3.2  
2 9.0 0.0 西北西 2.0  
3 8.9 0.0 北西 3.5  
4 8.5 0.0 北西 3.6 0.0
5 7.6 0.0 北西 2.4 0.0
6 6.5 0.0 北北西 2.2 0.0
7 6.2 0.0 北西 1.7 0.4
8 8.4 0.0 北北西 3.1 1.0
9 10.2 0.0 北北西 2.8 1.0
10 11.5 0.0 北西 3.1 1.0
11 12.2 0.0 南南西 1.5 1.0
12 13.6 0.0 南南東 1.5 1.0
13 13.9 0.0 北西 7.3 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 5.3 00:26
最高気温(℃) 14.4 12:29
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
13.8(北西) 12:31
※13時現在
冬が逃げたのに紺碧な空 十三時ごろから関東暴れん坊が暴れ出した 好天で自生地へ行くべきですが 昨日の大雨で糠ってるだろうと遠慮したのと 十二時間も寝すぎたのか 激しい腰痛で立てない 歩けない ので止めました
 
量を増やした寝てするストレッチと張り薬で退治しようとしているが 中々うまくいかない 数え歳96歳で 毎日する寝てするストレッチを怠けた 最後のは二日間 その前日以前は一日おきにさぼった罰が出たのです
 
パソも持ち主の意志に関係なく勝手に動く 超高齢てこんなことかな

この頁トップへ 
 



終活わが生涯を振り返る第499話
21/02/15(月)  17:55更新

前政権の電力界癒着で計画停電
11/03/14
東日本大震災で罹災された方々に謹んでお見舞い申し上げます

亡くなられた方々のご冥福をお祈りします

家屋倒壊が少ないなかで原発施設が水素爆発するとは自民党前政権の血税のつまみ食いの結果だろう 六時二十分に計画転電するので後日に取り上げます

自生地を含めた秋ヶ瀬公園内には自動車はほとんどない ガソリンが買えないからでしょう 私も買えていないので明日からは自転車で参る予定です
 
19:55 追 記 
昨日の政府指導による計画停電を東電は強請りの手段に利用したのかな? 今朝から実行すると宣言しておきながら実行しなかった JRは実行するものとして埼京線は始発からシャッターを下ろしたままでいた ところが停電はなかった JRは 否 鉄道各社は混乱に陥り通勤の足は奪われた

17時頃になって さいたま市 は第二次の六時二十分の停電を実施するとテレビで放送された それを見たワイフから伝達されて取り急ぎ画像のみを心がけたのに 一向に停電しない

これは前自民党政権が血税のつまみ食いの手段として原発を選んだ しかし 専門家からの危険提言なりが矢継ぎ早に出て やかましさを抑えるのにもっともらしく体裁を繕って実践された

そうでなければ 一般家屋の倒壊はそれほどでもないのに福島の第一原発がM9,0の大地震で1号機と3号機で水素爆発する訳は無い

倒壊したり爆発でも起きれば偉いことになると認識していたのですから最大地震にも耐えられる作りのはずだった それが一般家屋よりももろかったのが何よりの証拠だ

計画停電の結果はこうなるよ という脅しが停電させると言いながら二度も実行しなかったのである 作った当時の政権との間で闇取り決めでもあったのだろう それを今頃になってわしらだけの責任にすり替える 一蓮托生だよとばかり計画停電を悪用したのだろう でなければさいたま市の二次計画の六時二十分の停電が実行されない訳は無い

マスコミも相変わらず現政権攻撃に汲々としている そのよい例が 枝野幸男官房長官に対する執拗な福島第一原子力発電所追求だ

枝野幸男官房長官は福島第一原子力発電所とは何の関係もないのだ 技術屋でもない 作らせた張本人でもない 質問は東電または監督官庁に向けるべきなのだ こういう低能ぶりのマスコミが日本沈没の引き金となろう

 
つづく      
   
2021年02月15日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 13.5 0.0 南南東 1.8  
2 12.8 0.0 0.9  
3 13.3 0.0 南南東 1.4  
4 9.8 0.0 西北西 3.1 0.0
5 8.5 1.0 北西 1.3 0.0
6 8.2 0.5 1.8 0.0
7 8.1 0.0 北西 1.8 0.0
8 8.6 0.0 北西 1.4 0.0
9 8.8 1.0 西北西 2.1 0.0
10 9.1 3.0 北北西 1.9 0.0
11 9.8 7.0 2.8 0.0
12 9.2 7.5 北北西 2.9 0.0
13 9.9 13.5 北北西 5.1 0.0
14 10.2 13.0 北西 6.8 0.0
15 11.6 2.5 北西 7.2 0.0
16 12.1 1.0 西北西 9.4 0.0
17 11.6 0.0 北西 9.0 0.5
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 8.0 06:54
最高気温(℃) 13.6 01:25
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
17.6(北西) 16:44
※17時現在
 
今日は 朝から大雨だった これでサクラソウ自生地のサクラソウに勢いが付きますね いや ヤバイ! ノウルシ ノカラマツ その他の植生たちが サクラソウより早い成長で覆いかぶしてしまう
 
昨日から Windows10の更新をせよと表示されるのでクリックしたら 一日がかりの更新作業だった 結果は 全て変わったためにやりようがない
 
本当は今日から 2月後になるのですが 登録ができない やむなく 前に続いて更新せざるを得なかった
 
ひらがな入力もできない ひらがな日表示しているのにローマ字入力しかできない 娘に助けを求めて何とかひらがな作文ができました
 
この後も 苦労が続くので大変です

この頁トップへ 
 



田島ヶ原のサクラソウ突然大繁茂
21/02/13(土)  14:20更新

2021年02月13日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 5.0 0.0 北西 1.5  
2 4.5 0.0 北西 1.8  
3 4.1 0.0 北西 1.3  
4 3.0 0.0 西 0.8 0.0
5 2.4 0.0 北北西 1.2 0.0
6 1.5 0.0 北北西 0.9 0.0
7 1.5 0.0 北北西 0.6 0.1
8 2.8 0.0 北西 1.2 1.0
9 5.1 0.0 北西 1.9 1.0
10 8.1 0.0 北北西 1.2 1.0
11 10.0 0.0 南南西 0.6 1.0
12 12.0 0.0 南南東 2.0 1.0
13 14.0 0.0 南南西 1.9 1.0
14 16.0 0.0 2.3 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 1.0 06:31
最高気温(℃) 16.1 14:00
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
6.4(南) 13:06
※14時現在
 
毎朝寝てするストレッチを 生まれつきの怠け癖で二日も怠けたら 今朝は起き上がれない 激しい腰痛 動くことも 立つことも出来ない ここで負けてはアウトなので 膝と腰を曲げながら一階の居間で朝食を済ませ 寝室に戻って倍のサイクルでストレッチ 痛みはあるが みっともないスタイルは避けられた
 
十一日から氷点下が消え 気温も高かったので 今朝の好天を利用してサクラソウ自生地へ 電動アシスト自転車で出かけました 見た目にはは変化はない ただ シロバナホトケノザは元気だった
 
サクラソウの発見第一号を確認するも見当たらなかった 腰が持たないので歩道の縁石に座り込んだ
 
中年のご夫婦がしきに何かを探していた ここで 出しゃばり癖が出て 発見第一号を教え 消えたけど案内した 杭は五本目だった 発見第一号は成長していた
 
それを教えたところ 奥方が大声で叫んだ 付近は大繁茂していた 中には1cmを越えたのもあった
 
今の私は 明暗を振り分けられないので カメラのモニターが真っ黒で何が写っているのか わからない ままよと 勘で撮影 万一 ボケていたら編集で何とかなるべえと ただし サクラソウは一カットだけにして引き上げた
 
流石は元プロカメラマン きちんと写っていました
  
日曜日は休みます

この頁トップへ 
 



終活わが生涯を振り返る第498話
21/02/12(金)  12:15更新
 
東日本大震災後遺症特に原発
11/03/15
画像はルート17号別所坂下 左右のガソリンスタンドへの順番待ちの行列です 普段はガソリンを満タンにしていないのかね この様子が各ルートの地震直後から続いている風景です 各地の渋滞はこのために発生していました

そういえば翌日の(土曜)正午に行きつけのコンミニに立ち寄ると棚がきれいさっぱりと片付いていた 商品が配送されないからという

この度の大地震に世界が注目したのは 町が揺れで無くなる様子ではなく(そういう瞬間的な画像は不可能)町が津波という化け物に一瞬にして押し流されて消滅させられた様子が ワンシーンではなく 北海道から千葉県までの各地の各罹災映像が途切れることなく放映され続けたからです

本州側で約500km 北海道を含めると700kmになろうか この線上の町ごとが波に乗って消える様は世界史で初めてでしょう

来日中のチャイナ―留学生四千人が慌てて帰国したそうです 原爆症を嫌ったためです

そして その勢いを利用して 五万円の飛行機代は三倍の十五万円に跳ね上がっているそうだ

いずれの国民も足元を見てゆすり的な商いをするものだ 今日は買えなかったが行きつけのガソリンスタンド(セルフ)昨日の140円台が158円になっていた 情報によれは5リットルしか売らない ハイオクしか売らない やりたい放題のようだ

計画停電ですが 我が住まいの一帯では計画発表はあっても停電していない 停電中の時間なのに どうもね JR武蔵浦和駅から150mにあるため車両電力でない駅舎用一般電力は供給するため その供給範囲に入っているからではないかな

自生地のアマナは冷えた東風で閉じて震えていた ノカラマツが目立ち出した A区早咲ブロックでは もう早咲きではないとくさしたのを気にしたのか 総苞を割っていた蕾が頭巾頭に進化した 今週末に開花第一号となるでしょう 今日も公園内の駐車場は閑散としていた
 
つづく      
   
2021年02月12日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 4.7 0.0 北北西 2.1  
2 3.3 0.0 北西 1.9  
3 3.4 0.0 1.1  
4 2.4 0.0 北北西 0.9 0.0
5 1.6 0.0 北西 1.9 0.0
6 1.6 0.0 北西 1.5 0.0
7 1.5 0.0 1.5 0.0
8 2.2 0.0 西北西 1.6 0.0
9 4.0 0.0 西北西 1.4 0.0
10 6.0 0.0 1.7 0.1
11 7.8 0.0 西北西 1.1 0.5
12 9.1 0.0 南南東 0.6 0.1
  データ 時刻
最低気温(℃) 0.7 06:23
最高気温(℃) 7.9 11:00
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
3.8(北北西) 09:35
※11時現在
早くも初春に突入か 今朝の最低気温はプラス乍ら真冬並みの七時でした 二月はあと半分あるので氷点下はまだまだ出てくるでょう 過去の最低気温は三月五日で終わっていました 今年はどうかな?
 
明日は曇りらしいですが サクラソウの確認に自生地参りします

この頁トップへ 
 



終活わが生涯を振り返る第497話
21/02/11(木)  13:15更新
 
昨日の大地震我が家周辺は奇跡
11/03/12
地震に気を取られて未だに氷点下気温が続いていることを忘れてしまった もう春だから春らしくしてくれよね お空さん

地震が何故奇跡か 震度六弱の揺れは初体験だった 東西に揺れ幅は約50cm しかも第一陣の揺れは十五分以上も続いた 揺れる速度が速いために我がボロ家も倒れそうで倒れる暇はなかったようだ

最大なる奇跡は液状化しなかったこと 我が家周辺の地質は6mまで豆腐状 6〜8m砂状 その先は35mまで豆腐状 最初の大揺れは五分以上も続いた そこで撮影と気付いて動画撮影するほどですから水分いっぱいの豆腐状ですから かき回されて泥水があちこちに上がっていたはず それがJR高架のコンクリー板が三枚落下しただけとは奇跡の何物でもない

今も休みなく大小と揺れている 地震さんは遊んでいるのかも  

奇跡は我が家そのものにも発生していた 言葉より画像でどうぞ
 
左右に大きく揺れるだけですので上の棚のものは落下しなかった
 
このテレビの真ん前に寝ているワイフの頭がある 常に気になっていた 地震が来れば間違いなく落ちる 落ちればワイフの顔はダンプに踏みつけられた蛙の顔になるとね それがご覧のとおりになっている

ガラスを突き破らなかった 触れたところで停止している これ以上の奇跡は無いでしょう そっか しまったよ 昨日宝くじを買うべきだったなあ
 
つづく      
   
2021年02月11日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 2.3 0.0 南西 1.8  
2 2.1 0.0 北北西 1.5  
3 1.9 0.0 西 1.5  
4 1.9 0.0 西北西 2.1 0.0
5 2.0 0.0 北北西 1.8 0.0
6 1.8 0.0 1.9 0.0
7 4.4 0.0 北北西 2.9 0.3
8 6.1 0.0 北北西 3.5 1.0
9 8.4 0.0 北北西 5.1 1.0
10 9.9 0.0 北北西 5.6 1.0
11 10.6 0.0 北北西 8.5 1.0
12 11.6 0.0 北北西 5.7 1.0
13 12.1 0.0 北北西 7.8 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 0.8 00:29
最高気温(℃) 12.4 12:46
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
16.2(北) 10:43
※13時現在
この地震を取り上げると 不思議な現象が起こりました 昨日もそうでしたが 思い出せません 今日のは 最終画像を挿入した瞬間 制作画面が真っ白になりました 何をやっても治りません そこで最後に保存したところに戻るをクリックすると なんと 一文字が画面いっぱいに広がりました
 
過去の登録画面もバケモノでした ところが プレビューをクリックすると ちゃんと再現されています ただし プレビュー画面は小さくなるので再利用ができません 約一時間も苦労したが 諦めて再起動して見ましたら 元に戻りました
 
私が狂いだしたのか バケモノたちが妨害に入ったのかな?

この頁トップへ 
 



終活わが生涯を振り返る第496話
21/02/10(水)  11:20更新
 
大地震だ〜当市は震度六 今も揺れてる
11/03/11
14:45に大揺れ 震度六だったそうだ 一時間経過したのに揺れ続けている 震度六以後は震度五程度が二度もあった 古ぼけたわが家はつぶれそうな揺れだった 今日はこれだけにします
 
16時現在も揺れている 大丈夫か東京の超高層ビル 一時間十五分も揺れている どちらさんもお大事に お見舞い申し上げます
 
つづく      
   
2021年02月10日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 2.2 0.0 北北西 2.3  
2 2.0 0.0 北北西 3.2  
3 2.1 0.0 北西 3.2  
4 0.6 0.0 北北西 1.4 0.0
5 -0.9 0.0 北北東 1.7 0.0
6 -0.8 0.0 1.7 0.0
7 -1.1 0.0 北西 1.3 0.3
8 1.3 0.0 西北西 1.3 1.0
9 3.8 0.0 南西 2.1 1.0
10 7.1 0.0 北西 1.8 1.0
11 8.3 0.0 西 1.6 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) -1.8 06:46
最高気温(℃) 8.5 10:58
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
5.8(北北西) 02:33
※11時現在
振り返るで十年前の 東日本大震災 に到着しました 我が家は東西に揺れた さいたま市は震度六もありながら液状化はなかった 我が家から東へ400m先で液状があった情報で見に行ったが何処だか 分からなかった 明日も 振り返る で取り上げます
 
その後に大津波発生 福島の原発が大被害 福島以北では津波被害が凄かった
 
自生地への探索は土曜日を予定しています

この頁トップへ 
 


サクラソウ発見第一号たった一株
21/02/09(火)  14:15更新

2021年02月09日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 1.6 0.0 北北西 5.7  
2 1.4 0.0 北西 4.5  
3 1.1 0.0 北北西 5.1  
4 0.2 0.0 北北西 3.4 0.0
5 -0.4 0.0 北西 2.0 0.0
6 -1.0 0.0 南南東 0.5 0.0
7 -0.1 0.0 西 1.6 0.3
8 1.9 0.0 北西 2.2 1.0
9 3.5 0.0 西北西 4.0 1.0
10 5.1 0.0 西北西 4.2 1.0
11 5.9 0.0 北西 4.0 1.0
12 6.9 0.0 西北西 4.5 1.0
13 8.2 0.0 北西 5.5 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) -2.1 06:11
最高気温(℃) 8.2 13:00
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
14.4(北西) 12:23
※13時現在
 
予定通りサクラソウ自生地へ 今年は温暖化が逃走したために以前の陽気が続いた 延焼防止ゾーンにあるノカンゾウが二ヶ月遅れです 当然サクラソウもダメ 明暗が見分けられない私には暗部は真っ黒で何があるのか さっぱりわ
からない
 
駐車場側は陽だまり区域 特に記念石碑付近はサクラソウの芽出しが早い がです 今シーズンは地球温暖化以前の様相に戻った感じ 全てが二ヶ月遅れです
 
諦めかけた時 記念石碑側の杭五本目あたりに緑の粒があるように感じた 邪魔者をかき分けたら 三ミリ程度の粒 とにかくシャッター 撮影画像を拡大して見るとサクラソウだった 地表から三ミリ程度 今シーズンの発見第一号でした

この頁トップへ 
 



終活わが生涯を振り返る第495話
21/02/08(月)  12:45更新
今日の自生地の正午ごろの南風は頬を刺す冷たさであった
A区早咲ブロックという名称はもう変えないと駄目ですね 一昨年から早咲きで無くなったから

今日はめったに回らないこの画像から左(A区東端)へ向かった 一週間前にあった柵沿いのサクラソウが見えない 目がだいぶ悪くなったのは事実ですが 電柱脇の一角だけ認知できた そうです ノカラマツの繁茂で包み込まれたのでした
E区の絵看板付近にいると十字路付近で誰かが礼をしてくれていた 二、三重に見える目では誰だかを認知できないが 体の動きと手の振り方で 文化財保護課の野尻課長補佐さんと知る

決して威張らない方でして この横柄な私に対しても友達のようにふるまってくれる 私の持論であるサクラソウ論を展開
 サクラソウゆえに天然記念物として認可されたもの ついでに他の
 植物もということになったにすぎない 人びとはサクラソウ目当て
 で来られるのですから 無いならともかく あるのにノウルシや
 ノカラマツに遮られて日の目を見ないのは悲しい
 せめて十字路までの両側を高枝バサミの範囲を剪定すれば済む
と延々と持論を展開した

野尻さんは
 たしかに人々は遠くからサクラソウを見に来られる訳ですから
 見せる工夫ね 私が課長であれば何でもやるんだが
と言われた 私はすかさず
 ダメダメ ここを知らないものが課長にいては壊される 野尻
 さんが 今すぐにでも課長になるべきだ 長年かかわったもの
 でなければどうすることもできないよ
 儀修さんのように三十数年も在籍するから何もかも知りつくせた
 のだからね

どうするかを専門家を何人も集めて会議しているとのこと 私は早速に反対した 何も知らんものが何を決められますか ここの現状はどういうものなのか 気候・温度・降水などがどうなっているか それによってどう変化しているのか それにはどのように対処するのか 実情を知らないと無理でしょう 三年間も調査にかかわった鷲谷いずみ氏のようなインチキ論が飛び出したりね

できれば毎日でも洗脳すれば目の前にあるサクラソウを咲かせる努力に気が行くでしょうが 忙しい方ですから無理 私は私で言葉忘れが激しくヒロハノアマナ前で語っていながら その「ヒロハノアマナ」が出てこない 何度も 何だったけ なんて教わる始末でした

ここで野尻さんと別れて 花弁四枚ブロックへ 昨日まで無かったのに賑わっていた
毎年同じ場所にできるものですから昨日も立ち寄っていた 何処を見ていたんだろうか ここまで来るには一週間はかかっていたはず しゃがみこんで見てもいたのに 柵から50pのところで大賑わいだ あの冷たい南風で開きはしなかった 十四時に再度立ち寄るが変わらなかった
    
2021年02月08日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 6.0 0.0 北北西 4.7  
2 5.7 0.0 北北西 4.2  
3 4.1 0.0 西北西 1.5  
4 2.3 0.0 西 1.9 0.0
5 3.3 0.0 南西 1.0 0.0
6 1.9 0.0 西北西 0.8 0.0
7 2.6 0.0 北西 1.3 0.0
8 4.4 0.0 北北西 2.6 0.0
9 5.4 0.0 北北西 4.2 0.0
10 5.6 0.0 北北西 4.5 0.0
11 6.7 0.0 北北西 5.4 0.0
12 7.9 0.0 5.9 0.5
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 1.4 06:32
最高気温(℃) 8.0 11:47
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
11.5(北北西) 11:54
※12時現在
 
先週の後半は春めいていた 昨日の日曜日に至っては16,7℃もあった 今日は寒が戻る予報でしたが 夜半は春気温 最低気温は一時間繰り上がって六時だった ただし 日中気温は冬です
 
自生地のサクラソウは芽出ししたでしょう 今日は確認に行く予定でしたが今朝がたのどんよりした雲の様子で諦めました この時間では晴れていた 今からでも遅くはないが 怠け癖がくっついてしまったために駄目でした 車族なら出かけられたがね この年で自転族では気が乗りにくい 残念至極
この頁トップへ 
 


終活わが生涯を振り返る第494話
21/02/06(土)  11:25更新
 
冷えた春の予想的中 三月に雪
11/03/07
認知症傾向がだいぶ顕著になった 土曜日に「明日休みます」を入れ忘れた 作業中は意識の中では予定していたが 出来上がりには予定の「よ」の字もなかった 何事においてもこの傾向が続いている

常連の皆さんは承知の助なのか訪問したのは5分の1程度でした

――明日も零度以下になるようでしたら冷えた春になりそうだ――
土曜日の予想が的中でした 六日も氷点下 七日の今日は九時過ぎにみぞれから雪に変わった

今朝の四時では雨もなかった 二度寝で目が覚めた七時半では雨だった 九時半ごろ 表を見やると白く光る雨だ まさかとじっと見るとみぞれが見る見るうちに雪になっていた 慌てて撮影 低いISOでは玉または粒として捉えられない ソニーR1は3200でようやく様になる キャノンS5は1600止まり 粒子も荒い 直さずに自生地でも撮影するが画像はザラザラだ
白い自生地を撮るべく出かける 街中では車に痕跡はあるが地面は濡れているだけ 一方 左岸土手からでは街中よりも冷えるのか真っ白だ
旧志木街道から全景撮影するが 急斜面を滑らずに降りられるか自信はなかった 無いのが正解 上の画像の位置から一気に滑ってしまった 5mでしたが 綿入れの作務衣のズボンを通過してパンツまで濡れてしまった 気持ちいいはずはないので来た印のみにして引き上げた これを整理中にも雪がまたも降り出し 十分ほどで消えた

今日は7日 サクラソウはまだ小さい 昨年の今日はツボミが出ていた 私の85歳の誕生日まで六日 蕾さえないだろう
 
つづく    
   
2021年02月06日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 4.4 0.0 北西 1.5  
2 3.5 0.0 北西 1.3  
3 3.2 0.0 北北西 1.7  
4 2.5 0.0 0.5 0.0
5 1.8 0.0 西北西 1.0 0.0
6 1.7 0.0 西北西 1.8 0.0
7 1.1 0.0 西 0.6 0.0
8 2.8 0.0 1.5 0.7
9 5.3 0.0 北北西 1.8 1.0
10 7.6 0.0 北西 1.7 1.0
11 9.5 0.0 1.1 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 0.6 07:24
最高気温(℃) 9.8 10:50
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
3.3(北北西) 09:23
※11時現在
プラス気温乍ら 最低気温は七時でした 正に真冬です が 日中は15度を越える予報 明日も高気温らしい このまま行ってくれれば月曜日は 今シーズン初の本格的なサクラソウに会えそうです
日曜日は休みます

この頁トップへ 
 



終活わが生涯を振り返る第493話
21/02/05()  12:25更新
 
今日は雛祭り 天空でも祝い行事
11/03/03
疲れを知らない関東暴れん坊が暴れまくっている 地上だけではなく天空にも素晴らしい模様入りの雲の帯を飾っていた

自生地は特筆する変化はまだない
 
つづく       
   
2021年02月05日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 2.7 0.0 北西 1.8  
2 1.5 0.0 北北西 1.6  
3 1.0 0.0 北北西 1.0  
4 1.4 0.0 北西 0.8 0.0
5 2.9 0.0 北西 3.2 0.0
6 2.9 0.0 西北西 1.5 0.0
7 2.6 0.0 北北西 2.8 0.2
8 3.5 0.0 北北西 3.3 1.0
9 5.3 0.0 北北西 4.0 1.0
10 6.7 0.0 北西 4.2 1.0
11 8.2 0.0 西北西 2.6 1.0
12 8.5 0.0 西南西 1.4 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 0.2 03:48
最高気温(℃) 9.0 11:56
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
7.4(北西) 09:10
※12時現在
昨日は南関東(太平洋側)で春一番だった 史上二番目の早さとか 荒川のこちら側のさいたま市では手が届かなかった
 
明日(土)明後日(日曜)は16℃前後になるそうですので サクラソウ起こしには最適でしょう もう皆様お気づきでしょう 振り返るではサクラソウが盛んですよね 月曜日に発見できるかと 期待しております

この頁トップへ 
 



終活わが生涯を振り返る第492話
21/02/04(木)  11:30更新
 
いいお湿り 全域でニョキニョキ
11/03/01
昨日の総雨量は25_ 干天の慈雨だった 一日中冬日の上にみぞれが夕方まで続いたというのに 今日は全域でサクラソウがニョキニョキだった 喜んだのはノカラマツ 遠慮会釈なくほぼ全域で絨毯を敷き出した

不思議なことにヒロハノハナヤスリが常駐ブロックで見当たらない
昨年は3cmほどに成長していた

サクラソウの最終ランブロックの昨年は早くに他のと同時発芽していたが 今年は元に戻り花弁四枚ブロック共々最終ランかもしれない

不思議といえば ヒロハノアマナほど不思議なものは無い アマナは一月の頭から発芽するが ヒロハはやっと十日前 それが今日は成人して蕾を持ったのが現れた 毎年虚を突かれる 誕生は遅く 終焉はアマナより早いのだ

夕方からまたも雨 いよいよH15年に近づいたようだ
 
つづく      
    
2021年02月04日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 1.5 0.0 北北西 1.3  
2 0.8 0.0 北北西 1.2  
3 -0.5 0.0 北北西 0.5  
4 -1.7 0.0 南南西 1.1 0.0
5 -2.2 0.0 静穏 0.2 0.0
6 -2.5 0.0 西南西 1.5 0.0
7 -2.5 0.0 東北東 1.0 0.1
8 0.5 0.0 北北東 0.4 1.0
9 3.5 0.0 東南東 0.9 1.0
10 7.9 0.0 1.6 1.0
11 10.8 0.0 4.7 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) -2.9 05:28
最高気温(℃) 10.8 11:00
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
9.2(南) 10:57
※11時現在
 
20kmしか離れていない東京は六本木の八時台で気温は8℃と テレ朝で報道していた さいたま市では0,5℃だった 8℃強も違ってくるんですね
 
2018年から異常気象続き 夏は猛暑 秋冬は寒冷 こうして当市では地球温暖化が消え 特に今年の自生地のサクラソウは芽出しは未だです まさか 20年前に戻る だろうか
 
家にいると 腰痛 左足の関節痛で踏んづけたときに激痛が走る 年は取りたくないとこぼししていたが 昨日の自生地では 前記の状況は何もなかった 文句なく歩けた ただし 歩いた距離は30m以内でした

この頁トップへ 
 


終活わが生涯を振り返る第491話
21/02/03(水)  13:40更新
 
今年は乾くと必ず来る給水車
11/02/28
早いな 早くも二月 なんて暢気に構えていたら二月の最終日になっちまった 予報どおり雨になった 自生地に向かう道すがらフロントガラスに当たった雨粒は液体ではなく固体だった みぞれであろう

自生地に到着して傘さしては撮影に邪魔 そこで雨具と雨靴に履き替えるのだが 狭い車内では何もできないので降りしきる車外ではきかえた

毛がまるでない頭のてっぺんでパチッパチッとはたかれた 紺色の作務衣に落ちたのは雪と氷の塊が解けずにくっついていた これか 脳天を太鼓がわりに叩いたのは

見事なタイミングでの散水はいい方向に向かっている 今年のはH15年並ですので このまま推移してくれれば部分的に絨毯が何枚も見られよう
 
つづく 
   
2021年02月03日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 1.2 0.0 北北西 0.7  
2 1.5 0.0 西南西 2.2  
3 -0.1 0.0 西北西 0.7  
4 0.0 0.0 西 0.4 0.0
5 0.0 0.0 南南西 1.1 0.0
6 -1.4 0.0 北西 1.7 0.0
7 -1.6 0.0 西北西 0.5 0.2
8 1.3 0.0 静穏 0.1 1.0
9 3.6 0.0 西 0.7 1.0
10 6.0 0.0 0.9 1.0
11 8.6 0.0 南西 1.5 1.0
12 9.8 0.0 北西 2.4 1.0
13 10.5 0.0 北北西 3.8 1.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) -2.3 06:29
最高気温(℃) 10.8 12:59
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
8.7(北西) 12:22
※13時現在
24日ぶりの自生地です 残念ながら 1/8に発見したサクラソウもどきは行方不明です そして 全体としては2001年以前に戻った感じです
 
今シーズンは冷えすぎた 暖かい日もあるが サクラソウどころか力強いノウルシまでが 1/8から一ミリたりとも成長していない これじゃサクラソウは動かないのでしょう
 
A区と元駐車場境にあった シロバナホトケノザは消えていたが 原種は元気だった

この頁トップへ 
 


終活わが生涯を振り返る第490話
21/02/02(火)  11:45更新
 
本来は真冬 しかし 空気は春だ
11/02/23
昨日は氷点下 今日は零度ながら穏やかな一日でした 自生地ではがれば付近でサクラソウらが勢いをつけてきました
 
つづく
   
2021年02月02日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 4.3 0.0 北北西 1.4  
2 4.4 0.0 2.1  
3 4.0 0.0 北北西 1.4  
4 3.2 0.0 北西 2.4 0.0
5 4.2 0.0 北北西 1.5 0.0
6 3.5 0.0 北西 2.2 0.0
7 3.9 1.5 北北東 1.8 0.0
8 5.9 0.5 北東 1.5 0.0
9 6.7 0.0 1.7 0.0
10 8.9 0.0 西 1.3 0.3
11 9.8 0.0 1.4 0.0
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) 3.1 03:58
最高気温(℃) 9.9 11:00
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
6.3(北北西) 04:15
※11時現在
予報どおり通勤時間帯に雨が降りました 正午から晴れマークが続きましたが 怪しいので明日から快晴が続くので 今シーズンの活動は明日からにします 今日は16℃まで気温が上がるそうです
 
この状態ですと 自生地のサクラソウは正常に成長しているでしょう 楽しみです
 
最近の私は狂いっぱなしです そしたら カメラは狂い パソも狂い出している ホームページビルダーまで狂って 6日分の原稿のファイルが行く不明です そこで 頭の中が蘇って苦も無くこのページの作成ができました 長生きはつらいよ 耳はよく聞こえない 携帯での音声は立派に聞こえるのに 言葉がザーザーと聞こえる それで通じない イヤホーンと考えてたが 携帯があんなんでは役に立ちそうもないでしょうね

この頁トップへ 
 


基本データがトンズラですので
21/02/01(月)  13:55更新
 
2021年02月01日 さいたま(サイタマ)
時刻 気温 降水量 風向 風速 日照時間
mm 16方位 m/s h
1 -0.6 0.0 西 1.7  
2 0.0 0.0 北西 2.4  
3 -0.3 0.0 北西 1.3  
4 -0.2 0.0 北西 1.7 0.0
5 0.2 0.0 1.4 0.0
6 0.0 0.0 北北東 1.5 0.0
7 0.1 0.0 北北西 2.5 0.0
8 0.1 0.0 北北西 1.8 0.0
9 0.5 0.0 北西 2.1 0.0
10 2.4 0.0 北北西 2.2 0.0
11 4.1 0.0 北北東 1.5 0.4
12 6.1 0.0 東北東 1.3 0.9
13 8.0 0.0 北北東 1.4 0.8
気象庁より
  データ 時刻
最低気温(℃) -1.2 00:57
最高気温(℃) 8.0 13:00
最大瞬間風速(m/s)
(風向(16方位))
4.6(北北西) 08:15
※13時現在
 
今朝の九時ごろに さざめ雪だったので怠け者の背中を押してくれました 残念でした 出かけられたのにです それとHP作成できないように何かが妨害したのか 振り返るの基本データが行方不明なので 別の観点から投稿します
 
自生地で 二代目委託研究員の埼大の先生は私の言い分を快く聞いてくれていましたが サクラソウ通信第29号では学者らの欠点がもろに出ていました
 
埼大の先生が二年目に当たるので 自生地については何も知らない時期です 前年に担当するも無風ゆえに野焼きは失敗したのが最初の経験ですね なのに 学者らしくしたいのが 過去の他人の文書を内容が信用できるどうかも確認しないで 自分の意見として書き込んでいます その一部を転載します
 
信頼できる大学教授と思ったが やはりマニュアル派だった
半数に激減した理由を
地下水位の低下に伴う乾燥化=花粉 媒介昆虫の減少などが指摘され=サクラソウは 3 月中旬に芽吹 き
先ず この三項目は全て嘘です
★地下水位の低下に伴う乾燥化★
田島ヶ原サクラソウ自生地は有史以来の乾燥地です 壁土に最高の荒木田土質です 降った雨水は勢いよく地下深くに沈み込みます それと大正五年に自生地の七人の地主たちが 自生サクラソウの保護を政府に要請した際 担当したのが 三好学博士 同九年の指定願申請書に添付した 調査報告書に
度々洪水に見舞われるも 平時は地面乾固しひび割れる土壌他と異なる と明記されているように雨以外は乾燥しているのです さくらそう通信第5号に明細しています
★花粉 媒介昆虫の減少などが指摘され★
地球温暖化以前では有史以来送粉昆虫はいなかったと
昆虫について
特別天然物田島ヶ原サクラソウ自生地・保護増殖実験調査事業報告書 第3に次のことが書かれています
明治36年(1903)、雪吹敏光が他の植物では自らの観察が含まれているのにサクラソウに関しては訪花昆虫への言及がない。
明治39年(1906)7月、梅沢親光。戸田ヶ原
明治41年(1908)4月25日、矢野宗幹。戸田ヶ原
昭和16年(1941)5月11日、植村 利夫。田島ヶ原以上の4氏とも昆虫が稀だと報告している
★サクラソウは 3 月中旬に芽吹 き★
この先生はまめだと思っていたが  私が前年1月にお会いした時は必ずサクラソウが芽吹いていることを告げていたのに 二年も続けて指摘していたのに それを無視して地球温暖化以前の資料を引用している
2001年(平成13年)までは サクラソウの芽出しは三月九日前後でした 地球温暖化に突入し出した2002年は2月10日前後 2003年からは1月10日前後に芽出ししているのです この変化は現在も続いています
以上のように 信頼できそうな先生でも論じるときは 現在の状況を無視し 正しくなかろうと過去に発表された資料を そのままに使うのですね こういうことから 青木儀修さんが私にこぼしたのはこの様な悪い癖を 告発してほしかったんですね

この頁トップへ

3月へ  戻る  花期・道順  トップページ