戻る  花期・道順  トップページ  

サクラソウ3月

 3月前の目次 
 95歳2日前にサクラソウが万歳祝  .    
    


終活わが生涯を振り返る第514話
21/03/12(金)  13:12更新
 
磯田洋二の愚行は血税無駄使い
11/04/05
何が愚行か 一枚目の画像を見てください これは磯田が「さくらそうを守る会」の会員たちの前でノウルシを抜いて見せ その後に何が出てくるかを見るということらしい これほどの愚行はざらにあるもんではない なぜなら 磯田は専門家として長年血税で食ってきたのだ

そして その間 幾多の植生を抜いたり掘り起こしたりさせてきた だから抜いた後に何が出るのかは先刻御承知のはず ↓は川越の野原博さんが目撃して証拠として撮影し 送ってくださったものです
 
事実知らないとすれば専門家として血税で食ってきたのは詐欺に当たる 画像のようにサクラソウをふんづけ何かを掘り起こしている ここにはノウルシも見える 当然 抜いたであろう しからば その後に何が出たかを見ないでいたことになる 一事が万事 思い付きだけで行動しているのだ

磯田は無意識に田島ヶ原の自生サクラソウを 天然記念物に指定させた三好学博士をインチキ呼ばわりしたことを後日再度取り上げます
 
つづく      
 
 
さいたま市で桜花が一輪咲きました 場所は JR武蔵浦和駅沿いの武蔵野線高架並びの 西南桜通りです 私が観察するようになってからでは べらぼうに早い開花でした 一番早かったのは十六日でした 
明日の土曜日は 私の95歳の誕生日 心がけが良いのか 明日は豪雨との予報に対して サクラソウ自生地でも昨日は一輪咲いてくれました そして今日は桜花が 95歳万歳と咲いてくれたのでしょう
 
まさに 95歳!!!

この頁トップへ



95歳2日前にサクラソウが万歳祝福
21/03/11(木)  14:28更新
 
予定通り自生地へ ノウルシが自生地内を覆い被さってきた A区の早咲きブロックのサクラソウの花芽はどうかな なんと30cm奥でツボミが二株もあった 土曜日に咲きそうですが 雨の予報なので自転車族では出かけられない 残念至極
 
ところが 蝶の専門家の関口忠雄氏が
 B区駐車場側の中央付近でサクラソウが咲いている
と教えてくれた ここは絶景区なのですが いの一番に咲いたのは歴史上初めてです
 
土曜日は雨の予報なので 私の願いをかなえてやろうと 今日の訪問に咲いてくれた
 
高齢者の誕生日におめでとうは無いね 先がないのにおめでとうでは早く死ねというに等しい と80歳のころから騒ぎ立てた そして 82歳の時に 年2度はサクラソウと私に会いに来ていた 東京の女史が
 82歳万歳
とメールが来ていた これです おめでとうではなく こんなに生きてきたのは万歳なのです
 
お気づきの方は 95歳万歳でお願い致します
 
関口さんからは ヒロハハナヤスリとノジスミレを教わるが 腰の痛みで記念石碑付近のヒロハハナヤスリだけにして 引き上げました
 
今日は東日本大震災の10年目に当たるので
 浮ついている場合ではないですが 重なったのでお許しを

この頁トップへ

戻る  花期・道順  トップページ