5月後へ  戻る  花期・道順  トップページ  

自然の四方山話5月

月前の目次 
 終活わが生涯を振り返る第542話 
 大手不動産屋の詐欺商法を糾弾 
 終活わが生涯を振り返る第547話 
 終活わが生涯を振り返る第550話 
 終活わが生涯を振り返る第543話 
 終活わが生涯を振り返る第545話 
 終活わが生涯を振り返る第548話 
 終活わが生涯を振り返る第551話 
 終活わが生涯を振り返る第544話 
 終活わが生涯を振り返る第546話 
 終活わが生涯を振り返る第549話 
 約一ヶ月ぶりの自生地と子供の森 
    


約一ヶ月ぶりの自生地と子供の森
21/05/14(金)  14:50更新
   
きつかったな 息切れも激しい 百mごとにしゃがみん込んで疲れをいやす これの連続でした
 
五十年前にサクラソウ自生地がある浦和市に移住して幸せでした サクラソウ自生地を知って仕事がない時は詰めっきりでした
 
その際 自生地にあるノウルシはサクラソウと切っても切れない間柄 夏の暑い時期では ノウルシがサクラソウに影を作って守っているからです 毎度聞かされていた 当時は気が付かなかったが 30年ぶりで毎日情報集めをしているとき 4月末ごろからノウルシが紅葉するではないか 紅葉とは葉が落ちることですから 影を作ってあげられるわけはない 自生地では このような大嘘が 官僚が云う「学識経験者」らによって撒かれていたのでした
 
秋ヶ瀬公園内の各駐車場は使用禁止されていた メインストリートと子供の森横堤通りは通れるが 駐車は出来ない お陰様で空気清涼でした 画像のオランダゲンゲまでは自生地です
 
コロナ問題の所為なのか 秋ヶ瀬公園内の木々は至る所で枯れていた 特に 子供の森の駐車場の奥にある桜の樹は枯れていた
 
コロナ菌は人間だけではなく木々にも感染させるのかね ならば 恐ろしいですね オリンピックどころではないよね オリンピックで金儲けする連中は全員感染させてね コロナ菌さんよ

この頁トップへ
   



終活わが生涯を振り返る第551話
21/05/13(木)  09:50更新
 
シロバナユウゲショウ雨に映える
11/06/17
六月に入って今日までに約100mmも雨は降った 小降りになったところで重い腰をあげた

上空は雨雲で暗い レーダー図では当市の一部を除いて雨雲がないのに関東地方全域で降雨は記録されている 撮影中も降ったりやんだり ユウゲショウと言われるだけあってアカバナユウゲショウの大半が閉じていた

この環境でシロバナは元気だ
 
つづく      
 
今朝のニュースで 梅雨入り模様 と報じていた そうすると史上最も早い梅雨入りは確定ですね
 
今日は月一の定診日 コロナ問題でタクシーはは乗りたくないが 自転車族ではやむなしか
 
一旦やんだ雨がまたもポツリポツリと落ちだした 70m先を2000ミリレンズでシャッター ボケぼけでした

この頁トップへ
   



終活わが生涯を振り返る第550話
21/05/12(水)  11:20更新
 
コカモメヅルは早朝の花なのに
11/06/16
昨年のしつこい観察で08時前後に一斉に咲いて三十分ほどで閉じ出すことを発見しながら この時間では良い絵は撮れない そこへアクシデントが発生する
 
この子ネコにとって 食事が目的ではなく 私に飛びついて犬のように顔を舐めたいのだ 猫の仕草ではない まるで犬だ 何とか食べるよう促すと二、三口で止め私にすりすりする 家の猫を扱うようにすると よだれは垂れるわ クウクウ言うわ この子にとって最高の瞬間のようだった

薬師堂の猫たちと比べると人間への甘え方がまるで違う 人間に最低でも半年は可愛いがられた経験からの仕草です

私にとっては弱ることになります 私を探すポイントを掴んだチビは毎日のようにまつわりつくでしょう 撮影にも支障が出ますね

まつわりついて離れないために取材を諦めてチビと別れ 桜草公園池へ 野原では蚊はいないが 森の中は凄いですね 蚊取り線香を意識から遠くに置いたものですから しまったと思ったが 車に積んでいるのだから戻れば済むのに その気は起きない 体力不足ゆえ

車の元へ戻るコースに 子供の森を一周できる舗装道路を歩いていると 耳が遠くなった私にもエンジン音が聞こえた 通行禁止なのに 振り返ると 秋ヶ瀬公園管理事務所のパトロールカーだった

慌ててよけてあげた パトロールカーの後ろで 若い老夫婦に会釈された 見覚えのない顔なのに 以前 自生地でお会いしていて私の毒気にさらされた方でした 人の顔がなかなか覚えられない

昼食には時間が早過ぎる 帰宅ももったいない そこでNHK電波塔周辺の田んぼで遊ぶことにした 最後二枚の画像はドクダミです
 
つづく      
 
関東の梅雨入りは私の勘違いだったようです 雨の卦もなく 薄日さえさしている なのに 出かけることはしない 超高齢だと 一旦休むと再起不能のようです その上 生まれつきの怠け者のですから余計ですね
 
ここ三、四日は なぜか 08時〜09時前後に目覚める 朝食は二時間かける これではこの時期に出かけても出会えない花が多い
 
なんて言い訳だらけだよね

この頁トップへ
   


終活わが生涯を振り返る第549話
21/05/11(火)  12:51更新
 
ネジバナ期待に応えてぞくぞく
11/06/15
帰宅したのが遅かった上に二時間も昼寝 加えて猫の検索で時間を取られて今日もこんな時間になってしまった

今日は早出した 最初に桜草公園池 続いて元駐車場でシロバナマンテマとネジバナらとランデブー ところが 千原さんが作った大きな目印に立っても何もない その上 涼しい南風だというのに立ち眩みが激しい

ままよと しゃがみ込んでいると なんと足元にネジバナ 喜び勇んでシャッター 目線の先にまたもネジバナ その先にも 目線の先に千原さんの姿
 
二人で桑の実を食してから自生地内に入る やはり専門家は凄い 根気とまめさでついに本年最初のコカモメヅルを見つける
 
昨年出会った親子猫のねぐらに着くと 親猫と黒トラの子猫がいた 親猫は車に覚えがあるのか 振り返った 色々と言葉をかけて薬師堂についておにぎりをかじり出すと あの猫たちがやってきた 三毛の親猫は10日ここでキャットフードをあげた猫にそっくりだ

ご飯? 待ってね 紙お椀二つにキャットフードを入れて差し出す 子猫は飛び下がった 親が食べたのを見て恐る恐る食べ出す
 
親は食べ終わると正座して声は出さないが 見つめてくれた上で立ち去った 一方の子猫は正座して動こうとしない 足りなさそうなので もう一袋出してあげる 五、六口食べただけで正座している 食べないならと片付けるが逃げることはしなかった 黄色の花が三輪 生花的に狙うと子猫が良い位置にいてくれた
 
つづく      
 
史上で一番早い梅雨入りのようですね お陰様で怠けられました こんなに怠けてばかりいては寝たきりになるぞ〜

この頁トップへ
   


終活わが生涯を振り返る第548話
21/05/10(月)  13:10更新
 
執念の千原さんネジバナ見つけ
11/06/14
生まれつきの健忘症が超高齢と共に日常的なんかではなく秒単位で起こる 今朝もホームセンターで水道用具とのこぎりを買う予定が のこぎりを忘れ コンビニで買い物して車に戻るとカギない どこにもない 何故かを気が行かないのだ そこへ 美人店員さんがカギをかざして素晴らしい笑顔で飛んできてくれた そのうち 家に戻りつかないかも知れないね
 中間色がなかなか見つからない ほら 白と赤の中間の
直ぐ目の前に祖先色が残っている白花を指差すと青木さんのと色が違うよという 昨日掲載した「先祖の色が残るシロバナユウゲショウ」だという あれは開き切る前は先祖色ですが 開き切るとこのような色合いになるんだと そうだと思うと解説して納得

元駐車場では印をつけた位置と範囲の説明を受け 聞きながらある一点に足をつけようとすると ストップ そこにシロバナマンテマがある!と叫んでいる 先日のとは場所が異なり しかも 群落していた

雉を三度も逃げられたという C区とE区の入り口でキジだ!と千原さん 第一シャッターは千原さんのド派手なシャツがカーテンに あわてて千原さんの脇の下からシャッター かろうじて姿を捉えた オス鳥だという

今日も全て千原さんの指示したのが収穫になった    
 
参ったまいったよ 頭が回転しないよ 目次が滅茶苦茶 順序も揃ってない 直すのも大変で逆に壊す恐れありなのでそのままにしておいた
 
過去の撮影地をさぼった所為でボケが進化した? 体も気温について行けない 私の部屋は94,4℃もあるのに 汗どころか 妊娠九ヶ月のお腹周辺が冷えて クシャミが連続する これは風邪とか コロナ問題ではなく何年も続く私の体質なのだ
 
人生の長生きは良いのですが こんなのと付き合うのは嫌ですね 今朝も二度寝で九時半に目覚めた ここ三日はこんな調子だ いよいよ旅立ちなのかな? 突然更新が止まったらサヨナラしたと思ってください
 
長いことお付き合いくださいましてありがとうございました 先にお礼しておきますね
この頁トップへ
   


終活わが生涯を振り返る第547話
21/05/08(土)  12:10更新
 
オカトラノオ他双タイプ揃い文
11/06/13
丑三つ時から降り出した雨は06時までに20ミリ 自生地以外は池化していた オカトラノオ ヌマトラノオ ノジトラノオなどが競いだした ノジトラノオは過去にも出会っているでしょうが 他の二タイプと明らかに違うことを初めて知った 地面にだけ神経が行っている間に頭上の白夾竹桃が花をあらかた落としていた

アキガセニワゼキショウが子供の森に隣接のサッカーや野球グランドに未だ元気だった
 
ウマノスズクサを目の悪い私は右側の葉っぱとの違いをおぼろげながら蕾の認識でした パソで顔が向こう向きと知る 明日は正面が撮れるかだ 一方のシロネは1ミリ未満ですので目視や撮影でもシャープではないので花?というところです
 
つづく       
 
95歳は伊達じゃないね 皆さんはお気づきでしょう 同じ内容が一日おきに掲載していた 今日はその後にUFOもどきに切り替えました
 
この傾向は今後も続くでしょう お気づきの皆様 どうかメールでご指摘くださいませ
日曜日は休みます

この頁トップへ
   



大手不動産屋の詐欺商法を糾弾
21/05/06(木)  16:30更新
 
社名を出さないで糾弾します
まずは さいたま市役所の許認可について質しに出かけました 先だっても さいたま市役所市庁舎がなく浦和区役所から 役人さんを通じて電話で関係部署と話し合ったが
 当方は許認可のみで 道路についは別の部署の担当
と訳が分からん話ぶりだったので 直接担当部署に会うことにしました
 
詐欺商法と私に怒鳴られた業者が置いて行った資料を基に始めた 相当時間かけて調べていたが 申請はされていなかった そこで
 20m道路になる部分に建築を認めたら詐欺商法の後押しになる 認めないでとお願いしますと 拝んで別れ 道路管理課へ向かった
 
そこで恐ろしい内容を聞かされた 建築の許可は市役所だけがするのではなく 資格さえあれば民間も許可し建築できるというのだ
 
さいたま市 都市計画法第53条に基いてと言うのだが 第53条では 説明と違い市長の許可が必要となっていた
 
耳が遠いのと 最近は逃亡していた老眼が戻ったので 小さな字の説明書を見ることができなかった 今 改めて見ると説明とは まるで違うのだ 何故だろうね
 
市役所の体たらくが 有名な大手不動産屋の悪だくみを助長させていると思う 一言も20m道路になると張り紙には記していない 今月は市長選がある 裏で密約とかがあるのかね

ともかく 詐欺商法は許せない      
 
建築許認可をつかさどる部署は 元与野市役所(現在は さいたま市中央区役所)にあるので 自転車で4年ぶりに通ってみたら変化はそんなになかった 行きは3480歩 帰りは曲がらずに一直線で住宅街も潜り抜けたら なんと近道だった 往復歩数は5824歩でした
 
与野中央道にある 与野中央公園の真向かいにあった駐車場がなくなって草ぼうぼう その中にヤセウツボが大繁茂していた   

この頁トップへ
   



終活わが生涯を振り返る第546話
21/05/05(水)  13:05更新
 
節電で熱中症死亡例が増える論
11/06/11
これを取り上げたWEBニュースが行方不明 おぼろげながら反論する

平成十三年の一月から自生地の毎シーズンの毎日を見るようになって 嘘が蔓延しているのに驚いたものでした

爾来 専門家と称する連中の論は信用しないようになる
節電で熱中症で死亡するのが増えるとは何を根拠にしているのか たしかに昨年の新記録の連続猛暑で死者が出たのは事実ですが それは機械文明病によるものであって 機械文明病を取り払えば死ぬことは無くなる

豊かとは 卑弱 能なし堂に押し込められる 

貧しい時代に戻れば何事にも耐えられるものです 現状をどうやって逃げるか よけるか 知恵が働きだすからです

ただし 都会では熱中症から逃げられても 別の危険に襲われる虞は十分にあります 豊かの副産物である犯罪です 防犯に成功すれば熱中症になったり それによって死ぬことは無くなります キーワードは防犯です

なんだか変な風に落ち着いてしまった
 
今日こそ梅雨入りですね 雨が上がりかけた正午近くに自生地へ 土曜日とあって待ちきれない人たちが秋ヶ瀬橋橋脚下でバーベキュー

三月に目の前で捨てられた猫が管理棟前にいた 声をかけると振り返り 認識した途端に寝転がってくねくねしていた
 
つづく      
 
GWの最終日に悪天候 コロナ問題があるにせよ 勇気ある(無謀な)人々に喜びを与えましたね ただし コロナと無縁であってほしい 
明日は 市役所の建築許可課へ 詐欺商法の援助はするなと捩じ上げに行く予定です

この頁トップへ
   



終活わが生涯を振り返る第545
21/05/04(火)  13:05更新
 
車発進時アクセル踏まずが安全
11/06/10
三、四日前 車を発進させたところバックになっていた 私は08年のラブ4をお釈迦にさせた以外 発進時にアクセルを踏みません

今の車はブレーキから足を外すとエンストもしないで前後進ができます 意図したのと逆であった場合でも 直ちに停止できます
特に超高齢者は踏まない癖をつけると安全運転が保障されます


明日は 専門家と称するのが節電によって熱中症で死亡が増える論を取り上げます こうして予告しておけば忘れはしないでしょう


今日は 上尾運動公園プール脇森から始まります トキワツユクサ迄です
 
荒川河川敷の薬師堂前でおにぎりを終えたところへ可愛い猫がやってきた ご飯食べる?と声掛けすると正座していた ビニール袋に入れてあった紙製お椀のキャットフードを差し出すと 二、三歩後ずさりしたが お腹がすいていたのか夢中で食べ出した

ここへ来る100m地点で白黒の猫がネズミを銜えていたことから 彼女らは腹っ減らしにはならないとほっとしていたが 例外はあるものですね
 
つづく      
.
 
 
雨のGWと言う予報だったが 私の居るところの前後は無事でした それにしても コロナ問題があるにもかかわらず 平気で各地の人出が凄いですね 皆さん 結構お金持ちなんですね 羨ましいよ

この頁トップへ
   



終活わが生涯を振り返る第544
21/05/03(月)  12:35更新
 
ノビルが花盛り期に入りました
11/06/09
本当はテーマがあったのですが トンズラしちゃって忘失です 何度か書いていたように取材を終えてパソに向かうと睡魔に襲われる 今日は思い切って昼寝をした これをしていると更新の転送はこんな時間になってしまう

シロバナマンテマの場所を昨日千原さんが枯れ枝で目印をつけておいたのに その目印さえも見つからない 桑の実は今日もおいしかった

以下は今日の様子です
 
つづく      
 
雨の連休と言う予報だったが さいたま市周辺では雷雨程度 特に私の居るところでは避けてくれるようです 昨日はニュースになるほどの豪雨と票も降っていたが 私の周辺では 洗濯ものを取り込む間に止んでいた
 
さいたま市は災害が発生しないのか 私がいるから発生しないのかね とくにかく 偶然ながら安全地帯に住み着いたことでしょうかね
 
宝くじには縁はないが いい人生でしたね まるで終活だよ

この頁トップへ
   



終活わが生涯を振り返る第543話
21/05/01(土)  12:25更新
 
白花マンテマ・オカトラノオ咲く
11/06/07
毎日探していたシロバナマンテマが突然立派な花で咲いていた オカトラノオも期待どおり本日咲いた

シロバナマンテマの傍の桑の実はポロポロと落下していてもったいない 腹いっぱい食べさせてもらった
      
自生地に到着した時点で画像の状態だった 警官の姿はなく他の車の不当臨検中だろうと思っていた そこへ例のデブ警官が現れ私と視線があった途端に静止していた また私にチャチャを入れらるとでも思ったのかな まさか 矢印の青年が四十分後に連行されるとはね

それにしても 警官とは何をしてもいいのかね 画像で見る限り犯人を追いつめた様子ではない 不当臨検するために不法駐車とは 何の法律によるのか 教えてもらいたいもんだ
 
つづく      
ついに五月一日になったね 今年のGW連休は長いですね コロナ問題と合わせて どちら様もお気を付けください
 
私は生まれつきの負けものですから 動きません GW中はサクラソウ自生地や秋ヶ瀬公園内は 普段並みに人々が押し寄せるでしょう 広大な河川敷とはいえ コロナ菌が飛び交うだろうと取材に出かける気は起きません
 
連休中はアップを休むかと考えたが 出かけない方たちも大勢いるでしようから 日曜日以外は 暇つぶしができるよう 終活わが生涯を振り返るを続けます 皆様 どうぞよろしくね

この頁トップへ

5月後へ  戻る  花期・道順  トップページ