年頭に思う
2010年元旦

明けましておめでとうございます 本年も個々には賀状を差し上げずに欠礼いたします
昨年のこの項では米国の詐欺商法サブプライムローンの被害を受けて――季節労働者や派遣社員らの首切り祭りで年が越せないで路頭に迷う人々が何百万人とマスコミが大騒ぎしていた――と書いていた

ところが↑の画像のような珍しい現象があって悲惨な状態が避けられたかのような気がします
     
今年は政権が代わって鳩山総理がぶれていると言われていますが 昨年に書いた
――今年の展望     
麻生太郎が好きがってなことばかりほざいている そして 何一つ実行されていない それならまだしも 言うことがくるくると変わっている――
麻生太郎もぶれていたね

この国のマスコミは能なし集団ですから目先のあら探しだけで食っていけるとは哀れだね 鳩山総理へのぶら下がり質問を聞いているとためになる質問は何一つない あるのは 何かの勢力によって押しつけられたかのような引きずり落とす質問ばかりだ マスコミとは秀才集団のはずですがね 国の将来についてしっかりした展望を持っていれば あら探しの暇はないはずですがね

私は昨年この項で――強い円で世界を制覇せよ――と説いていた しかし 硬直した自民党では地盤カバンだけにきゅうきゅうとし 経済のケの字もなかった 何故か

この国の近代政策は武力一辺倒で来た(日露・日清・支那事変→大東亜戦争)近代史で見ると まさに『昭和』の昭の字のとおりに推移した 昭と言う字は 日と刀と口で成り立っている

日とは太陽(天皇)をバックに辺り構わず 刀で切りまくる

武力とは 能なしのすることであって ゆえに 資源のない国が世界を相手に戦争を仕掛けた 資源力では世界に劣るから負けるのはハナから判っている しかし 能なしではそこが読めない ついに 口(言葉)で 和 を乞う

昭和という字はそれを指す意味なのだと 昭和二十一年に台湾出身の耳鼻科医から聞いた話です

この国に商才なるものがあれば『強い円で世界を制覇せよ』と言う昨年の私の呼びかけが無くとも自然に動いただろう

特に問題となるのが希少金属?だ オーストリアで中国資本が大半を買い占めたと言うではないか 能があれば円高を利用して中国資本の進出を抑えられたであろうに それは円高の現在でも生きている 誕生したばかりの民主党政権のあら探しにきゅうきゅうとしている能なしマスコミの誰一人 説いたところはない 二十一世紀中にアジアの孤児になる所以でもある

これが読めていたのか 小沢一郎が民主党所属議員140名と総勢600人を越す大所帯で中国を訪問した 本来なら米国向けですがね それをしなかったのは 二十一世紀中にアジアの孤児にならない布石だったのかな

鳩山政権誕生から100日あまり 今はとやかく言う時ではない なぜなら 自民党が長年にわたって耕さなかった荒れた田んぼや畑を耕し出したばかりですからね 協力してこの国の地位保全や 経済の立て直し そのための知恵や商才を培う時だと考えます 商いなくしてこの国は成り立たない自覚を国民全員が認知し そのために新しい政治をどうするかに視線と協力する努力が本年の目標でならなければなりません

私個人の目標は ボケをいかに少なくするかです

この項のテーマはすこぶるふるっていたが いざ書きだすと浮かんだ内容が逃亡しちゃった

年末から娘夫婦と徹夜を含めて麻雀三昧だった 三が日も予定の内
娘いわく 八十四歳近くの老人が徹夜麻雀するのはギネスものだよ
私いわく 百歳の徹夜麻雀もあり得るぞ~
娘いわく そこまでおつきあいできませ~ん

当サイトでは 立ち上げの目的である『サクラソウ情報』から逸脱して管理のまずさを糾弾してきた 残念ながら力不足で改善どころか反動で正反対に行政が動いてしまった こうなっては監視はしますが 初期の目的を徹したいと考えております おもおかしくできればと…

この頁トップへ

1月   道順  戻る