次へ  もどる      04年 トップページ      


5月の自生地・秋ヶ瀬公園

下手な画像でも著作権は存在します 無断使用は厳禁です
拙文も著作人格権(氏名表示権)の無視は厳禁です


04/05/01

チョウジソウが満開


04/05/04

番外編 標高1300mでも異変

5月2日〜4日の予定で信州は白樺湖傍の姫木平へ行ってきました。驚きましたね。例年ですと 
カラマツが芽吹くかどうというところですが、今年はすでに成葉になっていました。山全体がカラマ 
ツのグリンで青々としています。当然ながら水芭蕉はかろうじて、ザゼンソウは20cmほど葉をの
ばしていました。他の高山植物の第一陣はすでになく、やっと1センチ未満の白い花だけ。町の  
花である葉が3枚の三つ葉つつじもこれからというところ。ですが、今まで30年来見たこともない 
タンポポが標高1250m〜1300m付近で繁茂していました。これらは標高700m付近で見られ
たものです。地球温暖化現象を亜高山帯で実感してきました。                                             

そこへテレビの予報では3日夕方から雨になるというので3日の午前中に引き上げました。負け惜
しみではないが、良かったと思っております。標高700m付近から青空が見え出し、信州や群馬 
県境の新緑を堪能してきました。ルート254でしたのでスイスイでした。                                   



04/05/05

本日もすばらしい出会いが

3月半ばに戻った一日でした。                                                                                   
5月1日で掲載しましたピンクの花が気になって雨が上がった14時に自然林へ。この時期に 
自然林内で見たことがない花、園芸種とは思うが誰がこんなところにと思いつつ、撮影のし直 
しです。1日はかんかん照りでしたので花の色が出せなくて、本日のような曇りであればなん 
とかなる思いで。通りがかった熟年女性二人に尋ねてみた。ご存知ですか?                      
あら、家にいっぱい咲いてるわよ、どんどん増えるのね、名前は知りません。                       
これで園芸種は間違いないことに。では誰がこんなところに、昨年まではなかった。              

そのまま帰るのもどうかと思い、まだ一週間は楽しめる状態のチョウジソウを確認、林内を一周
の途中で自転車の中年男性に挨拶、その方は何か物言いたそうだったが、私がオカトラノオを
探しているものだから、ある地点まで行き、立ち止まる。そこを通り過ぎる親子の6人組に挨拶 
いろいろの話からピンクの花について、場所も教え、別れる。                                            

自転車の方がじっと一点を見詰めている、そこにもチョウジソウがあった。チョウジソウの話か 
ら、あるご婦人にサクラソウ情報のホームページを出している青山さんという方が自然林内の 
チョウジソウを紹介していると教えられ見に来たのだという。うれしいですね、見ず知らずの方 
が紹介し、私と現地で出会う、めったにあるものではありません。でも、苗字はちがって教えら 
れたね。                                                                                                                 

そこでもう一度チョウジソウの群落している場所に戻ることに。そこに先ほどの6人組が。ご夫 
婦に、お子さんが3人、その友人?。花の名前は知らなかった。通りがかった熟年男性にも尋 
ねるが知らないという。話に花が咲いて、子供の森からチョウジソウは消えた話から、いや、あ 
ったよ、そこで場所をデジカメに収めたデータからお父さんが割り出してくれた。熟年男性も立  
ち去らずに話の輪に入る。NNKさいたまビデオクラブの会員さんでした。6人組のお父さんが  
私をシャッター。私も逆にシャッター。お子さん達は離れていたので大人3人で。                    

ついでに自生地の様子を見に。オギとヨシは1mを越していた。所々で萎れがかったサクラソウ
が見えていた。本日の警備員は中澤さんでした。通路をぐるぐる回っていた。そこへ先ほどの  
自転車の中年男性がやってきた。ハナヤスリについて説明してあったのを確認に来た次第。そ
れではと案内する。幸いにもオギのあまりないところでしたので見ることが出来た。植物に詳し 
い方で大変勉強になった。画像としての収穫はなかったが、人とのふれあいの濃い大きな収   
穫ではあった。                                                                                                         

花の名前判明 ヒルザキツキミソウ 北米原産


04/05/08

再 会

今日は4月10日にお会いした3姫マイナス1姫のそろいぶみでチョウジソウ見学です。そこへ   
5月5日に自転車でこられた植物に詳しい方が駆けつけてきました。手には当サイトの04年度 
の観察目標のプリントアウトを持ち、メモが挟んでいた。園芸種と思われるピンクの花について  
名前を教えたく、あれから毎日のように私を探していたようです。その名はKさん。                   

マイナス1姫は○○姫さん、25年来植物に傾倒しているとか、さすがに詳しく、かつ、目敏い。 
Kさんとは意気投合して自然林を共に回る。自然林には正式名称があって、今後は正式名称 
を呼称します。その名は「ピクニックの森」です。                                                              

セリバヒエンソウが残っていて始めて出会う3姫は賑やかでした。が、鳥を撮影すべく待ち構え 
ている方には大変な迷惑だったようです。鳥が逃げる。お詫びしてその場を離れる。             

子供の森のチョウジソウを探しに。簡単に見つける。ここの地点は昭和46年の刈り払い以後に
放置したままであったと見えていつの間にか再生したものと思う。                                       

お昼は3姫の手弁当をご馳走に。連休にインドネシアのキナバル登山のお土産に南洋の果物
もありました。Kさんは遠慮して帰ろうとするが無理やり参加させた。ジェロニモ風体の私にメイ
ドインインドシナのバンダナを頂戴した。おつむは薄くなったがありがたく巻きましょう。           



04/05/11

来週出会う花たち

気候が1ヶ月進んでいる割にはイシミカワとハンゲショウしか見えない。それもイシミカワの花や
ハンゲショウの色変わりさえない。来週には出揃うでしょう。                                              

自生地周辺                                                                                                            
芸術的な和菓子のようなナワシロイチゴ・クサフジ・ヒロハノクサフジ・ニワゼキショウ・ツメクサ・
ヤブガラシ・ヤブジラミ・カラマツソウ・クララ・ハナウド・ヘラオオバコ・キツネアザミ・チカラシバ・
チガヤ・シオデ・ヒルガオ・オカトラノオ・ホウズキなど。自生地は通路に沿えば見られます。    

ピクニックの森                                                                                                        
アゼムシロ・イシミカワ・イヌゴマ・オカトラノオ・キショウプ・スイカズラ・ハンゲショウ・ラン類。     

今年のイシミカワの繁殖力は凄い。およそ100坪に繁茂している。キショウプはイシミカワに混
じっておよそ100株が固まっている。写真のハンゲショウはその場所で逆に半減しているが通
路沿いで賑やかだ。スイカズラはようやく小さなつぼみを持つようになった。他はまだ早い?    
これらの道順は次のとおりです。                   
                                                               

サクラソウ自生地から来ると見える道路中央の植え込み、右の先に駐車場、写真1。           
写真2は羽倉橋から来た場合に見える、左の駐車場の先頭と2台目を左に入る。写真3。     

4と5が見えてくる、右側にバーベキュー広場、写真5正面の藪に入ると写真6になる。         
写真6の中では前記の植生が見られます。右端に通路があって、中央上の暗がりに繋がる。 
つまり、写真5の藪を左に向かうということです。道なりに行けば写真4に到着します。           

暗がりの左右に前記植生が見られます。アゼムシロは通路右の地べたに這い、見落としがち
です。引き続き通路に沿うと左右に池があります。これを通り越すと突き当たります。突き当た
りの手前右側にスイカズラの大きな塊が見えます。突き当りを右の藪に入ればイシミカワの群
落やキショウプが目に入ります。丁寧に見ていけばさらに他の植生と出会えます。               



04/05/14

さくらそう公園が元気です

自生地の西にあるさくらそう公園の芝生ではシロツメクサのじゅうたんです。通路わきにそ
って白、紅、紫のニワゼキショウの絨毯が出迎えてくれます。自生地を通り過ぎて管理棟
兼トイレを左に、通路に沿って2プロクック先です。                                                  
   

一方、自生地ではナワシロイチゴが目立ちだしました。中央入り口から突き当たって
右へ30m右側の柵にそって見られます。さらに西に出るとニワゼキショウです。
来週末ではカラマツソウが賑やかでしょう。



04/05/15

皆さん ごめんなさい

昨日、紹介しました、さくらそう公園の、シロツメクサ・ニワゼキショウ白・紅・紫の群落は
本15日正午までに跡形もなく芝刈り機できれいさっぱりと刈り取られました。              

役人はなんでこうも無神経なんでしょうね。公園があって、広場があればいいというもん 
じゃないよ。初夏の今、芝生の広場には野生の花が咲き誇ります。得がたい自然です。
草ぼうぼうにしないたてまえはあるにしても、花々の命はせいぜい1週間です。その1週 
間をめどに来園者に楽しんでもらう度量はないのかね。本年でいえば17日(月)に刈り  
取っても罰は当たらない。                                                                                  

という次第ですのでせっかくおいでいただいてもお見せするものは何もありません。



04/05/16

応援メールが来ました

----- Original Message -----                                     
From: "よしこ" To: "青木実" sakuraso@jcom.home.ne.jp
Sent: Sunday, May 16, 2004 2:37 PM  Subject: 無念       

> 昨日の刈り取りの件ですね。                                      
> 全ての発端は、                                                        
> ・現場を見ない机の上での仕事                                   
> ・現場の存在価値を見きわねれない役人                      
> ・そもそも花を好きでないし、関心が無い                       
>                                                                              
> こんなところでしょうかね。                                          
>                                                                              

17:30更新
----- Original Message -----                                                                        

From: "Tanaka" To: "青木 実" sakuraso@jcom.home.ne.jp                                 
Sent: Sunday, May 16, 2004 4:58 PM Subject: 阿呆ども                                     

ジェロニモさま                                                                                                
> 昨日は良い天気,人がたくさんいる中作業をしたのでしょうか?                            
> 許せません!情けないですねー                                                                     
> 世の中,机にしがみついて物事を決めることだらけ,腹の立つことが多く体に悪い! 
> 次々と色々な花が咲くのだなー                                                                      
> 日曜日雨が降らなかったらニワゼキショウに会いに行こうかなーと.行っていたら怒  
> り心頭.                                                                                                      
>                                                                                                                  

よしこさん、Tanakaさん、早速の賛意メールに感謝します。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

書き忘れたこと

土・日曜で公園利用者が大勢繰り込んでくるというのに、あまりにも無残に、しかも第三 
ブロックでは珍しい紫ニワゼキショウの大群落をばっさりと。第三ブロックは平成13年  
に30株程度しかなかったものが本年では第三ブロックいっぱいに咲いていました。      

そこで作業員の一人に月曜日まで待てないのかと尋ねたところ、それでは作業が間に 
合わない、とにべもない返事でした。この連中は勘違いをしています。                       

公園は作業請負会社のためにあるのではないのです。市民あっての公園です。しかも、
芝生は立ち入り禁止ではありません。芝生内にベンチがあります。15日の真ん中のニ  
ワゼキショウ紅のカットの右上にベンチが2脚写っていますように、芝生に足を投げ出  
せるようになっているのです。つまり、芝生内は寝転ぶことも出来るのです。それを無視
して、土壌が露出するほど刈り取る整合性はありません。                                      

役人がろくに公園管理が出来ないのであれば、公園は無用の長物といわざるを得ない。


04/05/17

ニワゼキショウのその後

以下は17日午前10時半の様子です。

作業員にポリシーがないからこんなばかげたことになる。でも、彼らを責められない。
こういうことは発注者の役所が細かく指示するものである。その役人に公園の目的意識
がないのだから無様な結果になるのも当然ですね。

作業が中断になるのであれば土・日のために手付けずにおいても罰は当たるまい。
15日の写真と比較してください。どちらがいいかは一目瞭然です。

さらに無様なのは張り巡らしたロープだ。価値ある芝を植えているから立ち入り禁止なの
だという。どれほど価値ある芝かを覗いてみたが、芝の痕跡はほとんどない。あるのはシ
ロツメクサ・ハルジオン・ところどころにニワゼキショウ白と紅その他の雑草であった。

ベンチを設置して、使うな!とは役人根性の面目躍如ではある。




04/05/18

ピクニックの森は静かに少しずつ

気候が1ヶ月進んで4、5月の花がそれぞれ1ヶ月も早く咲いた今年でした。それ  
6月の花が5月に咲くものと期待していたが、どうも皆さん、平年並みのつもり   
のようです。                                                                                           

どんよりとした空模様で森の中は薄暗い。8日に小さなツボミだったスイカズラは 
森のいたるところで賑やかです。今のところは黄色が主体ですのでぱっとしない  
が、間もなく白が全盛を迎えば森中が華やかになります。                               

強烈な匂いが漂う。誰でもすくわかるドクダミの匂いです。やっと3ミリ×15ミリの
つぼみながら匂いは一人前です。                                                              

グミと思われる白い花の固まりも咲き出しました。名もない地味な樹の花も。      

チョウジソウはとおにピークを過ぎているが、未だにツボミがある。最盛期のように
頭丁に花がびっしりということはないが、2、3輪が静かに、風情を楽しむムキには
絶品ですね。                                                                                           

このチョウジソウの群落地に、自生地では絶えて久しいシロネと思われる植生が
チョウジソウを蹴散らすかのように群落している。花はまだですが、茎が四角であ
るのでシロネに間違いないでしょう。小さな白い花が葉の付け根にひっそりと咲く 
控えめな花、楽しみです。
                                                                         



04/05/21

台風一過 紺碧の空

ピクニックの森の池が干しあがるほど大地は乾ききっていた。今年の空の散水車はけちんぼで
ようやく2ヶ月ぶりで大量に散水してくれた。しかし、3月30日、4月2日の計76ミリより少な目。 
粘土質のピクニックの森では水は逃げず池や道端に満々とたまっていた。それに引き換え自生 
地では、ああ、雨が降ったんだなという程度にしか見えない。それほど水はけがいいのである。  

一方、子供の森の池は粘土質でないために、乾ききった池に吸い取られ、ほんの少しだけたま
っていた。その様子を撮影したのですが、生まれつきチョンボの名人である私は撮影に失敗し  
ていた。というのは、ファインダーのないデジカメであるので日向でのモニターの確認は非常に 
困難です。一応、度の強い老眼鏡をルーペ代わりにしているが、確実に識別がつかない。      

ピクニックの森の水溜りを順光で撮影したとき、見え出したモニターがぼやけている、4年目に  
入ったデジカメの寿命かとカッカしたところ、なんと、マクロレンズをつけたままだったのだ。ぼや
けるわけだ。そこで帰りに撮影しなおしと気を取り直して2時間後に、気がついたら家に戻って  
いた。見事な2重チョンボであった。撮り直しを止めてピンボケ写真に手を入れて載せました。  

自生地ではカラマツソウが開花しかけていました。2_ほどの可憐なヤエムグラは最盛期です。



04/05/25

マスコミが指摘しない政府専用機2機

ここで政治的な話題はふさわしくないが、当サイトを立ち上げた01年では世相を織り交ぜて 
いたのと、この度の再訪朝の茶番劇を触れずにはおけないのです。                                

首脳会談で拉致問題の打開を図るとして小泉総理は悲愴な面持ちで再訪朝したとあります。
そうであれば、政府専用機を2機も飛ばす理由はありません。突然北朝鮮に乗り込んで拉致
被害者のお子さん達を奪い返せるとは思えません。それほど北朝鮮はヤワでないことは周知
の事実ですからね。そこへあらかじめ2機も飛ばすからには事前にお子さん達を帰すという北
からのアプローチがあった、つまり、いく前から密約があったからできることである。山崎氏と 
平沢氏が北朝鮮の高官と会談した折、そのような密約が出来ていた、それをどのように政府 
が国民の機嫌を損なわずに実行するかを見極めるのに時間を置いたと思われる。             

政府は、曽我さんの夫を含めた8人を返すといわれ、それをよしと考えたのでしょう。他の不 
明者はれっきとした証拠はないのだから決め手にはならない、そのように山崎氏と平沢氏及
び政府が決断し、経済制裁しないと確約してやった。一方で、側近の安倍氏が怪傑ゾロよろ 
しく、非を鳴らす、見え透いた茶番ではある。                                                              

その他の不明者10人については問題としない姿勢だった。この点を批判されて慌てて調査
うんるんと相成った。調査に努力しなければ経済制裁をするとか、船舶の出入り禁止法案で
対処するとかは繕いに過ぎない。 はなからその気があれば事前にツメが出来たからです。  
救う会の皆さんが怒り心頭は当然です。見放されたと悟ったからです。                            

マスコミが政府専用機を2機も飛ばした理由に何故疑問を持たなかったか、持たなかったの  
ではなく答えがわかっていたから触れなかったといわざるを得ない。
                                 

各マスコミの世論調査が60%以上の国民が賛成したことについて横田さんが理解できない 
としたのは理解できます。私もマスコミが最初からヨイショしたと考えるし、事後も目鼻がつい
ていないのに政府専用機を2機も飛ばす不可解について報じていればアンケート結果は別の
形になったのではないか。秀才ぞろいがそこに触れないのは日テレを締め出そうとした政府 
の姿勢があったからではないか。                                                                              

残念ながらこの国のマスコミはアメリカのマスコミのようにイラク虐待をすっぱ抜く勇気はない。

次へ  もどる      04年 トップページ